• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ツゥのブログ一覧

2020年12月31日 イイね!

カクテル

カクテル 2020年の呑み納めです。
 今年も温泉に浸かって、お酒を呑んで年を越せます。ただ珍しいお酒を呑んでだいぶ酔っています。紅白もこれ以上観ていられそうもありません。

 こんな呑兵衛ですが来年もよろしくお願いします。皆さん、よいお年をお迎えください。
Posted at 2020/12/31 21:27:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | お酒 | 旅行/地域
2020年12月30日 イイね!

「老神温泉 もうひとつのふる里 山口屋」の温泉を紹介します♪

「老神温泉 もうひとつのふる里 山口屋」の温泉を紹介します♪ 12月の初めに手術をしました。入院の必要のないものでしたが、手術というものは初めてだったのでちょっと緊張しました。メスが体に入るって嫌なものですね。術後の経過は良く、抜糸もスムーズに終わりました。
 12月21日から3日間の「甲府詣で」で「杖温泉 弘法湯」や「ホテル神の湯温泉」の温泉に浸かりましたが、もう少し温泉療養をしようと思いました。「老神温泉」は日帰り温泉では浸かったことがありましたが、宿泊するのは初めてでした。

 「老神温泉 もうひとつのふる里 山口屋」では半露天貸切風呂が無料で付いているプランにしました。半露天貸切風呂には、信楽焼きの古民家風陶器風呂の「ふきわれの湯」と檜造りの純和風ひのき風呂の「かたしなの湯」です。陶器風呂の「ふきわれの湯」に浸かります。
 部屋に荷物を置いて一息ついたら半露天貸切風呂に向かいます。3時半から45分間です。通常の料金は2100円です。浴室は1階にあります。ちなみにフロントは2階です。

 脱衣所です。

 浴室はいると陶器風呂が見えます。そして窓の外には山肌に残る雪が見えます。

 熱い!一生懸命かき混ぜましたが、入れません。残念ですが水でうめて浸かりました。

 雪見風呂です。気持ち良いです♪

 次に大浴場に行きます。

 脱衣所です。正面が露天風呂の入り口です。右手が内湯です。

 内湯です。湯気でうまく撮れません。

 湯口です。

 露天風呂です。

 向こうに見える灯りは「老神温泉 東明館」です。

 風呂上がりのビールは旨い!

 大浴場は20:00で男女入れ替わります。20:00~20:30の間は入浴出来ません。

 次の大浴場は廊下を進み階段を下ります。地下一階と言うことですね。

 脱衣所です。

 温泉成分等掲示表です。泉質は単純温泉です。

 泉質は単純硫化硫黄泉です。あれ?

 湯気でよく撮れない…

 湯口です。

 露天風呂はすぐ隣にあります。

 小さいです。うまく撮れません。

 気持ちよく浸かれました。傷も癒やされたでしょうね。


ブログ:老神温泉で療養してきました

ホームページ:「老神温泉 もうひとつのふる里 山口屋」

フォトアルバム:「老神温泉 もうひとつのふる里 山口屋」の温泉(2020年12月26日27日)
Posted at 2020/12/30 13:16:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 温泉 | 旅行/地域
2020年12月29日 イイね!

老神温泉で療養してきました

老神温泉で療養してきました 群馬県北部の沼田市利根町に「老神温泉」という温泉地があります。この温泉地には次のような伝説があります。
 昔々、赤城山の神と日光二荒山のかみが陣取り合戦を行っていました。戦場ヶ原ででそれぞれ大蛇と大ムカデに変身して戦っていたのですが、大蛇神は大きな傷を負ってしまい退却を余儀なくされました。体に刺さっていた矢を地面に突き刺すとそこから温泉が湧き出ました。その温泉で傷を癒やした大蛇神は大ムカデ神を日光へ追い返しました。神を追い払ったので「追神」温泉と命名されました。後に「老神」温泉となったのです。

 「老神温泉 もうひとつのふる里 山口屋」に泊まってきました。私のようなじじいが行くから、「ろうじん」温泉というわけではありません。この日も、二学期が終わったからでしょう、子供連れの家族が数組ありました。
 ホテルの前の道は狭いです。雪も残っていたので慎重に運転しました。もちろんスタッドレスです。

 フロントです。

 こちらで浴衣を借ります。

 部屋は6階ですのでエレベーターを利用します。

 「さくら亭」とは最上級の部屋のようです。私たちはスタンダード客室です。

 605号室の「一葉」です。

 コロナ対策で布団が敷いてあります。仲居さんは誰も入って来ません。

 窓からの景色です。

 行く前にいくつか危惧したことがありました。まずは雪の心配です。関越自動車道で立ち往生がありましたが、利根・沼田地区も雪の多い地域です。道路には雪はほとんどありませんでした。
 それから一部サイトで 洗浄機付きトイレの項目に×がありました。ウォシュレットでした。もうウォシュレットでない宿には泊まれませんね。
 もう一つはインターネットに対応してなさそうだったのです。部屋の説明書にもありませんでした。たまにはパソコンをいじらないのもイイでしょう。

 浴室もありましたが、使用しませんでした。
 このあと半露天貸切風呂に行ったのですが、温泉の紹介は次のブログにしたいと思います。

 食事は別室です。宴会場のような部屋で、きちんと社会的距離がとられています。

 生ビールから呑み始めます。

 料理についてはこれを参考にしてください。

 お刺身です。

 日本酒は「尾瀬のあわ雪」(永井本家)群馬県は沼田市のお酒です。

 上州牛♪

 
 お鍋もあります。



 酒の肴にとっておきました。

 デザートです。ごちそうさまでした。
 この後は温泉に浸かり、部屋で呑み直しです。

 朝食です。夕食と同じ部屋です。
 夕食ではご飯はいただきませんでしたが、朝食はおかわりしました♪

 食後の珈琲をいただきます。

 この後、最後の温泉に浸かりました。

ホームページ:「老神温泉 もうひとつのふる里 山口屋」

フォトアルバム:「老神温泉 もうひとつのふる里 山口屋」の施設と食事(2020年12月26日27日)
Posted at 2020/12/29 15:32:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | 温泉 | 旅行/地域
2020年12月28日 イイね!

「湯村食堂」さんで、チャーシューみそラーメンを食しました♪

「湯村食堂」さんで、チャーシューみそラーメンを食しました♪ 「湯村食堂」は、甲府での定宿「杖温泉 弘法湯」から歩いて数分の所にある老舗の食堂です。甲府のランチはついつい別のお店に行ってしまうのですが、3年半ぶりに寄ってみました。「弘法湯」の女将さんと一緒です。

 昭和の食堂です。おじちゃんとおばちゃんは元気でしょうか、ちょっと心配です。
 入ってみましょう。

 おばちゃんが出迎えてくれました。「弘法湯」の女将さんとは懇意にしていて色々話をしています。その間にメニューを確認します。前回はラーメンと餃子をいただいた記憶があります。
 話が終わった女将さんがちゅうもんしてくれました。その時におじちゃんも出てきました。元気そうでした。

 今回はチャーシューみそラーメンを食しました。着丼したときにはちょっと多いなと感じました。麺は、細麺で縮れています。スープは甘いかなと思ったのですが出汁が効いていてコクもあります。チャーシューは、小ぶりで程よい食感がありますが、柔らかくて食べやすかったです。他の具も白菜、にんじん、もやし、ニラ、木耳、玉ねぎなど豊富で食べ応えがありました。

 餃子もいただきました。もちろん三人で食べたのです。美味しくいただきました~♪
Posted at 2020/12/28 11:12:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | | グルメ/料理
2020年12月25日 イイね!

悲しみのアリア☆石田ゆり

悲しみのアリア☆石田ゆり 訃報ブログです。作詞家のなかにし礼さんが亡くなりました。80歳でした。謹んでお悔やみ申し上げます。
 昭和を代表する作詞家でした。なかにしさんが作詞を始めたのは60年代初期でした。シャンソンの訳詞や加藤登紀子に曲を提供したりしていたようです。私がなかにし礼さんを知るようになったのは、黛ジュンのファンになってからです。デビュー曲の「恋のハレルヤ」、そして「霧のかなたに」「乙女の祈り」「天使の誘惑」「夕月」までなかにし礼さんが作詞をしています。「天使の誘惑」はレコード大賞を受賞していますね。
 このブログでは「石狩挽歌」(北原ミレイ)、「まつり」(北島三郎)、「夜と朝のあいだに」(ピーター)、「五月のバラ」(尾崎紀世彦)、「グッド・バイ・マイ・ラブ」(アン・ルイス)、「さくらの唄」(美空ひばり)、「私が死んだら」(弘田三枝子)、「あなたならどうする」(いしだあゆみ)を紹介しています。さらにハイ・ファイ・セットの「メモランダム」や「フィーリング」もなかにし礼さんの作詞なんです。
 今日紹介するのはこの曲です。知らない人がほとんどでしょうね。私もすっかり忘れていました。

 「悲しみのアリア」(作詞:なかにし礼 作曲:筒美京平)は、1970(昭和45)年に発売された石田ゆりのデビュー曲です。石田ゆりちゃんを憶えている人はいますか?石田ゆり子でも石田えりでもありませんよ。
 石田ゆりはいしだあゆみの妹さんということで注目されました。私も可愛いなと思ったのですが、すぐに芸能界から消えてしまいました。18歳でデビューし19歳で結婚してしまいました。その相手がなかにし礼さんだったのです。当時中学生だった私は「石田えりちゃんがなかにし礼の毒牙にかかった!」と憤慨したものでした。
 昨日の中村泰士さんに続き、昭和歌謡の巨匠が旅立ってしまいました。この曲の作曲者である筒美京平さんがなくなったのもつい先日のことでした。クリスマスなのに昭和のオヤジは淋しくなるばかりです。
Posted at 2020/12/25 10:00:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 流行歌研究会 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「今晩の呑み始めです♫」
何シテル?   05/26 18:39
 温泉に浸かり、懐かしい歌を口ずさむおやじです。  

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2020/12 >>

   1 2 34 5
6 7 89 1011 12
13 1415 16 1718 19
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31  

リンク・クリップ

流行歌研究会 歌手別索引 
カテゴリ:流行歌研究会
2013/01/06 10:08:33
 
足利発 温泉に行こう! 
カテゴリ:温泉
2011/09/04 04:52:33
岡野真也のブログ 
カテゴリ:岡野
2009/08/23 21:19:08
 

愛車一覧

スズキ ソリオハイブリッド スズキ ソリオハイブリッド
相方との共用です
トヨタ C-HRハイブリッド トヨタ C-HRハイブリッド
C-HRに乗って日本全国の温泉地に行くのが夢です。
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
新しい相棒で温泉ドライブに行きまくります(笑)
トヨタ アレックス トヨタ アレックス
 最初の3年半は片道52キロの通勤に耐えてくれました。現在は週末の200キロを超すドライ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation