• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

J456のブログ一覧

2011年07月26日 イイね!

次期ゴルフⅦはスポーテイに変身か??!!

わたくしがのたまいた訳では御座いません。
英国オートカー誌が言っています。・・・『次期型ゴルフⅦはスポーテイに変身か?』
ゴルフ/プラスと言うミニバン風ゴルフとの差別化だそうです。
また3Drが更なるスポーテイ路線復活との事。
スポーテイなゴルフは更なる人気が出るでしょう。
先代ⅤGTIで1440~1460KG、現行ⅥGTIで1400KGとヘビー級レスラーなのが、今一スポーテイさに欠けた大きな理由です。
パワーやデザインも重要ですが、エコも意識して、先ずはダイエットして理想の1200KG切り、乗用型のセダンなので責めて大負けに負けて1300KGは切らなければ、スポーテイとはかけ離れた存在でしょう。
昔F-1チャンピオン獲得後自国の解説者に成った人気ドライバーが『ゴルフにデザインなんてモノが有って良いのか?』と話していましたが時代は変わります。
多分1.2ターボ、1.4ターボ+S/Cに加えて次期WRカー系の1.6ターボはGTIへ搭載されるでしょうから楽しみです。
しかしこれが来るなら、国産プレミアムブランドの昴WRX/STIは1.6Lターボ300PSでしょうから楽勝にゴルフを刺し切る性能を有してしまうでしょう。
次期型は大型化され当然2ペダルも用意されるでしょうから充分脚系にも成りますね。

2ペダルの5Dr/WRX/STIを脚車にして、スポーツ車を次期型HMビートや昴FT86STIターボ/限定車とすればかなり御宅度/偏差値高いですが、2台昴揃えると『スバリスト』に成ってしまうので、それもNGです。
わたくしはスバリストとして『そぐわないキャラ』です。
それに少々昴は車重が重すぎる気がします。
幾らラリーで安全性云々と言っても、クルマはぶつける為に走らせている訳では有りません。
ぶつかるのが本当に嫌なら運転しなければ良いのです。
電車に乗りましょう!!

そう考えると軽量化できたと仮定すると、表題のVWゴルフⅦGTI2ペダルが宜しいですかね。
しかしVWも独製ですから重いと言う弱点は残ります。
これはこれで問題です。
結局そうこうしている内に、トンビ(最悪の過去を捨てて現代軽量化促進中のHM)が油上げ(軽量化好きのわたくし)を掴んで行きます。。。

 
Posted at 2011/07/26 14:07:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | VW/PORSCHE | 日記
2011年07月06日 イイね!

新型ケイマンと新世代/廉価版スポーツカーの有り方

プアマンズ・ポルシェの代表『新型ケイマン』も世界の常識に合わせてダウンサイジングされるそうです。
廉価版の4気筒2.5L+ターボで350PS位・・・充分に昴FT86STIターボのライバルと成りえます。
価格は昴の方が安くて有利ですがその分希少性に欠けスポーツカーとしての所有欲が減ります。
故にポルシェと言うブランド品で有る新型4気筒専用車種(550??)~ケイマンまでを仮想ライバルとすると、かなり昴は頑張らないと厳しいでしょう。
(当方悪趣味なので、TY版は眼中に御座いません。)

価格とコストパフオーマンスと耐久性と低維持費だけで勝負すると、バブル時販売されて営業販売上失敗して開発中座/中止されたあの『天下の横置きミッドシップ』の『幻のスッパカー』の二の前に成りえます。
かと言って、エクスクーシブ性や御洒落感無しに、専用エンジンMTボデイで、頑固にMTオンリー『男のスポーツカーで御座る』と大/太刀振る舞い行うと『何とか二銭』みたいに、やはり営業販売上失策を繰り返します。

スポーツカーは価格が安くても高くても、もっと軽い乗りで、好い加減な雰囲気や危うい雰囲気を残して置かなきゃNGです。
故に、勉強ばかりで偏差値だけ上げて、真面目に造っては失敗します。
遊び心が有ってのスポーツカーです。
動力&燃費性能、耐久性等良くて当たり前。
レースで強いのも当たり前。
スポーツカーは贅沢品です。
更にモア・エキストラが求められます。

当然販売のBoss/販売責任者及びLPL/開発責任者は、大昔のマセラテイの社主アレハンドロ・デドマゾ氏と迄は行かなくとも次期イタリア首相候補の現フイアットCEO/モンテゼモロ氏位の御洒落感は必要です。
愛人疑惑や献金疑惑やもろもろの癒着の香り??!!
・・・あくまで疑惑や香りですよ。
疑惑の宝庫位で有って初めて『スポーツカー売り』として成立します。
ユーザーが現実離れした『憧れる生活』が有って初めて皆さんが求めてくださります。

大衆バイク売って居たピーナッツ『爺』がある日突然『スッパカー』売っても売れる訳有りません。
そりゃ無理だよ、夢が無いから。。。

スポーツカーが不人気で、皆が欲しがらないのは、造って居る/売って居る側も、実は自分で心から欲しがっていないからでしょう。
自分で欲しくないものを他人様は飼ってくれません。
ユーザーは商品の魅力もそうですが、その裏に存在しそうな夢も飼いたいのです。

社内で厳しいなら跳馬に販売プロジュース依頼してでも、売れれば勝ち、売れなきゃ負け。
勝てば官軍、負ければ賊軍。
その位、ぎりぎりまで追い込んで戦わなければ、これからのスポーツカー市場での勝ち残りは、ブランド性に乏しい大衆スポーツカー市場で有ればこそ厳しいです。

当然更に御洒落感やエクスクルーシブ性は必須です。
かと言って、前世代のベントリー&ロールズや90年代の跳馬みたいに『民芸品』では更にNG。
21世紀ですから、クルマは工業製品でしょう。

今時オーバーヒート気味で実馬力出て居ないエンジン音の大きなフリクションだらけの欧州車の多くや某新型イタリアンは2年程度しか持たないバッテリー寿命や発電システムしか無いのに何が『エコアイドルストップ』だよ。。設計アイドルストップ。
御へそが御茶沸かしてしまいそう!!
総じて欧州車は張ったり性能が多い。
だって国内の地獄の様に暑い都内の渋滞に対して水廻り許容能力が少なすぎます。
流石に80年代までの様にオーバーヒートしてエンコするクルマは無い(?)でしょうが、電動フアン廻りっぱなしで、水温100~110度何て普通???
国産なら精々90度代で修まり着くでしょう。
レースユースじゃ70度が理想、90度超えたらオーバーヒートでしょう。
幾らラジエタ―で加圧していると言ったて、旧く成ってジョイントやホースが故障したらもうNG!!
電装系やECUも熱にあれだけ弱いんですから総じて性能維持は出来るわきゃ無いわね!!

独馬除く多くの独系も硬過ぎて面白みが少ないです。
横置きミッドも大衆スポーツでは仕方が無いかもしれませんが、真実は兎も角も、何処に置いても宜しいですから『真理/真意の縦置き』にして頂けませんか??

次期昴FT86系やCR-ZターボやNDロドスタや廉価版ポルシェの様な『新世代/廉価盤スポーツカー』には気楽に肩の力を抜いてリラックスして開発して頂きたいです。
但し色気の有る『販売Boss及び開発主査』はクルマの総合性能と匹敵して必須です。

どちらにせよ、廉価版スポーツカーが増える事は庶民のお楽しみには助かりますので、世界の大衆車メーカー&量販メーカーさん、頑張って開発して下さいませ。

価格が安いと維持費も安いし、何しろサーキットで壊した時に『ひきつらなくて済む』為、遊びには最適です。

大いに期待しています!!
Posted at 2011/07/06 14:23:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | VW/PORSCHE | 日記
2011年05月07日 イイね!

VWポロR/4WD・・WRC参戦

http://www.rallyplus.net/news/info.php?no=24693

VWが遂に4気筒1.6L+過給機+4WDでWRC参戦だそうです。

FIAの1.6L過給機施策がどんどん出ていきそうで楽しみです。
HMやヒュンダイなどの参戦も予想されていて、F1GPやWRCへの多社参戦が見込まれ嬉しいです。
特にHM系はV型4気筒1.6L過給機なんか開発すれば無敵のエンジンに成れるかも。

エンジン・ダウンサイジングされれば当然車体も軽く成り、マシーンとしての実戦闘能力も上がり、参戦ドライバーの腕の差が出やすく成り、レースやラリー自体のバトルも面白く成るでしょう。

欧州のメタボ軍団はどういう切り口で返してくるのか楽しみです。
注射系/市販メタボ車とガチンコ系/レース用マシーンの違いを如何にこじつけるか??
 
国産各社特にバイクメーカー系には有利に働きそうです。

でもこれが本来のモータースポーツの世界であり、スポーツドライビングの世界であり、燃費向上の源である『軽量化』なんですから、自動車史100年以上かけて『人間』は『間』の抜けた『人』を演じて先祖帰りなんですからクルマも進化していません。

さて、WRCはラリー競技ですから4WDの高性能化は有るべきでしょうが、GrNなどに参戦すホモロゲを除いて、市販車は悪路走破を念頭にしていませんので、軽量化の為FFで十分です。
4WDがドライ路面でも有利なのは間違え有りませんが、そこは腕でカバーしてでも軽量化を優先です。
ポロGTIが1210KG/179PSだから、ポロR/1250KG/211PSなら面白そうです。
ECUチューンで弄れば250PSは硬いね~。
しかし、理想を言えばアンダー1000KG、責めてアンダー1200KGして貰わないとなあ~、楽しい気持ち良い走りは出来ません。

クリオRS2.0(フエーズ2)の1060KGにメガーヌRSの250PSターボエンジン搭載してくれたら、多少重く成った1100KG化されても、どんなにおもしろいでしょうね。
Posted at 2011/05/07 13:19:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | VW/PORSCHE | 日記
2010年03月21日 イイね!

GolfⅤPirelli/ホイール&タイヤ交換完了

GolfⅤPirelli/ホイール&タイヤ交換を標準の終わっている18インチ仕様から
昨年夏購入した『城南YHタイヤT社長』御勧めの16インチ仕様(4500KM走行済み)に無事交換完了出来ました。
225/40-18Pirelli/P-ZERO/7.5JJ-18⇒205/55-16YH/ADVAN/NEOVA/A008/7.5JJ-16
へ、VW新宿/YANASEに於いて交換して頂きました。
F2.8/R3.0の窒素で10KGでトルクレンチかけて頂きました。
本来はレースユースでもホイール/ボルトトルクは8KGで充分なのですが、デイラーでは心配とのことで10KGで妥協して頂きました。

結果・・・乗り味、乗り心地、ハンドリング、コーナーリングマナー、限界域全てにおいて16インチの方が勝っています。

見た目もタイヤのサイドウオールが目だって18インチより逞しく見えますし、何しろ見た目が『上品』です。

何故メーカーが18インチ仕様にした見た目以外に皆目検討も付きません???
『良心』を捨てて極東/島国に人気なデカホイールにして、尻尾を振ってしまったのでしょうか?????

これではVWも御鼻の伸びた『ピノキオ君』です!!困りました。。。。
Posted at 2010/03/21 19:42:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | VW/PORSCHE | 日記
2009年08月24日 イイね!

ゴルフ5GTI/Pirreri第三回インプレッション

ゴルフ5GTI/Pirreri第三回インプレッション昨日富士でのS/GTのオフイシャルの帰りに、以前RS6アバントで御世話に成ったVW&AUDIの専門店/イシカワエンジニアリングさんへ寄り、当方ゴルフ5GTI/Pirerriのライトチューンを御願いして参りました。
http://www.ishikawa-engineering.com/newproducts/index.html


旧型RS6の時の経験では、イシカワエンジニアリングさんは、3年間全くノートラブルで約500PS/60KGを発揮させて下さいました、最近にしては、偉く滅らしい真面目な、素晴らしい技術の有るショップです。

今回のPirerriのライトチューンでも、ノーマル230PS/30.6KGから向上して、
約280~300PS/37~40KGに成った様で、相当ツン抜ける加速感を味合えました。
PWR/4.767、TWR/36.67・・・これなら加速性能は997カレラ&同Sは襲えるレベルです。
F430には届かないね~。
ま~、コーナーでアウトから『鴨れば、頂きます&御馳走様』ですね。

御尻のエンブレム(GTI/Pirerri)を全て消去してしまうかTSIと張り替えれば更に良い感じ。。


RS6程、馬鹿げた凶暴な恐怖感を抱く様な加速ではなく、常識範囲の加速ですから恐怖感は有りません。
チューンド旧RS6アバントの加速感は有る意味F40のハイブーストに近い感覚。
街中では怖くて全開は踏み切れなかったです。


ゴルフは1440KGと旧型RS6アバントより530KGも軽いので横方向とコーナーリング性能とブレーキ方向は楽ですね~。

後燃費・・・都内10KM/L、高速15KM/L(そこそこ走りで)、まじ走り80KM/Hで18KM/L行きました。
プリウス20型には適いませんが、10型とは殆ど変らないでしょう。
あの動力性能差を考えれば、充分納得です。
思い切り踏めば燃費は当然激落ちしますが、そんなに踏まなくても充分速く走れます。

流石はDSG擁する『VW&AUDIグループ』の底力!!伊達にポルシェのオーナー会社じゃ無いです!!
買収され損ねて、買収し返す『根性』が素晴らしい!!流石/独人魂・国民車!!!

Total性能では『ゴルフ5Pirerri>旧型RS6』です。

弄り内容は『秘密』です。 (英語より御洒落な響きが有りますね漢字は。。)


タイヤ&ホイールも2インチダウンの16インチ化(225/40-18/7.5JJ→205/55-16/7JJ)出来ました御蔭で各輪当たり5KG減量。
ホイール分で-20KGですが諸荷物で+10KG計-10KGでしょう??=1430KG位??

最新式公道用ハイグリップ・ラジアル/YHアドバン/ネオバ08の御蔭で、ブレーキ性能の向上した為、
ブレーキパッドもラインもノーマルで充分です。

これでPirerriの弄り系は、終了です。

後は従順な脚車として3年間無事仕えて頂きたいと思います。


次は6GTI/Pirreri又は6Rが出れば、欲しいですが、何か雲行きが電気自動車系に向かっていそうで、
こう言う高性能車は内燃機関だけでは期待出来そうに有りません。

そうなると、HV/TypeR又はGTIに行くのかな~????
はたまた、一機にEV/TypeR又はGTIへ行くのか解かりません!!


シロッコR(265PS,35.7KG)が出たと言う事は、ゴルフ6/Rも出るのか??
最初は6MTのみとのインフォでしたが、DSGも併売との事なので、
アクテイブサスが上手く働いてくれれば、18インチでも、
脚車として何とか成るかもしれません。
上手く16インチ化出来れば相応の高性能車と成ります。

これをチューンドECUや排気系で鼻薬効かせれば軽く330PS、42KG行でしょう。
F430やアメリカーナの背中位噛み付けに行けそうです!!

国産WRカーベース車両のSTIやエボで幾ら速くても、流石に外観も脚の堅さもフアミリーカーとしては使えません。
R35/GTRは、私には高すぎて買えません。当然フアミリーカーとしても無理。

その点VW/ゴルフシリーズやHM/Fitシリーズの激辛口は美味しい路線です。

早く出て来い、無限HMFit/RR又はSpoonHMFit/R!!


どちらにせよHM又はVWでしょう。

少なくともTY&LXは買いません!!!!
 
Posted at 2009/08/24 14:09:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | VW/PORSCHE | 日記

プロフィール

#cadwell
何シテル?   12/06 11:24
車遊びは道楽で、自転車遊びとドライビング・テクノロジーとアーチェリーとフラメンコは趣味です。 元々の趣味は極真&Boxing。 ①FJ1300NOVA ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ロータス・セブンに対してのどうしようも無いレベルの知識の巨人大先生様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/03 13:46:38
GodFather1~3を観て。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/31 00:22:08
軽自動車増税は過疎化に繋がりかねない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/29 07:38:12

愛車一覧

ロータス その他 ロータス その他
①1967年式LotusSevenMark3/SCCJ/ForJapan ベース・コスワ ...
三菱 ランサーエボリューションX モンスター360specHP/オーリンズ (三菱 ランサーエボリューションX)
かなり速い脚車で、大いに満足。
輸入車その他 東京R&D製カドウエル 日仏ホンダ偽918 (輸入車その他 東京R&D製カドウエル)
鈴鹿クラブマンレースで利用されていた、東京R&D製のカドウエル/戸田レーシング製4AG+ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3型でNCの最終モデルに成る様です。 NDまでのつなぎで飼ってしまいました。 RHT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.