• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GAMMAのブログ一覧

2017年05月31日 イイね!

全ジ走行写真(了さん撮影)

全日本ともなると色々と写真を撮って貰えるので嬉しいですね。
岡山から米子に行ってて遅くなりましたが、今回は了さんから頂いた分です。

縁石に載ってる感が良く出てますねー。


パイロンちゃん入りの写真が好きなんです。そして寄れているのはなお良し!


写真で見るといいラインから出てる風に(笑)


良し!良し!


ありがとうございました!




さて、次はhoneさんにもらった分を・・・(^^;
Posted at 2017/06/01 00:00:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年05月28日 イイね!

タイヤテスト in 備北

行くとは言っても、走りに行くとは事前に言ってなかったのですが、、、



直前にミドル姫路を中止にしたのでこの週はのんびりしようと思ってたのですが、やっせんぼさんも行くとのことなので、昨年のJAFCUPが尻切れだった事もあり、それならと駆け込みで申込みをしていました。
また丁度地区戦の申込みもしようと思ってたタイミングでしたし、どうせ行くならJAFCUPに向けてタイヤのテストをしておきたいと思ってましたし、備北は走った事が無いので興味がありましたし、まぁ色々そういう要素がありまして...ただ皆が盛り上がってる中、言うタイミングを逃したというか、なんというか...(^^;

さて、前置きは置いといて、行くと決まれば一番の目的はタイヤテスト!
今年新設されたBRKクラスがJAFCUPに併設されるかどうか分かりませんが、中国地区のSタイヤ等の使用禁止タイヤは+2秒という面白いルールも適用されたら、RE71RとA050のどっちが良いだろう?という所にずっと興味がありました。

結論から言うと、どっちでもアリ。+2秒は絶妙でした。
ただ71Rを新調するつもりならそっちの方が有利かも。
ですがこの1戦のために新品を用意するかと言うと、かなり悩ましいです。
基本71Rは街乗り用で、現状2年目ですが捨てるほどには減っておらず、買い替えタイミングとしてはまだまだという感じです。



まぁ最終的にどうするかは直前に判断する事にします。



今回のテスト内容は以下の比較になります。

Rタイヤ : RE71R 165/66R14 2015年製
Sタイヤ : A050 175/60R13 2016年製

普通に考えるとSタイヤの方が1サイズ太いですし、新しいですし、グリップも確実に高いので、2秒くらい稼げそうな気もします。ただ4駆はそう単純でも無かったり。

ちなみにエントリーはBRKクラスではなく、F1クラス。
特別規則書を読んでいると、フレッシュマンシリーズのみ慣熟走行があるとか。
備北は初走行ですし、テストなんだから本数は多いに越したことはない。エントリフィーも安いので助かります。

ですが、フレッシュマンの走行は全4台。
1ヒート開始前に走って、続けて1ヒート目が始まるのでほぼ連続走行。
タイヤを交換する暇が無いので、慣熟&1ヒートは71Rで走る事にしました。

そして初の備北走行。
なんかやり過ぎた感があります。ツッコミ過ぎで曲がらない所多数...いつもどおりSタイヤの乗りで走ってしまったというのが一番の原因か。
それに前半セクションの島周りは1速では届かず、とても走りづらい。

なので、その辺を見直しての1ヒート目。
直せてない所もありますが、ちょいちょいっと修正して1秒くらい上がったかと思ったのですが、ロガーを比べてみるとほぼ同じ軌跡!?
なんという再現性の高さ!...じゃなくて、何やってんの俺orz

と言う事で、タイムは1'23.252。

でも195の71Rを履くまるわらさんとはコンマ24秒差。
初コースでの攻略スキルを考慮するとこれは上出来では?
と言う事で、データとしてはOKという事にします(ぉぃ



そして慣熟歩行を挟んでの2ヒート目。
本番用のSタイヤに履き替えてのテストです。
走り始めた瞬間にわかる、明らかに違うSタイヤのグリップ力!
こりゃいけるやろ!と思ったものの、走り終えてみると1'22.350という...1秒も上がっとらん。
結果的にはこれに2秒加算されるので、実質71Rの勝利です。

ちょっと控えめすぎたり、4カ所ほど明らかにやらかしているんですが、直した所もありますし相殺と思います。
ただログを比較してみると、直した所も前後を含めるとあまりタイムは変わらず。
セッティングミスでやらかした2箇所を回収しても1秒ちょい程度かと。
なので、ほぼ同等と考えて良いと結論しました。

恐るべし、RE71R...



生タイムはもちろんSタイヤが良いので、2ヒート目動画です。


という事で、完走できましたので優勝!(兼最下位)
BRKクラスなら2位タイムでした。

ちなみに左側はやっせんぼさん、右側はまるわらさんですw



またその他の成果として、サイドターンの方も車的な要因はほぼ排除する事ができました。
難易度の高いターンはドライバー的に厳しいですが、サイドブレーキの効きはほぼ安定して出す方法を見つけました。
その秘密はまるわらさんから頂いた純正パッド!

あまり詳しくは書けません。苦労の末の閃きなので企業秘密です。
まぁ、今までの応用なので、実は大した事じゃないですが。
これで180度くらいまではなんとかなりそうです。

あと全日本でのサイド戻し忘れも原因がいくつか分かって対策をしました。
特にシートポジションを少し寝かせる方向に変更していたので、レバーが遠く引きやすくなった反面、戻し辛くなったと思われます。
今回は戻し忘れも無かったので、これで解決と考えていいと思います。

という事で、来週の地区戦はせめて表彰台は狙いたい...ここから反撃の狼煙を!!



<おまけ>
前日夕方、ホテルの駐車場で本番タイヤに交換する九州勢。
すでに本番タイヤでダムを攻めてきた近畿勢(笑)

中国地区はゲートオープンから受付・慣熟までの時間が短いんですよね...





あ、ちなみに魚は釣れませんでした。
ダムカードは6枚ほど増えましたが...(^^;
個人的に苫田ダムはお勧めです。いつか↓のような全開放流を見てみたいです。

Posted at 2017/06/01 16:39:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年05月26日 イイね!

備北サーキット

次の日曜日は中国地区のチャンピオン&フレッシュマンシリーズです。
クラブのメンバーも愛知・大阪・福岡方面からそれぞれ参戦するというので、私も米子に釣りに行くついでに寄ってみる事にしました。

全日本で1泊した翌週ですし、当初は行く予定は無かったのですが、ググってみたら大阪からは意外と近いですし、丁度米子道の分岐の辺りですし、こんな都合のいい事はありません。
タカタだとさすがにちょっと…という感じがしますが、備北は倉敷と同じくらいなんですね。

それにしてもよく考えたら、中国地区って九州・四国・近畿からのアクセスが良いので、他地区からエントリーが来ると結構人数が集まりそうな気がします。
今年はJAFCUPが中国地区ですし、エントラントがどんどん集まると良いですね。

ちなみに米子には親戚が居るので、1泊お邪魔する予定です。
去年の西フェスで釣ったシーバス↓が最後なので、なんとか今回は中海でゲットしたい…


もちろんダムも何カ所か回る予定(^^;


充実した週末になりそうです。
Posted at 2017/05/26 19:30:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年05月22日 イイね!

全ジ走行写真(na+さん撮影)

na+さんから公開練習の写真をいただきました。
構図バッチリなので、ナンバー加工のみです。

1コーナーは縁石に乗せて最短ラインを。


スラローム2つ目のパイロン。1本目の進入を失敗したのでちょっと辛い。


ドリフト大会(違 対応が遅れてカウンター当てすぎですね(^^;

ブラックマークが...

ありがとうございました。



ついでに車載動画からフリーターン位置を切り出してみました。

公開練習1ヒート。めっちゃ奧(汗


公開練習2ヒート。だいぶ寄れた。


決勝1ヒート目。かなり良かったんだが。


決勝2ヒート目。少し戻ったorz


難しかったです。
Posted at 2017/05/22 22:33:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2017年05月21日 イイね!

反省ばかりの全日本

全ジ名阪に参戦してきました。
改めて自分の未熟さを再認識して自己嫌悪中です...orz


なんかこんな立派なモノ(再車検の案内)を貰ってますが、2台だけのエントリーなので、要するに最下位です。

今回、深いターンがなかったので何とかなるかとも思ったのですが、フリーターンは狭く、(私の技術では)難易度が高かったので、見事に罠に嵌ってしまいました。
まぁ、昔だったら空を仰いでいたのが、今は挑戦できるまでになったのは進歩と思いますが、結果がサッパリ伴わないのはいかんともし難いです。

今回のコース


ホームストレートに設定されたフリーターンは右巻きでも左巻きでも良いのですが、距離的にも、難易度的にも、車両サイズ的にも、右巻き一択です。

左巻きは進入の距離が長くなりますし、真っ直ぐフルブレーキで入れないので進入速度も遅くなります。
そしてロスを最小にしようと進入位置を左に寄せていくと、ターンスペースが狭くなるので、自分の旋回半径を把握できていないと墓穴を掘る事になります。
私の場合は予想が付かないので、安牌で奧まで入って広くとる必要があり、そうすると距離も延びるし、旋回角度も深くなるという悪い事づくめです。


反して右巻きは一見狭く、難しそうに見えますが、薄く入れば入るほど旋回角度も浅く、スペースが広く取れるので、良い事づくめです。これのどこに迷う余地があるのかと。。。


もちろん車が大きくなるほど右は厳しくなるので、必ず右が正解という訳ではありませんが、軽自動車ならどう考えても右巻きが明快かつ、速いだろうと。。。という訳で即決です!(あ、右のサイドが効かない場合も除きましょうw)



しかし、やってみるとそう甘くはありません。
土曜日の公開練習から同じセクションがあったのですが、4回走っても成功しませんでした。

そんな失敗集...


公開練習1ヒート目は、目一杯左に寄せて入ろうと、入口の手前の16番パイロンを踏んでしまいました。また結構奧まで入ってしまったので、もっと薄く入ればさらにラクになるだろうとこの時点では楽観してました。

そして公開練習2ヒート目は、サイドの効きが悪く...バックするか悩んで、そろりそろりと前進。結局壁には当たらなかったのですが、出口のパイロンに接触。薄く行けば出口パイロンとお見合いするはずもなく、まだまだ深いようです。

日を改めて、決勝の1ヒート目もサイドの効きが悪く、回りきれないと判断して禁断の6速。なんか全然思惑通りに行ってません。というか、どんどん悪くなっていきます。

しかしそれぞれの失敗の原因を再認識して、シミュレーションを繰り返して臨んだ決勝2ヒート目。
よし行けた!と思ったのですが、サイドを引いたままで止まってしまいました。しかもそれに気付くのが遅い。
コンクリートウォールが迫るプレッシャーの中で操作を急いでやってしまったようです。

結局最終的な対策は練習しかないんですが、こんなハイプレッシャーなコース設定を練習会でされるはずもなく、もう地道にターンの練度を上げていくしか無いのかな、と思います。



ということで、決勝2ヒート目の動画です。


1つ目のターンは、1ヒート目では回らなかったので、2ヒート目は勢いよく行きすぎました。
しかもここでもサイドを戻し切れておらず、パイロンを抜けた後で気付きましたorz

要するに、シンプルなコースだとそこそこ速いけど、ちょっと難しくなるととたんに破綻するのが自分の今のレベルなんだという事を再認識しました。
まだまだヘタクソです。もっともっと練習しなければ!

他にはタイヤの管理も失敗しました。
今回のリアタイヤは舞洲で熱を入れすぎてしまったせいか、かなりグリップが落ちていました。
セッティングで誤魔化しつつ使いましたが、後半の外周ではリアが出て納得のいく走りができませんでした。
実は準備の際にも、どのタイヤを持って行くか悩んだのですが、コースレイアウト的にもまだ大丈夫かと判断してしまったのが失敗でした。名阪の外周を舐めたらアカン。
こういう判断も未熟で、本当に今回は反省ばかりです。

でもこの壁を超えられた時に、ちょっとは地区戦ドライバーらしくなれるんじゃないかと...まだまだ伸び代があると思って、前向きに励みます。



また例年通りオフィシャル1人1人のレベルが高く、選手としても気持ちを引き締められるイベントでした。この中にどれだけの準備と苦労があるのか計り知れません。
もうなんか言葉では言い表せないです。色々あったんです。
貴重な1戦をありがとうございました。
Posted at 2017/05/22 10:36:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記

プロフィール

「今年2タイトル目獲得w」
何シテル?   09/17 13:42
21アルトでジムカーナをはじめて18年。 メンテはDIYでチープにモータースポーツを楽しんでます。 2010年にやっと近畿地区戦B1クラスのタイトルを獲得で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ジムカーナ公式戦参加のススメ(後編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/25 15:07:48
バルブスプリングについて考える 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/06 15:38:36
軽自動車で戦える地区戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/09 19:35:45

愛車一覧

スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
2015年末の横転からの箱替え。 エンジン、足回り、駆動系を始め、パーツ類は全て移植。 ...
スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
エアコン付きの車が欲しかったので。 というのは実は建前で、本当は宿敵カプチーノの弱点を ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
部品が流用できる同型のアルトワークスを探していましたが、同じでは面白くないので4駆に変更 ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
結婚のため維持費の安い軽自動車に乗り換え、というのは建前。やっぱりスズキが好きだし、ター ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.