• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くづのブログ一覧

2019年01月13日 イイね!

『バンディット』 走るコタツ。常時化

『バンディット』 走るコタツ。常時化この画像だけじゃ、わかンないですよねー (挨拶)

先月(あ、ちょうど一カ月前だ)購入した「RSタイチ e-HEAT グローブ」。バイク通勤で使用して快適に過ごしています (^_^)b
通勤は片道十数分なので(ぇ)、日曜日にバッテリーを充電しておけば、「ノーマル」で1週間もちます。
「エコノミー」でもe-HEAT グローブの恩恵にはあずかれると思うのですが、「あったけ~」と実感するのなら「ノーマル」で使用したいところ。メーカーでは、「ノーマル」のバッテリー持続時間は約3時間としていますが、私が購入したバッテリーでは2時間半でした(悲)
まあ、“熱”を作るのには電気がたくさん必要なのでしょうから、しかたがないと思いますが、2時間半(「エコノミー」は約4時間とされていますが、たぶん3時間半くらいでしょう)は、ツーリングで使うには、ちと短い。普段の“散歩”ですら、13時に出発して18時に帰るくらいなので約5時間。日が落ちて寒くなり始める頃に、「ただの防寒グローブ」となるのは、悲しい。(電熱グローブの暖かさを体感してしまったら、もう、「昼間は“OFF”にする」という選択肢はありません・爆)
そこで、バッテリーをもう一セット購入するか、車両から電源を取るか、考えていました。

バッテリーをもう一セット購入した場合、半日だと良いのですが、一日走るとなると、更に一セット確保したくなります(心配性なモノで (^_^;))。車両から電源を取る場合、三日でも四日でも好きなだけ走れますが(笑)、バイクに乗り降りする度にケーブルを接続しなくてはなりません。一人で走る時は問題無いのですが、人と一緒に走る時に、ケーブルを接続する間待たせてしまうのが、迷惑を掛けるじゃないのかなーと思います。

う~ん。どうしたものかなぁ (-_-;)

で、車両から電源を取る事にしました。人を待たせる?知ったこっちゃありません(爆)
よく思い返したら、人と走る事って、ほとんど無いですからね。『相棒』?『相棒』…大丈夫。『相棒』なら“待って”くれるはず (^_^;)

接続は、このRSタイチの物は、バッテリーに直接繋げるので簡単でした。取扱説明書には、ケーブルは車体の左側から出すようになっていますが、エアバックベストのケーブルが右側から出ているので、合わせて右側から出しました。

さて、気になっていた、装着に掛かる時間です。
ヘルメットを被って、バイクの横に立った状態から、
○グローブをはめる -> バイクにまたがる -> エンジンを掛ける - 20秒
のところ、
○グローブのケーブルを接続する -> グローブをはめる -> バイクにまたがる -> 車両のケーブルと接続する -> エンジンを掛ける -> グローブのスイッチを入れる -> 温度調節を「ノーマル」にする - 1分20秒
でした。スムーズに装着しても1分余分に掛かるワケです。この“+1分”を長いと感じるか短いと感じるかは…更に私の場合は、フルフェイスにメガネっ娘(“娘”じゃないか)だし、エアバックベストを着るので、更に時間が掛かります…う~ん、どうなんでしょうね (-_-;)
ちなみに、バッテリー使用の場合は、
○グローブのスイッチを入れる -> 温度調節を「ノーマル」にする -> グローブをはめる -> バイクにまたがる -> エンジンを掛ける - 30秒
でした。
ちょうど来月に、バイク屋さんのツーリングに(強制)参加する(させられる)ので、その時に、試してみようと思います。
Posted at 2019/01/14 23:46:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | スズキ BANDIT1200S (GV79A) | クルマ
2019年01月12日 イイね!

『バンディット』 バッテリー交換

『バンディット』 バッテリー交換新品は、気持ちいい~ (挨拶)

バイク屋さんから「バッテリー、届いたよ~」との連絡があったので、8年使って職務を全うしたバッテリーを外して持って行き、新しいバッテリーを受け取って帰ってきました。
『バンさん』を購入してから結構早い時期に、バッテリーを留めるゴムバンドが朽ちて切れたのでビニールテープでバッテリー留めていた(笑)のですが、バッテリーを交換したついでに、こちらも新品を購入しました。
新しいバッテリーを取り付けて、セルスタータのボタンを押すと、気持ちいい音でセルモーターが回り、すぐにエンジンが掛かりました。
新品のバッテリーなので当然と言えば当然なのですが、やっぱり気持ちいい~ (^_^)v
Posted at 2019/01/13 22:31:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | スズキ BANDIT1200S (GV79A) | クルマ
2019年01月09日 イイね!

(NC3R) MFCT 2019年度の開催カレンダー発表

嬉しくもあり、悲しくもあり。(挨拶)

MFCT(マツダ・ファン・サーキット・トライアル)の2019年度の開催カレンダーが発表されました。
全6戦は変わらずですが、夏と冬の2戦開催されていた岡山国際サーキットが、冬の1戦だけになり、その代わりに、ツインリンクもてぎでの開催となりました。岡山国際サーキットで年2戦開催されるのは、マツダの本社がある広島県に近いからかなぁと勝手に想像していて、岡山国際サーキットは私がメインにしているサーキットなので、2戦開催される事に「なんか、他の地区の方に悪いなぁ。(ニヤニヤ)」と思っていたので、1戦になる事は残念です。でも、開催場所が増える事は、良い事ですよね (^_^)b ツインリンクもてぎかぁ~ 良いなぁ~ 走ってみたいなぁ。でも、今年から、「遠征は1か所だけ」って決めたからなぁ。今年の遠征先は、昨年MFCTで走れなかったオートポリスと思っていたんですけれどね。実は、オートポリスは、自宅からの距離が岡山国際サーキットと同じなので(オートポリスへはフェリーに乗らないといけないので、ややこしいンですけれど・苦笑)、オートポリスを遠征の範囲から外して、ツインリンクもてぎに行っちゃおうかなぁ~ 第2戦となるツインリンクもてぎとオートポリスが第3戦で両方とも7月開催なんだよなぁ。どうしようかなぁ~ 7月まで悩もう (^_^;)

今回の開催概要の発表の目玉の一つは、ツインリンクもてぎでの開催だと思うのですが、個人的にはもう一つ目玉があると思っています。それは、ノーマルクラスのクラシック系等(現行モデル以外という解釈でいいのかな)に車高調整式ショックアブソーバーの使用が認められたことです。
イマドキ、スポーツ走行やドレスアップの第一歩は車高調整式ショックアブソーバーを装着する事で、スポーツ走行をして、サーキット走行に興味を持って、「“MFCT”ってマツダのイベントがあるから、出てみよう」となっても、今までのレギュレーションだと、車高調整式ショックアブソーバーを装着している“だけ”で「なんでもアリ」のチューンドクラスになってしまうので気後れするんじゃないかなと、ず~~~~~っと思っていました。ええ、私がそうです (^_^;) かと言って、車高調整式ショックアブソーバーを外してノーマル形状のショックアブソーバーやダウンサスに付け替えてまでノーマルクラスに拘る人もいないでしょうし。MFCTの開催後に送られてくるアンケートに「ノーマルクラスに車高調整式ショックアブソーバーを認めてください」と何度も書こうと思いましたが、メーカー系のイベントなので、ショップオプションに設定されていないカテゴリーはノーマルの範疇に入らないからダメなんだろうなぁと勝手に納得させていました。(個人的には、JAF戦の“スピードPN車両”の規定までは広げて良いんじゃないかなと思ってますけれど。)
今回の改正でクラシック系ノーマルクラスの門戸が広がったので、参加車が増えたら良いな。みんなで切磋琢磨して運転技術を磨きましょう!

ちなみに私は、「目指せ、パーティーレーサーズ!」なので、当面はノーマルでいきます。





『でかモン』さんを買ってなければ… (-_-;)

関係情報URL : マツダ・ファン・サーキット・トライアル > 開催概要
Posted at 2019/01/09 23:38:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット・クルマ | クルマ
2019年01月05日 イイね!

『バンディット』 8年の歳月を経て

『バンディット』 8年の歳月を経てその役目を終えました。(挨拶)

半年くらい前から、セルモーターの勢いが少し弱くなっていたので、「そろそろ“上がる”のかなぁ」と思いつつも、それでも2~3秒でエンジンは掛かっていたので、「ま、出先で“上がった”ら、押し掛けすりゃいいんだし」と、そのままにしていました(笑)
明日、約2週間ぶりにバイクに乗ろうと思い、「2週間ぶりだし、最近少し寒くなっているし、念のためエンジンが掛かるか、試しておこう」とセルスタータを押すと、「キュル、キy…」 やっぱり、ダメだったか (-_-;)

でもねー、このバッテリー。このバンディットを買った時に付いていたバッテリーなので、8年目。もう少しで9年目に突入するところだったんですよね。しかも、前のオーナーがいつ交換したのかわからないので、9年以上使っているんですよね。バイクのバッテリーって、こんなに保ちましたっけ (^_^;)

ヘッドライトが常時点灯ですし、時計が内臓されているので、バッテリーの劣化は早いのかなぁと思っていたんですけれどね。月2回程度中距離を走っているのが良かったのでしょうか。この社外品のバッテリーの性能もあるのかもしれませんが。
Posted at 2019/01/06 22:57:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | スズキ BANDIT1200S (GV79A) | クルマ
2019年01月02日 イイね!

お雑煮耐久レースを観戦

お雑煮耐久レースを観戦地元のミニバイク用サーキット、「松山オートランド」で、毎年1月2日に開催されている『お雑煮耐久レース』を観戦してきました。

この「松山オートランド」。昨年の春に“大人の事情”によって閉鎖されたのですが、関係者のご尽力により、再開することができたそうです \(^o^)/万歳! 「完全再開」なのか「とりあえず再開」なのかは知りませんが、こうやって新年の恒例行事を見る事ができた事に、感謝します m(_ _)m

という事で、寝坊して、スタートの10時に間に合わなかったので、最大の見せ場(笑)の、お雑煮(という名のモチ入りカップうどん)をたいらげてからのスタートを見られないと思いながら向かったところ、進行が遅れていたようで、ブリーフィングの時に到着する事がでて、スタートを見ることができました (^_^)
参加台数は25台くらいかな。内訳は、NSR-mini系とスクーターが5~6台ずつで残りは100モタやKSR系などのモタード系でした。兄貴(グロム)が1台もいなかったのは、ちょっと驚きました。モタード系も、ほとんどがKSR系の2ストで、100モタは2台だったかな。愛媛は『2スト回帰』が始まっているのかもしれません(笑) で、全体的に“ガチ勢”だけのように感じました (^_^;)
NSR-mini系が走る姿を見ていると、NSR-miniは名車なんだなぁと改めて思いました。チャンバーの音と2サイクルオイルの燃える匂いを体感すると、気持ちが若い頃に戻ってしまいました(おっさん)

途中小雪が舞い落ちる時もありましたが、天気にも恵まれ、気温もそれほど寒く無く、気持ち良く走れたのではないでしょうか。





でも、私には、あの集団の中を走る勇気はありません (-_-;)

関連情報URL : 松山オートランド

p.s.
帰りは、少し遠回りをしました。

走行距離は、50キロでした。
Posted at 2019/01/02 23:55:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ観戦 | クルマ

プロフィール

変化のある生活をしていないので面白いブログは書けません(キッパリ) HP【club81.net】管理人。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

Yahoo!掲示板「GX81について」 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:11:49
 
club81.net 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:10:43
 
何かに乗って行ってみた~父ちゃんのイキヌキ 
カテゴリ:未設定
2011/07/23 10:54:37
 

愛車一覧

ホンダ モンキー125 でかモン (ホンダ モンキー125)
Z50系モンキーの可愛さに惚れているのですが、私の生半可な知識と根性では理想の「モンキー ...
スズキ BANDIT1200 (バンディット) バンさん (スズキ BANDIT1200 (バンディット))
幸か不幸かバイクに乗り続けて20年。その20年を同じバイク(GSX400FW)に乗り続け ...
マツダ ロードスター リトラさん (マツダ ロードスター)
50歳を前に真面目にタイムアタックをしたくなり、昔から興味のあったロードスターに乗り換え ...
その他 その他 グランツーリスモ6 (その他 その他)
グランツーリスモ6でキャリアモードの攻略に使用したクルマです。 タイヤは基本的に出場ルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.