• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

J456のブログ一覧

2011年12月08日 イイね!

TMS(東京モーターショー)の謎

クルマ好きに来てもらいたい筈のTMS(東京モーターショー)が、御客様で有る我々がクルマで行く事が出来ない。
駐車場事情が最悪との事。
計画上のミスです。
こう言う計画ミスこそ御客様の素人度下手爺婆に対しての接遇が最悪です。
爺婆は寒いからクルマで行きたくなります。
爺婆は御金に融通効く場合も多いのでマジ購入可能です。
にも関わらずクルマ駐車スペースが確保できていない。
あそこは埋立地『新・東京』で有り、旧来の23区内では有りません。元々倉庫街。
本来ならば、開場入り口で有料バレットパーキングサービス位するべきです。

しかし、しかし、しかし。。。。。
大先生は全員クルマでお出かけされて居られです。
まともな評論家氏の中には公共交通機関で行かれた方も居られと聞きました!!
プレスデイは勿論の事、開催時期も。

本来運営側こそ、搬入搬出を除いて公共機関で来るのが筋合いでしょう。

そろそろクルマメーカーも大先生の扱いを抜本から見直さなければ、クルマは更に売れなく成ります。
廃れたTMSと終わったCOTYの有り方を根本から見直しましょう!!

それがクルマ好きに財布を開かせるコツです。

先生様方の上から目線、特に86試乗会で後ろ向きに話しながらサーキット走行している馬鹿爺は、安全性と人間の命を尊厳していないので、気に食わない!!
某スズキデザイナー氏のインタビューでも最低です。
まだ一生妄想上のオーバーステアで実は超アンダー911糞爺の方がウルトラ安全運転の為、好感度高いです。
こいつらは只の超下手糞です。

クルマメーカーよ、心入れ替えなさい!!
好い加減レベル低い糞下手爺婆ばかり相手にして居ても、フラストレーション溜まりませんか??
もうちょいレベル上げませんか?
160kmで雨中暴走大事故爺を相手にしないでまともな腕心頭の方々を御相手下さい!!
金儲けが全てですか?
仕事に誇りを持ってやり遂げた事を優先しませんか?
酷い仕事して自社に迷惑かければそりゃ定年で首にも成りますがね。。

勝て官軍負ければ賊軍で来たクルマメーカーは負けたら悲惨です。
負けた気持ちを理解出来る心ある人で無い人間にしかまともなクルマ造りも開発も販売も評論も出来ません。
故に一度全て心無い方々には退場頂きましょう。
Posted at 2011/12/08 19:38:26 | コメント(5) | トラックバック(0) | 死音 | 日記
2011年11月11日 イイね!

サーキットコースの山奥/馬鹿猿猪

ピット内喫煙やピットロード全開や旗信号無視無知な間が抜けた人以下の哺乳動物とは我々普通の人間は混走出来ません。
そいつらルール守れない只の無法者です。
予習くらいしろよ。
約束事は守れよ。
カッカすんなよ。
下手なのは素人爺婆なので普通です。
遅いのも素人爺婆は普通です。
素人爺婆に誰も速さは期待して居ません。
わたくしもその素人爺婆の一人です。
しかし人間様なのでルール本は読みルールは極力守ります。
稀に生きモノなので失敗は有りますが。。。反省し懲罰は受け入れます。

①抜けない、抜かさせてくれないと走行終了後『遅いから、どけ』とピットへ文句に来るな!!
抜きたかったら何処からでも抜けば良い。抜く能力が無いならそれは腕が悪い証拠。
ブロックされてもされなくても、腕さえあればヘビーウエットならまして4WDならば、重量級ハイパワーFR何か軽く抜ける筈。
要するの只の下手糞ゴミ以下。
軽井沢の峠のルールとサーキットでのルールは同じでは有りません。
②ピットロード全開馬鹿・・・・自称偽プロドライバー・・・そんなプロはいないよ!!
③各種旗信号無視
④ピット内喫煙飲酒・・・横にガスが有ったぞ!!
⑤コース一周オイル撒いた跳馬の馬鹿ドライバー・・ピットロードにまでオイル撒くな!!
オレンジ旗提示されているのだから即止めろ。当然エンジンは御釈迦でしょうが、周りが酷い迷惑。
⑥黒旗反則無視後管制呼び出し・・逆切れ公認レース競技長恫喝事
⑦元/日本一の著名雑誌編集長大先生様様の御ソソ等の各種反則もみ消しや計時捏造/公認レース運営オーガナイザー(運営公認クラブでは有りません)
⑧公認でも主催者枠で糞遅い大評論家センセイ様チームは予選通過。
真面目にやってセンセイのチームにタイムで勝っても予選不通過。
⑨本国では絶対禁止の国産Sタイヤが当日突然認められる公認レースも有ります。
901にSタイヤ付けるセンスも凄いが、取りあえず付ければウエットでは劇速に成ります。
しかし何故か901系のエントラントは全員国産Sタイヤを御持ちに成っていました。。。
故にこのレースは国際的評価では公示されなかった様です。幻か??
当然消滅しました。
⑩走行中、ロータスツインカムのキャブからのガスのエキマニへの漏れで炎上は60年代に対策済みなのに何で21世紀再発させる??
⑪走行中ハードトップやボンネット飛ばすな!!クルマを飛ばせ!!他人に当たったらどれだけ迷惑か?ちゃんと仕事しろ。装着ロックやボンピン確認するだけです。

しかし、ルールは人間ならば有る程度は守りなさい。守れないなら来るな!!
ちゃんとした人間様社会に『間抜けな人と哺乳動物』は混入したら迷惑です。


サーキットコースの山奥/馬鹿猿猪は、二度と街に出て来ては活けない。
どうしても下野したいならルール本を読め!!
ルール読まないで暴れると射殺されるぞ!!

元ヒットマン系プロドライバー/マジ爺が復活するよ~。
怖いよ。殺され得ちゃうよ!!殴られるよ~。高速コーナーで軽くポンと押されるよ~!!
かつ上げされちゃうよ~!!

俺は@@連合と元超有名暴走族頭/玉@まが応援団だからやられないよ!!

Posted at 2011/11/11 08:20:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 死音 | 日記
2011年10月25日 イイね!

峠の掟とサーキットのレギュレーションを考察する

わたくしは峠で朝練コソ練とか首都高ルーレット族とかの経験は御座いません。

親父がハーレー屋だった影響も有り、若かりし頃はバイクに燃えて暴走族の一員の末席に入れて頂いた事も御座いますが、基本はバイクとカートをパーマネントコースで走行させる事だけをして参りました。
故に公道をドライブするのは基本大嫌いです。
だって交通事故や交通違反等煩わしい事が多く純粋に走れないからです。

まして、良い爺婆に成って、集団朝練と称する走りの会だけは参加したくありません。
だってスピード違反はして居なくとも、集団走行自体、確実に違反行為でしょう。

何もかも全て朝練を否定はしていません。御一人でされるのは自己責任下自由です。
一人で行うならばセンズリ/オナニーですから健康にも良いので御自由です。
集団オナニーは若い兄ちゃんが遊びで飛ばしっこさせるのは可愛いですが、良い爺婆がされると、これは痛いです。

最近良い年の『おばちゃん』が『美ストーリー』で『痛々しいヌード』を御披露されていますが、殆どホラー映画の世界でしょう。
ヌードは10代精々20代前半までが美しく芸術だと思います。
集団暴走行為は若者の特権で馬鹿は若いうちは許されますが、爺婆の馬鹿は許されません。
自分の記念の為に写真を撮るのは自己責任下で自由ですが、写真を公表してお銭を稼ごうとするとそれは精神病に通じるものに成りえます。

で、先日のツインカムクラブでの10年落ち欧州車4輪のドライバーの恫喝!!
終了後怒り捲って『遅いんだから、道譲れ』は何でしょう??
『軽井沢のローカル・公道・集団暴走ルール』なのでしょう!!峠の掟なのでしょう??
『抜けないあんたの腕が悪い』だけでしょう。

しかし、袖ヶ浦は田舎サーキットとは言えわたくしのクラブの先輩の元/法務大臣が造ったコースです。腐っても第一回日本GPの香りがするコースなのです!!初代エランでしたかね??

そう言う精神的に由緒あるコースに於ける、由緒有るS8クラブの35周年記念走行会で、峠のローカルルールを公認コースに持ち込んでは活けません。

青旗振動されていれば、わたくしは即ライン譲りました。
あから様にどんな状況でも先方が速ければ、レースの最終ラップを除いて、ラインは譲ります。
セッションによっては先方が速かったし、セッションに依っては当方が速かったです。
自分としては楽しいバトルの積りでした。

しかし、ドラミで主催者が『今日は雨なのでラインを譲ると危険ですから遅いクルマはキープラインで速いクルマは抜いてくれます。自己ラインキープして下さい』と釘をさしていました。

ま~、別に雨でも晴れでもレースでも走行会でもそれは基本同じです。
サーキットのレールでは、先に走って居るクルマやイン側を走行しているクルマに優先権が有ります。
後方やアウト側のクルマには優先権有りません。
例外的に旧富士のバンク等ではアウト側に優先権有ったそうですが、その時代走っていないので知りません。

速ければアウトからでもインからでも何処からでも何にもしない内に抜いて行きます。
抜けなかったと言う事は。。。と言う意味です。

それを後で『どかなきゃいかん』と文句付けて来るのは田舎のローカル世界の方々ですから致し方無いとは思いますが、大問題でしょう。
ここは御祝いの場ですよ!!

文句有るなら腕を磨いて実力で抜きなさい!!
文句言いたいなら、田舎の峠で一生走っていなさい!!

レースはノー・コンドームSEXです。
峠朝練はオナニーです。

良く御金継続しないからサーキットをNG。峠や首都高は安い・・・確かです。
しかしレンタルカートなら首都高よりクルマ維持費考慮すれば激安且つ劇的に腕が上がります。
そこでもルールは公認コースと同じです。
ま~。サーキット系遊びは元は貴族の道楽ですから、プロの運ちゃんの様に雇われている方々は別ですが、貧乏人は手を出しては活けません。
峠を御勧め致します。
同時走行している変態的同好の志に対して尊厳の念を持てない人間で無い処の『間』の無い『人』はサーキットには来ては活けません!!

以上。 
Posted at 2011/10/25 08:37:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 死音 | 日記
2011年10月23日 イイね!

初経験!!新しいモーターレーシングのルール出来たの??


本日のホンダツインカムクラブ走行会で汚点/美点となる大事件が有りました。

『S』以外の枠はジェントルマンで無いジェ二トルマンが居られで驚きました。

わたくしがスプーンS2000で走行参加させて頂きました『S』以外の枠で、そこそこ経験の有るらしき、欧州10年落ちの中古車GTカーの群れが数台居らました。

ドラミで主催者サイドから『今日は雨なので仮に後ろから速いクルマが来ても、交錯して事故率上がりますから絶対にラインは譲らないで下さい』との決まりごとが御座いました。

後ろから中古欧州GT四輪に突かれましたが、抜いてくれるほど速くは有りませんし、セッションに依っては当方の方が確実に速いので『コーナーでラインは譲っては活けない』とのことでしたので、ストレートはライン空けましたが、コーナー・アプローチのブレーキングでこちらの侵入が速い為、パスさせることも放す事も出来ず良いバトルと感じていました。
パスさせなさいと言う意味の青旗も振られて居りませんので、本日の御約束でもそうですが譲る必要は有りません。
わたくしに黒旗提示もオレンジポール提示も御座いませんでした。

処がどうでしょう!!
セッション終了後、血相変えて彼らがクレーム来られました。
先方『お前遅いんだからライン開けろ!!』
わたくし『青旗提示無いので、ドラミのまま走行しただけですし、抜きたかったら勝手に抜けばよろしいでしょう』
先方『俺より2秒は遅いからライン空けるべきだ』
わたくし『それは失礼した、そう言うローカル・ルール知らなかった御免!!』

まるで中国製のiフオーンの様に発売前に新型商品が販売されるが如く新型の先行車のタイムを測定出来るPラップ『5』でも開発されたのでしょう。
千葉と長野県には、遅いクルマが速いクルマにラインを空けると言う特別な『ローカル・ルール』が有るそうです。
ここはサーキットで公道では有りません。

わたくし50年モータースポーツで遊んでいますが『遅いクルマが速いクルマ青旗提示された時以外はラインを譲る必要は無いと信じて居りました』が、デフレ亡国/日本では、新しいモーター『糞』レーシングのルールが出来たのでしょう!!

御祝いの席なので事を荒立てたく有りませんでしたが、念のため当方に青旗、黒旗、オレンジ旗が出て居ない事を確認しにコントロールタワーで確認しましたが出て居ませんでした。
一応主催者事務局様にはお知らせしておきました。

走行会でもレースでも、速いクルマとドライバーの組み合わせは放置していても勝手に抜いてくれます。
公道でオラオラ運転の多いM@も居ますが、公道でも速いクルマとドライバーは勝ってに抜いて行くでしょう。
前も記載しましたが、インを1台分空けるのNGです。
下手糞はそこへ頭を突っ込んできますし、もっと下手糞はブレーキングアンダーで追突して来ます。
どんなことが有ってもインはネコの子一匹通しては活けません。
速いクルマとドライバーの組み合わせなら何処かれでも抜いて行きます。

抜けないと言う事は。。。ですね~。

驚きました。
あ~あ、心の貧乏は嫌だね!!
哀れ亡国デフレ日本!!

初めてのコースでWetの影響も有り、田舎の峠族にケツ突かれたわたくしにも問題有りました。
FIA-JAFとは関係ない『新しい田舎専用レギュレーション』が有ると言う事だけは理解致しました。
主催者の方々は上手に御説明注意されていたので、ネコデイに様に何も言わないで、ピットロード100KM/H走行、ピット内喫煙飲酒、大量オイル撒きを許して放置プレイしていた事とは大いに異なると思います。
『田舎モノの特殊ルール』に、既存の旧い公認競技的考えの回りとわたくしが付いていけなかっただけです。


自己走行会開催時もそう言う特殊ルールを適応される方も居られるので、充分注意して走行しましょうとドラミで解説させて頂きます。
後、誤解されても困りますので、青旗の説明もしなければ活けませんね。。。
これ走行会で、レースでは無いと思うんですが。。。。???趣旨/本末転倒!!



Posted at 2011/10/23 20:38:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 死音 | 日記
2011年09月20日 イイね!

改訂版/本筋・・バブル時代の思い出『ダイムラーダブルエックスとレースと夜遊び』

改訂版/本筋・・バブル時代の思い出『ダイムラーダブルエックスとレースと夜遊び』 改訂版です。

あ~、さっきのブログ記載していたら又詰まらない事を思い出してしまった。

バブル後半時の日本国の世紀の絶頂期の御話ですが、当時のそれなりに売れて居られた自動車評論家大先生様方の間で12気筒搭載のダイムラーダブルエックスが大流行。
売れて居た先生様はこぞって御購入(??多分レンタル又は。。。。内諸)されて居られました。
そしてこぞって素晴らしいの大合唱!!

『マルチシリンダーじゃなきゃ、乗れないね~』
『4発は貧乏臭い』
『4発的下品な運転は流行らない』
『6発は鼻が重過ぎるし回らない』
幾ら素晴らしいBMWのシルキー6を持ってしても『所詮6発、マルチは8気筒からでしょう!!』
『お金持ちはマルチね!!』
『最低でもV6、そこが最下層』
『ビジネスマンズ・エクスプレスとして獨馬乗ろう!!』
『BMWの3シリーズは六本木のカローラ、ビバリーヒルズの軽自動車』
後日あれだけ持ち上げられたMB190は『プアマンズMB』
とか言う評論がマジに、息途絶えた二玄社のバブリーな月刊誌『NAVI』誌の対談で、毎月の如く掲載されて居りました。

当時は、MB/SL500は不動産屋の社長の営業車。
MBは最低『Sクラス以上のV8以上』じゃないとね~。
幾ら良くてもW124/500Eは地味やね~!!御姉ちゃんに解かり難いのはNG。
190は良くても所詮カローラだからね~。
奥さんの脚かな。。。
愛人には当然SLクラスです!!
公道では、ポルシェは基本小金持ちのGTでした。それは今も同じ。
跳馬乗ってやっと、基本エリアに入れます。
その上階層にアストン始め、アレハンドロ以前のマセラテイやラリー系ランチアやGrBの世界が有りました。
ベントリー&ロールズは腹の出たメタボ族又はサブちゃん系の千@城系が多く冴えません。
この頃のロータスは公道では変わり者のポルシェ飼えない集団/御用達。
サーキットではセブン筆頭に劇速派は多少居ました。
公道セブン一族は殆どSM系。・・・・流石に現代では殆ど見かけなく成りました。
964と930のカレラ系ポルシェは、クルマ・ブローカー諸氏の六本木の当時の御金さえ有れば誰でも股開いてしまう『女子大系御姉ちゃんズ』向け用のデモカー。
930はターボ以外地位低いです。当時のナローは貧乏人様御用達ポルシェ。
930は赤のフラットノーズの『ジョサイ号/我が師の一人』と某外資系証券会社副社長の外装黒/内装赤ターボ・タルガと当方の外装黒/内装赤ターボ・カブリオレ位しか押し出しは無かったです。
三台で良く青山キングアンドクイーンからMZA有明や新宿第三倉庫や六本木トウーリアや溜池JトリップBまでクルマを飛ばしました。
西麻布JB等はもっと後の時代です。

マセラテイのビトルボ・シリーズも今一冴えないプアマンズ欧州車。
BMWやアルフアやラテン車は一昨日来なせえ!! アウトオブ眼中。

当時は各輸入インポーターの広報部長諸氏はちょっとした『半タレント』扱い!!
・・・笑わしてくれました。。 何を考えてるんだ糞爺の癖に!!

御姉ちゃんでH臭ければ、誰これ構わず口説きまくる自称伊太利亜系の原発南地域出身の田舎者『デブの糖尿病系爺評論家大先生様』やら、自称伊太利亜系混じっていると言う『頭核爆発禿爺大先生』やら、倒産寸前の『クルマ・ブローカー』やら、現在の伊藤照夫氏風のピエロの様な肝意風貌の方々が多く、大変と色々笑わせてくれました。
本当バブル期は面白かった!!御腹が捩れます!!!

当時30歳そこそこの小僧でしたわたくしは、そうかな~と思いつつ、実父や亡兄やその御仲間の御話を聞いて居り、その当時売れて居られた評論家大先生様の御意見がトチ狂って居て尋常じゃ無いと理解して居りました。

ダイムラー・ダブルシックスやジャガーの後日の評価を見れば、それらの過剰評価が真意か否かは明瞭ですね~!!

サーキットで走らせると、6気筒や長大ホイールベースのV6横置きデッブ・シップや縦置きV8搭載のGTは完全に『子ネコちゃん』。
速いのはEG6のN-1仕様のレーシング・シビックです。ストレート以外は圧勝です。
だって964カップよりは速かったですし、某/何とか信販のボスの993GT2鈴鹿シェイクダイン時もコーナーはEG6が速かった。

マルチ系エンジン搭載GTは、やはり六本木やビバリーヒルズだけで速いのであって、
サーキットで速いのは4気筒搭載の大衆車特にHMパワー
・・・・当然NA1&2とAP1&2は御デブなので除きます。 デブクルマはサーキットから去れ!!

六本木では、マルチ系搭載のS又はSLクラスのMB、7シリーズ以上のBMW、ベントリー&ロールズ、アストン、V8以上の跳馬、ターボ以上の獨馬等が顔を効かせて居ました。
そこに神戸33の某有名業界系の方が御乗りだった内外装白の『マセラテイ・ロイヤル』が来ますと、神の降臨の如く、波に欠き分けられるかの如く、道が開いて居ました。
第三京浜下り車線/マイアミ・バイスの主人公ソニー風の白のテスタロッサが追い越し車線走行して居られでしたが、そこをマイアミ・バイスの悪役カルデローン風のマイ・ロイヤルで追尾すると、即車線を譲って下さいます。
長閑な良い時代でしたね。

バブル期後半の脚クルマの話だけで、スポーツ車とレースカーの御話はここでは基本出しません。
わたくしロイヤルを修理中の91年末に多分上陸一号のロッドのポルシェ・フアクトリー製500E(外装ブルブラ内装サドルタン)+NSX/AT(外装真珠白内装白革)を下駄にしまして4年5万キロ程乗ってしゃぶりつくしましたが、やはりこいつらも唯のデブ。
巷で騒がれる程の魅力は御座いません。
こいつの次が93最終型売れ残りの964カレ2のTip&出たてのAMG/C36でしたが、今一だったので、YANASE担当者がフランズ・モータースに移動に成ったのでルノー・ユーザーへ変身。
丁度子育てパパやって居たのでセニック+二代目クリオRSヤナセ物⇒二代目オデッセイV6+1999年式の発表日に納車と成ったS2000⇒ラグレイド+DC5インテR/リアウイングレス⇒MBバネオ+SL500AMG+旧型RS6⇒20プリウス+ゴルフⅤピレリ⇒FitRS1.5+モンスター360HP/リアウイングレスと言う下駄クルマ人生です。
多少の前後は修正面倒なので放置です。
今思うえば『ランエボ系のSST搭載車』の方が余程本来の意味での『500E』して居ます。。。
やはり映画『タクシー』シリーズに出て来る悪役が乗るクルマは御洒落です。
ドイツ人・・・シルバーW124/500E・・・直線番長。
日本人・・・黒ランエボ・・・・・・・・・・・・忍者。

現代とは様相も地図も関係も偉く異なっており、両方の世界を昼の堅気の世界と夜の特殊業界の世界と二重に見ると更に興味深いですよ。

で、クルマは色々乗りましたが脚は国産新車が一番。中古は保障が好い加減何でNG。
玩具は50年~70年代初期までの欧州車と80年代~20世紀までのフオーミュラーやレーシング・プロト等の純レーシングカーが面白いと個人的には感じます。

新しい欧州車系スポーツモデルはモデルチェンジが多いのと、勝手に高性能化し過ぎて素人の手に負えないレベルまで来ています。
国産高級GTは造り手&売り手が『冴えない風貌』の方々が多いので、それだけで興覚めです。
最新式欧州製/純レーサー(ルマン・プロト等)は欲しいですが、わたくしの財布では飼えません。
国産純レーサーで鈴鹿ネオ・ヒス系も有りで、これなら飼えそうですが、先が未明で不安です。
RSは懐かしいですが更に先行き不安なので飼うには到底至りません。
流石にSFJに乗るには老化し過ぎて居て危ないのでNGだし、F4やF3も年甲斐もな無いので乗れません。
ヒス系フオーミュラーは走る棺桶なので、乗るのは兎も角、レースは御小水ちびりそうで怖くてアクセル踏めません。

ヒス系公認レースはFIA公認(ルマンクラシック系)もJAF公認(TACS系)も、更に終わって居る非公認(インタークラブ&アイドラーズ)も全て、タイヤとチューニングに関してのルールが曖昧ローカル・ルール強い為、参加意欲は有りません。
国際化も国内統一化もされる気配も有りません。
どこも各自の主催者が勝ってに決めているだけです。
これなら未だネコデイの方が自由な文、益しです。
これでは、公認同志も非公認同志も相互乗りいれも出来ませんし、参加や優勝しても得られる利点も殆ど無い為、モチベーションが出来ません。
インチキ・コスプレ・レースのDL/CR65装着の60年代頃の旧車だけでの山猫レース『サイドウエイ・トロフイー』(春の筑波ミニデイと秋の富士ネコデイの前座)は、余りにルール(旗信号)順守が守られて居ませんので基本は物凄く酷いとは思いますが、裏を返せば、そこだけ注意すれば有る意味で、逆も真成りですが、心意気だけは旧車系レースの中では『一番まとも』かもしれません。。。

で、マッド杉山率いる『K4GP10時間』コスプレ・レースに成っちゃった訳です。
ここは軽自動車と軽自動車エンジンと燃費規制を除けば基本自由です。
しかし、これだけの縛りでかなりの規制範囲での楽しい自由が有り、国内レースではS/GTやS耐などとは比較できない程進んでいますし、国際的視野で見ても一番活けているレースです。
追加で参加しているのは、モテギジョイ耐公認とアイドラーズ12時間走行会の夏の素人三大耐久です。

腕さえ有れば、どんな低性能なクルマでも速く走らせられます。
裏を返せば、どんな高性能なクルマ乗っても腕が無ければただのゴミや子猫ちゃん。
公道で幾ら速く走っても、貶されたり、バッシング受けたり、官憲に捕まったりはしますが、誰一人と、マジで褒めてくれたり表彰されたりは有りえません。
最近は道交法違反でも『逮捕』に成った場合は『国家資格停止』が有るそうです。怖い時代です。
KY選手張りに『男気とか番長』とかの褒め殺しは有るかも知れませんが、それで喜んで居たら偏差値20以下。

夜遊びも既に枯れた時期に突入してしまいましたが、表青山に二軒、裏青山に三軒、表木六本に一軒、表十番に一軒、裏恵比寿に二軒、新宿二丁目に二軒も素敵な御店を見つけてしまったので、それなりに充実した中年後期~初老期を迎えられそうです。


総括すると、本当にそう言う面白い時代がバブルでしたね~!!

しかし、現代デフレ日本も面白いよ~。有る意味頭を使う分、現代の方が更に面白いです。
クルマも遊びも機械や御金で無くて、腕と人間関係がお楽しみを造ります!!

写真はマセラテイ・ロイヤル 
Posted at 2011/09/20 21:32:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 死音 | 日記

プロフィール

#cadwell
何シテル?   12/06 11:24
車遊びは道楽で、自転車遊びとドライビング・テクノロジーとアーチェリーとフラメンコは趣味です。 元々の趣味は極真&Boxing。 ①FJ1300NOVA ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ロータス・セブンに対してのどうしようも無いレベルの知識の巨人大先生様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/03 13:46:38
GodFather1~3を観て。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/31 00:22:08
軽自動車増税は過疎化に繋がりかねない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/29 07:38:12

愛車一覧

ロータス その他 ロータス その他
①1967年式LotusSevenMark3/SCCJ/ForJapan ベース・コスワ ...
三菱 ランサーエボリューションX モンスター360specHP/オーリンズ (三菱 ランサーエボリューションX)
かなり速い脚車で、大いに満足。
輸入車その他 東京R&D製カドウエル 日仏ホンダ偽918 (輸入車その他 東京R&D製カドウエル)
鈴鹿クラブマンレースで利用されていた、東京R&D製のカドウエル/戸田レーシング製4AG+ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3型でNCの最終モデルに成る様です。 NDまでのつなぎで飼ってしまいました。 RHT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.