• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シュワッチのブログ一覧

2017年08月29日 イイね!

スズキ君もサオを押したら、何かが出ちゃう(浜松旅行Part4)

スズキ君もサオを押したら、何かが出ちゃう(浜松旅行Part4)浜松旅行の2日目、ホテルをチェックアウトして真っ先に向かうは、「スズキ歴史館」。

事前予約が必要で、今回は9~11時のコースにしたが、なんせ出発が9時を回っており(笑)、到着は9時半近くだったか (^^;)

到着間際の踏み切り待ちの間、真正面にはスズキの本社が。




…てか踏み切り名称が「スズキ踏み切り」だって (*≧∀≦*)




そんな本社の道向かいが、この歴史館。




受付で予約番号を伝えて、中へ。






すぐ脇には、スズキグッズの自販機が。
あのジムニー乗りとか近くだったら、何か買ってってやんのに…と思ったが、よくよく思えば身近にもスズキ車乗りがいたなぁと、あとあと後悔 (^^;)




1Fホールは、主に現行車種が揃い…スイフトにしろ軽にしろ、もはやウチの車なんかより、よっぽど高級 ( ̄□ ̄;)
んだもん、新車の値段なんてウナギ登りだよなぁ…浜松にいるから、こう言ってる訳ではありません(爆)






そしてバイクの、カタナの展示が!
またがる事もできて、まさに気分は勃ちヒロシです (*´Д`)=з






こっちは最新バイクのよう。
バックには疾走感を表すパネルがあり、気分はケニー・ロバーツ!(爆)






この日は、ちょうど入社説明会みたいな日だったのか、リクルートファッションの学生さんらしきのが多数。




レースに出たバイクも展示されており、これは相手がファンだったレーサー(ケビン・シュワンツ?)の乗ったバイクとサインだそうで、歓喜。




2Fは、主に生産に関わる紹介って感じか。
デザイン過程や、各種技術の紹介など。






その奥には、工場の生産を紹介する映画が。




スズキのキャラの、まんまスズキ君が生産ラインを旅するってモノだが…いっちょ前に3D(笑)




しかも紹介する工程によっては、椅子が揺れたり水しぶきが出たり…これって都会の映画館でいう4Dってやつ?
…こんな形で初体験するとは (^^;)




でも、それだけに単なる「工場紹介ビデオ」なんかじゃ収まらないスケールで、予想以上に楽しかった♪






ここは工場のライン再現コーナーで、中にはボタンを押すと動くものも。








これはスズキ独自の、椅子を反対(助手席)側へ持ってくるのに、流れてくる車の間を瞬時に移動させるってもの。




普通は吊り上げるなりしての、複雑な構造になるらしい。
てか…このレカロいいなぁ (*´д`*)






ロボットもボタンで動かせる。
何番にあるドアを、何番へ持っていくと指定すると、おおお寸分たがわずドアの穴に爪を入れ、グイインと (゚д゚)






そして、地元に根ざした企業って事なのか、浜松市を紹介するコーナーもあり…
結構な面積が、前日に訪問した浜松基地の紹介になってる。








フライトシミュレーターもあり、まずは相手が。
でもコレ、前走の飛行機に着いてく事で得点になるようだが、知らずに最初はただ飛んでただけなので、悲惨な点数に Ψ(`▽´)Ψ




それを教訓にアタシが飛んで…まぁそれでもドングリの背ぇ比べか(爆)




このへんの床には浜松市の空撮地図があり、スズキの各工場には印が。




そんなこんなで1~2Fを見終え…壮絶な3Fは、とても今回だけでは載せきれない!(*≧∀≦*)


ここまでの写真も、日記ひとつじゃ載せきれない!
Posted at 2017/08/29 20:51:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月27日 イイね!

浜名アッコの局部をスポッっと…よく見える♪(浜松旅行Part3)

浜名アッコの局部をスポッっと…よく見える♪(浜松旅行Part3)浜松旅行の初日、航空自衛隊の広報館と大河ドラマの展示館を見終え…

17時を過ぎると、この例に漏れず見学施設のようなものは、軒並み終わってしまう。

他に出発前、観光地一覧とかで調べた限りでの、ソソるような遊覧船とかロープウエーなんてのも同様。

一応、あまり時間は関係ない出入自由な展望公園とか、街中で夜でも景色を見渡せるタワー的なのはリストアップしてたが…

でも、もう今日の分はオナカいっぱいって感じなのと(笑)、せっかく浜名湖の地に来たんだから、しっかり湖も見ねば!って事で、ほとりをブラリと進む。




途上、停車できるところでジックリ拝む。




ふっと上を見上げると、ローランドの建物が。
シンセサイザーなどでヤマハと同様にメジャーな感じだが、ほんとヤマハの同業他社も集まってる地…って印象も。




引き続き進んで、いかにも観光地って感じの栄えた場へ。




観覧車のある遊園地も。




そっか、これが乗りたいと思ってたロープウエーね (^^;)




またも湖沿いに進み、この先は行き止まりって感じのところへ。
釣り…って感じでもないが、けっこうヘンピな場所の割に人が多い。




だいぶ傾いてきた太陽は、時おり雲の隙間から顔を覗かせる程度だが…
そんな部分的な照射が、まるでスポットライトになって湖面を照らす。




さらに進んで、駐車場のある所に入り込む。
…湖なのに海水浴場!?
っても浜名湖は地図で見ると海とも繋がってるし、あるいは塩水が入り込めば行政的にも、「海水浴」の区分にでもなるんだろうか?






少し前までお姉さんだったって風情の2人連れ旅人と、地元の爺様が話してるので聞き耳を。
すでに夕暮れで太陽こそ雲に隠れてるものの、その雲が真っ赤に染まる見事な景色だが、もうちょっと時間が経って条件が揃えば、さらに空一面と反射する湖面が真っ赤に染まるとか。

まさに前日がそうで、その時にいた人は時間までいれないからって、爺様が写真を撮ってフェイスブックで送ってやったとか。
…ずいぶんハイカラな爺様だな ( 艸`*)




そんなこんなで、いわば湖の頂点から海のほうへ半周ほど周ってきた感じ。
いよいよ最南端の、海との接点に近づき…




そして国道1号線が、そんな海と湖の「切れ目」上を橋で渡れるようになっている。
残念ながら雲が増え、爺様が言ってた真っ赤な世界にはならず (^^;)




渡り切ったあたりには、道路の内側に灯台が!




なんだかんだで、思った以上に心に響いた湖周遊を終え、もう晩飯の心配。
浜松ったらウナギに続き…宇都宮と日本一を争うギョーザを忘れてはなるまいて (*≧∀≦*)

互いに検索し、共に最初のほうに出てくるトコが距離的にも近そうで、そこに向かおうとするが…
なんか嫌な予感がして詳細を確認したら、なんとその曜日は休みだった ( ̄□ ̄;)
改めて検索して、まぁ近そうな所を見つけて進行。

誰も客がおらず、我らが車を停めてから店舗へ入るまで、ずっと店主が外に出て様子を伺っており、ここ大丈夫か?と思ったが(爆)、割と電話予約し持ち帰りで来る人が多い。
実際、先の検索でも浜松は、持ち帰り率が非常に高いと読んだばかりで、こういう事か!と目の当たりにする。




もやしが乗ってるのが、浜松の特徴なんだとか。
まぁなくても…いや、んまかったです♪




そんなこんなで、あとは宿へ…
の前に、せっかく大河ドラマの施設も見てきた事だし、ついでに浜松城を外観だけでも見てみる事に。
てか行先を検討して調べてる際も、何度も浜松城はヒットしてたが…それを蹴るばかりか、現在絶賛中の大河の舞台とも気づかず、挙句に「ついで」扱いなんだもんねぇ (^^;)
いずれ公園の奥のほうに、ポツンと佇む城がライトアップされてる。




公園の向かいには立派なホテル…実は最初の日記で書いたホテル選定の際、最も高い「松」レベルのが、ここだったんだとか。
城を見下ろせる部屋ってのもウリらしいが、とくに話もせず自分で選んで自分で蹴ってるあたり、相手も城には興味ねぇのかなと(笑)




そして我らのホテル到着。
ほぉ、なかなかご立派♪




中はロビーから吹き抜けになってて、宿泊区から下を覗き込める。




そのロビーにはスズキと…ホンダの車やバイクの展示が。
そういやホンダの工場も自衛隊の向かいにあったし、ほんと「ヤマハと同業他社」の街だ (^^;)






ちなみに最後の写真のは…つい先日、普通に駐車枠に停まってるのとツーショットを (*≧∀≦*)
…こんなセカンドカーは、いやだ(爆)




おとなしく一夜を明かして、朝食はバイキング。




ご飯をよそる際、向かいの従業員に「クスッ」とされるくらい、小さい茶碗にてんこ盛りにしたが(爆)…




あとあと相手が「あっちに【直虎カレー】なんてあったよ」と言うので、それまで食う羽目に (;´д`)




朝の占いでは最下位なうえに、なんとも実際にありそうな…
先の千葉旅でも、やっぱ11位で内容も心当たりがあったので、気をつけねば (^^;)




画面は翌日になってしまったが (^^;)、当日も天気は当初の予定通り、この日は思わしくなさそう。
まぁそれも見据えて2日目は、完全に屋内施設をプランしたけど、やっぱ降らずに済めば嬉しいね~。




ワイドショーを見てると、やっぱ世間的な盆休暇初日だけあって、渋滞の話題。
以前から言われてる通り、渋滞の高速では左車線のほうが早く進むと。
だが個人的には、それ以降そんな機会のたびに意識してるが、実際その通りだったのは半分以下って感覚かなぁ…




お互いマッタリして眠くなってしまい、スズキのホールを予約した9時を過ぎて、ようやくチェックアウトして出発(爆)




ここまでの、その他の写真
Posted at 2017/08/27 14:25:22 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月24日 イイね!

ちょっと静岡までハチロク見に行った(浜松旅行Part2)

ちょっと静岡までハチロク見に行った(浜松旅行Part2)世間の大半が盆休みを迎える前日からの、静岡・浜松への一泊旅。

ウナギの昼食を終えて、今回ここがあるからと目的地に選んだ、航空自衛隊浜松基地に併設されてる、広報館の「エアパーク浜松」へ。

事前に改めて調べたところ、この浜松基地の戦闘機などは「教育部隊」らしく、実際の出来事に出動する訳ではないらしい。
だが別口で救難隊や、背中に円盤のレーダーを背負った早期警戒機を有する警戒隊などの、実務部隊もあるよう。


(写真は翌日訪問の、スズキのホールにて)


ここは飛び立つ飛行機も広報館から見えるようで、先の百里基地に入り浸った経験や…
不謹慎を承知でいえば、この時期いよいよ北朝鮮情勢の緊張もMAXに達する頃合い、そんな状況が訓練にしろ実戦の警戒監視にしろ活発に飛び立つかな?って期待も。

反面、暦上は平日とはいえ一般的な盆休暇の前日、もう実務要員以外は休みに入る準備に、手間を割いてるんじゃないか…
そもそも浜松が、百里ほど稼動するのか…ってな事も考え、あまり期待はしないように心掛けるが、駐車場から降りた途端に「ガッキーが力説してた」救難ジェット機が飛び立っていき、否応にも期待は高まる (^^;)




んな訳で正面には、ブルーインパルスも使った初代の機体が。
…こんな形の飛行機があったのは知ってたが、名前が「F-86」なんて、どこかで聞いたような名前だって (*≧∀≦*)




さらに進むと入口前には、ロッキードのF-104Jが。
昔の映画とかで見覚えはあるけど、実は個人的にはそう印象はない機体。






以前、台場のガンダム施設でも感銘したような、天井のドームに映し出されるシアターの上映時間が迫ってたので、まずは駆け込む。
…台場の「真上」に比べて、ちっと前方向にシフトしたようなスクリーンだが、もうほぼ満席で最前列にしか座れなく、首をのけ反るようなキツイ体勢に (^^;)
でも、この時間に上映されたブルーインパルスの紹介は、そんなキツさも忘れるほどに大迫力♪




そして施設を徘徊。
外に見える地対空ミサイルは「ナイキ」。
今よりミリオタだった小学生時分、ナイキったら運動靴よりミサイルだったなぁ(爆)




ズラッと並ぶ飛行機の模型は、先頭のF-15から輸送機、最後尾の政府専用機まで、ぜんぶ「縮尺」を合わせてるんだって。
上述の早期警戒機、当初のイメージは空母にも乗るE-2Cのような中型機を想像してたが、実際ここに配備されてるのは監視のみならず、指揮・管制も行える「早期警戒管制機」ってヤツのようで、まんま旅客機のデカさにビックリ。




装備類も展示されてるが…これは中のマネキン?がヒョロッとしてて、なんか宇宙人みたい ( 艸`*)




実機なども多数、展示♪
これは昔の支援戦闘機である、三菱のF-1。




これはF-16をベースに、上記F-1の後継として開発してた「次期支援戦闘機」の機体。
これが後年F-2となって配備され、三沢から飛び立って丸子橋でゴジラに爆弾を落としてた(爆)




先のシアターでは、その後も違う内容の上映が続いてるが、ちゃんと座れるように前もって中に入る事まで考えると、けっこうな時間を取られる。
なんせ施設は夕方4時まで…再びそれを見ちゃうと他を見て回るのに影響しちゃうので、泣く泣く諦める。

でもまぁ来るまでは、そんな大きな施設でもないし広報館の内容自体はすぐに見終えて、むしろ百里のように基地側で飛び立つ飛行機に、ずっと見入ってると想像してたが…
いい意味で期待を裏切られて、てんで時間が足りない。
(ついでに基地からは、てんで飛ばない 爆)

もっと早く着けるよう頑張れば…と後悔の念を抱きつつ (^^;)、歴代の航空機が展示されてる隣の「格納庫」へ。






装備を貸出し戦闘機のコクピットに座れるサービスもあり、お子さんのみならず若いお嬢さんがたもパイロットスーツに身を包み、列に並んでた。




さらっと見終えて、再び広報館側へ。
最後のシアター上映だけでも見られれば…と期待したが、もう満席のようで整理券を渡されず断念。
ショップで土産物を買い、閉館時間を迎えて退散。

まだまだ見足りないのが残念だけど、まずはついに積年の目的を果たし感無量♪
っても、まだ早い時間…

とくだん興味が…って程ではないが (^^;)、そんでもせっかく、こんな遠い地まで来た記念にと、道中で看板を見かけた大河ドラマ館へ。
こちら17時までの開場で、入場は16時30分まで。
会場は市役所向かいの文化センター的な所で、ギリギリで駐車場に滑り込む。

会場に向かうと古い町並みを再現したようなトコで、そこは茶屋や土産物屋などが並ぶ。
最初はココが会場なのかと思ったが、どうやら「気賀関所」ってトコで、大河イベントの期間は無料開放なんだとか???






そこを通り抜け、立派な建物のほうへ。
チケット購入が必要なようで普段なら、そこまでしては…と思うところだが (^^;)、「せっかくココまで来た」思いの後押しで入場(笑)




中は撮影禁止だが、床がプロジェクションマッピングで舞台になった小川を再現したり(歩くと自分の足周りに波が立つ!)、やはり井戸を覗くと水面に見立てた画面に登場人物が映るなど(ここだけ撮影可だった)、ハイテク満載♪




まぁ他にも色々と想像以上に満載な会場だったが…
これドラマ見てれば、最高に楽しいんだろうなぁと思いながら(爆)、場を後に。

その後は途上で通過した「気賀関所」の土産物店へ。
っても、ここももう閉店間近で慌てて買い物。






一般的には、航空自衛隊より大河ドラマのほうがウケがよかろうと、直虎の菓子を買い足す。
…2日目のトラブル(詳細あとで)から、予定以上に土産が増えてしまったため、これは客先へ渡る事に (^^;)




改めて見ると、そんな直虎のキャラが描かれたモノが多いのね。
バスから、自販機まで(笑)






もっとも、我が県の会津が舞台の「八重の桜」がやってた頃も、県内じゃ「八重たん」とか、よく見かけたもんね (^^;)




さて…まだ空は明るいぞっと。



そんな今と昔の、武人たちの記録

Posted at 2017/08/24 19:00:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月21日 イイね!

ナオトラって、ナオトインデライミの略称?(浜松旅行Part1)

ナオトラって、ナオトインデライミの略称?(浜松旅行Part1)先月のうちから、本来のシフトじゃ9~10日にかけての泊まりを休んでいいから、代わりに休みだった12日を出勤してくれと依頼が。

…盆なんて卒業以来ずっと無縁だったから、未だに一般的な期間がよく分かんなくて特に意識もせず、どうせ予定も決まってない頃合いだったし、これなら実質的に休みの期間が長くなるからと安請け合いして、後々せっかく12日は盆期間で世間と同じ休みだったのに…と激しく後悔 (^^;)

でも、やっぱ普段の行いが良いと神様も見てるもので(笑)、まだ大半は休み前の出勤日らしい10日から、もう盆休みだという者より、どっか行くべと誘いが。
こちらも、せっかく滅多にない3連休…いっそのこと泊まり掛けで、なかなか行きたくても行けない所まで出かけっか!って事に♪

3連休っても、さすがに泊まり仕事明けの初日からは出かけられないが、でも休みの全てを外出に費やす訳にもいかないので、初日のうちに墓掃除や雑務を済ませ…

さて目的地は…と検討し合ってたが、ちょうど先般百里で戦闘機に見入ってた日記に、エイト乗りのシナモンさんから静岡は浜松にある、基地に併設する空自広報館の紹介コメントがあったのを思い出す。

埼玉の陸自広報センターには数年前、レンホーの事業仕分けで有名になった後に訪れたが、当時から流石に浜松は…と行けるとは思ってなくて、こんな折ならと頭をよぎるが…
そんでも、ぶっちゃけ一般的な内容ではないし(笑)、わざわざ相手は行く気にならんかな…と思いつつ冗談半分のつもりで打診したら、意外にもノッてきた (゚д゚)!

さらに、拝見したシナモンさん記事によると、現地にはスズキ自動車やヤマハ発動機のホールもあるらしいので、それら観光より趣味丸出しのプランを軸に決定(笑)
スズキのほうは事前予約が必要らしいので、それは2日目の朝イチで行く事に決めて予約。

危なかったのは今回のプランいずれも、意外にも旅を終える翌日の土曜からは、盆期間中ずっと休館らしい。
え~客商売なのに!?と思ったが、よくよく思えばドコも無料の施設…儲けにならない事にまで、盆を潰す気はないって事か(爆)
当初は、世間と同じ休みを潰して後悔したのが、むしろそれじゃ叶わなかった今回のプラン…やっぱ日頃の行(略)

宿泊先の選定は相手に任せ、値段別に「松・竹・梅」って感じで各ホテル紹介ページの画面コピーが送られてきた。
っても休み前の仕事続きで、スマホで送られた写真を見るくらいしかできず詳細は分からないので、まぁ安直に「竹」が高からず安からずながら部屋も広そうで、いいんじゃね?と返答。

だが、あとあとの話で「梅」のホテルが浜松基地の真ん前だって言うので、だったらソッチがいいんじゃね~の!?とアタシはヒートアップ!
でも、そう言った本人は騒音が心配だとか、竹ホテルの部屋が気に入ってるとか…だったらアタシも最初は竹にすっぺと言ったんだし、余計なコト言わなきゃいいのに(笑)

そんでも竹ホテルは、翌日朝イチに行くスズキに近いって事で、ならアタシもそっちが良いかと思い(爆)、最終的には満場一致で竹ホテルに決定。

さて、この3点を軸にアチコチと思ってたが、いよいよプランを詰めてくと、いくら泊り掛けで余裕…と思っても、やっぱ往復に相当の時間を取られるので、そうそう他のトコまで行けそうにはなさそう (^^;)
とくに、この手の施設は終わるのも早く…自衛隊なんか16時には終わってしまい、でも他の施設も誤差程度なのが実情で、初日は1ヶ所しか無理か…

むしろ見終えた後の夕方~夜をどうするかってのも、いまいち半端で思いつかない。
とくに、往復時間を考えると出発も相当に早くなるから、夜の街でウッヒッヒィ!って元気もないだろうし (^^;)

また、いかんせん盆時期って事で、渋滞も心配。
初日は上述の通り、まだ多くの人は仕事だろうが、そんでも相手のように休みな者、また有休で休む人もいるだろうし、正直読めない。
まして帰りは本来の盆初日って事で、東京以北はどうなってしまうのか。

そのへん若干の不安材料を抱えつつも、当日は5時に家を出発。
天気は基本的に思わしくなく、東日本は雨予報もあるが、でも目的地は曇りって予報のよう。
でも…アメダスじゃ関東でも稀に数ドットの雨表示がある程度なのに、それすら感知しない程度なのか、道中はほとんど弱い雨に祟られ、目的地も大丈夫なのかと少し不安に。




交通量は基本的には平日並みって感じだが、何箇所かジャンクションに合流するあたりとか、結構な混みよう。




圏央道から東名へ合流手前の厚木あたりも同様で、この先の東名こそ読めないからと、その厚木のパーキングで小休止。




いきなり「なみえ焼きそば」の看板 (;゚Д゚)!
どうやら各地のB級グルメが、揃い踏みな店らしい。




引き続き東名へ入り、やっぱ平日よりは混んでそうなものの、以降そうハマる事はない道中を進み、途上ではグロリアかな?
渋い!!




アタシは「新東名」が開通してから、ここまで来るのは初めてだが、そもそも新旧問わず東名自体が珍しいレベルだから(笑)、景色が良いという旧東名へ。
このへん、まだ雲は多く富士山は残念ながら見らレズ。




でも旧東名、確かに「海の見える…」はあっても、こんな海の間近を通る高速は、そう滅多に経験ないなぁ。
…ちなみにココを通った経験も、学校や職場の旅行と、あと自力では18年くらい前に、鈴鹿へF1を見に行った時くらいかな…その時は未明の通過だったけど(笑)
マーチの幌貼り替えで名古屋へ行った時は、日本海回りだったし)




でもいずれ、すっかり雨も止み晴れ間が。
静岡は、やっぱお茶畑が多いねぇ♪




とうに静岡入りしてるものの目的地の浜松は、進行方向から見れば最も奥っちょの、ほぼ愛知県に接するあたり。
静岡もね~個人の感覚じゃ、やはり縦に長いイバラギ県をも凌駕するほど、通過に時間がかかるイメージ。

道中から昼メシどうすっぺ?となったが、やっぱ浜松ったら真っ先に「うなぎパイ」と思いつくだけあって、ウナギで決まり!
…ウナギ自体よりパイが先に思いついたのは、決してパイパイ好きだからではありません。

目的地の浜松基地は、浜松インターより更に先の「浜松西」が最寄り(いま改めて見たら中間の、三方原パーキングのスマートICのほうが近そうだったが 爆)
メシ食うんだったら、より栄えてそうな浜松で降りるか?って話にもなったが、まずは場所をいとわずウナギ屋で検索したら、真っ先にヒットしたのが運よく西インターから近い「うな吉」さん。

でも、ウナキチ…いま思えば「ピョン吉」からなんだろうが(笑)、瞬間的に「ど根性がえる」寿司屋の梅さんが頭に浮かび、そんな名前のトコで大丈夫げぇ~とか失礼な話で盛り上がったが…(^^;)




でも内容を見ると、ぶっちゃけお高めな値段の、それに劣らぬンマそうな見た目の写真が並ぶ。
まぁ大人同士で、こんなトコまで来ての事だしね…ここは奮発してみっぺと♪
なお後々、もしやウナヨシじゃね?となったが、その後の検索で平仮名打ちしても、どっちでも同じく結果が出てくるので、未だどう読むのかは不明(爆)

うな吉までの道中は「百里園」という町らしい。
ここまで戦闘機を見に来るキッカケが、百里で戦闘機を見た事を思うと、なんとも因縁めいてる。




さらに、まだ確か高速上だったか「伊井直虎ゆかりの地」みたいな看板があったようで、それ誰だっけ?と。
ん~、そういや昔の戦国自衛隊で、主人公の千葉真一と共に戦った武将が、確かそんな名前だったっぺ。自衛隊繋がりだし♪




…道中、何度も「大河ドラマ館こちら」って看板があり、ああっ柴崎コウがやってる女殿様の事じゃねぇか!
なにが戦国自衛隊なんだか…適当にも程がある (;^◇^;)




なお後々調べたら、戦国自衛隊の武将は「景虎(かげとら)」…うん当たらずも遠からずかな?(爆)
っても、これは後の上杉謙信の事だったらしいが (^^;)

てかココって、大河の舞台だったのね!
まったく、普通なら大河ドラマの…しかも今やってるトコが行先なら、真っ先に思いつくんだろうに、どんだけ我ら「普通のこと」に興味ねぇんだか(爆)
まっ、それだけ「普通のこと」に捉われない趣味全開で、こんなトコまで来れる事が、幸せなんだろうけど f^^;)

そんなこんなで、ウナキチ到着。
店が見えた頃は外まで人が並び、駐車場もいっぱいで、しばし車を停めるにも難儀。
でも、そこで時間が掛かったのが良かったか、やっと店に入る時はスンナリ座れた。




隣の年配ご夫婦は、2食で万ケタ円になる特上を注文してたが、我らは「大人がここまで…」とかカッコいいこと言っておきながら、小声で「並2つ」(^^;)

注文を受けてから、その場で焼いてるようで、店内は写真以上に煙でモクモク。
アタシは息苦しく…相手は目が痛いと訴える (^^;)




それだけに出てくるまでも、けっこう待たされたが…そんな甲斐あって、んまかったです♪





さぁいよいよ、この旅のクライマックスである浜松基地へ突入だ (*≧∀≦*)

Posted at 2017/08/21 18:57:41 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月18日 イイね!

送り火の日に、まるで迎え火に群がるような人たちが

送り火の日に、まるで迎え火に群がるような人たちが先の16日は、泊まり仕事が明けての休日。

その前に余談だが、前日の出勤時は盆休み中のヒマ人どもに、コンビニで襲撃される(爆)

っても彼ら、共に「アタシが共通の知人」な間柄ではあるものの、直接の面識はないハズの奇妙なコンビ。




…郡山在住の「いつもの知人」は、こちらの親族を泊り掛けで訪問中、この前日も白ロドかっさんと遭遇し、追いかけて初対面の密会にこぎつけたらしく、今回もその流れのよう (^^;)
※その直前、知人がかっさんを追いかける様子は、こちらも捉えてた(笑)




30分ほど歓談し、あたしゃ泣く泣く離脱して職場へ (ノ◇≦。)

そして仕事が明けての退勤路では信号待ちの間に、ふっと青いユーロRを見かけて、本来のルートを逸れて追跡(笑)
ユーロRは程なくで、施設に入ってしまったが…

追跡途上で、ゆっくり走ってたFK2シビック・タイプRを抜いたところ、その後ずっと着いてくる (^^;)
べつに煽ってくる訳でもなく、隣車線から抜くわけでもなく…でもこっちがペースを上げれば、間をおきつつもシッカリ着いてくる感じで、意識してんのかな?(笑)




っても意識はコチラこそって感じで (^^;)、ヘタにブッちぎろうとして返り討ちに遭ってもカッコ悪いし(爆)、普通に走ってもずっと挙動を見られてると思うと、いい加減な運転もできず結構疲れる(笑)
…なんて、自意識過剰だ(爆)

でも、そんな途上の交差点で、軽トラが横転するような事故が (>_<)
前週遠出した際も東名の御殿場~大井松田間で横転事故があり、大渋滞に舞い込まれたばかり。
なんか自分のルートで横転事故が…なんて他人事ばかりでなく、自分も気をつけんとなと気を引き締めた一幕。




さておき、帰宅し一休みして午後に目覚めると…ロド乗りの方々が「水石山に怪しい動きが!」って事で、行ってみる事に(爆)
水石山…けっこう狭い道が続くんでね。
当日は天気も良くなく、行動するにはアコード…と思ってたけど、ここが目的地ってだけでマーチにシフトした(爆)
でもまぁ、この時点で降雨はなく、寒いくらいに涼しい陽気も快適に屋根開けで進行♪




んな訳で、すでにツルんでた紅白ロドより先着して目に付くは、ちゅーはいむさんのNBロドと、お仲間のコペン&ノア。
こちら、元々がノア乗り同士のお仲間で、今回はまだ乗り続けてらっしゃる (^^;)、綾鷹R6さんのノアに魔改造(?)を施されてたらしい。




…なんか「ノアの集まり」ってのに引っ掛かる事があり、とある話を振るも言い方が悪かったのか、キョトンとされてたが…
やはり後々に確認したら、一昨年に訪問した箕輪スキー場でのビーエム・イベントの際、すぐお近くで集会をされており、今はコペンのノアモンさん含めお三方とも同日にハイタッチしてた (*≧∀≦*)




そのうち紅白ロドコンビも到着。
合間には、ちょいとヤンチャなパホーマンスも ( 艸`*)




さらに、ふもとのコンビニでハイドラ画面を見たという、黄色いS2000の方も乱入してきた (;゚Д゚)!
…あとあと思えば、この「たかSさん」と初対面したのも、逆にアタシが水石山から降りてのコンビニだったのも、ちと因縁めいてる(笑)




…ふっと見たら、NBロドのバンパーに、すっぽりニャンコが収まってる ( ̄□ ̄;)
けだものフレンズ的な臭いでも、嗅ぎ取ったのだろうか ( 艸`*)




いずれ、かっさん白ロド号にも、異様に執着(笑)
改めて見ると、NBと同じトコに収まりたいのに、格子がジャマして入れなそう (*≧∀≦*)
やはり、けだものの…








どうやら、ちゅーはいむさんのお仲間と合流予定もあるようで、山から海へ移動。
下山し国道に抜けようとしたら…




こちらが青信号になって先頭が進んだところ、国道の車が赤信号なのに進んでくる!
一瞬「また横転!?」と頭をよぎるも(焦)、そんなスピードではなかったのか事なきを得るが…
まぁアタシからは、運転手がペコペコ頭を下げてるように見えたので、滅多に変わらない信号の存在自体を意識してなかったのか。




でもまぁ何事もなかったからこそだが、ご本人の「NBがNGになってNCに代わるかと思った」発言は、ちとツボにはまった(笑)
その後ご本人は諸般の事情で、いったん帰宅しメインカーのISISに乗り換えられるとの事で、いつものアソコ・アッキーズは遠回りしながら進行。




途上の「東大裏口」に入学し記念撮影。






我がマーチの風除けネットの話題から、各々のウインド・デフレクターを比較。
白ロドは標準に自家塗装したもの。
赤ロドは少し幅広な透明アクリルだが、これ純正オプションらしい。
でも、後ろに手を回して屋根を閉める際には、高い分ちっと邪魔だとか (^^;)


※写真は別の時


そしてS2000は、便利な折りたたみ式♪
でも持ち主いわく、べつに起しても変わら…




そして目的地の海っぱたへ。
いやん、なんか増えてるぅ (*≧∀≦*)
ここで初めて会ったアリストのアンチャン、気さくでおもろい♪




いずれ色カブリの怪しいKカーも乱入。




いつも握るモノが、いやらしくなってる (((( ;゚д゚)))




しかしまぁ当日、かなり雨になるような話だったけど、結果的には日頃の行いが良いからか(笑)、この海っぱたへ到着前後に傘がなくても我慢できる程度に、小一時間ほど降った程度。
上述で「今日はアコード…」なんて書いたけど、水石山のおかげでマーチにしてホント良かった (*≧∀≦*)

そして…まだ洗濯して乾かぬ短パンを諦め長ズボンにしたものの、マジで寒いくらいで結果オーライ(爆)

夕刻…まだまだ宴もたけなわだが、翌日から仕事…どころか当日も休み扱いではない、単に「仕事ではない時間」なだけなので、おいとまさせて頂く。


そんなこんなで、思いもがけずの集会となったが、やっぱ車好きとしてはこんな基本的な集まりは、いつでも楽し♪な一日でした。


【余談】
こうして集ってる所を、泊まり仕事に出勤中の若い同僚に見られてた (;^◇^;)
翌朝出勤し、顔を合わせるなり「オレンジのシャツ着てクルマ並べてたでしょ」と (;゚;ж;゚; )ブフォ


【オマケ写真】













Posted at 2017/08/18 09:16:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「2週間住んでる住居だが、今日は今までになく飛行機が近くを飛んでる音が。
そのたびネットで経路を見たら、ほぼ上空を飛んでるのも初めて見た。
…なるほど今ニュースで、例の羽田航路変更が今日からだとやってた。
今後、晴れれば近くに見えるかな?」
何シテル?   03/29 18:48
★R2.3福島→埼玉移住 みんカラ暦13年で、同じく新車から13年乗ったRX-8を19万km近くで…さらに2ndカーで10万km近くのを25万円で買ったマ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

VABのWRXって遅いの??? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/12 11:42:10
あえての18インチがポイント!! FK8 シビックタイプRに“POTENZA RE-71RS×TE37 SAGA”を装着!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/10 14:55:15
一ヶ月乗ってわかったこと 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/03 20:41:06

愛車一覧

ホンダ アコード ユーロR ホンダ アコード ユーロR
13年・19万km近くに渡り、乗り続けてきたRX-8。 エンジンのオーバーホールまでも見 ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
元来マツダのRX-8に乗りながら、マーチカブリオレを購入しオープンの魅力にとり憑かれると ...
日産 マーチ マーチ被り俺 (日産 マーチ)
H9年式・MT 降雪地に転勤したため、冬用に買い足しました。 ・・・・・屋根は開きます ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
JZX100チェイサーから、2004年3月に乗り換えました。 ツアラーVのターボパワーを ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.