• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

J456のブログ一覧

2012年05月02日 イイね!

旧車の断末魔



御友達様以外はコメントしないでください!!
申し訳御座いませんが全て削除させて頂きます。

この記事は、旧車の良いところについて書いています。

基本わたくしは旧車系好きです。
しかし全面的に旧車フアンは肯定出来ません。

英国や独国では旧車が重宝され免税とかに成っていますが、残念ながら自動車文化野蛮国/日本では旧車は排気ガス垂れ流しの只の迷惑品扱いです。

特に旧車系のオーナーの一部がでかい顔して参加して居る場合も有る『自称公道レース/他称公道ラリー/実は只のツーリングイベント』等で大きな事故や迷惑運転で地元は迷惑して居る事も有るそうです。
確かに街御輿で関係者が僅かな『ゼゼ』を落として下さる場合も有りますから、一概に否定しきれませんが。
又『旧くて珍しくて高価なら良し』としていた旧世代の『ギブミーチョコレート世代の評論家大先生様』の悪い評論もクルマ文化崩壊の大きな理由でしょう。
それにユーザーレベルの不整備による場合が多い処の意味の無い故障自慢や古臭すぎる薀蓄も聞く気有りません。

だって自動車とは自動で動くクルマなのですから、動いて何ぼです。
止まっているだけならそれは只のオブジェでクルマでは御座いません。

わたくしは所有する旧車のナンバー全部外してしまいました。
乗りたい時はFSWで走らせれば済む訳ですし、これ以上御国にいじめられたく有りませんし、
旧車の排ガスで他人迷惑もしたくありません。
そして壊して潰したら即廃車でも構わない位の乗りで操縦すれば、旧車で新車を喰える位のそこそこのタイムは狙えます。

残念ですが日本の政府の愚策と言うか事情を考慮して、愚策を受け入れるしか旧車は国内では生き残れないでしょう。
それでもどうしても、ナンバー付けて公道乗りたければ多くの税金を政府に払ってでも乗れば宜しいのでは有りませんか??
だって、最近は韓国勢にケツ突かれて、しょぼく成りつつある国産新車が売れ無いと経済回らないし、美容外科的ブランド品たる輸入新車が売れないと外圧に泣かされる御国ですからね。  
Posted at 2012/05/02 22:32:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旧車 | 日記
2011年12月09日 イイね!

難産インサイト1.0/5MT


難産の末、インサイト1.0/5MTの太古車決めました。
平成11年12月登録の 20万キロ走行済み。
第一希望の明るいシルバーメタ。
2オーナー/屋根保管。
ボデイは5年落ち程度にしか思えません。内装も綺麗です。
塗装も2/3はオリジナルみたいに見えました。
エンジンも今一、IMAは交換2回、諸所問題有りそうですが暫く脚車として付き合っていきます。
軽整備込でも格安です。
ヘッドガスケット回りからオイル吹いて居た経歴有るのでそこは加修。
ハブもNG・・交換。
ブレーキ系はOH。
何れはエンジン、MT、クラッチ、IMAもオーバーホール必要です。
取りあえず綺麗に動いて居ます。
ハンドルは交換又はカバー装着。
シフトノブは特性タイプR仕様に交換。
マットは新品交換。

今回の業者さんは、かなりまとも真面目に商いしている奇特な方でした。
やはり人間見て飼わないと駄目です中古車は。。。
新車もそうです。
中古車はクルマと言うか売り手や前オーナー氏の人間の歴史を飼う訳ですから、非常に注意が必要です。

街場のクルマ屋と街場の不動産屋と街場のペットショップは非常に似て居ます。
御付き合いがナーバスに成りますから疲れます。
わたくしの様なクルマ変態には相手も相当嫌がっているでしょう。
だから本音をさらけ出してしまうのかな~??
売り手の本音を見るとクルマの正体が見えて来ます。
インサイト1.0/5MTに関しては、事関@地区に限定されますが、とんでもない業者ばかりで癖癖でした。
まるで素人、まるで山族、まるでギャング。
デイラー系も個人店舗も有りません。凄かった中古車のタフな世界を久々に見ました。
まるで70年代にトリップしたかの様です。。
御購入は関@以西を御尋ねに成られるか又は今回の業者さんを御紹介致します。

これから少々触って初期化迄はしませんが、そこそこ使える10年落ちのポンコツの未来のスポーツカーとして遊んで行きたいと思っています。

気に入ればK4GPやジョイ耐に参戦させる道具にするかもしれませんが、その時はドナーの事故車も飼わないと活けません。
ドナー有れば車両保険も不要ですし便利は便利です。

これだけ、クルマ不審に成った最大理由は『重い、でかい、重心高い、ホイールベース長大』これだけのフレーズです。
全てこの反対行ってれば上手く行きます。安心出来ます。
『重い、でかい、重心高い、ホイールベース長大』と言うのは、なんか当方にとっての
『スーパーCOTY受賞車』や『特殊技能お持ちの自動車評論家大先生様様』の様な存在です。!!

その反対の一つが、インサイト1.0、モンスターエボⅩ、ラパンSS始め各種軽ターボ5MTスポーツ車、各種フオーミュラーカー、各種レーシング・プロト、蓮セブン一族、GrB/フオードRS200S。

重いクルマはTNPも含め未来の高性能車としては存在価値が御座いません。
HV&EV化するにしても重いと全てが始まらないです。

これで、下りと言う条件下だけですが、重たい高級車と言われるブランドカーの首を刎ねに行きます。

ラパンSS/5MTですら充分な能力を持っていますが、流石に高速ではボデイ剛性感が足りません。ボデイ強化キットも絶版なので攻めるならリジカラ位しか有りません。
それにしても脚固めたら又NGでしょうから、ノーマル脚+リジカラ位かな。
高速で攻めるクルマでは無いので、やるならフルロールケージ入れて脚強化してリジカラ入れて内装剥ぐってK4GP仕様にする時です。

インサイト1.0はボデイが堅いのでリジカラ不要かな??
モンスターマーク2エボⅩは全くリジカラ不要。
しかし高性能過ぎて面白みに欠ける。
遊び感が出無いのね。余りに速過ぎて。
サーキットではデブ過ぎで話に成らないでしょうが公道では最速の一つ。
モンスターマーク2エボⅩ。
target=_blank>

Posted at 2011/12/09 10:25:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旧車 | 日記
2011年10月28日 イイね!

500E感想その2

500Eは当時としては、以降言われるほど伝説化される様な凄いクルマとは思えません。
確かにMBにしてはリアが踏ん張り剛性感高いですが、964クーペや964RSと比べれば落ちると思いました。
どちらかと言いますと、福野礼一郎さまの500Eへのお褒めの賛辞が少々盛り気味に感じます。
やはり確実に1700KGは当時としても重過ぎてブレーキや足回りその他への負担が大き過ぎました。
5年間60000KMでそれなりにの出費とメンテナンスがかかりました。
わたくしは964系でもNSX系でも重いと感じて居ます。
幾らラリーウエポンと言えどもエボもSTIも。
やはり公道1200KG、サーキット1000KG切りは素人ドライバーには必須の目方です。
と思っていても自分でも完全には守れないのが世の常です。
但し、サーキット専用車では低ミュー路でのスピンコースアウト事故は、他人迷惑に成りますので、出来るだけ500KG以下、最高重くても1000kg以下にして居ます。

①500Eは、高速道路では御顔の押し出し弱く、前に走っている自分勝手なS&SLクラスはどいてくれません。
流石に非常識なパッシングや常時ライトオンや酸欠ミイラ爺や永遠の僕ちゃんの様に右ウインカーを常時点灯させると言う様な蛮行は致しませんでしたが。
自分で勝手に抜いて行けば済む事です。

②西麻布六本木青山表参道新宿二丁目等の東京アンダーグラウンドでも、押しが足りません。
これなら余程アレハンドロ・マセラテイ・ロイヤルの方が押しだし有りました。
所詮一見ただのEクラス・・・当時では、1000万以下のヤナセでの中堅の御客様と言った処です。

③結局、空いている高速道路を長距離GTツアラーとして遠方まで走らせるとその意義は充分に発揮されます。
わたくしは購入当時の3年間は東京鈴鹿間を月3~4回往復させて居たので、それはそれは楽でした。疲労感は限りなく少なかったです。
途中でちょいと仮眠も取れる広さも有りました。

その意味では、500Eは完全に自己満足/自己完結型のクルマで、他人に見栄を張ったり、最近の成功の証である、高級デジタルカーとは大きく一線を介します。
沢村氏曰くC63AMGは似ていると仰せですが、その意味ではそうかもしれません。
ただC63AMG興味が無いので試乗もサイトで仕様を観る事も有りませんので評価は自分としては出来ません。

故に500Eは本当の通と言うか究極の御宅クルマでした。
当時30代半ばのわたくしには理解仕切れず、多少可哀そうな事をしたと思っています。
30代後半に成って理解出来た処で、家庭環境が合わなく成り売却してしまいました。
これも運と縁とタイミングです。男と女。クルマとオーナーの関係は良く似て居ます。。。

逃した魚は大きい何て言葉は吐きません。
本当に素晴らしければ、腐れ縁でも何でもそうですが、クルマも異性も別れてなんて居ませんから!!
となると、わたくしに取ってのマジ一生ものは、レーシングカーとロータス・セブンズ等の純~準のシングルシーター戦闘機です。 

 
Posted at 2011/10/28 08:48:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旧車 | 日記
2011年09月03日 イイね!

インサイト1.0千葉某所まで遥々見に行ってきましたが。。。

NGでした。

一昨日から御伺する御約束しておりました。
にも関わらず、内外装清掃無し。
展示車も国道沿いの一番奥。。。

外見ざっと拝見後、ドア開けたら『埃と砂利』が落ちて来ました。
汚いクルマです。

次に態々東京から千葉の某所外れまで来ているのに、試乗も出来ず。。。

態々購入予定で来ている飼う気満々の御客が『え、試乗位させて下さい。』・・・と、申しました処、
ムっとしながら『野ざらしの手入れの悪い最低10~20年落ちの展示車』を続々と動かし、やっと試乗です。

クルマ自体は『左ドア付けねに@@??』未明ですが『錆』が多いだけで、全体像としては『放置プレイ』の割には益しでした。
内装は少なくとも綺麗でした。

試乗感想では、走りもまあまあ。

埃だらけの放置プレイの癖に、売れないのに強気の値付けなので、値引き交渉した処、突然切れて『悪いクルマを押し付けている訳では無いし、インサイト1.0の専門店で、ノウハウは解っているので、故障リスク減らせる自信が有るので、又違う御客が近々に来るので、買わなくても結構です。』と言われてしまいした。

言っちゃった奴の『負け』ですね~。

カーセンサーで約半年前から出ている物件の癖に、良く売れて同じ様な(同じ)クルマが流通しているみたいな感じですか??

何か気まずい雰囲気の中帰還と成りましたが、有る意味この業者は『素人』です。
クルマにおぼれているので、わたくしよりも熱くなっていたのかな??
値段交渉で決裂したからと言って、怒る話では有りません。
ただ御縁が無かっただけの事です。

経済理論>>物理理論で世の中回っているのですから、売れなきゃゴミ以下のいつもの『リア駆動2車』の様なジャンクです。
売れなきゃ又デフレに成ります。
飼いたい奴が居て、売りたい業者が居るから経済循環するのにね~。

前回は保証契約上の問題でこちらが嫌に成りましたが、怒った訳では有りません。むっとしただけ。

不人気の売れないクルマを扱う中古車業者も不幸です。

インサイト1.0は、本当に不人気で扱う業者も『5流』です。

暫く、クール・ダウンして検討し直します。

NSX、S2000、インサイト1.0等HMの不人気スポーツトリオは、最終的なソフトはハードに正比例するのかと思いました。

これなら、NAロドスタの方が、ず~と、益しかもね~!!
少なくとも永遠のスポーツカーです。ロドスタは。

Posted at 2011/09/03 21:45:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旧車 | 日記
2010年11月11日 イイね!

930型SC&カレラ&ターボの思い出

先のブログのC1さんの黒いSpoon/アコードSからのインスパイヤーです。

1979年に木六本『瀬里名』の前で初めて見た真っ黒な930ターボ(1977年フランクフルト発表)の雰囲気は大迫力大会でした。
あの迫力のオーバーフエンダー。
あの屋台のラーメン屋のテーブルの様なリアウイング。
思いっきり素ブスを『化爆』『SEXY』路線に仕立て上げた独馬の技術力と根性と商売気!!
雨が降るとウオータープルーフのESPもABSも最高級品質のタイヤ様も無い時代ですから、思いっきり化粧が取れると、何処へ向かうのあなた様??・・・神様に聞いて下せえ。旦那さま!!!!
素晴らしい!!!

わたくしそれに憧れて930ターボ飼うために働きました。

普通ルマン見て、マルテイニ・カラーの930ターボに憧れる方は居られますが、わたくしは木六本の黒の930ターボでした。
ナローは現在こそ素晴らしく魅力的にも感じますが、当時は旧いプアマンズ911に過ぎませんでした。
やはり押し出しのビッグバンパー930が耐久レースでも夜の世界でも全盛期です。

78年当時VWポーシャ914/4-2.0に乗っていて、914/6、930SC、930カレラ3.2と乗り継ぎ、
やっと憧れの930ターボを購入出来たのが1987年初頭・・・嬉しかったです。

今でこそ、独馬フアンは一番良いのを最初から狙うそうですが、当時は入門編や中古/格安から入って、新車の高級版に努力してステップアップして行くのが普通でした。

でも、今思うと独馬や跳馬の様な超高級車は努力して飼うものでは無く、乗りで現金一括購入出来る方々の乗り物を思っています。
故に当方の環境では新車の上記は二度と飼えないでしょう。


さて、さて、愚痴はこの位にして、当時930カレラやSCは普通のGTでしたから御利益(?)が少なかったですね~。
やはりターボ・・・純正ターボルックも居ましたが音とマフラーで解かります。
メーカー純正ターボルックは、ブレーキ&脚もターボと同じでフエンダーも同一。
しかし並行のターボルックの多くは後付けフエンダーのみで脚もブレーキもカレラのまま。
故に簡単にマニアには見抜けました。

外装黒/内装カンカンレッド(朱赤)の黒幌/電動トップのカブリオレと言もろバブリーな仕様で、
良く木六本(六J、トウー@ア)、十番(MH)、西麻布(JB)、青山(KQ、ブラッ@リーD)、溜池(溜J)、有明(MZA)、神宮前(D)、花園神社(第三@庫)界隈を走らせていました。
当時の仲間でわたくしと同仕様のタルガと本物のフラットノーズクーペに乗っている二人の外人さんも居ました。
3台で青山→有明→花園神社と言うラインを引いたりしていました。

以降は重いクルマ/GTからはきっぱり脚洗って(本当は洗い切れてはいなかった??)
軽い小型車や俗に言う純レーシングマシーンの世界に転居致しました。

その意味も含めて930ターボは今でも思い出と憧れの対象です。
ただしクーペが宜しいですね~。

旧い話で恐縮です。
Posted at 2010/11/11 10:10:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旧車 | 日記

プロフィール

#cadwell
何シテル?   12/06 11:24
車遊びは道楽で、自転車遊びとドライビング・テクノロジーとアーチェリーとフラメンコは趣味です。 元々の趣味は極真&Boxing。 ①FJ1300NOVA ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ロータス・セブンに対してのどうしようも無いレベルの知識の巨人大先生様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/03 13:46:38
GodFather1~3を観て。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/31 00:22:08
軽自動車増税は過疎化に繋がりかねない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/29 07:38:12

愛車一覧

ロータス その他 ロータス その他
①1967年式LotusSevenMark3/SCCJ/ForJapan ベース・コスワ ...
三菱 ランサーエボリューションX モンスター360specHP/オーリンズ (三菱 ランサーエボリューションX)
かなり速い脚車で、大いに満足。
輸入車その他 東京R&D製カドウエル 日仏ホンダ偽918 (輸入車その他 東京R&D製カドウエル)
鈴鹿クラブマンレースで利用されていた、東京R&D製のカドウエル/戸田レーシング製4AG+ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3型でNCの最終モデルに成る様です。 NDまでのつなぎで飼ってしまいました。 RHT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.