• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2020年04月20日 イイね!

中実 ノーパンク・タイヤが増えて来た。

中実 ノーパンク・タイヤが増えて来た。
 先日、某馬場で中身が露出した 一輪車 のタイアを UP したが、最初はチューブか!?と思ったのだが、実は実は、ノーパンクタイヤで通常のエアーイン・チューブタイアではなく、ウレタンが充填された 中実 のタイアだというのだ。

極限 あと一周も持たなかっただろう。
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/43911731/



いくら ノーパンクタイア とはいえ、ここまで使い切るって・・・

 聞くところによると、やはり耐久性とか一輪車で荷物を載せて動かすときには、国産の BS 辺りのタイアが良いんだが値段が舶来品より数倍するので、背に腹は代えられず舶来品を選んで、さらにパンクに強い、文字通りの 「ノーパンク・タイア」を買っているんだそうだ。



中身が「ウレタン」だけのモノや「ウレタン+軟質ゴム」みたいなハイブリットなモノまであるそうだ。


 僕の時代と言えば、IRCだの国産メーカーのチューブ・タイアが当然だったのだが、最近と言うか、もうかなり前からチューブ・タイア も含めて舶来品が一輪車などなどのタイアでは幅を利かせているというのだ。

 ノーパンク・タイアと言えば僕的には、フォークリフトのタイアを真っ先に思い出すのだが、




昔からフォークリフトのタイアには、中実のタイアが多く使われていた。


それが一輪車の世界まで広がろうとはねぇ。



そういえば自転車にも、中実以外で、こんなタイアがあるのだ。面白い。


 じゃぁ国産タイアは、価格で駆逐されたかと言うと、技術力でどっこい頑張っているらしいのだ。その中のひとつで、最近目立つのが  ノーパンクハートタイヤ だろう。



これが 「ハートタイヤ」だ。W型と言うか中央が大きく窪んだ形状だ。


 この形状のおかげで、ダンピング性能や泥濘での「走破性」 が良いという評判だ。

 そういえば、実はクルマの世界でも、この形状のタイアが流行った時期があった。まぁクルマのタイアの場合は「走破性」と言っても、雨天での排水性を極限まで高めようという思想からなんだが。



何故か当時、世界中からこんなW型のタイアが続々とリリースされた。

深溝 排水性を極めるとタイヤはこうなった!
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/22308128/


 ハナシは一輪車の  ハートタイヤ  に戻るが、これを調べてさらに驚いたのが何と一輪車用の アルミホイール がある事だ。



このメーカーのカタログより。右側が一輪車用のアルミホイールだ!!


もっと調べると、このメーカー以外にも 一輪車用のアルミホイール があって、



こちらの一輪車用のアルミホイールは質実剛健なデザインで本当に軽量化が目的だろう。


こっちは本当に軽量化が主目的だろうデザインなんだが、この 一輪車用のアルミホイール を見ていて、ふっと思い出したものがある、それが、SSR SPEED STAR MK-1 だ。




これが面白い事に今でも売られていて、サイズは 14インチ や 15インチ が主体なんだが、これぞ 「1円玉ホイール」 の面目躍如なのが、そのサイズで 8J とか幅広サイズがある事だろう。



僕の世代には懐かしい、「1円玉」とか言われていた SSR SPEED STAR MK-1だ。


剥き出しの極限タイアから、ノーパンクタイアの存在を知り、さらに調べると確約海外品と差別化するために国産品が頑張っている事が垣間見れて実に面白かった。

そして、ここで小声なんだが・・・一輪車用のタイアの世界でも BS 一輪車用タイヤ  は高いという事だ。(笑)





まったく 一輪車の世界 も奥が深いと感じた次第なのだ。

















Posted at 2020/04/20 08:08:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | タイア | 日記
2020年04月17日 イイね!

極限 あと一周も持たなかっただろう。

極限 あと一周も持たなかっただろう。




「あと一周も持たなかっただろう」

とは、69年の日本GPでの優勝車 R382 のタイアを見た 櫻井慎一郎 の有名な言葉なんだが、

撃破 ポルシェを撃破!ワークスを破った日産R382
https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/352981/



きっとこんな感じだったんだろうなぁって思わせる

一輪車のタイア!!

コロナシンドローム前に体験乗馬に訪れた馬場に置かれていた一輪車なんだが、いやぁココまで使いきったタイアって言うのは、今までに見たことが無い。

生き物の管理の方が大変だからねぇと管理人の方は言ってましたが、是非とも道具の方も面倒を・・って

でも馬の維持管理って、金額を聞くと恐ろしい費用が掛かるし、これだけ人気があるにもかかわらず、維持管理をする人が絶対的に少ない事も気になる事だ。

クルマもウマも維持管理が実は大変って実感した次第なのだ。








Posted at 2020/04/17 08:45:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイア | 日記
2020年03月13日 イイね!

復刻 ヨコハマ G.T.SPECIAL と ホワイトレター 

復刻 ヨコハマ G.T.SPECIAL と ホワイトレター  日本は クルマ が文化として認知されていないと言い続けてきたが、ようやくモノや単純な耐久財ではなく、ひとつのカルチャーとして見直そうという雰囲気が出て来た様な気がする。

 そのひとつが、ビンテージタイアの復刻、特にヨコハマの頑張りには称賛を与えたいモノだ。

 最初は ADVAN HF TYPE D の復刻だったのだが、

復刻 ADVA-HF TYPE D 復活にBSの・・・・
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/41475465/


それからヴァリエーションが増えて、「G.T.SPECIAL」やリボンタイアが相次いで復刻された。

 ADVAN HF TYPE D の時もそうだったのだが、これが単純な復刻ではなく、コンパウンドなどが現代の基準に合わせて見直されているのも大いに注目を浴びる。


クラッシックな車種には現代のタイアは荷が重い・・見た目は当時のままだがコンパウンドなどが現代風に改めている復刻タイアは維持の救世主だ。

 そのヨコハマから、サイズの追加などがリリースされた。
特に 「G.T.SPECIAL」 と呼ばれたY350は国産車も含めて多くの古いクルマにマッチングするようになった。


メーカー標準のタイアとしても多く採用されていた。パターンは当時モノならではのモノ。

 さらに嬉しかったのは、リボンタイヤと呼ばれるサイドウォールに白いラインが入ったタイアもリリースされたことだ。


ココでは コーベット がモデルになっているが、スポーツ車以外にもフツウにホワイトリボンを履いていた。

 特にホワイトリボンタイアは、当時殆どのクルマのタイアに採用されていたので、復刻を喜ぶクラッシックカーのオーナーが多いだろう。


当時はホワイトリボンが入ったタイアが「当然」だった。


C10スカイラインの純正タイアにもホワイトリボンが使われていた。

 ヨコハマが、ここまで頑張るのであれば、以前もブログしたが、ここは最大手の BS にも頑張ってもらって、例えば、


登りはアンダーパワーでからっきしだったが、下りでは意外な程バランスが良く、下手な86なんぞを追い回して遊んでいた・・・若かった。

僕が若かりし頃乗っていたファミリアXGに標準だったRD116などを復刻したら、RD116は純正採用が多かったから喜ぶユーザーが多いだろう。

 さらに、スポーティな車種に多く採用されていた RD207 なんて復刻したら涙無くして喜べないだろう。


「押せばわかる」のCMで一世を風靡したスーパーフィラー採用の RD207

標準採用と言えば僕が一番印象に残っているのが、たまらなくテイスティな


GC型のカペラは実に素直なハンドリングで良いクルマだった。クウペの存在は意外に知られていない。

三代目、いや四代目カペラの上級車に採用されていた。


カタログにもRD207の記載や画像が無く、ようやく当時の雑誌でRD207がカペラ・クウペに装着していることを証明する画像を発見。

 何度も言うが、ヨコハマの凄いところは、単純に復刻するのではなく、排水性や耐久性、乗り心地などを現代の目で見直して、見た目は当時モンなんだが、コンパウンドなどはしっかりチューニングされている事だろう。

 正直、単純なノルスタジーだけでは、当時のスペックは危険すぎるからだ。

 元来、こうした復刻版のタイアは、ミシュランが得意としていたが、どっこい日本にはヨコハマアリという事で、実に誇らしいと思うのだ。

 さらにヨコハマをはじめ日本のタイアメーカーには頑張って欲しいモノである。




日産車乗りには、ぜひとも「掛布のトーヨーZラヂアル」の復活を望みたいモノだ。




Posted at 2020/03/13 00:11:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイア | クルマ
2018年07月16日 イイね!

黄帽 イエローハットのオリヂナルタイヤって・・・

黄帽 イエローハットのオリヂナルタイヤって・・・ 先日、イエローハットでコイル交換をした際に、フト・・・「タイヤの安い」とか「国産タイヤの」と言ったイエローハットの広告を思い出した。

 僕の年代だと、こうした用品屋のプライヴェート・ブランドのタイヤってあまりいい思い出が無いモノなんだが、取り敢えず国産ってどこの!?と聞かれて答えられないと


「ボーっと生きてんじゃねえよ!」

と言われそうなので(笑)調べてみる事にした。(笑)

 まずは、スタンダード・タイアという事で、「PRACTIVA」 を眺めて見よう。


185という微妙なサイズながら税抜きで \27,800- は確かに安いが・・・

 しかし、この画像では分かり難いが、このパターンどこかで、どこかで見たぞと思いつつサイドウォールを見てみると。


THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD. の文字が・・・・という事はやはり。

 THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD. という文字が燦然と刻まれており、ヨコハマ製で・・パターンを見ると、ちょっと前の


どうもパターンを見ると、ひと世代前の 「エコスES300」 ではないかと。

ヨコハマ エコス ES300 ではないかと思う。



今は、なかなかこのサイズで通販でも同じのを見つけられないが、同等のES31の通販価格より安いのは、究極の性能を求めないのならお買い得かもしれない。

 それでは、最近の売れセンの エコタイア と言うと、MOBISYS500e。


おっ!このタイヤのパターンも見た事が・・・・

これもなんだか見た事が・・・


このパターンで、トーヨータイヤという事は、やっぱり・・・・

このパターンで、トーヨータイヤという事は、やはり、オリヂナルは、


まず トーヨー の ECO WALKER  のOEMに違いないでしょう。



もはや、この値段だと通販でも新品は見つからず、サイズも無く、この価格設定自体かなり安い値段と考えると、これもグリップ力とかウンヌンを求めなければ十二分に魅力的なタイアなのかもしれません。

 こうしてみると、色々な贅沢を言わなければ、OEMタイヤというのも、ある意味で選択肢に入れてもと感じる訳ですが、ちなみに国産とは謳っておりませんが、ちょっと元気印のタイアという事で売られていた、ZETRO S4 は


215/45R17 でこの値段!もはやアジアンタイアだね・・と思ったら。

215/45R17 が 4本 で、この値段なら、もはやアジアンタイア!?と思って製造国を見てみると・・・


何のことない アジアンタイア でした。

いやぁ、やはりこの値段で国産は厳しい様で、やはり アジアンタイア でした。(笑)

 常々、僕はタイアにはお金をかけて欲しいと言っておりますが、国産がウンヌンは別にして、OEM化によって、実はコンパウンドなどが替えられている可能性が高いのですが、こうしたOEMタイアというモノも、もう少し頑張れば タイア の市場も面白いモノになるのではと感じている次第なのです。

 ただ、安さだけを前面に押し出す宣伝はどうなのかなとも感じているのですが・・・





イエローハット PRACTIVA MOBISYS500e タイヤ 
Posted at 2018/07/16 05:38:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイア | クルマ
2018年05月11日 イイね!

復刻 ADVA-HF TYPE D 復活にBSの・・・・

復刻 ADVA-HF TYPE D 復活にBSの・・・・ 僕の世代にとって最近の大きなタイアのトピックは、何と言っても 「ADVAN HF-D」 の復刻だろう。

ADVAN が先行して、それを追うように POTENZA RE47 が出て、汎用性が高く、グリップよりコントロール性重視の RE86 が出て、多くのメーカーの標準タイアとして採用されていたが、そんなBSの春を打ち砕いたのが、TYPE-Dの登場だった。

 これに対抗するPOTENZA は RE61 だったが、この非対称パターンの衝撃には敵わなかった。


ADVAN VS POTENZA の闘いはデヴューから現代まで延々と続いている。

 それまでのタイヤは、ラヂアル構造であれば・・というモノが多かったが BS の 310TURBO 辺りからブランド名を冠した製品が出てくるようになった。


この後に 330EAGER 331 340 とヴァリエーションが増えていった。



 実はこの分野でも昔は海外のメーカーが抜きん出ており、その中でも DUNLOPAQUAJETは凄い製品だった。 (このタイアも数年前から復刻されて、ヴィンテージ・ブリティシュスポーツの定番タイアとして現代も売られている。


1968年登場の SP SPORTS がベースだが、当時の DANLOP の技術の粋を集めて AQAJET は作られた。

 とにかくすごいのはパターンの工夫と、水の吐き出し口を工夫して、それこそ 砂抜き中のアサリの様に路面の水を吐き出すことだった。


さすがに、当時この広告を見た国産タイアのメーカーの連中は技術力の差に驚愕した。

 ところがだ、年月を経て、同じ DANLOP でも日本の DANLOP から数年前に出たタイアを見た瞬間、オマージュとかリスペクトではなく パクリ じゃんというタイアが出て来た。


DIREZZA ZⅡ β02 が出た時は、さすがに TYPE D のマネでしょうとしか言い様がなかった。

 まぁ元々タイアの世界も解析してパターンを設計してゆくと、どこも似たようなパターンのモノが出てくるが、これはちょっとと思ったものだ。

 ADVAN HF TYPE D も、DANLOP AQAJET も、時代を象徴するタイアとして、現代によみがったのだが、クルマのレストアの観点から復活したタイアも出て来た。

 それが BS のSF325 だ。

BSがリリースに際して公表したプレス資料の中の一文が実に興味深い。


 初代ロードスターは、1989年の発売以来、今もなお多くのファンに愛され続けているクルマです。当社は、マツダ株式会社の「ブランド・アイコンであるロードスターを、いつまでも乗り続けてほしい」、「古いクルマを愛でるようなクルマ文化を育みたい」という想いに共感し、同車に新車装着されていたタイヤ「SF325」をレストア向けに復刻しました。往年のロードスターファンの期待に応えるため、外観を再現しただけでなく、乗り味にもこだわったタイヤとなっています。

 
クルマ文化という言葉を、堂々と謳いあげる姿勢がようやく日本にも出て来たことに大いに共感を覚えるし、それが、もっと歴史のある 日産 や トヨタ ではなく マツダ から出て来たことに、今の新車を売る姿勢と何やらかぶるものある。

 日本のメーカーなのに海外で売るクルマばかり心配する日産なんて、こんな活動は微塵もできないだろう。

確かに毎年のお祭りの為に一車種ずつ、名車復活なんてやっているが、マツダは、それを地元の高校生を巻き込んで、時間を掛けて、若い人にクルマと触れ合う時間を造ろうとやっている。

 たしかに、手弁当で日産の名車を復活させる姿勢は立派だが、それを企業として、地域の人と人のつながり、クルマ文化を根付かせようというマツダに比べたら残念ながら自慰行為としか映らないモノだ。


見た目も大事だけど、現代のタイアに求められる項目に合わせてチューンしてリリースしているのもミソだ。

 タイアの世界だけとはいえ、こうして昔のタイアを復刻して、しかも、それを現代の要求する、走行音だとか、ウエットグリップなどを満たすように出て来たことは、単純な消費文化だったクルマが、ようやく 「文化」 として捉えられるようになって来たと感じ、これからの日本のクルマ文化がどうなって行くのか大いに注目して結いたいと感じてやまないのだ。



復刻 POTENZA ADVAN
Posted at 2018/05/14 00:01:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイア | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード S-LIMITED (日産 ブルーバード)
U14の前車がこのU13。 ただのU13じゃありません!日産生産累計4000万台記念限 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.