• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

素浪人☆のブログ一覧

2018年08月20日 イイね!

買いそびれた車たち7

買いそびれた車たち7 忘れた頃にアップする超長期連載「買いそびれた車たち」、前回の子供ができた頃の買いそびれのアップから実に2年半が経過したが、7回目の今回は関西在住末期の買いそびれである。

 前回の「買いそびれ」の後、我が家には日産マーチとトヨタコロナプレミオの二台があった。日産マーチはとてもいい車で、主に妻が使用してたいへん満足していた。一方、コロナプレミオは試乗しないで買ったことで大失敗に終わっていた。トヨタのFF小型車の操縦性や乗り心地は私の好みとまったく合わず、おまけにATだったこともあり、愛着を持てずにいた。そうこうするうちに会社の駐車場に置いているときに悪戯で破壊されるという事件も起こり、事件が解決するまで奈良トヨペットに預けっぱなしになっていた。

 そんなとき、コロナプレミオの代替として検討したのは、写真の日産ラシーンである。

写真はWikipediaから。
By Kuha455405 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3760354

 これまでの私の自動車遍歴からするとやや唐突な感じなのだが、K11マーチの軽快かつしっとりとした洗練された乗り味に日産ファンになっていた私は、次も日産に、と考えていた。また、コロナプレミオで普通のセダン型の乗用車に飽きていたという面もある。肩肘張らずに乗れる、4WD乗用車として注目していたものである。

 その他に、かなり真剣に購入を検討していたのが日産クルーである。



写真はWikipediaから。
By Kuha455405 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5260221

 この頃、クルーには珠玉のRB20E搭載、5MTの仕様があった。教習車ではなく普通の乗用車である。また、内装、シートが塩ビ張り、窓が手回しのベーシック仕様もあり、それが欲しかった。仕事で後輪駆動車を運転することが多かったので、「やっぱり車はFRがええなぁ」と思ったこと、「ミッションはMTに限るなぁ」と思ったこと、「エンジンは直6がええな」と思ったこと・・・そのすべてを叶える理想的な1台だったのだ。

 しかし、このコロナプレミオ代替計画は突然に終了する。1998年に、京都から仙台に引っ越すことになり、仙台で現在のハンドルネームの由来となっている浪人生活に突入するのである。京都から仙台まで車3台を引っ越しさせるのは大変だった。コロナプレミオが修理のため工場に入庫している間、仙台の義父からホンダ インスパイア(初代)を借りていて、それも移動させる必要があった。



写真はWikipediaから
By Tennen-Gas - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3164331

 このインスパイア、恰好はいいのだがフロントタイヤの接地感が乏しく、操縦性が悪かった。薄べったいボディなので室内は狭いしトランク容量も小さい。FFなのに全席の足元も狭かった。乗り心地も良くなくて、なんのために複雑で高価なメカニズムやレイアウトを採用したのか意味不明な車だった。

 仙台に引っ越した後、駐車スペースの関係でK11マーチとコロナプレミオの両方を下取りにして5MTのK11マーチを購入した。マーチはモデルサイクルが長く、最初に買ったマーチと同型のものをまた購入することができた。
Posted at 2018/08/20 01:41:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ
2018年08月19日 イイね!

やっぱり買えないな・・・

やっぱり買えないな・・・ ジムニーが欲しい、「いつかはジムニー」って30年言い続けてきたけど、今度こそ・・・

 そんなことを記事にしたばかりなのだが、でも、どうしても「踏ん切り」がつかない。自動車にお金を使う気になれないのである。それは、「将来が不安だから」というほかない。ここでいう「将来」とは、自動車の将来と社会の将来の二つである。

 自動車の将来が不安なのは、自動運転車の出現が予測されるからである。完全自動運転の自動車が普及すれば、自家用車を保有する人は極めて少数になる、と私は考えている。その頃には、自動車は地下鉄や路線バスのように、「所有するもの」でなくて「利用するもの」に変わるだろう。安価で便利な自動運転車がいつでも呼べるのに、敢えて自家用車を所有するのは一部のマニアだけになるだろう。新車を買っても数年後に無価値になるかもしれないのだから、今は中古車で十分、と思ってしまう。

 社会の将来が不安なのは、AIの進歩などにより、雇用機会が失われて大失業時代が来る心配があること、残ったわずかな仕事をシェアしあうために実質賃金が低下して生活水準が低下することが予想されるからである。実質賃金が低下すると、費用のかかる自動車は真っ先に切り捨てられることになる。自動車を手放したことと家賃相場が下がったことで、賃金の目減りをどうにかカバーしている、そんな様子が目に浮かぶ。経済的な困窮が予想されるのに、高価な消費財である自動車にお金を使う気にはなれない。かつては「現金を信用しないから現金はバイクに変えておく」などと言われたベトナム人でも、今はそんなことはしない。

 なんとも夢が無い、いや覇気が無い、そもそも心配性すぎる、これは齢とったせいなのか、と一瞬考えたが、そうではないと思う。時代が変わった、ということだろう。

Posted at 2018/08/19 02:34:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ
2018年08月13日 イイね!

何か楽しみがないとね・・・

何か楽しみがないとね・・・ 私がベトナムに来た当初、車関係でひとつ目標を立てた。それは、「ベトナムの大型二輪免許(A2免許)を取得し、大きな二輪車を自分名義で登録し(NNナンバー)、それでツーリングする」という目標である。当時は情報が乏しく、自分で調べたりベトナム人に聞きながら少しずつステップアップし、50ccのレンタルバイク→110ccのレンタルバイク→125ccの自分名義のバイク→150ccのベトナム人名義のバイク→300ccの自分名義のVERSYSとなり、Dien Bien PhuやHa Giang, Cao Bangへのツーリングも経験した。これで一応、当初の目標は100%達成したことになる。3年がかりの課題をクリアしたあとは、ちょっと休息期間に入っているような感じである。

 一方、日本にある車関係では、昨年Keiを代替し、レカロシートへの交換やショックアブソーバーの交換など必要な手当てを行っているところである。10年落ちで購入したから、あと5年、2022年までは乗るつもりである。こちらも、10月の車検を過ぎればまとまった出費は終わり、しばらく安定期に入る予定である。

 そんなわけで、今「みんなのカーライフ」的にはあまりネタがないのだが、このタイミングでジムニー&ジムニーシエラがフルモデルチェンジになった。



※画像は使いまわし

 「いつかはジムニー。その思い、いまこそ」

そんな感じでそわそわして仕方がない。
「下の子も来年は中学生になるから、もうリアシートを使う機会も激減するし・・・」
「燃費がどうこう言うほど距離を乗らないし・・・」
「MTあるし」
「サイド・カーテンエアバッグは標準だし」
「豪雪や豪雨など、気象条件の厳しい中でも頼もしいのでは」
「視力が落ちてきてるから、LEDヘッドライトは助かるし」

いやいやいやいや

「老後の蓄えを減らすわけにはいかないでしょ」

誰だ、そんな夢のないことを言うのは!

何か楽しみがないと元気が無くなっちゃうよ(ぼそっ)

Posted at 2018/08/13 22:51:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ
2018年07月29日 イイね!

ジムニー&ジムニーシエラ試乗

ジムニー&ジムニーシエラ試乗ジムニーとジムニーシエラに試乗してきた。
まず、ジムニーXCのAT車から。試乗の前に室内スペースをチェックしてみる。



運転席は特に狭さは感じない。スクエアなデザインのキャビンのため、視界が広く頭上の余裕も十分だ。ペダル類にも妙なオフセットを感じることはなく、シートも大きめで軽自動車として見ればけっこう快適だ。



リアシートは、まず乗降性が非常に悪い。運転席シートは倒れるもののスライドせず、この狭い場所に脚を通すだけで一苦労である。



もっとも、空間自体は大人でも十分であり、シートも平板だがある程度クッション性があるので、一応まともに着座することができる。ヘッドレストもちゃんと頭を支える高さまで伸びるから、長時間の乗車も許容範囲だ。



身長170センチの私がポジションをとった後ろに座るとこんな感じ。膝まわりはけっこう余裕がある。座面が低くて膝裏が浮いてしまうのが難点だ。



トランクスペースは極めて小さい。アタッシュケースくらいしか置けないだろう。荷物はルーフキャリアに積むことになるだろう。

運転してみると、振動、騒音が小さく思ったよりも「乗用車的」な乗り心地だ。ダイレクト感がなくスローなステアリングに最初とまどうが、ゆっくり角を曲がれば問題ない。サスペンションはよく動いているのだが、いかんせんトレッドが小さく着座位置が高いので、左右にゆっさゆっさと揺すられることがある。まあこれはジムニーの性格上やむを得ない。

ただ、この車重に660ccは明らかにトルク不足で、レスポンスのにぶい4ATとの組み合わせでは動きが緩慢でしかたがない。5MTなら少しは改善されると思うが、エンジンが小さすぎる感は拭えないだろう。



次にシエラXC5MTを試乗する。こちらはやっと「自動車らしい」走りだ。ちゃんとアクセルワークでカーブのロールスピードを調整できるので、背の高い車でもスムーズに走らせられる。低速域のトルクも豊かだから、微妙な速度調節もやりやすい。やはり、ジムニー買うならシエラの5MTだ、と思った。

気になる納期についてだが、現在は確実な事は何も言えない、とのことだった。巷の噂の2年以上の納期も否定はしなかったので、そのとおりなのかもしれない。



来場プレゼントは「鈴菌」感染予防のための除菌ウエットティッシュだった。
Posted at 2018/07/29 10:59:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ
2018年07月26日 イイね!

これってLEDの意味ないよね

これってLEDの意味ないよね 複数のLEDを並べたテールランプが流行っている。LEDは信頼性が高く長寿命なので、交換することを想定しておらず、複数を並べたとしてもトラブルは起こりにくいはずだ。

 しかし、実際にはいくつかのLEDが不灯になっているものを見かける。こうなってしまうと、車検に通るかどうかわからない。車検前にはテールランプユニットごと交換しなければならないだろう。LEDにする意味がない、ということにならないだろうか。というのも、ヘッドライトならLEDの消費電力が少ないとか、配光に優れ明るいといったメリットはたくさんありそうだが、テールランプは「玉切れしにくい」ことが最大のメリットではないかと思うからだ。
Posted at 2018/07/26 01:00:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ

プロフィール

「Intetnational hospitalでMRI等精密検査中。ところで、写真の小さいカップ(フィルムケース大)に検便を入れるように言われたのだが、何気に高難易度だ。私は下痢してるからカップに直接注ぎ込んだが、普通のときはどうする?手で受ける?

何シテル?   08/20 15:03
日本、米国、そしてベトナムで運転してきました。国が変わっても運転好きは変わりません。大型、牽引、二輪など各種免許を持ち、バス、トラック、タクシーなどの乗務経験が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ベトナムをバイク旅行したい場合・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/04 08:49:48
Mr.KAMEのページ 
カテゴリ:カメ
2013/05/05 20:50:40
 
交通安全環境研究所 
カテゴリ:自動車
2008/11/12 23:05:56
 

お友達

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フューチャー125 モダンなカブ (ホンダ フューチャー125)
ベトナム購入のメイン機。実用性ではトップレベル。
スズキ Kei Kei二号 (スズキ Kei)
10年落ち、53850キロ走行でやってきた我が家(社)のメイン営業車。現状Kei以外に特 ...
カワサキ VERSYS-X 300 KAWASAKIか・・・ (カワサキ VERSYS-X 300)
ベトナムの道なき道を旅するつもりで購入したツアラー。軽くて取り回しよく、ベトナムで使うに ...
スズキ Kei スズキ Kei
 10年落ち、113960キロ走行で買った中古車。かなりの勢いで回るプジョー308の走行 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.