• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2016年02月29日 イイね!

【サーキット】【ビート】岡山国際サーキット Fun Run 第1戦 2016.02.28 part.2 車載動画と車速ログ 2分10秒328

【サーキット】【ビート】岡山国際サーキット Fun Run 第1戦 2016.02.28 part.2 車載動画と車速ログ 2分10秒328昨日の

岡山国際サーキット Fun Run 第1戦 2016.02.28

の、2枠目(予選)時の、岡国の自己ベストラップ 2分10秒328 の車載動画。





↑動画見て、特に最終コーナーは昨日の中ではイマイチな出来だな・・・と感じたケド、ちゃんとログにも表れてた↓。




↑Clickで拡大

緑: 2016.02.28 FUN RUN 2枠目に記録した、自己ベスト 2分10秒328
茶: 2016.02.28 FUN RUN 1枠目に記録した、2ndベスト 2分10秒418
桃: 2015.05.28 WP で記録した、2分13秒102


ストレートスピードは、純正ECU(mistbahn製ROM) → VPRO(mistbahn製ROM) へのアップデートで、大幅に改善。
エンジン同じでも、制御の違いで出力比7%増だからね)

あとは、2015.05.28 WPはそこそこ暑い日だったので、気温差も大きいと思う。



全体として、1枠目に記録した2ndベスト(茶)の方が、ストレートスピードは伸びているが1コーナーで大きくロスしている

1コーナーで何があったかは覚えていないのだが、後で動画を確認しよう。



自己ベストを記録した2枠目(緑)気温もかなり上昇していたので、ストレートの伸びはイマイチ

タイヤも、フラットスポットの問題、路面コンディション+タイヤコンディションの問題1枠目の2ndベストよりも、かなり厳しいグリップ状況だったので、全般に冴えないのだが、1枠目よりもアジャストできた状態で、体に「まとめることができた」ので、0.1sec、上回っている



1枠目で1コーナーをロスしていなければ2分10秒を切れたのだろうし、
2枠目の最終コーナーをもう少し上手く攻略しても2分10秒を切れたかもしれない。
残念といえば残念だケド、本当にコレが精一杯の実力。



●サーキット走行 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2016/02/29 17:11:19 | コメント(4) | トラックバック(1) | サーキット | クルマ
2016年02月28日 イイね!

【サーキット】【ビート】岡山国際サーキット Fun Run 第1戦 2016.02.28

【サーキット】【ビート】岡山国際サーキット Fun Run 第1戦 2016.02.28長女の受験とかぶったのでキャンセルした、2016.02.23 REV SPEED走行会 鈴鹿フルコースの代わりに、

岡山国際サーキット FUN RUN 第1戦 2016.02.28

に参加してきた。




受付がAM7:30なので、流石に南大阪からの日帰りはしんどくて、湯郷の安いペンションに前泊。
湯郷だけど、残念ながら温泉宿じゃなかった。



朝起きると、朝もや。

美作はいつもこんな感じなので気にしない。




EURO CUP

EURO CUP

FUN RUNと交互の枠で、EURO CUPが開催されてた。


Auto Bahn Sport 恵比寿さんには何回もお邪魔しているので、恵比寿の社長さんもきっといらっしゃるのだろう、とご挨拶にピットに行ってみたケド、タイミングが合わず、お会いできず。







FUN RUNの、同じピットは、たくさんのZ33と、NSXと86。

場違い感、半端ナイけど、こういうシチュエーションは多い。






お隣のマットブラックなNSXがスゲー、カッコ良かった。

人見知りでモジモジしてたんだケド、NSXの方に声かけて頂いて、少し会話できた。
ありがとうございます。





tsworksさんが、のぞきに来てくれた。



実のところ、仕事での懸念事項で、土曜から、悶々としていて・・・

本日も、朝から、岡国に着いてからもずっとそれで頭がいっぱいで・・・

(特にボッチやし)

「ああ、今日はアカン日だ。コンセントレーションできない。こういう日はトラブルに遭う確率が非常に高いから、自己ベストとかどうでもいいから、事故らないようにだけ注意しよう」

・・・と考えていたのだケド、tsworksさんが来てくれたことで、本当に気分転換ができて、走行開始時にはコンセントレーションすることができた。

本当にありがとうございましたm(u_u)m




■1枠目



昨年の2015.05.28 WPで記録した自己ベスト 2:13.102 を、3周目(アウトラップ除く実質2周目)で、あっさり更新できた!
2分12秒923。


で、7周目に更に更新
2分11秒604。
裏ストレートで、5速へのシフトアップを失敗したり、ヘアピン入口で後ろからのクルマにインを刺されて、またリボルバーで抜き返したり・・・したのに。


で、最終Lapで、更に更新!
2分10秒418。

2015年までの自己ベスト2:13.102から、3秒近い更新。



ブレーキング時にロックしまくりで、7周目や8周目は、フラットスポットで激しいバイブレーションがあったし、タイヤの熱ダレも進んでたケド、ドライビングのアジャストが進んだので、更新できた




■2枠目



1枠目でドライビングのアジャストはおおよそできたので、2枠目はしょっぱなから、自信をもってドライビングできたケド・・・・

2枠目は、最初からフラットスポットによるバイブレーションも酷く、フラットスポットによりブレーキング時はいちいちロックしたし、路面温度も高い感じで、タイヤはズルズルだった。
気温も高かった。


2Lap目に、そこそこ良い走りをしたのに2分11秒台なのを見て、「ああ、この枠はダメそうだな」と思ったが・・・


4Lap目に、1枠目の自己ベストを、更に0.1秒 更新できた。

自己ベスト 2分10秒328。



↑このLapは、自分的にもとても内容が良かったのだケド、本当にタイヤが逝ってたので、正直、ベスト更新できるとは思ってなかった。


でも、タイヤのズルズルっぷりが半端なく、「これ以上は危ないな」と感じたので、7周目を終えてからスローダウンしてピットインした。





■フラットスポット







フラット「スポット」 とは呼べないぐらい、ほぼ全周にかけてツンツルテンとなった左フロント。

タイヤハウス内が白いのは、行きの中国道で、ずっと、「凍結防止剤散布車」の後ろを走っていたから・・・・。早く洗い流したい)

あまりに酷いので、3枠目(レース)は辞退した。



Z2、Z2 STAR SPECの左フロントにフラットスポットを作ったのはこれで3本目。

ここ最近、比較的前後ブレーキバランスが取れていると思っていたのだが、


フロントのパッド(WINMAX AP1)、ロータを新品に交換

・弱アンダーステアを作るためにリアの車高を下げた


あたりが災いしたっぽい。


tsworksさんがサスを見て、「左右でキャンバー違うのでは?」とコメント頂いたが、これも正解に思えるので調査が必要。


いずれにしても、ここんところ、サーキット3回ごとにフロントタイヤはダメにしてる感じで、金銭的にも困るのでなんとかしないと・・・。






■自己ベスト更新の要因



まだ動画もログも見てないケド・・・(追ってUPします)

おそらく・・・


・Vプロによるストレートスピードの向上

・2014年、2015年は暑い日のタイムアタックだったが、今回は冬場でパワーが出た

・2コーナー攻略の若干の改善

・アトウッド立ち上がりの改善

・リボルバー攻略の大幅改善

・パイパー攻略の大幅改善

・ダブルヘアピン2つ目は改善できてるかわからないケド、アプローチは変えた

・最終コーナー攻略の大幅改善



・・・だと思う。




長期の目標としていた2分10秒切りは達成できなかったケド、自己ベストをほぼ3秒更新できたし、2枠目のタイヤコンディション、路面コンディションを考えると、十分だと思う。

アジャストされた2枠目の走りを、コンディションが良かった1枠目でできていれば2分10秒は切れたんだろうケド、これが実力。



ノーマルエンジンでの最後の岡国を、満足できる結果で終えることができて良かった。



==

走行後はtsworksさんと長時間、ビート談義させて頂いた。
本当にありがとうございましたm(u_u)m

※写真もたくさん撮って頂きました♪

==


FUN RUN主催者の方々、キャンペンガールの方、参加の皆様、お疲れ様でした+ありがとうございました。




●サーキット走行 関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2016/02/28 23:29:29 | コメント(4) | トラックバック(3) | サーキット | クルマ
2016年02月21日 イイね!

【書籍】書籍レビュー、200冊に到達

先ほどブログアップした

【書籍】BANZAI October 2015

で、書籍レビューが200冊に到達した。

(実際にはもっと読んでます)


もっとも、読書感想文とは言えないようなモノばかりだケド・・・・



↓200冊の目次は以下。

mistbahn Motor WEB - Motor Books Review -
http://www.mistbahn.com/Books.html







●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
Posted at 2016/02/21 19:07:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | 書籍 | クルマ
2016年02月21日 イイね!

【書籍】BANZAI October 2015

【書籍】BANZAI October 2015明日・明後日が志望校の受験なので、長女がピリピリしてる、なう。



2015年10月頭にUK(ヒースロー空港~ミルトン・キーンズ。実質1泊半日。全くオフなかったので、また行きたい。)に行ったときに、買った雑誌をご紹介。



■BANZAI October 2015

BANZAI October 2015

「UKでもっとも売れている日本車のチューニング誌」 って表紙に書いてあるな 笑。

一体、何冊のJDMチューニング誌があるのか不明だが・・・・ 笑。



●Honda Civic Type R Turbo



2015月10月頭は、タイプRターボの日本での抽選開始直前だったのだが、この写真の「青、カッケー」と思っていたので、日本では白500台と黒250台しか買えないことにガッカリした。

というか、あんだけ赤押しでプロモーションしていたのに、そりゃ、ねーわ・・・と。




●LIVIN' IN JAPAN



聖地「日本」の滞在記。


真夏の滞在で「高温多湿がえげつない」的なことが書かれてたり・・・

樹齢の高い盆栽が高額で売られていることが書かれてたり・・・

ガソリンの値段が参考に書かれてたり・・・



写真だけを見ると、日本を誤解されそうな記事なのだが、文章は案外マトモ 笑。

記事の最後に

"Just be sure to carry a big can of parts cleaner and a rag to clean any stains and remember the Japanese saying 'tobu tori ato wo nigosazu', or 'bird don't leave a muddy wake'. "

( "日本人は「飛ぶ鳥跡を濁さず」って言ってるから、大量のパーツクリーナーとウエスを用意してシッカリ掃除しろ!" )


と締めくくられている。なんか微笑ましい。





●TRAX2015



シルバーストーンで開催される、チューニングカー、カスタムカーのもっとも大きいイベントのひとつ、らしい。







●EXEDY広告



日本でEXEDYのクラッチを見ると、紫メタリックとかちょっと下品で、なんともアメリカンなセンスだなあ・・・と思うのだが、この「和」な広告を見ると、EXEDYの紫色のクラッチが、日本の伝統芸能的なセンスに基づくカラーリングに見えてしまう(←絶対違う)。





●TO THE EXTREME ~Gatebil Main Event 2015~



「Gatebil」というイベントの紹介。

「Gatebil」は、単独イベントではなく、ノルウェイやスウェーデンと合わせての年に複数回の会場・イベントで構成されるそうだ。





●RE-ENGINEER for the REAR





ニッサン R35 GT-Rをドリフト用に後輪駆動化した車両。

コンセプトが面白いとは思わないケド、カラーリングとか造り込みとかカッケーと思う。





●LEGAL HIGH ~AP1 Honda S2000~



ポルトガル人の弁護士さん、Bruno Fernandesさんの所有するS2000。

無限、SPOON、HKSなど日本製のパーツで構成されている。

ブルーノさんは、EG5シビックから始まり、EK4シビック、88年カローラGTi、EG6シビック、DC2インテグラ、NSX・・・・と輸入して所有されてきたらしい。

並行輸入に際して、排ガス規制の問題がネックになることなど、書かれていたりして・・・・

この雑誌、文章チラ読みすると案外マジメなんだよな。




で、このS2000、SPOONのパーツがてんこ盛りだからだと思うが、記事の次のページはSPOONの広告。

ちゃんと「www.spoonsports.eu 」と、欧州向けのURLなのだな。






●FINE TUNING



ブランズハッチで開催される「Tunerfest South」というサーキットでのタイムアタック・イベント。






●TWO OF A KIND ~LA2 Mazda RX-4 and SE3P Mazda RX-8~





Clive Haynsfordさん所有のマツダ車2台。

RX-8のターボ化は、RENESISへのボルトオンターボかと思ったが、FD3SからのRE13Bスワップだそうだ。

「RX-8のエンジンじゃ頑張っても400馬力でないから。でもモチロン、オレにはロータリーエンジンであることが必要だったのさ 笑」

だそうだ。





●SUPERTECHPERFORMANCE広告



ナトリウム封入チタンバルブの広告。

こういうのがUKっぽいなあ・・・。





●CLUB SCENE "MIMMS HONDA DAY"



いわゆる「オフミ・レポート」記事。

Rockingham Motor Sppedwayで開催。





●NEXT MONTH



次号(2015年11月号)予告ページのFD3S RX-7がカッコイイ。




●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
関連情報URL : http://banzaimagazine.com/
Posted at 2016/02/21 18:23:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書籍 | クルマ
2016年02月20日 イイね!

【サーキット】【予定】2016.02.28 岡山国際サーキット FunRun走行会

【サーキット】【予定】2016.02.28 岡山国際サーキット FunRun走行会昨日キャンセルした、2016/2/23に予定していた鈴鹿サーキット(フルコース)でのREV SPEED走行会 の代わりに

2016.02.28(Sun) 岡山国際サーキット FunRun走行会

に申し込んだ。



岡国は昨年2015の5/31以来。
ビートでは年一回ペース。



【楽しみな点】

Vプロでかなりパワーアップしているので、自己ベスト更新

・走りの面で改善すべき箇所が見えているので、自己ベスト更新

・2014、2015年はともに暑い日の走行だったので、気温差でもストレートスピード伸びそう




【不安な点】

・雨(岡国は山間部なので天気予報アテにならない)

・トラフィック。
Dクラスなので、ストレート速いけどラップタイム遅いクルマとの混走になる。
岡国は鈴鹿フルと較べて狭くて抜きにくいし、「長い直線の後にコーナー」的なレイアウトなので、パワー差のあるクルマの後ろにつくと、本当に抜けない。

・過労、睡眠不足




まあ、自己ベスト更新できなくても、事故なく楽しんできます。




●サーキット走行 関連目次はこちら
Posted at 2016/02/20 19:22:41 | コメント(1) | トラックバック(1) | サーキット | クルマ

プロフィール

「【サーキット】【ビート】烈 鈴鹿サーキット・フルコース 2017.09.24 ログ解析 http://cvw.jp/b/242406/40475662/
何シテル?   09/25 22:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
230 人のお友達がいます
C.A.MC.A.M * MDi遠藤MDi遠藤 *
韋駄天RS韋駄天RS * おさむですおさむです *
赤い~のん!?赤い~のん!? * cp86 AE86復活cp86 AE86復活 *

ファン

308 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回の ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.