• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2020年10月25日 イイね!

群雄 個性豊かなメーターを集めて見た

群雄 個性豊かなメーターを集めて見た クルマに乗ると必ず視界に入る・・いやいや、見て運転しなくてはならない メーター なんだが、どうも メーター について注目しているドライヴァーが少ないようだ。

 怖いのは・・・メーターなんて見てるかなぁというドライヴァーが増えている事だ。

 しかし、メーカー各社はメーターのデザインには事のほか注力しているのだが、どうも、その熱意が伝わらないのは寂しい限りだ。

 昔からメーターには、メーカーの思いが込められていて、例えば、古いクルマで恐縮だが、1938年頃のキャディV16 コンバーチブル なんて、


1930年台のアメ車は本当に大きなガタイを生かしてデザインが流麗で美しいモンだ。

僕が知っている限りでは、こんなにまで「真四角」なメーターを持ったクルマは見た事が無い。


まったく真四角なメーター。しかし本物のマホガニーなどが奢られた内装のクオリティは1930年代に良くできたモンだ。

とにかく「真四角」であるが、それが上手い具合にデザインされて違和感が無いのはさすがという他ない。

 しかし、本物のマホガニーに本革の内装のクオリティは、とても 1930年代 とは思えないクオリティだ!!ちなみに、その頃の国産車と言えば、


1937年頃の DATSUN 16 。決して悪い例では無いがアメリカの工業力との差に驚くばかりだ。

 個性豊かなと言えば、外してはならないのが「シトロエン」だろう。僕的には、まず、


1960年代のシトロエンDS。僕の世代でシトロエンといえばこうしたDSルックを思い出す。

シトロエンDSを思い出すもんだ。

 僕の年代と言えば、この 1960年代 のDSのカタチが「シトロエン」と摺り込まれている。外観もそうだがメーターときたら、


速度計の針が真横に動く・・・昔の国産車にもよくあったロヂックだがデザインはぶっ飛んでいる。

速度計の針が真横に動き、全体のデザインも、とても 1960年代 のクルマとは思えない個性豊かでデザインの良さに驚くばかりだ。

 まぁ、シトロエンと言えば、


最初に見た時は、正直何がなんだが分からなかった(笑)

1980年代のCXのメーターも、最初見た時はなにがなんだか・・・であった。

 まぁそうした、キャディやシトロエンに比べたら、個性は希薄かもしれないが、最近のクルマたちのメーターの世界を、昔のブログから集めてまとめてみたのでご一読いただければ幸いだ。


こんなメーターが!?メーターの世界にハマる。
 https://minkara.carview.co.jp/summary/13023/












Posted at 2020/10/25 14:53:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | メーター | クルマ
2020年10月24日 イイね!

正面 メーターの世界へようこそ。

正面 メーターの世界へようこそ。 クルマに乗って、必ず見るのがメーター。
(最近は見ていないドライヴァーもいるとか・・驚!!)

 見やすい、見難い、綺麗、シンプルなどなど、直感的なハナシはよく聞くのだが、メーターのデザイン性や、嗜好性についてのハナシは意外に聞かないモノだ。

 過去からのブログから、かつて、心酔したメーターの改造のハナシや、古今東西のクルマたちのメーターを集めて見て、見れば見るほど面白いメーターの世界を掘り下げたいと思いまとめてみた。


メーターを気にした事はありますか!?
https://minkara.carview.co.jp/summary/13021/




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本精機 メーター Defi−Link ADVANCE BF  水温計 ブルー DF10503
価格:20720円(税込、送料無料) (2020/10/23時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PIVOT ピボット 汎用 水温計 品番:CSW サイバーゲージ
価格:13090円(税込、送料別) (2020/10/23時点)






Posted at 2020/10/24 05:43:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | メーター | クルマ
2015年02月27日 イイね!

逆転 新型プジョー308のメーターに気付きましたか。

逆転 新型プジョー308のメーターに気付きましたか。 新装開店となったプジョー308なんだが、外観は、これまでのパッと見た目で「プジョー」だという個性的なエクステリアは鳴りを潜めて、一見すると「どこかで見た様な」雰囲気になってしまった。

まぁ一般受けと言うか、誰にでも親しめる、特に曖昧な曲線や曲面を良しとしない日本人には良いかもしれないが、これまでの「アク」の強さを「プジョー」だと心酔していたファンには少々、複雑な心境なのかもしれない。

 ただ、実際の乗り味は、なんだか、独逸社チックになって、全くユルイところを感じさせず、あの「猫足」と言われた、ロールするけどタイアが路面を掴んで離さないと言ったお仏蘭西の良さが無くなってしまったのは少々残念な気がする。

 室内を見渡した時、気づいたのだが、相変わらず独逸車の様なデザインの固さを感じさせない柔らかな雰囲気は受け継がれていたが、メーターを見た時に妙に違和感を感じてしまった事を告白せねばならないだろう。

 メーターのナセルの形状や、指針にまでこれでもか!と言うくらい細かい演出が施されているのは流石と唸ったが、速度計と回転計の針が外側から内側に回る様になっていたのには、停止時にも気になってしまった事を告白せねばならないだろう。

 
さすがフランス車!指針の細かい部分までデザインされている。けど、反対方向に回るタコとスピードには違和感が・・・

 これが走り出すと、昭和生まれの目には、非常に気持ち悪く。僕世代で言うと、タコとスピードの針が一緒に「血踊り肉騒ぐ」様にシンクロして、俺が先だと言わんばかりにタコとスピードの針が驀進するのを「ヨシ」としていたのが、センターに向かって針が突き進む様子には「血も騒がないし」、「肉も踊らない」のが現実だった。


僕ら昭和世代には、眼前のタコとスピードの針が競争するように同じ方向に回るのが楽しかったのだが・・

 そう言えば、先日、幸運にも初めて内装が見れた、アストンマーティンの「ヴァンキッシュ」
も、同じ様なレイアウトだったけ。。


アストンマティン 「ヴァンキッシュ」のメータ。こっちはメーター間が近かったせいもあって違和感が無かったが。。。

 ただ、コッチはメーターとメーターの距離が近く、表示もデカく、モノトーンのデサインだったので違和感が少なかったのだが、308のメーターはねぇと言うのが偽らざるホンネなのだ。

 メーターに個性を求めるのは結構なんだが、308のメーターに違和感を感じるのは、メーターフェチの僕ならなのだろうか!?

こうしたギミックに凝るのなら、昔の高級国産車に良くあった


真横に針が動くメーターはかつての「高級」な国産車のステータスだった!!

指針が真横に動くヤツで、できればバーが伸びる式のを現代的に復活してくれないだろうか?なんて言うと、また徳小寺のたわごとが始まったなんて言われるのかしら。

 クルマの外観は乗る時、降りる時、駐車場に止めてある時しか見れないが、メーターを乗っている最中には見る機会が多いので、デザインにもこだわったのだろうけど、やっぱりメーターの針は同じように動く方が良いと感じた次第なのだ。
Posted at 2015/02/28 14:32:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | メーター | クルマ
2014年10月22日 イイね!

詰箱 N-BOX をレンタルしてみた!メーターはどうだ。

詰箱 N-BOX をレンタルしてみた!メーターはどうだ。 またまたとあるポイントがたまったので、気になるクルマをレンタルして乗ってみる事にした。

 今回のお題は「N-BOX」。

 ニッポンレンタカーには、何と 「N-BOX」 専用のクラス 「K-Bクラス」 というのが設定されていて、なかなかの人気を得ているという事だ。そのニッポンレンタカーの 「K-Bクラス」 を利用して約半日、街中や、ちょっとした山坂道を走ってみる事にした。

 その日は、朝から穏やかな陽気で絶好のドライヴ日和になった。ニッポンレンタカーのある駅前までバスで移動して、店舗の近くまで来ると僕がレンタルする 「N-BOX」 が
店先でスタンバイしているのが見えた。


な~んだ・・シルバーかぁ。どうせなら赤黒のツゥートンとか目の覚めるようなブルーの方が・・は贅沢か(笑)

 まぁいつも借りているという事も有って、手続きはサッと済んで、よいよ B-BOX に火を入れて街中に飛び出した。店舗を出て歩道を乗り越えて道路に出た段差では、開口部の大きなこの手のクルマとしてはボディがしっかりしているらしく、段差を乗り越えた時に、変なゆがみやボディの変位を感じることは無かった。

 ただ、手荒い使われ方をされているだろうレンターカーという実情も差し引かないといけないのだろうが、3,000Km 弱の走行距離を刻んだボディというより内装のあちこちで軋み音が聞こえたのは少々気になった。

 運転席からの景色を眺めてみよう。前方の視界なんだが、


独立三眼のメーターと言えば聞こえが良いけどねぇ。目盛の二重線は生理的に違和感があって受付けないモノだ。

メーターはホンダお得意の独眼式三連のメーターで、個性を発揮しているが、もう少しレイアウトを工夫した方が良いと感じた。今のままだと、まるで 「あしながバチ」 の作り始めの巣の様な感じで、見た目のインパクトとか賑やか感が少々不足している様に感じる。

 何より、メーターの目盛の二重線は、僕は生理的に受け付ける事が出来ない。この点ではライヴァルの 「ワゴンR」 の方が見易いし、ゴチャゴチャ感が無くていい感じだ。


スッキリしていて速読しやすいワゴンRのメーター。立体的な造形で個性を発揮している。

 メーターに関してコストの厳しい軽自動車にヤンヤと言うのは酷かもしれないが、色遣いなどで個性を発揮する方法もある事を知って欲しいと思うのだ。

ちょっと跳躍し過ぎの感があるけど、あのフェラーリなんか


ドカン!と真ん中にタコメーターは分かるが、そこだけマットイエローに塗って変化を出している。これが安っぽくないのが凄いところ・・・

単純なアナログ指針なんだが、F430のメーターは、真ん中のタコメーターはマッドイエローに塗られて個性を発揮している。いきなり黄色なんだが、それが安っぽくないのがスゴイところだ。

 まぁ軽自動車に、アレヤコレヤ言うのは酷という意見もあるが、かつての我慢を要求されていた軽自動車が、今では完全に家庭のファーストカーに成り得るまで成長した事を考えると、そうした細かい部分への要求をすることもやぶさかではないと僕は感じているのだ。
Posted at 2014/10/25 08:54:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | メーター | クルマ
2014年01月27日 イイね!

画面 メーターはもはやディスプレーなのか・・・

画面 メーターはもはやディスプレーなのか・・・ デヂタル家電で大いにニュースなどで取り上げられた、北米ラスベガスで開催された 「2014 International CES」 。

 あの美しい 4K テレヴィジョンなどが話題になっているが、僕が注目したのがクルマ関係の出品。その中で、 AUDI が今年モデルチェンジする 「新型アウディTT」 のインパネの展示に釘付けになった。

 もはやというか、かつては物好きな連中や、高額車のお遊びの領域に近かった液晶メーターが、当然の様採用され、さらに驚いたのが、センターコンソールの殆どの機能を、このメーターに表示するようにしたという思想に、正直驚きを隠し得なかった。

 そう言えば、この前出た メルチェデスの新しい Sクラス のメーターも、

  虚像 新型ベンツSクラス登場 メーターは・・・・
   https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/30953952/


新しいSクラスのメーターは、もはや「画面」になっている。これを見ると、やはり僕的には通常のメーターの方が・・・

TFTフル液晶で登場した事を見ても、こうしたロヂックのメーターが、スタンダードになりつつあると感じた次第なのだ。

 そう考えると、20年近く前に出た、NISMOのナビインメーターは、かなり先にいっていたのか・・・


センターに各種情報やナヴィを表示できた NISMO の 「ナビインメーター」

 最近のラブホテルの看板か、歓楽街のネオンか!?と言う様な、色彩鮮やかなメーターの流行りも凄いが、こうしたPCかと思う様なディスプレーのメーターが、これからどれくらい進化するか、大いに注視せねばと感じた次第なのだ。
Posted at 2014/01/27 02:08:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | メーター | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード S-LIMITED (日産 ブルーバード)
U14の前車がこのU13。 ただのU13じゃありません!日産生産累計4000万台記念限 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.