• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2012年09月25日 イイね!

【PP1】ロールケージ(サイトウロールケージ・クロモリ・6点)、サベルト・ハーネス取付

【PP1】ロールケージ(サイトウロールケージ・クロモリ・6点)、サベルト・ハーネス取付今日の夜は、近藤エンジニアリングさんに預けていたビートを取りに行く予定だったのだが、現場(仕事)でドツボにハマり、帰社できたのは19:30だった。

とても気の効く同僚が、私の帰社を待っていてくれ、近藤エンジニアリングさんに速やかに送ってくれた!


で、ビートに再会!!!!

ビート購入当初から、非常に投入優先順位の高いにも関わらず、なかなか投入できなかったロールケージをついに投入!!!!

Saitorollcage クロモリ 6点




オープンカーでのサーキット復帰の最低条件なので、本当に念願だったのだ。




多忙による寝不足と過労でフラフラだったケド、眺めているだけでアドレナリンが噴き出る!!!

ここは流石にプロの仕事で、シッカリとテンションがかかるよう施工して頂いております。




予め、NANIWAYAの楽天ショップで安く売ってたアウトレット品の、サベルト「TOP FORMULA C(トップフォーミュラC)」(※2シーター専用品)を入手していたので、これも近藤さんに取り付けてもらった。

サベルトはDIYで取り付けるつもりだったが、ここんとこ忙しすぎて作業時間を捻出できないので、お願いしたのだが、プロ、それも近藤さんにお願いして本当に良かったと思える取り付け(フロア補強等)をして頂いた。



●街乗り

まるで別のクルマのような剛性感があるが、BMWや997なんかのドッシリ感とはまた異なる。バキッと硬いワケでもない。
なんというか、塊感的な・・・。

もっと高重心な体感になるのかと予想していたが、ビートの全高が元々極端に低いからか、そういうネガティブさはない。


脚がスゴくマイルドになったように感じる。
路面のハーシュネス(=突き上げネ)をほとんど感じなくなった。
乗り心地が良くなったとも言える。

車高調のバネはF:4k、R:6kで、ロールケージ投入前は、「フロントは3kに落としても良いぐらいかも」と思っていたが、ロールケージ投入後はむしろ上げたいなあ・・・と。

ダンパーは、「減衰を下げた」ような印象はあまりないが、「減衰を上げた」ような印象とも異なる。
「粘りが出た」印象。それって、本来は「減衰を上げた」と同義のハズなのだが、今まで「減衰を上げた」ときとは異なる「粘り」なので、本来のダンパーの役割(バネ-マス系における「粘性」)を果たすようになったということなんだろうか??


脚が柔らかく感じるのは、剛性が上がったことによりサスペンションが仕事をするようになったからか?
それとも、車重が重くなったことにより固有振動数が下がったからか?
あるいはその両方か?



加速は以前よりずっと遅く感じる。これまたマイルド。
ブレーキング時の減速も前ほどシャープじゃない。これまたマイルド。
制動距離も伸びた気がする。

車重が増えた分か?
もっとパワーが欲しい。
早くエアコン外したい。
カーボンパーツなんかで軽量化したい。



タイヤもサイドウォールなんかの剛性不足を感じる。
もっとグリップするタイヤが欲しい。


・・・なるほど、ロールケージにより剛性や車重が上がると、こうまで、他のコンポーネントの感じ方や、他のコンポーネントへのリクエストが変わるのだな。(感心)





●ワインディング

街乗りと違って、右に左に横Gがかかるシチュエーションだとサイコーだな、コレ!!!・・・と。

本当に全く別のクルマになった。

ネガティブに考えるとビートの軽快感はない。

でも速い!
流してるつもりだし、ワインディングを走ること自体、何ヶ月ぶりかなのだが、以前よりも明らかに速い。
同じ場所で、ひとつ上のギアにシフトアップしないとレブに当たる状態。


カルチャーショック+シアワセ!!!

サーキット復帰するゾ!!!!




●ほか

ただし、幌の開け閉めは非常に困難で時間のかかる作業になった。(ジッパーに手が届きにくいし、助手席側のフックが結構干渉してる)

あと、今まで助手席の足元にスッポリ収まってたカバンがスッポリは収まらなくなった(笑)



また明るい日中に写真撮影しよう。


寝不足で死にそうだケド、当日ブログアップせずにはおれんかった。
(帰宅後、たくさんのビジネスメールを処理した後です。眠い。。。)



ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2012/09/25 23:54:41 | コメント(13) | トラックバック(2) | ビート | クルマ
2012年09月24日 イイね!

【B4】【軽量化】レガシィB4(BL5A)軽量化インデクス

【B4】【軽量化】レガシィB4(BL5A)軽量化インデクス2011.04まで乗っていたレガシィB4(BL5A)。

以前から、その軽量化の目次ページは存在したが、何ヶ月かかけて

mistbahn Motor WEB Subaru Legacy B4 (BL5A) 軽量化

というまとめページを作りなおした。

以前の目次ページより少しわかりやすいと思う。



コツコツ編集していて、

「ファミリーカー相手に酷いことしてるなあ・・・」

とか

「執念だなあ・・・」

と我ながら思った。




●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
●レガシィB4(BL5A)の軽量化 関連目次はこちら

Posted at 2012/09/24 10:10:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | レガシィB4軽量化 | クルマ
2012年09月23日 イイね!

【PP1】【軽量化】Aピラー アルミテープ、アルミクロステープ施工

【PP1】【軽量化】Aピラー アルミテープ、アルミクロステープ施工連続28日目出勤なう。
昨日は16:00に微熱で途中退社しましたが、3時間の仮眠の後、結局在宅で仕事してました。


以下は、1週間以上前の作業報告。
深夜作業だったし、なかなか写真を撮れる時間もなかったので公開が遅れた。


先日のブログエントリ「【PP1】【軽量化】Aピラー トリム撤去、サンバイザー撤去」で、インナートリム撤去後の穴処理については、いろんなアドバイスを頂きました(皆様、誠にありがとうございました)が、結局、

大穴: アルミクロステープ
小穴: アルミテープ

で塞いだ。



グループAのニスモあたりのR32 GT-Rが、内装ストリップした穴はアルミテープで塞いでいる写真を良く見ていたので、こんな感じの処理がレーシーに思える私。




で、そんな私のかわいいビートは、楽天で入手した2シーター用のサベルトと一緒に現在、近藤エンジニアリングさんに預けてます。




11/29のサーキット復帰を考えてるのだが、その時期に現場出張(埼玉)が入る可能性があるのと、最近の多忙っぷりがいつまで続くのか・・・・とで、正直休みが取れるかはかなり微妙だが・・・・。




ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2012/09/23 07:54:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | ビート軽量化 | クルマ
2012年09月21日 イイね!

【試乗】Lexus GS450h (GWS191) ※三度目長文レビュー

【試乗】Lexus GS450h (GWS191) ※三度目長文レビュー過去(2007年)に2度レビューを掲載している社長車のレクサス GS450h。

ブログエントリ「2007.05.09 【試乗】Lexus GS450h
ブログエントリ「2007.09.11 【試乗】Lexus GS450h再び

先日(・・・といってももう一ヶ月近く前だが)お借りして、大阪←→神戸間の往復したので、5年ぶりにレビューしてみる。

5年も経てば私の評価基準も、ブログの表現手法も変わるワケで、過去の試乗車を再レビューするのも面白いかな・・・・と。

ただただ、忙しすぎて(この一ヶ月、全くの不休で、帰宅もほとんど0時前後)、少しずつ本ブログエントリを書いていたのだが、なかなかアップに至らなかった。
書けてない読書感想文も貯まりに貯まっている。。。

過労気味で、筋トレ・有酸素運動する体力がないので、その時間を使ってちょっとずつ本ブログエントリ書いてみた。



■Lexus GS450h (GWS191)

レクサス GS450h (GWS191) 全体像


●エクステリア

レクサス GS450h (GWS191) サイドビュー

数年前から、Audi A5スポーツバックとか、Jaguar XFとか、Aston Martin ラピードとか、メルセデス CLSとか、「ファストバック」とまでは呼べないかもしれないが、Cピラーをかなり寝かせてクーペルックにした高級セダン、増えたね。(ポルシェ パナメーラはちょっと違う気がする。ブサイクやし)

ファストバック調のサルーンとしては、Lexus GS(GWS191)はハシリの方だと思う。
※高級セダンじゃないケド、初代アクセラセダンなんかも似たようなCピラーの処理。人気なかったケド(個人的には結構好きだった)


この先代レクサスGSのデザインは、出た当時、

「JAGUARがもっと元気で、懐古趣味じゃなかったら、きっとこういうデザインテイストのクルマをリリースするんだろうなあ・・・」

と思っていたら、その後のXFやXJが似た系統で出てきた。

レクサス GS450h (GWS191) リアビュー

ボリューム感のあるデザインだし、実際デカいんだけど、「デブ」「鈍重」というネガティブな印象よりも「良い意味のボリューム感」「パワフル」「安定感」といたポジティブ印象の方が勝ってるデザインだと思う。

自分向けなクルマじゃないケド、このデザインは好き。


●ブレーキ冷却ダクト

レクサス GS450h (GWS191) フロントバンパーのブレーキ冷却用ダクト

レクサスGS450hには最初からブレーキの冷却ダクトが存在する。
バンパーに吸込穴があり・・・

レクサス GS450h (GWS191) 車体下部。ブレーキ冷却ダクトの通り道。

↑は冷却ダクト・インサイドな比較的フラットなフロア。

レクサス GS450h (GWS191)フロントタイヤハウスのブレーキ冷却ダクト

・・・で、タイヤハウスに出口側のダクト穴が存在する。

レガシィB4(BL5A)に乗っていたときは、岡山国際サーキットでフロントブレーキの熱問題にとにかく悩まされて、クーリング・ダクト施工をしてもらっていたので、何年も前から、GSのこの「ノーマル状態」からのブレーキ・クーリング・ダクトは興味があり、「良くできてるなあ・・・」と感心していた。

GS450hはハイブリッドなので、ブレーキングはモータによる回生ブレーキによる制動も伴うので、ブレーキキャリパ・ディスク・パッドへの負担は少ないように思うのだが、1890[kg]もある車体だと流石にブレーキ熱も半端ないのかな?


●パワートレイン、ドライブトレイン、タイヤ

レクサス GS450h (GWS191) エンジンルーム

エンジンルームはカバーだらけでほとんど何も見えない。
エンジンフード(ボンネット)があるので、「二重梱包」状態で、過剰包装な日本の箱菓子などを連想する。

エンジン諸元
 エンジン型式: 2GR-FSE
 最高出力: 296[ps](218[kW])/6400[rpm]
 最大トルク: 37.5[kg・m](368[N・m])/4800[rpm]
 種類: V6DOHC+モーター
 総排気量: 3456cc
 ボアXストローク: 94.0mm×83.0mm
 圧縮比: 11.8
 過給機: なし

モータ諸元
 モーター型式: 1KM
 モーター最高出力: 200[ps](147[kW])@何rpm以上?
 モーター最大トルク: 28.0[kg・m](275[N・m])@~rpmまで?

あんまし調べてもいないのだが、電動機の諸元がイマイチ良くわからない。(上記モータ諸元もソースはイイカゲン)
最高出力と最大トルクから、基底回転数を逆算すると、基底回転数は5122[rpm]となり、

 定トルク: 275[Nm]@~5108[rpm]
 定出力: 147[kW]@5108[rpm]~

となるのかな?(そもそも、定トルクモータ?)



産業用のインバータなんかだと「過負荷」という概念があって、60秒間は定格の150%トルク、3秒間は定格の200%トルクを捻出できたりするのだが、このクルマの電動機+インバータには「過負荷」という仕様はあるんだろうか?
あるいは、過負荷を含めた最大トルクが275[Nm]なのかな?

「定格トルク」ではなく「最大トルク」という表現なので、過負荷を含めても275[Nm]がMAXトルクと考えるべきなんだろうな・・・多分。(何秒持つんだろ??)



上記計算が適用されると仮定すると、電動機はほぼ0rpm~5108[rpm]までMAXトルク275[Nm]を発揮するワケで・・・

更に、エンジンのMAXトルク368[Nm](・・・はそんなに低い回転数からは捻出できないが)を加算すると、643[Nm]となるワケで・・・

(単純な足し算じゃないと思うし、効率もあると思うが・・・
ハイブリッドの総和としての諸元ってあんまし公開されてないもんなんやね。)

運転していても、とにかくスタートダッシュがスゴい。
まさにロケットスタート!

高速の料金所(※運悪くETCカードを挿してなかった)からの0→80km/h加速は一瞬!
ちょっとしたドラッグレース気分を味わえる。



リアにシッカリとトラクションがかかる足回りで、FRなのもあり、とにかくこのロケットスタートは本当に痛快。
私は軽量化を行なってパワー・ウエイト・レシオを向上させるのが好きだが、重いものをデカいトルクで強引に加速するのも、それはそれでロマンがあるな。


そもそも、トルクがデカいと言っても、このハイブリッドの電動機はイナーシャがデカいハズなので(見た目的に)、レスポンスを確保するにはトルクで強引にカバーしているハズ。



レクサス GS450h (GWS191) メータ

何故か、ググってみても市販ハイブリッド車のことを「KERS」と呼んでいる人を見かけないのだが、「KERS(Kinetic Energy-Recovery System)」は「運動エネルギー回生システム」。
減速時のエネルギーを回生して、再利用しているので、このハイブリッドは「KERS」と呼んで全く問題ないハズ。

特に、プリウスやインサイトCR-Zが、回生したエネルギーで電動機駆動に充てて、エンジンの燃料消費を抑えることに専念しているのに対し、GS450hでは、運転している感じだと、回生したエネルギーを思いっきり加速にも充てているように思う。
これを「KERS」と言わずになんと言う?

CR-Zもこういう思想で制御されていたらもっとウケていたハズ。
たぶん制御だけの問題だと思うので、サードパーティー製のECUやPCUでなんとかなるのかな?(あるいはもうなっている??)




エンジンのボアXストローク比: 94.0mm×83.0mmが、意外とオーバースクエアなのに好感がもてるな♪
低回転域のトルクはモータでシッカリ稼げるので、エンジンは高回転重視に割り切れたってことなのかな?
でも、運転していて、上に伸びる感じは全くなく、どちらかというと頭打ち感が強い(タコメータがないので回転数はワカランのだが・・・)。結局、エンジンの仕様だけでなく、高回転域はモータとかが足かせになっているのかな?

・・・そもそもCVT(※ベルトやチェーンじゃない。「エレクトロマチック」?wiki引用で日本語で説明すると「エンジンの動力増幅を、一般的な機械式減速機構と発電機とモーターの電気制御によって行っている。変速は1組の遊星歯車のみによって実現される。」)なので、その制御による頭打ち感なのかもしれないが。


高級車かつV6にしては、高負荷時のエンジン音は結構、雑味が多い。加速はスゴいんだケド、音だけ聞いていると、ちょっと苦しそう。



ちなみに、フルモデルチェンジ後の現行のGS450hは、一件似たような諸元に見えるエンジン部が、アトキンソンサイクルになって、かなり抜本的に進化している・・・・とMFiで読んだ。
エコ方向に振ってるから、加速のフィーリングとかはどうなのかな?


レクサス GS450h (GWS191) BS TURANZA(ランフラットタイヤ)

BS TURANZA。

信号右左折時に、アクセルをドンと踏んでみると、タイヤもしっかりグリップしてるんだケド、曲がりながらもググイッとトラクションがかかって加速していく感じは、どうもリアにLSDが入ってるような感じ。

ググっても良くGS450hのリアデフの仕様が全くワカランのだが(レクサスとか好きな人や乗ってる人にメカヲタはほとんど存在しないので)、トルセンあたりが入ってるんだろうか?


●操作系、設定

レクサス GS450h (GWS191) 操作スイッチ類

操作スイッチ類は良くわからない。


ダンパーはSPORT設定で乗ってみた。
乗り心地は悪くないが、クラウンみたいにフワフワせず、ドッシリしている。
が、車重が重いので、ロールやピッチングはデカい。デカいケドゆっくり目。
車重に対してやや低めのバネレートで、ダンパーの減衰は高めということなのかな?
昔運転させて頂いたときと較べて、若干ダンパーがヘタリ気味な気も少ししたが??


HybridはPWR設定で。


TRCは、最初は怖いのでONのままで。
おそるおそるOFFにしてみたケド、違いはワカランかった。
・・・というか、TRC OFFにしても、気づくとONに戻ってる。
で、OFFにできないときがある。


DABCは何かわからないので、借りたときのOFF設定のままで乗ってみた。


レクサス GS450h (GWS191) 電動チルト・テレスコ ステアリング

ステアリングのチルト・テレスコも電動。
重くなるわなあ・・・・。
ここまで徹底してると感心するケド。

レクサス GS450h (GWS191) シートポジション・プリセット

シートポジションもステアリング位置も全て電動なので、プリセット呼び出しができる。
偉い人のクルマをお借りして、ポジションをいろいろ弄るのに、遠慮しなくても良いのはステキな仕様だ。




●総評

クルマの良し悪しとか、好みとか、高級車だからとか、そういうアレコレよりも、普段あんまし縁のないテクノロジーが詰まっていることに今回は妙に楽しめた。




●試乗記関連目次はこちら
●自動車技術関連関連目次はこちら
Posted at 2012/09/21 17:34:32 | コメント(5) | トラックバック(3) | 試乗記 | クルマ
2012年09月07日 イイね!

【PP1】【軽量化】Aピラー トリム撤去、サンバイザー撤去

【PP1】【軽量化】Aピラー トリム撤去、サンバイザー撤去本日は、2週間ぶりにビートで通勤。もちろんフルオープンで♪

窓がとても汚れていたので、ウインドウウォッシャースプレーしたら、窓の上から車内に飛び込んできて、爽やかに顔面にシャ・・・・・




始業前に、ロールケージを入れる前準備として、Aピラー周辺の内張りとサンバイザーを撤去。

※内張りは付いたままでもロールケージは付くケド、内張り必要ないし、ロールケージ入れてからだと撤去困難なので。


撤去前




撤去後




サンバイザーの留めビスを含めて合計900[g]の軽量化
予想よりもデカかった。

穴関係はアルミテープとかで塞いでおくべき??



手順詳細は整備手帳「【PP1】【軽量化】Aピラー トリム撤去、サンバイザー撤去」にアップ。


クリップ部がいちいち塗装がちょい剥がれしてたのでタッチペンでタッチアップした。




ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2012/09/07 12:27:40 | コメント(9) | トラックバック(1) | ビート軽量化 | 日記

プロフィール

「【サーキット】【ビート】烈 鈴鹿サーキット・フルコース 2017.09.24 ログ解析 http://cvw.jp/b/242406/40475662/
何シテル?   09/25 22:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
230 人のお友達がいます
cp86 AE86復活cp86 AE86復活 * てぇかむてぇかむ *
tommmytommmy * kura.kura. *
t-shint-shin * nao02nao02 *

ファン

308 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回の ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.