• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2017年11月23日 イイね!

【ビート】【軽量化】アクリルウインドウ化による減量計測、Sタイヤ回収ほか

【ビート】【軽量化】アクリルウインドウ化による減量計測、Sタイヤ回収ほか・・・先週、今週とイレギュラー出張が続いて、仕事が滞っているので休日出社しているんだケド、今日もイレギュラーな対応ばかりで、片付けないといけない仕事が片付かず、マズい。。。




休日出勤前にアスランさんに寄って、

・ビート用Sタイヤ ADVAN A050 Mコンパウンド(預けていたTE37 13inch、ESターマック 14inchに履かせてもらったもの)

・アクリルウインドウ換装により撤去されたガラスウインドウとパワーウインドウ機構部品


を回収した。



ADVAN A050

ホンマはSタイヤは昨日までに回収して、今日、休んでフィッティングしてみる予定だったんだケド、また今度だなあ・・。




ワコーズ SP4

アクリルウインドウの交換でビートを預けていた間にブレーキフルード、クラッチフルードの交換もお願いしたのだが、写真撮影を忘れていたので、撮らせて頂いた。

ワコーズのSP-4。






アクリルウインドウ交換時に、低速時に感じる足回りのガタを見てもらったことは以前も少し触れたが、アスランさんのブログにUPされていた


ステアリングシャフトのガタ対策にジュラコンのブッシュに交換、

それから、

左ラックエンドロックワッシャーを純正部品 53536-SB2-000 に交換して頂いた。





ホンダ・ビート パワーウインドウ

回収したパワーウインドウ部品。

※再利用しないと思うので棄てます。
必要な方がいらっしゃれば、1週間以内に御連絡頂ければ送料だけご負担頂ければ送ります。






撤去したパワーウインドウ部品は 5897g。




アクリルウインドウも単体で手でもったとき、「あれ?結構重いんだ」と思ったもんだったケド、純正ガラスウインドウを手でもってみたら、ずっとずっと重かった。




ガラスウインドウ: 4250g / 枚
2枚で 8500g。

アクリルウインドウ: 2040g / 枚
2枚で 4080g。

ガラス→アクリルのウインドウ重量差: 左右合計で4420g。



ガラスウインドウ+パワーウインドウ
 ↓
アクリルウインドウはめ殺し

に伴う軽量化は、左右ドア合計で 10.3kg。



片側5kgの軽量化は、そりゃドア開閉時にビックリするぐらい体感できるよね。

カーボンドアが鉄ドアに対して片側9kgなので、

カーボンドア+アクリル窓はめ殺しは、純正ドアASSYと較べて

片側: 14kg
両側合計: 28kg

の軽量化
・・・のようだ。



※ガラスウインドウも棄てる予定なので、必要な方がいればご連絡ください。差し上げます。




●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/11/23 21:19:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | ビート軽量化 | クルマ
2017年11月19日 イイね!

【ビート】【軽量化】アクリルウインドウに交換、パワーウインドウ機構撤去

【ビート】【軽量化】アクリルウインドウに交換、パワーウインドウ機構撤去今日は休日出社・・・・と言っても、二台のPCをパラでセットアップしていて、インストールに1時間ほどかかる開発環境とかランタイムなんかの待ちが多い。。。




えーと、いつだっけ?

みん友さんに

「まとめて製作してもらうから、一緒にオーダーしませんか?」

とお誘い頂き、常進技研さんに作ってもらったアクリルウインドウ。

お誘い頂きありがとうございましたm(u_u)m



当時もE07A改R1のロッカーアーム折れやブローで苦労していた時期だったのだが、

「うーん、エンジンが金要りなんだケドなぁ・・・。
でも、RSマッハ製アクリルウインドウも生産中止してから何年も経つし、この機会を逃すと次のチャンスがいつになるか、わからんよなぁ。。。」


と、結局、即答でお願いしたモノ。



VOLTEX GTウイングと同じく、入荷してから、開封すらしていない状態で半年近く寝室で保管していたもの(妻から大ヒンシュク)。



常進技研 ホンダ・ビート アクリルウインドウ

1~1.5ヶ月ほど前に、ようやく箱を開封してみた。


常進技研さんにもTELで話を聞いて、


・完全な純正形状。常進技研さんはアクリル屋さんなので、預かった純正ガラスウインドウの型を元にアクリルウインドウを製作しているだけ。

・なのでハメ殺し用のブラケット等の部品やボルト穴は存在しない

・パワーウインドウをそのまま流用できる。面倒くさいからガラス→アクリルの交換のみでパワーウインドウ機構を残しているユーザも多い。

・せっかくだから軽量化したいユーザは、パワーウインドウの純正部品を流用、ハメ殺しのために固定方法を工夫して、不要なパワーウインドウ部品を撤去している



・・・とのこと。

なるほど、納得だケド、意外と交換大変そうだな・・・と。


まとまった作業時間が必要で、年末休みに作業しようかとも考えたのだが、うまくいかないときに、ドアを外した状態で数日間放置などする羽目になる(うちはカーポート)し、ショップさんにお願いした方が良いのかな?・・・と。







で、アスランさんにしばらくビートを預けて、アクリルウインドウに交換して頂いた。

(※他にもフロントの低速時に足回りから振動があるので、ハブベアリングかな?と思って調査して頂いた。
結果はステアリングギヤボックスのブッシュのガタを見つけて頂き、交換して頂いた)


常進技研 ホンダ・ビート アクリルウインドウ

↑完成形写真。

ハメ殺しなので、運転席側のアクリルウインドウは、スライド窓を常進技研さんにお願いしたのだ。





常進技研 ホンダ・ビート アクリルウインドウ RSマッハ カーボンドア

ただでさえ、カーボンドアは純正ドアと較べて過激に軽い(片側-9kg)ので、ドア開閉はやたら軽いのだが・・・

運転席も助手席も、ガラスウインドウ+パワーウインドウ時と較べて、更に過激にドア開閉が軽くなった。

開閉の度に 「うわっ、軽っ!!!」 と独り言をつぶやいてしまう。

※純正ウインドウと、撤去したパワーウインドウの部材は、後日、FD2でアスランさんに引取に行くので、何kgの軽量化を果たしたかは、それらの部品の質量計測をしてから公開予定。




常進技研 ホンダ・ビート アクリルウインドウ RSマッハ カーボンドア

↑パワーウインドウ用の金属部品はほとんどを撤去して頂き、純正の4箇所の押さえ部分に、カラーなどを工夫して付けて頂いた。



常進技研 ホンダ・ビート アクリルウインドウ RSマッハ カーボンドア

↑ドア内側開口部から見えていたパワーウインドウの可動アーム類は完全になくなり、スッキリ!!!





常進技研 ホンダ・ビート アクリルウインドウ RSマッハ カーボンドア

ビートのドアの窓部はサッシュレスなので特に、高速時にAピラーとの取合部から、車室内に入り込もうとする空気によって、ウインドウが外に開いてくる可能性がある、とのこと。

その場合は固定方法というか強化を検討しないといけないのだが、重くなるので今回はまずはこの仕様で様子を見てみることに。


窓側で対策するより、Aピラー側に空力付加物を付けて、空気の巻き込みをなくする方がポジティブかな、と考えている。




常進技研 ホンダ・ビート アクリルウインドウ RSマッハ カーボンドア

↑助手席はスライド窓ナシ。

同じく、ドア開閉が過激に軽い。






全景。


Sタイヤもオーダー~入荷したので、遂にド金欠に陥った。。。
年末年始休みに何か売れるものがないか考えないと・・・。









●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/11/19 15:00:35 | コメント(2) | トラックバック(1) | ビート軽量化 | クルマ
2017年06月25日 イイね!

【ビート】【軽量化】助手席シートベルト撤去と、車検後の内装復旧

【ビート】【軽量化】助手席シートベルト撤去と、車検後の内装復旧

エンジンO/Hと車検から戻ってきたmistbahnビートのインパネやVプロ周辺が残念な状態となっていたので復旧作業した。






何故か、上を向いて乱雑に取り付けられた純正メータと、ステアリングコラムカバーも、バラして・・・




復旧。

・・・簡単な作業。




mistbahnビートは、車検で晴れて「一人乗り」となったので、まずは簡単なところで、助手席用のシートベルトを撤去することに。

(今までも助手席は載せていなかったケド、速やかに復旧できるようにシートベルトはつけっぱなしだった)



 ↓







撤去物。


8ヶ月ぐらい、mistbahnビートが手元になく、全く作業ができなかたので、こういった些細な作業を少しずつ・・・でも進めていけるのは幸せ。




●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/06/25 22:07:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート軽量化 | クルマ
2015年07月12日 イイね!

【PP1】【軽量化】FRPインスペクションリッド取付

【PP1】【軽量化】FRPインスペクションリッド取付参考ブログエントリ: 「【ビート】【軽量化】FRPエアクリ-ナーホールリッドに交換
参考ブログエントリ: 「【ビート】【軽量化】FRPエアクリ-ナーホールリッド重量計測

「FRPエアクリーナーホールリッド」と一緒にヤフオクで落札した、スカイビート製のFRPインスペクションリッド(メンテナンスリッド)。




アクリルのシースルーのモノも、オフ会やnob@さんのを見て「カッコイイな」と思ったし、スーパーカー(ランボルギーニ・アヴェンタドール)を見た後なのもあり、少し迷ったが、やっぱりココはブレずに一番軽いモノを♪


2分割となっている。



私のビートは助手席がナイので、二分割となっていなくても、メンテナンスリッドの脱着は車室内から問題なく可能(ロールケージをかわすのに出し入れの向きは工夫が必要だが)。

私のビートに関して言えば、二分割方式は、むしろ脱着工数が増える方向だが、大した時間差ではない。

「クイックファスナー」が良くできてる。
ネジではなく、90度ひねるとロック/ロック解除される。




ひろあき!師匠に叱られる前に重量計測 笑。

純正メンテナンスリッドのゴムを移植した状態で、885g


我が家の計器では1kg以上が計測できないので、純正メンテナンスリッドの重量計測ができていないのだが、2kg程度だと聞いたことがある。

1kg程度は軽量化できているのだろう。

低重心化♪










↑Click!









↑Click!





↑ハードトップの窓外からの撮影。




あとはボンネットの軽量化と、何よりエンジンのパワーアップだなあ・・・。




●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2015/07/12 10:02:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート軽量化 | クルマ
2015年07月12日 イイね!

【ビート】【軽量化】FRPエアクリ-ナーホールリッド重量計測

【ビート】【軽量化】FRPエアクリ-ナーホールリッド重量計測昨日交換したエアクリ-ナーホールリッド。

昨日のブログエントリ: 「【ビート】【軽量化】FRPエアクリ-ナーホールリッドに交換

での、ひろあき!師匠のリクエストにお応えして、重量計測してみた。




純正エアクリーナーホールリッド: 654g





スカイビート製FRPエアクリーナーホールリッド: 196g



458[g]の軽量化。

うん、やっぱり結構デカかった!
リアだしね。比較的高い場所に付いてるパーツだしね。




●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2015/07/12 08:45:10 | コメント(1) | トラックバック(1) | ビート軽量化 | クルマ

プロフィール

「【ビート】A050 フロントM18J、リアTE37 フィッティング http://cvw.jp/b/242406/40862534/
何シテル?   12/17 21:30
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
233 人のお友達がいます
toto@雨神toto@雨神 * ゆうきのぱぱゆうきのぱぱ *
てぇかむてぇかむ * skmodeskmode *
叢雨おいち@叢雨魔法店叢雨おいち@叢雨魔法店 * 赤い~のん!?赤い~のん!? *

ファン

313 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回のサーキット ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる