• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GAMMAのブログ一覧

2021年04月29日 イイね!

G6は自粛、地区戦は中止

5/2のG6ファインアートラウンドを申込みしていたのですが、開催1週間前の4/25に大阪・兵庫・京都にて3度目の緊急事態宣言が発出。周りのお店も一気に休業しはじめ、空気は一転しました。
不用不急の外出自粛、県をまたいだ移動の自粛ということで、数日悩んで欠場を判断しました。
結局のところ「後ろめたさは無いか」「他県に迷惑をかけないか」「万一感染した場合に後悔は無いか」と考えたら悩むまでもない事でした。
特に大阪はもう容易に重傷病床には入れない状態で、重症化したらかなりの確率で死を意識する必要もあります。病床が割当てられても代わりに誰かが犠牲になるかもしれないし、死に至らなくとも後遺症を抱えての生活とか考えたくもない。
あと1年我慢して、ワクチンが行き渡るようになれば事態も好転すると信じて、今は(今年は)我慢の時だと切替えました。


と思っていた矢先に、5/23の近畿地区戦Rd.3が中止の案内…

緊急事態宣言に伴う中止の報告(ORCC)


個人的にも延期の可能性は十分あると思っていたので、際どい判断でモヤモヤするくらいならこのタイミングでの判断は正解と思います。
まぁG6も地区戦の事前練習のつもりだったので、結果オーライとか…

しかしこれで全戦有効になってしまったので、開幕戦のP1での最下位が切実です。
残り3戦優勝すれば自力チャンピオンはまだありますが、今年はほぼ練習どころか普通に走っておらず崖っぷち状態…タイムも心配ですが、きっとまたペナルティが…まぁそれでも勝てたら本物と思って頑張りましょう(^^;
(そもそも自分自身で本物と思って無いのが問題だけど)

でももう1戦でも中止になったら完全に運任せ(他人の不幸待ち)です。
そしたらいっそSB4とかBR1とか転々と戦内クラス旅行でもしてみますかw
Posted at 2021/04/29 10:30:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2021年04月25日 イイね!

水漏れ修理(前編)

全然ジムカーナを走る機会が無く、また再び緊急事態宣言に突入してしまい、さらに次はいつ走れるかも分からなくなってきました。
おかげで車も壊れないし、何も書くことが無いので、久しぶりにバイク修理の事でもと…こんな感じで水漏れしてます。




ちなみにその後Dトラッカー125はヤフオクで買ったにも関わらず、油脂類や消耗品の交換だけで絶好調です。
特にフロントフォークのオイル交換をしたところ、フロントの沈み込みやハンドルの切れ込みも無くなり、とても素直で乗りやすくなりました。

そしてしばらく乗ってみてカスタムしたのは以下3点。
・やっぱり五月蠅いのでマフラーを純正に交換
・スロットル角度が大きいので、YZF-R6のグリップでハイスロ化
・60km巡航になるとちょっと回転数が高いので、ドライブスプロケ1丁増し
これでだいぶいい感じになってきました。
基本あまりイジりたくないので、あとやるならハンドルくらいか。

パワーは排気量並ですが一般道では十分に走ってくれます。
登り坂では高めのギアでは登ってくれない事もありますが、暗峠も基本2、3速で越えられました。
まぁパワーのあるバイクとツーリングに行くと置いて行かれるでしょうけど、車の流れで走る分には十分余裕があります。


と、前振りが長くなりましたが、タイトルからも分かるように、空冷のDトラが水漏れする訳も無く、修理するのは32年選手のVΓです。
2月に冷却水漏れが発覚しましたが、水温(圧)が上がらなければ漏れないし、場所的にも面倒くさそうだし、ほとんど乗らなかったのでずっと放置でした。
でもさすがにDトラばかりも悪いので、暖かくなってきた事もあり本格的に修理に取りかかる事にしました。

漏れている箇所はシリンダーから出ている冷却水パイプ。
漏れは上のシリンダーだけでしたが、念のため前のシリンダーもチェックしてみると同様でした。
まぁレストア時にも錆びていた認識はあったので想定内です(;´Д`)



で、ここまで穴が空いているとパイプを打ち替えるしか無いのですが、まずこれをどうやって抜くか…
車載のままスラハンをパイプ内側に引っかけてみましたが、腐ったパイプ自体に強度が無いので、どうも無理だと判断してシリンダーは外すことに…面倒くさーい、と言いつつも2ストなので4ストに比べると超簡単です。

ナットを5つ外すだけでシリンダーヘッドが外せます。
さらに排気デバイスとナット4つでシリンダーも外せます。2スト最高!!





ついでにセッティングのチェック。
カーボンも焼け具合も悪くない感じです。

で、どうやってパイプを抜こうかとバーナーで炙ってみますが、朽ちかけている手前、なかなかうまくいきません。



ググってみても同様の症状はあれど、具体的に抜き方に触れているサイトは無し。
最悪、完全に朽ちさせるか、パイプを変形させて抜くしか無いか、と思ったのですが、内からひっかけきれないなら外から締め込めばいいのか!と試しにバイプラと組合せてみると無事摘出できました。







あとは部品を揃えて組み立てていくだけです。
ただその部品が廃番だったり(後継車から流用はできそう)、えらく値上がりしていたりで大変なのですが、一部は以前乗っていた後継のVΓのパーツストックがあったので助かりました。



あとはせっかくなのでピストン&リングも交換しようと思ったのですが、計測すると十分基準値だったので、ナラシも面倒くさいのでこのまま使用することに。
でも次は絶対部品が出ないと思って、ピストンは注文しておきました。
部品が揃ったらボチボチ組み上げていきます。

(つづ…かない予定)
Posted at 2021/04/26 00:39:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2021年04月04日 イイね!

圧倒的練習不足と思う

当初、1日雨予報だった名阪スポーツランド。
土曜日の夜には午前中は曇予報に変わっており、1ヒート目勝負の予感。
途中では晴れ間も覗くほどで、本当に雨なんか降るんだろうか…と思いつつも、まぁ名阪ですから(^^;



そんな感じで出走直前で判断してフロントタイヤにG/Sを選択。
タイヤ選択は間違って無かったのですが、スタート最初のスラロームでまさかのパイロンタッチorz
リヤタイヤで縁を踏んでいました。
とりあえず最下位確定ですが、諦めずに最後まで完走。

生タイムも、中間も、後半もトップタイムなのですが当然最下位です。
まぁ、やってしまったものは仕方が無い。
午後は雨なので、出走後は雨が降る前にG/2Sへ交換。
そして2ヒート目はウェットベストを狙って行ったのですが…



スピンorz

さすがにこの速度からでは立て直せない(^^;
という事で、ウェットは中間トップタイムだけ残して開幕戦は散りました。
まぁドライの中間タイムと比較しても負けてたし、その前に実は脱輪もやっているんで、走りきったとしても奇跡は起こらなかったので諦めが付きました。

そのまま天候は悪化していき、終了後には霧も出てきて前回のミドルみたいになっていました。



1ヒートも2ヒートも、ヌルさや操作の雑さが目立つので、完全に練習不足です。
しかし開幕から最下位となると、いきなりシリーズチャンピオンの難易度が上がってきました。
まー今年は開き直ってコツコツとポイントを積み上げていきます。
Posted at 2021/04/05 21:40:35 | コメント(6) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2021年03月31日 イイね!

G6FAラウンド申込み

日曜日の久與ラウンド(キョウセイ)は130台フルグリッドという事で、その状況も考慮して5/2のファインアートラウンド(名阪C)の申込みを早めに済ませておきました。今朝時点ですでに35台とのことです。
しかし何回申し込んでもpaypay払い(バーコード読取り)は支払いが瞬間で終わるし、書留や振込の手数料も要らないし、便利すぎて、全イベントで対応してくれたらいいのにとか思ってしまう。

クラスは地区戦の調整を兼ねて(とは言ってもその次は名阪Eですが)のS4WDでの参加です。というか、屋根下パドックを期待してのエントリーです(^^;
わいさんもSタイヤなので純粋にタイム比較ができるし、KNZ氏もエントリーしそうな雰囲気なので仮想SB1クラスができそうです。

これでだいたい直近のイベントはこんなくらいで、この次は5月下旬の地区戦Rd.3なので、当分申込みは必要無さそうです。
ただここ最近大阪・兵庫の感染者数が急増してきて、今後またイベント開催がどうなるのか、雲行きが怪しいです。何事も無ければ良いのですが…
Posted at 2021/03/31 23:37:03 | コメント(4) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2021年03月30日 イイね!

デジタルトルクレンチ購入

元々トルクレンチは一般的なプリセット型を使用していて、デジタル式には若干馴染みにくさのようなものがあったのですが、昨年LSDのイニシャル計測のためにTONEのハンディデジトルク(以下、デジトルク)を購入してみて、デジタルでも意外と大丈夫という感触を得ました。
どちらかと言うと、いきなり設定値でクリック感が来るよりは、数値やLEDで経過が分かる方が安心感がありました。
ただデジトルクは好きなハンドルが使えるという汎用性がある反面、ボルト/ナット位置からハンドルのオフセットが広いため使いづらさも感じていました。

と言う事で、某ペイ祭フィナーレを利用して、新たにトルクレンチを購入してみました。
大定番はKTCのデジラチェと思いますが、そこはお財布(電子マネー)と相談して、SK11のデジタルトルクレンチで妥協しました(^^;
まぁデジトルク同様に9.5sqで100Nmオーバーまで使いたかったというのもあります。



正逆切替えがレバー式じゃないのが(デザイン的に)若干不満ですが、基本逆回転は使わないので我慢します。
あとケースが大きめですが、稼働部とロック部が蝶番型になっているのは好感が持てました。これなら千切れる心配が無いです。


と言う事で、動作テストも兼ねて、丁度中間位の70Nmでホイールナットを締め比べてみました。
プリセット型はやはり操作が慣れているのもあって、数値のセットも締めるのも早いです。
一方デジタル型は上下ボタンで数値をセットして、締め込みもアラームが鳴るタイミングを探りながらゆっくり回しているのでちょっと時間がかかります(慣れの問題と思いますが)

そしてそれぞれのレンチで締めたナットを、デジタルトルクレンチのピークホールドモードで緩めてみたのですが、意外と結果に差が出てまして、プリセットが63Nmで、デジタルが67Nmになりました。
何度か試してみましたが同様の結果で、プリセットが古いので誤差なのか?それにしても大きすぎる。
と思って、締め付ける(回転)スピードをデジタルと同等レベルにしてみるとプリセットも67Nmに…って、締めるスピードでこんなに差が出るもんなの?1割差ってトルクレンチの精度の3倍の誤差やん!
ちなみにプリセットをもっと急いで締めると57Nmとかもう使い物にならんレベルでした。
実際ゆっくり締めた方がナットの回転角度も深い…でもそういう話しって聞いた事無いし…
とりあえず過去に締めてきたボルトは緩い説が出てきてしまいました(;´Д`)
(逆にプリセットで2回カチッカチッとやる方がええんちゃうんか?)

ちなみにプリセットの回転速度はこれくらいです。もうちょっと早いかも。


逆にデジタルで素早く締めてみたんですが、アラームが鳴る瞬間に止められずに締めすぎる気がありました。こりゃ性格が真逆ですね。
しかし実際のところ、トルクレンチの正しい使い方ってどうなんでしょう?


あとデジタル同士で気になったのは、デジトルクとのピークホールド機能の違いです。
デジトルクはピーク値を表示していても負荷を掛けると勝手にリセットして再計測してくれますが、SK11は手でリセットしないと前回計測値を表示したままなので、トルクを越えないと数値は残ったままです。ここの仕様はデジトルクの方が使い勝手が良いと感じました。まぁCボタンを押すだけなので、これも慣れでしょうけど。

(補足)
なお使用したプリセット型は激安品ではなく、SIGNET製(1万円以上)です。


<追記>
後日長ナットを使って、デジタル&プリセットの直結計測をやってみました。
プリセットと大きな誤差はありませんでしたが、意外だったのがプリセットの2度掛けはNGと言われてますが、1度掛けと数値は変わりませんでした。
逆にカチッカチッっと早い速度で2度掛けすると、1回目は緩くて、2回目で少し締まりますが精度はバラつきました。

なのでトルク精度を重視するなら、ゆっくり回す事を意識した方が良さそうです。カチッカチッっと鳴らすのではなく、カッ…チンみたいなイメージで。
クセで2度掛けしてしまうなら、1回目をゆっくり、2回目を早くで問題無さそうですね。
真偽が気になる人は自分のレンチで一度試して、是非コメントください。
Posted at 2021/03/30 23:57:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記

プロフィール

「@オデゆきぶん さん ちゃんと状況を見て自粛できる人は大丈夫と思うんですが、完全に緩みまくってる人をコントロールできないとずっと状況は改善しないですよね…(と、現在最先端の大阪で思うorz」
何シテル?   04/10 17:12
21アルトでジムカーナをはじめて19年。 メンテはDIYでチープにモータースポーツを楽しんでます。 2010年にやっと近畿地区戦B1クラスのタイトルを獲得で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

サポートやスカラシップについて考える(後編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/05 14:45:37
挑む!!ぶっつけ本番ジムカーナ(^_^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/11/05 17:00:07
ジムカーナ公式戦参加のススメ(後編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/25 15:07:48

愛車一覧

スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
2015年末の横転からの箱替え。 エンジン、足回り、駆動系を始め、パーツ類は全て移植。 ...
スズキ RGV250Γ スズキ RGV250Γ
20年ほど眠っていた妻のバイク。 私のVΓを処分したこともあり、レストアを開始し、半年か ...
スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
エアコン付きの車が欲しかったので。 というのは実は建前で、本当は宿敵カプチーノの弱点を ...
カワサキ D-TRACKER125 カワサキ D-TRACKER125
50Γ売却後、また落ち着いたら125でも買おうと検討はしていました。 当然125ΓやWO ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.