• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heero Yuyのブログ一覧

2011年03月17日 イイね!

絶望的な挨拶

【東日本大震災】菅首相、あいさつ全文
2011.3.16 17:42

 菅直人首相の緊急災害対策本部でのあいさつは以下のとおり(16日夕)

 「地震発生から6日目となりました。この間、生存者救出に向けて頑張っていただいた警察官や関係者の中には殉職された方もおり、そういう皆さんの命をかけての救出活動によって、2万6千人以上の方を救出できたとお聞きしています。しかし一方で、死者・行方不明者合わせて1万人を超えている状況であります。たいへんに大きな被害を受けたところであります。

 その中で懸命に活動している皆さんに心から敬意を表したいと思います。特に福島原発に関しては危険な中を全力を挙げて被害の抑制に努めている東電の関係者をはじめ、自治体の関係者、もちろん自衛隊、警察、消防、海保含めて、そういう危険な中にもかかわらず、懸命に活動しておられる皆さんに本当に心から感謝を申し上げ、敬意を表したいと思います。

 また、世界からは114の国、24の国際機関から支援の申し出をいただき、すでにいくつかの国が色々な形での救援活動に参加していただいており、これもまた、国民に成り代わって心からお礼を申し上げたいと思います。

 現在、福島原発に関しては政府と事業者である東電が一体となって、全力を挙げております。また、これから屋内に避難された皆さんに対する支援もしっかりやっていかなければならない。さらにはモニタリングについては文科省、警察、自衛隊、そしてデータの取りまとめなどにおいては経産省を軸に、国民の皆さんに正確な情報をしっかりお伝えする。危険なら危険、安心なら安心、安全なら安全ということをしっかりお伝えする中で、冷静な対応をお願いすると。そういう意味からもこのモニタリングをしっかりして、お伝えすることは極めて重要だと、このように考えているところであります。

 さらに、食べ物、水、特に燃料に関して各地から不足の声が上がっております。現在、全力を挙げてその不足の原因を取り除くためにご努力をいただいているわけですけれど、特にまだまだ寒い中であります。色々な活動において燃料がないということは極めて支障をきたしますので、燃料が活発に提供されるよう一層の努力をお願いいたしたいと思います。

 さらに、計画停電に関しては東京電力では3日目にあたり、また東北電力も明日は回避できる見込みと聞いておりますが…。今日、明日は回避できる見込みと聞いておりますが、近いうちに実施をせざるを得ないという見通しでもあります。このように事態はいろいろな面でまだ厳しさがたいへんありますけれども、少しずつ前向きにも動いております。

 そして、これからさらに大きな復興に向けての動きに対しても歩み出さなければなりません。こうした大きな被害を受けた時に、その被害の大きさに打ちひしがれるのではなく、被害を乗り越えて、日本に明るい将来を作るんだと。そして、これを機にこの地震災害の前よりももっと、たいへん多くの犠牲者の上で、もっと素晴らしい日本ができたんだと将来、そういう皆さんにご報告ができるように全国民の皆さんと心を一つにして頑張り抜きたい。皆さんにも頑張っていただきたい。そのことを申し上げて挨拶とさせていただきます。どうか一緒に頑張りましょう」 


産経新聞より

> こうした大きな被害を受けた時に、その被害の大きさに打ちひしがれるのではなく、被害を乗り越えて、日本に明るい将来を作るんだと。そして、これを機にこの地震災害の前よりももっと、たいへん多くの犠牲者の上で、もっと素晴らしい日本ができたんだと将来、そういう皆さんにご報告ができるように全国民の皆さんと心を一つにして頑張り抜きたい。

管よ、なぜここで犠牲者の上でという悲観的な言葉を使うんだ?

首相という立場であるのなら

こうした大きな被害を受けた時に、その被害の大きさに打ちひしがれるのではなく、被害を乗り越えて、日本に明るい将来を待っているんだと。そして、これ以上の犠牲者を出さないよう心掛け、日本国民が一丸となってもっと素晴らしい日本ができると言う事を世界にご報告ができるよう、全国民の皆さんと心を一つにして頑張り抜きたい。

こういうべきではないのか?
今、被災者や国民に与えるべきことは絶望ではなく、希望ではないのか?その希望すら与えられないような人間はもはや首相の職に値せず。

しかも

枝野氏が仙谷氏の副長官起用を正式発表 藤井氏は首相補佐官に

自衛隊を暴力装置と呼び、支那、朝鮮に過剰な配慮を見せる人間が官房副長官?

参考:仙谷氏、東電怒鳴る=混乱にいら立ち-政府・民主

これではまるで、被災した日本国民より、救助に来た支那、朝鮮の救助隊や被災地にいる、支那、朝鮮国民を最優先にするというのと同義ではないのか?

これ以上日本国民と被災者を悲観にくれさせて何の意味があるのか。

もはや政権は信用に値せず。我々ができることは

1)現場で命がけの作業をおこなう、行ってる緊急車両の通行並びに被災者の避難を優先する為にも不要不急な自家用車使用の自粛
2)被災地域において雪が降ってきている以上暖房を止めさせないためにも節電をパチンコ等の遊戯系に呼びかけたりあるいは場所の解放を呼びかける
3)炊き出しなどを行い被災者並びに命がけの作業を行っている東電職員、警察官、消防官、自衛官、外国救助隊に暖を取ってもらい、休息の場所の確保する

これが我々、民間ができることではないのでしょうか。とにかく被害者や被爆者を最小限に抑えるためにも今、我々ができることを考え、実行しましょう。
Posted at 2011/03/17 20:07:57 | コメント(12) | トラックバック(0) | 時事関係 | 日記
2011年03月17日 イイね!

アメリカ大使館のメッセージ

在日米大使館、原発80キロ圏に退避勧告 自国民に

 在日米大使館は17日付で、東日本大震災に伴う福島第1原発の事故を受け、同原発の半径80キロ以内に住む米国民に対し、予防的措置として避難するよう勧告した。避難が難しい場合は、屋内への退避を要請した。

 同大使館は声明で、天候や風向きなどさまざまな条件が放射能汚染の範囲に影響すると指摘。低レベルの放射性物質は80キロ以上離れた地域に及ぶ可能性もあるとした。

 日本政府は同原発から半径20キロ圏に避難、30キロ圏に屋内退避を指示している。(共同)

産経新聞より

英語はさほど得意ではないので誤訳があるかもしれません(Sayuさん、びじょんさん、英語の得意な方間違っていたらご指摘のほどお願い申し上げます)

A Message to American Citizens from Ambassador John V. Roos - March 17
ジョン V. ルース大使からアメリカ市民(国民?)へ

The United States Nuclear Regulatory Commission (NRC), the Department of Energy and other technical experts in the U.S. Government have reviewed the scientific and technical information they have collected from assets in country, as well as what the Government of Japan has disseminated, in response to the deteriorating situation at the Fukushima Nuclear Power Plant. Consistent with the NRC guidelines that apply to such a situation in the United States, we are recommending, as a precaution, that American citizens who live within 50 miles (80 kilometers) of the Fukushima Nuclear Power Plant evacuate the area or to take shelter indoors if safe evacuation is not practical.

アメリカ原子力規制委員会(NRC)、エネルギー省並びに米国政府内の技術専門員の科学的、技術的な情報を元に精査、また日本政府の発信を元に調査した結果、福島原発の状況の悪化を想定し発信する。
NRCのガイドラインに基づき、米国政府は米国市民に対し、福島発電所から80Km県内に住んでいる人間は早急に退避、あるいは退去が困難である場合は屋内退避を命ずる

We want to underscore that there are numerous factors in the aftermath of the earthquake and tsunami, including weather, wind direction and speed, and the nature of the reactor problem that affect the risk of radioactive contamination within this 50 mile (80 km) radius or the possibility of lower-level radioactive materials reaching greater distances.

地震や津波の余波や気象状況、風向き、風速、炉心の問題を鑑み、放射能汚染が80Km圏内に達する恐れがある。また微量の放射能物質が80Km以上に飛散する恐れも考えられる

アメリカ大使館より

拙い訳で申し訳ないですが、これがアメリカ大使館から発表された情報です。
Posted at 2011/03/17 08:43:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | 時事関係 | 日記
2011年03月17日 イイね!

【応援メッセージ】今後の日本 - 募る不安をどう克服すべきか

これからどうなる福島第1原発 専門家「とにかく冷却を」「核暴走はあり得ない」

 海水注入による冷却が続けられている福島第1原発は今後どうなるのか。大震災の影響で、緊急炉心冷却装置(ECCS)が機能していないという「想定外」の事態に、専門家は「冷やすためにとにかく海水を入れ続けるしかない」と指摘。熱が一定程度まで下がるのに時間がかかる可能性はあるが、「核分裂反応は止まっており、チェルノブイリ原発事故(1986年)のような核暴走はありえない」としている。

 福島第1原発では、地震で外部からの送電とポンプで水をくみあげるための非常用発電機が停止し、十分に熱を冷やせなくなった。

 東電は1~3号機へ「最後の手段」である海水注入に踏み切ったが、核燃料が冷却水から露出した可能性に加え、3号機の原子炉格納容器が一部破損した疑いも指摘され、「スリーマイル島原発事故(79年)を上回る大事故」(フランス原子力安全局)との厳しい見方が強まっている。

 だが、大阪大学の宮崎慶次名誉教授(原子力工学)は「福島第1原発は核分裂反応を抑える制御棒が挿入され、自動停止した点がチェルノブイリと大きく異なる」と指摘。「核分裂の連鎖反応は止まっており、チェルノブイリのような核暴走の心配はない」と話す。

 一方、プールに保管中の使用済み核燃料の過熱によるとみられる放射性物質の拡散が観測された4号機については、燃料棒を覆っているジルコニウム合金製の被覆管が水蒸気と反応して発生した水素により損傷し、放射性ガスを放出。さらに、今後最悪のシナリオを想定した場合、燃料が溶け出し、外部に大量の放射性物質が放出されるおそれもあるという。

 それだけに、宮崎名誉教授は「なるべく早く、海水でもいいから水を注入して冷やさないといけない」と、冷却の必要性を強調。注水が遅れると水蒸気爆発のおそれもあるとして「現場の職員は大変だろうが、一時も早く事故を収束させてほしい」と期待する。

 使用済み核燃料が発する熱で蒸発した水を補うため継続的な注水が必要で、温度が下がってもしばらくは燃料を水の中に入れておかねばならない。宮崎名誉教授は「温度が一定程度下がるまでには長期間かかるかもしれない」とみる。

 では、温度を安定冷却できた後はどうするのか。

 IAEA(国際原子力機関)元事務次長の町末男氏は、「海水は不純物や塩分が混じった“汚い水”で、(再稼働には)全部洗い流さないといけない。再稼働させるには相当な経費が必要になるうえ、地元の理解も得られにくいのではないか。現実的には廃炉になる可能性が高い」と話す。

 チェルノブイリ原発では、事故を起こした原子炉を「石棺」と呼ばれたコンクリートで密封し、放射能ごと閉じこめた。だが、宮崎名誉教授は「もともとチェルノブイリ原発には原子炉格納容器もなかった。福島第1原発の(圧力)容器は損傷しておらず、『石棺』は必要ない」という。

産経新聞より

円相場、戦後最高値を更新 1ドル=77円台に突入

 16日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、円を買ってドルを売る動きが強まり、1995年4月19日につけた1ドル=79円75銭を約15年11カ月ぶりに更新した。その後急騰し、一時1ドル=77円台に突入した。

 東京電力の福島第1原子力発電所の事故が深刻化する中で投資家がリスクを回避する志向を強め、円を買う動きが進んだ。

産経新聞より

日本国にとって未曾有の国難となってしまったこの震災に多くの人間が不安を抱えているのは間違いない事実だと思います。ましてや政府においては

民主・岡田幹事長が連合会長と協議 「子ども手当の成立困難」

首相、東電の対応に「最悪、東日本はつぶれるという危機感が薄い」と強い不満 

この期に及んでも政局重視という不甲斐なさを露呈している以上、国民の不安は募る一方です。しかし、その不安に立ちすくんでいるだけでいいのでしょうか?

あり得ません

東電など作業員181人、危険覚悟で復旧作業 福島第1原発 

 東日本大震災で被災し深刻な事故が相次いでいる東京電力福島第1原子力発電所。日増しに放射性物質(放射能)漏れが広がる中、被害の拡大を少しでも食い止める作業には一刻の猶予も許されない。だが、原子炉周辺では健康に大きな影響を与えるほどの放射線が検出されている。深刻な被曝(ひばく)が確実な長時間の作業はとても不可能。多くの作業員は危険を覚悟の上で復旧に当たっている。

 東京電力や協力会社の社員らが現在、現場で復旧作業に当たっているのは1~3号機だ。使用済み核燃料を貯蔵するプールの水位が下がり、深刻な放射線漏れが懸念される4号機は、危険すぎて近寄れず、モニターで監視するしかない。

 1~3号機周辺も放射線量は極めて多い。3号機西側では15日、1時間当たりの放射線量が年間被曝限度量の400倍に相当する400ミリシーベルトを計測したが、16日午前時点でもこの数値は減っていない。

 福島第1原発では震災後、800人が働いていたが、放射線漏れを受け、15日午後からは注水作業などに携わる73人を残して撤退。厚生労働省が同日、作業員の労働基準を緩和したことを受けて16日からは181人が復旧作業に就いている。

 ただ、作業には制限が多い。作業員は防護服にガスマスク、ヘルメットに身を包み、被曝した放射線量を測定する計器を身につけながら作業を行う。例えば400ミリシーベルトの放射線量がある地域では、作業時間がわずか37分に限られるなど厳密なチェックが必要だからだ。

 作業内容は、消防車のポンプを格納容器の取水口に取り付けるものなど。1度つなげれば退避できるものの、燃料切れや水を送れないトラブルなどもあり得るため、近くで監視しなければならない。

 また、原子炉の建屋に隣接した2カ所の中央制御室は15日から常駐できなくなり、炉内の温度や水位をチェックするため、中央制御室で短時間の確認作業を行った後、すぐに戻る繰り返し作業が必要だ。

 原発建屋内の水素爆発で吹き飛ばされたがれきも作業の障害となる。がれきの中には放射性物質が含まれている可能性もあり、東電は16日、ブルドーザーなどの重機を使って2、3、4号機周辺のがれきを撤去する作業を始めた。

 安全性が強みとされる日本の原発。しかし、想定を超える事故に直面し、被害を最小限に抑えるための底力が試されている。

産経新聞より

政府、保安院、東電のトップマネージメントが責任の擦り付け合いや隠ぺい工作をしている間、現場の人間は命がけで作業を続けております。
また

「命つなぎ、生まれた」それでも聞こえる新しい息吹

こういう状況の中、生まれた来た命、救われた命もあるのです。
それ以上に

「なぜ略奪ないの?」=被災地の秩序、驚きと称賛-米

日本国民の民度の高さが世界中に伝わっています。

何も不安要素だけではないのです。
今、政治に求められているのは政局の為の政争や、保身のための行為ではなく

東日本地域の復興
内需をベースとした経済の立て直し
本来の日本人の良さを育てる教育

この3点が、東日本並びに日本国の復興のカギではないのでしょうか。

I. 東北地方の復興

先ず何よりも優先されるべきことは東北地方の復興であることは当然の事でしょう。問題は東北地方がどれだけ放射能によって土壌、水質が汚染されているのか見当が付きません。また、今後の4号炉の状態によっては更なる放射能汚染により被災者を被ばくの危険にさらすことになりかねません。
短期的にはあらゆる地方自治体、UR都市機構などに働きかけ空き住宅の受け入れを早急に推進することであったり、空き地にプレハブ住宅の建設、さらには民間にも空き住居や、独身者向けには孤独死をさせないためにも下宿先の確保などをするために税制の優遇措置を行い、疎開先の確保をすべきかと思います。

中長期的には、放射能汚染の駆除、工場や産業の誘致、農業の再開を促す政策をとり、東北地方の復興に力を入れるべきだと思います。

II.エネルギー問題

今回の原子力発電所の事故により反原子力団体がロビー活動を行うのは火を見るより明らかでしょう。しかしよく考えてみてください。火力、水力、風力、太陽熱、地熱だけで今の日本の電気需要が確保できるかどうか?火力は化石燃料を使う上に環境問題が大きい、水力も環境問題に影響がある上に発電能力は原子力に比べたら圧倒的に低い、風力はこの台風が多い日本でどれだけ効果があるのか、太陽熱は場所の確保が大変な上に、地熱は未だに実験段階。そうなると唯一安定的にかつ持続的に電力供給ができるのは原子力しかないわけです。
今回の事故に関しても原子力だからこうなったというよりも、なぜこのような災害が起きたのかと言う事を徹底的に検証し、二度と再発しないような仕組みを作ることが今後の課題ではないのでしょうか。
そのためにも今、日本にあるすべての原発で今回の震災を想定した検証作業を早急に行う事が最重要事項ではないのでしょうか。
日本の技術力を持って行えば、震災や津波にも耐えうる原発が作れることは可能だと思います。
安易に反原子力に走るのではなく、どのようにすれば災害時にも安定して電気を供給できるかという議論が今後の課題であるべきだと思います

III.経済問題

未曾有の災害の中、日本企業にとって大幅な円高は痛恨の痛みであるのは間違いありません。しかし、円が信頼されていなかったら本来なら手放されるはずのものが逆に円が上がっていると言う事は市場は円に対して信用していると言う事ではないのでしょうか。逆に言えばこれだけの円高の状況であるのならば海外生産や海外依存ではなく、国内生産、内需拡大を図るチャンスではないのでしょうか?
今回の災害で自動車や船などの輸送手段、家電、家具、そして家が失われたわけなのですから、海外投資ではなく、国内投資に切り替え、雇用の機会を与えることが復興に貢献することではないのでしょうか。状況が落ち着き次第、海外進出から国内における製造の増産、新工場の設立等が急務ではないかと思います。

IV.教育問題

これだけの災害が起きながらも日本では略奪や暴動も起き無いことは世界から羨望のまなざしで見られており、また、世界にとってはある種の脅威でもあります。なぜか?日本国民の中に先人から受け継いできた道徳の高さや、秩序を重んじる精神、そして危険を顧みぬ勇気を兼ね備えております。
今回の181人の作業員に対し、フランスのメディアはまるで神風だという風に論じておりました。これはまさに欧米諸国が脅威としていることであります。
なぜ、GHQがWGIP(War Guilt Information Program)を実行したのか。それは他でもない、日本人の行動力、統率力、団体行動が世界にとって脅威であったことに他なりません。つまりあれほどまでに自虐思考的な教育を行われながらも、今現時点で東電の作業員、自衛官、警官、消防官、命がけでこの未曾有の脅威に立ち向かっています。
Level7と言われた、チェルノブイリはあの事故が起きて30年近くも経っていますが、廃墟の町となっております。しかし広島や長崎はどうでしょうか?しっかり復興を果たしております。これは日本人の勤勉さと努力があったからこそできたものだと確信しております。
本当に小さなことを取り上げると、今回のみんカラにおける募金においても多くの方が賛同なさったからこそできたのです。つまり日本人の中にはまだまだ互助の精神などがまだまだ宿っているのです。
これがもし日教組教育が進んでいたら、もはやこのような精神はなかったと思います。
復興のカギとなるのは本来の日本人の良さである道徳心、郷土愛、そして愛国心を取り戻すことであって、封印することではありません。

総括

今、日本の政治家と日本国民に求められているものは何でしょうか
日本国の政治家に至っては以下の事が実施できる人間です

 日本国と日本国民の行く末に、平和と安全を。人々の暮らしに、落ち着きと希望を。そして子どもたちの未来に、夢を。

これなしに日本国の復興などあり得ません。

また日本国民に至っては、目的なき減税や聞こえがいい言葉に騙されず、自らの耳や目で情報を精査し、自らの信念と未来を見越し、そして投票をする。
また勤勉に働くことが日本経済の復活と日本国の復興につながると確信しております。

自分は政治の人間ではありません。いかなる団体にも所属しておりません。これらの事を書く事により議論や甲論乙駁、あるいは批判や非難が出ることは覚悟の上で書いております。偉そうな事ばかり書くなと言われるのは覚悟しております。

しかし、海外から見た自分としてはどうしてもここから何かを感じ取ってほしいという一心で書きました。



日本国民が力を合わせ、英知を集めれば必ずやこの未曾有な国難を乗り切れます。希望は与えられるのではなく、我々日本国民の手で作りましょう。日本人は不可能を可能としてきた国民です。必ずできます。どんな苦境でも絶対にあきらめないでください。必ずや乗り切れますから。
Posted at 2011/03/17 08:10:50 | コメント(2) | トラックバック(2) | 時事関係 | ブログ企画用
2011年03月17日 イイね!

世界、そして地方自治体から政府はどう見られてる?

ロシア紙 東電「賢明ではない」

 16日付ロシア紙イズベスチヤによると、東日本大震災後の福島第1原発からの放射能漏れについて、国営原子力企業ロスアトムの専門家は東京電力の初期対応が「あまり賢明ではなかった」などと指摘、対応のまずさが危機拡大につながっているとの見方を示した。

 チェルノブイリ原発事故の処理に当たった経験を持ち、日本へ支援に向かった専門家も「(日本側の)よく分からない理由」で日本への入国許可が遅れたといい、地震発生当初は日本の地震への備えや救助態勢を称賛したロシア各紙は日本の対応に疑問を呈しつつある。

 ロスアトム関係者は、事故当時、放射性物質を含んだ水蒸気を排出し、一刻も早く原子炉の水位を保たなければならなかったが、東京電力はおそらく、時間がたてば何とかなると考えたのではないかとの見方を示した。

産経新聞より

近隣諸国に募る危機感

ロシア 大使館員家族らの退避決定

タイ政府 日本行き乗客にヨウ素剤配布へ

フィリピン大使「職員退避を」 本国は「最後まで残れ」

仏、日本脱出用に臨時便を指示 安定ヨウ素剤1万個も

ドイツ大使館、国外退避検討を呼び掛け

5日以内にスイス上空に 放射性物質

IAEA 日本からの情報不足に不満表明

世界各国はすでに国外退去やヨウ素剤の提供を用意しております。これはどういう意味なのか?もはや日本政府の発表は信用に値せずとみられてると言っても過言ではありません。

表向きには日本政府や自治体の支持をと大使館サイドには書いてあっても本国ではそうは見られていないという事になります。
ましてや

三春町がヨウ素剤配布

 東京電力福島第1原発からの放射性物質漏えいで、福島県三春町が、放射性物質のうち甲状腺がんの危険があるヨウ素が体内に蓄積するのをある程度防ぐとされるヨウ素剤を町民に配っていたことが16日、分かった。

 三春町は原発から約50キロで、屋内退避を指示された地域の圏外だが、三春町災害対策本部は「万一の場合に備えて配布した」としている。

 ヨウ素剤には副作用もあるが、町は関係機関と協議の上、県が備蓄していたヨウ素剤を15日午後、町内8カ所で配布した。

産経新聞より

傍から見たら軽率な行動だとか、不安を煽るだのと言われるかもしれません。しかし地方自治体の任務は

市町村民の命を守る

これが第一に考えているからこそ、批判を受けることは覚悟の上でやっているという事でしょう。
つまり、地方自治体からも政府の発表に懐疑的になってきているといっても過言ではありません。
そんな中…

首相、東電の対応に「最悪、東日本はつぶれるという危機感が薄い」と強い不満 

枝野長官、分業指示だと釈明、健康への影響についてコメントしないよう文科省に指示したとの毎日新聞報道に 

今、こんなパフォーマンスばかりやっていて誰が信用できるのでしょうか。
IAEAからも信用ならぬという発言を受ける、海外からは続々と退去指令が出ている、いま、政府が行うべきはパフォーマンスではなく謙虚となりある情報すべてを公開し、世界に協力を仰ぎ、Level7に達することを回避することでしょう。

もはや世界のニュースでは一刻の猶予がないというニュースが流れています。
事実か事実じゃないかではなく、これが今、こちらで流れている情報の現実なんです。

今さっき、フランスのニュースを見ると東京がだんだんゴーストタウン化しつつあり、大半が大阪などの日本南部に逃げているという話が出ているくらいですから。
どこまで信憑性があるかはわかりません。ただ、言えることは

日本政府の発表より、フランス大使館などの外国の情報が正しいと思われつつあることです。
信頼を取り戻すには即

非常事態宣言を出す

これに尽きるしかないと思います。
日本国民は冷静に行動できる国民です。現実を直視できる国民なのです。嘘や隠ぺいが不安を煽ってるだけなのです。その結果が過剰な買い出しなどにつながっているのです。

冷静な行動を促すには事実の公開が不可欠なんです

もう、日本政府には早急に

非常事態宣言

を出し、全力で福島発電所のチェルノブイリ化を阻止することです…手遅れでなければいいのですが。
Posted at 2011/03/17 03:22:41 | コメント(5) | トラックバック(0) | 時事関係 | 日記

プロフィール

「高齢者の危険運転を低減させる提案 http://cvw.jp/b/205797/41920548/
何シテル?   09/07 14:26
どうも、在仏歴2X年を終えて帰国したHeeroと申します。 最近、みんカラの活動はほぼ冬眠状態です(;´Д`)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

タイヤ館 松本 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/03/29 03:29:38
 
アユミデンキ オフィシャルブログ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:14:08
 
アユミデンキ 
カテゴリ:メンテナンス・アフターマーケット関係
2011/01/27 18:09:57
 

お友達

ジャンルは幅広いです。
当方のスタイルがOKという方であればどなたでも。
142 人のお友達がいます
16nights16nights * kyupi5kyupi5 *
macモフモフmacモフモフ * mami☆あくせらmami☆あくせら *
ORANGE WOLFORANGE WOLF *みんカラ公認 マルちゃん@湘南マルちゃん@湘南

ファン

163 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーワゴン 三菱 ランサーワゴン
自分でも意外なメーカー、色の車を持ったと思います。 初三菱車、初AWDですが、乗りやすい ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
いつの間にか、2輪が増えました。 格安で購入できたのと、使い勝手がいいので、結構満足して ...
トヨタ アベンシス トヨタ アベンシス
ディーゼルのアベンシスです。 最後はあらばかり目立ちました。 VOC中毒、明らかな静粛性 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
デザイン的にも、価格的にも非常に満足できた車でした。 ただ、シート、トラブル続き、ディー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.