• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2017年08月23日 イイね!

【ビート】【プチオフ】ビート・りぼ菌♪号

【ビート】【プチオフ】ビート・りぼ菌♪号今、浜松(眠い)。


クルマ(FD2)移動で浜松に夜入りだったので、前日の夜アポで、私のVPROの師匠である、りぼ菌♪さんを訪ねた。

VPROでは随分いろいろ御教示頂いてきたが、実際にお会いするのは、2回目。
2015.04.29の烈ビート+トゥデイ以来。





夜のフラッシュ撮影は練習不足で、写真のクオリティが低いのだケド・・・




弱ウエットのアップダウンの激しいワインディングで、E07AターボでLINK制御な、りぼ菌♪号を試乗させて頂いた!






↑リアのフェンダー処理が美し過ぎて感心した。





【感想】

- 「盤石」って言葉を使いたくなるぐらい、剛性感があって、ドッシリしたふんばり感のあるシャシーと足回り。
かなり安心感がある。そして、乗り心地も良い(今晩は街乗り用に減衰はもっとも緩い設定だそう)。
ドイツ車っぽい。(911ってほどではナイのだが、軽自動車とは思えないドッシリ感。)
かと言って、鈍重な感じではない。

- コントローラブルで、フロントのグリップレベルが掴みやすい。
ブレーキングが本当にコントローラブルで、安心感がある。
改めて自分のビートの足回りの残念さを痛感した。

- ターボエンジンが本当にパワフルでカルチャーショックだった。
「盤石」で「破綻しそうにない」足回りなのだが、それでも、有り余るエンジンパワーによって、雑なアクセルワークをするとパワースライドしてしまいそう。
何も考えないで運転するとON/OFFになってしまうので、丁寧なアクセルワークが必要。

- 今まで運転したことのあるビートで1番速いクルマだと思う。
クルマ造りをする上で、かなり勉強になった。


(※なんか「テキトーに褒めときゃイイ」みたいな感想で嘘臭いんだケド、感じたままを書いています)




試乗後にオッサン二人で夜景を見ながら♪

LINKも見せて頂きました♪



りぼ菌♪さん、貴重な体験+遅い時間までお付き合い頂き、ありがとうございましたm(u_u)m





●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/08/23 02:19:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ
2016年05月27日 イイね!

【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 3: DENSO、アイシン

【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 3: DENSO、アイシンUKの朝です。

レンタカーのボルボの撮影会しました。



ブログエントリ: 「【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 2: MAHLE」 の続き。





■DENSO(デンソー)

世界No.2のメガサプライヤのDENSO。
統廃合でコロコロと勢力図の変わるメガサプライヤ業界の中で頑張って欲しいものだ。

あまり目新しい展示はなかった。
(それぞれに何か改良点はあるんだろうケド)





何か(搭載車種の確認忘れた)のMG(モータジェネレータ)とPCU(パワー・コントロール・ユニット)。



DENSO ディーゼルエンジン制御システム

いわゆるディーゼルエンジンのコモンレールの制御システム。

あまり目新しさは感じないのだが、説明パネルには

"ディーゼル燃料の超高圧化(2500気圧)と、噴射量フィードバック制御システム採用により、燃焼効率を飛躍的に向上させ、クリーン且つ低燃費を実現するディーゼルエンジン制御システムです"

と書かれており、噴射量のフィードバックがどうも新しいらしい。




■アイシン系列

●アイシンAI BG6 高容量FF用6速マニュアルトランスミッション

アイシンAI BG6 高容量FF用6速マニュアルトランスミッション

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

BMW 2シリーズ アクティブツアラー、グランツアラー
MINIクラブマン
に搭載。

世界のBMWやポルシェにマニュアルトランスミッションを供給するアイシンAIが日本人として誇らしいケド、日本車にはMTのニーズがナイのがなんとも寂しいところ。



●アイシンAW BG6 高容量FF用8速オートマチックトランスミッション(AWF8F35)

アイシンAW BG6 高容量FF用8速オートマチックトランスミッション(AWF8F35)<br / />

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

レクサスRX350 に搭載。



●アイシン精機 電気式4WDユニット



→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

「HV4WD(E-Four)」というヤツか。

新型プリウス(4代目プリウス)に搭載。



・・・じゃ、仕事行ってきます。
Posted at 2016/05/27 16:29:43 | コメント(0) | トラックバック(1) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ
2016年05月27日 イイね!

【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 2: MAHLE

【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 2: MAHLEUKに到着。

日本と時差7時間あるのと、飛行機の中でほとんど寝なかったので、とても眠い。。。


ヒースロー空港から、他州のホテルまで、ボルボの新型XC90 D5(ディーゼル、AWD)を1時間半ぐらい運転した。またレビューします。



ブログエントリ: 「【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 1: McLaren、Cosworth、Zytek」 の続き。


■MAHLE

最近F1で話題の「ジェットインジェクション」の展示を見たかったケド、展示がなかった。


私が「とてもくだらない」と思う、マーレ・フィルターシステムズ製サウンドクリエータ(BRZ/86、メガーヌRSなどで採用)の展示もなかった。


特にエポックメイキングな展示はなかったのだケド、展示の仕方と、写真撮影の仕方がマッチしたのか、やたらとキラキラした写真を撮れたので公開しとく。



MAHLE マーレ ナトリウム封入バルブ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

ナトリウム封入バルブ。

N-WGN以降、ホンダの軽自動車用エンジンS07Aでも使われるようになったナトリウム封入バルブ(GT-RはMHI製だケド、S07Aのナトリウム封入バルブのサプライヤはどこなんだろう??)

E07Aにも流用したいんだケド、サイズが全然違うんだよね。。。




MAHLE マーレ ピストン コンロッド

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

ピストン+コンロッドASSYのカットモデル。



MAHLE マーレ ピストン

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

ピストンASSY。

ピストンリングもピストンピンも付属。
重量物であるピストンピンが、大径だケド、薄肉なあたりがアピールポイントなのかな??



MAHLE マーレ ピストン

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

クーリングチャンネルが見えるカットモデル。



MAHLE マーレ ピストン

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


MAHLE マーレ ピストン

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

おそらく直噴用と思われるピストン。

これもクーリングチャンネルが良く見えるカットモデル。

PHOTOHITOでコメントを頂いて知ったのだが、topリング溝に耐摩環が入っている(一番上のピストンリングを嵌める溝の周囲だけ断面色が異なる)。



スカイアクティブのハイコンプ用ピストンは、頭が凸状になっており、中心に凹があるのだが、マーレの今回展示されていたピストンは真逆で、凹の中に凸。

思想の多様化が面白い。




●自動車技術関連関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
Posted at 2016/05/27 07:25:37 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ
2016年05月26日 イイね!

【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 1: McLaren、Cosworth、Zytek

【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 1: McLaren、Cosworth、Zytekパシフィコ横浜で開催の

「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 2016 - 自動車技術会」

に行ってきた。


会場でtommmyさんと少しだけお会いできた。
バタバタしていて、ご挨拶だけになってしまい、申し訳ありません。
またじっくり、お会いしたいです。



例によって、かなりの写真を撮ってきて、どこまでブログアップするかわからないケド、まずはUKブースから。

※以前はRICARDOもこのUKブースの一部だった気がするケド、4年ぐらい前から独立ブースになった・・・ように記憶している。(RICARDOさん、間違ってたらゴメン)




■McLaren APPLIED TECHNOLOGIES

McLaren APPLIED TECHNOLOGIES

マクラーレンのいわゆるエンジニアリングで商売している部門ネ。


McLaren APPLIED TECHNOLOGIES MGU

外人スタッフさんに 「これはパワートレイン用のモータ?何用?スペックは?」 と尋ねたら、

・マクラーレンP1(ハイブリッド)、フォーミュラE 用途。
・200kW、最高回転数18000rpm

と、ご回答してくれた。


McLaren APPLIED TECHNOLOGIES ECU TAG-320

マクラーレンはこういった電装系で結構商売しているのだが、手前のホームベース型はECU。

F1もここ数年は、共通ECUをマクラーレンがサプライしている。

ECU名は「TAG-320」

たぶん、長きに渡る、タグ・ホイヤーのスポンサーシップに基づいたネーミングだと思うが、タグ・ホイヤーはマクラーレン・ホンダの昨年の不振に嫌気がさし、今年はマクラーレンを離れ、レッドブルに付いた。

このECU、名前変えへんのかな??


マクラーレン 加速度センサとかジャイロセンサとか

加速度センサとかジャイロセンサとか。


マクラーレンのブースで、ちょっと立派なパンフレット集と、McLaren印のUSBメモリキーを頂いた。ウレシイ。



■COSWORTH

コスワース ECU

クルマヲタの知ってるコスワースは、レーシングエンジンの仕立て屋であり、コンプリート・チューンド・エンジン屋であり、エンジン部品屋だが、コスワースも、最近は電装品で商売をしている。

「【書籍】Motor Fan illustrated vol.95 ~オープンカー・エンジニアリング~」参照

上記写真はECU。




↑コレはロガー。


ダッシュメータ的な展示はあったケド、ステアリングホイールの展示はなかった。




■Zytek

ザイテック スーパーフォーミュラ クラッチ・アクチュエータ

ザイテック製の、スーパーフォーミュラ用のクラッチ・アクチュエータ。


ザイテック インバータ

インバータ。(おそらくCR-Z GT300あたり用?)


ザイテック 60kW ERS

60kW ERS。これもCR-Z GT300あたり用かな?





■MUGEN Honda CR-Z GT300

MUGEN Honda CR-Z GT300

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

ザイテックやコスワースのテクノロジーがいろいろ投入されているから、UKブースに展示されている、無限のCR-Z GT300車両。

スーパーフォーミュラも、エンジンこそ日本製だケド、ステアリングからギアボックスからシャシーから海外製品で固められており、日本人としてはとても残念なことだと思う。

日本のサプライヤーにも頑張って欲しいし、レース屋も日本製を積極採用して欲しい。


MUGEN Honda CR-Z GT300

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


MUGEN Honda CR-Z GT300

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)




→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)




→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)





↑ステアリングもコスワースかな?違うのかな?

私のビートも、ワイパーの1本化をして、立てたい(ドラッグ少なそうなので)。





●自動車技術関連関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
Posted at 2016/05/26 00:49:44 | コメント(5) | トラックバック(1) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ
2015年10月30日 イイね!

【ビート】【プチオフ】こさとうさんとプチオフ

【ビート】【プチオフ】こさとうさんとプチオフ横浜なう。


昨夜はこさとうさんとプチオフ♪


他のビートとはだいぶ文法の異なる、独自路線をひた走る、こさとうさんのビート。



写真ではパッと見わかりにくいカーボンボンネット。

空力マニアのこさとうさんならでは、の手法で、バンパー底面まわりの空力処理も凝っている。


・・・私も下地処理まで終わってる無限のサイドステップはいいかげん塗装して取り付けたいところ。。。







そして、世界にただひとつ!

完全オリジナルの、トランクリッド一体型のリアスポイラー。

中にファンがあり、エンジンルームの熱気を吸い出して、リアスポイラー裏側のダクトに排出するようになっている!





ヴォルテックス・ジェネレータ。
(他の部位でも散見)





ブレーキバランサー♪





PLXの空燃比計。





MoTeC M400!


==

首都高、環状線~湾岸線→大黒PAまでを運転させて頂いた(ありがとうございます)。


スゴくフラットトルクなので、逆にトルク感、パワー感がわかりにくいのだが、回転数全域でもたつくこと・ひっかかることなく、シャープに加速する。

車重はmistbahn号より重いだろうし、何より大人2名乗車だし・・・
・・・でも、ストレスなく軽く加速する。


とにかく「軽く回るエンジン」という印象なのだが、下の方からトルクがあるから・・・だけでなく、

 ・低中速の空燃比が比較的リーン設定

 ・フライホイールが低イナーシャ

もフィーリングの大きな要因、と解釈。


軽量フラホ、いいなあ・・・
軽量フラホで、タイムがスゴくUPするとは思わないんだケド、単純にシフトチェンジが楽しい。(慣れてないので、ブリッピング時の回転数合わせが下手糞でした。こさとうさん、ゴメンナサイ・・・)

でも、やっぱり軽量フラホな分、停車からの発進時のアクセル/クラッチワークはやっぱり少しシビア。


レガシィでATSカーボンクラッチ+軽量フラホに交換したときのことを思い出した。
※レガシィは純正フラホが特にイナーシャ大きいので、劇的な違い。

参考ブログエントリ: 「【B4】軽量フライホイールと純正フライホイールの比較動画

↑※面白いので良かったら見てみてください。




スプリングレートは私のビートに比較的近いのだが、乗り心地は私のビートより良い印象。

バネレートは近いとして、車重+大人2名乗車もあり、マスが大きい分、共振周波数が下がっているからそういう印象を受けるのかも。

最近のこさとうさんのブログで、ブレーキバランサの設定で回った・・・というのを読んでいたので(リアタイヤ、165で細いですしね)、無茶はしなかったケド、高速道路でのコーナリングも安心感はあった。



戦闘力は高いんだケド、エンジンも足回りも含め、純正ビートのテイストがシッカリ残っているのも印象的だった。
マフラーが無限だから音的に・・・という部分もあるのかも。

同じようにフルコン使ってて、似たようなバネレートでも、私のビートとはかなりがテイスト異なるので、是非一度、私のビートも運転してみて欲しいところ。



こさとう号体験、クルマ談義も興味深いお話をたくさん聞かせて頂き、非常に楽しい時間を過ごさせて頂いた。
ホテルまでお送り頂いたことも含め、ありがとうございました!!




●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2015/10/30 07:21:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ

プロフィール

「@月宮朔太郎 こんにちは。業務で使うPCは膨大な数のソフトをインストールするのでセットアップに何日もかかっています(-_-;) V Pro用の計画は気楽なもんです。」
何シテル?   11/21 08:51
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
232 人のお友達がいます
toto@雨神toto@雨神 * 一生バイエルン一生バイエルン *
Wolfman JunkWolfman Junk * カト@FMYSカト@FMYS *
es355es355 * あばると@おとうちゃんあばると@おとうちゃん *

ファン

312 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回のサーキット ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.