• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2010年05月28日 イイね!

あんまり関係なかったかも(笑)

スバル、生産&輸出が4月単月の記録を更新

 富士重工業は、2010年4月度の生産・国内販売・輸出実績を発表した。

 同社の発表によると、生産は国内生産、海外生産ともに、レガシィを中心に全車種が好調に推移。合計では6ヶ月連続で前年同月を上回り、4月単月として過去最高の生産台数となった。

 内訳を見ると、国内生産は前年同月比181.8%・3万3769台という登録車の好調が牽引。軽自動車生産も前年同月比107.3%(6896台)とプラスを記録し、全体では同162.7%の4万665台となった。さらに飛躍したのが海外生産で、じつに前年同月の647.4%にあたる1万3182台を生産。世界合計では、前年のほぼ倍増となる199.2%、5万3847台となった。

 国内販売も順調に推移しており、レガシィやエクシーガ、フォレスターを中心に好調に推移し、7ヶ月連続で前年同月比プラスを記録。登録車は前年比109.4%(3364台)、軽自動車は120.2%(7260台)となり、合計では前年比116.5%の、1万624台となった。

 また、同月は輸出も大幅増を記録。アメリカ、中国、オーストラリア向けが好調に推移したことにより、6ヶ月連続で前年同月を上回る、前年比200.2%・2万9682台を達成。4月単月としては、過去最高の輸出台数となった。





富士重スバル、レガシィ 好調で世界生産が倍増…4月実績

富士重工業が発表した4月の生産・販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年同月比99.2%増の5万3847台とほぼ倍増し、4月として過去最高となった。

国内生産は同62.7%増の4万665台と好調だった。国内向け、輸出ともにスバル『レガシィ』が伸びた。

国内販売は同16.5%増の1万0624台と、7か月連続で前年を上回った。レガシィや『エクシーガ』、『フォレスター』といった登録車が好調で、軽自動車もダイハツ工業からのOEM(相手先ブランドによる生産)軽自動車の販売が順調で同20.2%増と伸びた。

輸出は同100.2%増の2万9682台と、6か月連続でプラスとなった。米国、中国、豪州向けが好調に推移、4月として過去最高となった。

海外生産は同547.4%増の1万3182台と急増した。米国向けのレガシィが好調だった。

レスポンス 編集部






【株価】富士重が小幅続伸

全体相場は反落。米国市場の下落、対ユーロで円高が進行したことを嫌気し、欧州向け比率の高い輸出関連株を中心に幅広い銘柄に売りが先行。ソニーの今期決業績予想が市場予想を下回ったことも売りを誘い、平均株価は前日比158円安の1万0462円と反落して引けた。

自動車株は全面安。日産自動車が17円安の718円と続落。トヨタ自動車が70円安の3530円、ホンダが60円安の3015円と反落した。

軒並み安の中、「今年度の海外部品調達目標10%超」と一部で報じられた富士重工が、1円高の537円と小幅ながら続伸。

レスポンス 宮崎壮人



スバル、英国伝統の馬術競技会をスポンサード

スバルは19日、27 - 30日に英国ノーフォーク州で開催される馬術競技会、「ホートンインターナショナル」の冠スポンサーを務めると発表した。

今年の同大会には、オリンピックで2度のメダルに輝いたマーク・トッド選手をはじめ、340名の選手が参加。4日間、1万1000人以上の観客を迎えて争われる。

スバルはこの大会をスポンサード。『フォレスター』など10台を提供して、円滑な大会運営をサポートするほか、馬が飛び越えるハードルなどに、スバルのロゴが添えられる。会場にはスバル各車を展示し、来場者にアピールする予定だ。

また、スバルのブランド大使を務めるオリー・タウネンド選手も来場。同氏は米国大会で負傷したため、今年のホートンには出場しないが、2012年のロンドンオリンピックへ向けて調整中だ。オリー・タウネンド選手は、「広くて機能的でどこでも走れるスバル車は、大会の移動時をはじめ、完璧なパートナー」とコメントしている。

スバルUKのケニョン・ネッド常務は、「スバル車にはアクティブなイメージがあり、馬術大会のスポンサードは、そのイメージアップに最適」と、大会の冠スポンサーに名乗り出た理由を説明している。

レスポンス 森脇稔



もう終ってたね(爆)
富士重、人とくるまのテクノロジー展に出展

 富士重工業は、5月19日から横浜で開催される『人とくるまのテクノロジー展2010』に出展する。

 ブースには、ステレオカメラを用いた先進運転支援システム『EyeSight(アイサイト)』、自動ブレーキで車両を停止させる制御など最新技術を加えた『新型 EyeSight』、電気自動車『スバル・プラグイン・ステラ』が展示される。

 この新型 EyeSightは、自動ブレーキで車両を減速・停止させる『プリクラッシュブレーキ』で、前方衝突の回避や衝突被害の軽減を図り、また、先行車が停止した場合も追従して制御する『全車追従機能付クルーズコントロール』の機能も備えている。ブースには、5月18日に発売するEyeSightを搭載したレガシィが展示される。

 会場は、パシフィコ横浜で、開催期間は5月19日~21日、時間は10時~17時まで



まあ、タイトルの通りあんまりスバルの話だけどトラバする程の内容でも無かったかな(笑)



Posted at 2010/05/28 16:14:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記
2010年05月28日 イイね!

カウンタックス?やウィリアムズも出るんだもんな~

カウンタックス?やウィリアムズも出るんだもんな~芝刈り機で世界最速チャレンジ

英国トヨタは12日、ピックアップトラックの『ハイラックス』が、22 - 23日に行われる芝刈り機による世界最速記録チャレンジをサポートすると発表した。

このチャレンジは、プロジェクト「ランニングブレード」と呼ばれ、英国芝刈り機メーカー大手のカウンタックス社などが協賛。同社は2004年、F1のウィリアムズと芝刈り機を共同開発し、3495ポンド(約70万円)で発売するなど、ユニークな活動で知られる。

ランニングブレードは22 - 23日、英国サウスウェールズ・カーマーゼン湾のペンダイン・サンズで開催。この場所は全長11kmの砂浜が続き、ランドセーリングの人気スポットとしても知られる。

英国トヨタはこのチャレンジに協賛。特別チューンが施された芝刈り機のトランスポーターとして、ピックアップトラックのハイラックスを提供した。

この芝刈り機、フルチューンによって最高速160km/hを発揮するという、とてつもない1台。2006年にボブ・クリーブランド氏が米国ボンネビル・ソルトフラットでマークした130km/hの記録更新を狙う。

トランスポーターのハイラックスは、芝刈り機と同じ赤いカラーリング。エンジンは3.0リットルディーゼルの「D-4D」を搭載する。プロジェクトリーダーのステファン・ボーキンズ氏は、「タフな4WDと優れた積載能力を持つハイラックスは、我々のチャレンジの頼もしい相棒」とコメントしている。

なお、このチャレンジはチャリティも兼ねており、収益は英国の病院などに寄贈される。

レスポンス 森脇稔



本文を読まずにパッと見た時に 「ハイラックスのエンジンを搭載した芝刈り機?」って勘違いしました(爆)
ランボルギーニも元々は農業機器メーカーだったのでカウンタックか?と思ったらカウンタックスって言うメーカーがあるんですね~しらなんだ


140km/h!! 芝刈り機の世界新記録

5月22日、英国で芝刈り機による『ギネスブック』の世界最速記録チャレンジが行われ、時速87.833マイル(141.235km/h)という新記録が生まれた。

このチャレンジは、プロジェクト「ランニングブレード」と呼ばれ、英国芝刈り機メーカー大手のカウンタックス社などが協賛。同社は2004年、F1のウイリアムズと芝刈り機を共同開発し、3495ポンド(約70万円)で発売するなど、ユニークな活動に取り組んでいる。

英国トヨタもこのチャレンジに協賛。特別チューンが施された芝刈り機のトランスポーターとして、ピックアップトラックの『ハイラックス』を提供した。

ランニングブレードは5月22日、英国サウスウェールズ・カーマーゼン湾のペンダイン・サンズで実施。全長11kmの砂浜を、フルチューンされた芝刈り機が疾走した。

ドライバーは、ボブ・ウェールズ氏。そして同氏は、最高速87.833マイル(141.235km/h)を記録した。これはボブ・クリーブランド氏が2006年、米国ボンネビル・ソルトフラットでマークした時速80.792マイル(129.91km/h)を10km/h以上も上回るギネス新記録だ。

ウェールズ氏は、今後もチャレンジを続ける予定で、「次回は最高速160km/hを目指すよ」とコメント。ギネス新記録達成の映像は、AP通信が動画共有サイトで公開している。



レスポンス 森脇稔



世界最速の芝刈り機は芝を刈る

5月24日、有人芝刈り機の地上速度世界記録が樹立された。ギネス世界記録は87.833マイル/h、約140km/hだ。プロジェクト名でもあるこの芝刈り機、「ランニングブレード」は、芝刈り機として機能するのだ。

ギネス世界記録での芝刈り機の規定(定義)は、芝刈り機メーカーとして認められるメーカーによって、おもに芝刈り機の部品を使って製作された、“いわゆる”芝刈り機とされる。記録樹立と同じ日に芝を刈らねばならないが、芝を刈るのは記録走行中でなくて良い。

ランニングブレードを作製したのは、カウンタックスというイギリスの芝刈り機の大手メーカーだ。エンジンはカワサキ製V型2気筒で、芝刈り機用として複数のメーカーに供給されている。そしてランニングブレードは、記録挑戦の前に、ちゃんと芝を刈っている。

速度の計測は、1マイル(約1.6km)の距離を1時間以内に1往復し、その平均を記録とする。陸上速度記録で長年用いられているレギュレーションだ。



レスポンス 高木啓









果たしてこんな速度の芝刈り機が必要なんだろうか(爆)

まあ、あればあったで面白いからイイですよね~こういうオバカなのって



Posted at 2010/05/28 16:10:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2010年05月28日 イイね!

やっぱりシロッコは速かった…

やっぱりシロッコは速かった…【ニュル24時間】VW シロッコ、バイオガス仕様で3年連続クラス優勝

フォルクスワーゲンは17日、ドイツで15 - 16日に開催された「第38回ニュルブルクリンク24時間耐久レース」で、『シロッコ』のバイオ天然ガス仕様、『シロッコGT24-CNG』が、代替燃料クラス1 - 3位を占めたと発表した。

フォルクワーゲンは2008年の同レースに、正式発売前のシロッコを投入。最大出力330psを誇る『シロッコGT24』は、排気量2.0リットル以下のターボ搭載車で争うSP3Tクラスで、1 - 2フィニッシュの快挙を成し遂げた。

2009年は、2008年のマシンの発展形として、燃料をバイオ天然ガス仕様としたシロッコGT24-CNGを2台開発。2.0リットル直列4気筒ターボ「TSI」は、最大出力300ps、最大トルク35.7kgmを発生しながら、CO2排出量は2008年マシン比で約25%低減させることに成功した。

駆動方式は市販版と同じFFで、トランスミッションは6速DSG。外観はリアの大型ウイングが特徴だ。そして、このシロッコGT24‐CNGの2台のうち1台が、オルタネイティブパワートレーンクラス(ATクラス)で見事優勝。総合でも17位に入る大健闘を見せた。

2010年のニュルブルク24時間耐久には、シロッコGT24 - CNGを3台エントリー。最大出力は2009年比で30ps引き上げて330psとしながら、CO2排出量はガソリンエンジン比で約80%も低減させた。

さらにドライバーのひとりとして、2010年1月のダカールラリーにおいて、『レーストゥアレグ』を駆り、総合2位でゴールしたカタールのナッサー・アル‐アティーヤ選手を起用した。

そして結果は、ナッサー・アル‐アティーヤ選手など4名の117号車がクラス1位、ジミー・ヨハンソン選手など4名の118号車がクラス2位、ウルリッヒ・ハッケンバーグ選手など4名の116号車がクラス3位と、見事な1 - 2 - 3フィニッシュを飾った。

また総合でも、117号車が16位となったのをはじめ、118号車が52位、116号車が74位と健闘。フォルクスワーゲンによると、118号車が記録した9分4秒710のラップタイムは、2010年のニュルに出走したFF車の中で最速だという。フォルクスワーゲンモータースポーツのクリス・ニッセン氏は、「シロッコは3回挑戦して、3回のクラス優勝。高い信頼性と燃費の良さを証明した」とアピールしている。

レスポンス 森脇稔



シロッコ、代替パワートレインクラスでトップ

 フォルクスワーゲンの『シロッコGT24-CNG』が、第38回ニュルブルクリンク24時間耐久レースの代替パワートレインクラスで、1-2-3フィニッシュを決めた。

 クラス1位、総合14位に入ったのはバニナ・イクス、ファクトリードライバーのナセル・アルアディア、ディーター・デッピング、クラウス・ニーズビーズ組の117号車チーム。多くのマシンがリタイヤする中、バイオ天然ガスエンジンを搭載した3台のシロッコは、信頼性を存分に発揮し完走した。

 また、ターボエンジンを搭載した『シロッコGT24-CNG』は、9分04.710秒という前輪駆動車の最速ラップも記録した。なお、このタイムを叩きだしたのは、ジュニア・チームのニッキィ・ティムだったが、彼のチームはアクシデントに遭い総合順位を落としてしまった。ちなみにクラス2位は118号車、3位は116号車だった。

 フォルクスワーゲン・モータースポーツ・ディレクターのクリス・ニッセンは「3年間シロッコで参戦して、3年連続でクラス優勝を飾ることができました。私は、チーム全体を大変誇りに思い、また嬉しい気持ちでいっぱいです」と語った。



結果が書いてあったサイトのコピペなので表記の誤記やスペルミスはごめんなさい(笑)

順位 ゼッケンナンバー 名前 周回数 ラップタイムの順になっております。
1位  25 BMW M3 GT2 154 12:17.344
2 位 43 Ferrari F 430 GTC 154 9:33.019
3位  97 Audi R8 LMS 153 9:32.691
4位  76 BMW Z4 GT3 152 10:37.803
5位  102 Audi R8 LMS 152 10:51.149
6位  20 Porsche GT3 Cup S 151 9:27.493
7位  26 BMW M3 GT2 150 10:52.452
8位  18 Porsche GT3 Cup S 150 10:41.858
9位  69 BMW Z4 GT3 149 10:04.650
10位 35 Porsche 997 GT3 Cup 148 10:05.529
11位 14 Porsche 997 GT3 Cup 147 9:51.098
12位 44 Nissan Z 33 145 10:15.261
13位 11 Porsche GT3 RS 145 9:56.683
14位 33 Porsche GT3 Cup 145 10:01.348
15位 133 Audi TTS 144 10:13.279
16位 117 Volkswagen Scirocco GT24-CNG 143 11:21.086
17位 9 Porsche GT3 R Hybrid 142 8:45.243
18位 28 Porsche 997 Cup 142 11:53.099
19位 50 Lexus LF-A 142 13:47.310
20位 142 Opel Astra OPC 141 11:04.473
21位 88 Porsche GT3 Cup S 141 9:46.524
22位 169 BMW Z4 Coupe 140 14:34.092
23位 141 Opel Astra OPC 140 11:04.216
24位 70 Audi RS 4 140 10:57.487
25位 137 Subaru GRB 139 10:06.699
26位 96 BMW M3 GT4 139 11:44.227
27位 106 BMW E 46 GTR 137 13:56.987
28位 61 Aston Martin Vantage V8 137 11:14.500
29位 48 Porsche 997 137 11:08.376
30位 42 Porsche 997 GT3 Cup 137 9:50.002
31位 158 Honda S 2000 136 10:42.297
32位 146 VW Golf 136 11:40.637
33位 120 BMW M3 GT4 134 10:38.765
34位 37 Porsche 996 GT3 Cup 134 11:04.931
35位 7 Aston Martin Rapide 134 14:05.952
36位 184 Audi A3 133 11:16.215
37位 139 Seat Leon Supercopa 132 12:40.116
38位 219 BMW E36 M3 132 11:43.412
39位 148 Subaru Impreza 132 16:35.743
40位 6 Aston Martin V12 Vantage 132 13:44.272
41位 226 BMW M3 131 11:28.621
42位 63 Chevrolet Corvette 131 11:31.680
43位 82 BMW 135 i 131 11:43.845
44位 232 BMW E46 M3 131 11:59.453
45位 162 Opel Astra GTC 131 11:08.708
46位 180 BMW Z4 3.0 si 131 13:58.997
47位 59 Aston Martin N24 130 12:42.930
48位 90 BMW M3 E46 130 13:57.437
49位 223 BMW Z 85 / DU 51 130 11:47.581
50位 183 Renault Clio III Cup 128 14:01.978
51位 201 Peugeot RC Z 128 11:43.605
52位 118 Volkswagen Scirocco GT24-CNG 128 9:32.410
53位 213 BMW E 90 128 12:51.373
54位 122 Volvo Heico HS3 Bioethanol 128 13:49.709
55位 151 Renault Clio 128 13:54.251
56位 23 Porsche 997 GT3 Cup 127 12:10.831
57位 86 BMW Z4 M-Coupe 127 10:42.029
58位 87 Nissan 350 Z 127 26:43.568
59位 224 BMW E 36 M3 127 12:02.121
60位 72 Lexus IS F 127 10:35.443
61位 214 Mercedes Benz C 230 126 14:10.690
62位 2 ABT Audi R8 LMS 125 8:47.284
63位 205 BMW E36 318 IS 125 14:36.264
64位 218 BMW E87 130i 125 13:44.866
65位 237 BMW M3 125 10:58.721
66位 125 Audi TTS 125 12:11.127
67位 211 BMW 320 iS 125 11:14.665
68位 167 Renault Clio Cup 125 12:27.391
69位 175 Alfa Romeo 147 JTD 125 11:42.839
70位 164 Renault Clio RS III 125 12:03.041
71位 113 BMW 130 i 125 11:31.319
72位 236 Porsche Cayman S 125 12:42.904
73位 126 Ford Mondeo 125 13:03.178
74位 116 Volkswagen Scirocco GT24-CNG 124 12:09.000
75位 235 BMW M3 E46 124 13:46.484
76位 212 BMW 325 i 123 13:16.658
77位 233 Mercedes Benz SLK 350 123 11:40.768
78位 80 BMW 330 i 123 13:17.555
79位 206 BMW 318 iS 123 14:19.905
80位 40 Porsche 997 RSR 122 9:28.976
81位 60 Aston Martin Vantage V8 122 11:23.215
82位 200 Peugeot RC Z 122 11:44.184
83位 119 Seat Supercopa 121 12:08.039
84位 135 Audi A3 121 10:00.571
85位 244 Honda Civic Type-R 120 10:57.731
86位 243 Honda Civic Type-R 120 10:59.547
87位 74 Aston Martin N24 120 40:42.843
88位 41 Porsche 997 GT3 Cup 120 11:43.873
89位 155 Honda Civic Type-R 120 13:50.246
90位 215 BMW 325 i E90 119 13:29.300
91位 193 BMW 330d 119 11:57.759
92位 246 Honda Civic Type-R 119 11:11.073
93位 220 BMW Z4 Coupe 118 28:03.022
94位 225 BMW E36 M3 118 12:31.904
95位 49 Audi R8 117 13:14.171
96位 85 Porsche 911 116 9:39.399
97位 153 VW Golf III Kitcar 115 12:50.687
98位 176 BMW 120 d 115 14:33.735
99位 127 Ford Focus ST 114 13:48.782
100位 129 BMW 325 i E92 114 11:56.635
101位 75 BMW 320 d 114 14:24.107
102位 227 BMW M3 GT 113 12:38.080
103位 8 Porsche GT3 R 112 8:43.088
104位 55 Ginetta G50 - GT4 112 11:13.986
105位 157 Honda S 2000 111 10:48.467
106位 152 Honda Civic Type-R 111 12:10.383
107位 79 Audi D2 W12 111 15:30.299
108位 128 Volvo S60 Turbo 110 12:39.973
109位 78 Audi D11 V8 110 15:30.426
110位 208 Opel Astra G 109 12:15.946
111位 161 Peugeot 206 RCC 109 14:32.484
112位 234 Porsche 996 108 17:18.526
113位 17 Porsche 997 GT3 108 10:51.552
114位 245 Honda Integra 106 13:39.482
115位 140 Seat Leon Supercopa 104 11:19.716
116位 99 Audi R8 LMS 103 8:43.035
117位 250 Ford Focus RS 103 12:52.395
118位 154 VW Golf III Kitcar 102 15:17.302
119位 156 Honda Civic Type-R 101 10:59.010
120位 150 Peugeot 207 RC 100 45:32.520
121位 165 Renault Clio Cup 98 12:48.320
122位 134 Seat Leon 97 10:28.928
123位 216 BMW E46 325i 94 10:49.358
124位 138 BMW Mini Cooper S 94 12:03.334
125位 64 Nissan 370 Z GT4 92 13:43.569
126位 190 BMW 335 d GTR 91 11:35.277
127位 130 BMW 325 i E 90 90 11:44.761
128位 170 BMW E 90 90 14:11.725
129位 195 Audi A4 quattro 89 14:00.971
130位 242 Renault Clio 88 11:43.286
131位 168 Seat Ibiza 86 13:47.948
132位 16 Porsche GT3 Cup 997 85 18:59.066
133位 221 BMW E36 M3 85 11:32.845
134位 105 BMW E 46 M3 84 10:02.249
135位 172 VW Golf 5 RTDi 84 13:18.599
136位 166 Renault Clio Cup 84 13:10.011
137位 159 VW Golf 3 16V 84 16:01.775
138位 204 BMW E36 318 IS 80 33:09.532
139位 163 Honda Civic Type-R 79 10:31.837
140位 107 BMW 130 i GTR 79 13:50.210
141位 145 BMW Mini Cooper 77 14:42.711
142位 203 BMW 318 iS 77 12:51.071
143位 67 Aston Martin N24 77 10:05.782
144位 39 Porsche 997 GT3 75 9:25.914
145位 174 VW Golf V 75 11:32.845
146位 66 Aston Martin V8 Vantage 75 11:28.140
147位 3 Porsche GT3 R 73 12:06.914
148位 210 Ford Fiesta ST 73 10:28.039
149位 47 Porsche 997 GT3 71 11:13.991
150位 202 BMW E36 318 IS 71 14:27.851
151位 83 BMW E 46 WTCC 71 10:32.234
152位 111 Audi R8 LMS 69 9:41.096
153位 112 BMW E 46 M3 68 11:24.541
154位 132 Audi TT 68 12:58.523
155位 81 BMW 330 i 67 10:21.549
156位 51 Lexus LF-A 67 13:47.145
157位 19 Porsche 997 GT3 Cup 66 9:29.958
158位 71 Audi RS 4 66 10:30.068
159位 68 Chevrolet Corvette 64 45:05.595
160位 89 Porsche 997 GT3 63 12:06.871
161位 143 Mitsubishi Lancer Evo X 62 10:01.266
162位 147 Audi TT 61 11:04.239
163位 207 Opel Astra OPC 60 13:27.693
164位 228 BMW Z4 56 10:26.575
165位 173 BMW 320 Raps 52 43:47.161
166位 194 BMW 135 d 52 14:33.464
167位 65 Porsche Caymann 50 12:17.900
168位 1 Porsche GT3 R 47 8:44.237
169位 100 ABT Audi R8 LMS 47 8:54.065
170位 98 Audi R8 LMS 41 8:52.263
171位 110 BMW M3 41 10:44.901
172位 84 BMW E46 M3 41 13:43.063
173位 123 Seat Leon Supercopa 39 12:15.210
174位 15 Porsche GT3 Cup 997 37 10:06.725
175位 182 Seat Leon TDI 37 12:29.736
176位 45 Porsche 911 RSR 32 9:47.874
177位 12 Porsche 911 GT3 R 31 8:52.469
178位 114 Lotus Exige Cup 31 10:34.096
179位 179 BMW 320d 30 52:26.610
180位 58 Chrysler Viper 30 14:17.156
181位 22 Dodge Viper 28 12:37.701
182位 171 BMW E 90 27 10:44.890
183位 124 Seat Leon Supercopa 25 10:00.662
184位 149 Mitsubishi Lancer CTO 23 12:18.304
185位 46 Porsche 997 GT3 Cup 23 29:21.731
186位 144 BMW Mini Cooper 21 9:48.900
187位 27 Porsche 997 Cup 20 9:28.487
188位 36 Porsche 911 GT 3 17 9:18.216
189位 109 BMW M3 E46 16 9:42.668
190位 177 BMW 120 d 15 24:50.118
191位 77 BMW Z4 GT3 12 8:55.659
192位 131 Mercedes Benz 190 Evo 2 7 10:15.519
193位 160 Opel Manta 5 10:16.775
194位 186 Alfa Romeo 156 4 13:41.141
195位 121 Seat Supercopa MK2 4 53:48.665
196位 108 BMW 130 i 3 11:54.276
197位 57 BMW E92 M3 GTRS 1 9:53.944


Posted at 2010/05/28 16:05:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォルクスワーゲン | 日記
2010年05月28日 イイね!

これで拡販出来るかな~

スバル、エクシーガのターボモデルを改良

  富士重工業は、ミニバンの『エクシーガ』を一部改良し、全国のスバル販売店を通じて販売を開始した。
 
  今回、一部改良の対象となったのはターボモデルで、エンジンやトランスミッションの制御を改良するなどして、燃費性能と排出ガス浄化性能を向上した。
 
 具体的には、10・15モード燃費で0.2km/Lアップの12.2km/Lに向上し、平成22年燃費基準+15%レベルを達成するとともに、排出ガスは平成17年排出ガス基準75%低減レベル(SU-LEV)を達成した。これにより、エコカー減税に適合となり、購入時の自動車取得税と自動車重量税が50%軽減される。
 
 ■ターボモデル価格
 2.0GT:285万6000円
 2.0GT ブラックレザーセレクション:326万250円
 2.0GT アイサイト:315万円


スバル エクシーガ、ターボ車がエコカー減税対象に

富士重工業は、スバル『エクシーガ』のターボ車を改良して5月18日から販売開始する。

今回の改良では、エクシーガのターボモデルのエンジン制御やトランスミッション制御を改良することで、燃費性能と排出ガス浄化性能の向上を図った。燃費(10・15モード燃費)は12.2km/リットルとなり、2010年燃費基準+15%レベルを達成するとともに、2005年排出ガス基準75%低減レベル(SU-LEV)を達成した。

これにより、エコカー減税に適合し、新車購入時の自動車取得税と自動車重量税が50%軽減される。

価格は2.0GTが285万6000円。

レスポンス 編集部



スバル フォレスター にお買い得な特別仕様

富士重工業は、スバル『フォレスター』に特別仕様車「2.0X FIELD LIMITED2」を設定し、5月18日から販売を開始した。

今回発売する特別仕様車は、「2.0X」をベースに、大型ガラスサンルーフや運転席&助手席8ウェイパワーシート、シルバールーフレールなどの利便性を高める装備を充実した。また、ルーズコントロール、SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグなど安全装備も充実しながら価格アップを抑えた。

内装では、撥水シートを標準装備し、ブラックレザーシートをメーカー装着オプションで設定した。

さらにキーレスアクセス&プッシュスタートやテレスコピックステアリング、イモビライザーなども装備した。

販売目標は月間300台で価格は257万9850円。エコカー減税、エコカー購入補助金の対象車となっており、自動車取得税、自動車重量税が50%軽減されるほか、補助金の交付を受けることができる。

レスポンス 編集部



スバル、フォレスターに装備充実の特別仕様車

 富士重工業は、『フォレスター』に特別仕様車の『2.0X FIELD LIMITEDII(フィールドリミテッドII)』を設定し、全国のスバル販売店を通じて販売を開始した。
 
 『2.0X FIELD LIMITEDII』は、“2.0X”グレードをベースに、エクステリアでは大型ガラスサンルーフやシルバールーフレール、17インチアルミホイール、ルーフスポイラー、マフラーカッター、UVカット機能付き濃色ガラス、HIDロービームランプ、フロントフォグランプ、クリアビューパックを特別装備し、アウトドアシーンなどでの楽しさや使い勝手を高める内容となっている。
 
 また、インテリア関係では、運転席&助手席8ウェイパワーシート、撥水シート、キーレスアクセス&プッシュスタート、クルーズコントロール、テレスコピックステアリング、リトラクタブル・リヤテーブル、サイド&カーテンエアバッグ、イモビライザーを採用し、快適性や利便性、安全性を高めている。
 
 なお、この『2.0X FIELD LIMITEDII』は、エコカー減税およびエコカー購入補助金の対象となり、自動車取得税と自動車重量税が50%軽減されるとともに、補助金の交付を受けることができる。
 
 ■価格
 2.0X FIELD LIMITEDII:257万9850円

 
 

俗に言う環境ターボってヤツなんですかね?
カタログ燃費なんてどうでもいいけど実測値でどれくらいの性能差があるんですかね~

フォレスターには毎度恒例特別仕様車といった感じで





Posted at 2010/05/28 15:47:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記
2010年05月28日 イイね!

プロドライブは次になにするんですかね?

プロドライブは次になにするんですかね?英プロドライブ、WRCテクノロジーを軍用車へ応用

英国のプロドライブ社は18日、軍用車への採用を前提としたトルクコントロール技術を発表した。

プロドライブ社は1984年、デビッド・リチャーズ氏が設立。1990年から、スバルのパートナーとしてWRC(世界ラリー選手権)に参戦し、1995 - 97年の3連覇に大きく貢献した。2008年、スバルがWRCのワークス参戦を中止してからは、独自の活動を続けている。

今回プロドライブは、軍用車がオフロードを高速走行するために必要なスタビリティ技術を発表。WRC参戦から得たトルクコントロールを応用し、開発は行われた。

このシステムは、ATD(アクティブ・トルク・ダイナミクス)と命名。コンピューター制御によって、アクティブディファレンシャルが、各車輪へのトルク配分を最適にコントロール。確実なトラクションが得られるような設計だ。

たとえば、ぬかるみではATDが自動的にデフロック制御を行い、ビギナードライバーでも簡単に走破できるように配慮されている。

プロドライブは、このATDを新車採用のみならず、後付け装着にも対応。プロドライブのサイモン・レル氏は、「入隊したばかりの新人でも、難なく軍用車が乗りこなせる安全かつ低コストなシステム」と自信を見せている。

レスポンス 森脇稔




こんな事もあったんですがね~
スバル インプレッサ、プロドライブ仕様がデビュー10周年

英国プロドライブ社とスバルが共同開発し、英国で限定1000台を発売した『インプレッサ P1』。9日、そのデビュー10周年イベントが行われ、100台を超えるインプレッサ P1が集結した。

インプレッサ P1は、1999年の英国モーターショーで、今は亡きWRC(世界ラリー選手権)ドライバー、リチャード・バーンズ選手によって披露。初代『インプレッサ WRX』の2ドアクーペをベースに、プロドライブ社がエンジンや足回り、エアロダイナミクスなどをチューンしたコンプリートカーだ。

2000年、インプレッサP1は限定1000台を英国発売。1000台は瞬く間に完売した。ボディカラーは、すべて専用のソニックブルー。P1はプロドライブの名を冠した、唯一のロードカーとして知られる。

そのデビュー10周年イベントが9日、英国オックスフォードシャー州バンベリーのプロドライブ本社で開催。100台以上のインプレッサP1が集結した。他のインプレッサを含めると300台以上、総勢1000人以上の熱気で包まれた。

デビューから10年を経ても、インプレッサ P1の「伝説」は、まだまだ健在なようだ。

レスポンス 森脇稔




と思いきやトヨタとWRC出るかもしれないって言うから良くわからないですよね~(6月21日記事参照)
Posted at 2010/05/28 15:38:30 | コメント(0) | トラックバック(1) | 自動車業界あれこれ | 日記

プロフィール

「ニキ・ラウダ死んじゃったんだ…ご冥福をお祈りいたします」
何シテル?   05/21 11:13
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.