車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2015年11月10日 イイね!
ガレージ窓はいいけれど。。。久しぶりのガレージネタです。

先日,ガレージ窓にロールスクリーンをつけました。

「リビングからクルマが眺められるように」

と付けた窓でしたが,

リビングから見える = ガレージ側からも見える

ということになります。


私のガレージの場合,タイトル画像のように,シャッター側から窓が見えます。

つまり,シャッターを開けると外から室内が見えます。

人通りの多い道には面していないので,それほど気にはしていなかったのです。

昼間は比較的良いのです。

問題は夜。

けっこう夜に作業することも多く,タイヤの組換えに行くときなんかは

シャッターを開けて外に出ます。

夜だと外は暗いけれど,リビングは電気が点いているので明るいので

良く見えるんですよ。(^o^;

そして,お風呂に入って出てきたりすることもあるので・・・



そんなわけで,目隠し用にロールスクリーンを設置しました。





これから,”リビングからクルマが眺められるガレージ”を作る方は,

同時に”目隠し”も考えておいたほうが良いですよ。(^-^)
Posted at 2015/11/10 21:53:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | Myガレージライフ | 日記
2015年09月15日 イイね!
ガレージ内の虫退治と大掃除~壁の後ろに・・・~先週末は,ガレージ内の害虫駆除と大掃除をしました。

アシダカグモの恐怖に耐え切れず。。。(>_<)

とりあえず,ガレージ内の荷物を全部出しました。

久しぶりに,ガレージ内がカラッポに。



こういうとき,荷物がキャスターで移動できると楽です。

ツールワゴン,タイヤラック,スチールラック・・・。

固定式の棚のほうが安定感はあるし,

もし,地震が起きたらどうすんの!?って心配はあるのですが,

キャスター付きはとにかく楽。。。

15分もあれば全ての荷物が出せました。



荷物を出している最中に,アシダカグモさんに遭遇。

やっぱりデカイし,キモイ。。。

ですが,「益虫なので殺しちゃダメ!!」ってみんなが言うので,

長男の虫取り網で取って,外にポイ。



ただ,ここで,ガレージの内壁をどうすべきか,悩ましい内容が。

私のガレージは,ガレージの内壁も,家の外壁材(サイディング)で仕上げてあります。

なんでも,準耐火構造(?)という規格の家にするには,外壁材で仕上げないとダメなんだとか。

外壁材で仕上げると,汚れはゴシゴシ洗えるのはいいのですが,

内側なのでそんなに汚れません。

むしろ,雨があたらないので,せっかくの光触媒なる機能も発揮されず。


http://www.nakayama-saiko.com/から参照させて頂きました。

そして,一番の問題は,上の写真のように,サイディングボードと柱の間には

空気の通り道があるんですが,(サイディングを浮かして付けている)

その隙間にクモは隠れられるんです。

なので,1匹見つけたときも,サイディングの影に隠れそうなところを,

ゴキジェットで入れないようにして・・・という行為をしたのでした。



念のため,虫コロリアースを焚きました。



2時間後・・・。

ガレージの床面にアシダカグモがもう1匹!!

どこかに隠れていたのが,苦しくて出てきたようです。

とりあえず,虫取り網で捕まえて,外にポイしましたが,

かなり弱っていたので,恐らく死んでしまうと思います。



壁のウラに隠れているのか・・・ということで,この際だから徹底的に。。。

虫コロリアースはゴキブリには効かないので,

アースジェットプロαを買ってきて,また焚きました。



3時間後・・・特に何も出てきませんでした。

荷物を収納して終了しましたが,ガレージってやっぱりけっこう虫たちにも

居心地は良いのですね。

年1回くらいは,虫の駆除のために大掃除をしないといけないようです。
Posted at 2015/09/15 21:49:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | Myガレージライフ | 日記
2015年09月10日 イイね!
蜘蛛発生。。。最近,ガレージにクモが発生します。

アシダカグモと呼ばれるクモ。

正直,無理。。。(>_<)



なんでしょうね,子供のときに見たことのある虫って,平気なんです。

カブトムシの幼虫とかけっこう気持ち悪いけど平気。

便所コウロギとかも平気。

嫁さんが苦手な蛾も平気。



ですが,長野出身の私にとっては,20歳以降に見た虫・・・

ゴキブリムカデ,今回のアシダカグモ

これらは正直,無理。。。

今回のアシダカグモは,見つかると逃げるんだけど,その速さが余計に恐怖



退治をしようかと思いましたが,どうやらゴキブリを食べる益虫なんだとか。

もともと,食べ物になるゴキブリがいるから,それを食べにアシダカグモが発生する

だから,アシダカグモだけ殺すと,ゴキブリが発生する・・・ということのようです。



そういえば,住み始めた頃は,嫁さんのお母さんが作ってくれた”ホウ酸団子”

ガレージにも置いてたっけ。そのせいか,去年はゴキブリは見なかった。

ホウ酸団子にカビが生えたから,捨てたんですけれど,

今年の5~6月頃から,ちょくちょくゴキブリを見るようになりました

ゴキブリは慣れてきて,踏み潰すようになりました。(ガレージだから床が汚れても気にならないし)

そういえば,何もしていないのに,最近ゴキブリは見なくなりました

きっと,アシダカグモが食べているんだね。

だけど,ゴキブリよりもアシダカグモのほうが無理かも。。。



最近は,仕事がちょっと忙しくて,夜中にガレージで作業してなかったり,

少しガレージが散かり気味でした。

だから,余計にこうなったのかな。

というわけで,この週末はガレージの掃除をすることに決めました。

でも,食べ物とか置いてないから,一体ゴキブリは何を食べてるんだろう。。。
Posted at 2015/09/11 00:03:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | Myガレージライフ | 日記
2014年11月11日 イイね!
ガレージ内で光軸調整!先日,ヘッドライトを交換しました。

Hiビームを一体型HIDから純正ハロゲンに戻すときには,

例によってヘッドライトのユニット外しました。

そうすると,光軸調整をしないといけないわけですが・・・

今回はガレージ内での光軸調整にトライしてみました。



俺はガレージが欲しい!!~必要なガレージサイズは?~に書きましたが,

ガレージサイズはこのようになってます。



前後はフロアジャッキを入れることを考えて,ちょっと長めに作りました。

ガレージ内で後ろに下がると,シャッターまでの距離は1.5mくらい稼げます。

そうすると,なんとか光軸調整できるようになるんです。

本当は3mくらい離れたほうが誤差は少なくできると思いますが,

ガレージ内での光軸調整の一番良いところは,

「昼間でも光軸調整ができること!」

ガレージには窓はほとんど設けませんでしたから,昼間でも暗くできるのです。(^-^)v

まぁ,光軸調整なんて何度もやるものではないですが,やっぱりガレージって

DIYでできる作業がグンと増えるなぁ・・・と思いました。



今回は,いつもよりは少し真面目に光軸調整しました。法的には,

Loビームは40m先の地上を照らすようにHiビームは100m先の地上を照らすように

調整すればよいようです。(赤キツネさん,合ってますよね?(笑))

私のシルビアのヘッドライト高さは590mmでしたので,

1.5m先ならばLoならば(590-22)mmの高さ,Hiならば(590-8.9)mmの高さ

なっていればよいようです。

と言っても,ガレージ床には約1/100の勾配もありますから,その勾配も考慮に入れて,

こんな用紙を作成して,光軸調整をしてみたのでした。





やってみたら・・・結局調整する必要は無く,確認しただけで終わったのでした。(^o^;

クルマを気軽に弄れる環境って,やっぱり良いです。(^-^)b
Posted at 2014/11/11 23:57:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | Myガレージライフ | 日記
2014年10月19日 イイね!
ガレージライフの実際。(春~夏)ガレージライフを始めて,早くも半年が経ちました。

せっかくなので,ガレージライフをしてみてわかったこと,建設当初の考え方との違いを記録しておきます。

これからガレージ建設をされる方のお役に立てればと思います。

また,既にガレージライフをされている方は,「あるある~」となれば幸いです。(笑)



①ガレージ内の換気について。

建設当初,「ガレージ内でエンジンかけっ放しにしますか?」と聞かれ,

その場合にはこんな排気システムを付ける人はいます。と言われました。



ただ,この排気システムのお値段は約50万円

そんなにエンジンかけることもないので・・・ということで,このシステムは諦め,

通常より少し大きめのφ200の換気扇を付けてもらいました。



私のご近所様は,あまり騒音に敏感な方はおらず,昼間はサイレンサー無しで

エンジンをかけさせてもらっています。

オイル交換した後とか,サイドブレーキの引き代調整した後とか・・・

ちょっとガレージ内でエンジンかけたいときも実際にはありました。

そんなときに,この換気扇が・・・

・・・と言いたいところですが,正直,全く役に立ちません。(^o^;

付いている場所も高さ 2m くらいのところですから,

そんな高さでたかだかφ200の換気扇を回したところで,瞬時に換気することなどできません

こういう換気扇の目的って,長時間かけてゆっくりと空気を入替えることであって,

排気ガスを吸いだすような風量はありません。

私のガレージは,ガレージ後方に勝手口があり,前方のシャッターと後方の勝手口を

開放して,自然の風に任せて換気したほうが,よほど換気には有効です。

もし,排気システムを付けない方は,ある程度の大きな窓 or ドアをシャッターと反対側の

ガレージ後方に設けることをお勧めします

(まぁ,立地条件に大きく影響されるのですが。。。)


また,この換気扇で長時間換気をするときには,換気扇で吐き出す代わりに,

どこかから空気を吸い込まないと換気にならないのですが,

その空気をどこから吸うかがポイントとなります。

シャッター以外に吸い込む場所がないガレージだと,シャッターと地面との隙間から

空気を吸い込むことになりますが・・・

地面付近の空気を吸うと,どうしても湿気や埃が多かったりするのです。

換気をしたはずなのに,埃と湿気を吸い込んでいては,何のための換気扇かわかりません。

空気を吸い込む場所は考えておいたほうがよいです。

私のガレージは,家とつながる勝手口があり,家の空気をガレージに導くようにしています。



②ガレージの窓と明るさについて。

私のガレージには,外界と繋がる窓は小さなものを3つしかつけていません。



そして,その窓も東向き。

昼間はとても暗いです。

ただ,あまり窓が多くても防犯上良くないですし,窓が少ないおかげで,

夏場のガレージ内の温度は外気温よりも数℃低いです。

なので,私はガレージに明り取り用の窓はそれほど必要ないと思います。


そして,昼間でも暗いガレージでの作業には,多めに付けた蛍光灯が大活躍します。



ガレージ内での作業,特に洗車の拭き上げのときのキズ,ヨゴレチェックのときに

非常に役に立ちます



そして,リビングからの観賞用窓についてですが,普段はガレージシャッターが

閉まっているので特に問題なかったのですが・・・



先日ガレージ床塗りをした際,日中にガレージ内に塗装屋さんが立ち入ったり,

乾燥のために2~3日シャッターを開放していないといけなくなりました。

そんなときに,シャッターを開けると外から丸見えのリビング窓は困りました。

急遽,目隠しカーテンを設置しましたが,防犯上もあまりよくない状況でした。(^o^;

シャッター開けっ放しにすることは少ないのですが,

リビングからガレージを眺められるように窓を設置する方は,

「シャッターを開けっ放しにした場合どうなるか?」を考えておいたほうがよいと思います。



③ガレージ内の温度と湿度について。

まず,温度についてですが,ガレージ建設を検討している際,ハウスメーカによって

ガレージ壁の断熱をする or しないが分かれました。

私は結局,ガレージ壁も断熱有りにしましたが,今のところ正解だったと思います。

窓も少なくした関係で,ガレージ内の温度が夏場でも外気温より数℃低いです。

今年の夏は比較的涼しかったと思いますが,仕事終わってから,夜間に作業するときに

エアコンを付ける回数は少なかったです。(愛知県の夏の夜は暑い!!ので。)

でも,ガレージに付けたエアコンは,本当に付けてよかったと思っています。



そして,湿度について。

これは,建設当初には考えていなかったことでした。

ガレージ内って,思いのほか湿度が高く,ジメジメします

私のガレージは,窓があまり無いのもあるかもしれませんが,夏場は湿度60%以上

ひどいときは80%を超えていたときもありました。

というわけで,まずは気温と湿度を把握するため,温度計&湿度計は必須です。

私は,時計も欲しかったので,温度・湿度が計れる時計にしました。



そして,湿度の高い日は除湿機を稼動しています。

人間が作業するときには,エアコンを稼動します。



洗車後の拭き上げも,ボディだけではダメです。

ホイルナット周りの水分を飛ばしておかないと,ホイルナットなどが錆びます

私のコンプレッサーは,エアブローをほぼメインに活動しております。(笑)

エアブローするため,コンプレッサーは必須と思います。





④ガレージ床の勾配について。

これは立地によるところも大きいですが・・・私のところは過去の東海豪雨のときにも

水害には遭わなかった地域です。

建設当初,「ガレージ床には水勾配は付けるものです」と言われておりました。

水勾配を付ける目的は,浸水の防止もありますが,コンクリートは職人がコテで仕上げますから,

少ないながらも凹凸があり,勾配無しだと,その凹部分に水が溜まりやすくなるから・・・という理由でした。

通常の水勾配は4/100くらい取るそうです。

長さ5mのガレージならば,奥のほうは200mmも上がる計算です。

実際,この傾斜のガレージを拝見させてもらったことがありますが,

ジャッキが倒れたり,車が動いたりしそうで,ジャッキアップが怖いです。

ただ車をいれておくだけのガレージならばよいですが,整備用で4/100の勾配は付けすぎです。

私は1/100にしました。



1/100ならば,ジャッキアップも問題なくできます。(少し気は使いますが。)

ただ,そもそも整備用ガレージで,水勾配は要らない気がします。

まず,水平な床でも水洗い後の水切りはできます。

一度床面を水洗いしたことがありますが,確かに1/100の勾配で少し掃除は楽になったと思いますが,

そもそもそんなに水洗いすることもありません。

床にはその他にも物が置いてありますから,それらをどけるのはけっこう面倒で,

実際の床掃除はほとんど掃除機でやっています。

水の浸入の危険がない地域であれば,ガレージの水勾配は不要と私は思います。

(但し,ガレージ内で洗車をしたい方は水勾配は必要と思います。。。)




⑤ガレージコンセントについて。

私のガレージには,防水のコンセントを3箇所付けました。



ガレージって,屋内か屋外か中途半端な位置付けになります。

防水コンセントにした理由は,一応ガレージ内の仕上げを外壁材で仕上げて屋外扱いにしたからで,

床や壁を水洗いすることもあるかもしれない・・・という理由でした。

当然,防水コンセントのほうが通常のコンセントよりお値段は高いです。

防水のほうがよかったと思うことはあるのですが,コレ・・・使いにくいんですよね。

コンセントを上向きに差し込まないといけないので,差込口がよく見えない。。。

そして,3箇所だとやっぱり足りないと思うこともあります。

まぁ,どちらもドラムで引張れば問題は無いのですが。。。

通常のコンセントにしていたら,水とか埃が心配だったと思いますので,

不満はありつつも,仕方ないかなと思ってます。




⑥ガレージ内への侵入者

人間に侵入されたことはまだ無いのですが・・・その代わり虫がいっぱい入ってきます。(>_<)

これは,建設する土地に大きく影響すると思いますが,

ウチは比較的周りに畑なども多く,虫がけっこう多いです。

先に述べたように,ガレージ内は湿気も多く,気温が安定していることから,虫には快適なようで。。。

ゴキブリ,毛虫,ダンゴムシ・・・などが地上から,

蚊,蛾などが空中から侵入してきます。

中でも,蚊がひどくて・・・蚊取り線香が大活躍しました。



ガレージ作業前に蚊取り線香を焚き,煙を充満させた状態で作業をしました。

おかげで,夏場は私の車内には,ほのかな蚊取り線香の香り・・・がしていました。(^o^;




建設時には想定していなかった出来事も起きておりますが,

それでも楽しくガレージライフを過ごしています。(^-^)

さて,これから冬に突入します。

冬には何が起こるでしょうか??寒さと結露が心配だなぁ。
Posted at 2014/10/19 22:15:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | Myガレージライフ | 日記
プロフィール
「ズレた歯車。 http://cvw.jp/b/867274/38274768/
何シテル?   07/24 22:58
ちょっとずつ更新していこうと思います。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/7 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
お友達
新規のお友達は,お会いしたことある方をベースにしたいと思います。但し,コメントし合える方は歓迎します。(^-^)

お友達になって以降,特に絡みのない方については,一旦お友達解消させて頂きますので,勝手ながらご了承ください。m(_ _)m
26 人のお友達がいます
DORYDORY * wolf.stylewolf.style
カヲル@蒼苺カヲル@蒼苺 10261026
ぺんたろーぺんたろー ちび7ちび7
ファン
177 人のファンがいます
愛車一覧
日産 シルビア 日産 シルビア
S13, S14と乗って3台目のシルビアです。 ほぼフルノーマルの最終型を購入。 ウデ ...
日産 シルビア 日産 シルビア
2台目の愛車です。 H7年式の前期モデルでしたが,後期にして乗ってました。 ドリフト ...
PR
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
プライバシー
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.