• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2018年09月17日 イイね!

柱無 グロリア 2H/T に夢中。

柱無 グロリア 2H/T に夢中。 クラウンを唯一販売台数でうっちゃった事で有名な230系セドグロ。

 この頃はオーナーカーとしてツゥドアも用意され、僕的にはグロリアの オリーブグリーン で、レザートップ、ウイング付きにスゴク憧れたモンだ。

 キャッチコピーにもあるが、

「小さなタメ息が生まれる・・・大きなグロリア。」

の通り、今ではさして大きなサイズといえなくなったディメンジョンなんだが、当時は本当に大きく立派に見えたモンだ。


面白い事に20年近いブランクを置いて意外にほぼ同じの寸法の230とY31グランツゥリスモ

 少し面白いデータがあるのだが、この230ツゥードアハードトップのディメンジョンと、20年近く後に出たY31グランツゥリスモの寸法を比べてみると、

230ツゥードアクウペ 4690x1690x1420 、Y31グランツゥーリスモ 4690x1695x1400 とほぼ同じなのだ。(閑話休題)

 ちなみに、この広告に出ている美しい女性は、今、ある意味話題になってしまった 「三田佳子」 さんだ。

 そうそう、230セドグロのハイライトは、販売台数だけではない。とかく日本人は「直線平面」チックなデザインを好むと嘯く連中が多いが、この230は、適度な曲線と緊張感がある面構成で実にバランスが取れたエクステリアを実現している事だろう。

 そして、安全性云々は別にして、4ドアピラーレス・ハードトップが追加された事も国産車の歴史の中で大事な1ページを飾っている。


適度な曲線に、緊張感のある局面を使ったエクステリアは、シンプルながら美しいモノだ。そしてフォードア・ハードトップの追加で一気に人気車種に 

 グロリアのTOPの広告を見て、あとひとつトッピックなのは、レザートップとウイングの存在だろう。レザートップももはや絶滅危惧種というか、絶滅してしまったかもしれないエクステリアアイテムなんだが、この大柄なデザインに呼応して、ルーフの色違いのレザートップもセクスィだ。

革張 レザートップを知っている世代が減ってますねぇ。
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/31475727/

 ところで、例の衝撃安全性の問題で、一時は、もうできないボディ形状だと言われていた「ハードトットプ」なんだが、ルーツをたどってみると、なんと 1940年代 後半から綿々とレシキは続いているのだ。

 僕の記憶が正しければ、一番最初の 「ハードトップ」 は、やっぱりアメ車、それもキャディ、キャデラックのトゥドアだったと思うのだが、これが フォードア・ハードトップ となると、どうも自信がなく、手元の一番古い資料では、1957年の 「マーキュリー・ Park Lane」 が一番古いピラーレス・フォードア・ハードトップではないかと思っている。


1957年式 Mercury Park Lane 。巨大なボディサイズに合わせて好き勝手にデザインした様な・・・(笑)

 これが、ハードトップ元祖の キャデラック は一年後の 1958年 の 「fleetwood sixty special」 がキャディとして一番古いフォードア・ハードトップだと思うのだが如何だろうか。
 

さすが!キャディ。この時代のお決まりっである「巨大なテールフィン」に、「リヤタイアを覆った」デザインなんだが、ちゃ~んとデザイン的にまとまっている・・・

 そして、例の衝突時の安全問題がクローズアップされるまでの間、アメ車でもハードップ、フォードアハードトップのクルマが多く輩出された。

 僕的には1975年の Chevrolet Caprice Classic なんて、ただ馬鹿デカいだけの印象が強いアメ車の中ではデザインもまとまっており好きなクルマの一台であった。
 

ただデカイだけのアメ車にあって、シンプルでスッ線と面が通ったデザインで素直にカッコイイと思う一台だ。

 サイドインパクトの問題と、クルマがどんどん高速化されてゆくと、窓枠の無いハードトットプでは、サイドウィンドゥの吸出しによる、風切り音とバタつきの問題から、もう窓枠の無い ハードトットプ は出ないだろうと思っていたら、ここ数年欧州車で、さすがにセンターピラーは必要だったらしく、ピラードではあるが フォードア・ ハードトップ が復活しているのは、面白く、楽しく感じている次第なのだ。


メルチェデスやBMWでピラードハードトップが続々と復活。カッコいいねぇ。

 しかし、改めて230グロリアツゥドアハードトップ を眺めて見ると、


繊細なサイドヴューからリヤに回るとハッとするようなアメ車チックな大胆なデザインが・・・ 
 
フロントからサイドにかけては、欧州車に似た大胆であるがアクの少ない緩やかな線と面の構成が、リヤに回ると一変して大胆なアメ車チックなデザインになるのが実に面白いモノだ。

 ある意味で、アメリカの影響から、欧州車のトレンドに変化してゆく時代の姿を現す貴重な証言者のように感じてならないのだ。

 クルマの姿形や、そこに取り入れられた技術は、そのクルマを造る国の考え方やトレンドを表す「文化遺産」と言ってはばからないと徳小寺は思っているのだ。





Posted at 2018/09/17 09:24:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年09月16日 イイね!

日焼 曇りだったのですが結果。

日焼 曇りだったのですが結果。 昨日までの雨も、朝方止んで。

一日遅れで子供の中学最後の体育祭が行われた。クルマ椅子なので、どこまで参加できるか最初は不安だったけど、最近はラヂオ体操も、椅子に座って体操するヴァージョンもあって、できる範囲で子供も体育祭を満喫していた。


数年前から、座ってできる ラヂオ体操 が公式に公表されている。上半身だけでラヂオ体操に参加中。

 一方僕は、写真係で子供の姿を追っていたのだが、曇り空だったので、油断していたら・・・・結果。

袖から出ていた腕は 「真っ赤」


 僕の場合、あっという間に赤くなって、あっという間に引いて行くのだが、その短時間が意外に辛かったりする。

 全くの曇天模様だったのにねぇ。

 後悔先に立たずの徳小寺であった。(笑)

Posted at 2018/09/16 22:19:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2018年09月11日 イイね!

注意 最近、電車の車内が別の意味で賑やかじゃあないですか。

注意 最近、電車の車内が別の意味で賑やかじゃあないですか。 最近は消費者保護とか、まぁ俗に言う PL法 の加減もあって、身近でも、こうしたら怪我するだの、電子レンジに動物を入れるなだとか神経を疑う注意喚起の表示が溢れている様に感じる。

 そんなこたぁ当たり前じゃんと思う事でも、いちいち、消費者や利用者がやりそうな事を、それが、どんなに当たり前じゃあない事でも、何某か表示しないと、万が一何かがあった時には、製造者やサービス提供者が罰せられるなんて、全く不憫な世の中になったモンである。

 電車の車内も、実に賑やかで、神田沙也加って意外にかわいいなぁ(笑)は別にして、吊り革を持てだの、リックがどうだの、まったく、ちょっと目線を車内に向けると、あれやこれや宣伝のシールを含めて注意書きなどが多すぎる様に感じるモンだ。

 たしかに、リュックは満員の時、背負われると迷惑なんだが、いちいち、こうした注意喚起しないと、他人に迷惑をかけないという、まったく「躾」のレヴェルまで立ち入らないと、何もできない今の日本人の実情に愕然とするのは僕だけだろうか。

 最近は、「声掛け運動」とか言って、困っている人や、身体の不自由な人を見かけたら「声を掛け合って助けましょう」なんて、なんだか日本人はそんな思いやりの気持ちも無くなったのかなんて悲しくなるもんだ。

 2020年には、「おもてなし」の国でオリンピックをするそうだが、よ~く胸に手を当てて、国民一人一人が考えて 「おもてなし」 なんていう精神に自信が持てないのなら開催を返上したら・・・なんては言い過ぎか。

 こんな電車内の表示が無くなっても、車内やホーム、街中での気遣いが出来るような日本になったら・・・と僕は思うのだが如何だろうか。
Posted at 2018/09/12 19:21:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2018年09月10日 イイね!

強化 ドラレコに業務用SDカード

強化 ドラレコに業務用SDカード クルマの車内の環境は、大きな温度変化や振動の大きさなど、決して記憶媒体にとって良好といえる環境では無い。

 さらに、書き込みや上書きを常時行っている「ドライブレコーダー」では、環境性能に加えて、書き換え性能や、データの保持性の性能が求められている。
しかし、実際に使用されているSDカードは、一般的な「TLC規格」のモノが多い。
ネットを徘徊すると、ドライブレコーダーでデータが書き込まれていなかったり、読みだせなかったという声も多く聞く。

 そこで、より過酷な状況を想定した「業務用」のSDカードを購入した。


ここは国産でしょ!という声もあるが、実績もあって保証もしっかりしているという事で・・・舶来品の MLC SDカードを購入。




 まず業務用のSDカードと呼ばれるモノにはどんなものがあるかというと、同じ環境性能の例えば 「-25~80℃」 に対応できるSDカードでも、速度以外にも書き換え回数などによって、さらに区分される。大まかに言って、一般的に流通している 「TLC」、業務用に書き換え性を向上させた「MLC」、さらに耐久性を向上させた「SLC」の三種類があるという。


耐久性によって「TLC」、「MLC」、「SLC」に分けられる。

 耐熱性や書き込み速度以外に、ドライブレコーダーという用途を考えれば、さらに繰り返しの書き換え性が求められている事は明白。

 口コミなどに、画像を読もうと思ったら読めなかったとかいう書き込みを見る事があるが、それは、この書換性に問題がある様に感じていた次第なのだ。

 そこで、速度などを選んだ後に、フラッシュメモリーを選ぶのだが、さすがに 「SLC」 は、ちなみに僕は32GBを選ぶのだが高価で、




ランクを一つ落として(笑)「MLC」を探した訳だ。

 ランクを落としたとはいえ、それでも通常の 「TLC」 より書き換え回数は約10倍という事なので、


耐熱性などもそうなんだが、ドラレコという性格上求められる「書換性」だけでも普及品「TLC」より「MLC」でも格段に向上する。

ドラレコも使い方を考えると十分という訳だ。

 例の東名のあおり運転から、急激に普及した ドラレコ なんだが、そこに使われるSDカードが以前から「TLC」と言うのが非常に気になっていたし、イザと言う時に記録していなかったとかといった声も聞こえたりしていたので、今回のSDカードの更新は遅きに失したともいえるかもしれない。

 まぁ実は、手持ちのドラレコを・・・という事もあったのだが、それは、また近日ブログでもUPしたいと考えている次第だ。
Posted at 2018/09/10 15:37:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年09月09日 イイね!

更新 自賠責でコンビニへ行く

更新 自賠責でコンビニへ行く こういった事は忘れがちなんだが、徳小寺の週末の下駄、サンダルとも言えようか SuperJogZR の自賠責更新の案内が来たので、コンビニまで JOG君 で出撃した。

 コンビニに行けば、自賠責も更新できるなんて実に便利だ。

 案内の葉書を持って、マルチコピー機に対面し、IDなどを入力して期間を選ぶ。

 後は手続き用の書類が印刷されるので、レジに行って保険額を払うと新しいシールと、さらにマルチコピー機で証書が印刷できるように、再びID番号などがかかれた紙を渡されるので、印刷して手続きは終了。

 早速 JOG君 の元に戻り、保険証を張り替え。

 原付は3年でも 12000円くらいなので実にリーズナブルだ。

 そう言えば我が家のセレナも来年は車検。未だに車検をお願いするところを決めていないのだが、クルマがクルマなのでディラーにはお願いしようかと思うのだが、近所の日産系のディーラーは技術力もおもてなしの精神も希薄で困っている。

 保険証を張り替えた JOG君 を走らせながら、さてさて、どうしたものかと悩みながら家路へと向かった次第なのだ。
Posted at 2018/09/09 14:24:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

174 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.