• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2019年03月22日 イイね!

府中郷土の森 雛人形とC63と富士山吊るし雲編

府中郷土の森 雛人形とC63と富士山吊るし雲編
2019年3月10日(日)。

今回は季節限定の展示となる

雛人形と当日お供のC63を掲載。



雛人形の展示されるのは、旧島田家と旧府中郵便取扱所。

なかなか年季の入った雛飾りが毎期ずらりと並べられる。

そういえばチコちゃんで「お内裏様とお雛様」を取り上げてたな(笑)

お内裏様は雛壇最上段の雄雛と雌雛、お雛様は雛壇の全部…。

チコっと横に逸れたが元に戻って、展示場所は冷静に言って薄暗いし、

人の出入りも激しいし、子供連れも多いので、とても「じっくり」という

撮影環境ではなかったのだが、季節ものということで強行掲載に踏み切る。

まずは島田家。もとは薬舗(ドラックストア)。

1
FF-9033


黒塗りの壁がシャレオツな感じに映る。

2
FF-9061


雛人形の展示が多いこと、間口が広く室内が見通せること、

3
FF-9024


対面に休憩所や茶室があること、トイレも隣接してるからか、

4
FF-9025


ここにはひっきりなしに見物人がやって来て、ひとしきり眺めたり、

5
FF-9031


人形を見て感想という名のだべりをしたり、写真を撮ったり。。。

6
FF-9029




こちらは旧郵便取扱所の雛人形。

7
FF-9069-2


戸外から郵便受付の窓越しにスパイショットで(笑)

8
FF-9066




雛人形を離れ、ここからはこの日郷土の森で見た梅以外の花。


畑に咲いたホトケノザと菜の花。

9
FF-9112



サンシュユ。

10
FF-9109



梅の根元に咲いたクロッカスたち with 散った梅の花弁。

11
FF-9076



キンギョソウ。

12
FF-9147


13
FF-9148




で、この日も駆り出されたC63の記録画像。

14
FF-9005


ここに来た際は、いつも駐車場は2F(ルーフ)と決めている。

15
FF-9006


1Fは降車後に階段を降りない分、楽なんだけど、何せ暗い。

16
FF-9011


係りのおじさんはいてくれるんだけど鰻の寝床状に奥行きがあるから、

17
FF-9014-2


見通しがきかず、いたずらや盗難、当て逃げなどがコワイ。

18
FF-9010


当日は隣接する野球場で少年(←この言い方で可?)野球の試合があって、

19
FF-9013-2


多くの父兄(←これは時代遅れっぽい…)が2Fの駐車場から観戦というか、

20
FF-9009


熱心に声援を送っていたから、一応人目があることに安心して駐車ができた。

21
FF-9007


高いバックネットのお陰でファウルが飛んで来ないことも確認できたので、

そういう意味ではいつもより心の余裕を持って観梅に出かけられた(笑)


またもや纏まりのない終わり方になったけど、今回は番外編を残しこれにて。




【番外編】

この日朝起きて富士山を眺めると「おやっ?」妙ちくりんな雲が!

22
FF-9003


まるで富士山がもうひとつあるかのような「吊るし雲」ができていた。

23
FF-9004


ちなみにこの雲、当日のYahoo!Newsでも取り上げられていた。



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM GFX50S FUJINON GF63㎜ F2.8 R WR(富士山のみGF250㎜ F4 R LM OIS WR)


(了)
Posted at 2019/03/22 19:00:03 | トラックバック(0) | 富士山・夕景・日の出・ブルーアワー | ニュース
2019年02月11日 イイね!

Morning & Evening Mt.FUJI

Morning & Evening Mt.FUJI
2019年2月2日(土)。

この日は朝夕とも天気が良かった。

よって両時間帯の富士山を撮ってみた。

やっぱりとても素敵な山だよね☆



まず、日の出の時間の富士山。

まだ明けきらない朝、山頂付近がピンク色に染まり始める。

1
FF-8836



そしてそれから15分後。

すっかり明るくなった冬の空に、雪に覆われる霊峰が浮かぶ。

2
FF-8838




ここからは夕刻の富士山連続掲載(笑)

沈みゆく太陽とのランデヴー。

※相変わらずの手持ちなので構図は安定せず(汗)

3
FF-8841


4
FF-8844


5
FF-8845


6
FF-8846


7
FF-8847


8
FF-8848


9
FF-8849


10
FF-8850


11
FF-8851


12
FF-8852


13
FF-8853


14
FF-8854




この景色の中にもし富士がないとしたなら、きっと漠とした光景になる。

100kmほども離れていながら、圧倒的な存在感を伝える山。

冬の晴天時だけでもいい、僕らにこの美しい稜線を見せ続けて欲しい…。


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM GFX50S FUJINON GF250㎜ R LM OIS WR


(了)
2019年02月03日 イイね!

淡い雪化粧

淡い雪化粧
2019年2月1日(金)。

前夜は東京都内でも降雪があった。

未明にはすっかり上がったものの、

翌朝の西の山々はうっすらと雪化粧。



つまり、2月は淡い雪化粧ではじまった。

気温も低いうえに北風が強く、とても体感温度の低い朝だった。

標高の低い山にも薄い雪が残ったことで、山の表情に陰影が出た。



雪が全くないわけでも、真っ白でもない、ちょうど良い塩梅の山の景色。

1
FF-8825



あまり雪の降らない東京ではこんな景色でさえ珍しい。

2
FF-8826



ピンと張りつめた朝の空気に、身も心も引き締まるようだった。

3
FF-8828





そして同日の夕刻。

残念ながら富士の南の稜線は雲に覆われていた。

4
FF-8830



少しグラデーションが淡い気もしたが、静かな夕景が広がっていた。

5
FF-8832




この日で「立春」まであと3日。


冬はまだどっかりと腰を下ろしていた。。。


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM GFX50S FUJINON GF250㎜ F4 R LM OIS WR


(了)
2019年01月25日 イイね!

ある夕刻 〜斜光または遮光〜

ある夕刻  〜斜光または遮光〜
2019年1月18日(金)。

この日は出先での会議から直帰した。

帰宅時、西の空は日没を迎えていた。

ダイヤモンドからは大きく外れてたけど。



暮れゆく蒼と夕陽と形を変える僅かな雲が微妙に揺らめき、

それでいて不思議なバランスを保ちながら、

まるで辺りの音さえ奪っていくかのように、

静かに暗転へと向かってゆく様を、ただじっと見つめていた。

1
FF-8772


2
FF-8775



沈みゆく冬の太陽は、黄の勝った淡い色合いで、富士の北の裾野を掠め、

やがて手前に見える奥多摩の山並みに落ちていった。

3
FF-8777


4
FF-8779



富士の大きな山影に遮られた斜光は、明暗の境界を際立たせ、

何故だか冬という季節を、何より雄弁に物語ってもいた。

5
FF-8781


6
FF-8784



耳に入る音はない。

7
FF-8788



ただ張り詰めた冷たい空気に包まれて、

ふいに始まり終わった空と大地のショーに囚われていた。

8
FF-8794


9
FF-8797



…今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM GFX50S FUJINON GF250㎜ F4 R LM OIS WR


(了)
2019年01月22日 イイね!

富士夕景 2019.01.05

富士夕景 2019.01.05
2019年1月5日(土)。

自宅からのダイヤモンド富士は、

秋と真冬2回のチャンスがある。

秋は雲に邪魔され冬は曜日がNG。



仕方なく最もそれに近そうな週末にダメもとでチャレンジしてみたのだが、

やはりタイミングが早すぎて、まだかなりズレズレだった(>_<)

翌日曜日は厚い雲に覆われて、またもや写真は撮れなかった。

ま、こういうものなんだろうね、現実は(^^)



迷ったけど、中途半端な位置で富士に沈む太陽を記録的に残すことにした。

劇的でも珍しくもない夕景だけど、天気にだけは恵まれて、

この時期としては比較的暖かく、夕暮れのバルコニーで撮影が出来た。

手持ちでいい加減に撮っているため、構図も一定ではありませんが、

よろしければざっと眺めてみてください。

1
FF-2


2
FF-8721


3
FF-8723


4
FF-8726


5
FF-8728


6
FF-8731


7
FF-8734


8
FF-8737


9
FF-8741


10
FF-8748


11
FF-8751


12
FF-8757



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM GFX50S FUJINON GF250㎜ R LM OIS WR


(了)

プロフィール

「↑×2 なぜか以前の投稿が再掲されてしまいました。新年早々失礼しましたm(__)m」
何シテル?   01/01 16:57
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G500ロング オプシディアンブラック 残念ながら手放しました(泣) カロ2DIN ...
ミニ MINI Convertible ミニ MINI Convertible
家内用 OZ 35th アニバーサリー17インチ BIGインタークーラー 1DIN H ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.