• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezoflatのブログ一覧

2017年11月20日 イイね!

[一部改良]マツダ・デミオ 先進安全技術の採用拡充と特別仕様車

[一部改良]マツダ・デミオ 先進安全技術の採用拡充と特別仕様車マツダは「デミオ」に先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の採用を拡充するとともに、赤基調の内装を採用した特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」を新たに設定した。
今回の一部改良では、車両だけでなく歩行者も検知する先進安全技術の「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」に加え、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」を全機種で標準装備とし、既に標準化されている「AT誤発進抑制制御[前進時]」との組み合せで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当させた。
これにより、「デミオ」から3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」まで日本国内で販売する主要6車種の全機種で「サポカーS・ワイド」に該当することとなった。
上記の安全装備に加え、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」や「リアパーキングセンサー(センター/コーナー)」も全機種で標準装備するとともに、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」と「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」を新たにメーカーオプション設定するなど、先進安全技術の採用を拡充した。
また、ボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を新たに設定した。
特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」は、艶やかな深紅色のシートが白い空間に映える専用インテリアや、専用ボディカラー「セラミックメタリック」を採用した。私が所有していた特別仕様車「XD ミッド・センチュリー」とは少し方向性が違うが、レッド内装が復活したのはニュース。
ようやく「デミオ」もマツダの誇る先進安全技術「i-ACTIVSENSE」がフルに搭載され、国内のライバルを更に引き離した。正直、ガソリンモデルの「13S」が149万円で販売されることは「奇跡」と言っても良いレベルで「お買い得」なクルマだと思う。どうしてもディーゼルの話題が先行してしまうが、「ヴィッツ」や「フィット」と比べて走りは数段上。さらに安全装備は全部入り。ある意味、マツダの利益が出ているのか心配になる程だ。是非、国産のコンパクトカーを検討している方は乗り比べて見て欲しい。その差は走り出した瞬間に判る筈。
惜しいのは、「デミオ」ベースのユーティリティ系モデルがない事か。後席と荷室が狭いという理由で「デミオ」が選択肢から落ちるのは勿体無い。スズキ「スイフト」には「ソリオ」「イグニス」等の選択肢があるが、「デミオ」にはないのがネック。最新のマツダデザインでユーティリティ系モデルを作るとどうなるのか。是非見てみたい。
Posted at 2017/11/20 22:45:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | デミオ(DJ) | クルマ
2017年11月19日 イイね!

[マイナーチェンジ]ダイハツ・「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」

[マイナーチェンジ]ダイハツ・「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」ダイハツは軽商用車「ハイゼット カーゴ」と軽乗用車「アトレー ワゴン」をマイナーチェンジした。
軽商用車「ハイゼット」は、1960年に発売し累計生産台数400万台を突破している。現在のダイハツ車ラインナップ中で最も歴史あるモデルで、「ハイゼット カーゴ」は10代目モデルである。
今回のマイナーチェンジでは、ステレオカメラを用いた衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を採用し、軽商用車としては初となる、歩行者も認識し作動する衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなどを搭載したことで、高い安全性能を実現した。
また、「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」ともに内外装のデザインを刷新。「ハイゼットカーゴ」はフロントマスクへ変更の他、フロントバンパー左右に着脱可能なコーナーピースを設定し、傷ついた場合の修理費用・交換作業を低減できる構造とした。
インテリアはインパネ・シートを刷新し、ブラック基調へと変更。多彩な収納スペースを確保することで使い勝手を向上した。
「アトレー ワゴン」はLED ヘッドランプやメッキフロントグリルの採用などにより上質感あるエクステリアとし、インテリアはブラック基調の統一感あるインパネ・シートとした。
日本の経済活動を支える軽商用車にも衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が採用されたことは大きな意味がある。更に、地方圏では客貨両用で高齢者のアシとしてフル活用されるケースが多いクルマなだけに、痛ましい事故の軽減効果も期待出来る。
また、個人的にいつか買いたい(笑)と密かに憧れる「デッキバン」にも「スマートアシストⅢ」が搭載されたのは朗報だ。今回残念ながら「ハイゼット トラック」には「スマートアシストⅢ」の搭載が見送られてしまったが、軽商用トラックとして初めてLED ヘッドランプの採用やABSを全車に標準装備するなど進化が見られた。今後、「ハイゼット トラック」の「ジャンボ 」に「スマートアシストⅢ」が搭載されたら、「ジムニー」の後継として買ってしまいそう。ダイハツさんご検討お願いします。
ちょっと残念だったのは軽乗用車「アトレー ワゴン」。従来型より軽商用車「ハイゼット カーゴ」との差異が小さくなった。私なら、「ハイゼット カーゴ」の「クルーズターボ“SAⅢ” 」が4WDモデルでも149.5万円で買えるから、コッチを選ぶ。浮いた費用を荷室部分のカスタマイズに充当して....と夢が膨らみます。
Posted at 2017/11/19 14:01:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年11月09日 イイね!

[ニューモデル]VW・アルテオン 新フラッグシップは5ドアのファストバック  

[ニューモデル]VW・アルテオン 新フラッグシップは5ドアのファストバック  VWは日本における新たなフラッグシップモデルとなる新型 「Arteon(アルテオン ) 」を発売した。
グレードは、「R-Line 4MOTION」と「R-Line 4MOTION Advance」の全 2 グレード。ボディカラーは新色のチリレッドメタリックを含む全 6 色を展開。価格は「R-Line 4MOTION」が549万円、「R-Line 4MOTION Advance」が 599万円となる。「パサートCC」もしくは「CC」と呼ばれたモデルの後継。
一見すると最近流行りのスタイリッシュセダンの様にも見えるが、実際は5ドアのファストバックボディである。「セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさ」を兼ね備えたとメーカーは説明する。
ボディサイズは全長4865mm全幅1875mm全高1435mmでホイルベースは2835mm。車重は1700kg。堂々たるサイズのクルマである。
パワートレーンは2.0LのTSIエンジンを搭載し、280PS/5600-6500rpm 35.7kg-m/1700-5600rpmを発揮する。ミッションは「Golf R」に初めて搭載された湿式の7 速DSGを採用。駆動方式は全車4WD(4MOTION)。JC08モード燃費は13.3km/Lである。
写真は先日の東京モーターショー2017に展示されていた際のモノだが、かなり大柄なボディとVWらしからぬ(?)獰猛なフロントフェイスのお陰で迫力はかなりなもの。但し、デザインは中国市場が好みそうな大陸的センスだと思うのだが、どうだろうか。
身内かつ同セグメントのアウディ「A5 Sportback 2.0 TFSI quattro sport」が686万円だから、新型 「アルテオン」はお買い得という解釈かもしれないが、VWのブランドイメージから見ればかなり強気な値付け。「パサートCC」もセールス的には大苦戦していたから、新型 「アルテオン」がバンバン売れるとは思えない。せめて、この価格でディーゼルエンジンを導入するか、398万円くらいでFFのエントリーモデルが導入されていればもう少し話題性も高まりそうなものだが...。インテリアも「パサート」と変わり映えが無く、フラッグシップの風格には欠ける印象だ。
このクルマは後にシューティングブレークが追加されるという噂もある。ポルシェ「パナメーラ」のスポーツツーリスモは結構カッコイイと思うので、新型 「アルテオン」も期待しておこう。


Posted at 2017/11/09 23:42:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年11月08日 イイね!

[ファーストインプレッション]BMW・218d アクティブ ツアラー Luxury

[ファーストインプレッション]BMW・218d アクティブ ツアラー Luxury新たな愛車であるBMW「218dアクティブツアラー」が納車から無事1カ月が経過。早くも走行距離は1900kmを超えた(過走行まっしぐら...)のでファーストインプレッションを書いておきたい。
「アクティブツアラー」はクルマ好き(特にBMW好き)から「FFのBMWなんて..」と辛辣な批評をされるクルマと言う意味で近年稀有な存在ではないかと思う。
BMWは長年に渡り積み上げたブランドイメージである「駆け抜ける歓び」を実現する要素として「FR」「6気筒エンジン」「重量バランス50:50」等にこだわり体現化してきたのだから、自ら戒律を破り、「FF」であり「MINI」と共有する「UKLプラットフォーム」を用いたBMW版のエントリーモデルを企画した時点から「問題児」の誕生は明白だった。一方、世の売れ筋であるSUVの「X1」や、エントリーモデルの根幹たる「1シリーズ」を性急にFF化するのは高リスク。ならば新規参入である「ユーティリティ系」のモデルで地ならしをして....と「アクティブ/グランツアラー」が企画されたと考えると色々合点が行く。
ライバルのメルセデスもエントリーラインであるFF系モデルで共有する「MFAプラットフォーム」のローンチは2011年に「アクティブツアラー」と同じユーティリティ系の「Bクラス」だった。
「アクティブツアラー」が見事(?)矢面に立ち「露払い役」を果たしたお陰で、SUV「X1」のFF化は冷静に市場へ浸透し、次期「1シリーズ」もこれに続くという専らの噂。先日は「X1」のクーペ版である「X2」も正式に発表された。(このタイミングで発表するなら東京モーターショーでワールドプレミアしてくれても良いのに...)マニアがどんなに騒いでも、BMWエントリーラインのFF化は今後も続きそうだ。
さて。現実の問題として、「アクティブツアラー」はBMWのブランドイメージ「駆け抜ける歓び」にマッチしない背高風なボディや、イマイチ「ピリっ」としないフロントマスク等が災いしてか、BMWが期待した程にセールスは順調と言えないらしい。先日、高速道路で擬装した「成田ナンバー」の「アクティブツアラー」と「X1(もしくはX2)」のテスト走行チームに偶然遭遇したから、MC(BMW風に言えばLCI)が近い様だ。当然色々と改善されるだろうね。
お買い得なクルマを探している方にMC前の「アクティブツアラー」は絶好のチャンスと言っておこう。なにせ市場の評価はイマイチでも、ハードウェアの出来栄えとは全く別次元のハナシ。世界的に力作揃いであるCセグメントのライバル達と比較しても、何ら性能的に劣るモノではない。それは納車以降、約1900kmのドライブを経て改めて実感している。
私の「アクティブツアラー」は2.0Lのディーゼルターボエンジン(B47C20A型)を搭載し、150PS/4000rpm 33.7kg-m/1750-2750rpmを発揮する。最新のディーゼルエンジンとしては驚くほどハイパワーではないが、日本の道路上では充分過ぎる位のアウトプットを誇る。
マツダのディーゼルエンジンと同様に、特別な後処理(尿素等)を必要としない最先端の排出ガス処理技術「BMW BluePerformance テクノロジー」によるメインテナンスフリーを実現したエンジン。
マツダのディーゼルエンジンはDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)再生時にアイドリングストップのキャンセルや急激な燃費低下を伴うから、容易に動作を認識出来るのだが、「アクティブツアラー」の場合、現時点までにDPF再生を体感出来ていない。更に、アイドリングストップの作動時・復帰時の振動はマツダの弱点。「アクティブツアラー」はかなり低振動でスムーズなのに驚いた。
一方、マツダのディーゼルは回転フィーリングが軽快で、レッドゾーンまで綺麗に吹けていくが、「アクティブツアラー」の回転フィールはやや重厚。低回転域の太いトルクで走らせるディーゼルの典型と言える。アイドリング時のガラガラと言う車外のノイズもマツダに比べて大きい。まぁ車内はマツダ以上に静粛が保たれるから問題ではない。
マツダのATは現時点で全車6速だが、「アクティブツアラー」は贅沢にもアイシンAW製の8速タイプが奢られるから、変速のステップは細かくてエンジンの美味しい領域を掴み続ける。マツダもそろそろ「アテンザ」や「CX-5/8」の上級モデルだけでも、8~10速ATを採用する時期だろう。
個人的に「ディーゼルエンジン」と「8速AT」を組み合わせる贅沢なパワートレーンだけでも、このクルマを購入する動機の大半を占めるポイント。最近のCVTは以前より嫌なフィーリングが改善されていることは事実だが、やはり超えられない壁は存在する。乗れば直ぐに判ることだが...。
ちなみに、私の環境で「アクティブツアラー」の燃費は平均18.44km/Lを記録。まぁ、まだ2回しか給油してないから参考値で。(同車種ユーザのe燃費平均値は16.56km/L)車重が1530kgもあるクルマとしては結構良好な数値と言えるだろう。
改めて「アクティブツアラー」をじっくり観察すると、「チョっと背の高い欧州製Cセグメントのハッチバック」。これに尽きる。VW「ゴルフ」のサイズは全長4265mm全幅1800mm全高1480mmなのに対し、「アクティブツアラー」のサイズは全長4350mm全幅1800mm全高1550mmで、全長+85mm全高+70mm。恐らく写真のイメージよりかなりコンパクトな寸法ではないかと思う。
BMWが日本でこの車を「ミニバン」のセグメントで売ろうとしたのが間違い。スバル「エクシーガ」やトヨタ「ウィッシュ」が生産中止になった様に、この国ではスライドドアが必須。しかし、我が家の様に夫婦二名の環境で三列シートやスライドドアは不要だが、荷室が広くて困ることはない。個人的には何事にも丁度良いパッケージングで大人向けの悪くないクルマだと思う。無責任な言い方をすれば、「ステーションワゴン」と「SUV」のクロスオーバー。
このクルマの走りの印象は良くも悪くもFF車として少し特異なポジション。セオリーではVWゴルフの様にドッシリとした直進安定性とド安定なコーナリング特性がお似合いだと思うのだが、割と機敏なステアリング特性である。短時間の試乗では「敏感で落ち着きがない」と感じるかもしれないが、実際はかなり正確なステアリングである。これがBMW流の「駆け抜ける歓び」だろうか。見た目に反して山道のコーナリングも得意分野で、余計な切り足し・切り戻しが少ない。ガッチリとしたボディ剛性があるから実現出来るチューニングだろう。個人的には一昔前のマツダ車(ZoomZoom世代)に似たステアリング特性なので嫌いではない。
足回りは全高を1550mmに抑える目的で全車Mスポーツサスを標準装備するため、全般的に硬めの味付け。特にタイヤがランフラットなので、バネよりタイヤそのものの硬さが目立つ印象。今月末にはラジアルタイプのスタッドレスに交換する予定なので、乗り味がどう変わるか様子をみたい。
但し、不思議なことに夏休みにお借りした試乗車と比べると、全般的にマイルドな乗り味に感じている。若干車内の静粛性も高いように感じる。お借りした試乗車とはグレードの違い(スタンダード→ラグジュアリー)と、2017年4月に実施した一部改良前/後モデルの違いがある。欧州車の常で色々と改善・熟成が進んでいるのかもしれぬ。サスの形式は前:ストラット 後:マルチリンクで当然の様に前後スタビライザーや4輪ディスクブレーキも装着されるから、価格なりの走りは充分に味わえる。覚悟はしていたが、ブレーキダストが酷くて洗車が大変である。
今回はサンルーフを優先し在庫車から購入したので、珍しく(?)色々とメーカーオプションが装着されたクルマである。「コンフォートパッケージ」に含まれるオートマチックテールゲート(電動開閉)やライトパッケージ(室内のアンビエントライト等)は選択可能ならば、オーダーしなかった装備(笑)だが、使ってみると割と便利だったり、室内の雰囲気が変わって面白かったりで新しい刺激。(下の写真を参照)
まぁそんな一面もある一方、相変わらずエアコンの微調整や雨滴感知ワイパーの感度がイマイチだったりする弱みもあるから、日本のサプライヤーはビジネスチャンスがありそう。
標準装備のiDriveも正直使いこなせていない。発展途上(?)のマツダコネクトに比べ設定可能な項目は多岐に渡るから、もう少し時間がかかりそう。カーナビはアルパイン製。地図テータの無料更新(USBメモリにダウンロード)が初回車検まで付帯しているから安心だ。
長くなったのでそろそろ結論を。
何かと問題児扱いの「アクティブツアラー」であるが、BMWのFRモデル群との身内比較をしても意味は無い。むしろ大いに比較すべきは、群雄割拠であるCセグメントのライバル達であるハズだ。VW「ゴルフ」の鉄板かつ安定の走りとは趣の違う、BMW流FF版「駆け抜ける歓び」も一度乗ってみる価値はある。
確かにCセグメントのライバルより割高な価格設定なのは否めないが、採用するパワートレーンや装備レベルも結構贅沢な仕様だから、決してインチキなボッタクリ車ではない。(交渉次第ではお買い得なクルマにも変貌...。)周囲とあまり被らないクルマなのもポイント(笑)。
個人的に、このクルマ最大の購入動機である巨大な「電動サンルーフ」を早速全開にして、空気が綺麗で紅葉の進む山道ドライブを楽しんでいる。ブランドイメージや他人の評価に左右されず、クルマ本来の実力を評価出来る方にはぜひ試していただきたい。

Posted at 2017/11/08 23:16:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | BMW218d | クルマ
2017年11月04日 イイね!

[東京モーターショー2017]このイベントの存続に危機を感じた。

[東京モーターショー2017]このイベントの存続に危機を感じた。東京モーターショー2017も明日(11/5)で閉幕。クルマ好きにとっては二年に一度の祭典が終わってしまう。今年はモーターショーを楽しみに日々過ごしてきた(笑)からチョット寂しさも感じる。
今回は一般公開初日となる10/27の「プレビューデー」(2万人限定/3500円)と、平日(11/1)の午後にも訪れたから都合二回行くことが出来た。
道産子の私が子供の頃から憧れていた東京モーターショーへ初めて訪れたのは1999年の第33回。当時は千葉の幕張メッセで開催だった。この時に発売間近の「ニュービートル」と運命的な出会を果たし、その翌日にはまだワーゲンとアウディが併売されていた頃のファーレン店に「ニュービートル」の予約へ駆け込んだんだっけ。当時は24歳。若かった...。それ以降の東京モーターショーは毎回欠かさず参加している。ちなみに、会場が東京ビッグサイトへ移転したのは2011年からである。
さて、今回の東京モーターショーを一言で表現するなら「無策」。「衰退」と表現しても良いが、「衰退」は先細る国内の新車販売動向を鑑みれば止むをえない。しかし、国内メーカーの「無策」もしくは「無気力」には怒りすら感じている。
東京モーターショーはリーマンショック直前の2007年(第40回)では日産「GT-R」の発表が記憶に残っているが、開催日数17日間で来場者数142.5万人を記録した。それに対し今回(2017年)は開催日数10日間で約80万人前後と予測されているから、随分と日数・来場者共に減った。それだけ東京モーターショーのプレゼンスが低下したのだろう。(1日当たりの平均来場者数は変わってないが)
しかし、私が一番ガッカリしたのは国内メーカーの「無策」ぶり。正直、全てのメーカーが「お付き合い」程度のスタンスで参加しており、この国のモーターショーを盛り上げていこうとする姿勢がまるで感じられない。国内メーカーですら「適当」に出展するようなローカルイベントに海外勢が参加するはずがない。正直、このイベントが今後も開催出来るのか...と心配にすらなる。
なにも短絡的にクルマ好きが喜ぶ「スポーツカー」の出展が少なかったと文句を言っているのではない。もちろん、そういう夢のある華やかな出展が少なかった事も「退屈」な印象を与えた事は否めない。海外のプレミアムスポーツブランド(フェラーリ・アストンマーチン・マクラーレン・ランボルギーニ等)に出展して貰えなかった事も原因だろう。
それ以前に、ここ数年間に出てくるであろう新型車の告知も少なく、次の愛車を探す楽しみすら満たされなかったのは異常。海外勢もワールドプレミアが無く、他所の焼き直しか、市販車の展示のみ。過去に東京で重要なワールドプレミアをしてきた「MINI」ですら撤退していたのは結構ショックだった。
時代は変わり、SNS等のネット環境の発達でクルマという高額商品の広告宣伝手法も変わっていくのはある意味必然。
各メーカーのクルマが一堂に会するモーターショーは、新興国の様にクルマを所有することが憧れであり、ステータスでもある市場では有効だろう。しかし、日本の様な成熟市場では折角の新型車発表のニュースも他社・車と重複してしまうことで宣伝効果が薄れると考えているらしい。
ならば、モーターショーではなく、他所とバッティングしない個別の新型車発売イベントを企画した方が、SNS等で広く拡散が期待され宣伝効果が高まるのだとか。まぁそれも時代の流れかもしれぬ。さりとて、減ったとはいえ決して少なくない来場者が入場料を払ってでも訪れているこのイベントをどう
していくつもりなのか。その中途半端な態度が見え隠れしていたように思う。
今回は自工会会長の西川氏(日産社長)が、不正問題で東京モーターショーのホスト役を開催直前に辞退し、急遽豊田章男会長代行が務めることになったが、そもそも国内市場をまるで軽視している日産の人間に東京モーターショーのホスト役なんて務まるハズもない。そろそろ慣例による持ち回りを改め、やる気のある会社や人間がイニシアチブを取っていく体制に改革していくべきだろう。
この国の課題を近未来のクルマがどう解決していくのか。別に「スポーツカー」の展示だけがモーターショーではないだろう。待ったなしの超高齢化社会・過疎化や、電気自動車の普及を阻む集合住宅・駐車場事情など、日本の自動車メーカーが取組み、発信していくべきテーマは幾らでもある。
なんとも消化不良な内容だった今回のモーターショー。次回は何かが変わると期待したい。
それにしても事前の噂では「次期スープラ」、「S2000後継」、「次期フェアレディZ」、「シルビア復活」、「トヨタ2000GT復活」「カプチーノ復活」....等々の美味しそうなニュースが飛び交っていたが、結局はどれもこれもガセネタに終わった。次期「ジムニー」も展示されなかった。やはりクルマ好きとしては期待していたんだけどね。少なくとも、日本は(数値上では)好景気である。このタイミングでも楽しいニュースが実現しないのであれば、いつ実現するんだ...と哀しくなる。最近旧車の人気が高まっているのも無理はない。私もそろそろソッチへ行こうかな...。
(追記)
公式発表によれば、東京モーターショー2017の総入場者数は、前回(2015年 第44回ショー:812,500人)に比べ94.9%の771,200人となった。予想していた80万人を下回る結果となり、次回のモーターショーでどう立て直すのか期待したい。



Posted at 2017/11/04 13:50:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「[整備] #ジムニー ラゲッジフラットボックス制作 http://minkara.carview.co.jp/userid/177731/car/2280074/4001872/note.aspx
何シテル?   11/25 15:03
Instagram開設しました: ezoflat Twitter運用中:ezoflat クルマとカメラが大好きで布袋寅泰を崇拝するヤツです。数年おきにアチコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

181 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
26台目 「乗れて・積めて・走れて・屋根が開くクルマ」をテーマに色々探し、試乗した結果辿 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
25台目 ずっと欲しいと思いながらも躊躇していたジムニーをようやく迎えることが出来た。2 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
24台目の愛車として1.5Lディーゼルの「デミオ」を選択。もう15年以上前からVWのTD ...
ホンダ S660 ホンダ S660
23台目 東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されていた時から「買おう」と決めて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.