• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2016年03月31日 イイね!

三寒四温??? 〜春の雑文No.3〜

三寒四温??? 〜春の雑文No.3〜
3月も半ばを過ぎると漸く

春らしさが確かなものになる。

春先のこの時期よく耳にする

「三寒四温」という言葉…。




※写真は全て3/19に撮影したもので本文と直接的な関連はありません。



個人的には少しだけ違和感がある。

【1】※オオマツユキソウ

Untitled



元来この言葉は、

中国北東部や朝鮮半島北部の気象を表したもので、

【2】

Untitled



シベリア高気圧からの風が、

おおかた7日の周期で吹くことを指している。

【3】※やっと咲いたチオノドクサ・ルシリエ

Untitled


3日強い風が吹けば、次の4日は風が弱まるということだ。

【4】※レウィシア

Untitled



では何故「三吹四止」ではないのか?

【5】※ウグイスカグラ

Untitled



それはおそらく体感温度が、

風の有無で大きく変わるものだから、だろう。

【6】

Untitled



風は原因に過ぎず、体感温度が生活に直結するから。

【7】

Untitled



別に学究的なものではなく、まさに体感として、

昔の人たちが素直に表現しただけのことだと思う。

【8】※クレマチス・アーマンディ

Untitled



かの地域がこうした高気圧に覆われるのは、

その勢力が強まる晩秋から春先にかけてであり、

この言葉もそうした時季に使うものとされている。

【9】

Untitled



ちなみに俳句の世界でも三寒四温は、

冬の季語だとされている(新暦1-2月が適当)。

【10】

Untitled



つまり、もともとは必ずしも日本国内の春の気象を

的確に表したものとは言えないものであるわけだ。

【11】※アミガサユリ

Untitled



しかし、たまたま春先の日本列島では、

長く続いた西高東低の気圧配置が崩れて、

【12】

Untitled



低・高気圧それぞれが交互にやって来ることが多くなり、

必然的に寒い日と暖かい日が入り混じることになるので、

この言葉が違った意味でしっくりきたのだろう。

【13】※スイセン

Untitled



段々暖かくなって、春はすぐそこまで来ているけれど、

まだ寒のぶり返しもあり一気に春爛漫とはなり得ない、

【14】※オオアラセイトウ

Untitled



もう少しの辛抱、あと僅か我慢すれば暖かい春が来る!

という気持ちを表現する言葉として。

【15】※ミツマタ

Untitled



日本人は、我慢の時間が長ければ長いほど、

その後に迎える春がより素晴らしく感じられるもの、

と信じているから(忍耐強い民族性の賜物か)。

【16】※ユキヤナギ

Untitled




実は二寒三温が実態に即していたり、

時季によっては四寒三温が正しいのかも判らない。

【17】※チオノドクサ・ルシリエ

Untitled



しかし三寒四温は先のとおり、国内では待ち遠しい春を

想う言葉として、既にしっかり定着している現状から、

【18】※レウィシア

Untitled



言葉の意味だけではなく、感性に委ねて、

自分の中の違和感こそ、捨て去るべきなのかも知れない。

【19】※オオカンザクラの花びら

Untitled



またもや雑談にお付き合いいただきありがとうございます。



※EOS 5D MarkⅢ Tamron SP 90㎜ Di Macro VC USD(F017)


(了)
Posted at 2016/03/31 20:18:50 | トラックバック(0) | 雑記・備忘録 | その他
2016年03月29日 イイね!

3月は「弥生」  〜春の雑文No.2〜

3月は「弥生」  〜春の雑文No.2〜
弥生(やよい)は陰暦3月の異称。


あまり不自然に思わず使っているが、

その語源としては諸説があるようだ。



※写真は全て3/13に撮影したもので、本文と直接的な関連はありません。



3月になると様々な草木が一斉に花を開く。

【1】※開花寸前のチオノドクサ・ルシリエ

Untitled



たった1週間の違いで咲く花の顔触れも変わってしまうことも。

【2】※ウチワノキ

Untitled



だから出来るだけ旬の被写体を記録的に残していきたい。

【3】※アカバナミツマタ

Untitled




さて、ここからは本格的(?)な雑文。

【4】

Untitled




弥生という言葉をあらためて考えると、、、

【5】

Untitled



もっともポピュラーと言える「弥生の節句」、

丁度この頃の山を例える「弥生山」、

俳句で使われる行く春を惜しむ「弥生尽」、

変わった所ではホトトギスの別称「弥生過鳥」、

歌舞伎界の「弥生狂言」などなど。

【6】※トサミズキ

Untitled




弥生は正確には陰暦の3月末から4月にあたるが、

【7】※ツルニチニチソウ

Untitled



まぁ春の終盤全般を指すようだ。

【8】

Untitled



弥生の節句や弥生狂言は3/3だから、

春の終盤というのはどうか?と反論もありそうだが、

【9】

Untitled



旧暦3月自体が、晩春や季春と言われることからも、

それはほぼ間違いないだろうと思う。

【10】※オオカンザクラ

Untitled




さてその語源であるが、まず「ややおひ」説なるもの。

やや=漸・おひ=成長を表し、植物が芽吹くことを指してのこと。

【11】

Untitled



次に「やまいろえひ」説。

山が冬の単色から徐々に色付くことを指してのこと=山色酔。

【12】※馬酔木

Untitled



主流は「いやおひ」説のようだ。

草木がいよいよ(=いや)生い茂る(=おひ)という意味だ。

【13】

Untitled



どの説も呼び名が変容し「やよひ」になったとしている。

【14】※ユキヤナギ

Untitled




古い書物、例えば日本書紀では3月をヤヨヒとしているようだが、

古事記や万葉集にはそうした記載はない。

【15】

Untitled



一方、枕草子に「やよひ三日はうらうらとのどかに照りたる」と

記されるなど、平安以降は用例が多く見られるようになる。

【16】※アオイスミレ

Untitled



しかしそれがいつ弥生という漢字になったかは判らないようだ。

【17】※勿忘草

Untitled




仕事や実生活において「よく判らない」ことは出来るだけ

【18】

Untitled



避けたいものだが、やよひ→弥生についてはそれも1つの

【19】※サクラソウ

Untitled



「春霞み」と受けとめて鷹揚にやり過ごすのが粋かも知れない。

【20】※雪割草

Untitled




毎々駄文・乱文にお付き合いいただきありがとうございます。

次回以降も駄文は続く…。

【21】

Untitled



※EOS 5D MarkⅢ Tamron SP 90㎜ Di Macro VC USD(F017)


(了)
Posted at 2016/03/29 21:27:40 | トラックバック(0) | 雑記・備忘録 | その他
2016年03月28日 イイね!

招かれて『豪徳寺』

招かれて『豪徳寺』
少し時間が経ってしまったが、

2016年3月8日(火)午後、

成城まで出かけることになり

近接する豪徳寺に寄ってみた。




豪徳寺は昨今賑やかだ。

【1】

Untitled



もとより招き猫発祥の地として名高いが、

【2】

Untitled



SNS等で情報発信されることによって、国内のみならず、

【3】

Untitled



外国人旅行者に人気の立ち寄り先として定着しつつある。

【4】

Untitled



平日の真昼間であっても、参詣者は相応に多く、

【5】

Untitled



伝聞どおり外国人比率が高いことを知った。

【6】

Untitled




豪徳寺がここまでメジャーになったのは、招き猫の伝説と

【7】

Untitled



それに伴う招福猫児の奉納があるからだろう。

【8】

Untitled




招き猫伝説とは、鷹狩りに出た井伊直孝一行が、

雲行きが怪しくなった空を見上げ、大樹の下で休んでいると、

【9】

Untitled



傍らの小寺にいた白猫が盛んに招き入れる仕草を見せた。

【10】

Untitled



白猫に呼び込まれた直孝一行は、激しい雷雨を避けることができ、

【11】

Untitled



期せずして和尚の法談を聞くに至った。

【12】

Untitled



雨の止んだ戸外に出ると、先程まで雨宿りをしていた大樹が

【13】

Untitled



落雷で2つに裂け真っ黒に焼け焦げている光景を見たのだった。

【14】

Untitled



直孝は、これは白猫が救ってくれたに違いないと感銘を受け、

この寺を井伊家の菩提所としたそうだ。

【15】

Untitled



後に直孝の戒名である久昌院殿豪徳天英居士に因んで、

曹洞宗大谿山豪徳寺と称すようになったのだとか。

【16】

Untitled




境内には招猫殿を置き「招福猫児(まねぎねこ)」を祀る。

【17】

Untitled



招猫殿横には、願の成就したお礼に奉納された招福猫児が溢れる。

【18】

Untitled



招福猫児は、小判などを持たない右手を挙げた素朴な白猫で、

【19】

Untitled



1-2㎝程の小さなものから30㎝程度の大きなものまで様々だ。

【20】

Untitled



招福猫児をよく見れば、まるで達磨のようにその目に

【21】

Untitled



ありがとうと書かれた個体が沢山奉納されていることに気付く。

【22】

Untitled



願いの叶った証しである招福猫児の夥しい数は、

【23】

Untitled



当寺のご利益の高さを窺わせるものだった。

【24】

Untitled




合間の時間に急遽訪れた豪徳寺だったが、

【25】

Untitled



霊験あらたかな白猫に招き入れられたのかも知れない。

【26】※去る参詣者を灯篭の中から手を振って見送るかのような招き猫3頭

Untitled



※Leica M-P(Typ240) Summilux 50㎜/f1.4 ASPH


(了)
Posted at 2016/03/28 19:20:57 | トラックバック(0) | 街ネタ | 旅行/地域
2016年03月26日 イイね!

春分の頃 〜春の雑文No.1〜

春分の頃      〜春の雑文No.1〜
今年は3/20が春分の日だった。


あの三鷹の国立天文台が前年に

「暦象年表」で発表している。




※写真は全て3/13に撮影したもので、本文と直接的な関連はありません。


閏年とその翌年が20日、それ以外の年が21日、

というのがここ10年先までの計算結果のようだ。

【1】

Untitled




春分の日は、昼と夜の長さが同じになるとされる。

【2】※フキ

Untitled



実際には昼の方が14分程長いようだけど。

【3】※たらの芽

Untitled



「春と夏」「昼と夜」を等分するという意味で、

春「分」と呼ばれるとも聞く(秋分も同様)。

【4】

Untitled




ところで、春分は立春と立夏の中間地点である。

【5】※セリバオウレン

Untitled



何だかちょっと実感が湧かない気がする。

【6】

Untitled



暑さ寒さも彼岸までと言われるとおり、

確かに寒さは感じなくなる気候だとは思うものの、

【7】

Untitled



夏への中間点と言われると、気が早いような。。。

【8】

Untitled




彼岸と言えば、春分の日を中心に前後3日間、計7日間。

【9】

Untitled



つまり、春分の日は彼岸の中日となる。

【10】※座禅草

Untitled



春分の日には「ぼたもち」を食すという習慣があるが、

秋分の日はそれが「おはぎ」になる。

【11】※馬酔木

Untitled



調べてみると、ぼたもちもおはぎも実は同じ食べ物。

【12】※チオノドクサ・ルシリエ

Untitled



その季節に咲く花の名に因み、牡丹餅・お萩と、

呼び分けられるようになったらしい。

【13】※ヒマラヤユキノシタ

Untitled



邪気を払う効果があるとされる小豆が原料。

【14】

Untitled



米や砂糖が貴重品だった時代からすれば、

それを先祖に供えることで功徳を積むことになる。

【15】※ヒメオドリコソウ

Untitled



年に2回高級食材を口にする副次効果もあったわけだ。

【16】※オオカンザクラ

Untitled




春分の日を境に、徐々に明るい時間が長くなる。

【17】

Untitled



もちろん気温も上昇してゆく。

【18】

Untitled



そういった意味では、どことなく心が浮き立つ環境だ。

【19】

Untitled




ここにあげた花たちもきっと季節の変わり目を敏感に察し、

【20】※ウチワノキ

Untitled



次の季節への備えをゆっくり進め始めていることだろう。

【21】

Untitled



※EOS 5D MarkⅢ Tamron SP 90㎜ Di Macro VC USD(F017)


(了)
Posted at 2016/03/26 22:36:59 | トラックバック(0) | 雑記・備忘録 | その他
2016年03月25日 イイね!

R56 MINI Cooper S@初回車検

R56 MINI Cooper S@初回車検
3月中旬、家内のMINIの初回車検。

この間C63AMGの初回車検が

終わったばかりなのに(苦笑)

受け渡し後に軽く混乱があったが、

Dから指定工場に替えるまでもなく、

想定スケジュールで無事完了した。




久しぶりにMINIのDに顔を出したが、移転したこともあって

随分内外装とも変わって見えた。

【1】

Untitled



POP感が減って、少し高級感が増したというか、

落ち着いた店の雰囲気を出そうとしているようだった。

【2】

Untitled



好みの問題だろうが、個人的には現行の方がベターだ。

【3】

Untitled



考えてみれば、MINIもサイズ的にミニではなくなって、

それなりの価格設定もされているわけだから、

購買層のジェネレーションや嗜好も以前とは異なるのかな。

【4】

Untitled



だとすれは、確かにあまりチープでカジュアル過ぎる打ち出しは、

ミスマッチになってしまう可能性が高い。

【5】

Untitled



MINIのマーケティングは割としっかりしているようだから、

こうした緩やかな転換も道理があってのことだろう。

【6】

Untitled



自分も含め消費者ってのは我が儘で容赦がないものだから、

「売る」側も細やかな配慮は欠かせないものなんだろうね。

【7】

Untitled



まぁ何にせよ楽して稼げる時代じゃないってことは確かだから。

【8】

Untitled



とにかく無事に車検も終わり、

R56 MINIとの4年目の生活が恙無く始まった。

【9】

Untitled




性懲りもなく、コンバチに目が行っちゃうんだよなー(笑)

【10】

Untitled



※ Leica Q【Top/1-3】
 EOS 6D SIGMA Art 35㎜ F1.4 DG HSM【4-10】



(了)
Posted at 2016/03/25 21:50:21 | トラックバック(0) | BMW MINI | クルマ

プロフィール

「↑×2 なぜか以前の投稿が再掲されてしまいました。新年早々失礼しましたm(__)m」
何シテル?   01/01 16:57
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G500ロング オプシディアンブラック 残念ながら手放しました(泣) カロ2DIN ...
ミニ MINI Convertible ミニ MINI Convertible
家内用 OZ 35th アニバーサリー17インチ BIGインタークーラー 1DIN H ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.