• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2019年05月24日 イイね!

FFのインプレッサを逆さまにスワップしてって話が現実のものになっていたら面白かったんだけどな~

FFのインプレッサを逆さまにスワップしてって話が現実のものになっていたら面白かったんだけどな~ポルシェ 914、デビュー50周年…VWと共同開発のミッドシップスポーツカー

ポルシェは5月20日、ポルシェ『914』(Porsche 914)がデビュー50周年を迎えた、と発表した。

◆ポルシェ911の下に位置するスポーツカーとして開発

914は1969年にデビューした。1960年代の半ば、ポルシェは『911』の下に位置するスポーツカー市場において、地位を拡大することを目指していた。そこでポルシェは、フォルクスワーゲンと協力、914を開発した。1970年モデル以降はポルシェの新しいエントリーモデルに位置付けられた。

「ワーゲン・ポルシェ」という愛称を持つ914は、エンジンをミッドシップマウントした2シーターのスポーツカーだ。エクステリアのデザインでは、全長に対して極めて長めに設定されたホイールベース、短いオーバーハング、グラスファイバー強化プラスチック製の着脱式ルーフセンターパネル、ワイドなセーフティバーなどが特長。914には、ポップアップヘッドライトも装備された。

◆4気筒エンジンはVW製。911T譲りの6気筒エンジンはポルシェ製

ポルシェ914は市場導入時、2種類のエンジンが設定された。ベースモデルの「914」グレードには、フォルクスワーゲン製の1.7リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力80psを獲得していた。0~100km/h加速は13秒で、最高速は177km/hの性能を備えていた。

上級グレードの「914/6」には、2.0リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを搭載。ポルシェ『911T』と同じこのエンジンは、最大出力110psを引き出した。このエンジンと940kgの軽量ボディとの組み合わせにより、非常に優れたパワーウェイトレシオを実現していた。

6気筒エンジンモデルの914/6では、イグニッションロックをステアリングホイールの左側に配置するポルシェの伝統的なレイアウトを採用。914/6のホイールは5個のナットで固定されていた。クロームメッキ加工バンパー、フォグランプ付きの埋め込み丸型ヘッドライト、ゴールドカラーのリアロゴなどを装備。オプションで張り出したフェンダーアーチが選択できた。914/6は、ポルシェの本拠地であるドイツ・シュトゥットガルトのツッフェンハウゼン工場で生産されている。

◆1969~1975年の間に4気筒モデルは11万5631台を生産

ポルシェ914シリーズは若い顧客に受け入れられ、1969年から1975年の間に、4気筒モデルは11万5631台が生産され、成功を収めた。ほとんどの車が、米国市場に輸出されており、914は当時、世界で最も売れているスポーツカーのひとつだった。6気筒モデルの914/6は、1969年から1972年の間に、3338台が生産された。モータースポーツに参戦し、数々のレースで優勝した。1970年にドイツ・ニュルブルクリンクで開催された「マラソン・デ・ラ・ルート」で勝利を収めた。また、「914/6GT」が、1970年にヨーロッパルマンでGTクラス優勝を成し遂げている。

ポルシェは6月2日に、ドイツのポルシェ博物館において、ポルシェ914のデビュー50周年を祝う特別なイベントを開催する。「50 Years of the 914」イベントには、120台のポルシェ914が参加する予定。914の開発およびレースエンジニアのRoland Kussmaul氏、シャーシ開発者でレーシングドライバーのHans Clausecker氏らが出席し、914の起源と伝説的な瞬間を振り返る、としている。


15iウェブさんにまだ当時の記事が残っていてよかった
■チンクエチェント660
オートバックスで500のボディにサンバーをスワップして「マキナ」という名前を与えられて300万円っていう珍妙なモノを一時販売していたのですよ

smart CINQE CENTO PROJECT
別の所だけどスマートのコンポーネントをスワップしたのも500にはあったんだね

んで話を戻すと当時914のボディに1.5Lの当時2代目インプレッサのFFで1.5Lのエンジンミッションを逆さまに載せる事で復活を図れないか?っていうのが休刊してしまったオートジャンブルで記事にあったんですよ(バックナンバーも何冊か買い揃えたんですが如何せん10年以上前の事なので記憶が定かでは無いですが)


どうしても914のイメージとして914/6が前面に出てしまうかもしれませんが、4気筒である事にこそ意味があったんじゃないかな~って私は思ったりするんですけどね
911の4気筒版として912を設定し、約3万台売った後に後継モデルとしてフォルクスワーゲンのカルマンギアとも後継として914を投入してきた訳ですから
高性能である事も大事だろうけど、安価でローパワーながらミッドシップの入門編のようなクルマに仕立てた訳です。


ポルシェ初の市販ミッドシップ「914」、50周年イベントでレアモデルを公開

Porsche 914
ポルシェ 914

当時の開発陣が参加するパネルディスカッションを開催

初のドイツ製市販ミッドシップスポーツカー「ポルシェ914」が1969年の発売から50周年を迎える。

ポルシェ・ミュージアムは、6月2日に行われるティピカリー・ポルシェ・デイ(Typically Porsche Day)内で、「914」デビュー50周年を祝うスペシャルイベント“50 Years of the 914”を開催する。そしてこのイベントに120名の「914」オーナーを招待した。

当日は「914」にゆかりのある人物が数多くゲストとして登場する予定。開発・レーシングエンジニアのローランド・クスマウル、シャシー開発・レーシングドライバーのハンス・クラウゼッカー、エンジニア・レーシングドライバーのギュンター・シュテックケーニヒが、作家のヨルゲン・レヴァンドフスキとともに、「914」の起源や先進性ついてたっぷりと振り返る。

また、現役のポルシェ・エンジニア達が参加し、ポルシェのミッドシップ車両の起源やミッドシップの将来についてパネルディスカッションも行うという。

世界最初のセーフティカーとして製作された914

今回、ポルシェ・ミュージアムは「914」に関連する展示を企画して12台を公開。市販モデルはフォルクスワーゲン製4気筒エンジンを搭載した「914/4」と、ポルシェ製6気筒を搭載した「914/6」。開発段階において最初に製作された「914」、レースを戦った「914/6 GT」、8気筒エンジンを搭載したプロトタイプなども展示される。

目玉となるのは、1972年に製作された世界最初のセーフティカー仕様の「914」だろう(写真)。この「914」は政府支援によるサーキットセーフティチーム「ONS」が投入したもので、ポルシェ・ワークスのヘルベルト・リンゲがステアリングを握り、サーキットで何名ものクルーを救った。

アルブレヒト・ゲルツによるオリジナル仕様も

この他にも、個人オーナーが所有する928 GTSのV8エンジンを搭載した仕様や、911のフラット6を搭載して数台のみが製作された「916」。カーデザイナーのアルブレヒト・グラフ・フォン・ゲルツが、フランスのコーチビルダー「ユーリエ」ともに製作したオリジナルデザインの「914」も登場する(写真)。

このポルシェ・ミュージアムでの特別展は7月7日まで開催を予定している。

フォルクスワーゲンとポルシェのジョイントビジネス

1960年代半ば、ポルシェは911の下のセグメントで販路を拡大しようとしていた。しかし、当時のポルシェは会社の規模が小さく、1社で開発プロジェクトを立ち上げることができなかった。そこでパートナーに浮上したのがフォルクスワーゲンだった。

この頃、フォルクスワーゲンは陳腐化したスポーツクーペ カルマンギア(タイプ34)の後継モデルを探しており、フェリー・ポルシェとフォルクスワーゲン代表のハインリヒ・ノルトホフの意見が一致し、共同プロジェクトがスタートすることになった。

ところが、1968年にノルトホフが亡くなったことで、プロジェクトは危機的な状況に陥ってしまう。フェリー・ポルシェは、フォルクスワーゲンの新代表となったカート・ロッツと解決案を模索し、フォルクスワーゲン-ポルシェ・セールスカンパニーを立ち上げる。

4気筒の「914/4」と6気筒の「914/6」

この結果、フォルクスワーゲン製4気筒を搭載する「914/4」と、ポルシェ製6気筒を搭載する「914/6」が誕生。アメリカ市場では、どちらの仕様もポルシェのディーラーで販売された。

「914/4」に搭載されていたフォルクスワーゲン製1.7リッター水平対向4気筒エンジンの最高出力は80ps。0-100km/h加速は13秒、最高速度は177km/hを発揮した。一方、「914/6」には911Tに搭載されていた2.0リッター水平対向6気筒OHVエンジンが採用され、「914/4」よりもパワフルな最高出力110psというスペックを持っていた。乾燥重量は「914/4」が900kg、「914/6」が940kgと1トンを切っており、抜群のパワーウェイトレシオを誇っていたと言えるだろう。

リーズナブルな価格からヒット作となった「914/4」

2シーター、特徴的なタルガトップを備えた「914」は、主に若いユーザーをターゲットとしていた。ベーシック仕様の「914/4」は1万1955ドイツマルクに設定され、爆発的なヒットを記録する。1969年から1975年にかけて4気筒仕様の「914/4」は11万5631台も生産。一方、「914/6」はレアな仕様となり、1969年から1972年にかけて3338台のみの生産に留まっている。

ほとんどの車両がアメリカに輸出され、現地ではフォルクスワーゲンとのジョイントビジネスと関係なく、ポルシェのオリジナルモデルとして独占的に販売された。1970年には、アメリカにおいてインポートカー・オブ・ザ・イヤーにも輝いている。

レースではプライベーターに愛された914

「914」はモータースポーツの世界でも成功を収めた。中でも特筆すべき勝利は、ファクトリーチームで参戦した、1970年のマラソン・デ・ラ・ルートだろう。これ以外にも多くのプライベーターによって様々なレースに参戦。また、1970年のル・マン24時間レースでは、フランスのインポーターであるチーム・ソノートの「914/6 GT」が、GTクラスで勝利を飾っている。
Posted at 2019/05/24 21:20:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2019年05月19日 イイね!

色のネーミングが良いなぁ~

色のネーミングが良いなぁ~ポルシェ 935 新型、7種類の特別カラー設定…モータースポーツの栄光を反映

ポルシェは5月16日、ポルシェの70周年を記念するクラブスポーツレーシングカーで、世界限定77台を生産する新型ポルシェ『935』(Porsche 935)に、7種類の特別カラーを設定すると発表した。

◆1970年代のモータースポーツで活躍を収めたポルシェ935へのオマージュ

新型ポルシェ935は、1970年代のモータースポーツで活躍を収めたポルシェ935へのオマージュとして企画された。ポルシェは当時の『911』をベースに、最大出力600psを発揮するポルシェ935を開発。1976年の世界メーカー選手権(現在の世界耐久選手権に相当)で、ポルシェにタイトルをもたらした。ポルシェ935は、その後1981年まで、グループ5のレースにおいて、圧倒的な存在感を見せつけることになる。

ポルシェ935は1978年、『935/78』に進化した。ロング&ワイドのテールが特徴の935/78は、延長されたボディから「モビー・ディック」と称され、シャシー性能とエアロダイナミクス性能を前シーズンからさらに強化した。排気量3211ccの水平対向6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力845psを発生。1978年のルマン24時間耐久レースでは、366km/hの最高速を記録した。ポルシェ935/78は現在でも、最強の911として君臨している。

ポルシェの70周年を記念して77台を限定生産するのは、この1978年のポルシェ935/78がモチーフ。現行911シリーズの最強モデル、新型『911 GT2 RS』をベースに、当時のレーシングカーを連想させるボディを新たにデザインした。新型ポルシェ935は、特定のレースへの参戦を目的にしていない。そのため、1978年の935/78をモチーフにしながらも、当時のレーシングカーのようにレギュレーションに従う必要はなく、自由に開発は行われたという。

◆3.8リットルツインターボはポルシェの市販車史上最強の700ps

パワートレインは、新型911 GT2 RSと基本的に共通だ。直噴3.8リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンをベースに、可変タービンジオメトリー(VTG)を備えた大型ターボチャージャー、新設計の吸気システムなどを採用。この結果、ポルシェの市販車としては、史上最強の最大出力700ps/7000rpm、最大トルク76.5kgm/2500~4500rpmを獲得する。トランスミッションは、専用ギアレシオの7速PDK。駆動方式はRR(2WD)。0~100km/h加速2.8秒、最高速340km/hというポルシェ史上、最速のパフォーマンスを備えている。

ボディの大部分は、軽量なCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製。幅1909mm、奥行き400mmの巨大なリアウイングをはじめ、エアロダイナミクス性能を追求する。フロントフェアリングのホイールアーチの通気孔は、レーシングカーの『911 GT3 R』の技術を導入したもの。フロントアクスルのダウンフォースを増加させる。ボディサイズは、全長4865mm、全幅2034mm(ドアミラー含む)、全高1359mm、ホイールベース2457mm。車両重量は1380kg。

シングルシーターのコックピットは、レーシングカーそのもの。カーボンファイバー製ステアリングホイールとカラーディスプレイは、2019年モデルの911 GT3 Rと同じ装備。レーシングバケットシートや6点式ハーネス、ロールケージが組み込まれる。オプションで、助手席が装備可能。

◆ポルシェのモータースポーツの栄光を反映した7種類のカラーリング

ポルシェは、この新型ポルシェ935に、7種類の特別カラーを設定する。これらのカラーリングには、過去のモータースポーツにおいて、ポルシェが刻んだ栄光の歴史も反映されている。

7種類のカラーリングは、「GULF」(ガルフ)、「MOMO」(モモ)、「SACHS」(ザックス)、「VAILLANT」(ヴァイラント)、「SALZBURG」(ザルツブルク)、「INTERSCOPE」(インタースコープ)、「John Player Special (JPS)」(ジョンプレーヤースペシャル)。中でも、ザルツブルクは、1970年のルマン24時間耐久レースにおいて、ポルシェに初の総合勝利をもたらしたポルシェ・ザルツブルクチームのポルシェ『917』をモチーフにしている。














Posted at 2019/05/19 00:41:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2019年05月14日 イイね!

やっぱりGT3はNAですよね?

やっぱりGT3はNAですよね?次期ポルシェ911 GT3、新スピードスターの4.0ℓ自然吸気エンジン搭載?

GT3 自然吸気に拘る

新型911スピードスターに搭載された4.0ℓ水平対向6気筒エンジンの改良型は、自然吸気エンジンに拘るポルシェのGT部門から将来登場するモデルに受け継がれるようだ。

ポルシェGT部門の責任者を務めるアンドレアス・プロイニンガーは次のように語った。「われわれは将来、このエンジンを採用します。今後のプロジェクトについてコメントすることはできませんが、そのユニットを再利用しなかったら、われわれは馬鹿者でしょう」

「GTモデルに関するわれわれの哲学は、自然吸気に拘ることで、将来も自然吸気エンジンを維持したいと考えています。そのために、感動とパフォーマンスを失うことなく適切なエンジンを開発しようと、多大な努力を続けているです」

この改良型エンジンをどのモデルに採用するのかについて、プロイニンガーは明らかにしようとしなかったが、最も可能性が高いのは次世代のGT3だろう。最近、ニュルブルクリンク北コースで目撃されたプロトタイプが、ターボチャージャーを装備しない高回転型エンジン特有の甲高いサウンドを発していたことは、その重要な論拠となる。

クリーンでパワフル 自然吸気6気筒

991型911の最後を飾るスピードスターは、21万1599ポンド(約3000万円)という価格で販売される。そのパワートレインには、間もなく役目を終える991型GT3と同じエンジンが使われているが、多数のさらなる改良が施されている。

中でも主要なアップデートの1つは、この大排気量直噴水平対向エンジンを現代の規制に適合させるための延命措置だ。ポルシェはこのエンジンに、2つの大きなガソリン微粒子フィルターを装着。シリンダーブロックの片側に1つずつ備わる排気管の中に統合されている。

さらに、このエグゾースト・システムは、従来より薄い鉄とニッケルを使い、溶接ではなく半田付けの技術によって製作されている。これによって重量は、フィルターを追加しても従来より10kgも軽くなっているという。最高出力も500ps/8250rpmから510ps/8400rpmに引き上げられている。

この改良によってエンジンをクリーンにするだけでなく、フィルターによるエグゾーストの背圧増加も抑えることは簡単ではなかった。

直噴システムの燃圧は200barから250barに高められ、6本のシリンダーごとにそれぞれ独立したスロットルボディが備わった。これらを組み合わせることで(特に新しいスロットルボディによるところが大きい)、スロットルレスポンスがシャープになったとポルシェは言っている。



GT3をターボエンジンで登場させるのか?GTSでこのウイングは無いだろうし??
ターボルックならぬGT3ルックの別グレードを設定してくるのか?
それだとGTSとの立ち位置がまた微妙になりそうだけど果たしてどうなる事やら??もしかしてハイブリッドとか???
Posted at 2019/05/14 20:57:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2019年05月13日 イイね!

マカンとかみたいに全グレードターボ付きなのに最上位グレード名がターボっていうのもあるくらいだし良いのか?

マカンとかみたいに全グレードターボ付きなのに最上位グレード名がターボっていうのもあるくらいだし良いのか?EVなのに「ターボ」!? ポルシェ タイカン、最終デザインついに露出

ポルシェ初のEVサルーン『タイカン』市販型の全貌が見えてきた。プロトタイプの姿を、これまででもっともカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。

これまで隠されていた生産型と思われるヘッドライトを装着しているほか、LEDデイタイムランニングライトバーを備えるフロントバンパーなど、ベースとなっている『ミッションE』コンセプトに似たフロントエンドが見てとれる。

さらに、リアクォーターウィンドウやフェンダー、テールライトの最終デザインも初めて露出。これまで装着されていたフェイクのエキゾーストパイプも外され、いよいよ公開へ向け準備が整いつつあるようだ。

タイカンには、9万ドル(約1千万円)程度のベースグレードのほか、9万ドル以上の「4S」、13万ドル(約1400万円)以上の「ターボ」の設定が予想されている。この開発車両にはカーボンセラミックブレーキが搭載されている点からも上級モデル「ターボ」の可能性が高い。

しかし、ここで疑問に思う読者もいるだろう。そもそもターボは、エンジン車の排気ガスによりシリンダーへ強制的に空気を圧縮して送り込み、排気量以上のパワーを引き出すシステムだ。排気ガスの出ないEVにターボは存在しないはず。これは恐らく、最強モデルのイメージをアピールする目的でポルシェ伝統の名前を使用するものとみられる。

最上級となるターボのパワートレインは、最高出力600ps以上を引き出す永久磁石シンクロナスモーター(PSM)を2基搭載し、動力性能は、0-100km/h加速が3.5秒以下、0-200km/h加速も12秒以下のパフォーマンスを発揮すると予想される。1回の充電での航続は、500km以上で、800Vの電圧を持つ最新の急速充電システムに対応、わずか4分間の充電で100km走行分のバッテリー容量を充電できるという。

ポルシェは、9月にタイカンを発表するとアナウンスしており、フランクフルトモーターショーがワールドプレミアの場となるはずだ。


違和感あるけどね…
Posted at 2019/05/13 21:51:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2019年05月11日 イイね!

GT3をターボエンジンで登場させるのか?GTSでこのウイングは無いだろうし??

GT3をターボエンジンで登場させるのか?GTSでこのウイングは無いだろうし??ポルシェ 911 に新たな高性能グレード? ミステリアスな開発車両の正体は

ポルシェは、2018年11月に992世代となる新型『911』、今年1月に新型『911カブリオレ』を発表したばかりだが、早くもこの911をベースとした謎のプロトタイプをスクープした。

南ドイツでスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

まず目が行くのがリアウィングだ。新型『911GT3』かと思われたが、すでに目撃されているプロトタイプほどアグレッシブな外観ではない。さらにナンバープレートの位置が上部へ移動され、排気チップが円から台形に変更されているほか、ハイマウントストップランプが後部エアアウトレットからリアウィングの下部に移されている。格納式サンルーフを装備し、ゴールドのホイールもミステリアスだ。

フロントエンドでは、バンパーのエアインテークがきっちりと3分割され、991世代の「911GT3」に似ている。可能性としては、オプションのエアロキット装着モデル、軽量バージョンなどが挙げられる。しかし一番有力とされているのは、『カレラS/4S』と、GT3の中間に新たに設定される高性能バージョンだ。

その場合、エンジンは3.0リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンをキャリーオーバーするが、最高出力は450psから20psから30ps程度向上すると予想される。
Posted at 2019/05/11 14:20:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記

プロフィール

「全天候型タイプRっていうのも面白いかもな http://cvw.jp/b/238718/42890465/
何シテル?   05/25 21:07
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.