• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Y商会@古タービン7のブログ一覧

2018年11月11日 イイね!

抜本的に細工しないと駄目かも知れない・・・

抜本的に細工しないと駄目かも知れない・・・参号機は●速2500rpmでもフルブースト0.9kに達する性能と

1500rpmも回っていればブーストが掛かり始めるストレスの無い

特性を持ち合わせていますが、FCだと幾らノーマルタービンの

性能がお話にならない酷さだったとしてブーストがマモトに

掛かり始めるのが遅過ぎるのはタービンの性能そのものだけの

問題ではないのでは??という疑問に至りました。

タービンを低回転から回せるようにするには・・・ハイフロータービンをFD並みに早くブン回せる様にエンジン側も

細工したりといったトータルで考えなければダメなのかもという点で、タービン交換に合わせた基礎体力作りで

エンジンもO/Hする為に何かしらやれるとしたらそのタイミングかなと思っています。


・・・となるとミッションだけに飽き足らず、エンジンもFD寄りにならざるを得ず実績も無い実験車両にせざるを

得ないというリスクを伴いますが、取り組みとしては面白そうなのでかなり悩む所。

プランA:ブーストの立ち上がりがイマイチなのを承知で無難にハイフロータービン化+エンジンO/Hで済ます。

プランB:エンジンを細工すると理論的には上手く行きそうだが、実績も無いのでやってみなければ分からない。


個人的にはブーストの立ち上がり云々の問題を別としてクルマの調子を崩し易い結果に直結しなければプランBで。

これを踏まえるとFDはノーマルタービンそのものはアレだとしてもエンジンに関しては本当に優秀だと実感します。
Posted at 2018/11/11 18:32:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年11月09日 イイね!

マジでか~っ!?・・・ウワサには聞いていたが・・・

マジでか~っ!?・・・ウワサには聞いていたが・・・参号機は極端な事を言えば・・・今のタービン本体が逝去した際の

バックアップ部品が在庫している中古1式限りで先が無い為、何れ

滅び逝く業を背負った夢幻の仕様と言っても過言ではありません。

一応、バランスが優れた出力特性を1番支えている生命線である

特殊A/Rを持つEXハウジングは非売品をネゴシエイト力で

簒奪したので新古品のストックがあるものの、中古では心許ない

鋳物のEXマニやスペシャルウエストゲートをどうするかは解決策が見えておらず新品の入手が悲願であり、

EXマニ+スペシャルウエストゲートのセットアップキットという復刻版が出たということで嬉しく思っています。


最終的に熱害や損耗でやられてしまうEXマニやスペシャルウエストゲートの問題さえ解決出来れば後は専用の

Fパイプやリターンパイプですが、最悪これらは生産設備が無くとも加工製作は可能な代物なので良しとします。

コンプレッサーハウジング、カートリッジ、特殊A/Rを持つEXハウジング側のタービンブレードは未だ入手が

可能なので当分の間は安泰になる材料が増えたのでホッとしました・・・。

FCの件然り、製作が現実的な金額で依頼出来る範囲内なら後の問題はもうどうだって良いと考えるくらいなのでw


純正のツインターボは・・・「いいえ、知らない子ですね」と言いたいくらいは恨みがあるので情報収集してませんw

新品のタービン価格だけで昔のフルタービンキット並に掛かり、バタ弁付きのエキマニは5年前時点で既に

定価にして13諭吉超え、バタ弁動作に必要不可欠なのに生廃になっているアクチュエーター等々・・・

まあ、今となってはコスト的にも性能的にも入手性の面でも最早何も取り柄が無い存在くらいの認識です。
Posted at 2018/11/09 22:27:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年11月09日 イイね!

FCを買った事を、ある意味物凄く後悔中・・・

FCを買った事を、ある意味物凄く後悔中・・・ FCを普通の神経では考えられないレベルで全力投資して直したり

FDの血を混ぜてチューニングしたりと色々やっていますが、

その度に「もっと早くに買って着手して助けられなかったのか・・・」と

今でも悔やむ気持ちがあります。

10年くらい前なら未だ普通に手に入る部品も今に比べれば多かった

ことだろうと思い、まあ割と本気で冴えないなあと後悔の日々・・・。

ボロと散々に評しつつレストアベースとしては潜在的に手が殆ど掛からない最適な状態を保っていたこのFCと

出会ったのは何かの切れない縁だったのだろうと好意的に解釈しているので根気良く今後も付き合いますが、

ランニングコストやパーツ代が馬鹿高いレベルの障害こそ諭吉さえ積めばどうにでもなるだろうという鼻ホジ程度の

些末な問題なものの元気良く走るのに必要不可欠なパーツが無いというのは本当に悔しく辛いものです・・・。
Posted at 2018/11/09 21:12:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年11月03日 イイね!

FCの今年の進化は終わってしまいました、残念・・・

FCの今年の進化は終わってしまいました、残念・・・1月・・・・・FDのフロント大破修理対応の為、FCはお休み

2月・・・・・純正→RE雨宮のリアウイングに交換

3月・・・・・FDが長期入院から復活、FCはお休み

4月①・・・純正→レグルスのフロントリップに交換

4月②・・・FC改FDミッションを搭載、附帯部分を大幅に改良

5月・・・・・4月にいつも通り深刻な資金繰り悪化の為、お休み

6月・・・FDを純正ビルシュ改のアシに戻し、手の掛からないマシンに。資金繰りの厳しさは特に変化なし。

7月・・・車検対策兼不具合修理の為、サードのスポーツキャタライザーへ交換、ブレーキを前後共フルO/H。

8月・・・運転席側パワーウィンドスイッチ交換。目的は文字部分掠れのボロさ隠しだったものの、動きも改善。

9月・・・エアクリーナーBOX交換、フロントストラットバー追加、リアブレースバー追加。助手席側PWS交換。

10月・・・ワンオフメーター交換、ニーパッド追加、スティフナー(ロアアームバー)追加、???(今年最後のネタ)。


他にも数年先の修理を見越した各種電装部品他の確保で巨費を投入済みで、そんな中良くやったと思います(笑)


=2018年初期Ver=



=2018年後期Ver=



=2018年初期Ver=



=2018年後期Ver=



=2018年初期Ver=



=2018年後期Ver=



ブリッピングレスポンスが鈍臭い、クラッチが滑る、ブレーキがロクに効かない、排気ガスが臭い・・・等々、

2018年初期と全部の問題を片付けて且つ改良した後期では全く別のクルマへと変貌を遂げたので及第点です。
Posted at 2018/11/03 16:31:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年10月31日 イイね!

どんなに鈍感でも、これは一発で違いが分かる・・・

どんなに鈍感でも、これは一発で違いが分かる・・・今となってはかなり稀少なマツダスピードのフロントストラットバー、

リアブレースバー、そして今回のスティフナー(ロアアームバー)、

何れも単品で追加してその都度数百キロ走り込んで徹底的に

テストしていて、今回も期待値を大幅に上回る結果に大満足です♪

フロントストラットバー追加は操舵に対してのレスポンスの向上と

スタビリティの向上、リアブレースバーはリアのスタビリティ&

トラクションの向上、そして今回追加したスティフナーはストラットバーとの組み合わせで路面からの入力に対して

ボディが必要以上に撓ることを抑制し、操舵に対してFCが必ず応えてくれるというフロントタイヤがまるで路面に

吸い付いているように錯覚するくらいキレッキレの操舵のレスポンスはそのままに限界を引き上げるパーツです。



こんなに優れたパーツが純正で採用されなかったのがむしろ不思議なくらいですが、逆に言えばノーマルだと

普通に感じ取れる敷居が低い限界が完全に読めなくなるレベルまで旋回性能が上がってしまう為それはそれで

市販車としてはかなり拙いのだろうとも思いました。


意外なのは限界が飛躍的に上がった今でもFCのノーマルサスがFDの根性がないノーマルサスに比べて

音を上げず圧倒的に仕事を全うしている点で、鬱陶しいロールもしない高性能振りを維持している点でした。


FCを本当に踏み切れるテクニックがある御仁ならかなりのレベルで楽しめる出来映えになったと確信しています。

Posted at 2018/10/31 20:45:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ

プロフィール

「抜本的に細工しないと駄目かも知れない・・・ http://cvw.jp/b/1393401/42172510/
何シテル?   11/11 18:32
馬耳東風・柳に風・馬の耳に念仏・糠に釘 対向車が意地でも来ない様な林道を走るのが趣味です。 小さい頃からFD一筋でしたが、フィーリングに惹かれたFC...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

伝手は足りているので特に募集してません、以上。

同じ車種に乗っていても主義や思想が違い過ぎる方も話を合わせる気が無いので遠慮します。
44 人のお友達がいます
梅三郎@FDND梅三郎@FDND * OmusobanOmusoban *
孝太孝太 ゆうき@GF-FD3Sゆうき@GF-FD3S
サッチモ!サッチモ! ナナオナナオ

ファン

113 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 参号機(TypeGT) (マツダ RX-7)
諸事情より先代FDが大破し復活を断念した為、格安だったⅥ型FDをベースに残存した部品をほ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
旗艦は古タービンFDですが、FCへの憧れがどうしても断ち切れないことから購入を決意しまし ...
マツダ RX-7 古タービン研究機7号 (マツダ RX-7)
普段のアシ、遠乗り、林道攻略戦など多方面で活用中。中身は至って快適性重視の少し本気仕様。 ...
マツダ ユーノスロードスター 軽戦闘機 (マツダ ユーノスロードスター)
平成8年式 走行7.9万km 修復無 5MT車 FD3Sという金喰い虫を飼っていながら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.