• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やんぢのブログ一覧

2017年12月07日 イイね!

やっぱり書いておくか、NHKのこと

NHKの受信契約合憲判決で一部が騒いでいますが、まず立花孝志さんのこのコメントから。


今日の最高裁判決で世の中は何も変わりません。


昔から私のブログを目にしている人には繰り返しになりますが、私の立場は

『未契約』

です。
契約していて不払いなのと、そもそも未契約なのでは若干意味合いが違いますが
最高裁判決が何の影響も及ぼさないという意味では一緒に語っていいと思います。


今回の最高裁判決は、放送法が憲法に優越するというとんでもないもので、『法治国家の死』にも等しいと思いますが、まぁ言ってもしょうがないことなので受け入れますよ。

でも、受信契約なんかしませんので。(大笑い)






今回の判決では、
『契約を拒んだ人に対してNHKが承諾を求める裁判を起こし、勝訴が確定した時点で契約が成立する』
という判断が示されました。

今未契約は900万~1500万世帯と言われます。
全部契約を強制させようと思ったら、NHKは900万~1500万件の裁判を起こす必要があるわけです。
そんなことは絶対にやりません。
必ず勝つとわかっている裁判でも、最低で900万件。
絶対にやりません。

でも、『裁判で勝たないと契約を強制できない』んです。
なんたって、最高裁様の判断ですからそれ以外の法的救済はありません。
NHKは大ブーメランをくらってると思います。

この最高裁判決があったということは今でもNHKから国民に向けての裁判は起こされているわけですが、提訴されるのはBキャスカードの番号を知られたり公開番組の申し込みをするようなわきの甘い人だけです。

私は契約してませんけど、契約もしてないのにのど自慢や紅白を見に行こうなんて了見は批判されてしかるべきだと思いますよ。
「楽しみにしてるの?反NHKで未契約じゃないんかい?」と。


同時に
『テレビの設置時にさかのぼって受信料の支払い義務が生じる』
という判断が示されました。

これをもってメディアでは
『家にテレビがあるのに、いま受信料を払っていない人は、テレビを設置したときからの受信料を全額支払う必要が出てくることになった。』(NNN)
『50年分一括請求も可能』(弁護士ドットコムニュース)
などと言われています。

『はぁ、まぁ理屈の上ではそうなりますねぇ・・・』

としか言いようがないですね。


もし運悪く提訴されたら、その時点でテレビを破棄(実家に預けるだけでいい)すれば提訴取り下げになります。
提訴時点ではテレビがあったとしても、今現在テレビがない世帯に対して新規の契約を求める裁判は成立しないからです。
そもそも契約していないので「あの時はテレビあっただろ、金払えや」って言えないわけです。
(これが“契約済みで未払い”と違うところ)

取り下げになれば提訴での請求額が30年分でも50年分でも事実上チャラなので何も怖くないわけです。
提訴取り下げ確定後にテレビを取り戻せばそれでOKです。
地域スタッフが来たら「裁判してください」と言えばいいです。


契約していて未払いの人は、電話でいいので5年の時効援用をこまめにやっておけば、何十年放っておいても5年分以上の請求は来ません。
毎年毎年、5年分の請求が来続けているうちに自分の寿命が尽きればそれでよし、です。
遺族に相続がかかっても10万円以下ですから、ひとこと言っておけば完璧でしょう。





最後に、立花孝志さんの動画のコメントを文字起こししておきます。

未契約の人はそのまま未契約で。
不払いの人はそのまま不払いしてください。
これまでと何も変わらないということを何度も何度もお伝えしておきます。
今日の判決は皆さんにとって、NHKに受信料を払ってない人にとって、何ら気にすることはありません。
むしろ安心して大丈夫という判決であると。



Posted at 2017/12/07 09:43:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | 社会・時事ネタ | 日記
2017年12月06日 イイね!

この高級さもコストです。 しかし…

物理的な距離が遠いこともあって、最近は「用もないのにどみにこさんに行く」ということがめっきり減りました。

で、シトロエンのカレンダーも2年連続でもらってないんです。

代わりにというわけではないですが、BMWのカレンダーは毎年貰っています。


先日もらったデスクカレンダーです。








10円玉は大きさの比較用です。
立派な厚紙の箱に入っています。




ふたを開けると、まずシートが。




開くとカレンダーに採用されているクルマの写真が並んでいます。
写っていない左側には挨拶コメントがあります。



さて、ここで問題です。



カレンダーに付属するこの黒い紙は何でしょうか?




これがカレンダーの本体。
2か月ずつのシートになっています。
1、2月は新型X3です。


実はこのシート



切り絵細工というか、イラストではなくて紙を切り抜いてクルマの絵を作っているんです。




黒い紙はその「抜け」の背景にするためのシートでした。




台座にもロゴ入り。


一個当たりいくらかかるんだろうと考えるのは無粋ってやつですが、シトロエンのカレンダーより明らかに金額は高そうです。
純正アクセサリー扱いで販売したら、最低でも2000円は取るでしょうね。
これを何万個と作って、顧客に配るわけです。


一事が万事、こういうコストがBMWの車両価格に転嫁されるわけですよね。

しかし…

そう考えると、20世紀と違って「装備を同じにするとドイツでの価格とほとんど差がない」といわれる現代のBMWジャパンは頑張っていると言えるのではないかとも思えますね。

Posted at 2017/12/06 09:02:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | BMWいろいろ | 日記
2017年12月05日 イイね!

2台のタクシー

あんまり自動車関連のブログを書いてなかったんですけど、そういえばひとネタありましたわ。

先日東京に出張した折、これに乗ったんです。



トヨタの「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」
※写真は広報写真

流しに乗ったので偶然だったのですが、まだ新車の香りがする個体でした。
運転手さんが話好きなタイプだったのでいろいろしゃべったんですが
シエンタベースのLPG仕様とのこと。

ロンドンタクシーに乗った経験はありませんが、これも噂通りに足元や膝前のスペースがかなりでかいです。
3・5ナンバーハイエースの2列目に乗ったくらいの余裕です。

運転手さんの話だと、大きいスーツケースを持った外国人にも好評と言ってました。
肉眼で見た感じだと特別に荷室が大きい感じは全然ないんですけど、そう言うからには収納力は高いのでしょう。

それ以上に感じたのが、快適性。
最近はガソリンエンジンのタクシーも結構あったりしますけど、LPGのクラウンなんかだと時々苦しそうな感じがすることありますよね。
これはそういうこともなく、静かにスムーズに走ってました。
(夜間の豊洲から都心に向けての空いた道。高速は辛いかも。)

これは良くできた車だと思いました。
運転して楽しいとかは関係ないのでしょうが、タクシーという限定用途で開発したのはさすがです。
これを作れるのがやっぱり「トヨタの余裕」なんだと思います。



乗ってて思い出したのが、そのまた前に東京に行ったとき、これに乗ったこと。



シエンタのタクシー。
※写真はイメージです。

たぶんガソリン車。
思ったほど後席の居住性は高くなかったんです。
それどころか、「やっぱりタクシーとしてはクラウンに負ける」というのが正直な感想。
車両本体価格の安さと荷室の余裕でのシエンタチョイスなんでしょうか。
こちらは新宿区内でのチョイ乗りだったので居住性以外の感想は特になかったです。


自宅最寄り駅にもシエンタのタクシーがいて一度乗ってみたいとブログネタにしたこともあるんです。

※企業籍のタクシーなのでナンバー隠しはしません。

その時は「居住性はいいってことかな?」と書きましたが、そうたいしたことはなかったです。


車の外観写真だとシエンタのほうが快適性が高そうですけど、タクシーとしては明らかにJPN TAXIの勝ちです。

やっぱり車は「乗らなきゃ分からない」ってことですね。
Posted at 2017/12/05 11:05:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他クルマの話題 | 日記
2017年12月02日 イイね!

商談! だったらいいな(笑)

今日はBMWX1を法定1年点検に出しました。

代車はこちらにリポートしています

妻にも同行してもらい、フルモデルチェンジした新型X3に徐々に洗脳させていただこうと。



もちろんX1よりは大きいですが、モデルチェンジ前のX3よりは全幅が小さくなっているという珍しいFMC。



運転席には妻に座ってもらいました。
「おぉ、いいなぁ」
と言っていましたが、さて代替えなりますでしょうか?(笑)




日本にはMスポーツだけが先行してデリバリーされています。
一応担当さんと値段の話などもしましたが、
本気で考えるなら、スタンダードとXラインが来てからですね。



まだナンバー付き試乗車はないので見るだけですが、ボディカラーもキレイなのがあって期待大です。
Posted at 2017/12/02 17:03:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMWいろいろ | 日記
2017年11月07日 イイね!

言葉の選び方は大事

なるほど

とうなった話

特に小さな子供がいる人は読んで生活に活かしていただきたい

Posted at 2017/11/07 20:16:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記

プロフィール

「ちゃんと見て進もう」
何シテル?   09/26 16:49
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23

ファン

165 人のファンがいます

愛車一覧

BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる