• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shiro4のブログ一覧

2016年10月30日 イイね!

初E。

初E。代車でNew Eクラスを借りました。
2.0リッター直4 E200 4MATIC アヴァンギャルド。Eクラスにこのエンジン、ひと昔前ならありえない組み合わせ。歴代Eの4MATICなんて大排気量エンジンとのセット販売しかなかったはず、イコール「高値の高嶺の花」 時代は変わったものです。
外観はオタクの私をしてもCとの見分けが付きづらい。これ見るとCのボトムアップって凄いものがあります。

私にとって「E」はもっと近づき難い存在だと思っていた(思いたかった)のに、正直GLCのコックピットから見える景色とあまり代わり映えしない。むしろデカイ分パーツパーツの隙間が目立つ? もっと立派であってくれよ〜〜、というのが乗り込んでみての第一印象。例のまな板のような液晶パネルは相当インパクトがありますがね。

エンジンパワー/トルクは十分。GLCマイナス100kgの車体を軽々と運びます。ただやはりダウンサイズ直4、官能性はゼロに近く、黙々と仕事をこなす黒子の様相。この車格にこのエンジンは無理があるかな〜、と考えちゃうのはもはや旧人類?? だってそういう拘りをなしにすれば、文句なしに走るんですから。静粛性はGLCより明らかに上。

足回りはスタッドレス換装済にて評価不能ですが、重心の低さなのか、足回りの良さなのか、GLCではしようとも思わないスポーツモードへの切り替えをしたくなっちゃいます。GLCよりはクルマが「走れ」と言っているのかもしれません。やはり「軽さ」に「低重心」は大切なんだなと。

関心所が液晶パネルと自動運転システムというのもこのクルマの特徴をよく表している点。
メーターはスポーツ、クラシック、プログレッシヴの3つから選択可能。


これがクラシックだと思っていたら実はスポーツ。わざわざSportという表示までしてあります。今回からカメラが速度制限標識も認識、表示されるようになりました。


プログレッシヴはまんま日本車。メルセデスがわざわざやらなくてもいいと思うんだけど、やってくるのがまたメルセデス。


最後はクラシック。クラシックというよりノーマル?いずれも非常に見やすいです。
走行距離はちょうど?991km(^^) このクルマで写真に収めてしまうとは・・・(汗


自動運転については拾うパラメーターが多くなったので、安定度は増した感あり。自動車線変更システムには結構感動。ウインカーをあげただけでクルマが勝手に隣の車線に入っていきます。

そんなわけで予想通り最新技術てんこ盛りだった新型Eクラス。今回の試乗総括は「車格にグレードがついていっていない。」かな(爆 ここまでベースがしっかりしたクルマなんだからエンジンも内装ももっと豪華じゃないと!反面、商品力は抜群で売れそうなのですが、だったらCでいいんじゃないの?って気もするわけです。
Eなら「ごろんさん」も狙うであろうAMG E43 4MATIC、これなら最高だな〜〜〜(^^)
緩いGLCのちょい上クラス、これが自分の身の丈に合っているのかな、とも思いましたね。



あっ、最後にEのシート、これは秀逸であります、素晴らしい! 室内にピンクの間接照明なんてこともできる、やる時徹底メルセデス。

Posted at 2016/10/30 13:51:37 | コメント(5) | トラックバック(0) | メルセデス | 日記
2016年10月26日 イイね!

TOKYO with みん友 (長文注意)

TOKYO with みん友 (長文注意)あらかじめ上京しますよ〜〜、とアピールしておいて、2年ぶりにluceさん、snufkin!さん、ASSHIさんに時間を作ってもらいました。みんカラだけの繋がりから始まった謎の集まり、会ってみてもやはり謎です(爆 でも至極心地良いのが摩訶不思議(^^) 六本木で今年のidlers耐久に参戦してたウラカンにもなぜか遭遇するという奇遇。

新千歳空港のパーキングの大混雑にてチェックイン時間に間に合わず予約席が流され、どこでもいいから乗せてと頼みこんで予定便に滑り込んだ波乱のスタート。

東京到着後はsnufkin!さんとの接触予定が、私の鳥居間違いでしばらく会えず・・(汗 せっかく高い所に登りアヴェンタピレリエディションを激写しようと待ち構えていたのに。あんなに目立つ目印(クルマ?ヒト?)を見つけられない自分にガッカリ。でもガッカリはここまで、ここから深夜2時?までハイテンションなTOKYOライフ!いや〜、濃厚でした。

snufkin!さんに導かれるまま、開け方すらわからないガルイウングドアを開けてもらって助手席へ滑り込みます。(皆さんご安心を、今回は厚かましくも運転させてもらったということはありませんから(^^))
見える世界は非現実すぎてもう訳わかりません(爆
見てください、この路肩の柵の高さ。この車がどれだけ低いクルマかがよくわかる絵。
ナビの字体がアウディと共通であることに多少ホッとするものの「どこにでもカーボン」「赤ステッチついでに赤ロゴ」そして戦闘機を彷彿させる無数のボタン群にもうクラクラ。

そこにV12の咆哮ですから・・・って、意外や意外、音はジェントル。室内で聴こえるその音は気恥ずかしさを感じさせる爆音というよりは、機械の上質さをギュッと詰め込んだ心地良いサウンド。snufkin!さんは多少物足りなさを感じるかもと仰っておりましたが、私はたまらなく好きですね〜、この感じ。このあたりもドイツの息がかかっている箇所なのかもしれません。(それでも轟音ですよ・・・。)

さらに走りも極めて上質。先日GT3RSに「試乗」させてもらいその足回りを絶賛したわけですが、それに劣らぬ抜群の乗り心地の良さ。なおかつ4駆ですから安心感は抜群ですね。マクラーレンといいポルシェといい最新スーパーカーの足回りセッティングの妙には脱帽。駐車場に停める時のハンパないヒヤヒヤ感とは対照的(爆 

興奮しない方がおかしいアヴェンタでの首都高、その行き先は私がリクエストしていたみんカラおなじみ大黒ふ頭PA辰巳PA正直見られまくり(汗 私のような自意識過剰人間には目の前の獲物を舐めるように眺められない歯がゆさがあり、男二人っきりの場所を選べばよかったのかとやや反省。でもクルマ好きが集まるあの雰囲気、一度は目立つクルマで体感したかったのです。

これこそ私のイメージする「ザ・辰巳」スーパーカーにイイ男、バックに高層ビル群(^^)

見られる気恥ずかしさを存分に味わった後はまさかの968で登場したluceさんとの合流、う〜〜ん、盛りだくさん(^^) よくトラブルなしに来れましたね、luceさん。

正常な思考回路ではまず交わることのないであろう謎のツーショット。どちらも色々な意味で絶滅危惧種、この危うさ、希少感が魅力的。

アヴェンタ、低っ、広っ!! 968がアヴェンタを威嚇する?という珍場面も体感し、東京クルマ道楽、これにて大団円(^^)

あっそうそう、968の印象といえば、役立たず号という可哀想なイメージが非常に強かったため、助手席でその走りを体感させてもらうとちゃんと走るし、そこそこ速いじゃないの?という「見直したぞ」インプ。「ソリッド感」現代では希薄になってきた味ですね。

この豪華すぎる前菜のあとには「六本木の夜」
みんカラなので割愛しますが、時を忘れる盛り上がり(自分だけ?)だったことは言うまでもありません(^^)
Posted at 2016/10/26 15:54:52 | コメント(4) | オフ会 | 日記
2016年10月20日 イイね!

たまげたっ!!

たまげたっ!!いきなりの冬、かなりいきなり。
まだタイヤ交換している人は皆無と思われる中、街中でこんなになった!
さすがに凍結はしていないものの、夏タイヤでこの道を自由気ままにという気はしない、アクセルもブレーキもおっかなびっくり。GLCのABS&TCS作動も初体験。
北海道人はスタッドレスタイヤが常識なので、意外に夏タイヤでの雪道体験は少なく、私もここまでの雪道走行は初めてかも。免許取りたての頃に今回と同じ予期せぬ夏タイヤの雪道で「交差点左折どアンダー→→対向車線突入」という苦い思い出がありますが・・・。

とここでメルセデス小話。
現行メルセデスのフロントグリルにデカデカと奢られるスリーポインテッドスター。これはデザイン上だけではなく、レーダー射出装置の格好の隠し場所になるというメリットがあるのですが、ここに雪が付くとこんな表示が出現。

営業さんにはよく聞いていた話なんで、どんだけ雪がついたんだと、確認してみると・・。


たったこれだけ〜〜〜。苦情が多いのも頷ける・・・。
でも雪道でディストロニックは使わないよな。


ほんの3〜4日前はこんな感じで、今年の紅葉はおせ〜な〜、と思っていたのに。近年の天気の乱高下にはビックリさせられます。
そして関東地方は30℃近かったとか・・・、この違い、ありえません(汗

最後にもひとつたまげたっ!!

こんなスタート、ありえないっ!!
Posted at 2016/10/20 21:54:43 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ一般 | 日記
2016年10月05日 イイね!

911R 当選。

911R 当選。まあご存知の方はご存知だと思いますが・・・。
ポルシェジャパンからの当選連絡なんてこんな事くらいしかないですから・・・。
911Rってのも嘘ではないですから・・・。
ブログを書く者としてはいわゆる格好のネタなわけですから・・・。
でも衝撃のGT3RS試乗と同時期にこんなの送ってきてポルシェって会社はどこまで罪作りな会社なんだろう。

911Rに関しては、登場時にやれパーツの使い回しだの、マーケティング先行の賜物だの、外野として思いっきり叫ばせてもらっていましたが、以下の動画、そして同エンジンを搭載したGT3RSに乗らせてもらった今、全面的な前言撤回をさせてもらいたい気分です。
この動画を見ているだけであの興奮が蘇ってくる・・・。




で話は戻って「911Rのポスターが当たったハナシ。密かに見つけて密かに送っていたポルシェジャパン主催の911フォトコンテスト、この景品が届いたってこと。カレンダーもやたらとデカイが、オフィシャルポスターもデカくていつも貼らないうちにクチャクチャ。今回はそうならないうちに額縁に封入(^^) それがこちら。

フロントビューとこのリアビューの2枚入り。当初はフロントでしょ、と思っていたのですが、一目見るなりリアビュー採用、やっぱり911はケツですね!!

そして今回応募した写真はこれ。




じゃなくてこっち。

このシチュエーション、被る写真はそうないだろうと。そしてお題は「いつでもどこでも」を入れたものに。かんこさんが愛した911との関係性。もうあれから1年です・・・。

Posted at 2016/10/05 22:55:54 | コメント(5) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2016年10月01日 イイね!

夢叶う。〜GT3RS○開試乗〜

夢叶う。〜GT3RS○開試乗〜しばらくGLCに身も心も染まっていましたが、みん友uroさんのご好意で、なんと彼の愛機「991GT3RS」を運転する機会に恵まれました!!自分としては助手席同乗できるだけで本望、というつもりだったのですが、「どうぞ運転してください。」と・・・ガクブル。
ビビりつつも欲望には勝てず、あつかましくも暖気を済ませてあるドリームカーのコックピットへ(笑笑笑

豪華レザー&アルカンターラの内装を傷つけないよう肉をよじらせながらカーボン剥き出し軽量バケットシートに着座。この辺りはターボSで鍛えられています(爆
ドライビングポジションは直ぐにバッチリ決まり座って感じる驚きはターボSとの共通性。「やっぱり911だ〜。」とにかくしっくりきます。


いよいよ4.0リッターNA500psのスーパーエンジンに鞭を入れる時が。ここで最大の驚き「アクセルベタ踏みできるじゃん???」アクセル開度と加速感がリニアなので怖さを全く感じない、トラクションが抜群で力が逃げてる感じがない、制御も気づく範囲で入らない。微妙なアクセルワークでエンジン回転数をコントロールする心地よさ、超高回転での噎び泣き。これぞNAの真髄、感涙もの。ターボだとこんなふうに「全てが我がコントロール下に」と錯覚するようなことはありません、アクセル開度と加速度がどこか乖離しているのですね。だから暴力性はターボに分あり。
さらにはuroさんとも意気投合した点、足回りの秀逸さ。「メチャクチャ乗り心地がよいじゃないですか!」もしかするとターボSよりソフトかも。かといって走りへの手抜きは一切なし、これはある意味マジック!!


そしてアクセルベタ踏み可能が確認できたらもう怖いものなし(汗 というのも車両感覚はターボSと変わらず、PCCBのフィーリングも同じ、500psにはもう慣れている(爆 運転感覚の根幹は意外にも極めて似ていて「ターボSをあらゆる面で研ぎ澄ました感じ」とでも言えましょうか? だから最初から自分のクルマのように思いっきり踏める(厚かましいにも程がある。)、長年の911修行は無駄ではなかった(^^)
これプラス「音」に並々ならぬ拘りのあるuroさんにより細工されたマフラーによる爆音。フェラーリとまた違う派手さのない爆音?? 恒例のトンネル内○速も行いましたがまさに鬼に金棒、気持ちよすぎる(^^)

ということでホントに驚きの大きかったGT3RSとのコンタクト。もっともっとサーキットに特化したクルマと思っていた予想が完全に外れました。これなら一般道でも十二分に快感を味わえる。考えてみればこれが私にとって初のGT系911試乗、GT系の敷居の高さが完全に取っ払われました。このクルマ反則です。
外観よし、内装よし、エンジンよし、足回りよし、ブレーキよし、ハンドリングよし、乗り心地よし。フェラーリもマクラーレンも試乗(×所有)しましたが「オレにはこれだな。」そう思わせるインパクトがこのクルマにはあります。ポルシェ狂にはたまらない一台。


改めてGT3RSサイコ〜〜〜〜(^^)
Posted at 2016/10/01 15:06:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記

プロフィール

「@4rings さん 今からリンク頼んだら来年ですよ💦 その頃にはタイカンに変わってるかもしれないですし😜 あとJCRのリンクは見かけ保守的なのでアクラポが好みです。」
何シテル?   01/21 13:34
shiro4です。愛車トラブルからブログスタート、水冷4駆系911にどっぷりはまり、2台の911を堪能。順風満帆に思えるも訳あってポルシェ浪人生活突入。2年のイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

サーキット用ホイールにTPMSコピー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/13 07:55:59
初の菅生サーキット ボクスターMT【車載動画有】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/15 17:25:09
SUGOコース攻略の検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/14 21:01:04

愛車一覧

ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン
2020モデル。718CaymanGT4初期ロット。ポルシェ歴16年にして初GT、初RH ...
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン
2017モデル。ポルシェに舞い戻り、お次はベンツ。V8ビターボの圧倒的パワー、車重をもの ...
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
2013モデル。色々な状況が絡みあい突如舞い戻ったポルシェワールド。自分の中では前車で完 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2011モデル。偶然が重なり獲得に成功。991カレラ4デビューフェアの最中にあえて997 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.