• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Gentaのブログ一覧

2018年08月11日 イイね!

カタログのつくりも真面目なVWポロ【2018年3月発行】

クルマカタログを集めることが私の趣味です。私の場合、ただ集めるだけではありません。

カタログから読み取れる時代背景を紐解いてみたり、ブランドによってクルマに対する考え方を探ってみたりすることは楽しいもの。

さて、先日VWポロの見学と試乗をした際に、カタログをいただいてきました。

たて21cm×よこ29.7cm  ページ数42ページ  2018年3月発行

イメージカラーでもあるエナジェティックオレンジメタリックが目を惹きますね。ニューモデルゆえ表紙は目立つ演出をしているよう。

同じBセグメントのライバルたち(・・・と言ってもフランス車)の最新カタログを引っ張り出してみました。

それぞれのブランドの考え方に基づいて作り上げられた表紙なんでしょうね。

それぞれのカタログ表紙から。

■プジョー208

たて21cm×よこ21cm  ページ数28ページ  2017年4月発行

■ルノールーテシア

たて20.5cm×よこ27cm  ページ数38ページ  2017年2月発行

■シトロエンC3

たて21cm×よこ21cm  ページ数30ページ  2017年7月発行

表紙にしたがって、中味についてもブランドごとの考えで表現や演出が異なっているのは興味深いこと。

ところで、カタログの中を眺めていて、さすがはVWだなぁと感心させられたことがありました。それは安全性。

208・ルーテシア・C3とも安全性について割いているのは2ページ。ページ数に占める割合で換算すると・・・

  208・・・7.1%   ルーテシア・・・5.2%   C3・・・6.7%

208やC3はカタログの大きさやページ数からして割合は高くはないのですが、ルーテシアはカタログの大きさやページ数からすると、割合は少ないですね。

ちなみに、ルーテシアが5.2%と低いのは、写真を多用したカタログだからと考えられます。写真でルーテシアというクルマをより魅力的に演出しているということなのでしょう。

さてVWポロ。総42ページに占める安全性に関する記載は6ページを割いていました。

  割合は14.3%!

フランス車たちに比べるとかなり高い比率となっています。

だいたい次のようなことが主な掲載内容。


さすがは安全性に関心の高いドイツ車、VWですね。

実際のカタログは文字が大きく、わかりやすく解説してあるので、とても好感を持ちます。真面目なカタログづくりという印象を受けます。クルマのイメージそのものですね。

片やフランス車のカタログはクルマの写真やイメージ写真を多用していることに気付きます。カタログの印象からすると、イメージで売るフランス車と言えるのかもしれません。

Webサイトからは雰囲気が伝わりにくいのですが、カタログはじっくり眺められていろいろなことがわかってきます。今後カタログに対する見方が変わりそうです。
Posted at 2018/08/11 23:11:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドイツ車カタログ | 日記
2018年07月14日 イイね!

VW&アウディ総合カタログ【1993年11月発行】

VW&アウディ総合カタログ【1993年11月発行】先日取り上げたブログではヤナセ時代の最後期とフォルクスワーゲン・アウディ日本(以下、VAN。)の初期についてカタログから検証してみました。

永年日本のVWの輸入販売を手掛けたヤナセに代わって、VANが(並行して)新たにその役目を担うこととなったのは1991年頃。

今回取り上げるカタログは1993年11月発行のもので、VANが発足してから一年ちょっとというタイミング。

冒頭写真は表紙。VWとアウディが並んでいるのは、インポーター名が示すとおり二つのブランドを取扱うから。

alt
VANに代わってから初めてゴルフのFMCで3代目へと移行しました。GTIはもはやゴルフには欠かせない普遍的な存在ですね。VR6はV型6気筒を搭載したモデル。現代のダウンサイジングとは逆を行く例ですね。

alt
3ボックスセダンのジェッタはヴェントへとネーミング変更。ヴァナゴンはFMCによってミニバンスタイルへと変わりました。VR6がヴェントやコラードにも拡充しているんですね。

alt
アウディは100セダン&アヴァント、100ベースのスポーティモデルS4というラインナップ。100は現代で言えばA6にあたるので、S4というネーミングは合わない!?

alt
コチラは80シリーズ。セダン&アヴァントの他に、クーペやカブリオレもラインナップにあり、顧客の要望にも応えられるフルラインナップと言えますね。

alt
VANの成り立ちに関する記載がありました。一部引用してみます。

1989年10月、ほんとうに価値あるドイツ車を、日本の皆さまへお届けするために、「フォルクスワーゲン アウディ 日本 株式会社」が誕生。
(引用終了)

それまでVW&アウディの輸入販売を手掛けてきたのはヤナセですが、ドイツ本国の本社側にしてみればヤナセの販売戦略は考えるものとは違うと判断したのか、独自で輸入販売網を整備しようと考えたのですね。

それが1989年10月誕生ということなので、1992年末に移管されるまでの時間はわずか。と言うことから考えても、この一連の動きはずい分前から始められていたということなのでしょうね。

当時はファーレン・DUOのショールームにはVWとアウディがともに並んでいたと記憶します。現代では専売ショールームが当たり前の時代であり、考えられなかったことです。

VANによってVW&アウディを共に取扱わっていたのはこの頃に留まりますが、今にして思えば面白い時代だったのかもしれません。

Posted at 2018/07/14 23:00:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドイツ車カタログ | 日記
2017年08月19日 イイね!

歴代カタログに見るVWゴルフの着実な進化(真価)

歴代カタログに見るVWゴルフの着実な進化(真価)
マイナーチェンジを実施したゴルフ7.5を見学に先日ディーラーを訪れてきました。

セールスマン氏からランニングチェンジの概要説明を聴きました。評価の高いクルマにつきいたずらに替えることはせずブラッシュアップに留めたとのこと。

時間の都合でゴルフ7.5には試乗しませんでしたが、興味あるモデルなので機会を改めて試乗してみたいと強く思った次第。

さて、店を後にする際に、セールスマン氏からゴルフ7.5のカタログをいただきました。

ディーラーを訪れた際にはカタログは必ずもらうようにしています。それはクルマの研究目的という理由もありますが、やっぱりコレクションが最大の理由かな(^_^;)

ということで、ゴルフ7.5のカタログをもらったところでふと考えついたこと。もしかして、ゴルフって初代から7代目、7.5代目までカタログがあるのでは?…と。

ゴルフは世界の自動車メーカーが常にベンチマークの存在であり、個人的にはとても興味のあるモデルの一台。

そういうこともあり、モデルチェンジがあるたびにディーラーを訪れていたはず。ということで、休日を利用してカタログ整理を兼ねて早速捜索。すると・・・

初代から7.5代目までやっぱりあった!

左上から
 ゴルフ1・・・・・1980年モデル
 ゴルフ1・・・・・1981年モデル
 ゴルフ2・・・・・1987年
 ゴルフ2・・・・・1991年
 ゴルフ3・・・・・1992年
左下から
 ゴルフ4・・・・・1998年
 ゴルフ5・・・・・2004年
 ゴルフ6・・・・・2009年
 ゴルフ7・・・・・2012年
 ゴルフ7.5 ・・・・2017年

歴史のあるモデルなので、初代から7.5代目までカタログを眺めてみると壮観!

ここでは思い出に残る初代と2代目ゴルフを簡単に取り上げてみましょう。

■ゴルフ1(初代)

初代は1974年にヨーロッパでデビューし、日本で販売を開始したのは翌1975年3月のこと。調べてみたら、1980年にマイナーチェンジが行われたもよう。

つまり、これら二つのカタログ(1980年&1981年モデル)はマイナーチェンジ後ということ。残念ながら、デビュー当初のカタログの持ち合わせはありませんでした。1980年版から中を見開くと・・・






豪華な装備とは一切無縁のまさにシンプルそのもの。安全性の充実によって、今やボディサイズが大幅に拡大されました。それを考えると、初代はコンパクトだったんですね。

■ゴルフ2(2代目)

1983年にヨーロッパデビュー。ここにあるカタログは左が1987年モデルで、右がマイナーチェンジ後の1991年モデル。前席サイドウィンドウの三角窓の有無が最大の識別ポイントかな。

1987年モデルカタログから・・・

初代ゴルフからすると洗練されたのがわかりますね。

一方こちらはマイナーチェンジ後1991年カタログから・・・

こうしてみると、Cピラーがかなり太いことがわかりますよね。これが歴代のゴルフには脈々と受け継がれるアイデンティティの一つとなっています。一目でゴルフとわかるポイントと言えるでしょう。

最後に歴代のゴルフが一分間でわかる?年表を見つけました! 


1974年の発売以来、これまで43年に亘って生産販売し続けるということは凄いことです!

決して派手さはないけど、着実に進化(真価)を遂げているゴルフ。世界中から注目され、世界中で愛され続けられる理由がわかります。ゴルフって凄いクルマなのだとつくづく感じます。
Posted at 2017/08/19 21:14:52 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドイツ車カタログ | 日記
2017年04月15日 イイね!

ヤナセVWオールモデルカタログ【1983年発行】

ヤナセVWオールモデルカタログ【1983年発行】現在、VWの輸入販売はVGJ(フォルクスワーゲングループジャパン)が担っていますが、日本のVWと言って外すことのできないのがやはり輸入車販売の最大手ヤナセ。

ヤナセがVWの輸入販売を開始したのが1953年(昭和28年)のこと。

当時、ヤナセがVW車を輸入販売したことについて、YANASE’s Volkswagen History には興味深いことが記載されていました。以下、一部引用します。(下にリンク貼っています。)

日本におけるフォルクスワーゲンの歴史は、1952年に極東地域への販促プロモーションとして、ハインリッヒ・ノルトホフ社長が4台のフォルクスワーゲンとともに来日したことから始まります。

フォルクスワーゲンの名声はすでに日本でも知られており、4台は当時の梁瀬自動車芝浦工場(現在の株式会社ヤナセ本社)にも運ばれ、つぶさに観察されました。この販促プロモーションは好評で、ヤナセを含めて10数社がアプローチを試みました。

当時のヤナセはアメリカのGM社との関係がありましたが、紆余曲折を経て契約を締結。1953年からフォルクスワーゲンの販売を開始し、この年はタイプ1が105台、タイプ2が3台の合計108台のフォルクスワーゲンが輸入されました。

(引用終了)

  ≪画像は拝借しました。≫

今から64年も前にすでにVW車の販売が始まっていたんですね。当時はまだ戦後間もない時代で、輸入品はまだまだ贅沢な時代のはず。日本にVWがしっかり根付いたのもヤナセが輸入販売したからに他なりません。

1953年の輸入販売からちょうど30年後の1983年。この年のヤナセが取扱っていたVW車のオールモデルカタログをご紹介します。

冒頭写真はそのカタログの表紙。表紙に載っているVWは初代ゴルフがたくさん! 時代を感じますね。

1ページめくると・・・

『フオルクスワーゲンの走りは、なぜ、世界中のドライバーを魅了しつづけるのか。』

説明によると、走行性能を究めることの証として、ウオルフスブルグ郊外に1,100万㎢もの広大な敷地の中にエーラレシエンというテストコースを擁するとのこと。

通常であれば、ラインナップカタログはブランドのラインナップを紹介するに留まりますが、VWは走りをテストコースで訴えているわけです。クルマに対する考えが表れていますよね。興味深いことです。

次のページ。


初代ゴルフの当時の日本のラインナップ。ベーシックグレードと最上級グレードの二つのシンプルな構成。2ページ目はディーゼルのラインナップ。こちらも2グレード構成。

現代では2015年にディーゼルの燃費不正問題で日本にも導入予定だったのが見送られています。EVカーに方針を転換するとも伝えられますが、こうした実績があるので何とも惜しいことです。

続いて・・・

ジェッタのラインナップ。日本ではゴルフのイメージがあまりにも強すぎるのかセダンはなかなか受け入れられにくいのが現状。近年ではヴェントやボーラなどネーミングは変わっていますね。

さらに続いて・・・

カルマン社モデルシリーズ。ゴルフカブリオは代が変わっても初代は作り続けられていましたね。今でもファンが多いことでしょう。シロッコは復活して久しいですが、このイメージが未だに強いかな。

こちらは当時のラインナップの諸元表。


ディメンションを再掲すると・・・

■初代ゴルフCi 4Dr. 
  全長3,815mm×全幅1,610mm×全高1,410mm WB2,400mm 車両重量875kg


参考までに現代のVW各モデル ディメンション。

■ゴルフ TSI Trendline  4Dr.
  全長4,265mm×全幅1,800mm×全高1,480mm WB2,635mm 車両重量1,240kg


■ポロ TSI Trendline  4Dr.
  全長3,995mm×全幅1,685mm×全高1,460mm WB2,470mm 車両重量1,130kg


■up! Move up! 4Dr.
  全長3,545mm×全幅1,650mm×全高1,495mm WB2,420mm 車両重量920kg


今や肥大化してしまった7代目ゴルフ。もちろん安全性向上のためのクラッシャブルゾーン確保という大義名分がありますが、それにしてもずいぶんと太ってしまったもんです。

ポロと比較しても、まだポロの方が半周りほど大きいサイズ。初代ゴルフって現代のクルマからするとかなり小柄なクルマであることが一目瞭然。

そもそもVWの原点は国民の車。初代ゴルフはまさに庶民のためのクルマだったことが姿かたち、ボディサイズからしてもわかります。初代ゴルフには国民の車たるシンプルさがしっかりと存在していたんですね。
Posted at 2017/04/15 22:10:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドイツ車カタログ | 日記
2017年01月29日 イイね!

1987モデル アウディ総合カタログ【1986年12月発行】

1987モデル アウディ総合カタログ【1986年12月発行】今からちょうど30年前の1987年。日本はバブル景気がまさに始まろうかという時代でした。

当時の日本の輸入車事情は今とは大きく違っていて、輸入車の輸入販売元で名を馳せるヤナセはたくさんの輸入車を扱っていました。

西ドイツ(当時)はメルセデスベンツにVW、アウディ、アメリカはGMグループのキャディラックやシボレー、ポンティアックなど。

現在はブランドごとの完全専売でショールームに他ブランドが並ぶなんてことは絶対あり得ませんが、1987年当時はまだヤナセのショールームにメルセデスやVW、アウディ、そしてアメ車が並んでいた時代でした。

今回ご紹介するのはヤナセが取扱っていた1987年モデルのアウディの総合カタログ。冒頭写真が表紙です。

表紙は写真や画すらない非常にシンプルなもの。グレードラインナップを紹介する程度のカタログですが、全22ページにも及ぶ厚いつくり。

1ページめくってみると・・・

いきなり目を惹く真紅のアウディ・クワトロ。斜め後ろからのこのアングルって実に画になるなぁ(^^)

『アウディを超えるのは、いつもアウディ・・・』 というキャッチコピーは名言かもしれません。

ここからは当時のラインナップを一気にご紹介。









1987年モデルは以上8つのモデルという構成。たいへんシンプルなわかりやすいグレード構成となっていたのですね。

当時はメルセデスオーナーが同じヤナセで扱っているアウディを奥様のためのクルマという位置付けにあったのは否めなかったはず。1992年にアウディ&VWがヤナセから撤退し、独自で輸入販売することとなりました。

その後、アウディはブランドのイメージ戦略によって、今やBMWやメルセデスに並ぶプレミアムブランドへと成長を図るに至りました。ヤナセと決別したのはそうしたことが理由だったのかもしれません。

アウディのプレミアムブランド化については、モータージャーナリストの清水和夫氏が次のようにコメントしています。(外部Webサイト)
(参照: 清水和夫に聞く四輪駆動車の世界 SYEインタビュー(2005年2月) )

アウディの新しい価値を作り出すために、アウディでクワトロを発案したフェルディナンド・ピエヒ博士(ポルシェ創業者の孫)は高速乗用車4WDという構想と具現化しました。

ピエヒはアウディというブランドを、クワトロで高めようとしたのです。つまり、BMW、ベンツに対抗するブランドに育てるための秘策であったわけですね。それのために4WDという手段を用いて、それを実証するためにWRCに打って出て、その後アメリカのIMSAとかレースの世界にも、アウディは4WDで参加したのです。

(引用終了)

高速乗用車4WDという新しい発想のクルマを具現化させたことがプレミアムブランド化に至るそもそもの出発点だったようですね。モータースポーツにも積極的に参戦チャレンジし、ブランドイメージを着実に高めていったということですね。

アウディにしてみれば、BMWやメルセデスと肩を並べるに至るには相当の苦労はあったのだと思いますが、結果としてプレミアムブランド化は大成功だったのでしょうね。

そういうわけで、現在のインポーターでもあるアウディジャパンの2017年ラインナップは・・・

A1からA8、さらにはQシリーズやTT、R8まで大幅に拡充されました。SシリーズやRSシリーズなんていうモデルも含めれば凄いことになります!

ほとんどのモデルにクアトロがラインナップにあるのはアウディの最大の特長。アウディにとってプレミアムブランド化のきっかけをつくった機構でもあるだけに絶対外せないのでしょう。

最後に、1987年1月発行の“Quattro”のカタログから。





カッコ良すぎる! 今見ても惚れ惚れするデザインですね。

1987年当時の販売価格は1,170万円也! 当時としてはかなりの高額モデル。極々限られたオーナーだけがハンドルを握ることを許されたモデルなので、羨ましい限りです。

Audi quattroの紹介動画を見つけたのでどうぞご覧ください。
Posted at 2017/01/29 10:58:08 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドイツ車カタログ | 日記

プロフィール

「@けろさん さん、早朝からお疲れさまでした! 久々にお逢いできましたね。来週はお逢いできませんが、楽しんできてください♪」
何シテル?   10/14 11:13
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

【動画紹介】 W 201 - Technologie im Wandel der Zeit ~W201(190E)の開発風景~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/08 20:48:15
積載台数4,900台の自動車専用船で繰り広げられる職人技! スバルの船積み見学会に行ってきました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/14 07:05:56
しっかり感のあるブレーキ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/26 09:40:00

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
169 人のお友達がいます
じゃがのすけじゃがのすけ * 28mikan28mikan *
ponshponsh * shifoshifo *
キャニオンゴールドキャニオンゴールド * ともろえんともろえん *

ファン

140 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
家族との時間を共有することを優先条件として選んだのが二代(台)目C4ピカソです。原点に立 ...
プジョー その他 プジョチャリ (プジョー その他)
2001年秋頃に307がデビューした際に、モニターキャンペーンを実施していて、プジョーの ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.