• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

素浪人☆のブログ一覧

2021年05月06日 イイね!

右折時は道路の右端に寄って小回りすべし?

右折時は道路の右端に寄って小回りすべし? 教習所では「右折時は交差点の中央手前まで直進状態のまま進み、対向車と進行方向の安全確認をしてから交差点の中央の手前寄りを大回りする」と教わったような気がするのだが・・・  



 一瞬自分が右側通行の国にいるのかと思った。連休中はヘンな運転が多いなぁ。
Posted at 2021/05/06 09:35:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 交通安全 | クルマ
2021年05月05日 イイね!

雨の洗車祭り、開催!

雨の洗車祭り、開催! 久しぶりに洗車をしようと外に出たら、雨だった。しかし、ここでめげずに準備を進める。洗車ホースを洗濯機の水栓に繋ごうとして「あれ?」と固まった。洗車ホースのソケットが水栓に合わず、装着できない。前にもこの洗車ホースを使ったはずなのだが、なぜ繋がらない?前にホースを使ったのは1年くらい前だったっけ。この1年で何か変わったっけ?まあいい、いつもの「ボケ」だろう。洗濯機の水栓用のソケットを買いにホームセンターに走った。

 ホームセンターから戻り、洗車をし、車内を清掃し、勢いでタイヤローテーションまで進める。例年なら夏タイヤに履き替える時期だが、今はスタッドレスを履きつぶしているのでローテーションのみ。



 このとおり、スタッドレスとしての寿命は終わっており、タイヤとしての摩耗限度も近い。次のオイル交換のタイミング(3,000km後)でタイヤも交換だな。
Posted at 2021/05/05 20:36:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2021年05月05日 イイね!

変な雲・・・

変な雲・・・ 変な雲…と思い写真を撮ったが、翌朝起こった地震でバタバタしていてアップが遅れた。山の上にかかる傘雲に似ているが、山ではない。「青葉山」といえども、本格的な山ではないのだ。

 ここ数日、地震があったり大雨降ったり強風吹いたり雹が降ったりと慌ただしかった。一番困ったのはエレベーターが多数停止したことだ。さすがに30階とかあるタワマンは再起動が早かったが、中層のマンションなどは復旧が遅れ、6階、7階まで歩いて上り下りすることになった。この、地震のたびにエレベーターが止まり、配管が破れ、外壁のタイルが崩落するという現象は、マンション購入の際に考慮に入れておく必要があるだろう。耐震基準に適った建物でも、それは「倒壊しない」というだけで、震度6程度の揺れでは損傷を受ける。建物本体だけではなく、若林区や宮城野区のような地盤が緩い地域では、敷地の沈降でエントランスが浮き上がってしまったり、敷地のタイルが捲れ上がる被害も出ている。それらの補修費は、保険で出る部分以外は所有者たちで分担する必要がある。

 しかも、「震度6程度の地震」に遭遇する確率が、異常に高い気がする。10年前の3.11で1回、4月の余震で1回、そして今年2月の地震である。10年のうちに3回あった。この2月の地震で壊れた建物は今破損個所の修理に取り掛かっているようだが、またすぐに壊れそうな気がする。仙台市だけではなく、首都圏の直下型の心配があるし、東海、近畿の都市も南海トラフの地震が予想されている。それらの地震が起こるとき、仙台市と同じように前震とも余震ともいえるような頻繁な地震に見舞われるかもしれない。そうすると、マンションのエレベーターが止まり、配管が破れ、外壁が崩れる…。広範囲でそれが起こると修理業者の手も回らない。

 そんな記事を書いているうちにまた揺れている。今のは震度2くらいか。日本では地震は「日常」で、震度6は「ときどきある」程度の認識でいるほうがよいみたいだ。
Posted at 2021/05/05 03:15:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2021年04月28日 イイね!

思ったように曲がれるって、なかなか・・・ない。

思ったように曲がれるって、なかなか・・・ない。 気分転換に蔵王に行ってきた。今回は通行料を払ってハイラインまで行き、御釜を見てきた。御釜まで行くのは何年ぶりだろうか。

 道中例によって蔵王エコーラインを楽しんだわけだが、Keiってやっぱりよくできていると思う。コーナリング中の姿勢変化、ロールやピッチング、前後のグリップバランス、舵角とコーナリングフォースの関係、荷重移動とステア特性など、どれもがバランスが取れていて、しかも高レベルである。うちのKeiは「ワークス」などのスポーツモデルではなく、普通の足まわりなのだが、一般的な軽乗用車より径が大きいタイヤを装着しており、そのおかげか地面に貼りつくような安定感がある。ちょっと大げさかと思うが、欧州車のハンドリングを想像させるものがある。ステアリングを切ったら切っただけ、グリッとニュートラルステアで切れこんでいく。摩擦円の限界に近づいても滑り出しは穏やかでラインはほとんど乱されない。

 「ステアリングを切ったとおりに素直に曲がる」というのは、当たり前のようでそれができる車種とできない車種がある。それは実際に運転してコーナリングを試してみないとわからないので、買った車で「ハズレ」を引くこともある。うちではK11マーチとサンバー、そしてKeiを複数台購入している。そのどれもが、「運転して気持ちよいハンドリング」だと感じたもので、気に入ったものは何度も購入している。ハンドリングが気に入らない車はどうしても好きになれないもので、すぐに手放してしまうから、金銭的な面でも冒険は避けたいと思うのだ。

 Keiはもうかなりポンコツになってきているが、良い車なので手放したくない。次の車(もう車は買わないんじゃないのか、というツッコミはなしで)が「ハズレ」だったら目も当てられないし。Keiと似た性質という点ではアルトワークスあたりが良いのかもしれないが、こればかりは試してみないとわからない。エブリイのターボクルーズはどうだろうか…。
Posted at 2021/04/28 19:13:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ談義 | クルマ
2021年04月26日 イイね!

CO₂排出量20%削減!

CO₂排出量20%削減! 3月以降、業務時間が午後中心から午前中心に移った。その際、燃費節約のため実施したことがある。それは、こまめなアイドリングストップだ。アイドリングストップにより燃費が節約できることはわかっていたのだが、バッテリーが不安、キースイッチやセルモーターの寿命が縮まるなどの問題があり、実行していなかった。午前中心ならヘッドライト等の電装品によるバッテリー消費が軽減されるので、こまめなアイドリングストップが可能と判断したのだ。

 結果は一目瞭然。10km/l 前後だった市街地(配達)燃費が12km/l 前後に改善した。月あたり走行距離が2000km、ガソリン価格がリッター140円として試算すると28000円が23000円に、約5000円節約できたことになる。当然、CO₂排出量も2割削減だ。ちょっといいことした気分である。

 もっとも、1日100回以上エンジン始動、停止を繰り返すことで、不具合が生じる心配は残る。今のところ、350kg積載の軽トラ、軽バンでアイドリングストップ機能を備えるのはN-VANだけのようである。他の車種(エブリイ、キャリー、ハイゼット)にも搭載してほしい。マイルドハイブリッドだと更にいいのだが、コスト面を考えるとメリットは少ないか。月5000円、3年で180000円節約できるガソリン代と比較すると「ただの」アイドリングストップが限度かも。
Posted at 2021/04/26 01:40:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 省エネルギー | クルマ

プロフィール

「右折時は道路の右端に寄って小回りすべし? http://cvw.jp/b/122990/45085453/
何シテル?   05/06 09:35
日本、米国、そしてベトナムで運転してきました。国が変わっても運転好きは変わりません。大型、牽引、二輪など各種免許を持ち、バス、トラック、タクシーなどの乗務経験が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

燃費記録 2021/04/19 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/04/19 06:34:37
 
交通安全環境研究所 
カテゴリ:自動車
2008/11/12 23:05:56
 
NASVA(独立行政法人自動車事故対策機構) 
カテゴリ:自動車
2007/08/11 21:37:42
 

愛車一覧

スズキ Kei TB3号 (スズキ Kei)
新コメント:TB3号は人員輸送用で、TB1号、2号と異なり単独で他のメカを輸送することが ...
ホンダ フューチャー125 フューチャー号 (ホンダ フューチャー125)
新コメント:フューチャー号は通常ベトナム社会主義共和国の首都ハノイに配置され、政府関係者 ...
スバル サンバートラック TB1号 (スバル サンバートラック)
新コメント:TB1号は高機動型で要請に応じて先行出場し、状況把握、適用機材の選択、開発、 ...
スバル サンバートラック TB2号 (スバル サンバートラック)
新コメント:TB2号はTB1号と同様高い積載性と推進力を持つ。TB1号で先行テストされた ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.