• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ツゥのブログ一覧

2018年09月29日 イイね!

外食から温泉ドライブ、そして外呑み

 義父の葬儀が終わって気持ち的には一段落したのですが、やることは結構あります。父の遺品の整理です。遺品といってもいらないものがほとんどですので断捨離となります。
 昨日も物置の中を整理しました。私の見たことのないものがたくさんあります。マァも驚いていました。ほとんど捨てるものばかりです。オフハウスやクリーンセンター行きです。オフハウスでは5000円ほどの現金を得ました。ランチを食べに行きました。

 「光楽菜館」です。毎度毎度のラーメンセットです。麻婆丼でした。お腹いっぱいになりました。午後も続きをやる予定でしたが、あまりの天気の良さに温泉ドライブに行きたくなりました。

 向かったのは毎度毎度の「川原湯温泉 王湯会館」です。駐車場の案内板が新しく出来ていました。



 八ッ場ダムが完成するのは来年ですね。旧川原湯温泉が懐かしいです。

 到着したのは午後4時頃です。こんな時間に群馬山中の温泉に浸かるのは久しぶりです。もう時間を気にする必要はないですからね。

 先客はいませんでした。まるで私たちを待っていてくれたかのようです。

 気持ちよく浸かれました。癒やされました。これからはもっと遠くの温泉にも行けます。東北や九州の温泉にも行きたいな…。

 足利に帰ったら呑みに出かけました。毎度毎度の「居酒屋 小町」です。

 もちろん日本酒も呑みました。「梵 純米吟醸 中取り ひやおろし」(加藤吉平商店)富山県のお酒です。ひやおろしが美味しい季節になりました。

 久しぶりにゆっ足りとした気分でお酒を呑んだような気がします。
 私は病院の送り迎えの運転手くらいしかしませんでしたが、ここ一月くらいは義父の介護でマァは大変でした。家の食事も作る気にならなかったようです。必然的に外食が多くなってしまっていました。おかげで体重が増えてメタボの解消はますます遠ざかってしまいました。でももう大丈夫と言っていました。外食や外呑みは少なくなります。この秋は運動の秋にしたいと思います。脂肪の断捨離に努めます(苦笑)


Posted at 2018/09/29 09:19:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2018年09月27日 イイね!

さよならの向う側☆山口百恵

さよならの向う側☆山口百恵 暑さ寒さも彼岸までとはよくいったもので彼岸過ぎたらすっかり秋めいてきました。来週はもう10月です。本格的な秋になります。今年はどんな秋になるのかなどと考えていたら台風が直撃しそうです。嫌んなっちゃいます。もう災害はこりごりです。
 昨日は貴乃花親方の引退宣言で大騒ぎになっていました。先代貴ノ花からのファンでしたのでとても残念です。安室ちゃんも引退してしまいました。大ファンというわけではありませんでしたが、彼女は間違いなく平成の歌姫でした。
 9月は訃報も続きました。神の子と呼ばれた山本“KID”徳郁が18日に亡くなりました。17日には松田聖子の初期の歌を作詞した小田裕一郎が亡くなっています。でも一番衝撃を受けたのは樹木希林の訃報に接した時でした。『時間ですよ』からのファンでした。当時芸名は悠木千帆でした。マチャアキや美代ちゃんとの掛け合いは最高でした。『寺内貫太郎一家』での「ジュリ~~」も印象的でした。最近では演技派女優として評価が高かったようです。
 樹木希林と郷ひろみがデュエットした「お化けのロック」か「林檎殺人事件」を紹介しようと考えたのですが、いろいろな人のことを思い出していたらこんな曲が頭の中に流れてきました。

 「さよならの向う側」(作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童)は、1980(昭和55)年に発売された山口百恵の31枚目のシングルです。この後2枚のレコードがリリースされていますが、実質的には最後のシングルです。『夜のヒットスタジオ』の感動的な歌唱は今観ても涙が出てきます。安室ちゃんは40歳での引退となりましたが、百恵ちゃんは21歳で引退してしまいました。その後芸能界に復帰することはありませんでした。潔かったですね。

 樹木希林さんが亡くなった15日の早朝に義父が永眠しました。希林さんと同じく癌でしたが、痛みはほとんどなく眠るようになくなりました。享年89歳でした。これで親と呼べる人は誰もいなくなりました。次は自分の番だなと覚悟しました。

Posted at 2018/09/27 06:00:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | 流行歌研究会 | 音楽/映画/テレビ
2018年09月13日 イイね!

恋の歌☆吉田拓郎

恋の歌☆吉田拓郎 8月29日に発売された吉田拓郎のベストアルバム『From T』を買いました。なんか久しぶりに拓郎のアルバムを買った気がします。調べてみると『LIVE 2016』『LIVE 2014』 『LIVE 2012』とライブアルバムが続けて発売されましたが購入しませんでした。2014年に発売されたセルフカバーアルバムの『AGAIN』、2012年にリリースされたスタジオアルバム『午後の天気』も買いませんでした。結局この前に買ったのは2007年に発売されたベストアルバム『拓郎ヒストリー』でした。これでは拓郎ファンなんて言えませんよね。
 『From T』は3枚組のアルバムです。1、2枚目は拓郎がセレクトした曲が収録されています。歌詞カードには拓郎によるライナーノーツもあります。読みながら聞くのも良いでしょう。3枚目は特別付録「Tからの贈り物」です。Tとはもちろん拓郎の頭文字です。中身はデモテープ集です。これがまた素晴らしいんです。是非聴いてほしいです。
 紹介する曲はあれこれと悩んだのですがDISK01の05に収録されているこの曲にしました。

 私が「恋の歌」を知ったのは1972(昭和47)年にリリースされた『たくろう オン・ステージ第二集』においてです。渋谷のライブハウスであるジャン・ジャンでのリサイタルを収録したライブアルバムです。エレックが拓郎に無断で販売してしまったという曰く付きのレコードでした。もちろん私は買いました。このブログでは「準ちゃんが吉田拓郎に与えた偉大なる影響」「」「大きな夜」を紹介しています。その他にも「トランプ」「雨」「ポーの歌」などという懐かしい歌があります。この曲も含めよく弾き語りをしていたものです。

 1975(昭和50)年に行われた『吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋』でも歌われています。最後の曲「人間なんて」の前の曲でした。しかし私が持っているDVD『吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋 1975』には収録されいません。ちょっと残念です。

 1977(昭和52)年に発売された『ぷらいべえと』にも収録されています。フォーライフの倒産危機を救ったアルバムです。カバーアルバムということで1曲目に石原裕次郎の「夜霧よ今夜もありがとう」が流れてきた時にはびっくりしました。2曲目が「恋の歌」でした。その他に「ルームライト」「いつか街で会ったなら」「歌ってよ夕陽の歌を」「やさしい悪魔」「メランコリー」など他の歌手への提供曲をセルフカバーしています。お気に入りのアルバムです。『From T』に収録されているのはこのアルバムのバージョンです。

 実はこの歌が最初に世に出たのは1970(昭和45)年に発売された『メモリアルヒット曲集 '70 真夏の青春』というアルバムなのです。これは雑誌の付録についたものをまとめたソノシート盤でした。残念ながら持っていません。「青春の詩」「野良犬のブルース」「灰色の世界」「基地サ」「こうき心」「自殺の詩」「兄ちゃんが赤くなった」「自由は」「静」「恋の歌」「僕一人」が収録されています。多くはその後のアルバムで聞けるのですが、「基地サ」「自由は」は入っていません。ずっと聴きたかったのですが、今はYouTubeにアップされています。良い時代になりました。

 私と同じようにこの歌が好きだった人に所ジョージがいます。『LOVE LOVE あいしてる』に出演した際に拓郎にこの曲がほしいと言って強奪してしまいました。題名を「恋の唄」と変えたうえに、歌詞を追加して自分の歌にしてしまいました。そしてアルバム『洗濯脱水』に収録しまったのです。所さんが代わりに贈ったのが『精霊もどし』というとんでもない歌でした。拓郎は嫌がって返しています。この曲のコーラスは『LOVE LOVE あいしてる』つながりで坂崎幸之助と篠原ともえでした。そしてなんとドラムを演奏していたのは森高千里なのです。





Posted at 2018/09/13 07:49:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | 流行歌研究会 | 音楽/映画/テレビ
2018年09月09日 イイね!

なおみの夢叶う!

なおみの夢叶う! 大坂なおみ選手がテニスの四大タイトル(グランドスラム)の一つ全米オープンで優勝しました。とてつもない偉業です。ネットの速報で知って思わず万歳してしまいました。
 私は子供の頃からスポーツが大好きでした。野球、サッカー、器械体操などは実際にやっていましたが、他のスポーツもテレビでよく見ていました。そんな私が子供の頃から夢見ていたことがありました。たとえば日本人がメジャリーグで一番の選手になることでした。イチロー選手が叶えてくれました。でも叶っていない夢もあります。サッカーW杯で日本が優勝することは今年も叶えられませんでした。来年のラグビーはどうでしょうか。
 テニスのグランドスラムで日本人が優勝することもそんな夢の一つでした。死ぬまで無理かなと思っていましたが、男子で錦織圭選手が全米準優勝でもしかしてと期待を持たしてくれました。今年の全米で錦織圭と大坂なおみがともにベスト4に残った時には俄然期待が高まりました。錦織選手は残念ながらジョコビッチ選手に阻まれましたが大坂選手は憧れのセリーナ・ウィリアムズを破って優勝したのです。感動しました。
 私が女子テニスを知ったのはマーガレット・スミス・コート、ビリー・ジーン・キングの頃からです。なぜかコート夫人、キング夫人と呼ばれていました。でもこの二人は名前を知っているくらいでプレイの印象はほとんどありません。プレイを見て感動したのはアイス・ドールと呼ばれたアメリカのクリス・エバートからです。その美しく優雅なプレイは見事でした。そしてチェコのマルチナ・ナブラチロワです。とにかく強かったですね。その後トレーシー・オースチン(米)、シュテフィ・グラフ(西独)、モニカ・セレシュ(ユーゴ)、アランチャ・サンチェス(スペイン)、マルチナ・ヒンギス(スイス)などの名前が記憶に残っています。最近の選手は実はよく知りません。美人選手として知られるマリア・シャラポワ(露)やアメリカのビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹くらいですかね。
 日本人選手はなんといっても沢松和子さんです。1975(昭50)年にアン・キヨムラ(米)と組んでウインブルドンのダブルスで優勝しています。グランドスラムで日本人女子が優勝したのです。次に世界で活躍する女子選手はというと伊達公子です。シングルで世界ランク最高位4位まで上った名選手です。私の一番好きな日本人女子テニスプレイヤーです。1996(平成8)年、フェドカップでえドイツの当時の世界ランク1位のシュテフィ・グラフとの激戦は忘れられません。伊達選手は日本女子初のウィンブルドン・ベスト4進出者でもあります。この頃は伊達選手に刺激されたのか多くの名選手が次々と登場します。沢松和子さんの姪にあたる沢松奈生子は全豪ベスト8に進出しています。阪神・淡路大震災の歳でした。1997年には平木理化選手が全仏混合でマヘシュ・ブパシ(印)と組んで優勝しています。1999(平成11)年には杉山愛選手が全米混合でブパシと組んで優勝しています。杉山選手はシングルスで世界ランク最高位8位でした。そしてなんとダブルスのランクは1位だったのです。グランドスラム優勝でも優勝を4回も成し遂げたのでした。
 こうした歴史の中に大阪なおみというニューヒロインが登場したのです。彼女はまだ20歳です。「ナオミの夢」はまだまだ続きます。もちろん錦織選手にも頑張ってほしいものです。これからのテニス界がますます楽しみになりました。
Posted at 2018/09/09 10:14:26 | コメント(6) | トラックバック(0) | スポーツ | スポーツ
2018年09月02日 イイね!

モナリザの微笑☆ザ・タイガース

モナリザの微笑☆ザ・タイガース 足利はどんよりとした曇り空です。今日は雨が降ったりやんだりの一日になるようです。おかげで気温はそれほど高くないので助かります。
 今週はまた台風が日本列島を直撃するようです。超大型ということで被害も予想されます。早め早めの対策が必要ですね。それにしても今年は台風が多いですね。
 部屋の窓から雲を見ているとこんな曲が思い出されました。考えてみると小学3年生の時の歌です。

 「モナリザの微笑」(作詞:橋本淳 作曲:すぎやまこういち)は、1967(昭和42)年に発売されたザ・タイガースの3枚目のシングルです。デビュー曲「僕のマリー」「シーサイド・バウンド」そしてこの歌で一躍人気グループとなりました。その中でもジュリーこと沢田研二の人気は凄まじいものがありました。小学生だった私は女性たちがキャーキャー騒ぐ理由がわかりませんでした。『モナリザ』がなんなのかも知らなかったなぁ…。

 これからマァはジュリーのコンサートに行くそうです。私は送り迎えです。この曲を歌っていた時は19歳だったジュリーも70歳になりました。どんなコンサートになるのでしょうね。
 
Posted at 2018/09/02 08:35:04 | コメント(3) | トラックバック(0) | 流行歌研究会 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「今晩の呑み始めです♫」
何シテル?   05/26 18:39
 温泉に浸かり、懐かしい歌を口ずさむおやじです。  

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112 131415
16171819202122
23242526 2728 29
30      

リンク・クリップ

流行歌研究会 歌手別索引 
カテゴリ:流行歌研究会
2013/01/06 10:08:33
 
足利発 温泉に行こう! 
カテゴリ:温泉
2011/09/04 04:52:33
岡野真也のブログ 
カテゴリ:岡野
2009/08/23 21:19:08
 

愛車一覧

スズキ ソリオハイブリッド スズキ ソリオハイブリッド
相方との共用です
トヨタ C-HRハイブリッド トヨタ C-HRハイブリッド
C-HRに乗って日本全国の温泉地に行くのが夢です。
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
新しい相棒で温泉ドライブに行きまくります(笑)
トヨタ アレックス トヨタ アレックス
 最初の3年半は片道52キロの通勤に耐えてくれました。現在は週末の200キロを超すドライ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation