• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

素浪人☆のブログ一覧

2018年08月27日 イイね!

最後の車

最後の車 今から10年後の2028年、完全自動運転EVの普及により、人間が運転する自動車の時代が終わる・・・そんな未来を仮定して、残りの10年間を過ごす「最後の車」を現在新車で買えるものから選ぶとすれば、どのような車がよいだろうか。

 最後なのだから、ベントレーやロールスロイスのような高級車にいくという考えもあるだろう。以前からメルセデスベンツが「上がりの車」なんて言われていたが、本当の意味で最後になる車だから、もっと高級な方に行くという考えである。

 あるいは、フェラーリやランボルギーニのようなスポーツカーにするのはどうか。最後の記念に本物のスポーツカーの操縦を満喫するというのも魅力的だ。ポルシェでもいいが、「最後の記念」というにはイタリア車のほうが雰囲気だろう。

 逆に、どうせ最後なのだからとシンプルに行くのも手だ。4ナンバーのバン、タウンエースやNV200のスタンダードモデルをMTで乗る、なんてのもいいかもしれない。時代の変化に備えてますよ、という雰囲気を醸し出せる。タウンエースなんて驚きの安さだし。

 いろいろ考えはあると思うが、私が選ぶのはジムニー(シエラ)である。なぜかというと、完全自動運転のEVが普及した後、ジムニーでなければ行けなかったような僻地や悪路は「サービスエリア外」となり自動車で行く事ができなくなると思うからだ。あるいは、積雪が深い時期などは、「運行休止」となり車が走らなくなるだろう。自動車でそれらの環境を走れる間に、秘境・酷道を制覇したいのだ。日本にはまだまだ「ジムニーでなければ行けない道」がある。残された時間を有効に使うには、ジムニーを置いて他にないと思う。

 やっぱり予約しちゃおうかな、ジムニーシエラ(苦笑)。

Posted at 2018/08/28 00:04:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ
2018年08月26日 イイね!

ドライブによるストレス解消とその限界(2)

ドライブによるストレス解消とその限界(2)ドライブによるストレス解消とその限界の続き

 ドライブによってストレス解消できる理由が、運転という行為に集中することで脳内のストレスのスパイラルを断ち切り、脳内のコルチゾールを減少させることだとすると、同乗者にはストレス解消の効果がないことになる。もちろん、きれいな景色を見たり、おいしいものを食べたり、車内でおしゃべりしたりといった「楽しみ」があることは否定できないが、運転者が体験するようなストレス解消の効果はなく、あるのは長時間座っていることの退屈と苦痛が中心になる。ドライブは、同乗者にとってはストレス解消の効果がほとんどないと言ってもいいだろう。

 だから、友達と自動車に乗り合わせて旅行に行こうというアイデアはほとんど実行されることはないが、バイクでツーリングしようというアイデアは簡単にまとまる。バイクに乗っている人は、理屈抜きにバイクに乗ることのストレス解消効果を体感し理解している人が多い。バイクツーリングは各人が運転するので全員がストレス解消の効果を味わえる。自動車に同乗していったほうが「ラク」で「経済的」には違いないのだが、それでは代えられない精神的な効用があるのだ。

 近い将来、完全自動運転の自動車が実用化されたら、自動車利用者はすべて同乗者の立場になる。完全自動運転車ではドライブによってストレス解消効果を味わうことができない。そうだとすると、自動車でどこかに出かけることはほとんどなくなるのではないだろうか。ただ座っているだけでは退屈でしょうがないので、飛行機のようにスクリーンに映画が上映されたりするのかもしれないが、それでは自動車に乗らなくてはいけない理由はないわけで、自室でビデオを見たほうがいい。旅行先で景色を見たり、同行者とおしゃべりしたり、おいしいものを食べたりといった「楽しみ」は、自動車で行かなくても同様に味わえる。完全自動運転によって、自動車が「運転というレクリエーションを楽しむ機械」から「エレベーターのような単なる輸送機械」に変化してしまうだろう。自動車を楽しむのは今のうち、ということかもしれない。
Posted at 2018/08/26 19:08:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ
2018年08月25日 イイね!

ドライブによるストレス解消とその限界

ドライブによるストレス解消とその限界 私のストレス解消法はドライブである。それも500キロ、1000キロといった長距離が好きだ。ストレス解消といっても、ストレスには、長時間忙しく働いたときに感じるような疲労のストレスと、人間関係や経済環境などからくる精神的ストレスがあって、ドライブで解消できるのは精神的ストレスのほうである。疲労のストレスが高いときにドライブなどしたら、居眠り運転になって危険だ。

 なぜドライブをすると精神的ストレスが解消されるのか。精神的ストレスがかかったとき、自律神経の働きでコルチゾールというホルモンが分泌され、身体に「闘争か逃走か」の態勢をとらせるメカニズムがある。これは、外敵に襲われたとき、恐怖や怒りといった感情を呼び起こし、適切な対応をとらせる原始的なメカニズムがいまだ残っているものである。外敵が去れば、ホルモンは脳で吸収され恐怖や怒りといった感情も、自律神経の反応も収まる。

 もっとも、現代では精神的ストレスの内容が原始時代とは大きく異なる。人間関係や経済環境などからくるストレスは、外敵が襲ってくるような状況とは違い、ずっと継続してかかり続けるものである。そうすると、コルチゾールはずっと分泌され続け、「闘争か逃走か」の態勢も、恐怖や怒りといった感情もずっと続くことになる。まずいことに、恐怖や怒りといった感情が持続していると、論理的思考を行う前頭葉の機能が抑圧される。そして、恐怖や怒りといった感情に関連する過去の経験や未来の不安が次々と浮かんできて、いっそう感情の乱れが強まるというストレスのスパイラル状態に陥ってしまうことがある。このスパイラルを放置しておくとどんどんストレスが溜まってそのうち破綻してうつなどになりかねない。

 ここで、ドライブの出番となるわけだが、ドライブが精神的ストレスを解消するわけは、前頭葉が感情のコントロールを失っている状態から回復させる効用があるからだと考える。自動車の運転は、前頭葉で周囲の状況や道順、自動車操縦の方法などを認知し、手足の運動と連携しながら行う高度な作業である。もちろん、冷静に判断しなければまともに走れない。怒りや恐怖の感情はひとまず置いて、運転動作に集中しなければならない。そうするうちに、前頭葉が統制をとりもどし、精神的ストレスが高い状態、つまりコルチゾールが高い状態を解消するのだと思う。これが、いわゆる「気分転換」の正体だと考える。

 しかし、ドライブでストレス解消するにも限界があって、そもそもドライブする気にさえなれないようなときには、無理に出かけないほうがいいと思う。こんなときは、感情の乱れが大きすぎて(ストレスが大きすぎて)前頭葉が統制をとれない状態、運転に適さない状態だと思われるからだ。こんな状態で運転しても、信号を見落としたり車体を擦ったりとロクなことにならないし、事故の危険も大きい。こんなときは、心療内科を受診する、ストレスの原因を取り除くなど、もっと大掛かりなストレス解消法が必要になってくる。

 今日は一日いい天気だったが、どこかに走りに行こうと思いながら、出かけるのがおっくうで(渋滞や事故など悪い想像ばかりしてしまう)、結局どこにも行かなかった。かなりストレスが溜まっていて、ドライブでは解消できないレベルまで達しているのかもしれない。
Posted at 2018/08/26 00:24:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ
2018年08月19日 イイね!

やっぱり買えないな・・・

やっぱり買えないな・・・ ジムニーが欲しい、「いつかはジムニー」って30年言い続けてきたけど、今度こそ・・・

 そんなことを記事にしたばかりなのだが、でも、どうしても「踏ん切り」がつかない。自動車にお金を使う気になれないのである。それは、「将来が不安だから」というほかない。ここでいう「将来」とは、自動車の将来と社会の将来の二つである。

 自動車の将来が不安なのは、自動運転車の出現が予測されるからである。完全自動運転の自動車が普及すれば、自家用車を保有する人は極めて少数になる、と私は考えている。その頃には、自動車は地下鉄や路線バスのように、「所有するもの」でなくて「利用するもの」に変わるだろう。安価で便利な自動運転車がいつでも呼べるのに、敢えて自家用車を所有するのは一部のマニアだけになるだろう。新車を買っても数年後に無価値になるかもしれないのだから、今は中古車で十分、と思ってしまう。

 社会の将来が不安なのは、AIの進歩などにより、雇用機会が失われて大失業時代が来る心配があること、残ったわずかな仕事をシェアしあうために実質賃金が低下して生活水準が低下することが予想されるからである。実質賃金が低下すると、費用のかかる自動車は真っ先に切り捨てられることになる。自動車を手放したことと家賃相場が下がったことで、賃金の目減りをどうにかカバーしている、そんな様子が目に浮かぶ。経済的な困窮が予想されるのに、高価な消費財である自動車にお金を使う気にはなれない。かつては「現金を信用しないから現金はバイクに変えておく」などと言われたベトナム人でも、今はそんなことはしない。

 なんとも夢が無い、いや覇気が無い、そもそも心配性すぎる、これは齢とったせいなのか、と一瞬考えたが、そうではないと思う。時代が変わった、ということだろう。

Posted at 2018/08/19 02:34:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ
2018年08月13日 イイね!

何か楽しみがないとね・・・

何か楽しみがないとね・・・ 私がベトナムに来た当初、車関係でひとつ目標を立てた。それは、「ベトナムの大型二輪免許(A2免許)を取得し、大きな二輪車を自分名義で登録し(NNナンバー)、それでツーリングする」という目標である。当時は情報が乏しく、自分で調べたりベトナム人に聞きながら少しずつステップアップし、50ccのレンタルバイク→110ccのレンタルバイク→125ccの自分名義のバイク→150ccのベトナム人名義のバイク→300ccの自分名義のVERSYSとなり、Dien Bien PhuやHa Giang, Cao Bangへのツーリングも経験した。これで一応、当初の目標は100%達成したことになる。3年がかりの課題をクリアしたあとは、ちょっと休息期間に入っているような感じである。

 一方、日本にある車関係では、昨年Keiを代替し、レカロシートへの交換やショックアブソーバーの交換など必要な手当てを行っているところである。10年落ちで購入したから、あと5年、2022年までは乗るつもりである。こちらも、10月の車検を過ぎればまとまった出費は終わり、しばらく安定期に入る予定である。

 そんなわけで、今「みんなのカーライフ」的にはあまりネタがないのだが、このタイミングでジムニー&ジムニーシエラがフルモデルチェンジになった。



※画像は使いまわし

 「いつかはジムニー。その思い、いまこそ」

そんな感じでそわそわして仕方がない。
「下の子も来年は中学生になるから、もうリアシートを使う機会も激減するし・・・」
「燃費がどうこう言うほど距離を乗らないし・・・」
「MTあるし」
「サイド・カーテンエアバッグは標準だし」
「豪雪や豪雨など、気象条件の厳しい中でも頼もしいのでは」
「視力が落ちてきてるから、LEDヘッドライトは助かるし」

いやいやいやいや

「老後の蓄えを減らすわけにはいかないでしょ」

誰だ、そんな夢のないことを言うのは!

何か楽しみがないと元気が無くなっちゃうよ(ぼそっ)

Posted at 2018/08/13 22:51:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ

プロフィール

「「行ってきます」「東京を離れます」などの短いコメントとともに、空港の写真をインスタグラムなどに投稿する中年男性は「空港投稿おっさん」と呼ばれウザがられる存在らしい。だって、空港にいるときってヒマなんだもん。Wifiはつながるしね・・・。」
何シテル?   10/14 14:27
日本、米国、そしてベトナムで運転してきました。国が変わっても運転好きは変わりません。大型、牽引、二輪など各種免許を持ち、バス、トラック、タクシーなどの乗務経験が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

夫婦でツーリングするにはいいバイク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/04 07:37:26
ベトナムをバイク旅行したい場合・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/04 08:49:48
Mr.KAMEのページ 
カテゴリ:カメ
2013/05/05 20:50:40
 

お友達

お気軽にお声がけください。
51 人のお友達がいます
朝霞の種馬reborn朝霞の種馬reborn * 徳小寺 無恒徳小寺 無恒 *
SAISAI こるりこるり
mx5ミアータmx5ミアータ 伊達:左馬伊達:左馬

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フューチャー125 モダンなカブ (ホンダ フューチャー125)
ベトナム購入のメイン機。実用性ではトップレベル。
スズキ Kei Kei二号 (スズキ Kei)
10年落ち、53850キロ走行でやってきた我が家(社)のメイン営業車。現状Kei以外に特 ...
カワサキ VERSYS-X 300 KAWASAKIか・・・ (カワサキ VERSYS-X 300)
ベトナムの道なき道を旅するつもりで購入したツアラー。軽くて取り回しよく、ベトナムで使うに ...
スズキ Kei スズキ Kei
 10年落ち、113960キロ走行で買った中古車。かなりの勢いで回るプジョー308の走行 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.