• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

素浪人☆のブログ一覧

2015年11月02日 イイね!

バイクってエコだよね・・・?

バイクってエコだよね・・・? 前で給油してる女性、バッグの中に「アラジンの魔法のランプ」的デザインの何かを常備しているようだが、いったい何に使うのだろう。

 ところで、ベトナムで使われている4段変速の100cc前後のバイクは市街地でリッター70キロ以上走るのだが、これってかなりエコなのではないだろうか。この種のバイクも、30年くらい前はリッター50キロも走らなかったと思うのだが、ギアの多段化、低フリクションのエンジン、電子制御燃料噴射の採用などにより、燃費が随分向上しているのである。四輪車だと、カタログ燃費は30キロだ、40キロだと言っているものの、市街地燃費は良くて20キロといったところである。確かに、バイクは二人しか乗れないのに対し四輪は五人乗れるから、一人あたり燃費ということを考える余地はあるけれど、市街地では四輪でも一人か二人しか乗っていないのがほとんどのように見受けられる。同じ二人が移動するのに燃料が三分の一以下で済むバイクってエコの優等生なのではないだろうか。

 バイクが優れている点は絶対的な燃費だけではない。路面の占有面積が小さいので渋滞を引き起こしにくいし、ちょっとした隙間があれば駐車することができる。皆がバイクに乗れば、限られた交通インフラを有効利用することができるのだ。都市部の移動手段として、バイクは極めて合理的だと思われる。

 しかし、バイクがエコの優等生として注目されるという話はあまり聞いたことがない。今ベトナムで路上を埋め尽くしているHONDAやYAMAHAのバイクも元はといえば日本発祥である。日本でも「エコのためにバイクを活用しましょう」ということになってもよさそうなのに、なぜ無視されているのだろう。自転車は確かにエコかもしれないが、上り坂が大変だし一人しか乗れないし荷物もほとんど積めないから輸送能力が小さすぎる。日本でいうところの「二種原付」は日常使用の輸送手段としては理想的なもののように思う。もっといろんな車種が売られるようになるといいと思うのだが・・・。
Posted at 2015/11/02 00:55:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 省エネルギー | クルマ
2014年03月09日 イイね!

もうちょっと熱いほうがいい

もうちょっと熱いほうがいい 今日は吹雪模様で真冬に逆戻りしたような天気だった。そんな日でもリーフの起動はスピーディである。暖機運転など要せず、エアコンを入れるとヒートポンプですぐに温風が吹き出す。エアコン稼働中も家庭用のエアコンと同じような唸りが低く聞こえるだけで静かである。エアコン稼働中は電池残量計がどんどん下がっていくけれど、快適さは十分である。

 一方、吹雪の中ではリーフが「省エネ仕様」になっていることで、けっこう困ったことが起こる。LEDのヘッドライトは点灯中でも雪が積もっていく。ハイビームにしているとじわじわ溶けるようなのだが、ずっとハイビームにしているわけにもいかず、フォグランプに頼るしかない。



 テールランプはもっと深刻である。縦一列にLEDが並んだようなリーフのテールランプはまったく雪を溶かさず、走行風で雪が吹き飛ばされることもない。ハイマウントストップランプもLEDなのでこちらも雪が積もり放題。ウインカーも見えない。




 エンジンルームに熱源がないのでボンネットにもどんどん雪が積もる。視界を遮るほどの高さにはならないのだが、エンジン車のように溶けて落下することはなく、2、3センチの厚みに付着したままになっている。



 最後に、バッテリー温度が下がると充電効率が低下する。残量25パーセントで急速充電に30分かけても65パーセント程度までしか充電されない。仕方なくエアコンを切って節電すると今度は窓にも雪が積もる。雪の中ではあまり使いたくない車である。
Posted at 2014/03/09 00:57:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 省エネルギー | クルマ
2014年03月02日 イイね!

リーフでお出かけ…高速・山道編

リーフでお出かけ…高速・山道編 リーフでいつもの蔵王温泉に行ってきた。往きは国道48号線で山形市まで出て、そこで急速充電してから蔵王温泉に登ることにした。山形市に入った時点で航続距離はまだ70キロ以上残っていたのだが、山道で急速に減少するはずなので、その前に充電しようということである。お出かけ前に運行計画ならぬ充電計画を立てないといけないのがEVという乗り物である。
 山形の日産プリンスでは順番待ちはなく、45分ほどで充電完了。そこから30分くらい先の蔵王温泉を目指す。航続距離の表示は145キロになった。



 ここからは急な登り坂である。が、パワーは十分で、カーブでの減速を最小限にして電費を保ちつつ、軽快に駆け上がる。硬めの足回りで回頭性もよいので、スポーティとは言わないまでもそこそこ速く山道を走ることができる。電池の消耗は予想通り多目で航続距離の表示は一気に60キロ台に低下した。これは相当心臓に悪いが、下りで取り返すことを期待しておく。それよりも、気温が氷点下になると同時に濃い霧が出て、おまけに雪まで降ってきた。ワイパー、フォグランプ、デフロスターと電気をいっぱい使っているから、航続距離に響きそうである。



 温泉に入って、帰りの山道を下る。回生ブレーキにより充電されるので、今度はまったく電池残量が減らない。ガソリン車でもフューエルカットが働くから燃料は減らないが、エネルギーを回収することはできない。回生ブレーキはフェードやベイパーロックの心配がいらないのもよい点だ。電池残量が気になるのでフォグランプを消し、デフロスター(エアコン)を止め、窓を少し開けて曇りを防ぎながら走る。車内でも吐く息が白い。山道を下り終えた時点での航続距離は108キロとなった。ここでもう一回急速充電をかけるか否かで迷うが、エアコンオフのままなら余裕で帰り着けると判断して、そのまま行くことにした。



 帰りは山形道を使う。この区間はアップダウンが激しく非力な車にはツライところである。リーフは高速域でも活発に走る。なによりエンジン音がなく静かなのがよい。これで航続距離がもっと長ければ秀逸な高速ツアラーとして使えるのだが・・・。



 自宅近くの日産店に辿りついたときの航続距離は36キロで、まだ若干余裕があった。いつもの温泉ドライブの往復160キロくらいなら、リーフでもなんとかこなせそうだ。エアコンオフではせっかく温泉で暖まった身体が芯まで冷えてしまうけど・・・。



Posted at 2014/03/02 20:13:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | 省エネルギー | クルマ
2014年03月01日 イイね!

充電以外は....

充電以外は.... 電気自動車というとどうしても充電と航続距離の話になりがちなのだが、それ以外の面でリーフの使い勝手はどうだろうか。

 普通に走行していると、リーフは特別な車ではないと感じる。ティーダやノートといったおなじみの日産車と共通の乗り味で、狭い道を走る際に取り回しのよさを感じさせるし、少しペースを上げてもきちんと操作に反応する。重量があるのでサスペンション、タイヤ、ブレーキが相応に強化されていて、それが少しカッチリした重厚感ある乗り味に寄与している。1.5トンといえば2500ccクラスの重量なので、落ち着いた乗り味になって当然というわけである。もっとも「高級車」といえるほど洗練されているわけではなく、エンジンの騒音や振動こそ無いものの、ゴツゴツザラザラとした路面の凹凸をけっこう正直に伝えてきて、大きさ(クラス)相応の乗り心地である。

 走行感覚はEV独特のもので、ショックや振動、騒音と無縁のまま滑るように走る。トルクを出すのに回転数を上げる必要がないので、0キロから100キロまで軽いモーターの唸りとともに緩急自在に操れる。減速も大容量の回生ブレーキをアクセルとブレーキで操作すれば油圧式ブレーキをほとんど使わず行うことができる。独特だが、運転者の感性にもマッチし、電気自動車の速度制御、発進停止の操作はイージーで快適である。極低速で走るのもやりやすいので、車庫入れのような場面でも安全である。

 運転席の居心地は、ルーフの前後端が下がっているデザインのせいか、なんとなく閉所感がある。スカットルが高くボンネットが妙に分厚いこともあって、フロントガラスの上下の幅が小さい。着座位置が高くアップライトな姿勢をとらせるので前方視界に問題はないが、なんとなくお行儀良く座らされている感じで膝まわりの余裕に乏しい。室内幅や室内高はちゃんとあるのに、広々とした感じがしない。これはプジョー308と比べるから余計そう感じるのかもしれない。



 トランクは、その外観から想像するより広く、深さがある。それでも、このクラスの標準的な容量よりは小さい。大きなものを積むときはリアシートを倒して積むことになるだろう。

 明日はいつもの山道と高速道に連れ出す予定である。通勤以外の場面での使い勝手をレポートする。
Posted at 2014/03/01 20:10:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 省エネルギー | クルマ
2014年02月28日 イイね!

いつも通りにはいかない

いつも通りにはいかない リーフ通勤2日目。今日も暖かい朝なので、エアコンオフで出発。



 勤務先に着いたときの航続距離はこんな具合。今日は通勤だけでなく仙台市街まで用事で往復する。1日の走行距離は100キロ程度になる予定だ。途中で充電しないと少し不安な距離である。

 仙台市街に到着し、いつもの駐車場に入れようとすると、係員に制止された。高さが制限を超えるのだという。高さ制限の154センチに対し、リーフの全高は155センチ。わずか1センチの差で入庫できなかった。これはちょっと想定外である。しかたなくターンテーブルで転回してもらい他の駐車場を探す。そしてたまたま入った駐車場にはEV充電用の200ボルトコンセントがあった。リーフのトランクから充電ケーブルを取り出し接続。リーフはここで充電しておいて、歩いて用事を済ませることにした。



 用事を済ませ、3時間後に戻ると満充電になっていた。タダで充電できて得した気分だが、この駐車場の料金はいつもの駐車場の倍なので実際は持ち出しになる。

 職場に戻り、帰宅時にいつもの日産店の急速充電器で充電する。今日は先客がいて順番待ち15分、充電30分かかった。例によってブログ記事を書くなどして時間をつぶす。バッテリ持ちのよいYOGAタブレットはこんなとき便利である。

 リーフ使用2日目で思ったのは、充電の際に太いケーブルを扱うのはスマートじゃないということだ。ケーブルが地面に触れて汚れるので、それを扱う手も汚れる。うっかり服などにケーブルが触れると服も汚れる。電気自動車というとなんとなくクリーンなイメージがあるのに、実際はそうでもない。非接触式の充電方法のほうが好ましい。
Posted at 2014/02/28 20:08:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 省エネルギー | クルマ

プロフィール

「@こるり 他にも、小さな試験管のような容器一つで検尿を取らされたり(ローカル病院)。難易度高めです。」
何シテル?   08/21 12:17
日本、米国、そしてベトナムで運転してきました。国が変わっても運転好きは変わりません。大型、牽引、二輪など各種免許を持ち、バス、トラック、タクシーなどの乗務経験が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ベトナムをバイク旅行したい場合・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/04 08:49:48
Mr.KAMEのページ 
カテゴリ:カメ
2013/05/05 20:50:40
 
交通安全環境研究所 
カテゴリ:自動車
2008/11/12 23:05:56
 

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フューチャー125 モダンなカブ (ホンダ フューチャー125)
ベトナム購入のメイン機。実用性ではトップレベル。
スズキ Kei Kei二号 (スズキ Kei)
10年落ち、53850キロ走行でやってきた我が家(社)のメイン営業車。現状Kei以外に特 ...
カワサキ VERSYS-X 300 KAWASAKIか・・・ (カワサキ VERSYS-X 300)
ベトナムの道なき道を旅するつもりで購入したツアラー。軽くて取り回しよく、ベトナムで使うに ...
スズキ Kei スズキ Kei
 10年落ち、113960キロ走行で買った中古車。かなりの勢いで回るプジョー308の走行 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.