• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2010年10月29日 イイね!

50周年、これまで…そしてこれからも

50周年、これまで…そしてこれからも富士重群馬製作所50周年---記念式典を開催

富士重工業は29日、同社群馬製作所が1960年10月1日の開設以来50周年を迎えたのを記念して、記念式典を行なった。式典には多数の来賓、社員OB等が出席した。

群馬製作所は、群馬県太田市を中心に年間約47万台の生産能力をもつ自動車生産工場。軽自動車を生産する「本工場」、登録車を生産する「矢島工場」、ほかエンジン・トランスミッションや自動車部品等を生産する「大泉工場」、「太田北工場」、「伊勢崎工場」の5工場を有する。最近発表された新世代ボクサーエンジンは、大泉工場内で7月より生産を開始している。

1960年の開設当時は、スバル『360』の車体組立を伊勢崎の第二工場で行い、月産能力は約500台、2直体制で1000台という状況であったが、本工場開設により大幅な能力増強が図られ、本格的な量産体制へ移行した。その後、1969年に矢島工場、1983年に大泉工場が本格稼働した。

以来、現在に至るまで多数の車種を生産し続け、国内生産では、登録車1056万5654台、軽自動車785万3260台で、総合計1841万8914台の累計生産台数となっている。(2010年9月末までの集計)

今後、大泉工場の隣接地では、トヨタとの協業となる小型FRスポーツ車の完成車組立工場が新設され、2011年末から稼動予定。将来、本工場の生産機能は、新工場に集約する予定となっている。

レスポンス 椿山和雄



そうか~当然ながら50年前は360を生産していたんだもんな~
もうその歴史にも終止符が打たれるんですもんね…

隣接地とは言えトヨタとの小型FRの生産も行うようだけどそれ以前にそのFRの車はホントに出るんかな?
期待はしないけど出るならいい加減出て欲しい(笑)


アイサイトが日本自動車殿堂の技術賞に輝く

 富士重工業の開発した先進運転支援システム『EyeSight(ver.2)』が、2010-2011日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤーを受賞した。
 
 このシステムは、スバル独自のステレオカメラ技術により、前方衝突の回避、または衝突被害の軽減を図る「プリクラッシュブレーキ」機能、より自然な追従制御により運転負荷の軽減を図る「全車速追従機能付クルーズコントロール」機能などを搭載した、先進の運転支援システムである。
 
 スバルでは5月より『レガシィ』に搭載して発売。以来その優れた機能と身近な価格設定により、ユーザーから高い好評を得ている。
 
 今回の表彰理由に付いて、日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤーは『EyeSight(ver.2)』の。1.ステレオ画像技術による予防安全、2.実用利便性と信頼性の支援、3.実用低速域での衝突回避とAT誤発進抑制制御の3点を理由に挙げている。
 
 

へ~そういうのあるんだ~
ああ、日本自動車殿堂って意味でね(笑)



この記事は、富士重群馬製作所50周年---記念式典を開催について書いています。
この記事は、アイサイトが日本自動車殿堂の技術賞に輝くについて書いています。
Posted at 2010/10/29 21:40:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記
2010年10月28日 イイね!

家のテレビが壊れた…

はぁ、久々にラジオのみの生活~
学生時代以来かな?って言っても3ヶ月くらいで嫌気がさして実家からテレビを強奪(笑)


明日以降にソニーのカスタマーセンターから?リターンの連絡が来る模様


まだ買って間もない筈なんだけどな~ソニータイマーにしては早過ぎるし(汗)


台風は直撃コースをたどりそうなのに仕事は予定がシッカリ入ってるし…
ヘタすりゃ客が来ないような気がしないでもないけど~
って言うかどれくらいのレベルになったら会社が休みになるんだろう??

国道1つ壊滅したくらいじゃ行かないと行けないんだろうけど(笑)
早いところショックを純正に戻すのとフォグランプを調達しないと…本気で夜見え難くて怖い
Posted at 2010/10/28 21:11:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2010年10月26日 イイね!

当然の流れですもんね~

当然の流れですもんね~レスポンスは取り合えず前からの写真も用意してくださいよ(笑)
スバル ルクラ 一部改良…NA・AWD車にCVT搭載

富士重工業は、軽乗用車スバル『ルクラ』のNA・AWD車にCVTを搭載し、10月26日から発売開始した。

ルクラはダイハツ工業の『タント・エグゼ』のOEM(相手先ブランドによる生産)供給車。

今回の改良では、ルクラシリーズのNA、AWD車にCVT(自動無段変速機)を搭載し、燃費を21.0km/リットル(10・15モード)に向上した。これによってNAモデルは、従来の2WD車に加えAWD車を含む全車がエコカー減税の対象となった。

また、グレード体系を変更、「ルクラ」、「ルクラ・カスタム」ともに、3グレードづつ全6グレードで展開とし、全グレードに2WD車とAWD車を設定した。

ルクラのNA、AWD車には、14インチタイヤと新デザインの14インチフルホイールキャップを採用した。

価格はルクラのL、2WDが122万5750円。

レスポンス 編集部



スバル、ルクラシリーズのCVT搭載車を拡大

 富士重工業は、軽乗用車の『ルクラ』を一部改良し、販売を開始した。
 
 今回の改良は、自然吸気(NA)エンジン搭載車のAWD(4WD)モデルに、CVTを搭載し、燃費や排出ガスなどの環境性能を向上。これにより、NA・AWD車の燃費は、10・15モード燃費で21.0km/Lに向上し、平成22年度燃費基準+15%レベルを達成するとともに、平成17年度基準排出ガス75%低減を達成した。
 
 これにより、NA車は、従来の2WDに加えてAWDを含む全車が、“エコカー減税”に適合し、自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。
 
 また、グレード体系を変更し、ルクラ、ルクラ カスタムともに3グレードずつ全6グレードでの展開となり、全グレードに2WD車とAWD車を設定。このほか、ルクラのNA・AWD車に、14インチタイヤと新デザインの14インチフルホイールキャップを採用した。
 
 ■価格
 ルクラ Lスペシャル:114万5750円(127万7250円)
 ルクラ L:122万5750円(135万7250円)
 ルクラ Lリミテッド:128万円(141万1500円)
 ルクラ カスタム R:136万5750円(148万6750円)
 ルクラ カスタム Rリミテッド:142万円(154万1000円)
 ルクラ カスタム RS:157万円(169万1000円)
 
 

昨日の段階でタントエグゼにCVTの記事が書いてあったからしたからあがってくるんだろうな~って思ったけどまあ、順当な流れですもんね
ルクラも年改とかで顔変わったりするのかな?たぶんしないんだろうな~



この記事は、スバル ルクラ 一部改良…NA・AWD車にCVT搭載について書いています。
この記事は、スバル、ルクラシリーズのCVT搭載車を拡大について書いています。
Posted at 2010/10/26 17:46:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記
2010年10月26日 イイね!

なんだかな~

いや、最近うちの周り(物理的な意味で)事故がやたらと多い気がしたもんだから…
今さっきも家の目の前の交差点で交通事故があったらしい(小一時間くらい警官が吹く笛の音がなっていたので)

っで、先週は週明けから家の前の交差点で自転車?と停止線を無視してなのか自転車側が自動車側の信号が青になっているにも関わらずそこに信号も見ずに進入したかの2択だと思うけど接触事故があった。
家の前の交差点なんですか、警察の方も何も考えていないのかうちの家の真ん前に事故時のいたクルマ?と警察の車両だろうクルマ(覆面とかじゃなく一般車両)が堂々と止まってやがったし(汗)
まあ、出かける用事も無かったから良いけどソコソコ車の通りがある道だからもう少し考えて駐車をして頂きたいモノです…


そんでもって翌日の夕方仕事の帰りに変則的な十字路で(対向車側の車線ですが)軽バンが2台の追突事故と見せかけて、更に1台軽バンが右フロントを潰して路肩に止めてあるのを発見…
正面って言うか接触事故を起こした拍子に後の軽バンがぶっ刺さった感じなのかな??



それにしても台風来ているからなのか頭痛が酷い…


全然よくならんのよね~



ハイ、みやさんネタをご用意(笑)
CUSCO type-RS デフ

スバル STI RA純正LSD+リアデフケース(R180)

l’aunsport WRC P555 マフラー

9万円だとホイール代と考えれば無難??
RAYS CE28 + BRIDGESTONE POTENZA RE11

Posted at 2010/10/26 17:18:50 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2010年10月25日 イイね!

ある意味ビックマイナー?

ある意味ビックマイナー?フォレスター、新世代ボクサーユニットを採用





 富士重工業は、ミドルサイズSUVの『スバル・フォレスター』に、新エンジンを搭載するなどの大幅なマイナーチェンジを実施。本日より販売を開始した。
 今回の改良では、2.5リッターターボエンジンとマニュアルモード付5ATを搭載した高性能モデル『S-EDITION』を新設定。このパワートレインは『インプレッサ WRX STI A-Line』譲りのもので、263馬力の最高出力と35.4kg-mの最大㎏mを発揮。シャシーにも専用のチューニングが施されており、スポーティな操縦性を実現している。
 
 エクステリアも特別な仕立てとなっており、ダーク調&ブラックメッキのフロントグリルやSTI製17インチアルミホイールを採用。内装ではアルカンターラ(ブルー)と本革(ブラック)を組み合わせた専用シートや、ブルーのドアトリム、専用デザインのメーター、ステアリングから手を離さずシフト操作が可能なパドルシフトなどを標準装備している。
 
 また従来のラインナップにも大幅な改良がなされており、2リッターのNAエンジンには9月に発表された新世代ボクサーユニットを採用。このエンジンは基本性能の高効率化を徹底的に追求したもので、ロングストローク化や燃焼室のコンパクト化などにより燃焼効率を向上したほか、吸・排気バルブともにAVCS(アクティブ・バルブ・コントロール・システム)を採用。ピストン、コンロッドをはじめとした主運動系部品の軽量化などによりフリクションロスを低減し、最大で15.0km/Lの10・15モード燃費と、全域でのスムーズな加速性能を実現した。
 
 またシャシーでは、リヤダンパーの減衰力の応答性を向上させるとともに、前後サスペンションの特性を最適化。またリヤサブフレームブッシュの特性変更などの改良が実施され、より確かな操縦安定性とフラットな乗り心地を獲得している。
 
 外観も一部変更されており、全車に新デザインのフロントグリルを採用。『2.0X』を除く全車にLEDサイドターンランプ付ドアミラー、新形状のルーフスポイラーなどが採用された。
 
 一方内装では、インパネ上部にソフトフィール塗装を施すことで質感を向上。『2.0X』を除く全車に左右独立温度調整機能付フルオートエアコンを装備したほか、新デザインのスポーツルミネセントメーターを採用した。
 
 ■価格
 ・2.0X:200万5500円(5MT)/205万8000円(4AT)
 ・2.0XS:226万8000円(5MT)/232万500円(4AT)
 ・2.0XSプラチナセレクション:252万5250円(4AT)
 ・2.0XSプレミアムセレクション:282万9750円(4AT)
 ・2.0XT:267万1200円(5MT)/272万6850円(4AT)
 ・S-EDITION:312万9000円(5AT)
 
 
 

スバル、フォレスターのSTIモデルを発売

 富士重工業のモータースポーツ統括会社である、スバルテクニカインターナショナル(STI)は、『スバル・フォレスター』に独自のチューニングを施した『フォレスターtS(ティーエス)」を発表。12月24日より発売する。
 
 このクルマは、フォレスターのマイナーチェンジによって誕生した2.5Lターボグレード『S-EDITION』をベースに、、STI が企画・開発し、運動性能を向上させたコンプリートカーである。STI コンプリートカーの共通テーマ「Sport, Always!」(「すべての時、すべての道、クルマとの対話はいつも“スポーツ”だ」の意)をコンセプトに、乗る人すべて
が気持ちよいと感じるハンドリングが追求されている。

 足まわりでは、STIチューニングの前後ダンパーと15mm車高を下げるコイルスプリング、フレキシブルタワーバー・フロント、フレキシブルサポート・リヤを組み込んだほか、新開発のフレキシブルドロースティフナー・リヤなどを装着。さらにブッシュ類などにも独自のチューニングを施すことで、STIならではの「強靭でしなやかな走り」を実現してる。
 
 またエクステリアには、ハーフバンパータイプのフロントスポイラー、STI製17インチアルミホイール、スポーツマフラーなどを装備。インテリアにもブラック内装トリムや専用ドアトリム、アルカンターラと本革を組み合わせた専用スポーツシート、本革巻ステアリングホイール、240km/hスケールのスポーツルミネセントメーターなどを装着し、スポーティな走りと大人のスポーツモデルにふさわしい雰囲気を演出している。
 
 ボディカラーは、専用色のWRブルー・マイカを含む全4色。販売は2011年3月31日受注分までの、限定300台となっている。
 
 ■価格:362万2500円
 

スバル フォレスター に2.5ターボ搭載のS-EDITION

富士重工業は、スバル『フォレスター』に走行性能を高めた「S-EDITION」を追加設定し、25日から販売開始した。

S-EDITIONは、『インプレッサWRX STI A-Line』譲りの専用2.5リットル・ターボエンジンとマニュアルモード付E-5ATを採用した。大容量ターボチャージャーの採用やECU最適化などにより、2800回転から最大トルクを発生するフラットなトルク特性を実現した。

また、走行状況に応じて、ドライバーが任意でエンジン特性を3つのモードから選択できる「SI-DRIVE」を採用した。マニュアルモードのシフトダウン時に、スムーズでレスポンスの良い変速を実現するダウンシフトブリッピングコントロール(回転数同期制御)を搭載した。

足周りは、専用のチューニングを施し、前後ダンパーの減衰力の応答性を高めるともに、前後サスペンションの特性を最適化するなど、スポーティな操縦安定性を実現した。

ダーク調&ブラックメッキのフロントグリルにより、スポーティさを強調したほか、STI製17インチアルミホイールを標準装備した。

価格は312万9000円。

レスポンス 編集部



スバル フォレスター 大幅改良…新世代ボクサーエンジン

富士重工業は、スバル『フォレスター』を改良して10月25日から発売開始した。

今回の改良では、2.0リットルNA車に新世代ボクサーエンジンを採用して環境性能を向上したほか、シャシー性能を進化させ、操縦安定性や乗り心地の向上、エクステリア・インテリアの質感向上など図った。

新世代ボクサーエンジンは、基本性能の高効率化を徹底的に追求した設計とし、燃費を15.0km/リットル(10・15モード)に向上し、全域でのスムーズな加速性能を実現。ボア・ストロークの変更によるロングストローク化や燃焼室のコンパクト化などにより燃焼効率を高め、燃費性能と実用領域での走行性能を両立した。新世代ボクサーエンジンの搭載で2.0リットルNA全車がエコカー減税に適合する。

また、リヤダンパーの減衰力の応答性を向上させるとともに、前後サスペンションの特性を最適化、操縦安定性の向上とフラットな乗り心地を目指した。リヤサブフレームブッシュの特性を変更、路面からの入力を効率良く吸収するとともに、剛性を高めることで、乗り心地と操舵時のリヤの追従性を両立した。

外観は、外周部の強調や突起形状により縦方向の連続性を感じさせることで、力強さと質感を表現した。新デザインのフロントグリルを採用したほか、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、新形状のルーフスポイラーを採用した。

インテリアは、インストルメントパネル上部にソフトフィール塗装を施し質感の向上を図った。立体感のある2眼メーターとセンター部のリングで構成する新デザインのスポーツルミネセントメーターを採用し、視認性、機能性、質感の向上を図った。

価格は2.0XSの4ATが232万500円。

レスポンス 編集部


フォレスター の新イメキャラに向井理を起用

富士重工業は、大幅改良したスバル『フォレスター』のイメージキャラクターに俳優の向井理を起用、新しい広告キャンペーンを展開する。

新しいテレビコマーシャルは、10月27日から全国一斉にオンエアする。同社では、向井理の仕事に対する強いこだわりをもつ姿勢が、同社のクルマ造りへの姿勢と合致することなどから新広告キャンペーンへの起用を決めたとしている。

今回のCMは、改良したフォレスターを「全性能、一新。FORESTER」のキーワードで打ち出す。楽曲には「サンダーバードのテーマ」に大幅なアレンジを加え、新型フォレスターをアピールしていく。

レスポンス 編集部





 

写真はS-EditionじゃなくてtSの方ですので~
まさかフォレスターで新型のFB20を採用するとはね(笑)

普通の流れだと次回の年次改良でレガシィから展開してフォレスターとエクシーガで最後にインプレッサとかかな?って思っていたんだけど。
しかもFB25の方は海外市場向けって事で国内で展開が無い可能性もなくも無いからな…

しかしS-EditionのATのみしか設定が無いっていうのは遺憾ともし難いな
しかもそのS-Editionベースだから当然tSにもATしか設定が無い…
これはちょっとどうなんだろうな~確かにATしか売れない世の中なのかもしれないけど確実にMTのSTIバージョンを求めているユーザーがいると言う事実をメーカーは忘れているような


追記
富士重工業、生産で9月単月過去最高を記録

 富士重工業は、2010年9月度の生産・国内販売・輸出実績を発表した。
 
 まず生産面では、国内生産が登録車で前年比116.8%の3万6812台、軽自動車で同90.3%の8275台、合計で同110.8%の4万5087台、海外生産が同132.5%の1万4371台と、国内・海外ともに好調。総合計で同115.4%の5万9458台となり、11カ月連続で前年同月を上まわった。また、海外生産と総合計では、9月単月の過去最高を記録した。
 
 販売では、レガシィやインプレッサシリーズがとくに好調で、登録車で同113.3%の1万374台、軽自動車で同97.3%の9799台、合計で同104.9%の2万173台となり、12カ月連続で前年同月超えを達成している。
 
 輸出実績では、アメリカや中国、ドイツ、ロシア向けが好調に推移し、同113.8%の2万358台となり、11カ月連続で前年を上まわった。
 
 

富士重工業、国内販売で16年ぶりの記録達成

 富士重工業は、2010年度上半期(4月-9月)の生産・国内販売・輸出実績を発表した。
 
 生産面では、国内生産はインプレッサやフォレスターが、海外生産はレガシィが好調。累計の数字は、国内生産が登録車で前年比133.7%の20万3658台、軽自動車で同90.9%の4万902台、合計で同124.0%の24万4560台、海外生産が同216.7%の7万7787台となり、総合計で同138.2%の32万2347台という実績を残し、合計で2年ぶりに前年同期を上まわるとともに、海外生産と総合計で同期の過去最高を記録した。
 
 国内販売では、フォレスターやインプレッサシリーズを中心に好調。登録車で同108.6%の4万49台、軽自動車で同112.5%の5万2068台、合計で同110.8%の9万2117台となり、合計で6年ぶりに前年同期を上まわった。また、登録車と軽自動車ともに前年同期を上まわったのは、じつに16年ぶりになるという。
  
 輸出では、アメリカや中国、オーストラリア向けが好調に推移し、同140.0%の16万4303台となり、2年ぶりに前年同期を上まわるとともに、同期の過去最高を記録した。
 
 
 
 
スバル富士重2010年度上半期実績…16年ぶり、登録車と軽自動車がともにプラス

富士重工業が発表した2010年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年同期比38.2%増の32万2347台となった。

国内生産は、『インプレッサ』、『フォレスター』を中心に順調に推移し同24.0%増の24万4560台と2年ぶりに前年を上回った。

海外生産は『レガシィ』が好調で同116.7%増の7万7787台と過去最高となった。

国内販売は同10.8%増の9万2117台と6年ぶりに前年を上回った。登録車、軽自動車がともに前年を上回ったのは16年ぶり。

輸出は同40.0%増の16万4303台と2年ぶりに前年を上回り、過去最高となった。米国、中国、豪州向けが好調に推移した。

レスポンス 編集部



スバル富士重、海外生産が過去最高…9月実績

富士重工業が発表した9月の生産・国内販売・輸出実績によると世界生産台数は、前年同月比15.4%増の5万9458台となり、11か月連続で前年を上回った。

国内生産は同10.8%増の4万5087台となった。軽自動車は減少したものの、『レガシィ』を中心に登録車が増加してこれをカバーした。

国内販売は同4.9%増の2万173台だった。レガシィ、『インプレッサ』が好調で12か月連続で前年を上回った。

輸出は同13.8%増の3万358台で11か月連続プラスだった。米国、中国、ドイツ、ロシア向けが好調に推移した。

海外生産は同32.5%増の1万4371台となり、9月としては過去最高だった。レガシィが好調だった。

レスポンス 編集部



富士重の中間期業績見通し…国内・米国で販売好調

富士重工業は、2010年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

国内と北米でスバル『レガシィ』の販売が好調で想定以上の販売台数で推移し、売上高は前回予想よりも540億円増の8040億円となった模様。

収益も売上げ増や諸経費、コスト削減が進んだため、営業利益も前回予想よりも220億円増の570億円、経常利益は250億円増の580億円となる見通し。

当期純利益は210億円増の440億円となった模様だ。

通期業績見通しは11月2日の中間決算公表時に発表する。

レスポンス 編集部




タケドンさんスイマセンコメントいっぱいくれたのに(笑)
なんかトラックバックの接続障害?のようでいっぱい上がってしまっていたようです(汗)






この記事は、フォレスター、新世代ボクサーユニットを採用について書いています。
この記事は、スバル、フォレスターのSTIモデルを発売について書いています。
この記事は、富士重工業、生産で9月単月過去最高を記録について書いています。
この記事は、富士重工業、国内販売で16年ぶりの記録達成について書いています。
この記事は、スバル フォレスター に2.5ターボ搭載のS-EDITIONについて書いています。
この記事は、スバル フォレスター 大幅改良…新世代ボクサーエンジンについて書いています。
この記事は、スバル富士重2010年度上半期実績…16年ぶり、登録車と軽自動車がともにプラスについて書いています。
この記事は、フォレスター の新イメキャラに向井理を起用について書いています。
この記事は、スバル富士重、海外生産が過去最高…9月実績について書いています。
この記事は、富士重の中間期業績見通し…国内・米国で販売好調について書いています。
Posted at 2010/10/25 14:59:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記

プロフィール

「@youji721005 無茶言わんでよ〜」
何シテル?   05/19 18:15
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/10 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.