• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シュワッチのブログ一覧

2016年11月30日 イイね!

おいどんの結婚式Part2

おいどんの結婚式Part2甥どんの結婚式で、東京の式場で親を降ろしたあと、教えられてた提携コインパーキングへ向かうが…

まぁこの辺じゃ、当然と言えば当然なんだろうけど…満車(×ε×)

ここから…地理も不案内なところで、あてもなく彷徨いながら目につく駐車場を探すが、同じく満車だったり、見つけたと思ったら2km以上も距離が離れてたり…(^^;)
入り組んだ細路地なども通らされて、運転も疲れて…

式場まで1.5kmの「坂のふもと」に空マークのタイムズを見つけ、もうココでいいやと車をブチ込む。
…これがまたヘンな形の敷地で、ただでさえ狭いうえ鋭角に入り込むような感じで、停めづらい事このうえない (;´д`)




白金台といえば、シロガネーゼなんて言葉が流行った(?)が、そういや昔みんカラにも、しろがねーぜって人がいたなぁ…




…いや、それは「とうがねーぜ」嬢だ!とか現実逃避的な事を考えつつ(爆)、延々と坂を登って1.5km先を目指し…

残り300mくらいだったか…余裕で空いてる駐車場があり、ズッコケそうになる(爆)
そんなこんなで、やっとの思いで会場に到着。




なお、本来はアタシも出るハズだった親族対面は完璧に間に合わず、すでに招待客と共に中の教会に移動していた (;´д`)




滞りなく誓いのチューを済ませ、別階で披露宴。




お色直しの合間、一服しに外へ出ると…
都会の若いモンなぞ、もうタバコなんか誰も吸わないのかと思ってたが、さにあらずのようで (^^;)




なお道中やら、こんな外に出てる間の目の前でも、普通にスゴイ車が通っていくが…
その中でも、幼少期に憧れたフェラーリのベルリネッタボクサーが、ひときわカン高い音を発しながら目の前を通ってったのは圧巻!

でも、周囲の若い連中は我関せずで話に夢中で、多分アタシ一人が目を泳がせてたっぽい(爆)
とくだん都会じゃ、こんな光景は珍しくもないのか…それとも、これが時代なのか (^^;)

大抵が写真にも撮れなかった中で、唯一撮れたのがコレ。
これも、ソソるなぁ (*´ω`*)




そんなこんなで、無事に式は終了。
あっ、とても良い式でした(笑)




そして早めに会場をあとにし、1.5km離れた車のもとへ。
ほぉドンドンドンドンキーも、田舎のとはイメージが違う ヽ(´∀`)ノ




その並びにある、来るときに空いてた駐車場は相変わらず空車で、サノバビッチ!と思いつつ…

こちらの停めたトコへ下る坂の途中には、「桑原坂」と書かれた標木があった。
全力坂にも、出たのだろうか? Ψ(`▽´)Ψ
くわばらくわばら…




やっとこさ会場に舞い戻り、両親を乗せて帰路へ。
せっかくだから遠回りで、ゲートブリッジとかに周ってみるか…とも頭をよぎったが、あとはもう早く帰りたい雰囲気だったので (^^;)、そのままナビ様の指示に御意で(爆)

だが、いま思えば往路と同じく、芝公園のランプから首都高に乗るのがスムーズな気がするが、案内されてたのはチョット離れた新橋にある「土橋」ランプ。

まぁ、あるいは渋滞情報などを考慮してのルートなのか?と、御意のまま暫く下道を進むが…
最後の最後で交差点を曲がりそこね、そこから再び迂回して戻るまでが、もう訳ワカメ(×ε×)




とくに今回も、併設したポータブルナビをメインに進んだが、以前から書いてるように高架の首都高と下道が併走するようなトコだけ気をつけてたら、それ以外にも こんな周囲の高層建物や、何度もゲート下をくぐったりじゃ電波の届きが悪いのか、なんか実際の進みより表示が遅れてた気が…

やっぱ相変わらず都会じゃ、ポータブルだけでは不安だなぁ…
でもまぁ、なんとか数十分遅れで首都高に乗り、スカイツリーが見えてきた頃にはホッとして…




またも首都高のパーキングへ。
先のほうまで見渡せない中、ちっと遠くてもと手前の空車枠に停めたが…
どうやらギリギリセーフだったみたいで、後続車が満車で停められずに途方に暮れてた。
グルグル回って戻れるような広さもなく名実共に一方通行だし、やっぱ立ち寄り難いのが本音かな (^^;)




んな訳で、あとは常磐道まで至り…その後にも紆余曲折があったが、それは後日に掲載するとして、無事に帰宅。

おめでたい席へ出席できた喜びは勿論だが、もう杖を突いて歩くようなヨロヨロ・オトンは電車やバスじゃ東京まで行けないので、なんとか休みを取れて車で連れてく事ができたのも、一種の親孝行だったかなとも思う、おいどん結婚式でした。

※我が親の言う事ながら…いや、そんな遠慮のない間柄だからこそ、「ずっと安心して乗ってられた」って言葉は、それなりにクルマ好きとして意識してきた事でもあり、嬉しかったのが正直なところですな♪


【結婚式オマケ画像】










Posted at 2016/11/30 16:11:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月27日 イイね!

おいどん、結婚したでごわす!

おいどん、結婚したでごわす!さて昨日の土曜は、アタシの姉夫婦の息子…

甥どん】の結婚式に出るため、魔界都市・TOKYOへ!

っても前泊になるので金曜日…泊り明けにつき休んだあとの午後から、両親を乗せて出発。

途上の「いつもの山」も、まぁ各地の名所みたいに綺麗じゃないけど、今が一番の真っ赤っ赤かな?
今年はドコにも行けてないので、近場でもジックリ見てみたいと思うけど、なかなか…




昼メシにもありつかずの出発だったので、途上のイバラギ県は東海パーキングで食事。
っても既に夕刻で、きっと現地に着けばメッチャんまいモンを食えるだろうからと、軽めにミニ丼で。
…でもオヤジ殿ソバを食い切れず、結局アタシが処理する事に (^^;)




真正面に綺麗な夕暮れを見ながら、イバラギ県内を進み…




首都高に入った途端に大渋滞。
まぁ金曜の夜だし、かなりのモンだろうと覚悟はしてたけど、これは唯一のATだった90系チェイサーから100系でMTに出戻って以来、3度目の「心底ATでないとキツイ」道中となるのか (;゚Д゚)!?




トイレが近いオヤジ殿の同乗…直前の守谷SAでも済ませてきたけど、首都高に入ってすぐの(この先のルートでは唯一の?)八潮パーキングで休憩。
っても、ここまで来るにも相当の時間が掛かってるが…

首都高のパーキングは、ゴチャゴチャしてそうで近寄りがたく、今まで自分の運転では入った事はなかったが、まぁなんとかスンナリと…
なるほど八潮だから「840」なのか!




そして本線に戻る時は、またも渋滞…




途上のスカイツリーあたりは、いつものごとくスイスイ。
…どうせ混むなら、こっちで混んでくれればジックリ見られるのにと、いつも思う(笑)




結局、そんな一部を除いて小一時間以上は渋滞にハマりながら、多分ノンストップでスイスイより1時間以上は余計に掛かり家から4時間ほどで、品川のホテルに到着。

まぁこの程度ならね、心底MTがキツイとは思わずに済んだ(笑)
…でも「心底」思わなかっただけで、この区間だけならドッチがいいと言われればATだけど(爆)

ちなみにココは、品川グースと言う複合施設の中にホテルがある感じ。
ほんと姉夫婦のご招待でなければ、泊まる事もないだろう(爆)




品川駅の真ん前で、それなりの夜景♪






姉夫婦も別の部屋に泊まっており、遠いトコ来てくれたからと、ホテル内の高級懐石料理店でゴチに♪




アタシは寿司コースで、もう運転の必要もないからと、普段はわざわざ飲まないビールも (*≧∀≦*)
うん…うまかったです。






部屋は喫煙可能だったけど、何十年も前にやめた両親のいるトコで吸うのも気が引け、外の喫煙場所で。
ついでに周囲を回ったら、イルミネーションも♪




んな訳で風呂に入って泥のように眠り込んで、翌朝。




ホテルから、白金台にある式の会場「テンダーハウス」までは、1.7kmくらいとの事。
でもまぁ都会は、どんだけ混むのか分からないので、30分前到着を目指すのに1時間前には出発。




まぁ渋滞は、それほどでもなかったけど、道を間違えて大回りで戻ろうとしたら、開かずの踏切につかまった (;´д`)




なんとか予定時間に会場に着き…でも専用の駐車場はなく、付近の提携コインパーキングを教えられてたので、先に両親を降ろしてから駐車場に向かうが…

しかし、ここから苦行が始まるのであった (;゚Д゚)!

…つづく。


【オマケ写真】







Posted at 2016/11/27 20:59:00 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月24日 イイね!

自分が人を殺す覚悟

自分が人を殺す覚悟ドリフト大会の練習走行でタイヤが外れ、他チームのスタッフである女性に当たって、意識不明という。
まずは一刻も早い回復を、お祈りするばかり。

宇都宮の日光サーキットといえばアタシ自身も、知人が走る…そして まさにD1SLを前にして出場者も練習のために参加してたドリフト走行会を見学した事もあり、そんな意味では他人事とは思えない一面も。


タイヤが外れたってぇと装着不良とか、某メーカーのリコール隠しのように車体構造そのものに問題が?ってのが真っ先に思い浮かぶが…

まぁ普通のテレビで言ってた事だから信憑性は未知数だが、それでもモゲたホイールにはローターまで一緒に付いてるのも見える事から、単なる整備不良ではなく足回り部分から金属疲労により断裂したのでは?って見解も語ってた。

ストリートリーガルとはいえ、本大会と変わらぬようなスポンサーも付いた、カラフルな車体で…
整備面も、例えば かなり本格的なDIYをする方々に比べても、遥かに高度な技能や体制を備えての、ワークス体制に準じたチーム参加だったんじゃないだろうか。

※詳しくは知らないが、それこそチームによってはショップ等が手を入れる事も、あるのかな?

もしマスコミの仮説が本当だとしたら、例え作業ミスじゃなくても、こんな事が起こりえるし、高度なレベルの作業をされてても、金属疲労は見抜けなかったって事にもなる。
(見抜けない・考慮しないって事も、広い意味では作業ミスなのだろうが)

アタシ自身は以前より、胸を張って「自分ではイジらない!」と宣言してるが…
そこには自分の程度を知ったうえで、自分の作業より優れた「完成形」の満足感を求めるなら、それにお金を払う価値を理解できる事…

※もちろん限度以上の無い袖は振れないので、そこはDIYで10できる事でも、7とか8で妥協するって事だが (^^;)

でも、それ以上に…

過去には大した事なんか出来ないまでも、それなりに自分で出来る事は…と思ってた時期もあったが、元々ぶきっちょで仕上がりも怪しいところに、ブレーキパッドを交換した際にキャリパーのボルト1箇所を締め忘れてて、脱落してたのをショップに指摘され、それで自分の程度を思い知りDIYから足を洗う事に。

もっとも、そう違わぬ時期に、その店でロールセンターアダプターを取り付けたが、これまたボルトが外れてタイヤがアッチ向いちゃうなんて事が (;゚Д゚)!
(写真の赤丸あたり)




確か職場を出ようとした途端にヘンになって動かせなくなり、もちろん連絡したら職場駐車場まで飛んできて再取付して、先の指摘から一転、平謝りされたっけ ( 艸`*)
まぁ、いずれ店は潰れてしまった事からも、レベル的に言えば程度は知れて…って事だったのかもしれないが (^^;)

いずれにせよ、そう間を置かずに自分でも店でも、大惨事寸前って作業不備を体験した事で、「絶対なんて事は存在しない」って事を、実感として意識するようになったかな。

そう…どこぞの原発事故じゃないけれど、起きないハズ・あるいは次は起こさないなんてのを通り越して、それでも起きてしまった時の事を意識するように。

そう思うと、もし自分で手をつけた部分が原因で大惨事になったら…と考えると、ますます怖くなってしまう。
客観的には、そうなってしまう可能性は自分の作業のほうが遥かに高いだろうし…

なにより、仮に自分と店の作業で「同じ結果」の惨事が起きたとしても、それが自分の作業じゃなく「お金を払って作業してもらった」事であれば…

こう言っちゃ何だがDIYで起こしてしまうより、その後の自分の人生は、よっぽど救われるだろうな…と思うのも正直なところ。

今回のドリフト事故も、被害者と関係各位の悲痛は言うに及ばずだが…
きっと加害側にあってもドライバーはもちろん、チームの関係者…とくに車体作業に係わってた方も、この先ずっと苦悩を伴う人生となってしまうのでは、なかろうか。

世には、いかにもな低レベルの作業や、安全を無視した違法改造車などを筆頭に、今回の現場より遥かに危険な車で溢れてる。
そして潜在的には…DIYもプロも問わず、「ちゃんとやったハズなのに」危険なのも多いんじゃないかな?

※機構的な部分に限らず外装などでも…いずれネタにするけど(笑)、自分で作業したリップスポイラーが高速道でスッ飛んで、後続車に当たりかけたなんて話も、つい数日前に本人から聞いたばかり。


とくに今回のケースに当てはめると…作業に問題なくても、例えばプロだったら経年劣化を考えて交換してしまう部分でも、そこまで意識せず作業だけで終えてしまうパターンってのも、決して少なくはなさそう。

お金をもらって作業するプロに、何の言い訳も成り立たないのはもちろんだし、反面DIYを否定するつもりも毛頭ないけど…

それでも、ご自身で手を入れられる方々は、スキルのレベルも 作業の難易度も 作業ミスの有無も関係なく、自分が手をつけた部分が原因で、自分以外に及ぶ問題が発生したら…

そこには、「自己責任」なんて都合のいい言葉なぞ通用しない事は、ぜひとも肝に銘じて頂きたいと切に願う。
Posted at 2016/11/24 11:34:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月21日 イイね!

ニッポンにも、時は来た!・・・?

ニッポンにも、時は来た!・・・?以前から、程よい大きさと「程よい値段(笑)」のセダンボディで、楽しそうなMT車を所望してると書いてきたが…

文中でも書いてるシビックは、さらに国内生産が復活なんてニュースもあって、タイプRまで過激じゃない手軽に楽しめそうなモデルが、日本でも出るのかな?と、期待大♪

さらに、カローラでもホットモデルが出そうな記事も (´∀`)
個人的には250psも必要かどうかは微妙だが、表紙で奥に描かれてるセダンボディで、こんなのが出るなら魅力的。
ぜひ、近年のように海外専用モデルにならない事を、切に願う。




そして、上記の過去日記リンク先でも書いた、海外モデルの日産セントラのターボ6速MTモデルは…
なんと、NISMOバージョンも出るですとーっ (;゚Д゚)!
日本でも出してよ~!(;´д`)




でもまぁ、こうして国産の気になるモデルが存在してるって事実と、何となくだけど国内販売されるのかな?って雰囲気は、じつに喜ばしい。

とくにセントラは記事文中にもある、
「国内での発売はまったくの未定とのことだが、250万円に収まるくらいの戦略的価格に設定できるのならば「ブルーバードSSS」の再来として往年の日産ファンの支持を得られるはずだ。」

往年のファンばかりでなく、あのリーフのCMで失った多くの信頼も、取り戻せるのではないのかな?
Posted at 2016/11/21 20:49:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月18日 イイね!

ほらマチコ、先っぽがテカテカと光ってるよ

ほらマチコ、先っぽがテカテカと光ってるよさて先日、1ヶ月ぶりに車検から引き取ったマーチ…

スモールライトが、アンバーから白色に換えられていた (^^;)

まぁ基準的には適合のハズだが、それでも検査官の心象によってはアウトとされかねない微妙なところなので、以前から交換して受けてたらしく、今回は「そろそろイメチェンしたいかな?と思って」と、そのままでの引渡しとなったもの(爆)




もちろん、それまでのアンバー球も保管されてたので…いずれ戻すようかな(笑)




そして…なぜか助手席足元の発炎筒が無かったので、店で手持ちの発光筒を備えて受検してくれたらしい。
前回は間違いなく付いてたのは店も覚えており、それがブラケットごと消えてるから、どうしたの?と聞かれたが…

そんなの…ましてブラケットごとなんて、わざわざ付けたり外したりなんてしないから、アタシも分からない (^^;)




ん~前回からの間で第三者に託したのは、オルタネーター故障で地元の店に交換依頼したくらいか…
でも作業には関係のない所だろうし、そこで云々ってのも考えづらいなぁ (^^;)
てか改めて当時の日記画像を見たら、修理に出す時は既に見当たらない気も(爆)

ま~店の発光筒は、そのまま頂けたので結果オーライだが Ψ(`▽´)Ψ




また、出す前から感じてたハンドルの「取られ」的な感覚は、それを言う前から真っ先にタイヤをゆすり出して「タイロッドのガタかな?」って事だったけど、どうやらソチラは問題なく、ステアリングギアボックスのヘタリと思われるとの事で…
このまま様子見。

そしてエンジンは、フラッシングを施したとか。
実は個人的には、ちとフラッシングについては懐疑的。
正確には、まぁこれも素人の生半可な受け売りだけど、単純に市販のフラッシングオイルをブチ込んで「ハイ綺麗~♪」って事は、したくないなぁと。

このへん、どんな感じで実施したのかは知らないけど、まぁ信頼して全てをお任せしており、正しい知識と技法で実施してくれたのだろうから、その点は安心しているが。

また、インパネのシートベルト&サイドブレーキの警告灯が、どちらも球切れしてたらしい (^^;)
そう滅多に切れるようなモンではないようで、あるいはエンジン掛けたまま停車してる時間(=点いてる時間)が、長かったのかな?とか…




ちなみに…
アタシからだと、後付けしたインフォメーターの影に隠れてしまうので、切れてる事すら気づかなかった(笑)




そして今回、一番の目玉は…
前回までとタイヤの減り方が違うから、走り方というか走る環境が変わっただろうと、その減り方に合ったアライメントに変更したとのこと (゚д゚)




これ単に店の知識・技術のみならず、ずっと長年この個体をお願いし続けてきた、賜物だよねぇ (*´ω`*)

ただ残念なのは…前回以降タイヤを減らせてきた大半は、4ヶ月前までの片道40kmの山道通勤のハズで、現在はさらに走る環境が変わってる事 (^^;)

現に店を出て運転してみると…まぁ1ヶ月ぶりなので気のせいかもしれない範疇だが、ハンドルがメッチャ軽くなってて、通常走行でのカーブでは曲がりにくく、外に はらんでいきがちな印象。
何をどうしたのかは聞いてないが(爆)、より高速域で安定するような感じなのだろうか…?

だが…後日「山」へ出向いて走ってみると、おおお走りやすい!
比較すると以前は、もっとハンドルを こじってたし、曲がってる最中はもっと不安定だったのが、明らかに進入~脱出までがスムーズ。




こりゃあイイ…本当は1ヶ月ぶりのオープンに気を良くし、山で走るのは変化を確認する程度で、それより こんな景色を堪能するほうが目的だったハズだが、気持ちよくて景色そっちのけで何度も走ってしまった(笑)




でも、これを片道40kmの山道通勤でも、味わってたかったなぁ (*´д`*)




そんなこんなで、毎回「これが最後の車検かな?」と思いつつも、またも引き続くマーチライフ(笑)
だが、今回は初めて受ける前から迷いがあったのも事実…いよいよ本当に最終章かな?とも感じる車検でした。

…せめて次回車検の直前までは、乗っていたい (^^;)


【オマケ画像】







Posted at 2016/11/18 16:19:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ちと家でも忙しいけど、んでも晴れてきたし少し息抜きにオープンドライブすっか…と思ったら晴れてるのに、激しい降りっぷりの雪!Σ( ̄□ ̄;)」
何シテル?   02/27 16:47
みんカラ暦13年で、同じく新車購入してから13年乗ったRX-8を19万km近くで…さらに2ndカーで10万km近くのを25万円で買ったマーチ・カブリオレも、10...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/11 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

まぁ、そういう事を書くライター氏もいる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/26 18:31:43
ロードスター 「楽しさ」にある背景 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/24 10:51:23
ETC会の日常 『来年のイベント集!!(前編)』 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/29 21:27:28

愛車一覧

ホンダ アコード ユーロR ホンダ アコード ユーロR
13年・19万km近くに渡り、乗り続けてきたRX-8。 エンジンのオーバーホールまでも見 ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
元来マツダのRX-8に乗りながら、マーチカブリオレを購入しオープンの魅力にとり憑かれると ...
日産 マーチ マーチ被り俺 (日産 マーチ)
H9年式・MT 降雪地に転勤したため、冬用に買い足しました。 ・・・・・屋根は開きます ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
JZX100チェイサーから、2004年3月に乗り換えました。 ツアラーVのターボパワーを ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.