• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2017年11月19日 イイね!

【サーキット】【ビート】2017.12~2018.01予定

【サーキット】【ビート】2017.12~2018.01予定今日は朝、アスランさんに寄ってビートを回収して、休日出社。


※サムネイル写真は 赤い~のん!?さんに撮影して頂いたものです。
(同じ状況で渡しも撮影したんだケド、赤い~のん!?さんに後から頂いた各写真の方がずっとクオリティが高かった・・・)






【決まっている予定】

2017.12.05 鈴鹿フルコース KRS走行会
(ラジアルタイヤ=Z3で走る。ドライで走れたら、コレでラジアルを卒業する予定)

2018.01.14 鈴鹿フルコース TAKASU 研修走行会



【決めかねている予定】

2017.12.31 鈴鹿南 グリップ枠

2017.12.26 鈴鹿南 グリップ枠
2017.12.26 鈴鹿フルコース REV走行会



※年末の鈴鹿南は恒例行事だし(昨年はE07A改R1_1のブロー後で不参加だったケド)、久々に一緒に走りたい仲間もたくさん・・・なので高プライオリティなのだが・・・

・・・12/31というド年末がただでさえ家族に申告し難い日程であることに加え、一昨日、2018.1.3~9の仕事が決まってしまった。。。
1月3日から仕事に行くとなると、流石に12.31にサーキットに行くと大ヒンシュクなので、となると、12/26に南かフルに行くか?・・・・と。

ただ、1/3~9の仕事のプロジェクトで一緒に仕事をする業者のひとつが、「流石にそのド年始は調整厳しいかも」と言っているので、場合によっては年始の業務スケジュールが別日程に変更となるかも。

そうなると、いずれにしてもヒンシュクは買うのだが、「ゴメン、大晦日、鈴鹿南、行かせて」と家族にお願いできるかも。

・・・いずれにしても無難なところは12.26の方なのだが・・・。



年末、鈴鹿南を走るご予定の皆様は、12/26、12/31について、どういうご予定、どう思われますか?




●サーキット走行 関連目次はこちら
Posted at 2017/11/19 12:46:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年11月06日 イイね!

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2017.10.31 part.2 ログ、動画分析 2

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2017.10.31 part.2 ログ、動画分析 2ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2017.10.31 part.2 ログ、動画分析 1

の続き。


2017.10.31 鈴鹿南コース 走行のログ、動画解析編、後編。






■2017.10.31のmistbahnと、2015.07.21の赤い~のん!?さんの比較動画

まず、前編
との重複となるが、

・2015.07.21 赤い~のん!?さんがドライブするmistbahn号
・2017.10.31 mistbahnがドライブするmistbahn号

の合成動画↓。




※合成には「VSDC Free Video Editor」というフリーソフトを使用。

※タイム計測開始点となるメインストレートのコントロールライン通過タイミングが同一となるよう、2つの動画の時間軸を調整した。


動画は一見してほぼ同タイム、同期しているように見えるが・・・

赤い~のん!?さんの名誉のために改めて但し書きをすると、


2015.07.21(赤い~のん!?さんのログ、動画)

・真夏で気温が高かった

・たぶん路面コンディションも悪く、タイムの出ない日だった(私はいつもの2秒以上落ち)

・mistbahn号はまだノーマルエンジン

・mistbahn号はまだV Pro制御ですらなく、純正ECUのmistbahn製ROM制御

・mistbahn号の車高調はまだBLITZ ZZ-Rで、後で振り返って失敗だったφ19リアスタビ入り


・・・という、今回(2017.10.31)と比較すると、かなりの悪条件


mistbahnはこの日、1分6秒762 と不甲斐ないタイム(いつもの2秒落ち)だったのだが、同条件で赤い~のん!?さんは 1分4秒台を大量生産し、同日のmistbahnより2.5秒も速い 1分04秒164 を記録された。


2015.07.21の赤い~のん!?さん動画はラップタイム2~2.5秒ほどの悪条件だったため、ウデの差はmistbahnに対して2秒以上である赤い~のん!?さんのラップタイム今回2017.10.31のmistbahnのタイムに近似していており、結果的に動画の合成には好条件となった。
(※ラップの後半につれて走っている場所が変わっていったりせず、ほとんど同期している)






■S字



S字区間、赤い~のん!?さんが驚速!!!!


車速のログだけを眺めていると、2017.10.31 mistbahn も3~4コーナーの処理はキレイでボトムスピードも高く、4コーナーからS字1つ目にかけての立ち上がりスピードも割とイケているように見えてしまうのだが・・・

mistbahnだって攻めているつもりのS字で過激に車速差が広がっている。



動画でコマ送りして赤い~のん!?さんと比較すると、ある程度の謎解きはできる。




↑S字1つ目のクリップ直後付近。


ここはS字2つ目以降に向けて、右ベタがセオリーなのだが、赤い~のん!?さんが右ベタにつけているのに対し、 2017.10.31 mistbahn は右ベタに付けることができていない。

左方向の横Gが大きい。


これも、ピンスポットで評価すると 「タイヤの横方向のグリップをシッカリ使えている!」 と勘違いしかねないのだが、そうではなく、「横Gがまだ残っている」が正解。


で、S字2つ目に向けてのアプローチができないため、S字1つ目のクリップ付近でアクセルを戻してしまっているのが車速ログからわかる。


2017.10.31 mistbahn はS字2つ目と3つ目の間で2速→3速のシフトアップをしているのだが、赤い~のん!?さんはS字1つ目のクリップ付近でシフトアップをしており、にも関わらず、S字1つ目での失速はmistbahnの方が大きい。


パワーバンドを考えるとS字2つ目あたりでのシフトアップの方が理想的なのだが、アクティファイナルを使っている、鈴鹿南で速いビート乗りの方々はS字全体のリズムの組み立てのために、S字1つ目~2つ目間でシフトアップをされており、S字区間での赤い~のん!?さんとの絶望的な速度差はコレも原因と思われる。





↑で、S字1つ目でアクセルを戻したにも限らず、まだ姿勢制御を回復していない 2017.10.31 mistbahn はS字2つ目でも、クリップにつけず、クリップを過ぎてもまだ大きい舵角で左ステアを残してしまっている






S字3つ目も・・・

パッと見、左手の位置から、赤い~のん!?さんと同じような舵角に見えるが、ステアリングホイールの「sparco」のロゴを見ると、派手にステアリングを切っているのがわかる。




2017.10.31 mistbahnの単独走行動画 ↓



を見ると、S字区間はアンダー出まくりでフロントタイヤが鳴いているのを強引に振り回しているのがわかる。

(1枠目だけでウイングを外したので、2枠目、3枠目と徐々に乗りやすくなったものの、S字区間をアンダーを出しながら力技でジグザグに走る傾向は変わらなかった)



3~4コーナーの処理でのクルマの向きを変えることに失敗
 ↓
4コーナー出口で左ベタに付けることができない
 ↓
アクセル全開でS字1つ目出口を右ベタに付けることができない
 ↓
S字2つ目、S字3つ目まで尾を引く




・・・という典型的なパターン。

そして、わかっていて、いろいろ試すものの、思い通りにできない。




今まで、鈴鹿フルコースを、いろいろ足のセット違い、制御違い、エンジンパワー違い、黄姫レンタル・・・・

・・・などで走ってログを採ってみて、ストレートスピードが伸びたり、各コーナーを改善すると、若干はタイム向上するものの、「速いラップタイム」を達成できているLapは、皆、S字のアベレージスピードが速いマシン、S字を速く走れる足だった。


鈴鹿南は、鈴鹿フルコースの縮図っぽいコースだと思うが、鈴鹿南も鈴鹿フル同様に、S字を速く走れないと、良いタイムは出ないコースだと思う。




でも、


・先のブログエントリ「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2017.10.31 part.2 ログ、動画分析 1」 でも、ブレーキングによる前荷重制御に問題があることはわかっているので、練習・改善すべきポイントがわかっていることはポジティブ!

・以前までの足のように秒殺でブレーキロックしたり、ちょっとしたきっかけでスピンするナーバスな挙動と異なり、新調した足では、ブレーキロックもしないし、アンダーが出ようがオーバーが出ようが、タイヤと対話しながら、修正舵も使いながら、どうにかこうにか走ることができる今の足は本当に楽しい!
今のマシンなら、ブレーキングの課題も練習~改善できると思う。



・・・ので、既に次回の鈴鹿南(年末予定)がとても楽しみ。






■YOKOHAMA看板コーナー~ヘアピン

「YOKOHAMA看板コーナー」を結局、なんと呼ぶべきかわからない。。。

「鈴鹿南随一の高速コーナー」だと思っているのだが、25Rしかないのだな。(そうは言っても、クリップ部が25Rってだけで、複合コーナーとして考えると高速コーナーだと思うが)





「YOKOHAMA看板コーナー」は、2017.10.31 mistbahnイケてると思う。

自己ベストを出したこの1枠目だけはGTウイングを付けていて、結構なアンダーステアだったのだが、このコーナーだけに関して言うと、ウイング付きの方がかなり攻略しやすかった。


比較的高速コーナーが良かったので、鈴鹿フルが楽しみ。





ヘアピンが・・・イマイチ、ログと動画を見較べて、良くわからない。。。

動画を見較べると他のタイトコーナー同様、赤い~のん!?さんの方がレイトブレーキングに見えるのだが、車速ログを眺めるとmistbahnの方がレイトブレーキングに見える。




↑ヘアピンの減速Gを見てみると、他コーナー同様、やっぱり 2017.10.31 mistbahn のブレーキングはソフトで、ダラっとリリースしている。。。
メリハリがナイ。




↑ADVAN看板コーナー後、トップスピードは2017.10.31 mistbahnの方が伸びているのだが、既にこの位置で、減速がはじまっている・・・・というか、3→2速のシフトダウン操作を・・・。

(※車速ログではmistbahnの方が減速開始位置が後ろなので、不整合。GPS誤差かな?)





赤い~のん!?さんの3→2速のアンド・トゥ。

mistbahn、まだシフトノブに手が・・・・(合成動画で見ている感じ、そんなにモッサリしたもんでもない印象なのだが・・・・)





↑ヘアピン。

2017.10.31 mistbahn はクリップにつけていないし、車体の向きも十分に変わっていない。

1コーナー、3+4コーナーと同様に、前荷重不足が原因か・・・。





2017.10.31 mistbahnドン臭いヘアピン攻略の割には、ヘアピンからの立ち上がりはステア舵角も適正で、横Gおつりも少なく、車速も出ている。

LAP+ 車速ログとは不整合(もっと赤い~のん!?さんから遅れているハズ)なので、GPS誤差だったり、GPS解析ソフトの誤差なのかも。







■シケイン



↑ログを見るまでもなく、運転していて、「全然ダメ」と思ったシケイン。

2年ぶりで感覚を忘れていること、何から何まで変わったmistbahn号にまだ慣れていないこと・・・・

・・・から、ここでリスクを冒したくなかったので、1枠目はかなりアクセルを戻していた。

シケインに関しては2枠目、3枠目・・・と改善させ、もっと早めのアクセルON、元気の良い立ち上がりをできるようになった。
(でも、1枠目の自己ベストは更新できなかった)





↑シケイン進入前の速度差。




↑シケイン1つ目を終わり、シケイン2つ目に。

ステアリングの舵角や、車体の向き制御はそんなに悪くないと思うが、ボトムスピードの低すぎる 2017.10.31 mistbahn。




↑シケインからの脱出も同様に、姿勢は悪くないが、とにかくアクセルONが遅い。。。




■最終コーナー




2017.10.31 mistbahn、最終コーナーは、車速ログを見ても、動画を見てもそんなに悪い印象はナイ。

YOKOHAMA看板コーナーと同様、数少ないタイムロスしていないコーナー。







↑このステアリングの握り方はアレだが・・・・・・

・・・左手首を痛めているので。。。





タテGを眺めると、シケインも最終コーナーも、赤い~のん!?さんとはやはり、かなりアプローチが異なる。

特にリリースが遅い印象。





■まとめ

2017.10.31 鈴鹿南は、エンジンパワーはUPしたし、車高調の新調でかなり「踏める」マシンとなった。

結果、自己ベストは大幅に更新できたものの、ADVAN看板コーナーと、最終コーナー以外の全てのコーナーでタイムロスをしている。


タイムロスの原因の大半が

「ブレーキングにメリハリがない」
 ↓
「前荷重を確保できていない」
 ↓
「マシンの向きを変えることができていない」


なので、わかりやすい課題が残った。

(きちんと解析して良かった)



練習して、次回のタイムアップに繋げたい。

(もっとも、次に鈴鹿南を走るときはSタイヤを履く予定だが・・・)



アドバイス頂いた皆さん、本当にありがとうございますm(u_u)m




●サーキット走行 関連目次はこちら
Posted at 2017/11/06 19:44:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年11月04日 イイね!

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2017.10.31 part.2 ログ、動画分析 1

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2017.10.31 part.2 ログ、動画分析 1先日 2017.10.31 の鈴鹿南コース。

マシンがエンジン・足回りともに戦闘力UPしたので、大幅に自己ベストは更新できたものの、自分のドライビングのスキルの低さ、センスの無さには例によって失望した。

2年ぶりで走り方を忘れていたこともあり、今回はログをさらさらっと眺めて終わるのではなく、久々に真面目にじっくり解析した。

エネルギーと時間の必要な作業なので、2~3回に分けてブログアップする。




■2015.07.21の赤い~のん!?さんの走りとの比較・研究(過去実施)

2015.07.21 に、鈴鹿南コースで、赤い~のん!?さんにmistbahn号を運転してもらい、ほぼ同条件(マシン、コースコンディション)での比較分析をさせて頂いたことがある↓。


ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.1

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.2 mistbahn 車載動画 1:06.762

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.3 赤い~のん!?さん 車載動画 1:04.164

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.4 走行ログ分析 1~2コーナー

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.5 走行ログ分析 3~4コーナー~S字1つ目

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.6 走行ログ分析 S字

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.7 アドバンコーナー

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.8 ヘアピンコーナー

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.9 シケイン

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.10 最終コーナー、と総評



・・・このときは

・真夏で気温が高かった

・たぶん路面コンディションも悪く、タイムの出ない日だった(私はいつもの2秒以上落ち)

・mistbahn号はまだノーマルエンジン

・mistbahn号はまだV Pro制御ですらなく、純正ECUのmistbahn製ROM制御

・mistbahn号の車高調はまだBLITZ ZZ-Rで、後で振り返って失敗だったφ19リアスタビ入り

・・・という、今回(2017.10.31)と比較すると、かなりの悪条件。



mistbahnはこの日、1分6秒762 と不甲斐ないタイム(いつもの2秒落ち)だったのだが、同条件で赤い~のん!?さんは 1分4秒台を大量生産し、同日のmistbahnより2.5秒も速い 1分04秒164 を記録された。

(ラップタイムが1分程度のミニコースでの2.5秒差って相当だよなあ・・・)





■2017.10.31のmistbahnと、2015.07.21の赤い~のん!?さんの比較動画

前述のように、2015.07.21は、気温、コースコンディション、マシンスペックの全てが悪条件だったので、できれば今のmistbahn号での速いドライバーによるドライビングと比較したいのだが・・・・

ナイものはナイので、悪条件だった2015.07.21の赤い~のん!?さんの走りと比較分析させて頂くことに。


以下、比較用に合成した動画。




※合成には「VSDC Free Video Editor」というフリーソフトを使用。

タイム計測開始点となるメインストレートのコントロールライン通過タイミングが同一となるよう、2つの動画の時間軸を調整した。


2015.07.21の赤い~のん!?さん動画はラップタイム2~2.5秒ほどの悪条件だったため、ウデの差はmistbahnに対して2秒以上である赤い~のん!?さんのラップタイム今回2017.10.31のmistbahnのタイムに近似していており、結果的に動画の合成には好条件となった。
(※ラップの後半につれて走っている場所が変わっていったりせず、ほとんど同期している)



■メインストレート~1コーナー~2コーナー



メインストレートの加速は

E07AR2_0 + V Pro > ノーマルE07A + V Pro >>> ノーマルE07A + 純正ECU(mistbahn製ROM)


ノーマルエンジン+V Proに対して、鈴鹿南では直線が短いので鈴鹿フルほどのゲインは稼ぐことができないが、やっぱり得しているなぁ。


ノーマルエンジンではメインストレートで3速9200rpm(※純正タコメータだと9500rpm表示)でサージングしていたので、4速にシフトアップが必要だったが、E07A改R2_0では10000rpmまで使えるので(※多用、常用はしたくない)、メインストレートは3速のままで走りきっている。




4速にシフトアップする赤い~のん!?さんと、3速ホールドの2017.10.31のmistbahn

この時点でエンジンと制御の差で既に車速に4km/hの差があるのがわかる。


シフトアップ時のタイムロスもなければ、1コーナー進入時に、赤い~のん!?さんみたいに速く正確な 4→3→2速 のマシンガンシフトができないので、3→2速のシフトダウンだけで済んでいるのもアドバンテージ
(チートだし、ドラテク向上しないアプローチだが・・・)





車速ログだけを眺めていると、2017.10.31 mistbahnは、1~2コーナーをひとつのコーナーと捉えているかのようなアプローチで、1コーナーのボトムスピードの高さはステキなのだが・・・


・・・残念ながら鈴鹿南の1~2コーナーは、鈴鹿フルコースの1~2コーナーのようなタイプの「1つのコーナー」と捉えるような複合コーナーではなく、シケイン的な右旋回+左旋回のコーナー。


2017.010.31 mistbahnの1コーナーへの減速のメリハリがない。

2015年の鈴鹿南ではストレートエンドでのブレーキングでフロントタイヤがロックし、フラットスポットを量産したトラウマから、優しいブレーキングとなっている。
(このログは1枠目のものだが、2枠目、3枠目と徐々にブレーキングは強めていった)




↑ストレートでの車速は 2017.10.31 mistbahnが遥かに伸びている(100km/hぐらい)にもかかわらず、1コーナー進入前のシフトダウンポイントでは既に赤い~のん!?さんよりも6km/hも低い車速となっている

いかに、手前からダラっとした減速をしているかが良くわかる。



対して、赤い~のん!?さんは短くギュッと高い制動Gを発生させて、すぐにリリースされている。




↑結果、2017.10.31 mistbahnは前荷重が足りず(リアウイングの効果もある)、1コーナーで車体の向きを変えるのが遅い。

赤い~のん!?さんは1コーナー立ち上がりではキレイに向きが変わっており、既にステアリングを戻し、2コーナーへのアプローチ準備に入っているが、2017.10.31 mistbahn はまだクルマの向きが変わっておらず、ステアリングもまだ右に切った状態。
ダサい。。。





↑2コーナーからの立ち上がり姿勢は、2017.10.31 mistbahn、車速は若干低いものの、案外イケている。
(1~2コーナー間をアクセル全開でできずに、一旦減速した結果か)






■バックストレート~3+4コーナー

鈴鹿南の2~3コーナー間のストレートって、「バックストレート」って言うんだな・・・。

あんまり「バックストレート」とか「裏ストレート」って位置じゃないと思うんだケド、こないだの南のブリーフィングでコースオフィシャルの方が「バックストレート」って言っていた。




2コーナーのボトムスピードが絶望的(しかも位置も悪い)な 2017.10.31 mistbahnだが、エンジンパワーにアドバンテージがあるので3コーナー手前では車速が追いついている。

(でも、タイムは車速の積分なので、バックストレートでの2017.10.31のタイムロスはデカい)




4速にシフトアップする赤い~のん!?さんと3速ホールドの2017.10.31のmistbahn
ここでも車速に7km/hの差が!


メインストレートと同様に、4速へのシフトアップ時のタイムロスもなければ、3コーナー進入時に、赤い~のん!?さんみたいに速く正確な 4→3→2速 のマシンガンシフトができないので、3→2速のシフトダウンだけで済んでいるのもアドバンテージ
(チートだし、ドラテク向上しないアプローチだが・・・)




1コーナーと同様に、3~4コーナーも、車速ログだけを眺めていると、 2017.10.31 mistbahnは完璧に思える。
コーナー奥まで高い車速を維持しており、でも3~4コーナーでのボトムスピードは高い。


・・・・だが、1コーナーと全く同じで、3+4コーナーも、前荷重不足で車体の向きを曲げることができずに、4コーナー後のS字へのアプローチがグダグダになっている。


1コーナー同様、3コーナーでも2015年の鈴鹿南ではストレートエンドでのブレーキングでフロントタイヤがロックし、フラットスポットを量産したトラウマから、優しいブレーキングとなっている。

(過去のmistbahn号は特に左フロントがすぐにロック→フラットスポットのできる傾向にあったが、左回りの3コーナーは特に毎回ロックしていた)




↑4コーナーへ。 mistbahnは向きが変わっていないし、ステアリングの舵角が大きい




↑4コーナーからの立ち上がり。

一見、mistbahnは既にS字に向けてアプローチしているように見えるが、そうではなく、4コーナーをオーバーシュートしており、ステアリングはまだ大きく左に切った状態でラインを立て直そうとジタバタしている。

「こう走りたい」というイメージはあるので2枠目、3枠目と徐々にアジャストはしたものの、イメージどうりになかなか走れない。。。



続く。




●サーキット走行 関連目次はこちら
Posted at 2017/11/04 15:47:36 | コメント(5) | トラックバック(1) | サーキット | クルマ
2017年11月01日 イイね!

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2017.10.31 part.1

 【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2017.10.31 part.12017.10.26のCCMC走行会が西コースの被災(土砂災害)により中止となったこともあり、鈴鹿南コースに走りに行ってきた。


鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




最後に走ったのは 2015.12.27 なので、ほぼ2年ぶりの鈴鹿南



鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



↑鈴鹿南コースのようなショートコースではハードトップを外しているが、ハードトップを外してサーキット走行するのもほぼ2年ぶり!

屋根無し+GTウイングの組み合わせ写真は初。




鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



↑ひろあき!さんにお付き合い頂きました。

ありがとうございましたm(u_u)m



鈴鹿南コース マツダ デミオ Dewpoint

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



↑ひろあき!さんのご友人が、デミオのラリー競技車両(ターマック仕様)で参加!


鈴鹿南コース マツダ デミオ Dewpoint

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



もっとじっくり観察+写真撮影したかったが、今日は自分のことで精一杯だった。。。

いろいろお話させて頂き、楽しかったです。ありがとうございました。



■1枠目


●仕様

タイヤ: ダンロップ・ディレッツァZ3

エンジン: E07A改R2_0(鈴鹿南では初使用)

車高調: RSマッハ スペックR
バネレート: F:5k、R:7k
減衰: F:4段戻し、R:4段戻し


鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat GTウイング

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



↑鈴鹿南への道中、ちょっと渋滞していたので、準備時間が十分になく、1枠目は外すつもりだったGTウイングは付けたまま出走




●走りと結果

散々だった。


おそらく、

・GTウイングが原因

・鈴鹿南の走り方を完全に忘れている

・新しい足回りの扱い方がわからず、前荷重をうまくかけることができない(※以前の足が鈴鹿南や岡国ではブレーキング時にロックしまくってフラットスポットを量産していたので、ガツンとブレーキを踏むのを躊躇)


・・・などが原因で、序盤はとにかくアンダーステア出まくりで扱いづらかった


「ビートはノーマルでもアンダーセッティング」とか良く言うケド、ここまで露骨にアンダーな挙動を示したのはハジメテ



後半、自分の走り方のアジャストでややアンダーは解消されたのだが、タイヤが垂れてきたら今度はオーバーステアが・・・。



ただし、過去ずっと悩まされた、ブレーキング時の左フロントのロック問題や、粘らずスパンとスピンする問題は解消。




昨日までの自己ベストは1分4秒701だったのだが、2年前と変わらず、クリアラップは1分5秒台前半や、1分4秒台後半・・・・


・・・だったのだが、




自己ベスト更新。
1分03秒860。
0.841秒の更新!



1枠目は1分4秒台前半のLapがあるワケでもなく、ホンマにマグレで。
とっちらかった走りなので、動画UPするのも恥ずかしいんだケド・・・・





↑3~4コーナーは入り口は前荷重不足でオーバーシュート、そこからオーバーを出しているし、S字でもアンダーを出しているし、シケインの立ち上がり時のアクセル踏むのは遅いし・・・・。




■2枠目


●仕様

タイヤ: ダンロップ・ディレッツァZ3

エンジン: E07A改R2_0(鈴鹿南では初使用)

車高調: RSマッハ スペックR
バネレート: F:5k、R:7k
減衰: F:2段戻し、R:4段戻し



↑GTウイングを外した。

フロントの減衰は2段進めた。

リアの減衰はタイヤを外さないとアクセスできないので、時間切れで諦めた。



●走りと結果

アウトラップから、

「おっ、軽快になった!!キビキビ走る!扱いやすい!!!」

と思った。


アウトラップの次のLap(アタックラップ)から、

1分4秒249

を記録。(1枠目の自己ベストよりは遅いケド、昨日までの自己ベストより0.5秒程度速い)


その後も、

1分4秒347
1分4秒240


などを代表とし、4秒台前半を量産


明らかに1枠目より良いセッティングだし、鈴鹿南2年ぶりの私も走り方を思い出してきた・・・

・・・のだが、1枠目の自己ベストを更新できない。

1分4秒2台で頭打ちする。



「今年1番の冷え込み」と言われて、期待していたのだが、そこそこ寒かったのは1枠目だけで、2枠目は結構暑かったので、それもあるだろうし、Z3の美味しいところは終わってしまったのかも。






↑2枠目終了後のZ3(リアタイヤ)。




■3枠目

●仕様

タイヤ: ダンロップ・ディレッツァZ3

エンジン: E07A改R2_0(鈴鹿南では初使用)

車高調: RSマッハ スペックR
バネレート: F:5k、R:7k
減衰: F:2段戻し、R:0段戻し

GTウイング: ナシ




↑お昼休憩で十分に時間があったのでリアタイヤを外し、リアの減衰をMAXに。



●走りと結果

2枠目より更にコントローラブルになったケド、タイムが出ない。

1分4秒883
1分5秒026

あたりをウロウロする。


更に上昇した気温とタイヤコンディションかな。


後半、かなり気合を入れてみて、やっと、

1分4秒299
1分4秒355


あたり(2枠目の良いタイムと同等)。


1枠目の自己ベストを更新できないんだケド・・・・


・・・・でも、スゴく扱いやすくなった!


タイヤが垂れてからも扱える。

後半、アンダーもオーバーも出るのだが、それでもスピンせず、滑らしながら振り回してコーナーを攻略できる。

楽しい。





■まとめ

●エンジン



→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



ログを見ると、2015年末(真冬)と較べても、E07A改R2_0 の加速は素晴らしいが、鈴鹿南は2速、3速中心で、直線が短いので、鈴鹿フルほどのインパクトと大きなゲインはなさそう。

でも積み重ねで、タイムに繋がっている。



また、ギア比の関係で、一瞬4速に入れて、すぐに2速まで落とさないといけない、メインストレートと裏ストレートは、エンジンには過酷だが4速に入れずに3速で9500rpm超えまで引っ張ってターンインすることでタイムを稼ぐことができた(と思う)。



全くクーリングラップを入れないと12Lapほどで、油温、水温ともに100℃近くまで上昇するが、まだシュラウドも作っていないし、ストレートの短いコースでは上々だと思う。




●GTウイング





→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



結果論から言えば、GTウイングを付けて走った1枠目で自己ベストを大きく更新できたのだが、扱いやすく運転が楽しかったのは、GTウイング無しの2枠目と3枠目。

1枠目は、自己ベストの1分3秒860以外は、1分4秒台後半しか記録できなかったが、2枠目、3枠目は4秒台前半を量産できた。

評価の難しい結果となったが、個人的には鈴鹿南ではGTウイングはナイ方がベターだと感じた。

ただし、S字の後のダンロップ看板前の高速コーナーだけに関して言うと、GTウイングがあった方が走りやすかった。



●車高調

前述のように、長年悩んで、あれこれ苦労した

・メインストレートエンドのブレーキロック
・裏ストレートエンド(3コーナー進入)の左フロントのブレーキロック

が解消され、はじめて?鈴鹿南でフラットスポットを作らなかった!(祝!!!)



減衰を上げると本当に扱いやすくなり、ある程度粘るし、滑らしながらもコントロールできた。
タイヤが垂れても、ある程度のタイムでは走り続けれる・・・的な。



RSマッハ・スペックR、素晴らしい!
依頼先さんのアライメント素晴らしい!



・・・が1番なのだが、問題解決のためのここ数年間のアプローチ(車高の上げ下げ、バネの交換、スタビの交換、ブレーキパッドの選定、減衰・・・)はなんだったんだ・・・・と。
もちろん、その過程でいろいろ勉強にはなったのだが・・・。



●タイム

2枠目、3枠目と、足回りのセッティングと、自分自身の鈴鹿南の走り方の思い出しと、足回りへのドライビングのアジャストが改善されていくのに、1枠目に記録した

1分03秒860 (過去の自己ベストを0.841秒更新)

を超えるタイムを出せなかったのが、なんとも歯痒い。悶々とする。


心情的には、3枠目のセッティングと自分自身の走りで、1枠目をやり直したい。



歯痒いんだケド、もうそれを言っているといつまで経ってもSタイヤを履くことができないので、次回以降、鈴鹿南はSタイヤを履くことにする。

(鈴鹿フルは12/5の走行会をラジアルでの最終走行にするつもり)


まあ、まぐれの一回でも3秒台に突入できて良かった!




ひろあき!さん、参加された皆さん、お疲れ様でした+ありがとうございました。


エンジン+足回りのビルダーさま、本当に良いマシンにアップデートして頂き、ありがとうございますm(u_u)m
肝心のドライバーがマシンに見合った結果を出せずに申し訳ナイです。。。。



●写真

鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



鈴鹿南コース ホンダ・ビート Suzuka Minami Honda Beat

→ 高解像度画像(PHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)






●サーキット走行 関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/11/01 00:39:52 | コメント(3) | トラックバック(2) | サーキット | クルマ
2017年10月16日 イイね!

【サーキット】予定 2017.10.26 CCMC鈴鹿フル、2017.12.05 KRS走行会

【サーキット】予定 2017.10.26 CCMC鈴鹿フル、2017.12.05 KRS走行会以下のサーキット走行会を申し込んでいます。



■2017.10.26 CCMC走行会 (鈴鹿フルコース)

http://ccmc.gr.jp/event/entry1026/index.html

3年ぶり、2回目のCCMC走行会。

3年前のCCMC走行会で、自己ベストの3分切りを果たしてから、S字が遅くなって、直線タイムやいくつかのコーナリングスピードが改善しても、3分がギリギリ切れなくなって苦しい3年間が続いた。

(黄姫では2分57秒台を出せたし・・・

復活したmistbahn号では先日の烈で「エンジンのおかげで」3年近くぶりに自己ベストを 2分58秒734 に更新できたが・・・S字や130Rは酷いもんだった)


・・・晴れるといいんだケド。。
(晴れたら、結果はどうであれ、鈴鹿フルでのラジアルタイヤでの走行はこれで最後にする予定)






■2017.12.05 KRS走行会 (鈴鹿フルコース)

http://www.suzukacircuit.jp/driveandride_s/

http://rs-zero.jp/

http://rs-zero.jugem.jp/?eid=52


ビート仲間+私で、既に4台のビートがエントリー済み。

御参加あれ!





11月のどこかで鈴鹿南をラジアルで走ってから、Sタイヤに履き替えてKRS走行会に臨みたいが・・・。

毎月サーキットに通っていると妻に叱られるかも。
仕事もドドドッと忙しくなってくるし。

11月に鈴鹿南を走れなければ、例によって鈴鹿南は年末かな。



それらが終わったら、改装後の岡国にも行きたいし、黄姫とtsworks号でしか走っていないMLSも自分のビートで走ってみたい。




●サーキット走行 関連目次はこちら
Posted at 2017/10/16 20:46:11 | コメント(1) | トラックバック(1) | サーキット | クルマ

プロフィール

「【ビート】アクリルウインドウ化による減量計測、Sタイヤ回収ほか http://cvw.jp/b/242406/40752255/
何シテル?   11/23 21:19
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
232 人のお友達がいます
Wolfman JunkWolfman Junk * てぇかむてぇかむ *
やーまちゃんやーまちゃん * BlueflexBlueflex *
C.A.MC.A.M * 赤い~のん!?赤い~のん!? *

ファン

312 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回のサーキット ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.