• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くづのブログ一覧

2017年06月11日 イイね!

【ネタバレにつき】   ワイルドなスピード! AHO MISSION   【閲覧注意】

『ワイルドなスピード! AHO MISSION』 (原題:Superfast!) は、2015年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画です。

ええ、パロディです(爆)
『ワイルド・スピード』(以下、本家)のストーリーを、本家の出演者に似た俳優さんで、B級ギャグを散りばめてコメディ風にしています。
出演者は、先ほど「似た俳優さん」と書きましたが…似てるか?主人公のブライアン的な人は、さすがにあの二枚目さんに似た人はそうそう居ないという事なんでしょうね。もう一人の主人公のドム的な人は、最初は「似てる!」と思いましたが、改めて本家を見ると似ていませんでした(笑)スケールが小さいし。でも、角度によっては、本家の記憶が薄くなっていれば、似ているように見えました(思えました)。その他の人は、性別であったり人種であったりを合わせて、あとは髪型を似せているくらいでしたが、ヴィンス(かな。ヒゲ面な人)的な人だけは、そっくりだと思います。本家と見比べても、「本人じゃね?」と思うくらいでした。
出演していた車は、最初のストリートレースに参加した4台のうち、S14前期はわかったのですが、主人公ブライアン的な人のトヨタと、もう一人の主人公のドム的な人のホンダ車が、2Lクラスセダンだと思うのですが、北米専用車なのかよくわかりませんでした。でも、スポコン的な車の仕上げはできていたと思います。本編にS30が出てきたのは、びっくりしましたけれど。
ストーリーは、本家初期のオープニングにあったストリートレースで『ワイルド・スピード』感を出した後、『×2』と『MEGA MAX』をミックスした話になっています。“コメディ”といっても…う~ん。B級ギャグ…う~ん。C級かな。正直、“ギャグ”では「クスリ」とも笑えませんでした。単に、有名な『ワイルド・スピード』を題材に映画を作り、合いの手でギャグを入れただけという感じでした (-。-;
いけませんねぇ。“パロディ映画”というジャンルはべつに良いと思うのですが、本家を食うような『何か』、作り手の思いが無いと、単なる「コバンザメ商法」になってしまうと思います。

ただ…

ホブス捜査官(黒人のごっつい体格の人)的な人だけは、いい感じでした。顔は似ていませんケド(笑) この人の出演シーンだけは、もう一度見てもいいかなと思います (^_^)

YouTube - アスミック・エース公式
Posted at 2017/06/12 23:01:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画/テレビ | 音楽/映画/テレビ
2017年05月03日 イイね!

【ネタバレにつき】       ニード・フォー・スピード       【閲覧注意】

ニード・フォー・スピード』 (原題:Need for Speed) は、2014年に公開されたアメリカ合衆国のカーアクション映画です。

久し振りに、満足した“カーアクション”映画でした (^-^)
物語前半の街中でのストリート・レース、中盤のカーアクション、後半の峠道を使ったストリート・レースと、いろいろなパターンを見せてくれました。
街中でのストリート・レースは、「ワイルド・スピード」が最初に取り入れたと思うのですが、その後多くのアメリカ・カーアクション映画で見られるので、「ワイルド・スピード」のインパクトは大きかったんだなぁと、改めて思います。
逆に、後半の峠道を使ったストリート・レースは、映画で見る事は珍しく新鮮でした。

主人公は、前半の公道レースでの事故で無実の罪を着せられてしまい、「どうやって無実を証明するんだろう」と思っていたら、素直に刑務所に収監されて仮出所するし、後半の公道レース参加中に警察に追われたままゴールして、行き止まりで逃げ場の無い状況で、「どうやって逃げるんだろう」と思っていたら、素直に逮捕されて刑務所に収監され、刑期を終えて出所するし…なんか、真面目(爆) それよか、後半の公道レースを主催したヤツは、公道にちゃんとしたスタート・シグナルを設置して証拠を残しているし、インターネット・テレビでレースを中継して顔まで出しているんだから、そいつを逮捕しろよ…と思ったのは、私だけでしょうか。

後半のストリート・レースでは、サリーンやマクラーレン・P1、ブガッティ・ヴェイロン等“グランツーリスモ”でしか見た事の無いスーパーカーのアクションは迫力がありましたし(さすがにクラッシュ・シーンはレプリカでしょうけれど)、シェルビー仕様のマスタングは迫力があり恰好良かったですし、ヒロインのお姉さんは猫系で可愛かったです。

この映画は、「バイオ・ハザード」のように、テレビ・ゲームを映画化したものなんですよね。「グランツーリスモ」も映画化しないんでしょうか…あ、もう映画化していましたね、『KAZ』が(違)

YouTube - ディズニー・スタジオ公式
Posted at 2017/05/16 22:12:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画/テレビ | 音楽/映画/テレビ
2017年04月22日 イイね!

【ネタバレにつき】         キャノンボール2         【閲覧注意】

キャノンボール2』 (原題:The Cannonball Run 2) は、1984年に公開されたアメリカと香港合作のカーアクション映画です。

う~ん、“思い出”は美化されるンだなぁ (^_^;
第1作も、どちらかというと出演者の個性を面白く映している映画で、カーチェイスというかカーアクションというか、抜きつ抜かれつの競争だったり、車がバンバン吹っ飛んだりのカーアクションは少なかったとは思うのですが、ワを掛けて車の出番は少なかったように思います。
出演していた車も、第1作に引き続き出演したランボルギーニ・カウンタックと、スタート時に“ビッグ・フット”に潰されたポルシェ・928くらいで、後はあんまり…(と言うと、アメリカ人さんに「スティングレイ」が出てただろうが!」と怒られそうですけれど・笑) 途中でカウンタック美女に奪われたスポーツカーが、なんか凄そうだったんだけれど、見た事無い(メジャーじゃ無い?)車でしたし。

『フランク・シナトラ』を出演させて、「スゲーだろ」感を出したかったのかもしれませんが、凡庸な車(こら)で構わないので、もっと“レース感”を出してほしかったと思います (^_^;

関連情報URL : ウィキペディア > キャノンボール2
Posted at 2017/05/11 21:40:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画/テレビ | 音楽/映画/テレビ
2017年04月16日 イイね!

【ネタバレにつき】          汚れた英雄          【閲覧注意】

汚れた英雄』は、1982年に公開された日本の映画です。

「汚れた英雄」ですよ。「彼のオートバイ、彼女の島」と共に、バイク乗りで見ていないヤツは“モグリ”と言われる映画です。私は見ていないですけれど。
この映画は、全日本ロードレース選手権のGP500クラスをプライベートで参戦する主人公を中心に描かれた物語ですが、その主人公を演じるのは、今ではすっかりコメディ俳優ですが(個人の感想)、バチバチの色男の頃の草刈正雄さん。その色男のライダーの代役を務めたのが、我らが平忠彦選手。世界で2番目に美しいライディングフォーム(個人の感想。1番はケニー・ロバーツ。)の平選手(代役)走る姿を見て、映画で全力では無いとはいえ、走る平選手を見るのは初めてなので、感動しました。
この映画は、当時決して小さくは無い撮影機材を車載したり並走して撮影するなどして、レースシーンはなかなか迫力がありました。若干“やらせ”臭が強い場面もありますが(苦笑)、バイクが3台並んでコーナリングするさま(撮影車が横から並走して撮影しているので、実質フォー・ワイド)は、「さすがプロ・レーサー」と感嘆しました。
ストーリー的には…まあ…今の時代の世界選手権に出場しているトップライダーなら、ああいう屋内プール付の家に住んで、プールから上がってバスローブ一丁でカクテルを作る…なんて事ができるのかもしれませんが、当時の日本GPライダーでは…ねぇ。ギャップがあり過ぎでしょう。ま、映画ですからね。
気になったことは、映画の前半で話のあった、ミキモト・グループ会長の娘との会食の場面が無かったこと。たぶん、テニスをしていたのが娘でそれを見つめる姿は映していたけれど、会食自体は無かったような。
それと、最終戦は「富士で」と言っていたと思うんだけれど、SUGOでしたね。練習走行で走っていたのは富士のように見えましたけれど。この映画にはヤマハが協力したのでSUGOで撮影したという事はわかるのですが…富士の立場は (^_^;
メカニックの一人が辞めた理由もイマイチわかりませんでしたし…本筋とは別のところで、謎が多い映画でした(笑)

木の実ナナさんと浅野温子さんが出演していて、同じ場面になる事はありませんでしたが、「お、“あぶない刑事”コンビじゃん」と思ったのですが、まさか当人たちも、数年後に共演するとは思わなかったでしょうね。木の実ナナさんはオッパイ全開でしたし。う~ん、微妙(爆)

草刈正雄さんのお尻も全開でしたね~ウホッ

関連情報URL : ウィキペディア > 汚れた英雄 - 映画
Posted at 2017/04/18 22:31:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画/テレビ | 音楽/映画/テレビ
2017年03月19日 イイね!

【ネタバレにつき】     オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分     【閲覧注意】

『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』 (原題:Locke)は、2013年に公開されたイギリスのドラマ映画です。

番組表のサムネイルが運転席に座る男性で、タイトルに「ハイウェイ」と付いていたので、「車が関係する映画なんだな」と解説と粗筋を読んでみると、「夜のハイウェイを走る車の中を舞台に、ある男の運命を変える86分間の出来事を描く。」とあり、なんとなくカーアクション的な事は無さそうな雰囲気で乗り気で無かったのですが、他に見る物も無かったので、見てみました (^_^;

えっと…一人芝居です(爆)
BMWのX5(かな)を運転するする主人公を、ドライブ物バラエティ番組でよく見られる運転手をCCDカメラ(最近ではGoProですか)で撮影するように、86分間ずっと主人公がハイウェイを運転する映像が流れ続けるだけです。ですから、しつこいですが、画面に登場するのは主人公ただ一人なんです。映画が始まって、「車内映像が長いなぁ」と思っていたら、映画が終わりました(笑)
で、主人公は、86分間、ハンズフリーの電話で話し続けます。子供たち、奥さん、仕事の同僚、そして、不倫相手と。
あらすじはウィキペディアに任せますが、主人公は映していますから、運転しながらハンズフリーで電話していますが、表情や時折見せる身振り手振りで感情表現ができますが、その他の出演者は電話の声だけです。その声だけで、怒りや悲しみを見事に表現していました。「映画」なのでなんとなく画面を見ていましたが、結局映っているのは主人公が運転している姿だけなので、別に画面を見る必要は無かったような気がします。オッサンが運転する姿をBGVにラジオ・ドラマを聞いているようなモンです(爆)

不倫相手が出産をする病院に着く前に子供が生まれた事を電話で聞いて映画が終わるので、最終的にどんな結末になったのかわからず、モヤモヤしたままです (^_^;) おそらくその辺りは、見た人がそれぞれ感じてくださいというところなのかなと思います。

実は映画を見進めていて、主人公が勤務する工事現場が“ヨーロッパ最大級の軍事施設”(だったかな)と聞いた時に、悪党が家族を人質に取って「軍事施設に細工をしろ」と要求するのを、アーノルド・シュワルツェネッガーやブルース・ウィリスのように家族を取り戻しに行くから『ある男の運命を変える』のかな…と思ったんですけれどねー または、映画の終盤になって、なんとなく、「これって、不倫相手の出産に立ち会って子供が生まれたのを見届けて、我が家に帰る時に、交通事故を起こして死んじゃうんじゃないかな」と、“アメリカン・ニューシネマ”的なエンディングになるんじゃないかと怖くなったンですけれどねー モヤモヤしたままです (^_^;) ま、仕事は失ったけれど、家族の元には戻れたような気がします。子供たちのおかげでね。

「面白いか、面白くないか」と問われたら、う~ん。まあ、面白かったですけれどね。面白いというか、“ネタバレ”を読まずに見たので新鮮だった(ぉぃ)というか。この手法が多用されたら、すぐに飽きると思いますけれど (^◇^;

YouTube - ワーナー ブラザース ジャパン公式
Posted at 2017/03/22 23:16:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画/テレビ | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

変化のある生活をしていないので面白いブログは書けません(キッパリ) HP【club81.net】管理人。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

Yahoo!掲示板「GX81について」 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:11:49
 
club81.net 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:10:43
 
何かに乗って行ってみた~父ちゃんのイキヌキ 
カテゴリ:未設定
2011/07/23 10:54:37
 

お友達

“お友達”になっていただいて、ありがとうございます。
98 人のお友達がいます
紅の流れ星紅の流れ星 * bouyukibouyuki
L.A35L.A35 ハマタクハマタク
北国の81乗り北国の81乗り クレスタ普及委員会クレスタ普及委員会

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ モンキーR モンきちR (ホンダ モンキーR)
通勤用に購入。 ミニサーキットでの“ヒザスリ”兼用にと購入しましたが、あまりにも程度が良 ...
スズキ BANDIT1200 (バンディット) バンさん (スズキ BANDIT1200 (バンディット))
幸か不幸かバイクに乗り続けて20年。その20年を同じバイク(GSX400FW)に乗り続け ...
マツダ ロードスター リトラさん (マツダ ロードスター)
50歳を前に真面目にタイムアタックをしたくなり、昔から興味のあったロードスターに乗り換え ...
その他 その他 グランツーリスモ6 (その他 その他)
グランツーリスモ6でキャリアモードの攻略に使用したクルマです。 タイヤは基本的に出場ルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.