• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2018年04月26日 イイね!

元々軽量なクルマを更に10kg減量してるって事…だよね?

元々軽量なクルマを更に10kg減量してるって事…だよね?ロータス「エヴォーラ GT430 スポーツ」登場

エルシーアイは、「エヴォーラ GT430 スポーツ」の販売を2018年4月13日より全国の正規販売代理店にて開始する。消費税込みの車両本体価格は17,820,000円となっている。

ロータスは2017年9月に、436psのハイパワーエンジンを搭載したエヴォーラGT430を限定発売。その高性能ぶりとアグレッシブなスタイリングによって、マニア垂涎のモデルとして人気を得ている。
しかし大型のリアウィングや、極端に地上高の低いフロントエンドは、公道上で走りを楽しむにはやや過剰なのではという声も無いわけではなかった。そこで登場したのが、今回追加になったGT430 スポーツだ。

GT430 スポーツはその名前が示すように、GT430と同じ436psのスーパーチャージャー付き3.5L V6エンジンを搭載。またフロントとリアのバンパー、フロント・アクセス・パネル、ルーフパネル、リア・クォーター・パネル、ワンピース構造のルーバー付きテールゲート、スポイラーについても、すべてGT430と共通の非常に軽量なカーボンファイバー製パーツを装着している。
ただ、その一方で、外観が必要以上に過激な印象になるのを避けるため、リアウィングとフロントスプリッターを省略した。そのおかげでストリートでも違和感のない、程良いアグレッシブさにまとめ上げることで、より幅広いユーザー層から受け入れられやすいモデルとなっている。

またウィングを装着しない分、GT430 スポーツのMTモデルの車重は1289kgと、GT430より10kg軽くなっている。大型の空力付加物を無くせば、重量だけでなくドラッグも減少するため、最高速は10km/hアップの315km/h。これはロータスのロードカーとしては最速の値だ。見た目は大人しめでも、走りはロータスのトップモデルそのものといっていい。
カーボン素材が使われているのはボディだけではない。室内でもレースシートや新しいドアシル、新設計のインストルメント・パネル・カバーなどに、炭素繊維の織目模様が美しいカーボンファイバー製コンポーネントが標準で採用されている。



ステアリングホイール、ダッシュボード、ドアパネル、トランスミッショントンネル、センターコンソールはすべてブラックアルカンタラと ディンプルレザーのコンビネーション。赤と白のコントラストが映えるツイン・カラー・ステッチと、マットブラックのインテリアパネルで仕上げられる。

GT430 スポーツの注目点としては、ATの選択が可能になっている点も挙げられるだろう。ATモデルは最大トルクがMTより10Nm大きい450Nmとなることから、より瞬発力に優れ、0-100km/hはわずか3.7秒で加速する。

ハイスペックを誇るGT430シリーズは、シャシー周りにもハイスペックのパーツがふんだんに奢られている。サスペンションにはオーリンズTTX 2ウェイ・アジャスタブル・ダンパーが、ブレーキには2ピースJフック・ベンチレーテッド・ブレーキ・ディスクとAPレーシング製4ピストンキャリパーが、また駆動システムにはトルセン式リミテッドスリップデフ(LSD)、および可変トラクション・コントロール・システムが標準装備される。

トラクションコントロール機能はECUと直接リンクされているため、「レース/オフ」設定では、ホイールスリップを手動で調整することができる。また、1インチ幅の広い10.5Jリアホイールに、10mm幅の広いミシュラン パイロット スポーツ Cup 2 タイヤ(フロント 245/35 R19、リア 295/30 R20)をオプションで装着することも可能だ。

ロータス plc の CEO を務める Jean-Marc Gales氏は、
「エヴォーラ GT430はすでに真のコレクターのクルマとしての地位を確固たるものにしていますが、 多くのお客様が、同じパワーを持ちながらもデザインやエアロパーツを控えた、アグレッシブ過ぎないバージョンを望んでおられる ことも事実です。そうした需要に応えるために、サーキットでも公道でも性能を発揮できる優秀なロータスカーのラインアップに 加えたのが、エヴォーラ GT430 スポーツです」と語っている。また同氏は、
「これは、多くのメーカーと一線を画す、エンジニアリングへの純粋な姿勢を象徴するクル マです。ロータスの創設者である Colin Chapman は、軽量設計を追求し、F1 カーに初めてカーボンファイバーを採用しただ けでなく、ロードカーとレースカーのエアロダイナミクス分野をリードしました。エヴォーラ GT430 シリーズは、これを受け継ぎ、エ ンジニアリングとエアロダイナミクスを効率化すると同時に、パワーとトルクを強化して、公道でもサーキットでも納得のいく洗練さ れたドライビングを提供します」とも続けた。




100km/hまでわずか3.7秒! ロータス・エヴォーラにGT430スポーツが新登場

 最高速のためにこだわり抜いたボディにも注目

 ロータスの2+2のスポーツモデルに、シリーズ最強となる「エヴォーラGT430スポーツ」が登場した。

エクステリアは、前後バンパーやルーフパネル、リヤクオーターパネル、テールゲートやスポイラーなどにカーボンを多用。大幅な軽量化を実現している。またエアブレードが一体となった2つの大型カーボン製ダクトが空気の流れを最適化し、ホイールが生み出す乱気流を抑制。さらに、フロントのホイールアーチパネルが空気を効率よく車両後部へ導き、リヤホイール後部に設けられたダクトが空気を素早く放出する。これによりダウンフォースのバランスを整えており、これによりロータスのロードカー試乗最速のク最高速度315km/hを実現した。

 インテリアは、エクステリア同様にカーボンを多用。シートやドアシル、インパネなどへふんだんに使用される。さらにステアリングやダッシュボード、ドアパネル、そのほかトランスミッショントンネルやセンターコンソールには、アルカンターラとディウンプルレザーの組み合わせ。ブラックレザーに合わせたレッド&ホワイトステッチが、スポーティさを際立たせる。

 パワートレインは、インタークーラー付き3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載。最高出力436馬力、最大トルク440N・mを発揮するハイパワーモデルだ。0-100km/h加速は、6速MTが3.8秒、最大トルクが10N・mほど高い6速ATは、3.7秒をマークする。

 足回りには、オーリンズ製ダンパー、APレーシング製ブレーキを標準装備。トルセンLSD、可変トラクションコントロールシステムも備える。

 まさに最強といえるエヴォーラGT430のプライスは、1782万円(税込み)。
Posted at 2018/04/26 01:09:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2018年04月26日 イイね!

935はコレでナンバー付いてるんだからワケわからんよねw

935はコレでナンバー付いてるんだからワケわからんよねwベース車わかる?そこまでやるか!?オーナーの工夫に脱帽したK4GPマシン3選 MOTOR SPORT JAPAN2018 

本日4月14日東京・お台場で開催中のモータースポーツジャパン2018。モータースポーツファン垂涎のコンテンツ盛りだくさんの会場の様子を現地からレポート!TEXT & PHOTO◎石川順一

K4GPは軽自動車で行う風変わりなレース。ほぼノーマルのマシンでも参加できる気軽さが人気を集めており、レース初心者から現役と往年のレーサー、チューナーまで参加する懐の広いイベントとなっている。なかでも毎回注目を集めているのが、オーナーの趣向でカスタムされた参加車両だ。

今回、会場では現役のK4GP出場マシンが展示中。なかでも気になったマシンを紹介したい。


1.軽トラベースのル・マン カー 23B

どこからどうみても往年のルマンカーにしかみえないこのマシンは、もちろん軽自動車がベース。それもなんとスバルの軽トラ・サンバーだというから驚きだ。さらにびっくりするのが、なんとATでなるべく楽に運転できることを意識しているという。ちなみにサンバーはリヤエンジン・リヤドライブなので、かなりベース車としては優秀なのだ。

2.エアフローも再現されてそう! シャパラル2H

シャパラル2Hは2座席のスポーツカーレース、カナディアン-アメリカン・チャレンジカップで活躍した名車だ。そのスタイリングをスバル・サンバーをベースに再現したのがこのマシン。忠実に再現されたボディを見ているとかなり空力性能もかなり良さそうだ。


3.憧れのポルシェを軽で形にした カプチーノ935

1970年代に並ぶものがいないというほど圧倒的な速さでレースシーンを席巻したのがポルシェ935。その伝説のマシンをカプチーノで再現したのがこの一台だ。ドアやミラーにカプチーノの面影があるが、よく見ないとその違いがわからないほど一体感があるのが見事。

会場ではこうしたレプリカ以外にも個性豊かなマシンが大集結している。オーナーから直接話を聞くこともできるので、クルマ好き同士の情報交換や会話も楽しめる。


シャパラルなんかは最近の人見てもピンと来ないだろうけど良いよね~趣味的なこのスタイルwww

昔だとF40のレプリカというか日本車で似せたのとか
ランチアの037を似せたのとか色々あったんだけど…最近はそういうのもパチモンだなんだと騒がれるからなのか出ないよね
Posted at 2018/04/26 01:04:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2018年04月25日 イイね!

CEO変わったんだね

CEO変わったんだねVWグループ、新体制を発表…ディース新CEOがコネクトとITを直轄

フォルクスワーゲングループは4月12日、ヘルベルト・ディース新CEOの指名に合わせて、グループの新体制を発表した。

新体制では、フォルクスワーゲングループは6つの事業分野と中国地域を置く体制に移行。フォルクスワーゲングループ傘下の各ブランドは、量販、プレミアム、スーパープレミアム、トラック&バスに大別される。

また、ヘルベルト・ディース新CEOはグループの研究開発を統括する立場に。グループの営業および販売の責任者は、アウディ取締役会のルパート・シュタドラー会長が兼務し、グループの生産の責任者は、ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長が兼務する体制とする。なお、ポルシェのオリバー・ブルーメ会長は、グループの経営会議の新メンバーにも指名された。

さらに、車載コネクティビティとITは、ヘルベルト・ディース新CEOが直轄する体制とし、コネクトとITを重視する姿勢を鮮明に。調達と部品は今後、ひとつのユニットに統合される予定、としている。
Posted at 2018/04/25 11:25:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォルクスワーゲン | 日記
2018年04月25日 イイね!

まだ911乗りに行けてないんだよな…

まだ911乗りに行けてないんだよな…憧れのスポーツカーをレンタルして乗り比べ! Fun2Driveにチョイ乗りプランが期間限定で登場

どのクルマを組み合わせるか非常に悩ましい!

 普通のレンタカー店では借りられないスーパーカーなどを取り揃えるFun2Drive。同社がラインアップするフェラーリやランボルギーニといった魅惑のクルマを乗り比べできるプランの「チョイ乗り比べ」パッケージを設定。9月までの期間限定で楽しむことができる。

ポルシェやスカイラインGT-R、ホンダNSXなどから自由に2~3台ほど選び、箱根スカイラインなどを走るルートを台数分楽しめるという内容。歴代GT-Rの乗り比べや、フェラーリ/ポルシェ/ランボルギーニといったスーパーカーのイッキ乗りなど、組み合わせは自由。車両に適した運転免許を保有していれば、年齢制限なく楽しめる。

 ドライバー交代は不可となるが、同乗者は乗車定員まで乗り込むことが可能。友人や恋人などで楽しむのもオススメだ。このプランを楽しめるのは、あらかじめ決められた所定日の、午前9時~12時までの午前中のみとなる。利用するにはホームページでの事前会員登録と、ホームページでの事前予約が必要となる。ぜひ、気になるスポーツカーを気軽に楽しんでみてはいかがだろうか?

 利用料金など、詳しくは下記のURLにて。 http://fun2drive.co.jp/Choi_Norikurabe/




とてもじゃないけど所有は出来ないクルマばかりだからね

G4の安心感で帰りはスヤスヤですよw
コッチは実際に乗りに行った時のモノ


Posted at 2018/04/25 09:52:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2018年04月25日 イイね!

100台も用意したってんだから乗って欲しいんだろうね

100台も用意したってんだから乗って欲しいんだろうねプレミアムブランドのレンタカー…100台のジャガーとランドローバーがタイムズカーレンタルに登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンとタイムズモビリティネットワークスは、タイムズカーレンタルの対象店舗においてジャガー、ランドローバーブランド計7車種合計100台をレンタカーとして提供する。

「昨今、クルマは“所有”から“利用”にシフトして来ている。その一方、単純に移動するという目的のためだけではなく、運転する楽しさというニーズも大きくなって来た。そこで、当社としてはラインナップを拡充したいということからこの企画につながった」とは、タイムズモビリティネットワークス経営企画本部経営企画部経営企画グループの三浦淳美グループマネージャーの弁。

また、ジャガーやランドローバーは、「高級なクルマなので限られた人が運転している状況だが、より多くの人に体感してほしいという(ジャガー・ランドローバー・ジャパンの)ニーズと合致した」と話す。

サービスの開始は4月18日からで、全国22都道府県で39店舗に配備される。100台からスタートし、夏ごろには200台に増える予定だ。また、キャンペーンを実施し利用しやすい価格で提供を開始するほか、ジャガー・ランドローバーユーザーには50%オフで利用可能となる。三浦氏は、「これをきっかけに多くの人に利用してもらいたい」とコメントした。

現在タイムズモビリティネットワークスでは、「サービスX」というカテゴリーを用意。タイムズモビリティネットワークスの川崎計介代表取締役社長は、「憧れの名車を乗るカテゴリーで、お客様から好評を得ている」とし、そこにジャガー『Fタイプ』やレンジローバー『スポーツSVR』を運用。『ディスカバリー』などは通常の店舗での貸し出しとなる。川崎氏は、「夏の北海道では通常400kmぐらいクルマで走るので、普通の試乗では体感出来ない疲れの違いや、面白さ、快適さを感じてもらえるだろう。そういう“体感”出来ることも、この連携が決まったポイントのひとつだ」と述べた。

◇ブランド認知と親しみやすさ、そしてカーシェアに至る第一歩

ジャガー・ランドローバー・ジャパンマーケティング広報部の若林敬市ディレクターは、今回の取り組みの目的を3つ挙げる。「ひとつは我々のブランドの認知とブランドに対するファミリアリティ、親しみやすさを強くしたい。次に、色々な人に見てもらう、目に触れる機会を増やしたい」という。これは、「ジャガーブランドの認知はあるが親しみやすさは低い。ランドローバーブランドに関しては、知っている人は猛烈なファンになるが、いかんせん知名度が低い」という点を今回の施策で解決したい意向だ。

そして最後は、「将来に対する投資だ」と若林氏。これは、将来定着するであろうカーシェアリングに対する布石である。「20代から30代の若い人たちは、クルマを買いたいと思わないなど、クルマに対するプライオリティが下がる傾向にある。しかし、いいクルマに乗るという楽しさは絶対に不変だ」という。そして、音楽業界を例に挙げ、「(音楽素材、CDなどを)所有する権利から、聞く権利に変わってきたように、クルマも乗る権利へと変わっていくだろう。その足がかりとして、こういった試みをやっていきたい。将来的には来るべきカーシェアリングの時代への第一歩とした、かなり戦略的な考えだ」と説明した。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン代表取締役社長も今回の連携について、「我々の製品をより多くの人達に触れてもらいたい」と率直な意見を述べる。また同時に同社製品ユーザーが出張先や旅行先でレンタカーを借りる際、同社のクルマがないことを例に挙げ、「この取り組みによりそれが可能になった。しかも、我々のクルマをレンタルする場合には50%のディスカウントする施策をとってもらえた」と述べた。

◇クルマにこだわりがあり、憧れを現実にしたい方

タイムズモビリティネットワークスでは、レンタカー以外にカーシェアビジネスも行っている。同社経営企画本部の菊池毅彦商品企画部長は今回の取り組みをレンタカービジネスとして展開したことに対し、「カーシェアだと料金体系や車種体系をシンプルにすることがお客様のベネフィットであり、初心者も含めてすぐに使える車種であることが重要だ」としたうえで、「ひとつのステーションに何種類もクルマを置けないことや、(今回の取り扱い車種が)女性の方や初心者がちょっとだけ使いたい場合に高級すぎたり、使いやすさに問題が生じたりする可能性がある」と問題点を指摘。そこで、「カーシェアの場合はこれまでと違うシステムを開発する必要があるので、まずはレンタカーでスタートした」と説明。

今回の利用想定ユーザーは、「30から50代の男性だろう。クルマにこだわりのある方。そして、ディーラーに行って試乗するには敷居が高い方。また、買うまでには至らないが憧れのクルマにちょっと乗ってみたいというお客様に是非使ってもらいたい。そして、そういうお客様の中から必ず購入意向の方もいるので、そこをつなぐのが我々の役目のひとつだ」と今回の連携の意義を語った。



金額的に保有は出来ないけど乗ってみたいって人とか
購入を検討しているけど実車にまず乗って自分の生活環境に適しているか試したいって人には試乗車だと出来ない様な範囲でも乗れるだろうから良いのかもね



タイムズ、ジャガー・ランドローバーのレンタル開始 6時間7900円から

タイムズモビリティネットワークスは、ジャガー・ランドローバー・ジャパンと連携し、ジャガーおよびランドローバーの貸出を全国22都道府県39店舗のタイムズカーレンタルにて4月18日より開始した。

貸出対象モデルとなるのは、ジャガーが『F-タイプ クーペ』『F-タイプ コンバーチブル』の2車種、ランドローバーが『ディスカバリー』『ディスカバリー スポーツ』『レンジローバー イヴォーク』『レンジローバー イヴォーク コンバーチブル』『レンジローバー スポーツ』の5車種。計7車種100台を用意する。

タイムズカーレンタルでは、今回の取り組みを記念して「6時間7900円から!ランドローバー体感キャンペーン」を実施。入会金・年会費無料の会員制ポイントプログラムであるタイムズクラブ会員を対象に、7月13日まで、ランドローバー5車種を6時間7900円から貸し出す。

さらにジャガー・ランドローバーのオーナー対象の特典として、タイムズクラブ入会後、「タイムズカーレンタル」の特設サイトで予約すると、全7車種のレンタカー基本料金が50%割引となるキャンペーンも実施する。





タイムズカーレンタルでジャガー・ランドローバー車を気軽に借りてみよう!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンがタイムズモビリティネットワークスと連携! 4月18日よりタイムズカーレンタルでジャガー&ランドローバー車が利用できるようになった!

積極的なスポーツ選手へのサポート活動など、勢いに乗っているジャガー・ランドローバー・ジャパンが新たな取り組みを開始した。タイムズモビリティネットワークス株式会社が展開するレンタカーサービス「タイムズカーレンタル」と連携し、ジャガー&ランドローバー車100台を4月18日(水)より、全国22都道府県の39店簿でレンタカーとして貸出を開始する。

今回の連携は「より幅広い方にジャガーおよびランドローバーを“実際に運転し、その魅力や楽しさを気軽に体感していただく”機会を創出したい」という思いと、タイムズモビリティネットワークスの「移動手段としてだけでなく“クルマに乗る楽しさ”を提供したい」という思いが合致して実現したものだ。

貸出対象となるモデルはジャガー「F-TYPE COUPÉ」「F-TYPE CONVERTIBLE」と、ランドローバー「DISCOVERY」「DISCOVERY SPORT」「RANGE ROVER EVOQUE」「RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE」「RANGE ROVER SPORT」の計7車種100台となる。


また従来のジャガー・ランドローバーのオーナー向けに「タイムズカーレンタル」で対象車種を使用する際、基本料金が50%割引になる特典を用意。オーナーは旅先でも気軽にジャガー・ランドローバー車を楽しめることができる。




車種が車種だからService Xなんだろうな~って思ったけど案の定そうなのね
Service X
Posted at 2018/04/25 09:46:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記

プロフィール

「どうしよう…右だけウインカーが暗い…折角リレー買って付けたけど純正戻しするかな」
何シテル?   04/26 08:54
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 
ナイツ&マジック 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:23
 
ダミーセキュリティーの作り方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/29 08:47:38
 

お友達

PV稼ぎの方や私とのやりとりを好ましく思わない方はご遠慮下さい。
基本的にはウェルカムですけどね(笑)
184 人のお友達がいます
マーク9010マーク9010 * あきちゃ~あきちゃ~ *
yasu@gunmayasu@gunma * fujimurafujimura *
柿本改柿本改 *みんカラ公認 gankun33gankun33 *

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.