• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2019年12月21日 イイね!

最後の紅葉と湧水群

最後の紅葉と湧水群
2019年12月14日(土)。

今回はMINI de Driveの最終編。

沼津御用邸記念公園の残画像と

紅葉、柿田川公園(湧水群)を。

西附属邸の内部に続いて今回は

皇太子の学問所だった東附属邸。



ここ通常はグループの貸切りが多く、拝観できないことが多いらしい。

この日は運良く空いていたため、内部の見学も可能だった。

FF-4863

FF-4869-2


さらりとひと回りし、建物の外周を取り巻く遊歩道を散策してみた。

FF-4856

FF-4858

FF-4840

FF-4843

(端正な沼津垣)
FF-4842-2


海沿いだから松が多いんだけど、ちらほらと色付いたカエデも混じる。

FF-4853-2

FF-4896-2


東京ではさすがに散ってしまった紅葉もギリで楽しめた。

FF-4873-2

FF-4877

FF-4879-2

FF-4880

FF-4882-2

FF-4888

FF-4889

FF-4894-2


やっぱり静岡県は暖かいんだろうな(羨)

駐車場でMINIの記録写真も撮って、と。

FF-4847

FF-4848-2



最後に駿東郡の柿田川公園に立ち寄ってみた。

柿田川といえば、もちろん透明度の高い湧水だよね。

メディアなどで新緑の頃の柿田川がよく紹介される。

今時季はどうかな?とちょっと案じてたけど、

寂しげな感じは醸しつつも、清冽な流れがそれを凌駕していたと思う。

決して派手ではない、激しくもない、でも不思議に落ち着く光景だった。

FF-4909-2

FF-4911

FF-4910

FF-4897

FF-4898-2

FF-4900

FF-4901



旅の最後に京都の貴船神社⛩の分社(水繋がり?)に詣で、

新東名〜東名〜事故渋滞を避け圏央道〜中央と乗り継いで無事帰宅。

FF-4923

FF-4921-2



MINI にとってはロングランの400km弱の日帰りドライブだった。

イイ息抜きになったけど、少し腰が痛くなった気が・・・(汗)


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM X-T3 FIJINON XF50-140㎜ F2.8 R LM OIS WR


(了)
Posted at 2019/12/21 19:44:18 | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2019年12月20日 イイね!

沼津御用邸記念公園

沼津御用邸記念公園
2019年12月14日(土)。

前回ブログMINI de Driveの続編。

今回は沼津御用邸記念公園便り。

正直あまり期待感はなかったけど、

行ってみると案外良かった(^^)

本邸は大正皇太子の静養先だった。



建設は明治26年ということなので、かなりの年季の入り方ではある。

とはいえ、さすがにしっかり手入れがされており、立派な保存状態だった。

今回は最後に増築・整備された西附属邸の内部を掲載します。

古い建物を撮るのが好きな自分には、良い意味で予想外のスポットになった。

予想外と言えば、園内では日本人には殆ど会わず、外国人ばかりだったことも^ ^

では、早速…。


FF-4771-2

(フォックスフェイス)
FF-4773

FF-4775

FF-4777

(三輪の自転車)
FF-4780

(明るい調理場)
FF-4781-2

FF-4786

(天窓があるので明るい!)
FF-4784-2

(外はこんな感じになっている)
FF-4845

FF-4789

(波打つ昭和のガラス)
FF-4792

(こりゃまるで油絵だなw)
FF-4794

FF-4798

FF-4802-2

FF-4804

FF-4806-2

FF-4810-2

FF-4811

FF-4815

FF-4818

FF-4819

FF-4822

(右はトランク入りスタンド)
FF-4824-2

(萌えるスイッチ)
FF-4825-2

FF-4828

FF-4829

FF-4846-2

(中庭の妙)
FF-4831

(最後は趣向を変えて御料車)
FF-4833

FF-4835-2

FF-4836

(あ、御料車は全てパネルを撮影したものです。念のため。下は分かりやすいw)
FF-4834



しっかし、室内での望遠縛りはなかなかキツかった(自業自得)

まぁ良い勉強にはなったかも〜(*´∇`*)


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

つづく…。



FUJIFILM X-T3 FIJINON XF50-140㎜ F2.8 R LM OIS WR


(了)
Posted at 2019/12/20 06:41:29 | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2019年12月19日 イイね!

MINI de Drive

MINI de Drive
2019年12月14日(土)。

12月も半ばになって寒い日が続く。

好天の土曜は暖かい場所に行こう!

と思い立ちMINIで東名高速を西進。

これまで行ったことのなかった

久能山東照宮へと向かってみた。



自宅を出た朝5:35にはまだ満月に近い月が浮かんでいた。
FF-4710-2



車庫のC63もまだ夢の中…。
FF-4711



東名の足柄SAで休憩したんだけど、ここで落ち込む出来事が_| ̄|○

この日はGFX50SにGF32-64㎜F4を付けてきたんだけど、

SAから見える富士山を撮ろうかとバッグから一旦取り出したものの、

アングルがイマイチで1枚だけ撮って、すぐにバッグに戻した。

(この日撮った、たった1枚のGFX50Sの画像「足柄SAからの富士山と月」涙)
FF-1922-3

いや、「戻した」つもりだった。

しかし、あろうことか重量級の中判機材は、

身体とバッグの間からアスファルトに落下してしまった!

一瞬何が起きたか理解できず、理解すると同時に一気に蒼ざめた。

路上でフロントレンズカバーが外れ、明後日の方向に飛んでいた。

拾い上げて確かめると、逆装着していたフードにかなりのダメージ。

落下の衝撃で、深いキズが広範囲に付き、着脱用のボタンも利かない。

幸いなことにボディやレンズ本体は、フードのお陰か外形上は無傷だった。

恐る恐る電源を入れてみると、、、ま、まずい、AFが利かない。

さらにさらに、物理的にズーム可動域が極端に減少していた(o_o)マヂカ⁈

MFに切り替え試してみたが、状況は変わらず。。。

なんと朝一番のこの失態で、この日の撮影は坊主にっ!

と、実はそうはならず、車だったからX-T3に50-140㎜をサブで持参していた。

ただ、35㎜換算で75-210㎜の望遠縛りにはなってしまったが(滝汗)


ちなみに、GF32-64㎜は明らかに昇天なさっていたので、

翌日に富士フイルムのサービスセンターに即行で送付してみた。

かなりの出費になるんだろーなーーー、ま、仕方ないと割り切ろう。

ボディがやられるよりはまだマシだと思うしかない(やせ我慢)

なので、この日は総てX-T3に望遠レンズで撮ったものになります。


残念な長い前置きはこのぐらいにして、早速この日の写真を掲載。


あ、ちなみに日本平から久能山行きのロープウェイ🚡は休止中だった(o_o)

下から1,159段の階段を登るのは憚られ、遥々やって来たのに清く断念したヘタレ^ ^


(日本平の駐車場にて。富士山フォーカスw)
FF-4719


(日本平の展望台から望む富士)
FF-4712-2

FF-4714

FF-4717

FF-4713


(薩埵峠にて)
FF-4732

(雲がなぁ・・・残念)
FF-4741

FF-4733

FF-4731-2


(1週間後にオープンする道の駅「富士」から)
FF-4746-2

FF-4747

FF-4748-2

FF-4754-2


(沼津市にて)
FF-4757

FF-4759-2

FF-4761

FF-4768-2


(強風が吹き荒れる中、海岸に出てみた)
FF-4763

FF-4765


(気持ちよさそうなウィンドサーフィン)
FF-4766



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次回は沼津御用邸記念公園からお届けします。

つづく・・・。



FUJIFILM X-T3 FIJINON XF50-140㎜ F2.8 R LM OIS WR


(了)
Posted at 2019/12/19 06:30:04 | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2019年06月13日 イイね!

Pure Drive Vol.2 清里〜野辺山

Pure Drive Vol.2 清里〜野辺山
2019年5月26日(日)。

今回は八ヶ岳高原ラインを上った

清里から再開したいと思う。

清里は菜々や舞との想い出の地。



やって来たのはド定番の清泉寮だったけど、駐車場に他の車はなし。

あまりに気持ち良く「ぼっち」だったので、思わず記録写真を撮ってしまった(^^)

FF-8262

FF-8261

FF-8264-2

FF-8263-2




そりゃそうだろうねー、売店もレストランも開店前だし(汗)

FF-8259-2


相変わらず富士山も薄口だし(大汗)

FF-8254


もうこうなるとどこに富士山が鎮座しているのか分からないし(滝汗)

FF-8255

FF-8256




誰もいない寮や牧場越しの薄めの富士山などもカメラに収めて、

同じ清泉寮が営む近隣のパン屋に向かったが、やはりこちらも開店前で撃沈。


そのまま懐かしいポールラッシュ(牧場)通りを下り、

清里ラインから再び山を登り、萌木を越え、清里駅を掠め、

なくなってしまった北村美術館横、清里の森を抜け、

美しの森をスルーして、野辺山方面に向かってみた。


軽井沢に向かおうかとナビをセットしたのだが、

アウトレット周辺が早くも渋滞していることが分かり、

あえなく141号から八ヶ岳まきばラインに軌道修正。

別荘地に向かう並木の緩やかな坂道にC63を停め、しばし撮影タイム。

新緑が殊の外気持ち良く、63もご機嫌といった風情だった。

FF-8277

FF-8269

FF-8279

FF-8283

FF-8293

FF-8282

FF-8272-2

FF-8278

FF-8292

FF-8286-2

FF-8291




この日最後に立ち寄ったのは、JRの最高地点として有名な野辺山。

緑萼桜だと思うが、まだ花が相応に残っていたので、思わず写真に。

FF-8297


碑も記録。

FF-8299


ついでに小海線の真っ直ぐな線路も残しておこう。

FF-8308-2


トリは、やはり雄大な八ヶ岳連峰。

FF-8305


素晴らしい山容を見せてくれていた。

FF-8306-2




本当はこの後、富士見高原の「カントリーキッチン」に寄るつもりだったけど、

焼き上がりが9時、11時のクルミレーズンはともに完売とのことだったので断念。

その代わり大泉の「珈琲焙煎工房 豆玄」に寄って、豆玄とダークをテイクアウト、

豆玄ブレンドと春のブレンドも100gずつ挽いてもらって土産購入した♪


で、大人しく長坂ICから中央高速に乗り、順調過ぎるペースで昼過ぎには帰宅した。

無計画な行き当たりバッタリのプチツーリングだったけど、

久しぶりの八ヶ岳近辺をそれなりに楽しむことができた。



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

これで5月の撮影分は終了です。



FUJIFILM X-H1 FUJINON XF16-55㎜ F2.8 RLM WR


(了)
Posted at 2019/06/13 06:32:52 | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2019年06月10日 イイね!

Pure Drive Vol.1 小淵沢〜観音平

Pure Drive Vol.1 小淵沢〜観音平
2019年5月26日(日)。

この日北海道の佐呂間町では、

最高気温が39.5℃まで上がり、

5月としての国内最高を更新した。

2年前の夏、ガーデン街道を巡る旅で、

今話題の十勝は帯広に滞在していた。



あの時は足掛け4日間滞在したが、避暑で北海道を訪れたのに、

笑ってしまうほどの暑さで、最高気温は35.5℃だった。

その帯広のこの日の最高気温は38.8℃と、あの時を3℃以上も上回っていた。



そんな暑さの厳しかった日曜日、目的も持たずC63でふらりと走りに出かけた。

トランプ大統領の来日で厳戒体制が敷かれているだろう首都高を避け、

中央フリーウェイで左のビール工場と右の競馬場を追い越し、西に向かった。

大月で富士五湖方面に向かう車が多いのを確認し、迷わず甲府方面へ。

双葉SAでの休憩を挟んで、小淵沢ICで高速を出たのはまだ7時過ぎだった。

もしかしたらと思い、リゾナーレの丸山珈琲に寄ってみたのだが、

やはりまだ開店前で、迎えてくれたのは人懐っこいセキレイだけだった。

FF-8213

(路上にセキレイ。どんどん近寄ってくるw)
FF-8210

(テーブルの上に乗っかってきたよ)
FF-8208-2



朝の静寂に包まれたリゾナーレの駐車場でC63を記録撮影。

FF-8214

FF-8218

洗車直後だったけど、高速走行で大量のムシが…(汗)

FF-8219




気を取り直して、これまで行ったことのなかった観音平に向かった。

いわゆる登山道の入口で駐車場は満車になっていた。

仕方なく少し下った駐車スペースにC63を停め、しばし景色を愉しむ。

天気は良いのだが、空気が霞んでいて、遠景がクリアに見えない。

近くの南アルプスはよく確認できたけど、富士山はぼんやりとしていた。

(南アルプス)
FF-8221

(上空には月と飛行機雲)
FF-8225

FF-8226-2

(北岳)
FF-8231

(甲斐駒ヶ岳)
FF-8229-2

(南アルプスと富士山)
FF-8220-2

(富士山、薄っ!)
FF-8224

(富士山単独で。かなりアメリカンな仕上がり…汗)
FF-8223

FF-8222

FF-8233




だけど、なかなかこんなシチュエーションには出くわさないので、

珍しく相応枚数の、したがって雑な写真を撮るハメになった(苦笑)

似たような画ばかりで恐縮です。

(アメリカンな富士山と六山、もとい63)
FF-8227-2

(南アルプスと63)
FF-8228-2

FF-8242

(富士山と63)
FF-8240

(総出演。したがってキャラは総てスモールサイズ)
FF-8239




ひとしきり記録を撮って山を下っていくと、両サイドに茂る樹々の向こう、

まだ一部雪を残した甲斐駒ヶ岳が正面に見えてきた。

明暗差が激しく、なかなか見た通りに撮れはしないが、

ここもやっぱり記録しておこうと、C63を路肩に寄せて撮影。

数分停車していたが、上りも下りも一台の車も通過しなかった(*^^*)

FF-8251

FF-8244-2

FF-8253-2




この後は八ヶ岳高原ラインに戻り、清里方面に向かったのだが、

ダラダラ感が許容限界に達したため、残りは次回に譲ることとします。



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Vol.2に続く…。



FUJIFILM X-H1 FUJINON XF16-55㎜ F2.8 RLM WR


(了)
Posted at 2019/06/10 20:03:04 | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ

プロフィール

「↑×2 なぜか以前の投稿が再掲されてしまいました。新年早々失礼しましたm(__)m」
何シテル?   01/01 16:57
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
ボルボ クロスカントリー ボルボ クロスカントリー
ワンコ トランスポーター
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G320L エメラルドブラック はじめてのGクラスでした。V8の下取りに。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.