• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

素浪人☆のブログ一覧

2018年02月20日 イイね!

死角が増えると運転しにくい

死角が増えると運転しにくい Keiを運転していてつくづく思うのは、「この車は運転しやすい」ということと、「大人四人と手荷物を積んで旅行するのに十分な性能だ」ということだ。それは、最近の軽自動車に比べて、ということで、何が違うのかちょっと考えてみた。

 まず、MTだから運転しやすい、というのはさておく。MTのほうがATよりも運転しやすいというのは我が家固有の事情で、むしろ車体のデザインにその原因があると思われるのだ。

 写真は、「最近の車」ということで現行のアルトとKeiを比較したものである。まず、アルトは窓が小さい。ドアやスカットルが高くて窓の下端が高い位置にある。また、運転席の位置が後方に移動していて、高い窓の下端と相まって前方に大きな死角を作り出しているのである。これは、運転のしにくさにつながる。特に奈良のように昔の路地がそのままになっているような狭い道で、車体の直近にあるものが目視できないというのは大変不便だ。これをカバーすべく最近では「アラウンドビューモニター」などが装備されているようだが、いちいち画面を見なければわからないよりも、直接目視して確認したほうがスピーディだと思う。

 そのほかにも、アルトはホイールベースが伸びていることや、Bピラーが後方に移動して後席も後ろに移動していることなどがわかる。アルトのトランクが極端に狭いのは、そういうわけなのだ。トランクスペースを諦めて、人間の乗るスペースを最大にしている。我が家の用途ではトランクのスペースが大きいほうが有難いことは何度か指摘したとおりである。アルトは大人四人と荷物を積むことはできないと割り切っているようで、それが可能なKeiより実用性が大きく劣っている。

 もちろん、Keiと比較するならハスラーだろうという指摘もあるだろう。しかし、ハスラーは極端に全高が高く、これはハイトワゴンのカテゴリーに近いものだ。普通の乗用車の全高に近い車種ということでは現在アルト、ミラくらいしかなく、比較対象としてアルトを選んだものである。このように、今は「普通の」軽乗用車が無いので、購入したい軽自動車が無いのだ。困ったものである。
Posted at 2018/02/20 22:30:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | Kei | クルマ
2018年02月19日 イイね!

軽、じゃなくてKeiで十分

軽、じゃなくてKeiで十分 日本のデスクトップPCのフォルダから3年前の2月20日に撮った写真が出てきた。Kei1号で家族で秋田県の湯沢に一泊旅行に行ったときのものだ。妻が旅行中にインフルエンザに罹り大変だった記憶がある。

 ここ3年、家族で旅行に出かけるのにKeiを使っていて、長距離旅行でもKeiで十分だと思う。ただし、軽ならすべてOKだとは思わない。たとえば、ミラやアルトだと後席の造りが簡素すぎるし、エンジンパワーも足りない。タントなどのハイト系では重すぎて走らないしロールや横風の影響が大きすぎる。そして何より、ターボ+MTで高速道路の上り坂でもキビキビ走れる軽がアルトワークスといった特殊なモデルしかなくなってしまった。CVT車はこういう状況でエンジンが高回転まで回り騒音が大きい。Keiなら
5速のままで床までアクセルを踏んでいれば、メーター読みの110キロ、実速100キロ程度を維持できる。

 車内の空間も、Keiなら頭上のスペースも余裕があるし、トランクが広いのも良い点だ。その分後席の足元は狭くなるが、必要最小限のスペースはあり、窮屈な思いはしなくて済む。冬場の旅行は防寒着などが嵩張るが、衣服のような不定形のものは意外とたくさん積むことができる。下手なリッターカーよりも四角い形のおかげで多く積載することができる。Keiは一応分類的にはRVになるらしいのだが、それにふさわしい積載量を持っているといえる。後席も分割可倒式なので、片方だけ倒してクーラーボックスやスーツケースのような大物を積むことも容易だ。

 残念ながら、現行モデルではKeiのような長距離家族旅行に使える軽自動車は無くなってしまった。強いて言えばアトレーのような1BOXがそれなのかもしれないが、これは乗り心地が悪いし重くて走らない。そして何より、ターボMTで乗用車仕様のものがない。結局、新車購入する車種がなく、次もやはりKeiの中古で、となりそうな予感がする。しかし、生産終了からもうすぐ10年が経ち、程度のよい中古車の入手は困難になりそうで、「次は何に乗るのか」を真剣に考えないとならなくなりそうだ。
Posted at 2018/02/19 23:07:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | Kei | クルマ
2018年02月18日 イイね!

圧倒的

圧倒的 もう使うことはないであろうチャイルドシートをハードオフに引き取ってもらった。娘が3歳になったときに購入したチャイルドシートである。このシートに載せて保育所に送迎していた娘が今は小学校高学年なのだから、月日の経つのは早いものである。

 シートといえば、中古レカロの快適さはまさに圧倒的である。ノーマルシートに座って仙台から奈良まで行って、奈良でシートを交換してから広島に行き、広島から仙台に直接帰ってきたのだが、奈良に着いたときに尻や脚に感じた痛みは奈良から広島に向かううちに消失、広島に着くころには朝より元気になっているような状態だった。座面の面圧の分散のしかたと上半身のサポートは理想的で、疲労がまったく蓄積しない。広島から仙台まで約1200キロ、15時間の連続移動だったがまだ500キロは走れそうなほど余裕があった。

 何が違うのか観察してみると、背もたれの腰のあたりが硬くてほとんど沈まないことが大きく違う。国産車のシートはこのあたりがSバネで支えられているので、かなり沈みこむのだ。このあたりが沈むと背骨が猫背なカーブになる。背骨のカーブが猫背になると頭が前に出て肩が凝るし、骨盤も倒れて腰や尻が痛くなる。レカロは硬いので、いつもコツコツと背中を押されて正しい姿勢を強制されているような感じだが、これが疲れない秘訣のようである。

 もっと早くからレカロにしておけば楽できたのに、と思うとちょっと悔しい(笑)。
Posted at 2018/02/19 00:19:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | Kei | クルマ
2018年02月14日 イイね!

どこまでも行けそう

どこまでも行けそう シートをレカロに換えて、Keiはいっそう長距離ツアラーとしての適性を高めることになった。特別に静かだったり直進性が良かったりパワフルだったり、そんな「贅沢」とは無縁なのだが、とにかく素直なハンドリング、自然な操作性でドライバーの感性に逆らうことがなく、熟練したドライバーが丁寧に操作してやれば実に滑らかに走る。同乗者は不意な挙動に驚かされる心配がなく、安心して眠っていられる。

 納車されてから不具合を感じた個所は、シートがへたっていること、シフトがひっかかること、リアの熱線のスイッチが壊れていること、ショックアブソーバーが抜けていることの4点で、シートは交換、シフトはレバーの根本のブッシュにシリコンスプレーをかけて改善した。残る熱線のスイッチはGoo保証で修理してもらうことにする。ショックアブソーバーは今年10月の車検時にKYBのNewSRに交換するつもりである。今度はストラットのベアリングやゴムブッシュもすべて交換してしっかりリフレッシュする予定である。

 ちょと高かったけどそれだけの満足感はある、今回の中古車選びはまずまず成功だと思っている。

 あすは路面電車で広島観光に行く予定。Keiは1日お休みである。明後日は一気に広島から仙台へ戻るつもり。1200キロ以上連続移動は近年なかったことなので、Keiがどの程度の実力かしっかり見極めるつもりである。できれば妻にも運転してもらって後席のインプレもするつもり。
Posted at 2018/02/14 23:00:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | Kei | クルマ
2018年02月13日 イイね!

ただ者ではない。シートはレカロだ。

ただ者ではない。シートはレカロだ。 今日は奈良の山奥にある先祖の墓にお参りしてきた。奈良にも12日朝雪が積もり、山間部の道にはしっかり残っていた。急こう配の山道で凍結していても四駆でスタッドレス装備のKeiなら簡単に走破することができた。

 昨日の夕方、運転席シートを中古のKei純正レカロシートに交換した。その結果、座り心地が大幅に改善し、車自体が高級になったように感じる。シートだけでこんなに印象が変わるのだから、メーカーはもっとコストをかけて作ってほしいと思う。Keiは本当によくできた車で、リアシートなんて軽のレベルを超えている。大人がしっかり座って時にはリクライニングを倒して寝ながら800キロ以上移動できる優れたものだ。14時間も車に乗っていればかなり不満が出そうなものだが、Keiではまったく問題ない。運転していても、エンジン、トランスミッション、サスペンション、ハンドリング、ボディ剛性、視界、安定性、乗り心地、すべてが「ディメンジョンの中で実現できるまっとうな水準」でまとめられていて、高級感はないにしても「これは酷い」ということがない。ものすごく良心的な設計で、いまだこれを凌駕する軽自動車は発売されていないと正直感じている。

 まあ、燃費がリッター12キロ台と驚異的に悪いことは玉に瑕なのだが・・・。

 この燃費はフルタイム4WDという「重い」駆動系だからなのだろうが、こういう車重、エンジン出力の割に足まわりが「重い」車というのは運転しやすく、基本的に安全である。雪道でも気楽に走らせることができる。横滑り防止装置が無いから横滑りしたら自分の手足で修正しなければならないが、修正が容易な扱いやすい性格だ。Keiは現時点ではスズキの軽自動車ベスト2の傑作であると改めて評価しておく。ちなみに最高傑作はジムニーである。
Posted at 2018/02/13 23:27:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | Kei | クルマ

プロフィール

「「行ってきます」「東京を離れます」などの短いコメントとともに、空港の写真をインスタグラムなどに投稿する中年男性は「空港投稿おっさん」と呼ばれウザがられる存在らしい。だって、空港にいるときってヒマなんだもん。Wifiはつながるしね・・・。」
何シテル?   10/14 14:27
日本、米国、そしてベトナムで運転してきました。国が変わっても運転好きは変わりません。大型、牽引、二輪など各種免許を持ち、バス、トラック、タクシーなどの乗務経験が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

夫婦でツーリングするにはいいバイク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/04 07:37:26
ベトナムをバイク旅行したい場合・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/04 08:49:48
Mr.KAMEのページ 
カテゴリ:カメ
2013/05/05 20:50:40
 

お友達

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フューチャー125 モダンなカブ (ホンダ フューチャー125)
ベトナム購入のメイン機。実用性ではトップレベル。
スズキ Kei Kei二号 (スズキ Kei)
10年落ち、53850キロ走行でやってきた我が家(社)のメイン営業車。現状Kei以外に特 ...
カワサキ VERSYS-X 300 KAWASAKIか・・・ (カワサキ VERSYS-X 300)
ベトナムの道なき道を旅するつもりで購入したツアラー。軽くて取り回しよく、ベトナムで使うに ...
スズキ Kei スズキ Kei
 10年落ち、113960キロ走行で買った中古車。かなりの勢いで回るプジョー308の走行 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.