• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

J456のブログ一覧

2011年12月11日 イイね!

モータージャーナル・トークショーTMS仕様/特別拡大版参加

昨日モータージャーナル・トークショー特別拡大版参加して参りました。
内容はエンジン副編集長の斎藤氏が参加され日常以上に濃く素晴らしい内容でした。
かなりヘビー級な内容でわたくしでも文章には出来ないので御勘弁を!!
TMSが題材でした。
当然、86&BRZ、EVスター、次期レガシープロト&コペン等多々題材に成って居ました。

近未来の車は高級車に4気筒+過給機。
大衆車やエコカーには2~3気筒又は+過給機。
それ以上のマルチ気筒は跳馬の超高級モデルとかの特殊モデルを除いて存在出来ないでしょう。
だって世界的に燃費規制/排ガス規制/温暖化防止が入ります。
そして真意は軽量化に尽きます。
東レの廉価版(実は適正価格)カーボン・コンポジッド・ケプラー等の利用で、公道用は1000KG以下が望ましい時代が来るでしょう。
軽量化しなければ、ダウンサイジングエンジンもHVもEVも有りません。
重けりゃ燃費性能も動力性能も有りません。
現代社会では、非スポーツのモータースポーツと呼ばれているモノも燃費規制が無ければ存在意義が御座いません。
と言う様な評価もされて居ました。
わたくしも同意で御座います。

しかし、もうTMSの役割は終わったと感じました。
運営を御役人様が握って居る間は限界が有ります。
このままなら自然消滅して行くでしょう。

COTYにしても一度解散後再結集して再度綺麗な純粋な評価軸で選出して下さる紐付きで無い自動車評論家の方々にお願いしたいと思います。

昨晩の会合の難点は・・・場所が余りに不自由。
終了後何処かで何か飲食も無く駅からも遠く少々困りました。
次回からは平常心で何時もの西@が宜しいかもしれません。
Posted at 2011/12/11 19:28:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車雑誌 | 日記
2011年11月04日 イイね!

御勧めの国産自動車雑誌と他誌凋落の理由!!

英国製自動車雑誌はイケイケと言うか真面な評価して居るモノが多く気に行っていますが、面倒なんで飼いません。高いし・・・この辺も問題だよなあ・・・円高なのに???
未だにブランド品も高いし、永久に上等舶来主義なのかなあ??悲しいです。

さて、本題。
国産誌ならば、わたくしはベストカーは安いし、トイレや風呂場でも読んでポイ出来るので購入しています。
少々パチンコ屋ぽい表紙には悲しい思いしていますが、コストパフオーマンスと読者目線と言うのが気に行っています。

他紙は何か上から眼線で生意気なんだよね!!
特にCGは昔から生意気のチャンピオンですが、他はカーマガとフルチェンジ後のオートカー。

なんか最近では自動車クラブ風のサイト上のクラブやtipo誌もお気楽極楽をテーマにして居る為悪くは無いし上から目線では無い為、それなりにそこは評価出来ます。
特にクラブ風サイトは映像を上手く利用されており見て直ぐ解かりやすいんですが、残念ですが内容が薄いのよ。。
tipo誌は何でも感でも100泥や50泥等や楽しい平和なクラブライフやサーキットライフを歌っていますが、少々お気軽にクルマ生活誘い過ぎ。
メンテナンス代は大変なんだよ!!ユーザーはね。
貴方たちは業界人で業販してもらえるけれど、普通のユーザーは無理です。大変です維持費。

話は戻って、先生様の評論ですが、広報資料のコピー、中学生風日記、自己満足的日記を少なからず見受けます。
R35/GTRを乗りこなせないので踏めなかったと正直に言うのは可愛いが、プロなら踏めよ。
プロならせめて踏み切れる運ちゃん連れてこいよ。
試乗中左手はぶらぶら、呻いているだけの評論・・寝言か独り言!!
何処でも感でもオーバーステアを妄想トリップ出来る奇特な方。
過去にラダーフレームとスペース・フレームを根本から間違えて、ぼろ糞/嘘の評論書きっぱなしで墓場行くのでしょうか??

高くて珍しいクルマや戦前車なら何でも許されて、特権階級なのでしょうか??!!!
それに右へ習えのぼんくら大先生様も多く悲しいです。
それじゃ、終戦直後の上等舶来/ギブミー・チョコレートを21世記に成っても継続している様でやばいですよ。

間違えは正すべき。
誤りは謝ろう!!
人間ですから間違えは普通。間違えを是正出来る人間性が重要です。
こんなレベルじゃわたくしの日記と余り変わらないでしょう。
そんなレベルに金を払うのがむかつくので、クルマ雑誌はベストカー除いて中止しました。
ベストカーも最高とは思いませんが、情報誌としてはコストパフオーマンス宜しく、読者目線です。
ここの読者目線は重要です。


雑誌では有りませんが、既にご存知かと存じますが、森慶太氏と沢村慎太郎氏のメルマガ『モーター・ジャーナル』http://motorjournal.jp/sawamura-sintarrowこれ御勧めです。
次に前カーマガ編集長だった藤原さんの無料サイト『モーター・プレス』http://motorpress.jugem.jp/は昔のCG風で写真綺麗で御勧めです。
彼らは業界新人類でしょうから間違え詫びて修正出来る能力有ります。

前エンジン編集長/二代目ナビ編集長の鈴木氏はGQ行けて返ってすっきりでしょう。
やりたいことがクルマでは無いでしょうから。
三代目ナビ編集長小川氏もクルマ評論もされて居られですが、グルメサイトでも頑張って居られです。

何か変な時代に成ってしまいましたね~。
クルマ雑誌は殆どもう不要に感じます。
故に飼いません。
Posted at 2011/11/04 12:59:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車雑誌 | 日記
2011年08月25日 イイね!

8/28モータージャーナルトークショウに行ってきます。

沢村慎太郎さんと森慶太さんを全面に出している有料メールマガジン『モータージャーナル』のトークショウが杉並区西荻で有るので拝聴させて頂く為に行ってきます。
東京23区内の西の果てで、わたくしの住む23区内城北地域南部エリアからは少々アクセス不自由なのですが、沢村慎太郎さんの講演会を聞く為平チャラです。
何と13時30分~と16時~と二部仕立てなので人気有るのですね。
彼の紐付きで無い真理を追究した論文は、わたくしの物理慣性の法則に乗っ取った『軽量化』に勝る総合高性能化は無いと言う自論と同じですので、講演が楽しみです。

こう言う自動車雑誌系のトークショウに行くのは生まれて初めてです。
雑誌系は走り系の表のネコデイや隠れTIPO走行会位しか行ったこと有りません。
当然CG系は一度も参加経験有りません。
Posted at 2011/08/25 08:43:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車雑誌 | 日記
2011年08月20日 イイね!

生まれて初めて『エンジン』誌を購入!!

生まれて初めて『エンジン』誌を購入致しました。
編集長のS氏とは旧知の仲なのですが、今まで購入する気も無く、精々立ち読みでパラっと見る位の対象でした。
自動車誌の購入をベストカー誌を除き全て止めてしまいましたが、久々に立ち読みしてみると、興味が有ったのは走り系専門誌『RevSpeed』と『日本版/オートカー』誌と『エンジン』誌の3誌だけでした。

老舗の総合誌は全く違う世界に行ってしまい、紐付き記事が多く、公平性に欠く感じがして嫌悪感を抱きました。

そこで、選択したのはS氏の『エンジン』誌でした。
中々読み応えが有り、トイレの時間が長く成って家人に文句を言われそうです。
一度読み切ったら、長風呂の御伴にします。
確かに、洋服や時計記事が多くNGの部分も多々ありますが、クルマ記事がわたくしに取っては比較的フランク中立に感じました。
全く紐付き感が無いとは言いませんが、かなり頑張って書いて居ます。

某誌などでメーカーやショップから借りて長期リポートしているモノも有りますが、紐付き記事は読んでて悲しく成ります。

オートカー誌は『煎餅屋?御菓子屋?/慎ちゃん』の記事しか興味無いレベルでしたので立ち読みで充分ですので購入は止めました。
前編集長のN氏の頃は定期購読していましたが、編集長変わったら全く違う嗜好に成ったので購読止めました。

Rev誌は少々爺には若過ぎと言う感じで、無理して若造りしている爺婆風に成りたくないので、購入止めました。

わたくしの嫌いなBig3の自動車評論家(酸欠ミイラ爺、ポルシェ御用達アンダー爺、左手手忘れGTR評価出来ない爺)が書いて居る雑誌は最近『事に』減って来ているので、幸いですが、この三人の書いて居ない雑誌を探しています。
Posted at 2011/08/20 07:59:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車雑誌 | 日記
2011年08月09日 イイね!

恐竜化してしまった自動車雑誌の悲哀。

Gate仲間のカモネギさんからのトラックバックです。
何故クルマ雑誌が消滅しかかって居るのか??

クルマ系ジャーナリストの先生方は元競技系選手で無いと、タイヤ&クルマの限界域で評価が今一ピントが外れて居ます。
クルマやマシーンのセットアップが出来無いからだと思って居ます。

自分で出来ないなら、出来る方に下請けで回してでも仕事遂行するのがプロでしょう。

我々の世界もそうです。
丸抱えして失敗したら即裁判で敗訴です。

逆に非競技系の先生でも、頭を使って、ユーザー目線で現実的な御話を記載して下さる素晴らしい若手も居られますが、大先生には未だ至って居られません。
故に雑誌への掲載回数が少なすぎて遭遇チャンスが少ないのが現状です。


①R35/GTRが高性能過ぎるので、自分の腕が悪過ぎて評論出来ないので、正直に『出来ません』と言うのも宜しいです。
しかし、プロの評論家ならば、日常から勉強研究するのが筋です。
そんな泣きごと抜かすなら、大先生張りでエバルのは変です。
大問題です。・・・ポンコツスーパースポーツやエンジン掛からない新車のスーパースポーツ乗ってるいる位で、エバリ捲るなよ~。
おっさん、俺と同じ年の体型と顔には見えません!!
そんなレベルで7人乗りプリウスの辛口批評喋り捲って居ながら、左手は手忘れして遊んでいる『COTY系大先生』が好い加減な手抜きの評論風感想文書いている雑誌に、当方が御金払うのは凄くむかつきます。

即決/契約解除致しました。

②60代ポルシェ社お抱えのCOTY系/日本人自動車評論家/大大大先生様。
センスも技量も悪く、侵入速度も遅すぎる割に、ブレーキングが甘すぎ、当然前加重含めた加重移動何て単語は先生様の御ツムには有りません。
ビビってアクセルオンで侵入する為、何時でも何処でもオーウエイズ・アンダーステアー。
これじゃポルシェが可哀そうです。
ポルシェはオーバーステアが弱点且つ長所なんですから、少なくともそこが特徴の筈。
口と文章ではオーバーステアも実は何時も大アンダー大会。
しかし、御仕事で褒め捲りますからポルシェはニンマリ、にん玉乱太郎。。。

③書けない程、頭堅い恐怖の大魔王大先生。


最後に結論ですが、もう自動車総合誌も専門誌も死に体です。御臨終。

成熟したクルマ社会の日本国では、既にCOTYも自動車雑誌も不要でしょう。

我々は楽しい70年代、リッチな80年代に遊べただけ大変幸福でしたので、神様に感謝です。

現代自動車雑誌は、専門誌も総合誌も含め、JAF公認ライセンス並みにリストラ&事業手分け対象です。

南無阿弥陀仏/南妙法蓮華げいきょう/アーメンで有ります。

一部御宅系専門誌が残ればそれで充分です。

Posted at 2011/08/09 22:26:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車雑誌 | 日記

プロフィール

#cadwell
何シテル?   12/06 11:24
車遊びは道楽で、自転車遊びとドライビング・テクノロジーとアーチェリーとフラメンコは趣味です。 元々の趣味は極真&Boxing。 ①FJ1300NOVA ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ロータス・セブンに対してのどうしようも無いレベルの知識の巨人大先生様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/03 13:46:38
GodFather1~3を観て。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/31 00:22:08
軽自動車増税は過疎化に繋がりかねない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/29 07:38:12

愛車一覧

ロータス その他 ロータス その他
①1967年式LotusSevenMark3/SCCJ/ForJapan ベース・コスワ ...
三菱 ランサーエボリューションX モンスター360specHP/オーリンズ (三菱 ランサーエボリューションX)
かなり速い脚車で、大いに満足。
輸入車その他 東京R&D製カドウエル 日仏ホンダ偽918 (輸入車その他 東京R&D製カドウエル)
鈴鹿クラブマンレースで利用されていた、東京R&D製のカドウエル/戸田レーシング製4AG+ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC3型でNCの最終モデルに成る様です。 NDまでのつなぎで飼ってしまいました。 RHT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.