車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月20日 イイね!
世間さまは3連休のようですが、社畜の私は会社にいます。

時間に余裕があるので(ヒマとも言う)与太話です。




さて、息子が春休みで帰省しているので昨日はウナギを食いに行ったんです。
有名店ではないですが、国産ウナギを備長炭で焼く地元ではそこそこ有名店(昨日は18時15分に店に着いて順番待ち5組目)です。


で、愛知のウナギなんですけど、私は最近ひつまぶしは注文しなくなったんです。

そのきっかけは、名古屋市内のこれもそこそこ有名店に行ったとき、同席した人がひつまぶしとうな重を頼んだんです。

そしたら、

明らかにうな重のウナギのほうが美味そう!

だったんですね。

量もそうなんですけど、ウナギそのものの質的にもうな重のほうが肉厚な感じでした。



で、昨日行った店。



これが息子が頼んだひつまぶし。



写真が下手ですけど、ひつまぶしの基本セットのほかに、固形燃料で焚くあさり汁や茶わん蒸し、小鉢(刺身こんにゃく)が付いた「定食」です。





で、これが私が頼んだうな丼。



何の変哲もないうな丼です。





息子は、「ただのうな丼って、ダサくね?」と言うのですが、実はこの単品のうな丼とセットメニューのひつまぶし定食が同じ値段。(ちなみに3100円)

ひつまぶしは多くの人が薄々気付いているように、細かくカットされているのでウナギの量が少なく1匹分乗っていることは稀ですし、複数のかば焼きから寄せ集めで作っている店すらあります。


一方、うな重やうな丼は嘘も隠しもないウナギのかば焼きが乗っているのがお約束。


多少価格を落として、1匹丸々ではないうな重・うな丼を設定している店もありますが、
今回私が頼んだのは1匹丸ごと乗ったやつでした。



ただこの店は良心的なほうで、うな丼とひつまぶしの肉厚具合は同等でした。
上記の、1匹丸々でないうな丼から間引いたウナギも使われていると思われます。

ほんとにね、名古屋市内の某有名店では生ウナギの時点での品質が違うわけですよ。
ひつまぶしのほうが見て分かるほど肉が薄い。

でも、最近は「名古屋(愛知)で鰻を食うなら、ひつまぶしが当たり前」という風潮に流されて、ほとんどの人がひつまぶしを注文してるように見受けます。
こうすると、たぶん利益率もひつまぶしのほうが高くなるのでしょうね。


あと、私は肝吸いが好きなんですけど、多くのお店は普通に茹でた肝吸いですけど、このお店は炭焼きした肝を入れた肝吸いです。



ひつまぶしには肝吸いが付かないか、別料金という店が多いので、それもうな重・うな丼を頼む理由のひとつです。

ほろ苦さを優先するなら茹でた肝、香りを優先するなら焼いた肝、これは好き好きでどちらがいいとも言えませんね。


そんなこんなで…

みなさんは、ひつまぶし派ですか?
うな重・うな丼派ですか?


私は愛知県在住にもかかわらず、基本的にはうな重・うな丼派です(笑)
Posted at 2017/03/20 09:05:48 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記
2017年03月17日 イイね!
昨夜のこと。
テレビから、スバル エクシーガ クロスオーバー7のCMが流れてたんだけど…




スバルの公式チャンネルにアップされたのが3月6日。



で、こちらのCMなんですが



これは2015年5月5日に公式にアップされたものです。


ひょっとして、まったく同じもの?
同時再生してみたら、若干色合いが違うように見えますが、映像、編集、音楽、ナレーション、全部同じじゃないですか!
テロップの入れ方に若干の違いがあるんですがその意図は不明です。


ん?と思って、クロスオーバー7の公式サイトを見てみたら、今現在の公式サイトのページからは2015年版のほうへリンクされていました。

公式サイトから2015年版がリンクされているなら、テロップだけやり直した2017年版が何のために存在しているのかも、謎すぎます。




2015年5月に公開された2年前のCMが事実上そのまま流れている。
企業CMや食品業界だと2年くらいは珍しくないと思うんですけど、クルマのCMで2年前のをそのまま流してるって珍しいと感じます。

その上、ほぼ同じ内容のCMをわざわざ別の日にアップするのも謎です。



スバルは年改が毎年ありますが、昔乗ってたR2だと、初年、2年目、3年目と全部顔が違うのでCMの使い回しはできません。

この車も年改があるようですが、外観は何も変わってないんでしょうか?(マニアじゃないので分かりません)

このブログを書くに当たって調べていたら4月に年改があるようで、

『新型エクシーガクロスオーバー7の発売日は、2017年4月3日です。
今回の年次改良で、エクシーガクロスオーバー7はJ型になります。』
『デザインはほとんど変わりません。』

とのこと。

それにしても、2015年デビューで2016年にも年改があったのにCMを使い回すってのは、なかなか謎です。

その上、デビューして2年しか経ってないにも関わらず
『現行型をしばらく販売した後、販売終了となることが予想されています。』
なんてことも書いてあって、けっこう残念な車なんですね。



CMを流すにはお金がかかります。
広告主としては、戦略を練った上で費用対効果も考えながらCMを流すはず。

今この段階でお金をかけてクロスオーバー7のCMを流す意図は何?

って考えると、年改を控えての在庫処理?なのかそれとも別の何かなのか?

いやいや、さっぱり想像がつかないんですけどね。


あぁ、オチ無しブログになってしまった。






Posted at 2017/03/17 08:53:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日本車 | 日記
2017年03月16日 イイね!
ルノー、25年前から排ガス不正の疑い ゴーンCEOも認識か
AFP=時事 3/16(木) 9:56配信

【AFP=時事】フランスの自動車大手ルノー(Renault)が25年以上にわたり、ディーゼル車とガソリン車の排ガス試験で不正行為を行っていたことが15日、AFPが入手した仏不正捜査当局の報告書で明らかになった。カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)最高経営責任者(CEO)を含む経営幹部もそれを認識していたとしている。ルノー側は不正を否定している。

(中略)

報告書によると、試験中に有害物質の排出量を少なく見せる装置が「多くの車両」に搭載されていた。路上走行時の排出量は試験時に比べ最大で377%多かったという。

(後略)



また出たねぇ。
とりあえず、ゴシップ紙の記事じゃなくてAFPの配信だし、「事実の可能性が高い」と思ってもしょうがない。
フランス車だからといって大目に見るってわけにもいかないし。


三菱燃費不正なんかだと、「行政も悪い」とか「他社もやってるだろ」とか言いだす大馬鹿野郎がウジャウジャ湧き出てきたけど、ルノーだと日本ではそれほど話題にならないのかも知れない。

乗ってる人が少ないもんねぇ。


私は、フォルクスワーゲンも含めて、どのメーカーでも全部同じ大前提で見ています。


クルマの出来が良いとか悪いとか

そういうことは関係ない。

企業としての姿勢の問題



フォルクスワーゲンもしれっと復活しているし、結局のところ多くの消費者もこの手の問題なんかどうでもいいと思っているんでしょうね。
2017年03月14日 イイね!
トヨタが初の3気筒ガソリンエンジンを投入へ
ニュースイッチ 3/14(火) 7:49配信

「1500ccながら2000ccぐらいのパワーが出る」(トヨタ幹部)

  トヨタ自動車は2020年をめどに、低燃費化策の一環として、同社初となる3気筒ガソリンエンジンを投入する。排気量は1500ccで、新設計思想「TNGA」に基づき開発する新エンジン群の一種。「ヴィッツ」など小型車に搭載している同クラスの直列4気筒エンジンの後継機種となる。気筒数を減らし低燃費化する。出力と燃費性能を両立した新エンジンを、小型車にも展開し商品競争力を高める。

 新エンジンは現行の排気量1200―1500cc「NR型」(前モデルの「NZ型」を含む)の後継。3気筒エンジンは子会社のダイハツ工業が開発・生産する同1000cc「KR型」がある。トヨタ車にも搭載されているが、トヨタ本体で手がけるのは初めて。

 新エンジンは同1500ccながら「2000ccぐらいのパワーが出る」(トヨタ幹部)性能を持つ。搭載車種は未定だがTNGAに基づき刷新し、20年頃に導入予定の小型車用車台「Bプラットフォーム」採用車を中心に搭載する。

 生産は愛知県内の工場で始め、小型車生産拠点であるトヨタ自動車東日本(TMEJ、宮城県大衡村)でも「いずれつくることになる」(トヨタ幹部)。TMEJは現在ハイブリッド車(HV)「アクア」などに搭載するNZ型を生産している。

 新開発の同1500ccは基本的には、TNGAに基づく新エンジン群の最小排気量とする。3気筒エンジンは、日産自動車が小型車「マーチ」に搭載する同1200cc、ホンダが軽自動車向けに同658ccを持つ。トヨタはグループにダイハツがあることもあり、開発はしていなかった。




ん?

って思ったらこういうことですか。

3気筒エンジンは子会社のダイハツ工業が開発・生産する同1000cc「KR型」がある。トヨタ車にも搭載されているが、トヨタ本体で手がけるのは初めて。



3気筒エンジンは賛否両論あるのは知っています。
今では数も増えてきて、「否」の意見のほうが、時代遅れの考えとか抵抗勢力とか言われそうな勢いです。

○  軽い 燃費がいい パワーも遜色ない
×  フィーリングが劣る

○のほうが多いですし、フィーリングと言っても気にならない人は気にならないのでしょう。


でも私はやっぱり4気筒エンジンのほうが好きです。

何度も書いていますが、

3気筒エンジンは踏み込むと“3気筒なりの音”がします。

よくできた3気筒エンジンは、街乗りでも特に不満がないフィーリングをもたらすことは知っていますが、たとえBMWが作ろうが、ちゃんと3気筒は3気筒なりのエンジン音です。
踏み込んだ時の「モガーーーー」っていう3気筒の音を解決していません。

トヨタが全力で取り組んだら、3気筒のフィーリング的なネガを解決することができるのでしょうか?

宿命的に解決できないのか、そもそも解決する気がないのかは知りませんが、きっと宿命的なものなので解決はできないのでしょうね。


スバルのE07エンジンに乗ったことがある人なら、「4気筒はフィーリングが根本的に違う」というのが感覚として分かるでしょう。
軽自動車だと普通車よりも3気筒と4気筒の違いが顕著に出るのかなと思います。
ただ、それがビジネス的に(市場のニーズとして)は不要なものだったのかもしれません。


3気筒エンジンが市場のニーズとして不要ならば、製品は消えていくでしょうが
こちらの立場でいえば、どうしても3気筒を買わなきゃいけない状況に追い込まれないなら
わざわざ3気筒は買いません、ってだけのことですね。









「じゃぁ、3気筒だと何か困ることがあるの?」

そういう人とはクルマの話はしたくないですね。
Posted at 2017/03/14 09:33:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日本車 | 日記
2017年03月08日 イイね!
もともと(?)シトロエンの人なんですけど、どうしてもBMWに目が行きがちな今日この頃。


先週3月3日のことですが、BMWは本国で新型X3のプロトタイプを公開しました。
テスト車両の開発テストが“公式画像”として公開されたわけです。
日本語でのニュースはこちら




こういうカモフラージュ車両のスパイショット風の写真が“公式”っていうのも珍しいですね。






実は、もろもろの事情を総合的に勘案して、新型X3が次期車になる可能性は“極めて高い”ので興味を持たざるを得ないのです。


個人的には、この手のクルマに行くならポルシェ・マカンを頭(本命)に、新型X3、新型ティグアン、GLC、XC60あたりを流す。
でもって、レネゲード大穴狙いもあり。
※XC60は末期モデルなので、次期車を本気で検討するころには代替わりしているかもしれません
※なぜかアウディのQシリーズは候補に挙がらないんです

って感じを想像しているんですけど、現実はちょっと違います。

とうのも、奥様の意向なわけですけど。

要するに、どこのご家庭でも同じだと思いますが、
『車に大きなこだわりも深い知識もないけれど、発言力は大きい』
ということですね。




・今のX1を非常に気に入っていて、ブランドチェンジは考えていないこと。
・今の担当さんも評価が高いこと。
・妻はいわゆるプレミアムブランドの中でBMWのイメージが一番良いこと。(←個人の感想です)
・次もオンロードSUVを希望していること。
・ワンサイズアップを希望していること。
・2018年秋にX1の車検が来ること。(新型X3は17年デビュー、18年日本発売の公算でドンピシャ)

こうした諸条件に加えて

・実は今のX3は私(やんぢ)がイマイチだと思っている(←個人の感想です)けれど、
 新型ならそのイマイチが改善されているかもしれず、それなら賛成してもいいなと。


などなど総合的に考えて、『何事もなければこれ買うんじゃない?』って状況になりつつあります。


ちなみに、現行のX3をイマイチだと思っているのは、デザインや使い勝手ではありません。
日本仕様のディーゼルエンジン搭載車が、「20d」というグレードしかないことです。

ご存知のように、数字はエンジンのランク(昔のように排気量とイコールではない)を表していますが、要は320dと同エンジン同スペックです。
両車とも試乗しましたが、軽い3シリーズは車重というものが存在しないかのように軽やかに走りますが、重いX3は鈍重という印象しかありませんでした。
小型セダンの3シリーズと中型SUVのX3が同じエンジンだったらどういう印象になるかは、素人でも分かると思います。
小手先でギヤ比をいじったりしてもダメですね。

そんなわけで、どうせならディーゼル車にしようかと考えたときに、現行X3は選択候補に入らなかったんですよね。
新型が、せめて23とかできれば25とか28とかいう名前が与えられるディーゼルエンジンならいいなと期待しているというわけです。



まぁ、言うても1年以上先の話なので、まだ全然わからないですけどね。
要は、「妄想してる時が一番楽しい」って話でした。
Posted at 2017/03/08 11:57:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | BMWいろいろ | 日記
プロフィール
「やっぱりウィンドウズ10はこの上なく使いにくい。
新しいブラウザのedgeは使わない設定したし今夜はスタートメニューをクラシック表示に変更する。
ザマァミロ!って気分(笑)

何シテル?   03/10 11:45
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23
ファン
162 人のファンがいます
愛車一覧
BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.