• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
ホームページはこちら
alt


ラジオ番組放送
~FM FUKUOKA~
SOUND PUREDIO presents Drivingtones with TOGGY

FM福岡 毎週土曜日12:30~12:55
FM山口 毎週土曜日11:00~11:25

ピュアディオいがわのブログ一覧

2016年07月31日 イイね!

昨日はアンリミテッド・トーンさんのライブへ


昨夜は夕方4時に福岡店を出発して、山口市にあるYCAMスタジオAに向かいました。





現在テレビでは大成建設のCMソングで『歌 アンリミ』と表記される『アンリミテッド・トーン』さんのアルバム『&LIFE』の発売ライブで、アンリミさんのツアーの移動で使われている車両にはピュアディオで装着したシステムが付いています。





今回自分が座った席はミキサーコンソールの直ぐ横で、ほぼスピーカーの中心からやや右にそれたぐらいの位置でした。




地元山口の人やファンクラブの人で遠くから来られていた方などで、開演前にはほぼ満席になりました。



歌あり、トークあり、コントありの約2時間のライブは、多くの方から帰る時に「来て良かった!」という声を聞きました。


3人の絶妙なハーモニーはシング・ライク・トーキングの佐藤竹善さんも絶賛されている素晴らしさです。



帰りはメンバー3人にサインをしてもらったCDを聴きながら帰りました。






アウトランダーのシステムもベーシックパッケージから徐々にシステムアップして行って、昨夜は初めてアウターバッフルの状態でZSP-LTD15を聴きました。





今までも多くのアーティストさんに会った後に直ぐにデモカーに乗り込んで生声に近いかどうかの判断を行なっていますが、ピュアコンのコイルの値はもうこれ以上合わせようが無い所まで来ています。



ただまだ30バンドイコライザーが付いていないので、そちらでもう少し追い込む余地はありますが、ほぼ満足出来る仕上がりになっています。



そういえばアンリミテッド・トーンさんのオフィシャルブログの2015年の9月28日の書き込みには『アンリミ号の音質と静粛性アップ♪』というタイトルのものがあります。


2日間のイベントの間の車を使わない1・5日の期間でベーシックパッケージとフル防振の施工を行なっています。


こちらの方も是非ご覧下さい。

Posted at 2016/07/31 19:39:44 | トラックバック(0) | 音楽について | 日記
2016年07月31日 イイね!

スバル・フォレスター カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業から、スバルのフォレスターです。





スバル純正のパナソニック製のナビオーディオが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けを行いました。






フォレスターのフロントスピーカーは縦に楕円のトヨタサイズのグリルが付いていますが、実は中身は16センチの丸型で・・





ダッシュの上に中高音用のスコーカーが付いた2WAY構成です。






ダッシュのスコーカーは高音域は無制限にフリーで鳴っていて、中音域の下限はここのフィルターで決定しています。





フィルターの性能が悪くて音に艶が無いので取り外し、代わりに高性能で純正よりもレンジの広いフィルターに交換すれば中音域は綺麗に鳴る様になります。





ただし、高音域はユニットと特性とグリルのひかかりとガラスの反射の3つの要素で理想的とは言えないので、スタンドで角度を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターに任せて中音と高音を独立させて鳴らし、フロントトータルで3WAYのこう製にしています。




フロント3WAYに分配するピュアコンをグローブボックスの下に取り付けて・・





純正ナビを一度引き抜いて、裏のコードに金メッキのギボシ端子を取り付けて、音信号を取り出してピュアコンへ送ります。





よくピュアコンのコイル部分の棚を撮影して、「数百種類の中から1品を選んでいます。」という写真を載せていますが、実はブラックボックスは1種類だけでなく、かなりの種類があります。



ここは標準・3WAY不可の棚ですから、フォレスターのボックスはこの隣です。



フォレスターのピュアコンの組み合わせは既にマッチングが出ているので、指定された値の物を入れて、エージング用のCDを何種類か再生した後でイコライザー調整を行います。



同じスバル純正のパナソニック製のナビでも型番が違うと音の傾向が少し違い、それぞれの機種で生音に近い状態になる様にセッティングします。



自分は完成後に直ぐに福岡店を出発して山口へと向いましたが、夕方お客様がフォレスターを取りに来られた時に、「純正でもこんなに音が良くなるんですね!」と驚いておられたという事でした。


本当は純正のクセは付いていないがかったるいスピーカーをあれこれ工夫しているからこの音になっていて、国産のトレードインスピーカーの様に最初から車のドアでこもりやすい周波数を弱く再生する様な小細工がしてあるスピーカーでは真の感動を得る事は出来ません。


今回のベーシックパッケージはブラックボックスとコイルとフィルターの組み合わせと、歌っている本人の声を知った上でのツボを得たイコライジングの4つの要素によって生の音により近い音を再生しています。




追伸

ベーシックパッケージの作業中にはバッテリーチャージを行なって、納車の時にはフル充電の状態にしてあります。



意外と知られていませんが、出庫時フル充電というのがピュアディオの心遣いです。



それと福岡店の店頭にはスバル車の実際のスピーカーを使ったベーシックパッケージのパノラマ展示がしてありますが・・



せっかく交換しているスコーカーのフィルターが無いので、追加しないといけないと思いました。
Posted at 2016/07/31 11:56:31 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2016年07月30日 イイね!

超ワイドなエアロを付けた86にパッシングされたと思ったら?


少し前の話ですが、福岡都市高速をベンツEクラスで走っていたら、後ろからトヨタの86らしき車がせっついてきて、早くどけという感じでパッシングしてきました。


何だかやたらワイドなエアロ付きで、「これって車検通るの?」というぐらいの横幅でした。


しかもフロントのエンブレムはトヨタじゃなくてレクサスのマークを付けていて、「なんか変な車?」と思ったら、追い越した後ろ姿を見たらレクサスのLFAじゃないですか!


「あービックリした。」と思いながら後ろを付いて走っていたら、また前の車にせっついていました。


ところがせっつかれた軽の箱バンがガンとして斜線を譲らず、せっつけばせっつくほど前に行かせ様に意地悪されています。

いや最初に意地悪したのはLFAの方かも知れません。



いくら数千万円の高性能車でも、軽の箱バンにわざと行く手を遮られたら、そのスペックも役にも立ちませんね。

Posted at 2016/07/30 22:49:28 | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2016年07月30日 イイね!

ホンダ・CR-V カーオーディオの音質アップ


今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業からホンダのCR-Vです。







ホンダ純正のナビオーディオが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付と前後のドアにベーシック防振の施工を行って頂いていました。







今回は2度目の入庫で、純正のドアスピーカーをピュアディオブランドのISP-130に交換しました。






ベーシックパッケージは最初に上質なツイーターとネットワーク部のピュアコンにコストをかけているので、安いセパレートスピーカーを買って満足出来なかったらツイーターもミッドもネットワークも使い物にならないから全て買い換えという様な、『安物買いの銭失い』にならないというメリットがあります。



中途半端な2WAYよりも純正スピーカーに上質なツイーターの方がはるかに良い音というのは、あまり知られていませんが、分かる人には分かる常識になりつつあります。



取り外した16センチスピーカーの後には13センチサイズに合わせたインナーバッフルを製作して、ドアにピュアディオブランドのPSTケーブルをはわします。



スピーカーケーブルを上質な物に交換したら音質はアップしますが、以前他のお店で取り付けた純正のスピーカーに高いケーブルを引いて鳴らしている車を聴いた事がありますが、これは妙に中音と低音の間が濃くなってバランスが悪く、ピュアディオの純正スピーカーは純正ケーブルで、後付けスピーカーは高級なケーブルという考えは的を得ていると思います。


ちなみに純正スピーカーに別ケーブルを引いていた店は何年も前に閉店しています。




そしてインナーバッフルにISP-130を取り付けて、周りにシール材を貼ったら・・





内貼りを組み付けてドアの作業は完了です。






スピーカーの交換が終わったらCDで音楽を再生して、グローブボックス下のピュアコンのパーツの値を交換して、ツイーターとドアスピーカーの周波数帯域の割り振りを決定します。






ドアスピーカーの性能が上がり中高音の伸びて来たので、ツイーターの下限の周波数とのかぶりが出て来ました。



ピュアコンのコイルの巻き数を増やしてISP-130の上限周波数に制限をかけてバラスを取りますが、ATX-25ツイーターの下限周波数もブラックボックスの内部に手を入れて上げる方向に振って、フロント2WAYのスピーカーのバランスは最も生音に近いポイントに達しました。




純正ナビのバス・トレブルはセンターのままで、前後のフェダーは後ろのスピーカーの音を弱くして、フロントのステージの音に対して後ろから残響音が聴こえるという設定にして、セッティングを終了しました。





音調整機能の中には車速連動音量の項目があって、ここをオンにしても良い音になる様に音を詰めていましたが、やはりオフにした方がやや音がスムーズですね。



最終的に音質を取るのか便利さを取るのかお客様の判断にお任せします。



今回はドアスピーカーとスピーカーケーブルの交換と、ピュアコンのパーツのはめ替えの比較的シンプルな作業でしたが、納車時にお客様に大変喜んで頂いて、「ツイーターとミッドが別々に取り付けられるシステムを考えて良かった!」と思いました。


Posted at 2016/07/30 11:06:52 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
2016年07月29日 イイね!

ジープ・レネゲート カーオーディオの音質アップ 後編


今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からジープのレネゲートです。









純正オーディオを取り外して、ナカミチのCD-700KKとサイバーナビの1DINタイプを取り付けました。








動作確認をしたらナビの画面を閉じて、周りのフェイスを取り付けました。



ジープならではの凝ったデザインです。



ドアはアウターバッフルを製作してピュアディオブランドのZSP-MIDを装着していますが、スピーカー周りのデザインもデッキスペースと同じ様な機械的な普通とは違うデザインでした。





ダッシュの上にはワイドスタンドを製作して、以前乗られていたお車からB&Wのブルードームのツイーターを移設して来ています。



もう入手出来ないモデルですが、長い間大切に使われています。




リアのラゲッジにはパワーアンプ2台とデジタルのパソコンをつなぐタイプのプロセッサーを取り付けています。



これまで何台ものプロセッサーのテストを行って来て、ふるいにかけて最終的に残った1台を更に中をバラバラにしてチューンしている物で、RCA入力のRCAアウトで、チャンネルディバイダーとイコライザーの両方の機能を備えています。


まだ宇部店で数台しか販売していませんが、アルパインのH900を長年使われて来た方が、そろそろ調子が悪くなったから買い換えようかという需要に合わせた商品になっています。


もちろん新規でも購入出来ますが、井川が一人でちまちまとチューンしているので、まだ大々的に販売していないというのが現状です。




ラゲッジの左半分はアンプとプロセッサーが占めていますが、右半分はピュアディオブランドの25センチサブウーファーが埋め込まれています。






頑丈なふたを付ければ荷物を積んでも何も問題はありません。




全ての結線が終わったらパソコンをつないでイコライザーとチャンネルディバイダーの調整を行ったら完成です。




エンジンをかけてアイドリングで調整をしていたら??



タコメーターの7と8の数字の部分に汚れがありました!」


「どうしたらここに汚れが!」とびっくりしてよく見たら、オフロードのイメージの泥がかかったという演出でした。


安心しました。



そして外からガラスの端を見ると、初代ジープの様な模様が入っています。





よく写すために裏に紙を置いてくっきりと見える様に撮影しました。





随所にこだわりのあるジープ・レネゲートですが、サウンドピュアディオのフルシステムを加える事で、お客様だけの特別な1台に仕上げる事が出来ました。
Posted at 2016/07/29 10:15:26 | トラックバック(0) | カーオーディオについて | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

サウンドピュアディオの井川です。 福岡県・山口県でカーオーディオ専門店を営んでいます。 アーティストとのコラボレーションにより、より生演奏や生の声に...

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

映画『シン・ゴジラ』を観て来ました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 14:33:11
ホンダ・ステップワゴン  スピーカーの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/17 14:55:36
トヨタ・新型シエンタ カーオーディオの音質アップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/22 06:49:11

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
サウンドピュアディオのデモカースバル・レヴォーグです。 車種別専用設計のベーシックパケ ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
お客様のプリウスです。 デッキも、スピーカーも交換せずに、音質アップができるベーシッ ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
お客様のアクアです。 スピーカー交換を行っております。 インナーバッフルを作成し、J ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
お客様のE52型エルグランドです。 アルパインのBIG Xを取付けしておりましたが、そ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.