• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2016年04月30日 イイね!

武蔵野公園の桜たち Part1

武蔵野公園の桜たち Part1
2016年4月10日(日)。

朝早く武蔵野公園の桜を観に出かけた。

調布飛行場の隣にある武蔵野の森公園

ではなく、野川公園に隣接する場所。

前日は小金井公園で最後の桜を観たので、

連日の観桜となったが不思議に見飽きない。



※桜を見飽きていないのは自分だけで、ブログをご覧の皆さんは遥か前にお腹いっぱいかと思います。
 この期に及んで桜ネタがまだ幾つか待機しています。お付合い頂く際は胃薬を服用の上ご覧下さい。





この公園にはスポーツ施設やバーベキュースペースがあり、桜以外の花も多い。

【1】

Lr-7287



休日は子供をアメリカンスクールに通わせる外国人ファミリーや

【2】

Lr-7326



近隣の住民家族、学生さんのグループなどで大いに賑わう。

【3】

Lr-7288-2



ちなみに直ぐお隣りは府中の運転免許試験場である。

【4】

Lr-7278




ここは駐車場が狭いこと、取付道路が細いことなどから、

【5】

Lr-7254-2



早めに行かないと車を停めることさえままならない。

【6】

Lr-7345



そんな事情から、平日と変わらぬ時刻に家を出て、

【7】

Lr-7346-2



「C63を悠々停めるゾ作戦」を敢行し、見事奏功した。

【8】

Lr-7328-2



(因みに朝と言える時間に早くも出庫したが既に渋滞し始めていた)

【9】

Lr-7235




で、肝心の桜の方だが、多くの里桜は最終盤を迎え、

【10】

Lr-7246-2



一部遅咲きの品種が開花準備中といったところだった。

【11】

Lr-7250



近隣の公園の中では比較的野性味のある場所なので、

【12】

Lr-7260-2



林の奥に見え隠れする桜や川沿いの枝垂れ、

【13】

Lr-7256



花壇に植えられた花やその他の花々との共演に見所があった。

【14】

Lr-7234




これから暫くすると関山など大ぶりの八重の里桜が咲き、

【15】

Lr-7271-2



公園の遊歩道は緋色の絨毯が敷き詰められたようになる。

【16】(以降5枚は透明感のあるピンクが愛らしい松月。あるいはそれに似た桜かも)

Lr-7263



足元に咲く二輪草やスミレとのコラボレーションも楽しみだ。

【17】

Lr-7264



次週あたりまた再訪してみようか…、それとも。

【18】

Lr-7265-2




まだ武蔵野の桜シーズンは終わらない。

【19】

Lr-7266




大好きな白雪、楊貴妃、御衣黄は別ブログにて掲載予定。

【20】

Lr-7268-2



※EOS 6D EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


(了)
Posted at 2016/05/01 07:00:53 | トラックバック(0) | 公園・植物園・庭園・緑道 | 日記
2016年04月29日 イイね!

Colorful! 〜清明の花たち その2〜

Colorful! 〜清明の花たち その2〜
これらの写真を撮ったのは

まさに清明の頃だったけど、

いまはもう季節が進み、

穀雨の頃合となってしまった。





4月初旬から中旬にかけては、

【1】

Lr-0404-2



【2】

Lr-0325



清明という言葉がしっくりくる。

【3】

Lr-0338-2



【4】

Lr-0348-2



咲き始めた様々な花が鮮やかに香り、

【5】

Lr-0381-2



【6】

Lr-0398



冬の終わりを高らかに宣言するなのように、

【7】

Lr-0365



【8】

Lr-0359



春の爽やかな風が吹き抜ける。

【9】

Lr-0316



【10】

Lr-0379



初春の霞がとれた空は青く澄み渡り、

【11】

Lr-0380-2



【12】

Lr-0314-2



開いた花の色を一層深く、

【13】

Lr-0374



一層明るく輝かせる季節。

【14】

Lr-0429-2




耐え抜いた冬が厳しければ厳しいほど、

【15】

Lr-0366-2



沢山の花が鮮烈な色合いで生れ変わり、

【16】

Lr-0368



移ろう季節に、

【17】

Lr-0421-2



独自の糸色を織り込むかのようだ。

【18】

Lr-0369-2



【19】

Lr-0434




野山や公園は、新しいいのちの芽を育み、

【20】

Lr-0428



また次の季節にそれを繋いでゆく、永遠に。

【21】

Lr-0334




清明が過ぎると、

【22】

Lr-0410-2



春雨が百穀を潤す穀雨を迎える。

【23】

Lr-0373-2



季節は巡り、時は過ぎゆき、

【24】

Lr-0390-2



来年の今頃、10年後の今頃、

【25】

Lr-0394-2



僕らはどこで何をしているのだろう…。

【26】

Lr-0322



※EOS 5D MarkⅢ Tamron SP 90㎜ Di Macro VC USD(F017)


(了)
Posted at 2016/04/29 21:02:41 | トラックバック(0) | 写真・カメラ・レンズ | 日記
2016年04月28日 イイね!

そして小金井公園の桜はフィナーレを迎える

そして小金井公園の桜はフィナーレを迎える
2016年4月9日(土)。


日の出の時刻に桜の名所

「小金井公園」へ向かう。




メインは淡墨桜の観賞だったが、

【1】

Lr-7157



折しも里桜たちが今季最後の煌めきを見せており、

【2】

Lr-7135-2



また、桜以外の花たちも、

【3】

Lr-7140



訪れた春の恵みを身体一杯に集めて、

【4】

Lr-7227



ここぞとばかりに咲き誇っている姿に、

【5】

Lr-7142-2



主目的をすっかり忘れて、

【6】

Lr-7222



ひたすら逍遥することになった。

【7】

Lr-7144-2




染井吉野に代表される里桜は、

【8】

Lr-7129



既に満開の時季を通り過ぎ、

【9】

Lr-7146



多くの花弁を春風に乗せ、

【10】

Lr-7130



地に還す作業に余念がなかった。

【11】

Lr-7131-2




それでも小金井公園には、

【12】

Lr-7161-2



多品種の桜が植えられているため、

【13】

Lr-7168



まだまだ見頃の桜、

【14】

Lr-7166



枝がしなるほどの花を付ける樹、

【15】

Lr-7178-2



これから花開こうとする

【16】

Lr-7182



枝垂れ・八重・山桜などを存分に楽しめた。

【17】

Lr-7165




しかし、桜の花の散る情景は、

【18】

Lr-7132-2



やはりどことなく切ないものだ。

【19】

Lr-7197



多くの桜に彩られる春のいっとき、

【20】

Lr-7202



それまで冬の寒さに縮こまっていた身体が、

【21】

Lr-7151



一気に緩み花開くかのように高揚する。

【22】

Lr-7210



そしてあっという間に時は過ぎゆき、

【23】

Lr-7211-2



花散る頃を迎えると、

【24】

Lr-7173-2



宴の後の静寂が開花前にもまして、

【25】

Lr-7185



深々と胸に堪える気がする。

【26】

Lr-7154




開花時期の遅い里桜・山桜を除き、

【27】

Lr-7191-2



小金井公園の今年の桜は、

【28】

Lr-7207-2



華やかな余韻を残しながら、

【29】

Lr-7194-2



静かにフィナーレを迎えるのだった。

【30】

Lr-7229




また来年逢えることを願って…。



※ GWにお出かけの皆さま:どうぞお気をつけて♫



※EOS 6D EF70-200㎜ F2.8L IS Ⅱ USM


(了)
Posted at 2016/04/28 20:54:30 | トラックバック(0) | 写真・カメラ・レンズ | 旅行/地域
2016年04月26日 イイね!

清明の花たち その1

清明の花たち その1
清明は二十四節気の第五。

4月の4日ないし5日になる。

そんな清明の頃の花たちを

相変わらず気ままに撮影。




今回は、2分割掲載のうちの第1弾。

【1】

Lr-0377




そもそも清明とは、何を指しているのだろうか?

【2】

Lr-0352-2



それは「万物が清々しく明るく美しい頃」を指す。

【3】

Lr-0430-2



確かにこの時季は、様々な花が咲き乱れ、

【4】

Lr-0423-2



桜や花桃をはじめ、野の花たちの輝く季節になる。

【5】

Lr-0401-2




いつもの公園も、林の中も、次々に新しい花が咲く。

【6】

Lr-0350-2



目まぐるしく入れ替わる花たちを観察しながら

【7】

Lr-0344



ゆっくりと野山を散歩するには本当に良い気候だ。

【8】

Lr-0436




こうして毎週のように花の成長を見ていると、

【9】

Lr-0409-2



僅かな期間で主役が交代している場面に

【10】

Lr-0357-2



よく出くわすものだ。

【11】

Lr-0388



前週末に最盛期を迎えた花たちが、

【12】

Lr-0439



翌週には跡形もなくなってしまっていたり、

【13】

Lr-0384-2



奇妙な葉っぱや固い実のような姿に変わったり、

【14】

Lr-0435



まるで色を失くして褪せてしまっていたり、

【15】

Lr-0391



他の花で埋め尽くされたり…。

【16】

Lr-0331-2




自然の法則とは、つくづく不思議なものだと思う。

【17】

Lr-0311-2



そしてまた植物たちの順応性にも感心させられる。

【18】

Lr-0438-2




清明の頃は特に、

【19】

Lr-0424-2



こうした花々の推移に目を奪われる。

【20】

Lr-0356



まさに一期一会。

【21】

Lr-0360-2



今この瞬間を心に留め、

【22】

Lr-0337



写真の中に彼らの「今」を残したい。

【23】

Lr-0385-2



自分の中の清明は、

【24】

Lr-0405-2



まさにそんなことを思う季節。

【25】

Lr-0383-2




※EOS 5D MarkⅢ Tamron SP 90㎜ Di Macro VC USD(F017)


(了)
Posted at 2016/04/26 22:32:48 | トラックバック(0) | 写真・カメラ・レンズ | 日記
2016年04月25日 イイね!

Short Blog(俗に言い訳とも言う) 〜富士山とバルコニーの花〜

Short Blog(俗に言い訳とも言う) 〜富士山とバルコニーの花〜
4月8日(金)の早朝、

久しぶりに富士の姿が拝めたので、

雄大な山容とバルコニーの花を

記録的にカメラに収めることにした。




ここのところブログアップが大幅に遅延している。

【1】

Lr-7512-2



いや回数は相応以上にアップしているものの、

【2】

Lr-7089



SNSの特徴である即時性というか季節感を

【3】

Lr-7518



かなり損なう周回遅れぶりとなってしまっている。

【4】

Lr-7091-2



現在ようやく4/8までたどり着いた状況だ。

【5】

Lr-7529-2



従ってまだ遅咲きの桜の開花報告すら出来ていない。

【6】

Lr-7094



こんな状態でご覧いただくのも大いに気が引けるのですが、

【7】

Lr-7522



適当にゆるく付き合ってやってください。

【8】

Lr-7092



※EOS 6D EF70-200㎜ F2.8L IS Ⅱ USM【Top/2/4/6/8】
      SIGMA APO Macro 150㎜ F2.8 EX DG OS HSM【1/3/5/7】



(了)
Posted at 2016/04/25 22:13:25 | トラックバック(0) | 雑記・備忘録 | 日記

プロフィール

「↑×2 なぜか以前の投稿が再掲されてしまいました。新年早々失礼しましたm(__)m」
何シテル?   01/01 16:57
・原則として「何シテル?」(何故ブログ扱いなのか判らないツイート的なものも)、  同日内の過剰な多投稿、誹謗中傷と思しきものなどは閲覧しておりません。 ・フ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/4 >>

     1 2
3 4 5 67 8 9
10 11 12 1314 1516
17 1819 20 21 22 23
24 25 2627 28 29 30

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
ボルボ クロスカントリー ボルボ クロスカントリー
ワンコ トランスポーター
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G320L エメラルドブラック はじめてのGクラスでした。V8の下取りに。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.