• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2019年12月31日 イイね!

急遽 やっぱりタイヤ交換。

急遽 やっぱりタイヤ交換。 洗車収めと一緒に、ウインターシューズへの履き替えも画策したが、日没サスペンデッド。

 今年は時間が無いので年明けでも思っていたが、気合を入れて早起きをして、大みそかの買い出しの合間を塗って履き替えを終えた。

 おっと、その前に僕は重大な忘れ物に気づいた。そ~言えば、御年20歳の Super Jog ZR 君の掃除をやっていなかった・・・と言う事で、急遽、20年の年付きで艶の無くなり、傷だらけのボディをコンパウンドで磨き、コーティングを施した。


近くで見ると艶が失せて傷だらけなのだが、何とか遠目に見て普通ぅに見えるようになった。

 これで Jog 君も無事に年を越せそうだ。

 さてさて、本題の C26 の ウインターシューズ への交換なんだが、まずは車高が 若干 低いので、スロープで車高を上げて、ジャッキアップ、サマーシューズの取り外しからスタート。


スタッドレスを引っ張り出し、サマーシューズと交換中。

 スタッドレスを物置から引っ張り出し、サマータイアをC26から取り外すとスタッドレスとチェンジ。保管中は空気圧を落としていたので、ここでお気に入りの 清音仕様 の エマーソン ボルケーノハイパワーエアーコンプレッサー EM-240 でエアーを補充。



本当にコイツは静かなので、早朝や夜になっても気兼ねなく使えるのが嬉しいモノだ。


とにかく静かで周りに気兼ねなくエアー補充ができるのが嬉しいモノだ。

 外したサマーシューズは、しっかり洗い上げコーティングをして、冬眠の為にエアーを落とした。


冬眠の為にエアーを落としてタイアの緊張を解してやる。

 ここで、家族から年末の買い出しの要請が入り、とりあえず濡れたタイアを干してC26で年末の街中へと。


買い物の為にいったん中止。濡れたタイアを乾燥中。

 しかし、大晦日と言う事もあって、どこも人、人、人でクルマ椅子の子供の移動は本当に大変だった。人が多い事もそうなんだが、こんな人混みの中、走り回る子供が多いのには困ったもんだ。
 
 クルマ椅子だと急に子供が飛び出しても避けれないのだ。クルマ椅子の子供も、走り回る子供も大けがしてしまうのだ。それなのに、走り回る子供の親は、子どもが元気でイイねぇのノリで注意もしない。

まったく非常識なヤツだ。

 そんなこんなで、帰宅した頃には日がずいぶんと傾いてしまった。ここで、また日没サスペンデッドは避けたいので最後の詰めを開始。

すっかり乾ききったタイアを、1本づつビニール袋に入れて、


十分に乾かしたらタイアをビニール袋に入れて冬眠の準備。

そして最後に市販のタイアカバーを被せてコンプリートだ。

 市販のタイアカバーだけではなかなか湿気までは防げないし、大体、一年もすれば防水性がほとんど期待できないので、面倒だが、1本づつビニールに入れるのだ。

 このシーズンは、果して雪は降るのか。いつぞやの時みたいに2月になって大雪なんて・・・穏やかな冬であってほしいモノだ。


Posted at 2019/12/31 20:29:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
2019年12月30日 イイね!

効能 WAXがけ(洗車)は綺麗にするだけではなく。

効能 WAXがけ(洗車)は綺麗にするだけではなく。 予報通り、しかも朝9時くらいからという言う通り、9時ピッタリに雨が降り始めた。

 普通なら洗車した翌日に~と言うのだろうけど、青空駐車の身としては、ボディ表面を傷めるリスクが洗車と洗車後のコーティングで低くなったってホッとするモノだ。

 実際には撥水でも、水玉が出来過ぎるのも何なのだが、まぁ、ピシィ~と出来た水玉の列を見ると



試供品でもらったコーティング剤が、結構「艶」が出て「耐久性」も良いとなると気持のいいモノだ。

密かにニヤケテしまう事は内密に願いたい。

 さてさて、明日は大みそか。今年最後の出撃になりそうだが、この弾きなら汚れの付着も最小限な筈。

 古いCMのキャッチじゃぁないが

「きれいなセレナは、好きですか」

て感じかな。(笑)







Posted at 2019/12/30 14:22:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
2019年12月30日 イイね!

接触 ぶつかったならぶつかったってねぇ。

接触 ぶつかったならぶつかったってねぇ。 我が家に接する道路は、クルマが楽々2台OKという様な広い道路ではないが、毎日、パルシステムや佐川2トン箱車が来てもサクッと向きを変えてゆくのだが、一昨日の2トン箱車は、まぁ普通にハンドルを切ればいいのに、曲がるにも何回も切り返しをして、免許を持っていないカミさんが見ていても
「下手ぴぃ」
と言わしめる酷いもんだった。

 で、いなくなって買い物に行こうと外に出てみると、フェンスに固定してあった「ソーラーライト」がもぎ取られ、「ミラー」も曲がってしまっていた。

 正直、ここにきて20年近くになるが、ソーラーライトなどに接触したという事は初めてで、あの箱車のドライヴァーの下手さ加減が尋常ではなかったという事を物語っている接触だったのだろう。

 まぁ、ソーラーライトも近々新しくしようと思っていたのだが、当たったら当たったっで言って欲しいモンだ。

 近所の人曰く、フェンスからソーラーライトが落ちた瞬間、カキィ~ンと結構な金属音がしたし、ドライヴァーも窓を開けて見ていた・・・そのまま焦って逃走したらしいのだが・・・

 とりあえず、フェンスには曲がりなどなく、ブロック塀にも影響がなかったので「ヨシ」と自分に言い聞かせているのだが、まったく、ひとのモノを人のモノと思わないそんなドライヴァーが、クルマを転がしていると思うとゾッとするモノだ。

 年末年始、また日頃運転しない連中がそぞろ湧いて来るので皆さんも重々気を付けて欲しいと思う次第なのだ。

Posted at 2019/12/30 13:44:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2019年12月29日 イイね!

日没 洗車収めでしたが日没サスペンデッドで・・・

日没 洗車収めでしたが日没サスペンデッドで・・・ 今年もよいよあと三日。

 あちこちで「収め」という言葉を聞くようになったが、僕の場合は今日が「洗車収め」の予定だった。
 洗車といっても、車外と車内、できればタイアの交換までと思って、朝も七時から作業を始めたのだが。

 今回、活躍するケミカルは、


今回はすべてのケミカルが登場。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BMW純正 カー・シャンプー (1000ml)
価格:1320円(税込、送料別) (2019/12/30時点)










このうち、プロスタッフ CCウォーターゴールド 300 S121 は八月にオイル交換した際にイエローハットでもらった試供品なんだが、小さいボトルなんだがすでに二回使っているがあと一回は使えそうな感じだ。

最高 CCウォーターゴールド 300 
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/43196711/


 先ず最初に BMW純正 カー・シャンプー で洗車して、このカーシャンプーは色々と試してみて、泡立ちや汚れ落ちでE90を降りてもまだ使っている逸品だ。

 コパウンドの粗から磨いて、鏡面仕上げで仕上げてと淡々と洗車をしていたのだが、気づけば辺りが暗くなって結局は 日没サスペンデッド(笑)


タイヤ交換や室内の掃除まで終わらなかったが、なんとか外回りだけでも終えることができた。


コンパウンドで磨く工程で、見も知らない「傷」や、酷いものではフロントからリヤへずぅうと線傷が有ったりして、その処理に時間が掛かり過ぎてしまったのが敗因だろう。

 まぁ、そうした傷も殆ど目立たなくなったので ヨシ としたのだが。

 明日は雨の予報なので、今年の洗車はあと室内を掃除して終わりそうだ。

 我が家に来て初の車検を終えて、念願のフロントバンパーの交換もできて、まずまずの一年だったのかもしれない。

 さてさて来年は・・・穏やかな一年であって欲しいと思う次第なのだ。


Posted at 2019/12/30 09:47:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ
2019年12月28日 イイね!

主灯 ハイビームのバルブを変えて見た。

主灯 ハイビームのバルブを変えて見た。 実は以前、ハイビームのバルブを IPF SUPER J BEAM 4750K HB4/3  に交換したことがあったのだが、実際に使ってみるとその暗さに驚愕してしまって、
速攻でノーマルに戻したのだが、

主灯 ハイビーム IPF 475J5バルブ交換
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/39483776/


ノーマルバルブが切れたので仕方なしにまた交換をして使っていた。

 しかし、その暗さは尋常ではなく、より明るいバルブを・・・と探して見つけたのが フィリップス エクストリームヴィジョン HB3ハロゲンバルブ (PHILIPS. X-treme Vision)  だ 。




  決して白くも無ければ青くも無い、普通のハロゲンのケルビン数なんだが、とにかく明るさもそうなんだが、雨天時や降雪時にも見やすいという評判を聞きつけ、選んでみた次第なのだ。


最近はやりの白や青ではないが、とにかく明ると評判の一品らしい。

 たしかに、 IPF SUPER J BEAM 4750K HB4/3  は、バルブにブルーでコーティングされていて、装着しているだけで、レンズ内が淡くブルーになるし、

 
ハロゲンはどんなに頑張っても白くも青くもならないのでコーティングして白さ青さを具現化しているのだが・・・

点灯すると、結構な白さなんだが、この白さを具現化するためにコーティングされた事と、HB3とHB4を共用化するためにバルブのトップをコーティングされている事で、ハイビームとしての光量が絶対的に足りない状況に陥っていたんのだ。

 そこで、ここは見栄えより実用性という事で、キセノン化もアリなんだが、パッシング時のレスポンスやブルーレイのリフレクターやレンズへの攻撃性を考えて、ごく普通のハロゲンを選んでみたのだった。

 さてさて、いつもの楽天で、何時ものようにオーダーすると翌日には届いた。早速パッケージを開けてバルブを見てみると、


コーティングも無い、まったく清いくらいの何もない普通のバルブの様子なんだが・・

素のバルブレンズに、どこを見てもなにも特別なモノのない、ごく普通のバルブなんだが、これが65Wでも明るというから、中身のフィラメント等々を工夫して明るくしているのかもしれない。

 さてさて、実際の交換に入ってみよう。


最近は車載のマニュアルにも、ちゃ~んとバルブの交換くらいは自分でやれよと交換方法が出ているモンだ。

 C26乗りにはつとに有名なモンで、ハイビームのバルブは巨大なお椀状のフタを外さないとアクセスできない様になっている。そのフタを開けてバルブを交換。


何をするにも邪魔で有名なセレナの「フタ」


フタを開けると間口が広いので比較的バルブ交換はラクだ。

 これまでキセノンだ、LEDだと色々とイジッテきたが、バルブを差し込んでキチっとハマりこむのは、やっぱりハロゲンのノーマルバルブだけなのだが・・・これが不思議なモンだ。

 先ずはドライヴァーサイドだけを交換して Befor-After を見てみよう。露出をいじらないで撮影してみた。


真昼間でも明るさの差は歴然!ドライヴァーサイドは明るすぎてレンズ周りが飛んでしまっている

 これが差が歴然で、遠目に見ても明るさの差がハッキリわかるモンだ。これが露出をイジッて撮影すると、



これが面白いくらい佐賀、いやいや差が明確に分かると思う。そして実際に交換後、住宅街を走行してみたのだが、


この画像はNETからの拾いモンなんだが、ほぼこんな感じだ。

とにかく光の到達距離が長く、そして明るい!色調も意外なんだが、絶望的に黄色くなく白過ぎず絶妙な感じだ。

 とにかく交換すると目がテンになるくらい明るい!という感じで、ヘッドライトはこうじゃなくっちゃと再確認した次第なのだ。

Posted at 2019/12/28 11:54:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | LCV E STAR | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード S-LIMITED (日産 ブルーバード)
U14の前車がこのU13。 ただのU13じゃありません!日産生産累計4000万台記念限 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.