• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

エイジングのブログ一覧

2021年06月30日 イイね!

【ホンダ ゴリラ】 腰上OH&ド派手シートの巻 ( *´艸`)ムフフ

【ホンダ ゴリラ】 腰上OH&ド派手シートの巻 ( *´艸`)ムフフレストア中のゴリラ

久しぶりの登場です。


今回はエンジンのオイル漏れと

ピストンリング音を解消します。


先週は山へ行ったので手付かず

腰上をバラしてから

すでに10日が過ぎている (汗)


88cc 52Φ

ピストンリングのセットは

とっくの前に届いていた。

alt

30年近く前の部品でも

出るもんですね。

さすが武川さんスゴーイ !


・・・


リングセットを交換して

シリンダーを挿入します。


でも、その前に ?

alt

オイルストーンを使い

しっかり面出しをする。


ピストンリングが

新品なのでキツキツです。

alt

alt

ガスケットも新品になったし

これは期待が出来ますね。

v(=^0^=)v


・・・


トルクレンチを使い

腰上を組みます。

alt

alt

ここが肝心なところ。

適当に締めていると

エライことに・・・ (≧◇≦)


圧縮上死点を出しつつ

alt

カムチェーンと

カムスプロケットを取り付ける。


エンジンを掛けてみたら

リング音は消えていた。

alt

とりあえず腰上を開けた

甲斐があったぞ (嬉)


・・・


前オーナーによって

あんこ抜きされ

しかも破れていたシート。


それを何とかする為に

投入したのはコイツです。

alt

alt

オオォォヾ(゚Д゚ヾ)(ノ゚Д゚)ノォォオオ 

真っ赤なシートだ。


これは新同のシートベースに

生地を張替えたもの。

alt

ヤフオクに出ていたけど

色がド派手だからかな ?

安く買えました (*^m^*)


タンクが黒だけに

悪くないかも・・・

alt

えっ、なになに

くまモンバージョンみたい ?


はい、その通り。

赤と黒の組み合わせは

パクらせてもらいました (笑)


・・・


この日は現場が早く終わり

18時過ぎから作業をスタート。

alt

腰上組付け1時間

シート交換は10分。


日の長い時期なので

助かりました~ ♪


これで週末はどこかへ行って

ゴリラと遊べそうです。

( ̄∇+ ̄)vキラーン


おしまい。



2021年06月28日 イイね!

心の洗濯をする為に山へ行ったのに・・・ ( ̄∇ ̄*)ゞダメダコリャ

心の洗濯をする為に山へ行ったのに・・・ ( ̄∇ ̄*)ゞダメダコリャ前回ブログの続き。

登山シリーズ最終回です♪


十勝連峰に夜明けが

やって来ました。


昨晩泊まった

上ホロカメットク小屋の

すぐ前の雪渓へを歩く。

alt

朝日が雪面に眩しく反射する。

幻想的な雰囲気に感動・・・


午前6時を過ぎると

すっかり明るくなった。

alt

いよいよ、このサイトとも

お別れなんだな。


上ホロカメットク山から

つながる巨大な雪渓。

alt

ここをトラバースして

下山の途につきます。


グングン高度を上げて

一息ついて振り返ると

避難小屋が遠くに見えた。

alt

奥に鎮座する十勝岳登頂は

叶わなかったけど


まあそれ以上に

素晴らしい出会いがあったし

もう十分に満足です 
(=^..^=)


・・・


前日に続き

再び上富良野岳へ到達。

alt

この時点で午前7時

さすがに誰もいない。


上富良野岳の直下に見える

D尾根と呼ばれるルートを進む。

alt

Nバンを停めている

凌雲閣の白い建物が

遥か彼方に見えた。


ここからは富良野岳を

左手に望みながら延々と

雪渓の下りが続きます。

alt

うーん、名残惜しさと共に

達成感が湧いてきたぞ。

v(=0=)v


上ホロカメットク避難小屋を

後にして、3時間が経過。

alt

alt

無事に愛車の元へ

到着でーす ♪ ヾ(*'▽'*)ノ


・・・


これまで3話に及ぶ

ブログを見て頂き

ありがとうございました。


最後に札幌へ戻った際の

後日談を少し紹介します。


仕事が始まった

月曜日の昼下がり。

alt

やって来たのは

札幌市白石区にある

「 定食や 」 さんです。


山では最低限の

食事を摂ることしか

出来ませんでした。


というワケで・・・

その反動がハンパないんだな。

alt

いつものように生姜焼きと

ザンギを頼んでみました。


・・・


ご飯はMAXの

600gをチョイス。

alt

久しぶりに味わう

炊きたての白米に

テンションが上がるぅ~♪


ごちそうさまでした。

また来まーす ヾ(*'▽'*)ノ 


・・・


非日常の世界に身を置くと

いつも食べていたランチでさえ

とてもありがたく感じます。


でもね・・・
 
alt

山でこんなランチが

もし食べられたら

それこそ最高なんだけど。


人間の欲望には

キリがないのだ (爆)


おしまい。




2021年06月28日 イイね!

人生は偶然の連続だから面白い。一流と呼ばれる人の本当の姿とは? (● ´艸`)

人生は偶然の連続だから面白い。一流と呼ばれる人の本当の姿とは? (● ´艸`)先週の6月26日 ・ 27日

すばらしい青空のもと


十勝連峰の登山を終えて

札幌へ戻ってまいりました。

 
ここからの内容は

前回の続きになります。


・・・


この日の宿泊地となる

上ホロカメットク避難小屋前。


そこでビールを飲んでいた

私の目の前に

田中陽希さんは現れました。

alt

彼は NHKのドキュメンタリー

グレートトラバースで活躍する

アドベンチャーレーサーです。


でも、この経歴については

ファンの方から教えて貰ったのね。


それでもピンとこなかったのは

ここだけの話です (苦笑)


・・・


サイト先着は私でしたので

田中さんの方から

丁寧な挨拶を頂きました。


2人が小屋の前で

話をしていた際の一コマ。

alt

えっ、何してるの ?


実は、こんなのが

突然現れたのです。

alt

田中さんはGoPro

自分は携帯を使って

リスを撮影している様子 (≧◇≦)


・・・


私が泊まる避難小屋の前に

田中さんがテントを張る。


そんな嬉しい縁もあって

この日の出来事に加え

今後の予定を話して下さいました。


・ 縦走なので荷物は30㎏ある

・ 富良野岳できれいな花を見てきた

・ トムラウシを経て層雲峡まで行く


これらの話題の他には

「雪渓の水場はどうしたの ?」

なんて質問されたり・・・


お答えはしましたが

決して私はココの

ヌシじゃないですから (笑)


・・・


この日は寝る前にも

声をかけてもらう。

alt

「朝何時に起きて行動します ?」

もしこちらが先に出る場合

騒がしかったらゴメンナサイ。


彼のそんな細やかな気遣いに

人柄の良さを感じました。


あっ、それと写真の通り

ガスが湧いてきて星空観察は

結局ダメだったんだな (泣)


・・・


えーっと、今度は

私の晩飯の話です。


小屋の2階に陣取って

定番のカレーを作ります。

alt

alt

よく見ると右脇に

ワインのボトルが・・・


だから荷物が

20㎏を超えるんだって (笑)


はい出来ました。

alt

棒状の物体は

温めたサラミなんですよ。


しかも、酒のつまみ用に

もう一本持って来てます。

(≧∇≦)ノ彡 バンバン!


・・・


翌朝6時の風景。

alt

田中さんを先頭に皆さんが

十勝岳 ・ オプタテシケ山へ

向けて出発します。


いってらっしゃーい

気を付けて~ ♪

alt

人生は偶然の出会いの連続だ。

その道を極めた一流の人と

出会えて良かった (=^..^=)


この縁で学び、感じたことを

自分の財産にさせて頂きます。


・・・


さて、私も続いて

上ホロカメットク小屋を

出発することにしよう。

alt

しかし、予定していた

十勝岳へは行かず

下山することにしました。


右膝裏の筋が痛いので

足があまり曲がらないのね。


力の衰えは如何ともしがたい。

うん? それとも・・・


欲張って持ってきた

酒が重すぎたのかも~ (爆)


登山はつづく。


2021年06月27日 イイね!

登山中に出会った人。何も知らないって最強なんですね(汗)

登山中に出会った人。何も知らないって最強なんですね(汗)お知らせした通り

十勝岳方面へ ♪


テント泊を楽しむために

登山へ行ってきました。


おかげさまで今は無事に

下山してブログを書いています。


今回は予定変更して

上富良野岳を直接狙わず

少し遠回しすることに。

alt

青い線の行程では

単なる往復だし面白くない。


そこで、更なる変化を求め

富良野岳の分岐経由で

十勝岳へ向かいます。


この時期ならではの

風景が目前に広がる。

alt

雪渓の上を歩いて

富良野岳と美瑛岳を望む。


目的地の十勝岳も盛大に

噴煙を上げていました。

alt

なーんて

カッコつけてるけど・・・


ビールやら食料を持ちすぎて

ザックの重量は20㎏を

ゆうに超えています (*T∇T*)


・・・


十勝岳温泉登山口から

歩くこと3時間。

alt

稜線へ出て富良野岳と

上ホロカメットク山の

分岐点へ到着しました。


ここからは

幾つものピークを越えて

上ホロ避難小屋を目指します。


トキトキに尖った

岩場の尾根を歩く。

alt

一息ついて振り返ると

富良野岳が綺麗だった。


そして、この先には

十勝岳があるのだ。

alt

でも近いようで遠いから

厄介なんだよね (笑)


・・・


三峰山の山頂。

alt

富良野岳が遠くに・・・

頑張って歩いた証拠だ。


次は

上富良野岳の山頂。

alt

昼になったので

軽くパンで昼食を済まします。


次のピークは

上ホロカメットク山だが

そこへは行かず

alt

右のルートを選択して

キャンプ地の避難小屋へ進む。


・・・


ベースキャンプの

上ホロカメットク避難小屋が

写真中央に出現した。

alt

alt

えっ、よく見えない ?


そうこうしているうちに

巨大な雪渓を歩いていたら

着いちゃいました。

alt

花とか風景を撮っていたので

もう午後の一時半だ (汗)


ここは無理をせず

十勝岳登山を諦めて

キャンプ地でゆっくりしよう。


ところがですねぇ・・・

alt

メチャメチャ風が強い !

テントが山用じゃないので

使い物にならなかった (泣)


もうこうなれば潔く

避難小屋をお借りします。

(・ω・`=)ゞ


・・・


まずはビールですね。

alt

alt

おいおい

何本もってきてるのさ~ (笑)


カチカチに凍らせた

ポカリに抱かせていたら

冷たいまま持ってこれました。


こんな感じで

まったりしていると。

alt

目の前に筋肉質の

とある人物が !?


実はこの方と、ご縁があって

交流を深めるのですが・・・


なにやら

すごい人らしいです。

(ΦωΦ)キュピーン


まあ、その真実は

次の日の別れ際に

分かったんですけど~ (爆)


波乱万丈の登山はつづく。



2021年06月25日 イイね!

魔法の小さなサービス o(≧∇≦)○ヤッター

魔法の小さなサービス o(≧∇≦)○ヤッターmyザックに山の装備を入れ

準備してみました。


ノッポの形状にはなったけど

テントを含めて全部入ったよ。


あっ、すみません。

訳が分からないですよね (汗)


前のブログでも書きましたが

明日から十勝岳へ行ってきます。

( ̄ー ̄)ゞ-☆


・・・


ザックを体重計へ載せてみると

見た目ほど重くなかった。

alt

147㎏じゃないですよ (笑)

14.7㎏なら3時間ぐらい

担いでも何とかなりそうだ。


・・・


話は変わり

今日のランチは青島飯店さんへ ♪


いつもとは違って

チャーハンを付けずに

広東麺を単品で頼みました。

alt

一年ぶりに登山をするので

少し緊張したのかな ?

あまり食欲がありません。


すると横から、女の人の声で

「ライスを付けますか ?」

そんな囁きが聞こえてきた。


でた、女将さんだよ。

という訳で・・・

alt

ここでサービスの

小ライスが登場 (≧◇≦)


毎度、大食いだから

足りないと思ったのだろう。


むむむ ???

alt

うわー、器が小さいのに頑張って

盛ってくれてるぅ~ (嬉)


・・・


ふと気が付けば

いつの間にか食欲が復活 !


きっと、女将さんの温かい心が

山への緊張感を解いてくれたのだ。

(´✪ω✪`)キラキラ


これでリラックスして

十勝岳登山が出来そうです。

alt

女将さん、ごちそうさま。

それでは行ってきまーす !  


おしまい。


プロフィール

「すっごいトキトキの岩の上を歩いて振り返ったら、富良野岳が見えました ♪

現在の標高1800m。ベースキャンプはもうすぐです ( ^ω^ )」
何シテル?   06/26 10:59
50歳を目前に、勤めていた建設会社が倒産! 一念発起して、20代のころから趣味でやってきた 「バイク再生」 でこの一年食いつなぎました~。 今回おかげさまで再...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

愛車一覧

ホンダ CRF250X ホンダ CRF250X
2004年製のCRF250X(逆輸入車)です。かなりレアな車両でレーサーなのに公道を走れ ...
ホンダ N-VAN ホンダ N-VAN
車歴29台目にして初めての軽自動車、初めてのホンダ車です。 バイク好きのためのクルマ・ ...
ヤマハ セロー ヤマハ セロー
こちらのセローは1989年型です。地方のバイク屋に10年以上眠っていたボロの不動車をレス ...
ホンダ ゴリラ ホンダ ゴリラ
20年以上倉庫に眠っていたゴリラを譲り受け、レストアを行いました。エンジンパーツに関して ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.