• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shiro4のブログ一覧

2016年04月29日 イイね!

かつかつじゃなく余裕持った買い物をしてみたい。

かつかつじゃなく余裕持った買い物をしてみたい。現在頭の中ではGLCとイヴォークの一騎打ち。
GLCは選ぶところがないので、いかにイヴォークのOPを上手くまとめてGLCと戦わせるか、というところ。
その意味では購入する楽しみがGLCにはありません。OP選びってつらいけど楽しいんですよね。

そんなことをしていると、本国ではイヴォークの限定車が発表になっていた!!これが自分の思い描いていたイヴォーク像にかなり近い(例によって価格以外(予想)。)

エンバー スペシャルエディション 
本国で今夏期間限定販売。ディーゼルですが、日本では2Lターボにコンバート??


HSEダイナミックがベースのこのモデル。これなら文句なしだな〜。

一方、出来が良すぎてつまらなく感じるGLCにもGLCクーペがあるじゃないか。


これなら一捻りあって退屈しないな〜。

こうして「特別」「自分ならでは」なんて考えていくと価格は自ずと上昇→→夢から醒めて現実へ。既にこれらは予算オーバー(予想)

そしてまだ諦められないマカン、究極OP削減トライも開始数秒で予算越え、なんだよこれ。
Posted at 2016/04/29 19:19:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ一般 | 日記
2016年04月28日 イイね!

乱立。2リッターターボSUV。

乱立。2リッターターボSUV。確かBMW X3 で産声をあげたお手頃サイズのSUV。
今やどのメーカーもこぞって発表する熱いジャンル。
さらに多くのメーカーが「2リッターターボ」モデルを用意。エンジン同じの4駆SUV、横ならびで比較すると各メーカーの思いが見えてきて面白い。今回はその中でも自分の気になるモデルをご紹介。

①メルセデス GLC

メガメーカーの強み、圧倒的な商品力を誇る「ザ・バランス」プリセーフティー機構も抜かりなし。エコ減税まである。「強すぎて面白くない」これが唯一の弱点か。

②レンジローバー EVOQUE

先進的デザインすぎたからか、個人的にやや飽きが生じていたイヴォーク。久しぶりにHPを見ましたがやはりカッコイイ。メーカーは「デザイン性」「格好良さ」に割り切った舵取りをしていますね。ドライブトレーン、形が全く同じでも5種ものバリエーションを用意しているのがなによりの証拠。GLCと同じ価格帯だとマッシブなHSEダイナミックに手が届く。
といいつつ、いまどきDVDナビだったり「穴」がパラパラと見受けられるのがやや不安。
この中ではハイリスクハイリターンモデル?

③ポルシェ MACAN

天下無敵「走り」重視のイメージ戦略。ただOP装着後に横並びさせちゃうと、とにかく「高い!」コストにはかなりの割り切りが必要。持てたらウハウハなんだろうけど。GTS欲しい・・・。

④ジャガー F-pace

アルミの軽さを利用して、デカイボディでやってきた。
ただこの車格を800万以下で手に入れようというのは虫が良すぎるか。デフォは2リッターディーゼルターボではなく、3リッタースーチャーなんでしょう。


やはり③④は、私のイメージする予算だと、必死に手を伸ばして手に入れる感がアリアリ。現時点では①②の一騎打ち。あとはQ7のナイスな出来からして、新型アウディQ5に大いに期待するのだけど、一体いつ日本にやって来るんだ・・・。
Posted at 2016/04/28 19:22:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ一般 | 日記
2016年04月25日 イイね!

些細な変更、小さなニヤリ。

些細な変更、小さなニヤリ。この春から生活が大変大変大変、もひとつ大変。
みんカラもこのままフェードアウトしてしまうのか、というくらい同時多発の課題が噴出。
やはり精神平穏でないとネタも思い浮かびません。
でも困った時のポルシェ頼み。
ちょっとしたリフレッシュをかけ、心が少し癒された。
果たして光は射してくるのか???

交換①
まずはようやくタイヤ交換を実施。

結局PS2にしました。製造年月は2016年第2週、サイドウォールの各種印字とたくさんの「髭」にしばしうっとり・・・馬鹿です。前タイヤは御年5歳のBS、一気に若返りました。アライメント調整も行って足回りは万全だ〜〜。

交換②
車検に合わせてオイル交換。
いつもながら交換後のスムーズなエンジン回転には感嘆。

調整③
先日uroさんGT3RSに座らせてもらった時のあまりのバケットシートのストイックさに感化され、いまだ現状ベスポジなのか解っていないマイシートを再度ねっちょりと調整。とりあえずバックレストは相当起こしました。さらに薄着に合わせて大腿まわり、腰まわりのサポートエア圧もアップ! う〜〜ん、タイトでやる気でます(^^)

こんな別になんてことのない変更なのですが、いずれも体内センサーと直結する箇所、三つまとまるとかなりの効果を体感できます。
「ターボは我が制御下に。」ドライバーにそんな錯覚を起こさせる人馬一体感。
3万キロ越えとなったものの、まさに今が旬のターボS。この春夏秋、堪能したいですね。
Posted at 2016/04/25 17:47:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 997ターボS | 日記
2016年04月02日 イイね!

謁見。

謁見。みん友uroさんのGT3RSが納車に。
納車時の車庫移動以外まだエンジンをかけていない!?というビカビカの新車を見せていただきました。
最新最高の911、どこもかしこも見所だらけ「いや〜、動いていないクルマにここまで胸高鳴るなんて。」とは以前ショールームで思ったことですが、身近な方の所有となると更に萌え上がります(恐るべき勘違い。)

「あの」ラバオレンジのあまりの鮮やかさに車庫内の白壁にオレンジが反射、あたりが朱に染まる、なるほど「ラバ=溶岩」だ。ソリッド系のオレンジ、いと美し。


走行距離19キロ!格好のみんカラネタ(^^)


シートから見える景色は「軽量化への拘り」と「豪華絢爛」のせめぎ合い。カラーステッチ、カーボンに高級縁取りボタン、これ以上なにを望むの??
ニューボタン「PDK SPORT」「PIT SPEED」押してみてぇ〜〜〜。


カーボンバケットシートは乗り降りしづらいし、リクライニングもしない。
でも「男道」「見映え」「存在感(カーボンが剥き出しでっせ〜。)」これでいいんですよ、uroさん(^^)


オーナーの現時点での一番のお気に入り、ツライチ具合とフェンダー隙間の狭さというより「無さ」。巨大リアウイングによるダウンフォースがさらにかかるとタイヤとフェンダーが干渉しちゃうのでは?と心配するくらいの凄まじさ。よく車検通るな・・・。


最後は無理やり収めたツーショット。パナメーラターボもPCCBですから世にも稀なるPCCB3台そろい踏み!?

それにしてもヒトのクルマで自分のブログ大作にしちゃう私の厚かましさも相当なもの。
でもオーナーの「流石」と思わせるきめ細やかなOP選択で仕上げられた最新991GT3RS、人にすぐ言いたくなっちゃうような素晴らしいクルマでありました。

まだ音も走りも見ていませんが、このクルマ、買いです!!1(買えないけど。)
Posted at 2016/04/02 13:21:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記

プロフィール

「@ごろん♪ さん 遮音ガラス!そんなOPもあるんですね!快適装備に疎いものでして💦」
何シテル?   01/15 14:06
shiro4です。愛車トラブルからブログスタート、水冷4駆系911にどっぷりはまり、2台の911を堪能。順風満帆に思えるも訳あってポルシェ浪人生活突入。2年のイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

サーキット用ホイールにTPMSコピー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/13 07:55:59
初の菅生サーキット ボクスターMT【車載動画有】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/15 17:25:09
SUGOコース攻略の検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/14 21:01:04

愛車一覧

ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン
2020モデル。718CaymanGT4初期ロット。ポルシェ歴16年にして初GT、初RH ...
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン
2017モデル。ポルシェに舞い戻り、お次はベンツ。V8ビターボの圧倒的パワー、車重をもの ...
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
2013モデル。色々な状況が絡みあい突如舞い戻ったポルシェワールド。自分の中では前車で完 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2011モデル。偶然が重なり獲得に成功。991カレラ4デビューフェアの最中にあえて997 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.