• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Y商会@古タービン7のブログ一覧

2018年11月14日 イイね!

BBSも良いですが、MS01も捨て難し・・・

BBSも良いですが、MS01も捨て難し・・・11月末に⑨料、12月頭に某茄子、12月末に⑨料と現在抱えている

巨額の赤字を打ち消せる収入があるので購入を決断。

FCと同デザインのBBSの8J並に入手性が厄介そのものでしたが

悲願だった希望サイズ(16インチ)が出て来たので確保しました。

競合が掛かったので相手が諦めてくれるであろう金額且つ破産

しない程度の金額で張りましたが、どうにか安く済みました。

残り時間5分チョイ前に入札して狙うセコいやり方(笑)をしていますが、同業者がたまに居るんですねえ・・・。



FCに履いているBBSも独逸製と古いものですが、MS01で且つ16インチだとマツダスピードの2000年版

カタログですら既に記載のない過去の遺物でFC本体よりは若いですが1993年製でした。
Posted at 2018/11/14 21:51:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年11月14日 イイね!

う~ん感激!!思った通りのイメージなクルマでした・・・

う~ん感激!!思った通りのイメージなクルマでした・・・FD、FC、SA、SE、歴代ロードスター等々マツダが気合を入れた

FRスポーツは全て乗りましたが、ホンダのS2000も機会があれば

何時か個性の強いキャラクター的に是非乗ってみたいと思って

いたのですが本当に偶然ながら試乗させて頂ける機会を得ました。

アシとタイヤ&ホイール、マフラー以外は特に手を入れていないとの

お話でしたが・・・エンジンが最高に気持ち良いクルマです♪♪

低回転域のパンチが無いかというと全然そんなことはなく、踏んだ瞬間から直結してドカンと前に出るレスポンスの

良さに加えて6500rpmから9000rpmまで一瞬で突き抜ける官能的かつ刺激的なフィーリングを味わえます。



あくまでも低回転でのパンチが無いというのはVTEC作動時を基準にした際の話であり、常用領域でも抜群の

ブリッピングレスポンスと乗り易さを持ち合わせ、且つ純正かどうかを疑ってしまうショートストロークのシフトと

相まって元々がチューニングカー的なキャラクターを持ち合わせている様に思いました。


オーナーさんはS2000の購入前にFDを買うかどうかをかなり悩まれたそうですが、FD&FCオーナーとして

S2000が絶対に正解ですと答えてあげました(笑)

FDもFCもS2000と生まれた時代が違うとはいえ手を掛けないと満足出来るレベルにならないですが、S2000は

最初からあらゆる点で完成されているので手が掛からず良いクルマだと断言出来るので。


ハンドリングは語るまでもなく抜群にキレが良く、操舵感覚のキャラクター的には不思議とFDよりFCが近い

イメージで、且つ限界付近はサスがダブルウィッシュボーンなこともあってかFDの様なスタビリティがあります。


走る事に関しては相当の傑物なクルマだと思いましたが、色々と曰くがあるようで販売台数が振るわなかったらしく

総生産台数にして15000台弱と生産年数にして1年少ないとは言えタマ数が減っているFDの総生産台数

約53000台と比べても1/3以下と稀少なクルマだということも初めて知りました・・・。



オーナーさんの厚意に甘えてしまったのでFCにも是非乗って欲しかったのですが、「助手席で良いですよ~」と

謙虚な回答を頂いたのでFCのキャラクターが良くも悪くも分かる感じで披露しました。

ノーマルのアシというのはやはり信じられないというコメントがあり、やはり誰でも同じ感想を抱かれています。



S2000に乗った後だとFCを運転した際に印象が見劣りするかもと思っていましたが、そんなことも

特に無かったので大手間を掛けている分の成果は出ているし改めて良いなと再認識しました。
Posted at 2018/11/14 19:26:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗車 | クルマ
2018年11月11日 イイね!

抜本的に細工しないと駄目かも知れない・・・

抜本的に細工しないと駄目かも知れない・・・参号機は●速2500rpmでもフルブースト0.9kに達する性能と

1500rpmも回っていればブーストが掛かり始めるストレスの無い

特性を持ち合わせていますが、FCだと幾らノーマルタービンの

性能がお話にならない酷さだったとしてブーストがマモトに

掛かり始めるのが遅過ぎるのはタービンの性能そのものだけの

問題ではないのでは??という疑問に至りました。

タービンを低回転から回せるようにするには・・・ハイフロータービンをFD並みに早くブン回せる様にエンジン側も

細工したりといったトータルで考えなければダメなのかもという点で、タービン交換に合わせた基礎体力作りで

エンジンもO/Hする為に何かしらやれるとしたらそのタイミングかなと思っています。


・・・となるとミッションだけに飽き足らず、エンジンもFD寄りにならざるを得ず実績も無い実験車両にせざるを

得ないというリスクを伴いますが、取り組みとしては面白そうなのでかなり悩む所。

プランA:ブーストの立ち上がりがイマイチなのを承知で無難にハイフロータービン化+エンジンO/Hで済ます。

プランB:エンジンを細工すると理論的には上手く行きそうだが、実績も無いのでやってみなければ分からない。


個人的にはブーストの立ち上がり云々の問題を別としてクルマの調子を崩し易い結果に直結しなければプランBで。

これを踏まえるとFDはノーマルタービンそのものはアレだとしてもエンジンに関しては本当に優秀だと実感します。
Posted at 2018/11/11 18:32:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年11月09日 イイね!

マジでか~っ!?・・・ウワサには聞いていたが・・・

マジでか~っ!?・・・ウワサには聞いていたが・・・参号機は極端な事を言えば・・・今のタービン本体が逝去した際の

バックアップ部品が在庫している中古1式限りで先が無い為、何れ

滅び逝く業を背負った夢幻の仕様と言っても過言ではありません。

一応、バランスが優れた出力特性を1番支えている生命線である

特殊A/Rを持つEXハウジングは非売品をネゴシエイト力で

簒奪したので新古品のストックがあるものの、中古では心許ない

鋳物のEXマニやスペシャルウエストゲートをどうするかは解決策が見えておらず新品の入手が悲願であり、

EXマニ+スペシャルウエストゲートのセットアップキットという復刻版が出たということで嬉しく思っています。


最終的に熱害や損耗でやられてしまうEXマニやスペシャルウエストゲートの問題さえ解決出来れば後は専用の

Fパイプやリターンパイプですが、最悪これらは生産設備が無くとも加工製作は可能な代物なので良しとします。

コンプレッサーハウジング、カートリッジ、特殊A/Rを持つEXハウジング側のタービンブレードは未だ入手が

可能なので当分の間は安泰になる材料が増えたのでホッとしました・・・。

FCの件然り、製作が現実的な金額で依頼出来る範囲内なら後の問題はもうどうだって良いと考えるくらいなのでw


純正のツインターボは・・・「いいえ、知らない子ですね」と言いたいくらいは恨みがあるので情報収集してませんw

新品のタービン価格だけで昔のフルタービンキット並に掛かり、バタ弁付きのエキマニは5年前時点で既に

定価にして13諭吉超え、バタ弁動作に必要不可欠なのに生廃になっているアクチュエーター等々・・・

まあ、今となってはコスト的にも性能的にも入手性の面でも最早何も取り柄が無い存在くらいの認識です。
Posted at 2018/11/09 22:27:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年11月09日 イイね!

FCを買った事を、ある意味物凄く後悔中・・・

FCを買った事を、ある意味物凄く後悔中・・・ FCを普通の神経では考えられないレベルで全力投資して直したり

FDの血を混ぜてチューニングしたりと色々やっていますが、

その度に「もっと早くに買って着手して助けられなかったのか・・・」と

今でも悔やむ気持ちがあります。

10年くらい前なら未だ普通に手に入る部品も今に比べれば多かった

ことだろうと思い、まあ割と本気で冴えないなあと後悔の日々・・・。

ボロと散々に評しつつレストアベースとしては潜在的に手が殆ど掛からない最適な状態を保っていたこのFCと

出会ったのは何かの切れない縁だったのだろうと好意的に解釈しているので根気良く今後も付き合いますが、

ランニングコストやパーツ代が馬鹿高いレベルの障害こそ諭吉さえ積めばどうにでもなるだろうという鼻ホジ程度の

些末な問題なものの元気良く走るのに必要不可欠なパーツが無いというのは本当に悔しく辛いものです・・・。
Posted at 2018/11/09 21:12:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ

プロフィール

「BBSも良いですが、MS01も捨て難し・・・ http://cvw.jp/b/1393401/42184981/
何シテル?   11/14 21:51
馬耳東風・柳に風・馬の耳に念仏・糠に釘 対向車が意地でも来ない様な林道を走るのが趣味です。 小さい頃からFD一筋でしたが、フィーリングに惹かれたFC...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

伝手は足りているので特に募集してません、以上。

同じ車種に乗っていても主義や思想が違い過ぎる方も話を合わせる気が無いので遠慮します。
44 人のお友達がいます
ナナオナナオ * OmusobanOmusoban
FCカズFCカズ 梅三郎@FDND梅三郎@FDND
孝太孝太 ゆうき@GF-FD3Sゆうき@GF-FD3S

ファン

112 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 参号機(TypeGT) (マツダ RX-7)
諸事情より先代FDが大破し復活を断念した為、格安だったⅥ型FDをベースに残存した部品をほ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
旗艦は古タービンFDですが、FCへの憧れがどうしても断ち切れないことから購入を決意しまし ...
マツダ RX-7 古タービン研究機7号 (マツダ RX-7)
普段のアシ、遠乗り、林道攻略戦など多方面で活用中。中身は至って快適性重視の少し本気仕様。 ...
マツダ ユーノスロードスター 軽戦闘機 (マツダ ユーノスロードスター)
平成8年式 走行7.9万km 修復無 5MT車 FD3Sという金喰い虫を飼っていながら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.