• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2019年02月22日 イイね!

数式 数学者を目指す君へ。

数式 数学者を目指す君へ。 最近ストレス発散にネットを、よく彷徨っているのだが、よくぞこんなモンを商品化したなぁって思う一品に出会うことが有る!

 先週見つけたのが コレ

 





 数学が嫌いな僕も思わず文字盤に刻まれた式を解いてしまう(笑)

 数学が苦手な貴方も、もちろん大好きな貴方にも是非!という一品だ。




Posted at 2019/02/24 09:03:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | お勧め通販 | ショッピング
2019年02月18日 イイね!

肉塊 240G ハンバーグ

肉塊 240G ハンバーグ 日産党としては 240G というのを見るとついつい








かつての愛車 S30 240Z-G 。当時の懲罰的な税金さえなかったら・・・

思い出してしまうのだが、今回は某大手スーパーで 「ごち肉フェス」 なるイヴェントがあって、そこで発見したのが

「大きな焼き上げハンバーグ(240g)」 だ。

 しかも、値段もエラク安かったので思わず買ってしまった。

 で、家に帰ると早速焼いてみたのだが、これが大味で大したことが無いと思っていたのとは大違いで、まったく美味しい!


これだけ大きいとフツウは焼くのに苦労するのだが、すでに一度火が入っているので焼くのも簡単!!

 どうせ企画モンで、見た目勝負と侮っていたが、いやはやなかなか味も良かった!

しかしハンバーグの 240g は意外にもお腹に響くもので、僕以外の家族は、量が多くて、残してしまい、ここだけのハナシ、翌日の朝食になってしまった。(笑)

 障害者と福祉車両に冷たい イオン なんだが、さすが食材はナカナカであった。できれば、フェスだけではなく、通常のラインナップとして是非並べて欲しいのだが如何だろうか。

Posted at 2019/02/18 19:53:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べる | グルメ/料理
2019年02月17日 イイね!

歴然 1970年代のニュルを観たら

歴然 1970年代のニュルを観たら 1970年のニュルの様子。

 ニュルも料金を払えば北コースを走行できるのだが、シートベルトなんてしていないからコースアウトするとクルマから放り出されるドライヴァーが多数。

 さらに壊れ方も現代のクルマとは違ってクラッシャブルゾーンなんて無いし、居住空間もちょいと横転すると粉々に。

 これが、あの メルチェデス も BMW も、あぁ、アルファ も コルチナ も ポルシェ もこんなんだったんだ・・・と、それにしても、ドライヴァーの腕が悪いのか、サスセッティングが悪いのか、いとも簡単にコケるコケる。

 これを観て、シートベルトや安全ボディのありがたみを得と感じて欲しいのだ。


Nurburgring Nordschleife Crashes 1970 at Adenauer Forst. NEW ! More crashes

比較に現代のクラッシュ動画。開口部がだらしなく開かないようになり、居住空間も強固に守られているのが分かる。


NÜRBURGRING CRASH COMPILATION 2018 - Nordschleife Crashes & Fails Touristenfahrten & VLN
Posted at 2019/02/18 00:13:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2019年02月16日 イイね!

車検 C26 車検から生還。

車検 C26 車検から生還。 まだ 300Km ちょっとしか走っていない代車の エクストレイル も非常に魅力的だったのですが、そうは言ってもクルマ椅子を楽々乗せられて、だけど ガタガタピシピシ と低級音オンパレード、さらに ツゥースト並みにオイルを喰う セレナ君 が、何だかんだと言っても我が家には一番合っておりまして(笑)


まだ OD が300Km ちょっとしか刻んでいないT32エクストレル も非常に魅力的でしたが・・・

 車検が終わったセレナを引き取りに T32 に乗って移動したのですが、

「静かだねぇ」、「乗り心地良いねぇ」、「広いねぇ」、「ガタガタ言わないねぇ」

などと T32 の賛辞する言葉ばかり聞こえてきましたが(笑)、クルマ椅子を畳まずに載せられて、イザとなったら助手席にも、足が悪くても簡単に乗る事が出来る C26 君の方が我が家には合っておりまして、新車の香り立つ T32 をディーラに返して、いつものセレナ君へと。

 エンヂン音が盛大に響くけど速度が出ない・・・あちこちから ミシミシ、ガタガタ とどんな路面を走っても聞こえてくる低級音に癒されながら帰宅。

 さてさて、今回の整備内容は、


気になるところを徹底的にメンテ。事細かく指示したので文字がいっぱいに(笑)


油脂類はエンヂンオイルを除いてすべて交換。

 まずは、エンヂンオイルを除く油脂類は全部交換。まぁこの辺りは、順当なメニューでしょう。本当は必要のない項目もありますが、そこは費用が安いのでめをつむり、メインはこの次、


CVTフルード、プラグの交換は必須で、有難かったのがエパボレータの洗浄はポイントが高かった。

 ドラシャのブーツの破れは、アウターだけなので、どうしようかと思ったのだが、リビルト品の値段を調べると、意外に安く、工賃を込んでも、ブーツ交換と費用の差が少ないので、ASSY交換をチョイス。

 同時にイン側のブーツも新品になるは嬉しねぇ。そして、どうしてもやりたかった

・CVTフルード交換
・プラグの交換

もしっかり計上。

 なんたって、前に持ち主のノーメンテ加減は半端なく、CVTにも、プラグにも余計な負担がかかっている事は明白な事実!
 という事で、CVTフルードと白金プラグを惜しげもなく交換。

 どちらの影響か、車検後の走りがスムーズになった事は実にありがたかった。そして、エパポレータ の洗浄は実に気の利くサーヴィスだ。

 最後は入ってて良かった(笑)


日産カードのメンバーで良かった・・・と思う数年に一度の喜びを感じる一枚。

 日産カードの会員で良かった~と思える、三枚目の明細だ。

 決して安くはないメニューなんだが、少しでも長く気持ちよく乗るための先行投資として、ただ車検を受けるだけではなく、こちらから積極的にメニューを決めた形にしたのが今回の車検と考えている。

 さてさて、そろそろ暖かくなって来たし、夏靴への履き替えを・・・なんて車検が終わったセレナに乗りながら考えている次第なのだ。


Posted at 2019/02/17 00:43:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
2019年02月10日 イイね!

新車 雪は大したことなく、C26 は初めての。

新車 雪は大したことなく、C26 は初めての。 大雪になるぞ、大雪に・・・と先週末はマスコミで大騒ぎしていたが、実際には予想を下回る積雪で朝を迎えた。

 久々に大粒の雪が降り、それが夜には細かい雪に変わって、





気温がグッと下がり、今シーズン本格的な雪が降り始めた。

朝起きると、薄っすらと雪が木々に積っていた。路面は意外なほどドライだ。


予想していたより、雪の量は少なく、朝になって薄っすらと積もっている程度だった。

 ただ気温は確実に氷点下になっていて、ホースで路面に水を撒くとあっという間に、薄い氷の幕が路面を覆ってしまった。そんな中、クルマのルーフに積った雪をスノーブラシで落として、少しずつ水をかけながら久々にC26のケアをした。

 油断すると、ボディにかけた水があっという間に凍ってしまうので、そこは加減しながら洗車にコーティングまで済ませて、夕方、某日産の販売店へと足を運んだ。

 まぁ、C26 が我が家に来て本格的な車検に出すためだ。


夕方になってC26を日産に滑り込ませた。CVTフルードやプラグの交換は追加オーダーでお願いした。

 まぁ、僕のブログを読んでいただいている方はご存ぢだと思うが、とにかく前のオーナーの使い方が酷くて、ツゥースト並みにオイルを喰うエンヂンに、最近気になっていたのが、パッセンジャーサイドのドラシャのブーツの破れに、クーラントの劣化具合だ。

 それら諸々をお願いして、さてさて、代車を・・・とやって来たのが、


お、オドメータは、まだ312Kmしか刻んでないぞ!!

 なんとオドメータが、まだ 312Km しか刻んでいないど新車だった。さらに良くチェックしてみると、


スティアリングには、あの 「スイッチ」 が付いてるぞ。

 という事で、久々にちょっと車高の低いクルマに乗って、せっかくなのでフィーリングを確かめながら家路についた。

 まったく、あの CVT の嫌なフィーリングは、さすが最新だけあって払拭されており、トルコンAT如くの ステップ制御 で変速してゆくのだが、そこは意図的に演出されている変速モード、確かにこれまでの CVT みたく、エンヂンの回転数と、車速がリンクしない違和感は無いが、僕的には、ステップ制御がワザとらしくて、最後まで好きにはなれなかった。


基本的に暖色のイルミでまとめられたインパネ周り。
 
 エンヂンはナカナカ闊達。とにかくウルサイC26に比べると静かだし、グングン回るエンヂンでは無いが、CVTの制御もあって、トルクでグイグイと引っ張るフィーリングで、気が付くとなかなかの速度になっていると言う感じだ。

 操縦性も、基本、背が高めだが、スティアリングを切った瞬間からボディが変位する量が少なく、感覚的な期待値と、ボディの変化量、クルマの動きが一定のリズムで進んでゆく。

 この辺りの、限界走行ではない普通の街乗りでのリズム感は、昔から日産の美点だった。

 路面からのハーシュネスも、良く抑えられており乗って楽しいクルマであった。現行 C27 セレナにも言えるのだが、もっとドライヴァーの意思とクルマの動きがリンクするような味付けは出来なかったのだろうか。

 無論、そんな味付けをしていたら、ドライヴァー以外の住人からクレームが来るのは重々承知なんだが、静粛性の向上と、NISMOやAUTECHみたく、ボディの下回りを標準車ももっと固めれば、静粛性などにもいい影響が出ると思うのだが如何なもんだろうか。

 そんな事を思いつつ、我が家に着いた、その代車は、

ブリリアントホワイトパールの深みのあるホワイトの色調が意外に似合っているT32エクストレイルが代車だ。

 T32 エクストレイルだ。

 多分、余り乗る時間は無いが、せっかくの代車、時間を見つけてはT32の魅力を感じてみたいと思う次第なのだ。


Posted at 2019/02/11 02:16:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.