• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2020年12月04日 イイね!

今回はちゃんと200gだぞ〜

今回はちゃんと200gだぞ〜前回150gとオーダーした筈が450g(1ポンド)出てきて大汗掻きながらどうにか完食しましたから…

うちは200g位が丁度いいね
Posted at 2020/12/04 22:57:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2020年12月03日 イイね!

レガシィ専用装備をレヴォーグにはいうほど継承していない気もするんだけどな…

レガシィ専用装備をレヴォーグにはいうほど継承していない気もするんだけどな…レヴォーグはレガシィの正統な後継車か? 5代目ツーリングワゴンと徹底比較した!

 引き締まったボディだが後席は大人が足が組めるほどゆったり

 スバル・レヴォーグが2代目の新型になった。先代に対して走りの進化は著しく、12.3インチのフル液晶メーターと11.6インチの縦型ディスプレーが基本のデジタルコクピットを採用。ついにハンズオフドライブを可能にした、3D高精度地図を用いたアイサイトXの搭載、またSTIスポーツのドライブモードセレクト、それをエアコン調整などとセットで顔認証システムを実現するなど、まさに先進のスポーツワゴンとしてデビューしたのである。

 もちろん、初代=先代レヴォーグとの比較も大切だが、ここではレヴォーグが日本市場においてレガシィツーリングワゴンの実質的な後継車であることに注目し、新型レヴォーグと、国内最終型の5代目レガシィツーリングワゴン(2009-2014)を比較してみた。

 まずはボディサイズだ。北米市場を見据えて大型化された5代目レガシィツーリングワゴンは全長4775×全幅1780×全高1535mm、ホイールベース2750mmだった。新型レヴォーグが全長4755×全幅1795×全高1500mm、ホイールベース2670mmだから、レヴォーグのボディサイズは20mm短く、15mm幅広く、35mm低く、ホイールベースは80mm短い……ということになる。

 パッケージングはどうか。身長172cmの筆者が5代目レガシィツーリングワゴンでドライビングポジションを決め、その背後に座ると、頭上に175mm、膝まわりに270mmものスペースがあった。一方、新型レヴォーグは同120mm、200mm(先代レヴォーグは同130mm、175mm)だから、さすがにクラス上のレガシィツーリングワゴンのほうが後席にゆとりがあったことがわかる。とはいえ、先代よりホイールベースを25mm伸ばし、そのすべてを後席居住スペースにあてた新型レヴォーグの後席でも、ボクの体形なら足が組めるほどゆったりできるのも事実。

 では、ワゴンとして重要なラゲッジスペースはどうだろうか。5代目レガシィツーリングワゴンは開口部地上高565mm、フロア奥行き1125mm、最小幅1080mm、天井高1130mm、後席格納時のフロア長は1970mm。

 新型レヴォーグは開口部地上高630mm、フロア奥行き1070mm、最小幅1065mm、天井高770mm、後席格納時のフロア長1640mm(すべて筆者の実測値)と、先代とほぼ同じスペースは、レガシィツーリングワゴンに敵わない。開口部の低さ=重い荷物の出し入れのしやすさでも、レガシィツーリングワゴンが上まわる。もっとも新型レヴォーグのラゲッジスペースは床下に機内持ち込みサイズのキャリーバッグがすっぽり入る収納を備え、最大561リットル(VDA)もの容量があり、アウトドアなどでの荷物の積載にも十分に対応してくれるはずである。

 パワーユニットについては、5代目レガシィツーリングワゴンには2.5リッターと2リッターターボがあり、新型レヴォーグの1.8リッターターボに近い2リッターターボと比較すると、レヴォーグは177馬力/30.6kg-m。5代目レガシィツーリングワゴンの2.0GT DITアイサイトは280馬力/36.7kg-m。だが、大人しめの2.5リッターモデルは173馬力/24.0kg-mだったので、新型レヴォーグは5代目レガシィツーリングワゴンの2.5リッターモデルを遥かにしのぐスペックを、ほぼ同等の車重にして備えていることになる。

 ファンによってはボクサーエンジンらしさが薄れたと感じるかも

 さて、肝心の走りについてはどうだろう。年代が大きく異なるので直接比較はできないものの、5代目レガシィツーリングワゴンの乗り心地は当時としては素晴らしく、それでいてまるで路面がすぐ近くにあるような、歴代レガシィツーリングワゴンならではの低重心感覚、路面との確実なコンタクト感を持ちながら、しなやかで快適なタッチが基本だった。

 エンジンはゆっくり走っている限り、じつに静か。それでもアクセルペダルを踏み込めば、かつての水平対向ユニットほどではないにしても、フラット4独特の鼓動をダイレクトに伝えつつ、滑らかに、パワフルに、ターボエンジンであればターボらしい盛り上がりを堪能できたものだ。その乗り味をひと言で言えば、しっかりしなやか。また、ステアリングフィールはグレードを問わず、切り始めからきっちりした手応え、ファンな操縦感覚を感じさせてくれた。

 では、新型レヴォーグはどうだろう。エンジンは1.8リッターターボに統一されたが、その新ユニットはじつにスムースで、なおかつスバルのエンジン史上、もっとも静かと言っていい。アクセルを踏み込んでも、まるで電動車のように静かに、滑らかに回り、さすが30.6kg-mものトルクによって、2.5リッター級の胸のすく加速力を味わわせてくれる。だが、水平対向エンジンらしさはほぼない。どんなエンジン形式なのかわからないほど、黒子に徹したエンジンでもあるのだ。

 そして乗り心地、静粛性の洗練度も時代の差を感じさせてくれる部分。とくにZF製電子制御可変サスを奢るSTIスポーツの乗り味は、よりスポーティでありながら、むしろ乗り心地に優れ、一段と静か。電子制御可変サスはステアリングの切り角、路面からの入力、Gに対して瞬時に反応し、制御してくれるため、操安性はもちろん、乗り心地面でも優位なのである。また、標準車のサスはゴムブッシュ、スチールハウジングを用いているのに対して、STIスポーツのサスは高周波ノイズをカットすべくウレタンブッシュ、アルミハウジングを奢っているため、ロードノイズが気にならない=あらゆる場面で静かなのである。

 もちろん、新型レヴォーグの縦型ディスプレイで操作するドライブモードセレクトは、レガシィツーリングワゴン時代にはなかった神器であり(標準車はSIドライブ)、アイサイトの最新制御、3Dマップを使ったカーブ、料金所手前制御、50km/h以下での夢のハンズオフドライブ、アダプティブレーンチェンジアシストも、アイサイトVer.2時代の5代目レガシィツーリングワゴンには望めない最先端の先進機能。そうした自動運転に近い運転支援機能に関しては、もう隔世の感ありだ。

 そんな劇的な動的質感の進化をも遂げた新型レヴォーグだが、WLTCモードで13.6km/L、JC08モードで16.5km/Lの燃費性能だけは、飛躍的に向上していなかったりするんですけどね……。ちなみに5代目レガシィツーリングワゴンの2.5iアイサイトはJC08モードで14.4km/Lでした。

 結論として、無理矢理5代目レガシィツーリングワゴンと比較すれば、レガシィツーリングワゴンにいま乗っても、水平対向エンジンがもたらす走りの魅力、速さ、低重心&AWDならではの安定感、走りの楽しさは健在。一方、新型レヴォーグは走り、機能が全方向に大きく洗練、進化した反面、スバルファンがこだわる水平対向エンジンらしさは激減。

 とはいえ、ステアリングを握れば、その静かで快適すぎる乗り味、十分すぎる動力性能、意のままのリニアな操縦性(STIスポーツ)、山道でのゴキゲンなフットワーク、そしてかつてのレガシィツーリングワゴンでは望めなかった高速道路でのアイサイトXの先進機能に、大いなる感動&満足感が得られることは間違いないと思える。いまでは“大人”になった、かつてのレガシィツーリングワゴン乗りも、一度、新型レヴォーグ STIスポーツEXに試乗してみてほしい。


【10年ひと昔の国産車 20】レガシィ B4はボディやエンジンだけでなく、走りもクラスアップした

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前の国産車は環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は「スバル レガシィ B4」だ。

スバル レガシィ B4(2009年:5代目)
新型レガシィのスタイルは、力強さを感じさせるフォルムとなった。サイズは旧型比で95mm長く、50mm幅広く、ホイールベースも80mm長くなった。つまり、最新の欧州Dセグメントと互角に戦えるボディが与えられた。

エンジンも2Lから2.5Lへとアップした。主力エンジンは2.5LのSOHCで、従来の140psから170psへアップした。GTが搭載するDOHCターボエンジンは、2000~5700rpmの広い範囲で35.7kgmのトルクを発生する。新技術として2.5LのNAエンジンにはチェーン駆動のCVTを採用している。

また、クレードル(ゆりかご)構造の採用でエンジンマウントを変更し、振動や騒音を低減。同時にボディ剛性もアップできたという。キャリーオーバーが多いニューモデルの中、新技術満載のレガシィの本気度には大いに期待できる。

レガシィといえばワゴンのイメージが強いが、まずは今回のフルモデルチェンジでもっともインパクトを感じたのがセダンのB4から試乗してみよう。サイズの拡大で安定感が感じられ、サルーンとしての風格は十分。シルエットからは、ヨーロッパのセダンに通じるものを感じる。そのB4でもっとも走りを追求したモデルが、2.5GTのSパッケージ。従来のスペックBに相当する。

走り出すと6速MTのシフトフィールが変わったのがわかる。ややストロークが大きめで、タッチがソフトになっている。軽量化のためリンケージがロッドからワイヤーに変更されたためで、同時にノイズや振動も小さくなった。

クラッチミートではエンジンの違いがよくわかる。従来だと少し回転を上げてつながないとスムーズな発進がしづらかったが、今回は無造作につないでもスッと素直に動き出す。スロットルを開けていくとアイドル回転直後でも、ジワッと粘り強い加速感があって、排気量アップの効果が実感できる。

大きく踏み込めば瞬時にターボが効き、さらに力強い加速感が得られる。下から力が出ていることと、タイムラグが小さいことで力強さに段つき感は感じられない。パワフルなのに実にスムーズだ。スロットルを戻した時の揺りもどし感も少なく、ノイズや振動レベルも大きく進化している。

ハンドリングでは、ステアリングを切ると同時にスッと応答する感じが美点だが、これはクレードル構造の効果だろう。エンジンをワイドスパンで支えることでボディとの一体感を生み、振動を抑えるばかりかハンドリング性能にも大きく貢献している感がある。

ロールはレガシィ特有の4輪全体が沈み込むようなフィールで、追い込んでいくと高いGでグラッと小さく動く感じがあったり、旋回ブレーキでボディの揺れを感じたが、これは乗り心地のよさを追求した結果だろう。

それでもハンドリングをスポイルしないのは、シンメトリー4WDのバランスのよさと接地性に優れたサスや剛性の高いボディのおかげだろう。従来のキビキビ感は薄れた反面、安定感が高く、走りは実に高レベル。その上で静かで快適な室内空間を実現するなど、レガシィの進化は実に広範囲。正に新世代レガシィとして魅力満載となった。

■レガシィ B4 2.5GT Sパッケージ 主要諸元
●全長×全幅×全高:4730×1780×1505mm
●ホイールベース:2750mm
●車両重量:1480kg
●エンジン種類:水平対向4 DOHCターボ
●排気量:2457cc
●最高出力:210kW<285ps>/6000rpm
●最大トルク:350Nm<35.7kgm>/2000-5600rpm
●トランスミッション:6速MT
●駆動方式:縦置き4WD
●タイヤ:225/50R17
●当時の車両価格<税込み>:320万2500円



【10年ひと昔の国産車 21】レガシィ ツーリングワゴンの走りは、進化したシャシの効果が歴然だった

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前の国産車は環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は「スバル レガシィ ツーリングワゴン」だ。

スバル レガシィ ツーリングワゴン(2009年:5代目)
スバル レガシィといえば「ツーリングワゴン」といわれるほど、レガシィのラインアップでいちばんの売れ筋はツーリングワゴンだ。前回紹介したセダンのB4 GTと同様に、ターボエンジンを搭載したGTも魅力的だが、今回はNA(自然吸気)エンジンを搭載した「2.5i」に試乗してみた。組み合わされるトランスミッションは、新開発のCVTだ。

走り出してみると、まず乗り心地の良さに驚かされた。突起を乗り越える時にも、カドを包み込むようにスッとサスペンションが上下して力をスムーズに吸収してくれる。ボディがしっかりしているので、サスペンションの動きは大きいのに振動は残らず、しかもノイズの発生も少ない。ボディの動き自体も小さく、フラットな乗り味を見せてくれる。

もっとも、ハンドリングに関しては、さほどスポーティではなかった。ステアリングに対してノーズは反応しようとしているのに、タイヤが一歩遅れて動き出す感じだ。それも、動き出すと同時にグラッとくるのもタイヤのせいだろう。もちろん、安定してしまえばサスの接地感の高さによって落ち着きは保たれるのだが、そのグラッとくる間隔で車高の高さを感じさせるのは、少しもったいないところだ。

「リニアトロニック」と呼ばれる新開発のCVTは、全開走行を行うとエンジンの回転がやや先行し高回転をキープしようとするが、日常レベルでの加速ではスッ、スッ、と小気味良くエンジンの回転が落ち、メリハリある変速を行なってくれる。

今回、全車にSIドライブが採用されているが、エコノミーモードの「i」レンジでは100km/h走行時のエンジン回転数は1900rpm程度。ここからの加速では、さすがに2.5Lといえどもシフトダウンして大きく回転を上げるが、それでもその時の吹け上がりはスムーズだ。トルクはもう少し欲しい気はするものの、エンジンレスポンスの良さでそれをカバーしてくれている。

「S」、「S#」モードにすれば、クルージングスピードは500rpmずつアップし、追い越し加速時の変速シーンは少なく、ダイレクトな走りが楽しめる。さらに積極的な走りを楽しむなら、ステアリングのパドルシフトでダイレクトな変速感も味わえる。

CVTとSIドライブの組み合わせで、走りのパターンを豊富に楽しめるのは2.5iならではの持ち味といえるだろう。レガシィの主力モデルらしい、走りへのこだわりが感じられる1台だった。

■レガシィ ツーリングワゴン 2.5i Lパッケージ 主要諸元
●全長×全幅×全高:4775×1780×1535mm
●ホイールベース:2750mm
●車両重量:1500kg
●エンジン種類:水平対向4 SOHC
●排気量:2457cc
●最高出力:125kW<170ps>/5600rpm
●最大トルク:229Nm<23.4kgm>/4000rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:縦置き4WD
●タイヤ:205/60R16
●当時の車両価格<税込み>:267万7500円
Posted at 2020/12/03 21:14:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記
2020年12月03日 イイね!

やっぱりNAのフラグシップはスゴイよ

やっぱりNAのフラグシップはスゴイよキャラが濃すぎる2台!? ポルシェ 911 GT3 と 718ケイマン GT4 RS を同時スクープ

ポルシェが現在開発中の新型ハードコアモデル『911 GT3』と『718ケイマン GT4 RS』、2台の市販型プロトタイプを同時にスクープした。

ドイツ・アウトバーンのパーキング付近で捉えた2台のプロトタイプは、カモフラージュもなく、ブラックテープを残しほぼフルヌード状態で、発表が近づいていいることがわかる。

992世代となる911 GT3 RSは、最新のXダイナミックヘッドライトが点灯、垂直のコーナーエアインテーク、大型ラジエーター、ボンネットにはフロントアクスルにダウンフォースを生むデュアルエアスクープも確認できる。また足回りには、5対のスポークと中央にラグを備えた大型ホイールを装備、クロスドリルや巨大ブレーキキャリパーを装備している。

リアエンドでは、スワンネックウィング、リアリップの先端には、空気の流れを向上させる小さなスポイラー、バンパーコーナーにはエアアウトレットのほか、センター出しデュアルエキゾーストパイプやアグレッシブなディフューザーが見てとれる。

911 GT3 RSのパワートレインは、4.0リットル水平対向6気筒NAエンジンを搭載、最高出力は550psと予想され、8速DCT、及び6速MTの採用が期待されている。

一方、718ケイマン GT4 RSでは、「GT4」と「スパイダー」が搭載する4.0リットル水平対向6気筒エンジンの強化バージョンを採用。最高出力は450ps以上、最大500psを発揮するはずだ。

2台のワールドプレミアは、最速で2020年内だが、2021年初頭が有力と言えそうだ。


【次世代モデルをいち早く体験】新型ポルシェ911 GT3 510psのフラッグシップに同乗

新型911 GT3プロトタイプに同乗体験

text:AUTOCAR UK編集部

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

新型ポルシェ911 GT3は、2021年で最も期待できるクルマになるかもしれない。AUTOCARはポルシェのGTシリーズの開発責任者であるアンドレアス・プレウニンガーとともに、新型の走りを体験する機会を得た。

パワートレインについてプレウニンガーは、「スピードスターのエンジンを改造したものです」と断言する。992世代の911 GT3は、911スピードスターには適用されない規制をパスしなければならないため、多少の違いはあるが、搭載される4.0Lの自然吸気フラット6は、同じ9000rpmまで回転する。

最高出力は510psになるという。つまりスピードスターと同じで、991.2 GT3の500psよりも増加しているのだ。

その差は決して大きくないが、レース用エンジンのホモロゲーションは、すぐにできることではない。最近の規制は非常に厳しく、プレウニンガーによると、開発にかけた時間の約80%はGT3の性能レベルを維持するために費やされており、残りの20%は性能向上のための努力に費やされているという。

出力向上に伴い、重量増加の懸念もあるが、プレウニンガーは次のように語っている。

「クルマを重くしたくはありませんでした。非常に重要なことです。992のボディなので大型化していますが、これ以上重量を増やしたくないんです」

リアシートをなくし、吸音材を減らし、軽量素材を使用し、ガラスを薄くし、カーボン製のボンネットを採用するなどした結果、現行モデルよりも軽くすることに成功した。

4.0Lフラット6の咆哮

AUTOCAR編集部は、プレウニンガーが運転するプロトタイプに同乗した。ヴァイザッハ周辺の見慣れた道を走行する。

「これはモータースポーツカーなので、その期待に応えなければなりません」と彼は言う。

今のところ、現行モデルより速くなること以外は何も語られていない。新型ではシャシーと空力性能に焦点が当てられ、全体的に大きな変更が加えられている。

最も分かりやすいのはエアロパーツであり、特にリアウイングが顕著だ。

「リアウィングは特に、機能に従って形作られています」とプレウニンガー。レーシングマシンと同じようにスワンネックが採用され、途切れることのないエアフローを下面に生み出している。

同時に、エンジンのエアフローを整える役割も果たしている。ボディ下部には大型のリアディフューザーを備え、下面はフラット形状、フロントには整流用のダクトがあり、それらを駆使して押し寄せる空気をすべてコントロールしていく。

ダウンフォースを50%増加させながらも、抗力には全く影響を及ぼさないよう設計されているという。プレウニンガーはコーナリングスピードだけでなく、ストレートでも高速で走らせたいと考えているからだ。

「わたし達が住んでいるドイツにはアウトバーンがあるので、スピードメーターの頭に”3″が表示されるまでは激しく加速してほしいと思っています。それ以降は気にしません」

それを証明するため、プロトタイプはアウトバーンで制限速度の上限が解除されている区間を走った。プレウニンガーは、PDKスティック(彼はパドルよりもスティックを好む)でギアを落とし、4.0Lのパワーを呼び覚ます。

その力強さはスピードスターを彷彿とさせる。低回転域では低音を響かせ、9000rpmの高回転域に達するとピッチが変化して、叫び声のような激しい轟音を奏でた。

高い剛性としなやかさを実現

プレウニンガーの主張を文字通り体感したのち、アウトバーンを離れ、郊外の一般道に入った。ここで、多くのことが明らかになった。現行モデルのGT3よりも25~30%硬いスプリングを使用しているにもかかわらず、乗り心地は驚くほどしなやかなのだ。

鍵を握っているのはダンパーのチューニングだ。リアは991.2から流用されたもので、後輪ステアリングに対応したマルチリンク式だが、フロントは大きく変更され、ダブルウィッシュボーンとなっている。

「このシステムを911のプラットフォームに搭載できるかどうかは自信がありませんでした。でも、やってみる価値はありましたね」

段差に素早く反応して揺れを抑え、ブレーキング時の剛性も高く安定している。助手席に座っていても、扱いやすさと鋭さを感じられた。

ブレーキは、フロントが408mm、リアが380mmでドリル加工が施されている。ホイールはセンターロック式の20インチアロイで、255/35 ZR20のミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2を装着。21インチのリアホイールには315/30 ZR21が装着されている。

インテリアには、GT3特有のメーター類を備え、ドライブモードはシンプル化されてノーマル、スポーツ、トラックの3種類となっている。トランスミッションは7速PDKと6速MTが設定されている。

開発責任者のプレウニンガーと数時間過ごした結果、新型の登場を待つ価値はあると分かった。

「GT3を買う理由は感情であり、クルマを運転する楽しさです。それが主な理由であることは間違いありません」

プレウニンガーの言うことがどれほど正しいかはすぐに分かるだろうが、助手席から見る限りでは、彼に反論するのは難しそうだ。
Posted at 2020/12/03 21:09:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2020年12月02日 イイね!

東京でも年内に雪とか降るんですかね〜

東京でも年内に雪とか降るんですかね〜週末に仕事終わりにいろは坂まで行ったのは書いたと思うんですが、現地で最低気温がマイナス1度まで下がって雪のようなものが若干舞っていたのですよ。

ラニーニャ現象で今年の冬は寒くなるって予報だから都内とかでも雪が見られるのかな〜って期待してしまいますよね〜
Posted at 2020/12/02 23:01:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2020年12月01日 イイね!

来年の夏ってすぐじゃん…もうある程度は完成してるんだろうか?

来年の夏ってすぐじゃん…もうある程度は完成してるんだろうか?【ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京】世界9番目のブランド体験施設、木更津にオープン 2021年夏後半

ポルシェジャパンは、スポーツドライビングおよびブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」(PEC)を2021年夏の後半に、日本で初めて千葉県木更津市に開設すると発表した。

PECはこれまでシルバーストーン(英)、アトランタ(米)、ル・マン(仏)、ライプツィヒ(独)、ロサンゼルス(米)、上海(中)、ホッケンハイム(独)、フランチャコルタ(伊・2021年オープン予定)に開設。PEC東京は世界で9番目のポルシェのブランド体験施設となる。

PEC東京の周回コースは全長2.1km。ニュルブルクリンク(独)のカルーセル、ラグナ・セカ(米)のコークスクリューなどの有名コーナーを再現したエリアを持つ。また、これまでのPECが二次元トラック(平面的)であることに対し、PEC東京は元の地形を活かした唯一の三次元(立体構造)トラック。高低差のある3Dドライビングが体験できる。このほか、ダイナミックエリア、オフロード等、ポルシェのスポーツカー性能を充分に引き出す様々なトラックコンテンツを備える。

併設される建物は、日本の伝統的工芸品の江戸切子をモチーフとした外観で、日本の伝統文様「矢来紋(やらいもん)」により、華やかなデザイン性と損傷や汚れから保護する伝統的な様式を活かした。館内にも左官(さかん)や日本庭園を連想させる和のテイストが採用されている。

館内では専属インストラクターによるポルシェの運転理論や技術の本格的なレクチャープログラムを実施する。また全来場客にポルシェブランドを体感できるラウンジやレストラン、本格的なレーシングシミュレーターなどを用意。さらに、各種の研修が行えるミーティングルームや、コーポレートイベントが開催できるエリアも用意し、様々な企業のビジネスニーズにも対応する。


【ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京】体験してもらってユーザーになってもらう…日本法人社長

2020年11月24日、ポルシェは日本において初となる「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」を千葉県木更津市に開設することを発表した。オープンは2021年夏の後半を予定。名称は「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」だ。

国内では初となるこの施設だが、海外ではこれまでシルバーストーン(イギリス)、ルマン(フランス)、ライプツィヒ(ドイツ)、ロサンゼルス(アメリカ)、上海(中国)など世界8か所に設置。「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」は世界で9番目の施設となる。

同施設は全長2.1kmの周回コースをはじめ、低μ路、ドリフトサークル、「ダイナミックエリア」と呼ぶ広大なジムカーナ場のようなエリア、そしてオフロードコースを設置。専属インストラクターによるサポートもあり、ここでのドライビング体験を通してポルシェの性能を体感し、感じることのできる施設と考えていいだろう。

「ポルシェはいまの顧客も大切にするが、新しいユーザーを開拓していく必要もある。具体的には若い層へ向けたアピールも重要と考えている。そのために取り組むべきは『経験』の提供だ。ブランドを好きになってもらうには真の製品体験が大事で、ここでは走りを通してポルシェに接してもらうことができる」

ポルシェジャパンの代表取締役社長を務めるミヒャエル・キルシュ氏は会見においてそう語った。さらに「ポルシェの性能の素晴らしさを体験してもらえる施設。公道では性能を最大限に引き出すことはできないが、ここではそれができる。加速も、コーナリングも、ブレーキングもだ」と加えた。

また、「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」はラウンジやレストラン、さらにはミーティングルームなども完備。施設は日本らしさも表現し、たとえば併設する建物の外観は日本の伝統的工芸品であり江戸切子がモチーフ。館内も左官や日本庭園を連想させる和のテイストを採用している。

総工費は約50億円。ドイツ本社で決定したプロジェクトで、2016年から計画がスタートしたという。



【ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京】ニュルの一部も再現! 2.1kmの周回コースを持つ

2021年夏にポルシェの体験型施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」が千葉県木更津市にオープンすることが、11月24日に発表された。

同センターは期間限定ではなく恒久的な施設で、周回コースのほか、低い速度で限界領域を体感できる低μ路やドリフトサークル、自由に使える広いジムカーナ場のようなエリア、そしてオフロードコースなどを設置。

最大の特徴は、全長2.1kmの周回コースだろう。ポルシェの走りを体験できる「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」はこれまで世界で8カ所がオープンしているが、これまではすべてが平面に作られている。しかし東京では、オープン時においては世界で唯一となる3次元のコースとなり、アップダウンのある走りが楽しめるのが他との大きな違いだ。ドイツ・ニュルブルクリンクの「カルーセル」やアメリカ・ラグナセカの「コークスクリュー」など有名なコーナーを模したスポットも作られるというから楽しみだ。

ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュ代表取締役社長は「ショールームではなく、レーストラックでもない。ここは日本において唯一無二の、ポルシェの性能を体験できる施設となる。(オンロードコースでは)ポルシェが得意とするコーナリングを楽しめるし、カイエンやマカンを味わうためのオフロードコースも設定されている」と説明する。

また、安全を学べるトレーニングメニューも用意され、他の企業へ貸し出すこともできるという。


「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」2021年夏、千葉県木更津市にオープン

 ポルシェジャパンは、ポルシェが世界で展開するスポーツドライビングおよびブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」(以下PEC)を2021年夏の後半に、日本で初めて千葉県木更津市に開設する。

 「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」はこれまでシルバーストーン(英)、アトランタ(米)、ル・マン(仏)、ライプツィヒ(独)、ロサンゼルス(米)、上海(中)、ホッケンハイム(独)、フランチャコルタ(伊)(2021年オープン予定)の都市に開設しており、「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」(以下PEC東京)は世界で9番目のポルシェのブランド体験施設となる。

PEC東京では周回コースに加え、ポルシェのスポーツカー性能を充分に引き出す様々なトラックコンテンツ(ダイナミックエリア、オフロード等)を備え、併設される建物では専属インストラクターによるポルシェの運転理論や技術の本格的なレクチャープログラムを実施する。また来場する全てのお客様にポルシェブランドを体感できるラウンジやレストラン、本格的なレーシングシミュレーターなどを用意。さらに、各種の研修が行えるミーティングルームや、コーポレートイベントが開催できるエリアも用意し、様々な企業のビジネスニーズにも対応する。

 2.1kmの周回距離を持つコースでは、ドイツ・ニュルブルクリンクのカルーセル、アメリカ・ラグナ・セカのコークスクリューなどの有名コーナーを再現したエリアを有す。最大の特長として、これまでのPECが二次元トラック(平面的)であることに対し、PEC東京は元の地形を活かした唯一の三次元(立体構造)トラックとなり、高低差のある3Dドライビングが体験できるようになっている。

■ポルシェAGセールスおよびマーケティング担当取締役のデトレフ・フォン・プラテン氏 コメント
「ポルシェは唯一無二の顧客体験を最優先する企業であって、世界中のポルシェ・エクスペリエンスセンターがこの戦略的アプローチを独自の方法で具現化させています。自動車業界全体を見渡しても、同じ方法を採用している企業は他に見当たりません。日本のお客様は、ポルシェ製品のスポーツ性とエクスクルーシビティーをこよなく愛していらっしゃいます。この新しいポルシェ・エクスペリエンスセンターは、それぞれのお客様がポルシェの情熱に触れ、それを他の人達と共有することのできる絶好の場所となるでしょう。」

 PEC東京の施設は、拠点を設ける木更津市の自然と日本らしい風景を生かし、他にはない高いレベルで元の自然を活かして建設が進められた。また千葉の自然環境保全条例規定に基づき、木更津市立ち合いのもと「自然環境保全協定」を2020年6月15日に千葉県と締結。これを通じて、自然の保存、植生の回復など適切な措置を講じるだけでなく、伐採樹木を定量的に把握し公開するなど積極的に情報開示を行っている。さらに湿地等に生育する希少植物の生育を保全するため、専用の保全地、湿性生物保全エリアを新たに設置するなど、一歩踏み込んだ環境への配慮を行う。

■ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュ氏 コメント
「日本にポルシェ・エクスペリエンスセンターを設立できることに深い喜びを感じています。この千葉県木更津市はとても美しい自然に囲まれた都市で、設立にあたり環境保全に関わる問題を深く追求し協議してきました。ポルシェは千葉県および木更津市のコミュニティに対し、貢献できる良き企業市民でありたいと考えます。新しい観光スポットを作り、雇用の機会を創出するだけでなく、世界的にも非常に美しいこの千葉の立地においてエキサイティングな試乗体験を提供したいと思っております。既存のお客様はもちろんのこと、ポルシェオーナー以外のお客様や様々な企業のビジネスニーズに対応するこの新しい施設は、どなたにもご利用いただけます。多くの方が集い新しいスポットとして注目されることを願います。」

■施設概要
名称:ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
住所:木更津市伊豆島字中ノ台1148-1
敷地面積:43ha
事業区域:13ha
トラック:全長2.1km
ウェブサイトURL:https://www.porsche.co.jp/pec/


最高のポルシェ体験を! 「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」が2021年にオープン

世界で9番目の「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」として千葉県木更津市に開設!

ポルシェジャパンは、ポルシェが世界で展開するスポーツドライビングおよびブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター(PEC)」を2021年夏の後半に日本で初めて千葉県木更津市に開設する。これまでシルバーストーン(英)、アトランタ(米)、ル・マン(仏)、ライプツィヒ(独)、ロサンゼルス(米)、上海(中)、ホッケンハイム(独)、フランチャコルタ(伊)(2021年オープン予定)の都市に開設。「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」は、世界で9番目のポルシェのブランド体験施設となる。

PEC東京では周回コースに加え、ポルシェのスポーツカー性能を十分に引き出すさまざまなトラックコンテンツ(ダイナミックエリア、オフロード等)を備え、併設される建物では専属インストラクターによるポルシェの運転理論や技術の本格的なレクチャープログラムを実施。またすべての来場者にポルシェブランドが体感できるラウンジやレストラン、本格的なレーシングシミュレーターなどを用意する。さらに、各種の研修が行なえるミーティングルームやコーポレートイベントが開催できるエリアも用意。さまざまな企業のビジネスニーズにも対応している。

2.1kmの周回距離を持つコースでは、ドイツ・ニュルブルクリンクのカルーセル、アメリカ・ラグナ・セカのコークスクリューなどの有名コーナーを再現したエリアをレイアウト。また、最大の特長として、これまでのPECが二次元トラックであることに対し、PEC東京は元の地形を活かした唯一の三次元トラックとなり高低差のある3Dドライビングが体験できる。

併設される建物は、日本の伝統的工芸品の江戸切子をモチーフとした外観デザインを採用。この矢来紋(やらいもん)という斜めの線で構成された日本の伝統文様により、華やかなデザイン性と損傷や汚れから保護する伝統的な様式を活かした。加えて、館内にも左官や日本庭園を連想させる和のテイストが採用されている。

ポルシェAGセールスおよびマーケティング担当取締役のデトレフ・フォン・プラテン氏はPEC東京の開設について以下のように述べている。

「ポルシェは唯一無二の顧客体験を最優先する企業であって、世界中のポルシェ・エクスペリエンスセンターがこの戦略的アプローチを独自の方法で具現化させています。自動車業界全体を見渡しても、同じ方法を採用している企業は他に見当たりません。日本のお客様は、ポルシェ製品のスポーツ性とエクスクルーシビティをこよなく愛していらっしゃいます。この新しいポルシェ・エクスペリエンスセンターは、それぞれのお客様がポルシェの情熱に触れ、それを他の人達と共有することのできる絶好の場所となるでしょう」

PEC東京の施設は、拠点を設ける木更津市の自然と日本らしい風景を生かし、他にはない高いレベルで元の自然を活かしている。また、千葉の自然環境保全条例規定に基づき木更津市立ち合いのもと「自然環境保全協定」を2020年6月15日に千葉県と締結。これを通じて自然の保存、植生の回復など適切な措置を講じるだけでなく、伐採樹木を定量的に把握し公開するなど、積極的に情報開示を行なう。さらに湿地等に生育する希少植物の生育を保全するため、専用の保全地、湿性生物保全エリアを新たに設置するなど、一歩踏み込んだ環境への配慮を行なう。

また、ポルシェジャパンでは独自の包括的なCSRプログラム「Porsche. Dream Together」のコンセプトに基づき大小さまざまな規模の災害支援活動やコミュニティプログラムを千葉県および木更津市の地域と密接に連携して推進する予定。ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュ氏は、このようにコメントした。

「日本にポルシェ・エクスペリエンスセンターを設立できることに深い喜びを感じています。千葉県木更津市はとても美しい自然に囲まれた都市で、設立にあたり環境保全に関わる問題を深く追求し協議してきました。ポルシェは千葉県および木更津市のコミュニティに対し、貢献できる良き企業市民でありたいと考えます。新しい観光スポットを作り、雇用の機会を創出するだけでなく、世界的にも非常に美しいこの千葉の立地においてエキサイティングな試乗体験を提供したいと思っております。既存のお客様はもちろんのこと、ポルシェオーナー以外のお客様やさまざまな企業のビジネスニーズに対応するこの新しい施設は、どなたにもご利用いただけます。多くの方が集い新しいスポットとして注目されることを願います」

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京

住所:木更津市伊豆島字中ノ台1148-1
敷地面積:43ha
事業区域:13ha
トラック:全長2.1km
ウェブサイトURL:https://www.porsche.co.jp/pec/


【世界9番目】「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」2021年夏オープン 千葉県木更津市に

アジア地域では上海に次ぐ開設

ポルシェ・ジャパンは、ポルシェが世界で展開するスポーツドライビングおよびブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」(PEC)を2021年夏の後半に、日本で初めて千葉県木更津市に開設する。

同施設はこれまでシルバーストン(英)、アトランタ(米)、ル・マン(仏)、ライプツィヒ(独)、ロサンゼルス(米)、上海(中)、ホッケンハイム(独)、フランチャコルタ(伊)(2021年オープン予定)に開設しており、「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」(PEC東京)は世界で9番目のポルシェのブランド体験施設となる。

2.1kmの周回コースでニュルブルクリンクやラグナ・セカの有名コーナーを体験

PEC東京では周回コースに加え、ポルシェのスポーツカー性能を充分に引き出す様々なトラックコンテンツ(ダイナミックエリア、オフロード等)を備える。

2.1kmの周回距離を持つコースは、ニュルブルクリンク(独)のカルーセル、ラグナ・セカ(米)のコークスクリューなどの有名コーナーを再現したエリアを有する。最大の特長として、これまでのPECが二次元トラック(平面的)であることに対し、PEC東京は元の地形を活かした唯一の三次元(立体構造)トラックとなり、高低差のある3Dドライビングが体験できる。

併設される建物では専属インストラクターによるポルシェの運転理論や技術の本格的なレクチャープログラムを実施。全ての来場者にポルシェブランドを体感できるラウンジやレストラン、本格的なレーシングシミュレーターなどを用意する。

また、各種の研修が行えるミーティングルームや、コーポレートイベントが開催できるエリアも用意し、様々な企業のビジネスニーズにも対応する。

日本でもポルシェの情熱を

ポルシェAGセールスおよびマーケティング担当取締役のデトレフ・フォン・プラテンは以下のコメントをする。

「ポルシェは唯一無二の顧客体験を最優先する企業であって、世界中のポルシェ・エクスペリエンスセンターがこの戦略的アプローチを独自の方法で具現化させています」

「自動車業界全体を見渡しても、同じ方法を採用している企業は他に見当たりません」

「日本のお客様は、ポルシェ製品のスポーツ性とエクスクルーシビティーをこよなく愛しています」

「新しいポルシェ・エクスペリエンスセンターは、それぞれのお客様がポルシェの情熱に触れ、それをほかの人達と共有することのできる絶好の場所となるでしょう」

日本の伝統と自然を感じるデザイン、そして環境への配慮も

PEC東京の建物は、日本の伝統的工芸品の江戸切子をモチーフに外観をデザイン。矢来紋(やらいもん)という斜めの線で構成された日本の伝統文様により、華やかなデザイン性と、損傷や汚れから保護する伝統的な様式を活かした。

館内にも左官や日本庭園を連想させる和のテイストが採用されている。

PEC東京は、拠点を設ける木更津市の自然と日本らしい風景を生かし、元の自然を活かして設計。また、千葉県の自然環境保全条例規定に基づき、木更津市立ち合いのもと千葉県と「自然環境保全協定」を締結。

自然の保存、植生の回復など適切な措置を講じるだけでなく、伐採樹木を定量的に把握し公開するなど積極的に情報開示を行う。

さらに、湿地等に生育する希少植物の生育を保全するため、専用の保全地、湿性生物保全エリアを新たに設置するなど、一歩踏み込んだ環境への配慮を行う。

新しい観光スポットとしての役割

ポルシェ・ジャパンでは独自の包括的なCSRプログラム「Porsche. Dream Together」のコンセプトに基づき、大小さまざまな規模の災害支援活動やコミュニティプログラムを千葉県、および木更津市の地域と連携して進めていく。

ポルシェ・ジャパン社長のミヒャエル・キルシュは、「日本にポルシェ・エクスペリエンスセンターを設立できることに深い喜びを感じています」

「この千葉県木更津市はとても美しい自然に囲まれた都市で、設立にあたり環境保全に関わる問題を深く追求し協議してきました。ポルシェは千葉県、および木更津市のコミュニティに対し、貢献できる良き企業市民でありたいです」

「新しい観光スポットを作り、雇用の機会を創出するだけでなく、世界的にも非常に美しいこの千葉の立地においてエキサイティングな試乗体験を提供したいです」

「既存のお客様はもちろんのこと、ポルシェオーナー以外のお客様や様々な企業のビジネスニーズに対応するこの新しい施設はどなたにも利用可能です。多くの人が集い新しいスポットとして注目されることを願います」と述べた。


ポルシェの世界観を堪能! 「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」2021年夏、世界で9番目のオープン

ポルシェジャパンは、千葉県木更津市に「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」を2021年夏開設すると発表した。同センターはポルシェが世界で展開するスポーツドライビングおよびブランド体験施設で、アメリカやヨーロッパ、中国などに次いで日本が世界9番目のオープンとなる。総額50億円を投資するという「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」とは、いったいどんな施設なのだろうか?

世界の「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」とは?

ポルシェ・エクスペリエンスセンターは現在、本国ドイツに2ヶ所、アメリカに2ヶ所、ほか英仏伊と中国の計8ヶ所に開設されている施設で、それぞれ周辺の地形に合わせたドライビングコースを備えている。

注目すべきは、それがちょっとした試乗コースではなく、かなり本格的に作りこまれていること。ダウンヒルやウェットハンドリングコースなどプロも唸るような多彩なコースで、公道ではなかなか試せないポルシェのポテンシャルを十分に発揮出来るというのは、このうえない贅沢な体験といえるだろう。

またその規模も驚くべきもので、例えば2015年にオープンした米アトランタのセンターには約1億ドルが投資され、450人の従業員、メカニックセンターやレストア工場、博物館にレストランなどを備え、もはやポルシェのテーマパークと言っても過言ではない。

世界で9番目! 千葉にオープンするセンターもスゴイ

世界で唯一の立体構造トラック!

50億円もの投資を行い千葉県木更津市にオープンする「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」は、敷地面積43ha(東京ドーム約9個分)を誇り、周回コースに加え、ポルシェのスポーツカー性能を存分に体験できる様々なトラックコンテンツ(ダイナミックエリア、オフロード等)を備えている。

最大の特徴は、これまでの各国のセンターが二次元トラック(平面的)であることに対し、千葉では元の地形を活かした唯一の三次元(立体構造)トラックとなり、高低差のある3Dドライビングが体験できることだ。

ニュル北コースの難所も再現!

2.1kmの周回距離を持つコースには、あのニュルの難所「カルーセル」も再現されている。ドイツ・ニュルブルクリンクのカルーセルといえば、コンクリートで内側が舗装された斜面(バンク)になっている、難関の北コースでも低速なコーナーの一つだ。

他にもアメリカのラグナ・セカの鋭角なS字シケインで有名な「コークスクリュー」などを再現したエリアが用意されている。

和を生かした施設は、ポルシェオーナー以外も歓迎!

「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」の魅力はコースだけではない。併設される建物は江戸切子をモチーフとした日本らしいデザインを採用し、そこでは専属インストラクターによるポルシェの運転理論や技術の本格的なレクチャープログラムも実施される。

またレーシングシミュレーターなどの設備に加え、ラウンジやレストラン、ミーティングルームなどもあり、ポルシェオーナーだけでなく様々な企業向けにも開かれた施設となっている。

自然にも配慮、地域に根差した活動

ポルシェ人気が高い日本において、ポルシェは建物デザインの他にも日本へのリスペクトを忘れない。千葉県と「自然環境保全協定」を結び、センター内の自然の保全や環境への配慮に努めるほか、災害支援活動やコミュニティプログラムなど地域に根差した活動も進めていくという。

千葉がアツい!? 本格施設が2022年にもオープン予定

ちなみに、同じく千葉県の南房総市にて、高級外車専門ディーラーのコーンズが会員制ドライビングクラブ「THE MAGARIGAWA CLUB」を2022年末に開業予定だ。

こちらは「どのサーキットにも似ていないコースを持つ、世界に唯一のドライビングクラブ」を目指すもので、プロによるレッスンや豪華クラブハウスなどポルシェにも引けを取らない内容が魅力。これからは千葉でのドライビング体験がアツくなりそうだ。

施設概要

■名称:ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京

■住所:千葉県木更津市伊豆島字中ノ台1148-1

■敷地面積:43ha

■事業区域:13ha

■トラック:全長2.1km



ポルシェジャパン、CSR活動に本腰 小学生から高校生に「夢」持つきっかけ提供 奨学金制度も

 ポルシェジャパン(ミヒャエル・キルシュ社長、東京都港区)は、日本独自のCSR(企業の社会的責任)活動「ポルシェ・ドリームトゥギャザー」を本格的に始めると発表した。小学生から高校生向けに「夢」を持つきっかけを提供していくほか、奨学金制度もスタートする。行政と連携した環境保全活動にも取り組み、企業イメージの向上に結び付けていく。

 同社として初めてのCSR活動。「夢を持つきっかけを提供する活動」「夢を叶えるサポートをする活動」「持続的な環境保護を行う活動」の3つを柱に、2021年からスタートする。

 夢を持つきっかけを提供する活動では、NPO法人カタリバと手を組み、小学生から高校生に向けた特別講演やワークショップによって夢を見つける機会を提供する。また、夢を叶えるサポートをする活動では、東京大学先端科学技術研究センターの「ROCKET(ロケット)プロジェクト」を通じ、ユニークな才能を持った若者に奨学金を支給する。

 持続的な環境保護を行う活動では、21年に開設予定のポルシェ・エクスペリエンスセンター(PEC)東京(千葉県木更津市)で環境配慮の取り組みを実施する。千葉県とは6月15日に「自然環境保全協定」を結んでおり、希少植物の保全活動などを行う。

 具体的な活動内容やスケジュールなどは今後検討し、同社の公式ウェブサイトに設けた専用ページで紹介する。キルシュ社長は「若者が夢を持ち、夢を追いかけ、そして夢を叶えることを、われわれは応援したい」としている。
Posted at 2020/12/01 22:02:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記

プロフィール

「今回はちゃんと200gだぞ〜 http://cvw.jp/b/238718/44629602/
何シテル?   12/04 22:57
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/12 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.