• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

J456のブログ一覧

2011年11月12日 イイね!

ワーゲンアップ本国試乗記

900kgオーバーで1Lで60ps9.7kgなら確実に国産軽自動車ターボの方が動力性能燃費性能伴に上です。
ダイマツ・ウースの燃費にもましてTYアクアの燃費にも当然追いつかないでしょう。
安全性は高いと言ってもここは日本アウトバーンの無い国です。
精々合法100km/h~非合法でも150km/h以内で無いと不味い速度域の国です。
VWはドイツでもアウトバーン・ガンガン飛ばす奴は減っていますが、飛ばせる範疇なので安全性を充分確保しています。
国産軽~エコカーの安全性は、同クラスの獨車に比べて確実に落ちると思いますが、使用環境状況が大幅に異なるので国内利用ならばアレルギー反応を起こす必要無いでしょう。
まして人間が造った道具ですから、危険と思って加減して使えば安全です。
それが怖ければレース参加や旧車やフオーミュラーやレーシング・プロトなんぞ乗れません。
安全と思って遣ったらそれは危険です。危険と認識しましょう。

さあ、予想販売価格150万でしかもVWのショボイ・ストローク大きいマニュアルMTで売れるのか??
少なくとも日本市場にはDSGでしょう。
それで120万なら売れるかな??100万なら相当売れます。
戦略的価格付けが成功の可否を左右します。
敵は国産1~1.5L/エコカーと軽自動車とTYアクア。
このクラス飼う方々は見栄よりも燃費性能重視の実質総合性能と重んじるでしょうから、
かなり厳しい闘いに成るでしょう。

まして過去最強の馬鹿政府の元、驚異の不景気円高の地獄の様な世界に入って行きますから、『自動車評論家大先生様方』の様な『御気軽で御調子の良い御意見』は通用しない厳しい現実の世界です。
DSG付きで160万なら即死です。




Posted at 2011/11/12 08:34:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新型車 | 日記
2011年09月01日 イイね!

次期ゴルフ7とマクラーレン新型廉価版デブ号と自動車最終戦争

次期ゴルフ7の公表時期が近々なのでしょう。スクープです。
ゴルフは更なる軽量化と言う鍛錬を受けなければ時代から取り残されるでしょう。

国産車は皆必死で軽量化計画を練っており、軽量モデルへの切り替えの試練鍛錬の数年でしょう。
HVやEV化は重要ですが、それでも軽くなければ燃費も電費も良く成りません。

外車は中々軽く成らない。
でかくて重いと豪華と言う訳の解らないクルマ業界だけの錯覚。
飛行機、船、バイク、モーターバイク等の他の乗り物では小型は兎も角、軽量化は高級化証。
クルマ業界も解って居ますが、現実問題重くて、でかい方が引き合い人気が高いので、そこから中々脱却出来ないと言うジレンマ。

不味くて、身体に悪いフアーストフードも若くてぴちぴちした肉体を持つ若者には大人気。
しかも価格安いし、早いし気楽だし。若者の習慣に有っています。
わたくしどもも若かりし頃は好んで食べました。しかし子供が出来ると考えてしまって行くチャンスが極端に減ってしまいました。

経済理論では売れる事が一番です。
物理理論では小型軽量慣性の法則に従う事が一番です。
しかし、売れなきゃどんなに良いものでもゴミです。
設計者のエゴの押しつけの様で酷い商品で且つ更に売れなければゴミ以下最低のジャンクです。
売れさえすれば、どんなに酷い商品でも宝物です。
経営者は株主様への返金や社員家族の生活基盤を造らなければ成りません。
故に、経済理論が物理理論に優先します。
真実が真理に勝ります。
虚実でも真実に勝る場合も有ります。

しかし、幾ら虚実>真実>真理でも、地球上の石油が減って枯渇して来て、ガス代が更に高騰してL当たり500円オーバーに成ったら、普通のガソリン車は乗れません。
重いと燃費悪いので、当然小型軽量化されて行きます。
幾らでかくて豪華が良くても流石にL当たり1000円に成ったら、サーキットでの素人の道楽やプロの御仕事ならば、ガス遣いまくるかもしれませんが、公道走行では怖くて走れなく成ります。
わたくしはL1000円でもサーキット行きます。しかし公道はEVにするでしょう。

石油枯渇で、原発問題も棚上げされどんどん稼働させ、電気生産させEVが促進されて行きます。
多分人類は安全より便利や経済を優先させ進んで行くでしょうから、世界の大震災で全ての原発事故が起これば、それで先進国社会はパーですから、太古の恐竜が絶滅した様に人類も絶滅の危機が来るかも。
恐竜が石油の元で、石油が無く成ったら、電気に頼って、それで大震災で御釈迦なんてやたら出来レースの様なシナリオです。

旧いヒストリックカーも御洒落ですが、流石にEV化させなきゃ乗れないでしょう。
EV御用評論家先生様は又息を吹き返して参ります。
EV化の為には軽いクルマやマシーンしか生き残れません。
EV化装業者もビジネスに充分成るでしょう。

EV化までの過渡期は多分HV。
変な乗り味だと言われる評論家先生も少なく有りませんが、わたくしも同意ですが、我慢です。
普通の内燃機関のクルマだってMBが造り始めた初期は変な乗り味だったと予想します。
そんなもんです。
TYの初代10型プリウスやHM初代インサイト1.0はクルマ(ハード)は兎も角も思想(ソフト)が偉大でした。
20型プリウスはハードは向上し、ソフトも向上し最高バランスのプリウスと思っています。
30型は残念ですが、ハード優先ソフト低下のアンバランスなので、永い目で見れば歴史上3代中一番下位に来るようになるかもしれません。
初代インサイトと二代目インサイトの差もも同じです。

次はEV時代でしょうが、未だメジャー級が三菱i-mievとニッサンの変な格好の不細工チャン(名前知りません)だけでは評価出来ないです。

わたくしの様な階級では購入不能ですが、世のスーパースポーツ階級の御車は如何に??
最近売り出し中のマクラーレンの廉価版には期待外れでした。
だって、オートカーの評価で950KGの同F-1GTRと比較されていたので、どんなにデブでも1200KG以下と思って文章を読破して居ました処、何と何と跳馬458よりは少々軽いですが1400KGオーバー。
これじゃ上記に有りますが、他業種の乗り物の世界では唯の『安物の乗り物』です。
デブ=高級はクルマの世界の特殊事情。
軽い=高級なのです。
頑張って購入まで考えていたのにこれでは論外です。
何でカーボンモノコックとチタンフレームまで使ってこんなにデブなのさ??
これなら未だSpoonS2000の方が気が効いて居る。
だって1220KG少しは軽いですから。
マクラーレンも前回のF-1での赤字を補填するため、商売に走ったな~!!
経済理論>>>物理慣性の理論であります。
マクラーレン、跳馬、デブラインの獨馬、次期蓮等殆どの自動車メーカーが『商売繁盛/デブ繁盛』です。
悪魔に魂売ってしまったのか、マクラーレン!!

良心が有るのは、大嫌いですがTY&LX、好き過ぎて嫌いに成りかかって居ますがHM、スズキ、昴、ダイハツ等の国産車メーカー。
多少良心が残っているのは、VW&ポルシェ等。

さあ、自動車最終戦争は如何なる様相に成るでしょうか??
VWグループ、MB、BMWの獨モノ。
跳馬中心の伊太利亜連合。
米国連合。
世界のトヨタ様とその手下の昴、ダイハツ、ヤマハ。
ルノー日産連合。
ホンダ。
スズキ。
三菱。
韓国連合。
新進チャイナやインディア等。
Posted at 2011/09/01 05:40:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 新型車 | 日記
2011年07月23日 イイね!

アダルト500??

アダルト500??甥がアバルト500を見に行くと言うので、アバルト東京の電話が解からなかった為、104に電話したら、交換台の女性が何度も『アダルト東京ですか?』と尋ねて来ます。
当方うなります。

当方『アダルトでは無くアバルトです。』
先方様『アダルトですか?』
再度当方『アダルトでは無くアバルトです。』
再度先方様『アダルトですか?』

当方『解かりました、結構です』で電話切りました。

大田区で先月行った事が有ったので、担当者の方の名刺から調べて甥にメールして終了です。

アバルトとアダルトは中々聞き取り難です。

『アダルトレーシング』と言う子ザルベースのアバルト風ボデイを載せたK4GP/5Rクラスで遊んでいる当方の中高の先輩が居りますので、自分としては非常に解かりやすい相違何ですが、普通の方にはアバルトとアダルトは聞き取り難いのですね~。

わたくしはクルマの販売店に身内を紹介で行かせるのが嫌なんです。
外車デイラーの営業マンの僅かな『貧しい心の方』は紹介者のレベルで偉く御持成しが変わります。
故に、甥には紹介無しで行かせました。
甥の結果は、紹介者無しで行くと偉くそっけないデイラーで嫌に成って辞めたそうです。
正解!!
少しはクルマを診る目が付いた!!あの世で親父さんが喜んで居るでしょう!!
アダルト改めアバルトはもうちょっと爺化(雌化)してからセカンドカーで乗るクルマなので、モジョ沢山ある独身の雄はアダルトに行かないとNGです。

アダルトの『モジョ』が有るから、頑張って働く原動力に成りますものね。

故にHM/CR-Zターボを薦めておきました。

以上。


写真はアダルト500のエンブレムです。。。。
蠍改めGALに成って居ますね!!
Posted at 2011/07/23 12:17:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 新型車 | 日記
2011年07月13日 イイね!

新型ビート再販!!

嬉しいね~。
軽企画に拘らず1200CC以下での予定。
90年代後半にSUV軽自動車HM-Zでトライした『縦型ミッドシップ』なら21世紀の究極のスポーツカーでしょう。
横置きでも3気筒ならば、軽いのでリア荷重が少ない為、まさか(真坂)の横置きV6の『メタボ・キング』の様な無様な操縦性は有りえません。

色気付いて4気筒横置き何か『NG』です。
英国の廉価版スポーツカー『@リース』の二の前に成ります。
横置きならば3気筒又はFiat張りで2気筒+過給機、更にHV付加何て如何でしょう?
4気筒以上なら縦置きミッドです。
縦置きミッド1200CCの3気筒で過給機付きなら、相当凄い性能の小型ダイナマイトです。

勿論時代がバブル期とは異なりますので、ダイハツ・コペン張りのFFでも充分です。
HMにはFFスポーツの歴史が長いので、充分素敵なスポーツカーにする事が期待出来ます。
リア駆動は大昔のSシリーズやビートを除き、毎回販売実績失敗しているので、逆にHMはFFの方が堅いかもしれません。

真面目に造ってくださいね。
真面目に造って頂ければ、飼わせて頂きます。

Posted at 2011/07/13 10:19:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 新型車 | 日記
2011年06月29日 イイね!

最軽量版M3/CRT登場!!

流石は世界のBMWです!!

最軽量版『M3/CRT』・・・・何と何と『最終的に車重はベース車より45kg軽い1580kg』と軽く仕上がったそうです。

素晴らしい!!・・・軽量化程、運動能力を上げる術は有りませんから。

 
Posted at 2011/06/29 11:33:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | 新型車 | 日記

プロフィール

#cadwell
何シテル?   12/06 11:24
車遊びは道楽で、自転車遊びとドライビング・テクノロジーとアーチェリーとフラメンコは趣味です。 元々の趣味は極真&Boxing。 ①FJ1300NOVA ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ロータス・セブンに対してのどうしようも無いレベルの知識の巨人大先生様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/03 13:46:38
GodFather1~3を観て。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/31 00:22:08
軽自動車増税は過疎化に繋がりかねない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/29 07:38:12

愛車一覧

ロータス その他 ロータス その他
①1967年式LotusSevenMark3/SCCJ/ForJapan ベース・コスワ ...
三菱 ランサーエボリューションX モンスター360specHP/オーリンズ (三菱 ランサーエボリューションX)
かなり速い脚車で、大いに満足。
輸入車その他 東京R&D製カドウエル 日仏ホンダ偽918 (輸入車その他 東京R&D製カドウエル)
鈴鹿クラブマンレースで利用されていた、東京R&D製のカドウエル/戸田レーシング製4AG+ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3型でNCの最終モデルに成る様です。 NDまでのつなぎで飼ってしまいました。 RHT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.