• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ツゥのブログ一覧

2016年09月28日 イイね!

今晩のお酒☆真澄 ひやおろし


 今日も暑い日でしたね。昨日今日と夏に戻ったような気温でした。湿度も高くムシムシしていました。こんな日は早く帰ってビールか缶チューハイを呑むしかありません。今晩缶チューハイのあとに呑んだお酒は「真澄 山廃 純米吟醸 ひやおろし」(宮坂醸造)です。長野県諏訪市のお酒です。美山錦を山廃造りで醸したお酒です。コクと酸味が見事に調和していて落ち着いた感じがします。美味しいです。食中酒には最適ですね。

 先日、あるみん友さんから「お酒の話題は、何シテル?の方だけにしたの?」と訊かれました。そんなつもりはないのですが、呑んだ後はすぐに眠くなってしまうのです。ブログを書くのが億劫になってしまっていたのです。昨日は何シテル?にもアップできませんでした。これではいけないと思い今日は眠気を我慢してブログを書いています。

 昨晩呑んだのは「伝心」(一本義久保本店)です。福井県のお酒です。どんな味だったかは酔ってしまい憶えていません。美味しかったことは確かです(笑)
Posted at 2016/09/28 21:07:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | お酒 | グルメ/料理
2016年09月27日 イイね!

沼田で天狗を見てきました♪

 9月25日(土)は久しぶりの晴れでした。二日酔い気味でしたがこの貴重な晴れの日に家にいてもということで温泉ドライブに出かけました。
 いつものようにこれといった目的地はありませんでした。なんとなく足利ICから高速に乗り群馬方面に向かいます。真田丸に誘われたわけではありませんが、沼田ICでおりました。みん友さんのブログで紹介されていた老神温泉そば祭でも行こうかなと考えたりしたのですが、そういえば沼田市で天狗で有名なお寺か神社があったなと思い出し、行ってみました。

 迦葉山龍華院弥勒寺(かしょうざんりゅうげいんみろくじ)です。けっこう山道を上っていきます。天狗の寺として知られているようです。

 天狗を見たことで満足して帰ろうとした時に案内板を見ると真田伊豆守のお墓があるとありました。お兄ちゃん信之のお墓?それならお参りしなくてはと思い引き返しました。そのお墓がこれです。

 ちょっと小さくないか?よ~くみて見ると真田伊賀守と書いてありました。後で調べてみると真田沼田藩5代藩主真田信利の墓のようです。ここに真田信之のお墓があるわけがありませんよね。
 汗もかいたので温泉に浸かりたくなりました。久しぶりに「塩河原温泉 美人の湯 渓山荘」に浸かりたくなりました。遠くから見える駐車場には車がありません。独り占めだと喜んでいたのですが近づいてみると様子が変です。玄関前には草ぼうぼうです。ごみのようなものも積まれています。悲しくなって写真を撮る気にもなりませんでした。玄関には張り紙があり「リニューアルにつき閉館」とありましたが、復活する日が来るのでしょうか・・・。
 気を取り直して向かったのがこちらです。

 「永井本家」です。利根錦の銘柄で知られる蔵元です。沼田には何度も来ているのにここも初めてでした。

 「利根錦 純米吟醸」と「利根錦 にごり酒」を購入してきました。小松姫の酒というのもありました。

 温泉の前に昼食です。「鮨処 春駒」さんにこれまた初めてお邪魔しました。まだまだ沼田市には何度も来なくてはいけませんね。

 ランチメニューの中の「うどんセット」をいただきました。讃岐うどんに、鮪、玉子、いなりのにぎり付きです。美味しかったです。

 温泉は「勢多温泉 きぼうの湯」にしました。駐車場にはけっこうの車が停まっていました。口コミでかなり広まったようです。休憩所では何組かのグループがいました。脱衣所にも人がいます。でも衣服を着ているところです。中にいた湯客も私が入る時には出てきました。ということで30分ほど独り占めでした。
 帰りにフロントのカレンダーで確認すると10月も土日祝の営業です。本格営業はまだまだ先のようです。

 晩酌はもちろん「利根錦」です。真田丸を見ながら呑みました。真田昌幸(草刈正雄)の死に涙するツゥでした・・・。
Posted at 2016/09/27 07:16:26 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2016年09月19日 イイね!

青春の影☆チューリップ

青春の影☆チューリップ 敬老の日である。自分には無縁だと思っていたのだが、孫もできたりすると自分も老人なんだと思うようになった。毎日の血圧や痛風の薬は欠かせない。足腰も弱くなり階段を上り下りするのも億劫になった。だらしないものである。若いものには負けないなんて思うことがなくなった。若いものと張り合っても仕方ないし、勝とうなんて気はさらさらない。もう青春なんて言葉を口にするのも恥ずかしくなってきた。

 「青春の影」(作詞・作曲:財津和夫)は、1974(昭和49)年に発売されたチューリップの6枚目のシングルである。「心の旅」の大ヒットによりメジャーとなり、「夏色のおもいで」「銀の指環」と立て続けにヒットさせたが、財津和夫は不満があったようである。それは姫野達也がメインボーカルの曲がヒットしたからである。ボーカリストとしての自負も持っていた財津さんが強い思いを込めて発表したのがこの曲であった。ビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」や「レット・イット・ビー」を彷彿させる名曲だ。
 それはそうなのだが、初めからそう思っていたわけではない。最初聴いた時は意味が解らなかった。私なりに理解できたのは10年後くらいだった。財津さんはずっと年上だと思っていた。この人には敵わないと思っていた。でも調べると拓郎よりも若いのだ。68歳である。いい意味で老成していたのですね。
   ♪ 今日からは君はただの女
      今日から僕はただの男 ♪

 先日久しぶりに吉田拓郎をテレビで見た。拓郎も古希である。女子アナウンサーと話すときは好々爺といった感じであった。もはや歌に昔のような迫力を期待すべくもない。それでも拓郎は拓郎であった。
 青春時代に聴いたフォーク歌手も当然だがみんなじじいになってしまった。フォークの神様と呼ばれた岡林信康は拓郎と同じ70歳である。加川良と井上陽水そして泉谷しげるは財津さんと同じ68歳。かぐや姫ではおいちゃんこと南こうせつが67歳、正やんは64歳、パンダさんは71歳である。拓郎より上なんですね。その上はフォーク界の長老、小室等さんが72歳。先日肝臓がんを公表したムッシュことかまやつさんが77歳。またファンキーな姿を見たいものです。こう見てくると60歳の松山千春と長渕剛なんてやっぱり若造なんだね。
 ああ、やっぱりフォークソングはやっぱり僕の青春だ!
Posted at 2016/09/19 10:07:27 | コメント(6) | トラックバック(0) | 流行歌研究会 | 音楽/映画/テレビ
2016年09月16日 イイね!

「菊」と「竜胆」、そして「すすき」


 いつもの定点撮影です。今回は誰に訊くまでもなく花の名前がわかりました。菊と竜胆、そしてすすきです。ここのお花も秋の花になったんですね。師匠自ら活けてくださったそうです。

 菊の花言葉は、「高貴」「高尚」「高潔」「私を信じて下さい」「女性的な愛情」「清浄」「破れた恋」「真の愛」です。特に黄色のは「高潔」「ろうたけたる思い」「わずかな愛」だそうです。

竜胆の花言葉は、「あなたの悲しみに寄りそう」「誠実」「正義」「悲しんでいるときのあなたが好き」「貞節」「淋しい愛情」です。

 すすきにも花言葉があるんですね。「活力」「精力」「心が通じる」「隠退」だそうです。

 昨日は中秋の名月でしたね。皆さんは月を見られましたか?私は、ちょっとでしたが見ることができました。でも、昨日の月は満月ではなかったというのは知っていますか?中秋の名月は必ずしも満月ではないのです。では満月はいつかというと、厳密には9月17日(土)午前4時5分です。ということは、今晩の月が一番満月に近いのですね。

 ♪ 浴衣の君は すすきのかんざし ♪
Posted at 2016/09/16 18:00:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | 秘密の花園 | 日記
2016年09月15日 イイね!

伽草子☆吉田拓郎

伽草子☆吉田拓郎 今日は中秋の名月です。皆さんのところでは名月は見えているのでしょうか。足利は朝から曇っていたのでお月見はあきらめていました。ところが夕方になり雲もなくなってきて、沈む夕日も見えました。お月見をしながらお酒を呑みたいところですが、残念ながら家の中からは外の様子はわかりません。月を思いながらお酒を呑んでいます。

 白玉の歯にしみとほる秋の夜の
 酒はしづかに飲むべかりけり
  若山牧水
 
 若い頃は、仲間たちとわいわいがやがや呑むのが好きでした。少し大人になると妖艶な女性と月を見ながらお酒を呑むのが最高でしたね。そんな機会はほとんどありませんでしたが…。

 「伽草子」(作詞:白石ありす 作曲:吉田拓郎)は、1973(昭和48)年に発売された吉田拓郎の同名のアルバム『伽草子』に収録されています。このアルバムでは「蒼い夏」「ビートルズが教えてくれた」なども好きです。この曲はアルバムのすぐ後に拓郎の通算7枚目のシングルとして発売されています。ジャケット写真は拓郎が将棋を指すものでした。将棋ファンの私にとっては嬉しかった記憶があります。この曲は拓郎の中でも結構好きなんです。白石ありすさんの詞がイイんです。
 拓郎の曲を作詞した女性は不思議な人が多いです。「せんこう花火」の古屋信子、「春だったね」の田口淑子、「春の風が吹いていたら」の伊庭啓子などです。この曲や「素敵なのは夜」の白石ありすもよくわからないです。「不思議の国のアリス」が好きな人なんでしょうかね。

 
  人それぞれ書を読んでゐる良夜かな 山口青邨

 読書の秋です。読書が滞っています。10年前は月に20冊以上は読んでいましたが、最近は月に数冊という情けない状況です。老眼を理由にしていますが、気持ちの問題なのでしょうね。
 太宰治に「お伽草紙」という作品があります。中学か高校の夏休みの読書感想文の宿題で読みました。拓郎の「伽草子」を聴いたのが先か、太宰の「お伽草紙」を読んだのが先かは忘れてしまいました。でも拓郎と太宰は私の人生に多大な影響を与えることになったのでした。

  曰く、惚れたが悪いか。 カチカチ山

 ちょっとお酒を呑んだ後、外に出てみました。諦めていた名月が雲の間から見えました。今日は読書はしません。もう少し呑もうと思います。つまみは夢ということにしましょう。君のことを思いながら呑みます。君も今頃この月をどこかで見ているのでしょうか。私のことなんかとっくに忘れってしまったのでしょうね。それにしてもへたくそな写真です。
 
 ♪ も少し少し幸せに 幸せになろうよ ♪  

Posted at 2016/09/15 20:06:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | 流行歌研究会 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「日本酒は「海風土 純米酒」(今田酒造本店)広島県のお酒です。」
何シテル?   05/26 18:38
 温泉に浸かり、懐かしい歌を口ずさむおやじです。  

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

いま一つ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/29 14:51:53
流行歌研究会 歌手別索引 
カテゴリ:流行歌研究会
2013/01/06 10:08:33
 
足利発 温泉に行こう! 
カテゴリ:温泉
2011/09/04 04:52:33

お友達

こんな私で良ければ・・・。

なお、長期間足あとがない場合は削除します。
69 人のお友達がいます
ユキオユキオ * CHOOCHOO *
ジンズージンズー * 無菜無菜 *
2lew2lew * MORI  MORIMORI MORI *

ファン

111 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス トヨタ プリウス
新しい相棒で温泉ドライブに行きまくります(笑)
トヨタ アレックス トヨタ アレックス
 最初の3年半は片道52キロの通勤に耐えてくれました。現在は週末の200キロを超すドライ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.