• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GAMMAのブログ一覧

2010年10月31日 イイね!

近畿ジムカーナ部会練習会

名阪Dコースまでパイロン攻略に行ってきました。
天候の方は、午前中は曇り、昼前からサラサラと降り始め、14時頃から本降りになってきました。

とある部会の反復練習

午前は徹底的にターンの反復練習。
もちろんまともに回れないのは私くらい(汗)
しかしここで気が引けても仕方がないので、とにかく色々試してみることに。

ついいつものクセでFFターンをしてしまいますが、少しずつでもタイミングを変えてみたり、慣れないまでもサイドを引く際にクラッチを切ってみたり...でも、どうも手応えがない。
簡単と言われるターンが全然できなかったり、今までできないと思っていたターンが何回かできたり。もう自分でも訳がわかりません。

しかし今回は全日本な講師が2人。
特に古谷選手にはセンタービスカスの4駆という事を前提に的確なアドバイスをいただけました。

・前後の差動が大きいと失敗しやすいのでサイドは極力低速で引く事。
・ブレーキング中にサイドを引いていると成功して、ブレーキを終了してからだと失敗しているので、なるべくブレーキを長くするために高めの速度から進入できるようなライン取りをすること。

なるほど!と目から鱗が落ちました。
1つ目は確かに理屈どおり。わかりやすいです。
そういわれると低い速度の方がFFターンの成功率が高いです。
高い車速で成功した時はどっちかというと4駆らしく振り回す走り方の事が多いです。

2つ目も言われると思い当たる節が色々と...
今日も基礎練習でぐるっと旋回中に横Gがのった状態でのターンがあったんですが、右はまだ回るが左が全く回らず。
その原因は左旋回は重心が右寄りなアルトでは右前輪にかなりの負荷がかかってしまい、ちょっと強めにブレーキを踏むとアンダーが出てしまうので、どうしても弱め短めのブレーキになってしまっているのです。
そういう意味でも左旋回は過去の実績からも真っ直ぐ入って早めにサイドを引く方が成功率が高いかも。
少しでも回り込んで、と思ってしまうと確かに失敗していました。最終戦とか。

ただこれは最後の1本でのアドバイスだったので本日は試す事ができず...来年への課題ですね。
まぁ、チャンスがあればG6で試して、JAFCUPに活かせるかもしれません。
あとは左右で色々事情が違うので、色々と使い分ける必要がありそうです。
この辺の仕分けが今後の課題になりそう。

他に気付いたのは、ニューエンジンは下のトルクが無いので、今まで2速で回っていたコーナーも小さい場合は1速まで落とした方が良さそうです。
しかし上の方は気持ち良いくらいパワーが出ていて楽しいです。

-----

では、練習会のお約束。「今日のトラブル」のお時間です。
午後のコースでの2本目。左ターンの途中でエンスト。
その後エンジンがかからず、パドックまで押して頂きました。(スイマセン)
クランキングに手応えが全くないので燃料系か点火系の気がして、ヒューズか、燃料ポンプか、はたまたプラグか、と調べてみるが異常なし。
結局訳がわからないままキーを捻ったらエンジンがかかりました。
原因は不明...自然復旧したんですが、こういうのは気持ち悪いですね。

その後の走行と帰り道では問題無し。
とりあえず様子見しかなさそうです。

-----

あとはやはりラジアルに慣れず、アンダーだしまくり。
雨になると余計に顕著で、よほど抑えて走らないとダメなようです。
染み付いたSタイヤの感触がなかなか離れません。これもキョウセイで再確認要です。

オイルの方は少し汚れてきたようですが、量は全然減っていないので安心です。
なのでキョウセイにいく前にエンジンとミッションオイルを交換することにします。
それと今日はタイヤを酷使したので、タイヤの裏組みもしておきたいですが、タイミングが微妙...ちょっと真剣にスケジュール考えないと!
しかしこのタイヤ、JAFCUPが終わったら完全に町乗り用だな(^^;
Posted at 2010/10/31 22:56:16 | コメント(7) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2010年10月30日 イイね!

参加者リスト!!!

今日、JAFCUPとG6の受理書が同時に到着しました。
JAFCUPの封書にはエントラントリストが同封されていました。
R1クラスは14台、ちなみにG6のK1クラスも14台。
これは何かの予兆でしょうか...という事は勝っとかんといかんのだろーな(^^;

とある祭事の参加受理

ということで昼から散髪に行って、その後から小メンテです。

まずはステアリング交換。
今まで使ってきたATCのステアリングはお気に入りだったんですが、スウェードがテカテカになってきたのでそろそろか、と数年ずっと考えていたものをやっと交換しました。

ATCラリー

で、いざ交換しようと思ったら、ネジの形がナベ→皿だったり、ホーンボタンがグラグラでサイズが合わなかったりで、一旦後回しにした結果、なんだかんだで夜に夜になってしまいました。

ちなみに私のステアリング選びの条件は以下の通り。

1.グリップがスウェードであること。ただし今のグローブとの相性が良くないので、今回はあえてレザーにしました。
2.イエロートップが付いている事。
3.なるべく人の使っていないもの。と言いつつデザインはシンプルなもの。
4.直径は350mm、オフセットは浅めのもの。
5.2本スポークが好みだが、4との兼ね合いでなかなか難しい。

ということで探しまくった結果JURAN製を選択しました。

JURANラリー

ATCに比べるとグリップは気持ち細め?握った感じは硬いです。
とりあえず明日の練習会から急いでこれに馴染まないといけません。


ステアリングの交換を保留している間に、O2センサを交換。
純正O2センサが以前たまーにやけに濃くなる事があったのですが、その後はA/Fロガーから疑似出力を出してECUに入れていたのです。
が、現状ロガーが修理中なので純正を交換する事にしました。

ちなみに純正だと2万半ば、NGK製でも2万ほど。
素性の知れないメーカーのものは使いたくないので色々探していたらBOSCHの汎用品(型番:15729)が1万円以下で売られていたので、それにしました。
汎用品なのでコネクタは流用する必要があるのですが、値段とメーカーの信頼性を考えたら無難な選択でしょう。

ちなみにBOSCHのセンサーは逞しくて太い方です(^^;

O2センサー

ちなみに電気配線図集を見ながら結線しようと思ったのですが、どうも怪しい。
常識で考えると極性の無いヒーターが白×2本のコードになりそうなのですが、そうなっていません。もうコネクタを切り落としてしまったし...と思ってコネクタの形状図を見ても4ピンのはずが2ピンだし...

ということで、サービスマニュアルは無視し、BOSCHの英文説明書を信じて、黒、灰、白×2をその色のまま結線してみました。
まずは旧センサーで栓をして、新センサーは外した状態でエンジンを始動してみます。
エンジンチェックランプは問題なさそうです。
しばらくしたらO2センサーが熱くなってきたので、ヒーターも問題なさそう。

次に正しく組み付けてエンジンを始動。
アイドリングは正常です。やけに回転が高いとか低いとかも無い。
次にECUの配線から電圧を測ってみると、0~1Vで変動しているのでちゃんと機能してそうです。
とりあえず安心しました(^^;
Posted at 2010/10/30 21:55:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記
2010年10月26日 イイね!

一気に冷え込みましたね~

とにかく寒い。
いや、朝はまだマシだったんですが、それでも駅のホームで周りを見渡すと、スーツの上着を着ていない人の姿が見あたらず1人浮いていました(^^;
さすがに帰りは上着を着て帰ったのですが、会社を出た瞬間「寒っ!!」と思って、冬の訪れを感じてしまいました。
って、いったい今何月だ!?猛暑はどこ行った!?

とある初冬の充填効率

しかしこうも寒いと空燃比のセッティングもかなり薄くなりそうで、この時期にA/Fロガーが壊れてしまった事が悔やまれてなりません。
11月の大牟田でフルブーストかけていいもんやら...少し心配になってきました。
それでも前回の舞洲でそこそこ濃い方向へセッティングし直したんですが、また一段と寒いこの状態では若干の不安が残らなくもないです。(今でも決して濃いとは言えないので)

とりあえず奥の手が無くもないんですが、時間もあまり無い...無い無いだらけ(笑)
ちょっと気になっている事もあるので、まずは土曜日は点火時期から見直してみます。
ワーニングランプもまだ取り付けてないですしね。
Posted at 2010/10/27 00:55:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記
2010年10月24日 イイね!

全日本カート

毎年予定がキャンセルになってばかりでしたが、やっと観戦できました。
昼過ぎから雨かと思われましたが(ちょっと期待していたんですが)どんよりとした曇り空のまま最後まで終わりました。
帰り道はしっかり降ってきましたが...

で、改めて知ったんですが、全日本カートのマシンは全て2スト。
シングルとは言え、久々にサーキットで和音で聞く事ができました。あと、エンジンオイルの匂いも懐かしい...いつぞやの鈴鹿本コースでのWGPを思い出します。

とある鈴鹿の二行程機

正直、クラス分けとかも詳しい事はサッパリわかりませんが、SuperKFというのが国内最高峰というのはわかりました。
ちなみにタイムは47秒台...私のアルトが61秒なのでちょっと想像できないですね(^^;
あと当面の目的であった新しい何か、は色々と感じるものはありました。
箱車にそのまま役立つ訳では無いですが、自分の肥やしになればと思います。

ちょっと新鮮だったのがローリングスタート。
遅い4ストのカートで見てても何とも思わなかったのですが、全日本クラスで見るとすごい迫力です。ゾクゾクしました。
あと、後方は白煙で真っ白け...これも2ストの醍醐味ですね。

全日本カート(1)

全日本カート(2)

毎年行きたいとまでは言いませんが、いつも走っているコースで他のジャンルのマシンが走るところを1回見ておく価値はあると思いました。
しかし寒かったのでどうも風邪をひいたようですorz

あとは昼休みにはホンダの育成用のフォーミュラのデモ走行もあったんですが、めっちゃクロスミッション(5速まで使うらしい)で聞いてて面白かったです。
しかも走ってる人のシフトアップのタイミングが絶妙で、毎回レブあててる時間(ほんの瞬間)が同じ長さなので感動しました。
Posted at 2010/10/24 21:43:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2010年10月23日 イイね!

リストラクター外し

今日はyossyさんのガレージで色々とご相談。
私のノックアナライザの表示がおかしいのですが、yossyさんのと取り替えっこしてみたらやはり私のは故障みたいです。これは修理してもらおう...

とあるアルトの最適化

それからIC~スロットルの配管を見直し。
ここは元々90度&90度で配管されており、ブローオフやISCバルブの付く純正の管は妙に細くまるでリストラクターです。
私の今の仕様は両方外しているので、いっそそのリストラクターもどきごと外してしまえと、45度&45度で配管してみました。
最初はアルミパイプを曲げ加工してワンオフしてもらおうと見積もりを取ったのですが、1万8千円とのことで挫折orz
結局シリコンホースを活用して安上がりに仕上げてみましたが、これで十分な感じです。

IC~スロットル配管見直し

実際に走ってみた感じは、アクセルを少し踏み込んだ際のツキが若干良くなっている感じ。
それとブーストにピークが0.5kアップしていました。
ブーストの立ち上がりも気持ちスムーズかな?

高回転のフケは道路が込んでいたのであまり試せていません。
明日鈴鹿に行くので、合流レーンや料金所で試してみる予定(笑)

JAFCUPの前にA/Fロガーも故障したのが少し残念ですが、ノッキングと排気温度は見れるのでもう少しだけセッティングは詰めてみようと思います。
さぁ、当日はブースト何キロかけようか(ぉぃ)
Posted at 2010/10/23 23:48:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記

プロフィール

「@す け さん 私も同じ物を持ってますんで(^^;」
何シテル?   10/16 20:34
21アルトでジムカーナをはじめて18年。 メンテはDIYでチープにモータースポーツを楽しんでます。 2010年にやっと近畿地区戦B1クラスのタイトルを獲得で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/10 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ジムカーナ公式戦参加のススメ(後編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/25 15:07:48
バルブスプリングについて考える 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/06 15:38:36
軽自動車で戦える地区戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/09 19:35:45

愛車一覧

スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
2015年末の横転からの箱替え。 エンジン、足回り、駆動系を始め、パーツ類は全て移植。 ...
スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
エアコン付きの車が欲しかったので。 というのは実は建前で、本当は宿敵カプチーノの弱点を ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
部品が流用できる同型のアルトワークスを探していましたが、同じでは面白くないので4駆に変更 ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
結婚のため維持費の安い軽自動車に乗り換え、というのは建前。やっぱりスズキが好きだし、ター ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.