• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt


ラジオ番組放送
~FM FUKUOKA~
SOUND PUREDIO presents 音解オトトキ

FM福岡 毎週土曜日12:30~12:55
FM山口 毎週土曜日11:30~11:55

ピュアディオいがわのブログ一覧

2015年06月30日 イイね!

昨日はカーオーディオトーキングの収録を


今日は火曜日でサウンドピュアディオの3店舗は定休日です。

福岡店は現在火曜日に加えて水曜日もお休みの週休2日とさせて頂いています。



さて本題に入って毎週土曜日の朝11時からFM山口で放送されている『カーオーディオ・トーキング4』ですが、6月の放送は13日のきららドームとつないだ生放送をのぞいてサウンドピュアディオ宇部店の2階の会議室で収録を行っていました。





しかし7月の放送は山陽小野田市にあるサウンドピュアディオの流通倉庫兼開発室で行う事になりました。



詳しい場所などはホームページに載せていませんが、宇部駅から国道2号線に向かう途中にあるので多くの方がこの場所はご存じです。


海外から輸入した製品を要塞の様な温度・湿度管理をした建物で保存して、必要な分を少しずつ出して来て半製品を製品化して販売するための要の建物です。


その中にスピーカーやアンプの長時間テストをする部屋があって、そこを番組収録のスタジオで使えるのでは?という事になって、7月分の収録は山陽小野田市の建物で行う事になりました。



(写真の左に写っているのはパーソナリティーの大和良子さんです)


駐車場は大型トラックが入って来て荷物を下ろすためにかなり広く、昨日は関係者の車と自分の車で5台止まってもまだ手前に5台以上止められて、合計10台以上は止められるスペースがあります。



以前は不動産事業の貸しテナントとして使用していましたが、サウンドピュアディオの事業拡大とともにテナントを廃止して大改装を行って流通倉庫兼開発室としました。


開発室の中はかなり防音してあって、長時間スピーカーを鳴らしていても近所の迷惑にならない様にしてありますが、交通量の多い道路のために収録時にダンプカーの振動の地響きが聞こえるので、完全な無音のスタジオにはなっていません。


ここで収録した番組は7月5日の土曜日に放送されますが、「どんな感じで聞こえるのかな?」と今からわくわくしています。




追伸

カーオーディオトーキングはFM山口のホームページとサウンドピュアディオのホームページから入りポッドキャストで音楽部分をのぞいたトーク部分を聞く事が出来ます。

たたし6月13日のきららドームからの生放送と6月20日の上妻宏光さんの時別番組の日に関してはポッドキャスト配信しておりませんので、あらかじめご了承下さい。





おまけの画像

昨日は天気が良くて、青空に飛行機雲が出来ていました。





Posted at 2015/06/30 10:30:10 | トラックバック(0) | ラジオ出演 | イベント・キャンペーン
2015年06月27日 イイね!

マツダ・CX‐5  BOSEサウンド車の音質アップ


今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業からマツダのCX-5です。




マツダのディーラーオプションのナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けとドア防振の施工を行ないました。





スピーカーはボーズ製で、インピーダンスが特殊な物を車両に付いている専用アンプで鳴らしています。





まずは最初にドアの内張りを外して防振作業を行います。



ポルシェに付いているのと同じ小型のマグネットが前に付いている薄型ウーファーが付いています。




ウーファーを外したら外板裏が見えますが、何も貼ってない状態です.。




他の部分も何も貼ってなくて、スピーカーの振動でビンビン響く外板裏に防振メタルと防振マットを組み合わせて貼るベーシック防振の施工を行ないました。





そしてドアの内張り裏には下処理を行なった後にセメントコーティングを行なってプラスチックの鈍い響きを打ち消しました。



よく専務からは「もっと綺麗に塗れないの?」と言われますが、最初に綺麗に均等に塗ったらドアが重たくなった割には振動が消えず、わざとでこぼこを作ったら重さが増えない割りに振動が消えて、それから工夫して規則性を持たない様に塗っているので今の見た目になりました。


ただ普段は見えない部分で、お客様にご説明する時の写真でもっと綺麗に塗れないのかという話になるのですが、音の綺麗さと表面のデコボコが相反しています。


他にはサービスホールを塞いでいるプラスチックの表面にも防振施工を行い、片ドア3面のフル防振を行なった後にドアの内張りを取り付けました。





次に車両のボーズアンプから信号を取り出してグローブボックス下に取り付けたピュアコンに送ります。




ピュアコンで中音域と高音域に分離させてダッシュ上の純正スピーカーとピュアディオ製ツイーター・ATX-25に送ります。





更にダッシュ中央のセンタースピーカーの音もコントロールして、フロント全体の音を合わせます。





ダッシュ上に取り付けたピュアディオツイーターは慣らしが必要なので色々なジャンルの曲をあれこれかけて音を整えました。




最後にイコライザー調整を行いますが、このナビオーディオは1クリックで2ポイント動くタイプなので音が変わりすぎるので、フェダー調整とフラットの状態で鳴らし込みの時間をさらに増やして不得意な音域を作らない様にして調整画面を閉じました。




CX-5のBOSE仕様車でピュアディオのATXツイーターの装着は初めてだったので取り付けに立会いましたが、CX-3のBOSE仕様にATXツイーターと同じブラックボックスでは特性が合わず、別なブラックボックスで対応しました。


この車種別の専用チューンがベーシックパッケージの音の魅力につながっています。

Posted at 2015/06/27 13:06:33 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2015年06月26日 イイね!

スバル・レヴォーグ カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からスバルのレヴォーグです。




カロッツェリアの楽ナビとトレードインスピーカーを装着した状態で入庫となって・・




トレードインのツイーターを取り外して・・





ピュアディオブランドのATX-25ツイーターとピュアコンを取り付けて、普通とはちょっと違うベーシックパッケージの状態で一度出庫していました。





しかしミッドスピーカーがカロッツェリアのトレードインのままだったので本来のベーシックパッケージの音になっていなかったので、後日純正スピーカーに交換する事になりました。





純正スピーカーのマグネットはこんなに小さくて、とても上のトレードインに比べたら良い音が出る様には見えません。



自分がもし一般のユーザーだったら「こんな物で良い音が出る訳無いだろう。」と言うでしょう。


しかしマグネットの大きさだけで磁力の強さが決まる訳ではなく、例えばポルシェのBOSE仕様のウーファーは小型の金属でシールドされているマグネットを使用していて、小型でもマグネットの種類とシールドで強力な磁気を発生する事が出来ます。





不思議とマグネットの小さい純正の方が低音が出ていて、300~400ヘルツあたりもしっかり出ているので純正に戻しました。





次にトレードインのツイーターを入れるために一度外されていたダッシュ上の中高音用のスコーカーを元の位置に戻します。





ただ元に戻すのではなく、丸の中にある黒いハイパスフィルターを外してダイレクト化して取り付けます。





ここはフルレンジの信号の低音部分をスコーカーに入れない様にするパーツですが、質感が悪いので純正は使わず、ピュアコンのパーツで低音と高音をカットして中音域のみの再生にします。



これで純正スコーカーなのに綺麗な音を再生出来る様になりました。



スピーカーの取り付けが終わったらグローブボックス下のピュアコンのパーツ構成を2WAYから3WAYに変更して音を鳴らします。





クセが強くて本来必要な余韻が消えているトレードインスピーカーから純正ベースの3WAYのベーシックパッケージに変わって音は良くなったのですが・・


まだリアドアにカロッツェリアのトレードインスピーカーのコアキシャルの物が付いていて、それが妙に絞り込んだ音がしていてフロントの上手く融合しないので交換する事にしました。




リアドアもスバル純正の16センチフルレンジに戻して、中音域に余韻と厚みが出ました。




結局トレードインのツイーター・ミッド・コアキシャルと全て外した方が本来の音楽に近い音になり、お客様は「前の店で音が良くなるからと勧められたのに・・」と言われていました。


トレードインスピーカーは音のレスポンスが良く、量販店のディスプレイで正面で聴いて衝動買いする様な音になっていますが、正面で聴いた音が車の中で同じ音が出る事はなく、本来あるはずの余韻がなくなっています。


1990年代の半ばまでは日本のメーカーも、味の有るいいトレードインスピーカーを作っていたのですが・・
Posted at 2015/06/26 11:47:31 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2015年06月25日 イイね!

46か48か


昨日の夜のテレビを見ていたら乃木坂46が出演していました。




でもどこかが違うと思い東芝のレグザの静止画機能を使ってストップさせたら・・




乃木坂48になっています。



「えーっ!46と思っていたのは自分の思い違いか?」と思い静止を止めてみても
乃木坂48と表示されています。





番組表から番組解説に入ってみたら『48グループ&乃木坂46』と書いてあったのでテレ東の間違いと分かりました。




自分の目がにじんで見えるのかと思いましたが、正常だったので安心しました。

Posted at 2015/06/25 10:54:12 | トラックバック(0) | 世間話 | 日記
2015年06月24日 イイね!

ホンダ・N‐WGN カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からホンダのN‐WGNです。




その日の宇部店のピットはたまたまシルバーの車ばかり3台入庫していました。





N‐WGNの作業はホンダ純正のディーラー装着のギャザーズの大型画面のナビ付きの車両にベーシックパッケージの取り付けとベーシック防振の施工を行ないました。





まずはナビ周りをマスキングして手前に引き抜いて、真裏から音信号をロス無しで取り出します。





取り出した信号はグローブボックス下のピュアコンに送り、純正のドアスピーカーへの配線とダッシュ上のツイーター用に分岐されます。


ダッシュのツイーターの手前までは一般的なトレードインスピーカーに比べたらかなり太くて純度の高いケーブルでひいてきています。





組み立てればケーブルの部分は見えませんが、見えない部分のコストで高音質を再生しています。





次にドアの内張りを外して、防水ビニールをめくって外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせるベーシック防振の施工を行ないます。




N‐WGNの防振は自社でデモカーを買って走行実験をしているので音質・静粛性共に自信があります。




今回はベーシックパッケージなのでドアスピーカーはそのまま使用しますが、N‐WGNとN‐ONEは同じスピーカーを使用していて、N‐BOXに関してはコーンの色も特性も違う物が付いています。



着座位置とスピーカー位置の関係がN‐ONEよりもN‐WGNの方が遠く、パッケージの中のコイルの巻き数をN‐ONEよりも減らして高音を伸ばす様にして、耳に到達した時には同じに聴こえる様にツイーターとドアスピーカーのバランスを取っています。


そして防振作業が終わったら内張りを組み付けて完成です。






音が出る様になったらあらかじめ決められたCDを何枚か交換して再生して、ピュアディオのツイーター・ATX-25の慣らしを行ないます。




音が慣れて来たらイコライザー調整に入り、何度かパターンを決めて他と比較してまた変えてを繰り返して音を追い込みます。





最後にピットから外に出してエンジンをかけて試聴して、納車となりました。


Posted at 2015/06/24 11:41:52 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2015/6 >>

  1 23 4 56
7 8 9 10 11 12 13
14 15 1617 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
2829 30    

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.