• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

J456のブログ一覧

2013年09月07日 イイね!

NSX-GTコンセプト考

http://www.corism.com/news/honda/2213.html
■ホンダNSX CONCEPT‐GT
・全長4,650×全幅1,950(mm)
・ホイールベース 2,750mm
・車両重量 1,000kg以上
・エンジン DOHC2.0L直列4気筒直噴ターボ
・内径×行径 88.0×82.0(mm)
・圧縮比 10.5
・最大出力 400Kw(550ps)以上
・最大トルク 516Nm(52.7kg-m)以上
・サスペンション前後 ダブルウイッシュボーン式

当然縦置きミッド4気筒ターボエンジンです。
このままをベースに売ってくれれば、買うんですがね??

詰まらない4WDや最悪のV6横置きミッドや電制ハイテクデバイスだらけで売ろうと企画するから、飽きられて売れなくなります。
本当にメーカー自身が市販版の次期NSXが(;´Д`)スバラスィと考えているなら、NSX-GTコンセプトの中身に多少はそれを組み込むのが人情でしょう。
幾らレギュレーションがGT500は特殊でシルエット・フオーミュラーと言ってもね~。。

レースが異なるので一概には言いきれませんが、70年代獨馬ルマン全盛期に936と言う怪鳥も有りましたが、934や935と言う930ベースのRRの度ブスを弄り捲って、しかも腕効き運ちゃんに任せたとは言え、936と同時にワークス体制や準ワークス体制で、同じルマン・カテゴリーに参戦させて居ましたし、今で言うGT3RSRの様な箱車系改造車を市販して居た訳です。
だったらHMもSpoonにおんぶに抱っこじゃ無くて、自社でNSX/GT3やNSX/N1仕様やNSX/N0仕様位市販するならば、非4WD横置きミッド&非HVの縦置きミッドMRのシルエット・フオーミュラーの『NSX-GTコンセプト』の意義も有る訳です。
売れ線勝負したいならば、責めて、CRZエコチャレンジクラスや出来ればジョイ耐クラスのN0やN1カーを市販すべきでしょう。

RRの向こうを張って横置きV6ミッドエンジンで逝くならば、真似するなら全部を真似て下さい。
表面だけ真似ても、中身『すかすか』だから、NSXは世界で舐められます。
スーパースポーツは目指さない方が健康的と考えますが、またもや、すっぱか~二世に成っても意味無いでしょう。


さて、レースで純粋に勝つためには、電制ハイテクデバイスも4WDもPHVも不要。
益して、横置きV6エンジンは『お荷物』と言う事を自己自ら証明しています。

凄いクルマと会社だ~!!

責めてS耐用のNSX開発を『Spoonさん』に『丸投げ』して頑張って貰って下さいませ!!
S耐車でS2000並みに成功すれば、市販版NSXの存在価値有り。
成功処か、S耐に至れないで、ジョイ耐止まりしかも勝てない『素材車(CRZ)』迄有りますから。

しかし、それの弄り版を欲しがるオサンもここに居ますから、クルマ社会は『変態フエチ』同士です。
デブ・フエチ、ブス・フエチと言うのは昔からありますが、クルマでも沢山有ります。。。
難しい世界です。


↑のS耐未満車を欲しがっているオサンはアタシです。。。。
Posted at 2013/09/07 13:51:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年09月07日 イイね!

『自動車小説』感想

沢村氏の小説デビュー作『自動車小説』ですが、日常のFMO等の文章と全く異なり、文化系路線まっしぐら。

沢村氏の文章は日常自動車誌ではハード系理科系切り口が多いと思いますが、今回は思いっきりソフト系文科系切り口なので、そのGAPが『アルチメットや柔術』と言う総合格闘技系と『WWEプロレス』と言う旧来の『ショーマンシップエンターテーメーン』並みの差が見られ、
同一格闘家が2種の全く違った格闘技とエンターテーメントを綺麗にこなしていると言う雰囲気です。

特に、この小説は我々世代が、学生時代経験した事と同じ時代背景で、且つそれを現代違った観点でインストールさせると、偉くチグハグ恥ずかしく感じ、しかし事実良く有る御話で、逆に理解仕切れる自分が居るのは怖い(笑)です。

価格は1500円と安くは有りませんが、下らない『嘘800誌系やレ@ン&ス@ーリー誌』に一誌1000円の『御布施』するくらいならば、納得の内容です。

欧州車の日本仕様になった場合の現実的車重(車種にも依りますが、50~200KG増しは普通)と水回り冷却系の容量不足から来る電動フアン常時作動から来る『総電力不足』が、如何に実パワー&トルクを減らしてしまい、欧州車の実性能が発揮出来ない『御国』である現実としての日本国自動車道路環境。

大昔80年代迄の欧州車は水周り不足冷却不足で、良く都内の渋滞環境の路上では、オーバーヒートしてエンコしていました。
しかし、欧州車の技術革新により80年代末からは、獨車中心にそんな間抜けな行為は見られにくく成りました。
単純に冷却系少々増やして、電動フアンの回る温度設定を下げたので、オーバーヒートには至りません。
しかし、電気は物凄く喰いますから、オルタネーターへの負担が増して、常時過充電方向に至ります。
低速運転中心の国内公道環境下では、オイル・クーラーの設定や走行環境にも依りますが、油温だけはドンドン上昇していきます。
二次的に空燃比が狂い、エンジンを壊さない様にECUが働く為、GAS吹く方向ガス噴射量増加します。
当然空燃比小さくなるので、パワー出ません。

電動フアンは回りっぱなし、酷いのに成るとエンジン切った後も電動フアンだけ回っている車種(90年代迄の924、944、AUDI、BMW、MB等)も有りました。
そうなると、どうしても総電気量が不足して、火花が不足してスパーク量が足りなく成り、二次的にパンチ力不足のエンジンと成ります。

故に同じ200PSならばHM>>TY&NISSAN>>>欧州車と言う事に成ります。
HMのパワーが実パワー高いのはエンジン設計技術製造精度が高いからです。
まあエンジンだけで車体や搭載位置に関しては終わっていますから、総合能力ではTYの圧勝でしょう。

これがこの小説の裏にも見え隠れしており、見た目は非常にソフト路線の小説ですが、裏は凄くハードなクルマ評論が垣間見え、理解し易い内容です。

是非お読みに成って下さい。
Posted at 2013/09/07 11:32:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | ほめる | 日記
2013年09月06日 イイね!

自動車小説by沢村さん

http://www.bunyosha.com/book/post-4.php

沢村慎太郎さんの初の小説家デビュー作です。
余りに面白くて一気読みしてしまいました。

特に『怒る女=RR911』や『同窓会=ストーリー婆』や『曲がる=実は日本仕様は御デブな跳ね馬』や『送り=エリーゼ実は腕悪いと曲がり難い』と言う下りは大好きです。

沢村さんもこう言う短編小説でクルマ評論をして下されば、普通にクルマに余り興味の無い方々にも受け入れられますし、若いてはクルマ人気に繋がると考えます。

『嫌~、クルマって本当に良いですね~!!』

この本は入手して読み切って本当に良かった。
何か『亡/大藪晴彦先生』の若い時代のクルマ短編集風で非常に懐かしさも有り嬉しく成る小説です。

先ずは兎も角、沢村さんの小説家デビューおめでとうございます。
フアンとしては非常に嬉しいです。
Posted at 2013/09/06 19:51:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | ほめる | 日記

プロフィール

#cadwell
何シテル?   12/06 11:24
車遊びは道楽で、自転車遊びとドライビング・テクノロジーとアーチェリーとフラメンコは趣味です。 元々の趣味は極真&Boxing。 ①FJ1300NOVA ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2013/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ロータス・セブンに対してのどうしようも無いレベルの知識の巨人大先生様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/03 13:46:38
GodFather1~3を観て。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/31 00:22:08
軽自動車増税は過疎化に繋がりかねない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/29 07:38:12

愛車一覧

ロータス その他 ロータス その他
①1967年式LotusSevenMark3/SCCJ/ForJapan ベース・コスワ ...
三菱 ランサーエボリューションX モンスター360specHP/オーリンズ (三菱 ランサーエボリューションX)
かなり速い脚車で、大いに満足。
輸入車その他 東京R&D製カドウエル 日仏ホンダ偽918 (輸入車その他 東京R&D製カドウエル)
鈴鹿クラブマンレースで利用されていた、東京R&D製のカドウエル/戸田レーシング製4AG+ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3型でNCの最終モデルに成る様です。 NDまでのつなぎで飼ってしまいました。 RHT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.