• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

エイジングのブログ一覧

2022年05月10日 イイね!

車中泊とバイクツーリングを同時に楽しむ旅 ④ 北海道の林道をセローで楽しんできました 【糸魚沢林道・リルラン林道】

車中泊とバイクツーリングを同時に楽しむ旅 ④ 北海道の林道をセローで楽しんできました 【糸魚沢林道・リルラン林道】

Nバンにセローを載せて行く

浜中町への車中泊の旅。


GWはすでに終わってしまい

もう後日談ですが・・・


このシリーズも

4話目を迎えました。


今回はセローで林道を

走った様子を紹介します。


・・・


旅の初日の夕暮れ時

車中泊をする

霧多布岬へ戻りました。


Nバンを停めた

岬の駐車場へ向かい

車中泊の準備を開始。

alt

セローを外に置いて

この場所で寝たけど

意外と快適です (笑)


しかし

残念なこともあった。


近くの食堂が閉まっていて

夕食を泣く泣く諦めたのだ。


という訳で ?

alt

クーラーボックスにあった

ビールと手持ちの菓子で

飢えをしのぐことに (悲)


・・・


一夜が明けて早朝の様子。

alt

霧多布岬と言う名の通り

すごい霧でビックリする。

この時の気温は3℃ !


さて今日は待ちに待った

林道走行をする日です。


糸魚沢林道 15km

リルラン林道 7.4km


この2本をつないで

浜中町から隣の厚岸町へ

抜ける作戦なのだ。


・・・


道道123号を厚岸方面へ

進むと、あの霧が晴れて

テンションが上がった。


ところがいきなり

糸魚沢林道の入り口を

発見できないアクシデント。


このトンネルの上に

林道があるはずだが・・・

alt

さてどうやって登るか

それが問題です。


道は無いけど行ってみた。

トンネルや人家がはるか下に

見えています (汗)

alt

alt

あれれ

もうひとつ山があるじゃん。

┓( ̄∇ ̄;)┏


木が生い茂っていて

さすがに無理なので

一旦降りることにした。


・・・


その後

トンネルを抜けて反対側へ

alt

まともな道が

ちゃんとありました (笑)


登りきると予想通り

トンネルの上へ出た。


先ほど断念した場所を

確認してみます。

alt

なんだよ、これなら

下から登れたかも。

(ヾノ・∀・`)ムリムリ


そして林道の

入り口を無事に発見。

alt

alt

少し進むと

こんな箱があった。


入林届とは珍しい。

alt

真面目なので

ちゃんと記入する (笑)


開いてるゲートを抜けて

さーて、走りますか~

alt

路面はむき出しの土と

深い砂利の部分が交互に

やって来る感じ。


と言っても

フラットダートなので

まったく問題ないです。

alt

それにしても天気が良い ♪

あのいやらしい霧は

どこへ消えたのだろう。


・・・


ただ普通に林道を走るのも

なんだか退屈です。


そこで自分の走るルートを

高いところから眺めてみた。

alt

これでは

高低差が分からない ?


別のアングルから

撮った写真です。

alt

実は、登るより下りる方が

怖かったりして (・∀・)ニヤニヤ


この糸魚沢林道は

伐採作業の為にゲートを

開放しているようだ。

alt

切ったばっかりの

樹木の香りを楽しみながら

しばし休憩しました。


・・・


林道入り口から

10kmほど走ると

初めて分岐が現れる。

alt

左手のリルラン林道を行けば

海側にある厚岸町へ

下りることが出来ます。


しかし、ここは通り過ぎて

厚岸湖を望める神居岩林道の

分岐を目指すことにする。


さらに直進して

2kmほど走ると

alt

ここが

神居岩林道の分岐です。


糸魚沢林道を左に曲がり

神居岩林道へ入る。

alt

わーっ、ゲートじゃん !

横を通れば行けるけど

自重して止めました。


なんたって真面目ですから・・・

本日2回目の自画自賛 (笑)


・・・


そのままUターンして

先ほどスルーした

リルラン林道の分岐へ戻る。

alt

ゲートが無いことを祈りつつ

リルラン林道を進みます。


それでは

下界へ戻りしょう。

alt

リルラン林道は

アップダウンがあり

コーナーも多めです。


幸いゲートは無く

7.5kmを走り切りました。

alt

alt

こちらの道道123号を

左に曲がれば浜中町へ戻り

右は厚岸町市街へ向かいます。


右に曲がり厚岸町の

あやめヶ原という場所へ 到着。

alt

お目当ては放牧されている

道産子(馬)と絶景の海です。


でもね、一度消えた

「あの霧」 が再び悪さをします。

(*‘ω‘ *)ぃゃーん


その辺の話は

次回のブログまで

少々お待ちください。


それにしても長々と書くわりに

サッパリ話が進みませんね (爆)


旅は続く・・・



プロフィール

「すっごいトキトキの岩の上を歩いて振り返ったら、富良野岳が見えました ♪

現在の標高1800m。ベースキャンプはもうすぐです ( ^ω^ )」
何シテル?   06/26 10:59
50歳を目前に、勤めていた建設会社が倒産! 一念発起して、20代のころから趣味でやってきた 「バイク再生」 でこの一年食いつなぎました~。 今回おかげさまで再...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/5 >>

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

愛車一覧

ホンダ CRF250X ホンダ CRF250X
2004年製のCRF250X(逆輸入車)です。かなりレアな車両でレーサーなのに公道を走れ ...
ホンダ N-VAN ホンダ N-VAN
車歴29台目にして初めての軽自動車、初めてのホンダ車です。 バイク好きのためのクルマ・ ...
ホンダ XR50 モタード ホンダ XR50 モタード
XR50モタード改80です。 もともとプロの方が乗っていた物を 更に手を加えて再生した車 ...
ヤマハ セロー ヤマハ セロー
こちらのセローは1989年型です。地方のバイク屋に10年以上眠っていたボロの不動車をレス ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.